もふもふ譲渡祭のスタッフ紹介とドレスコード

もふもふ譲渡祭まであと18日となりました。うわ……

 

 

ボランティアスタッフのみなさんと力を合わせていきます。

 

 

私信:ボランティアスタッフ向けにりょうちゃんが案内を作っていますので、できあがったら手渡しか郵送します。スタッフのみなさん、不安でしょうけれどしばしお待ちください。

 

 

おかげさまでトークショーは定員を大幅にオーバーしたので締め切ります。

 

 

会場が広いため、立ち見ができます。参加費を支払ってくださった方が優先となりますが、話が聞こえますし、雰囲気も味わえるので間に合わなかった方はぜひ♡

1kiro (1)

 

 

そしてワークショップはまだ募集しています。

1kiro (7)

 

 

淡辺さん(チチ)も散歩バッグ作りに参加するらしい(笑)。

 

 

いったいどんなのができあがるのかね?

 

 

※開催の時間等の詳細についてはもふもふ譲渡祭のHPにてご確認ください。

 

申し込み方法がtwitterやインスタ経由なのでわからない方も多いでしょう。私宛にブログにコメントをくだされば「非公開扱い」にし個人情報を伏せて受付をさせていただきます。

 

希望の時間帯(2つほどあるとありがたい)、人数、本名、連絡先の電話番号、メールアドレスを添えてくださいね。よろしくお願いします。

 

 

さて、もふもふ譲渡祭に出てくださるスタッフの紹介をさせてください。

 

私は(上から風に)「ボラさん」や「うちのボランティア」という一束にしたような言い方は得意ではありません。たとえHNだとしても(無償で貴重な時間と労働を提供してくださる)個人の方へ尊敬を込めてお名前を書かせていただきたいです。

 

【バザー】

まりおさん(責任者)、マイ太郎さん、めめちゃんのママさん、きーやんさん、ちかたん、あっティーさん、もりよさん

 

【トーク】

りょうちゃん(トーク及びイベントの総合的な責任者)、市川美絵さん(司会)

 

【ワークショップ】

ゆちゃん(講師及び責任者)、ひらりさん

 

【譲渡会】

emi-go(責任者)、かなちゃん、おだちゃん、みーちゃん(ここまでは全員動物看護士)、みいさん、まなちゃん、aiさん、Hさん(保護主さん)、かおりん(保護主さん)

 

【ノラスタガール】

amalちゃん、まりまり

 

【設営・その他】

かなちゃんの彼、安藤さん、わら&ひよさん、淡辺さん(チチ)

 

【獣医師】

前田先生(東京大学動物医療センター)、中島先生、後藤先生(大師前どうぶつ病院)

 

【犬のしつけ相談】

大村さん(トレーニングの先生)

 

私が把握している人数は31名ですが、あと数名追加があるかもしれません。漏れている方がいたら教えてくださいね。あ、私もか。私を入れて合計32名です。

 

 

そしてスタッフの皆さまにお願いがあります。

 

ドレスコードはもふもふ譲渡祭のイメージカラーの「黄色」でございます♪ やまぶき色でもからし色でも蛍光イエローでもパステルイエローでも大丈夫!

 

とにかく黄色系のなにかを身に着けていらしてください。

 

黄色い服があればいいのですが、ない方はスカーフでも靴でもヘアゴムでもアクセサリーでもなんでも構いません。ちなみに私は黄色い服がないので黄色の小物をAmazonで500円で買いました。

 

また遊びに来てくださる皆さまももし着る服に迷ったら黄色を選んで来てくださいね。

 

もちろん強制ではありませんが、明るい星★(輝く未来のスター)を彷彿とさせる色ですものね。

 

譲渡会に出る犬猫たちの首飾りも黄色に統一します。マイ太郎さんが忙しい合間を縫って保護犬猫たちの分をすべて作ってくださいました。

 

 

2回目の打ち合わせのときの一枚(大師前どうぶつ病院のかなちゃん&みーちゃん)

1kiro

 

 

私はいちおう全体をを把握しながら自分なりにこまごまと動いていますが、みんなが本当に主体的にやってくださっています。まさに「個人の連携」ですね。

 

 

買い物だけでもいいので、ひとりでも多くの方にお越しいただけますように。

 

 

最後にうちの老犬ちゃんコンビ(高菜&リル)の写真を親バカ目線からどうぞ♪

1kiro (3)

 

 

リルはふわふわのいい女でしょ?

1kiro (4)

 

 

欲深いお父さんとお母さんは17歳をめざして生きてもらっています^^;

1kiro (5)

 

 

きっと叶いますように!

1kiro (6)

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





老いた犬たちとの向き合い方

昨夜、高菜くんがお猿さんに見えて無性に愛おしくなりました。

ggq (10)

 

 

淡辺さん(チチ)の仕事デスクに飾られている天国組の写真

ggq (1)

 

 

みんなにリルと高菜をまだそちらに迎えないでね、とお願いしています。

ggq (9)

 

 

うちはべべが16歳半、ナナが16歳で逝ったので、「16歳」がなんとなく恐ろしいです。

ggq (6)

 

 

お子たちの命あるうち、形あるうち、姿あるうち、がどんなにありがたいか私は身をもって知っています。実際に生きてくれているのと、心の中で生きつづけているのとでは、正直次元が変わってきます。手の届く場所にいる、がやっぱりいちばんです。

ggq (7)

 

 

私がこれまでに看取ってきた犬たちは後ろ足から弱っていきました。だから時間のあるときはなるべく足のマッサージをしています。でも、必要以上の介助はしません。

 

 

「立ちたい」

 

「歩きたい」

 

「立たなければ」

 

「動かなければ」

 

 

リルと高菜の本能や欲求を満たすために、彼らは自己処理能力を高めていきます。

 

 

それでもどうにもならないときはもちろん手伝います。

 

 

正しい考え方かどうかはわからないけれど、なんでもすぐに助けないことで、老いの速度がじゃっかん緩やかになっているのは実感しています。

 

 

最近家具の間に身体が挟まっているリルをよく目撃するようになりました。

ggq (3)

 

 

高菜はグルグル旋回しています。どちらも「老犬あるある」ですよね。

ggq (2)

 

 

こういうとき私は、回っている高菜はそのまま放置し、リルのそばへ行って、リルのお尻をポンポンと撫でるのです。するとボケっと静止していたリルがまるでスイッチが入ったように「ハッ」とした表情でバックし、椅子の隙間から自力で脱します。

ggq (4)

 

 

リルと高菜の穏やかな寝顔が好きです。

 

 

粗相や夜鳴きにつき合う辛さを上回る幸せを私は確実に彼らから享受しています。

 

 

眠っているリルと高菜の呼吸音と放つ熱(体温)に私自身が救われています。

 

 

心臓に耳を当て、リルと高菜の心音を自分の中に取り入れています。

 

 

一体化している、と思えるほどに深いつながりを感じます。

 

 

それが「家族」なんだと思うのです。

 

 

欲ばりなお母さんで申し訳ないけれど、1日でも長くそばにいてください。

ggq (5)

 

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





生かすための努力

大昔、私は八幡山の動物愛護センターの職員と電話で激しくケンカしたことがありました。

 

 

私たちが徐々に引き取ると約束していた多頭飼育崩壊現場の犬猫たちの大部分を福祉の人間とセンターが殺処分してしまったのです。当時その家に住んでいた飼育能力のない精神疾患で入院中だった飼い主を福祉の人間が説得し、センターに送ってしまったのです。10頭程度は救い出せたのですが、それ以外の犬猫たちは間に合いませんでした。今思い出しても本当に辛いできごとです。

 

 

17年半前に土手に遺棄されたあまたの犬たちのことを真剣に相談したときも、役所は冷たかった。私は個人の力でどうにかするしか道はないと腹を括り、以後に至っています。

 

 

しかし、近年私は考え方が変わってきています。

 

 

もちろん地域差はあるでしょうが、多くの動物愛護センターが「生かすための努力」をしはじめていることに気づいたのです。だからセンターを悪者にするのはちがうと思うのです。

 

 

昨日は動物取扱責任者の講習会でかつて苦手だった八幡山のセンターへ

IMG_6653

 

 

ふたりの職員と思わしき方が(ボランティアの方かもしれません)笑顔で二頭の保護犬の散歩をし、その後、犬たちは順番に広い柵の中で遊ばせてもらっていたのが印象的でした。これまで多くのボランティアの方の尽力もあり、センターがずいぶん開かれた明るい場所になっているのを実感します。

IMG_6655

 

 

職員さんにもお話を聞くことができて、有意義なひとときを過ごしました。

IMG_6658

 

 

センターで譲渡事前講習会も開かれていましたよ♪

IMG_6659

 

 

私は変化を変化として素直に認め、喜びたいです。

 

 

ちなみに写真に写っている犬たちは殺処分されないのでご安心ください。

 

 

さて、動物取扱責任者はシッターのお仕事のためです。シッター士の資格はすでに持っていますが、HPを立ち上げ本格的にやるために第一種動物取扱業を取得したのです。体調と相談しながら自分のペース(牛歩)で前へ進んでいます。

 

 

シッターのお仕事は楽しいです。先日は星太郎のお茶会のあと、emi-goの病院にお泊りに来ていた卒業生「まる」のお散歩代行をしました。

IMG_6589

 

 

一度帰宅しお子たちのお世話を終え、変なズボンに履き替えいざ出発!

IMG_6588

 

 

ほれほれ行くよ~!

IMG_6587

 

 

山口県周南市の野犬だったまるは、警戒心が強く、里親の黒田さんしか散歩できません。黒田さんはその状況を憂いで、私に散歩の依頼をしてくれているのです。

 

 

散歩中は写真を撮る余裕がないので、散歩前の写真で失礼します。

 

 

二重の首輪、ハーネス、リード3~4本で脱走防止に備えています。

IMG_6591

 

 

二日目もまずは説得から……

IMG_6603

 

 

ねえ、まる~、散歩行こうよ!

IMG_6607

 

 

唸りながらもしぶしぶついてきてくれました(笑)。

IMG_6608

 

 

前はイヤイヤが激しかったのに、いったん外へ出ちゃえばテクテク横を歩いてくれるようになったまる。排泄もスムーズにできるようになりました。まんざらでもない、といったところでしょうか?

 

 

うれしくて黒田さんに報告のメッセージを送りまくった私。最高にかわいいです。

 

 

散歩から戻ったあと、めまいがひどかったのでまるとしばしルームシェア♡

IMG_6612

 

 

まるの引いた顔にみんなウケていました。

 

 

ちゅーるは黒田さんより、マッサージ券はemi-goよりプレゼントしてもらいました。

IMG_6630

 

 

ありがとう!

 

 

仕事をいただけるのは本当にありがたいですね。またのご利用をお待ちしています。

 

 

最後に我が家の近況写真を少し載せておきます。

 

 

犬のようにマテができる保護猫メル子(3秒程度)。

IMG_6662

 

 

お昼寝中のリルと高菜兄妹

IMG_6648

 

 

美犬よのう~

IMG_6647

 

 

スヤスヤ

IMG_6645

 

 

16歳に見えないでしょ?

IMG_6646

 

 

あちこちでおしっこやうんちをするようになったので、リルもそろそろおむつかな?

IMG_6644

 

 

皆さまも肉球家族たちとよい日々をお過ごしください。

 

 

書きたいことがたくさんあるので、あとでまた更新する予定です。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





安定

皆さまこんにちは。座っている姿勢がキツくてblog更新が滞ってしまいました。

 

 

うちのお子たちは全員元気です♡

777 (1)

 

 

昨日はMIHOさんにつき合ってもらい、あまぱんとさぶの東大病院へ

777 (3)

 

 

さぶは遠くからメッシュ越しに見ても「さぶ感」がハンパない^^;

777 (4)

 

 

ふふ。MIHOさんとスニーカーが被ってしまいました。

777 (2)

 

 

あまぱんは推定年齢15歳以上。慢性腎不全ステージ4と難病肝アミロイドーシスを患っています。

 

 

ヘビーな闘病を明るく朗らかにこなすタイプ

777 (5)

 

 

夏、輸血をした頃より体重が600g増えました。4.5キロになっていたのです。慢性腎不全ステージ4でありながら600g太るってすごくないですか? 自慢ですよ。

777 (6)

 

 

貧血の値、肝臓の数値は安定。腎臓も特段悪化していません。

 

 

そして慢性腎不全ステージ3のさぶ(推定13歳以上)。過去に2回、生死に関わるレベルの膿胸を乗りこえました。さぶも体重が増え、腎臓の数値が改善されていたのです。

777 (7)

 

 

毎日自宅で補液をがんばっています。薬も欠かさず飲ませています。

 

 

私の呼びかけに応えてくれるお子たち。私の希望を叶えてくれるお子たち。投げたボールを返してくれるお子たち。本当にありがたいの一語に尽きます。

 

 

お子たちの体調の「安定」にどれだけ私自身が救われているか。

 

 

お母さんとしてこれからも一生たいせつにしていこうと改めて心に誓いました。

777 (8)

 

 

前田先生、岡本先生、毎度ありがとうございます。恒例の記念写真を♪

777 (9)

 

 

主治医の前田真吾先生にはもふもふ譲渡祭のトークイベントに参加していただきます。

 

 

卒業生キビタビきょうだい家の市川美絵さん、大師前どうぶつ病院の中島渉院長とのパネルディスカッションにしようと思います。私自身も勉強させてもらいたいので、どんな内容にするか、ワクワクしながら悩んでいるところです。

777 (10)

 

 

席に限りがありますが、どうぶつの医療に興味のある方はぜひ!

 

 

正味一時間の短いトークイベントですが、ニコニコ有意義なものにしたいです。

 

 

最後に、バザー品のご提供をしてくださっている皆さまに感謝を。バザーをやると決めたあと、どなたからもご提供いただけず、重い責任を感じて実はとても凹んでいました。でも、助けてくださる方がポツポツと現れてくださっているそうで、少し気が楽になりました。ありがとうございます。ひとつからでも大歓迎ですのでHPへお問い合わせください。バザー品はtwitterで随時流しています。

 

 

ほしくなるものばかりで困っているという(苦笑)。

 

 

では皆さま、よい午後を。本日は体調がいいので夜また更新する予定です。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





病気と闘う勇ましいきみたち

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

香さんからリルと高菜にお誕生日カードとギフト券のプレゼントが届きました。

ttieheb (4)

 

 

あたたかいメッセージに感動。カードはリビングボードに飾っています。

ttieheb (5)

 

 

香さま、どうもありがとうございました。

 

 

子煩悩の淡辺さん(チチ)

ttieheb (8)

 

 

お子たちを通じて淡辺さんのよさを再認識しているこの頃です。

ttieheb (9)

 

 

 

お子たちにとっては本当にすばらしいお父さんだと思います。

ttieheb (10)

 

 

リルの食事風景。リルは腎臓用のドライフードを粉砕し、水を混ぜ、お団子状にこねこねしたごはんを食べているのです。これ、毎回なかなか手がかかりますよ。

ttieheb (11)

 

 

残りは高菜が片づけてくれます^^

ttieheb (7)

 

 

DVDを観る私を見るリル♡

ttieheb (13)

 

 

はいはい。かわいいかわいい♪

ttieheb (12)

 

 

みんなで雑魚寝。私の寝る場所がほとんどないという……

ttieheb (14)

 

 

へんな寝相の高菜

ttieheb (15)

 

 

白いマットレスについているのは淡辺さんが夜な夜な食べ散らかしたチョコレートなのでご安心ください。色はアレですが、念のため……運子じゃないです(笑)。

ttieheb (16)

 

 

私よりものすごいスピードで歳を取っていくお子たち

ttieheb (2)

 

 

病気と闘う勇ましいお子たち

ttieheb (6)

 

 

私はお母さんとして、お子たちの最後の日まで彼らを守りたいです。

ttieheb (3)

 

 

お子たちは今、多くのケアが必要ですが、ケアを含めお子たちとの日々を堪能しています。

ttieheb (1)

 

 

さぶ、重い~

ttieheb (17)

 

 

でもこの重みが、たまらないですね。

ttieheb (18)

 

 

体重は血や肉であり、私のお子たちが生きている証だから。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク