オトナの半休


今日は実に幸せな半日を過ごしました。

自分の病院の帰り、有明のレストランでランチ。カニ料理のお店なのに、ホタテのカルパッチョとマンゴーを注文しました。アイスレモンティはぐぐっと2杯 ね。その後、首都高をドライブ。すいていたので、わざと遠回りして車窓越しに海を眺めてみたり。自宅付近に着いた後も、703号室を通り越し、レンタル DVDショップへ。

映画を1本借りて、こーんな感じでDVD鑑賞。
クリックすると元のサイズで表示します

床に落ちている毛とか、たまった洗濯物が気になったりもしたのですが、目をそらして、なにもやりませんでした。なにも。

ときどき、私は死ぬまでの間に、あと何枚のお皿を洗うのだろう、何回洗濯機をまわすんだろう、なんて、真剣に考えてしまいます。自分の寿命(予想)を数 え、計算機まで持ち出して。主婦として当たり前なんだから、文句はないけれど、ずっとやらなければならないことなら、たまには「やらない勇気」も必要かな と。大げさですね。勇気、だなんて(笑)。

DVDを観終わった後、好きなシーンをもう1度……いや、4度リプレイしました。またあとで、再生するつもりです。どんなシーンかって? 変態だと思われるから、絶対ナイショ。

それでも、空はまだ明るい。う~ん! サイコー♪

オトナの半休の締めは、なにをしようか?

心地よい気温になったところで、リルだけを連れてお散歩へ。

行かなくっちゃ、じゃないお散歩は、ひさびさかもしれません。

ましては、リルだけなんて。
クリックすると元のサイズで表示します

歩いても、歩いても、まだまだ足りない気がして、1時間は外をフラフラしていたでしょうか? 途中、アイスレモンティを買って、公園で、ブランコに乗りました。勢いをつけすぎてしまい、ブランコから降りれなくなって困ったけど、楽しかったです。

家に帰ると、ベベナナが絶叫。

「ぎゃおぎゃおぎゃお! ワンワンワン!!」

私とリルのぬけがけに、抗議しまくりです。

珍しくしおらしい表情を浮かべたリルは、ベベナナの顔に、ごめんねのキスをしました。

それをみた時、なんだかひどく、損をしてきた気がしたのです。

家の中でも、外でも、忙しい忙しいと口癖のように言いながら、走りまわってきた私は、間違いなく、大きなものを見落としてきたんだな、と。

ポロポロポロポロ……いくつも、いくつも。

お前たちが大切です。

義務感からじゃない。

心の底から。

そばにいてくれてありがとう。

幸せを噛みしめた夕刻でした。

かつくん「やらなくっちゃやらなくっちゃ行かなくっちゃ行かなくっちゃ終わらせないと終わらせないとそろそろはじめるかそろそろはじめるか。オトナは自分 の行動に、ボーダーを引いてしまうんだね。抜くことも大切だって、ぼくが何回も教えたのに、抜けばみえてくることがたくさんあるって、猫のぼくにはわかっ ているんだから。

リル、今日は主役だったよね。よかったね。お散歩楽しかった?

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*