生きる音


プレゼントや物資などが届いています。落ち着いたらぜひUPさせてください。

最近、すっかりまーもの闘病ブログになってしまいましたが、ここになにかを書いてないと、吐きださないと、つぶれそうです。読んでいて気が滅入るでしょうが、お許しください。

まーもは一日一日、体調が悪くなっていきます。

坂道を転がり落ちる感じ。

6畳弱の保護部屋を出て、探検してくれたこの写真は、3日前に撮ったもの。
クリックすると元のサイズで表示します

まーもは白血病陽性なので、残念ですが、うちの猫たちとは隔離生活。だけど、限られた空間の中で、少しでものびのびしてほしいから、1か月くらい前から、まーもの行動範囲を広げました。
クリックすると元のサイズで表示します

念のため、まーもが自分の部屋に戻ったあと、床を塩素で軽く拭くようにしています。
クリックすると元のサイズで表示します

神経質だと思われるかもしれないけど、うちは保護猫たちも出入りするので、ちゃんとやっておかないと。私の信頼する大巻先生の指示を仰ぎながら、まーもの環境づくりを模索しています。

ここ2日は、床の上がお気に入り
クリックすると元のサイズで表示します

冷たくて気持ちいいのかな?
クリックすると元のサイズで表示します

どこでもまーの好きなところにいたらいいよ。

まーもをこんな体にしたのは、意地悪な神さまでもなければ

弱者に冷たい社会でもないと思います。

外にリリースしてしまった、この私が悪いのです。

今私は、懺悔と後悔の気持ちを背負っています。

ごめんねを千回万回言ったところで、全然足りない。

それでも、メソメソしていられません。

気丈に生きるまーもを見習って、私もしっかり歩いていかないと。

さっき、保護部屋でうつぶせになっていたら、まーものケージ付近から、まーもがなにかを食べる音が聞こえてきました。

ペチャペチャペチャペチャ。

次に水を飲む音。

ピチャピチャピチャピチャ……。

すぐさま振り返って、この目で飲み食いするまーもの姿を確かめたかったけれど、私が1ミリでも動いてしまったら、まーもは飲み食いをやめてしまう気がして、ぐっとこらえました。

まーもの生きる音。

生きる音。

ペチャペチャ、ピチャピチャ。

尊いですね。

「あのねハハ」
クリックすると元のサイズで表示します

「オレ、生きるのが好き」
クリックすると元のサイズで表示します

こんなに小さな体なのに、まーもは、私たち人間なんかより、ずっと強いんだね。

好きだよ。大好き。

スポンサーリンク





コメントを残す




*