泥だらけの肉球


まーもをようやく保護したので、人慣れをがんばってもらい、いつかは他の保護猫たちのように、「卒業」してもらうはずでしたが、それは夢のまた夢になってしまいました。

保護するのが少し遅かったようです。

いいえ。遅すぎたのかもしれません。

ちょっとここで理性を失った言葉を叫ばせてください。

クッソーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

クッソーーーーーーーーーー!!

ナンなんだよいったい!!!!!!!!

自分に対する怒り、いろんなことに対する怒りがこみ上げる。

まーもは、白血病陽性でした。2年前の去勢時は陰性だったのに。

それだけなら覚悟の範囲内でしたが、クレアチニン5.5、つまり、慢性腎不全の末期。ステージ4です。生きているのが不思議なほどの数値です。いつ亡くなってもおかしくない状態です。

本来なら、ちょっと動くのもしんどいはずなのに、雨の中、ババのお店へ来て、お刺身を食べてくれました。前よりは元気がなさそうだったけれど、ここまで悪いなんて、誰も思わなかったほど、まーもは気丈でした。まーものいろいろな姿を思い出しては、涙が止まらない。

私は知ってる。

泥だらけの肉球で、踏んばってきたんだよね。

まーもはまだ3歳か、4歳くらいなのにね。

まーも、ごめんね。

でももう謝るのはやめる。

まーもはおとなしい「家猫」ではないので、毎日点滴を行うのは難しいでしょう。治療がストレスになるし、余力を振り絞って、暴れてしまうだろうから。無理やりやりたいところだけど、命を余計に縮めてしまう結果にもなりかねない。

いっぱい考えたけど、答えが自分からするする逃げていく。

今日はまだなにも決めてません。

とりいそぎ、皆さまにご報告をと思いまして。

いや、ただここに書きたくて。

スポンサーリンク





コメントを残す




*