さようなら2011年 前半


今年もあとわずかです。

皆さま、いかがお過ごしですか?

私は午前中に保護猫ひらめを連れて、また病院へ行きました。ひらめのことは後日書きますが、今日の検査結果も良好でした。気のせいか? ひらめの食欲が少し戻ってきた気がします。このまま復活してくれる可能性が高いかもしれません。

午後は保護猫きのこのお届けへ。

かわゆいきのこの卒業記事は、年明けになるかもしれませんが、必ずUPします。

そういえば、昨年末の大晦日も、私は保護犬のお見合いをしていたんだよな(笑)。犬や猫とは、切っても切れない関係ですね。でも、保護犬猫たちにとって、私は所詮、“途中走者”にすぎません。“アンカー”は、彼らの一生を引き受けてくださる里親さん方です。

彼らは私の目を通して、未来の家族をみているし、私の手を通して、未来の家族を求めています。私にできることは少ない。彼らの長い生涯の中の、ほんのひとコマに、私が入れてもらっているだけなのです。

アンカーは、命のバトンを握りしめて、果てしない道のりを、走らなければなりません。

いい時ばかりだとは限りません。

時には、いばらの道を、行かねばならないでしょう。

だけどやっぱり、私は自信を持って、私の保護犬猫たちとの暮らしをおすすめします。

苦しみや悲しみだけを家族に残して、走り去っていく子はひとりもいません。

“この子に出会えてよかった!”

そう思わせてくれない子は、いないのです。

2011年は、日本全体も、私自身も、大変な一年でしたので、保護活動のペースがダウンしました。卒業生はたったの17頭のみでしたが、保護犬猫たちのお かげで、703号室は、いつも明るく、賑やかでした。改めて、17頭の卒業生の里親さん方に心から、お礼を言わせてください。

誰にも見向きされず、ゴミのような扱いを受けてきた犬猫たちが、「王子さま」、「お姫さま」になれたのは、里親さんたちがいたからこそです。

卒業生たちを珠のように大切にしてくださり、どうもありがとうございます。

そして、これからも、どうぞよろしくお願いします。

卒業生たちの写真を並べるのは、明日にして、今夜の締めは、703号室のお子たちに登場してもらうことに。一年間、大きな病気もせずに、703号室を盛り上げてくれました。

今さら言わなくてもおわかりでしょうが、全員私の宝物です。

べべ
クリックすると元のサイズで表示します

ナナ
クリックすると元のサイズで表示します

リル
クリックすると元のサイズで表示します

ほほ
クリックすると元のサイズで表示します

あま山(あまた)
クリックすると元のサイズで表示します

我が家に来てもうすぐ一年が経つ、ゴンタ
クリックすると元のサイズで表示します

保護猫ひら山(ひらめ)
クリックすると元のサイズで表示します

保護猫くり
クリックすると元のサイズで表示します

※ひらめとくりは家族募集中の猫たちです。

お前たち、一年間、本当にお疲れさまでした。生きていてくれてありがとう。辛いことも多かったけれど、家族みんなで年を越せるのが、なによりです。来年も、また迷惑をかけるだろうけれど、よろしくね。頼むから、お母さんを見捨てないで。

「さようなら2011年」の後半は、明日につづきます。

チャオ!

かつくん「あま山とひら山って? ハハ、デブ系猫には“山”をつけたがるんだよね。みんなの健康と、保護犬猫たちの良縁がハハの願いです。来年は願いがいっぱい叶うといいな。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*