丸抱えの醍醐味

※ブログ連続更新中

 

 

マイハニーの中年さぶを近所で保護してから4年8か月が経ちました。

IMG_2165

 

 

 

来た当初からさぶは変わらず慢性腎不全の治療をつづけています。

 

 

つまりずっと闘病の状態なのです。さぶは治療をよくがんばってくれているので、4年8か月前の数値をほぼキープしています。すごいし、ありがたいです。

 

 

私はさぶに惚れ込んでしまったため、持病を理由に手元に残してしまいました。

 

 

ご存知さぶはうちの末っ子です。

IMG_8623

 

 

 

でもときどき、思うんですよ。

 

 

猫の慢性腎不全は多いじゃないですか。

 

 

慢性腎不全の猫を引き取る方が増えれば、彼らの活路は開かれます。

 

 

病気のない子たちと比べるとじゃっかんお金はかかります。

 

 

しかし1匹なら家計がひっ迫するほどの額ではないですよ。

 

 

闘病だらけの我が家は、死を間近に感じることがあります。だからこそ家族の「生」の一端一端が、私の人生にもたらせてくれる喜びは大きいのです。

 

 

もし健康だと決めつけていたら、私は常に家族をあとまわしにしてしまったでしょう。いて当たり前だったら、見落とすばかりだったかもしれません。

 

 

楽から学ぶこともありますが、苦から学ぶことのほうがずっと私の役に立っています。

 

 

「どうせ飼うなら健康な子がいい」

 

 

そういう声を耳にします。

 

 

そりゃそうです。

 

 

健康で甘えん坊でお利口で手がかからなくて……まさに理想。

 

 

けれど私は、さぶと家族になれてほんとうに強くなれました。

IMG_8622

 

 

 

さぶの病気はかわいそうですが、病気も含めて私はさぶがよかったです。

 

 

結局「強さ」が必要な局面では、お子たちに助けてもらったと思っています。

 

 

特に私は根気を得ることができたと自負しています。

 

 

闘病にせよ、人慣れの練習にせよ、一筋縄にはいかないです。

 

 

試行錯誤や忍耐を繰り返すうちに、内側が鍛えられた気がします。

 

 

死生観もじゃっかん変わりました。生より死を先に意識すると、生かされている喜びに気がつくのです。自分のこともそうですけど、お子たちのことは特に。

 

 

犬猫と暮らすうえで「癒し」もたいせつですが、自分を強くしてくれるお子たちの存在意義にはかないません。私は彼らの「お母さん」になりたくていっしょに生活しています。

 

 

母親ですから、丸抱えの醍醐味を味わいたいのです。

 

 

いろんな子がいる世界は美しい。

 

 

一色じゃないのがまたいい。

 

 

病気の子、ハンデを背負う子、人に心を閉ざしている子、みんなみーんな生きています。家族を求めるあらゆる子たちの赤い糸を願って。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





くっつき虫まある

※ブログ連続更新中

 

交流会への参加を希望、あるいは検討している方へ

 

幹事が交流会に関する専門のメールアドレスを作りました。

 

ぜひこちらへ自己紹介を兼ねてメールを送ってくださいね。

 

happy703familygmail.com

(※送るときは@に変えてください)

 

現在の参加人数は41名。幹事が必死にお店を探してくれています♡

 

 

 

さて、本日はカラっと晴れましたね。思いっきり掃除と洗濯をしましたよ。

 

 

ここのところ703号室地方はぐずつく天気がつづき、洗濯物の干場に困っていたのです。

sentaku (4)

 

 

 

うちは昔から「なんで?」っていうほど洗濯物が多いです。介護が必要な子たちを1頭でも抱えていると、年中おしっこ汚れと闘うハメになりますものね。

 

 

ほほが汚したものを朝から晩まで洗っているこの頃です。

 

 

非エコですが、雨天は浴室乾燥機をまわしっぱなし。汗だくで家事をしていると、保護猫まあるがちょこちょこくっついてくるのです。半端なく「かまってちゃん」。実はこれを書いている最中もまあるの激しい妨害に遭っています。

sentaku (2)

 

 

 

まあるおまい、なにしてんの?

sentaku (3)

 

 

 

まあるは生活音を怖がりません。掃除機の音もへっちゃら。いつも忙しそうに部屋をウロウロ。人のあとをくっついて歩くのがまあるのお仕事なんだそうです。

sentaku (5)

 

 

 

あまりにも寄ってくるから写真だって撮れないんですよ。

 

 

まあるは近日中にみいさん写真のモデルになります。想像しただけで鼻血が出るね♪ 家族募集をしますので気になる方は先に教えてくださいね。

sentaku (1)

 

 

 

保護猫ハットリ&すずらんも交代で登場しますので、703号室をどうぞごひいきに!

 

 

さあ、シャワーを浴びたらシチューを煮込みますかね^^

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





4年前のきみ

3連休いかがお過ごしですか?

 

 

私はDVDを一本観て友人みーたんのライブへ行きました。楽しかったです♡

 

 

でも楽しんでばかりもいられない。ほどほどにしないと。月末までにあと1章書く予定です。のんびりしていられませんね。ブログもどんどん進んでいきたいです。まあるとハットリの募集も^^;

 

 

よし。来週はがんばるぞ!

 

 

お子たちのお世話や皆さまからの相談はちゃんとこなしていますよ♡

 

 

iPhoneの中に入っていた4年前のあまぱん

IMG_5425

 

 

 

この頃はダイエットが必要なほどまんまるだったなあ。

 

 

今は私がシリンジを持って追いまわしているから切ない。けれどどんな形でも、たとえ骨と皮だけになったとしても生きていてほしいと願ってしまいます。

 

 

さて、703号室交流会の参加者が増えました♪

 

 

現在41名です。55名をこえたらおいしすぎるイタリアンを予約できるので、こうなったらそのぐらいいってほしいな。来たいという方はお知らせくださいね。

 

 

短めの記事ならちょこちょこ更新できるかもしれません。

 

 

私はまあるもかわいくて仕方ないし、ハットリがねえええええええ!!

 

 

すんごい甘ったれだからTwitterばかりでなくblogでも紹介しますね。

 

 

超好き~~~!!

 

 

まだ怒っているすずらんも含めてうちの保護猫たち最高ですよ。

 

 

皆さま素敵な週末を!

 

 

近々幹事から名簿をもらってメンバーをお知らせします。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





お誘い、ほか

【お誘い】

 

ふだん個人で活動している私は、インターネットが中心ですが「皆さまに直接お会いして元気をもらいたいなあ」と、ある晩急に思い立ちました(笑)。Twitterで幹事を募集したところ、703号室卒業生のカノン家とすもも家が名乗りを挙げてくださったので、幹事はそのおふたりにお任せします。

 

はじめは卒業生ファミリーでこじんまり盛り上がるつもりだったのですが、お世話になっている友人たちなども誘うことに決めました。そうしたら、面識はないけれどいつもブログを読んでくれている方も行きたいと声をかけてくれたので、こりゃもう、参加したい人はみーんなおいで! という流れになったのです。

 

自分で言うのはおかしいですが、私はえらそうな感じじゃないのでご安心ください。どちらかというと腰は低めですが、場を盛り上げたいがために空回りするイタいタイプです(>_<)

 

里親ファミリーは大歓迎のこと、ブログを見てくださっているという方もぜひ♪

 

なお特別な催しを考えているわけではなく、みんなでワイワイ交流するだけです。

 

場所はおおよその人数が決まってから発表しますが、表参道の予定です。

 

日時は11月25日。まだまだ先ですね。忘年会には一足早いですが、忙しい師走の前にホッと息が抜ける時期なのでいいんじゃないかなと思います。

 

時間は夕方17:30~2.5時間程度? でしょうか?

 

ふだん私のブログに登場する人たちはほぼほぼ来ます。

 

行きたい! という方は私か幹事までお知らせください。ちなみに今日現在で39名の方が参加します。名簿は今度幹事に聞いてお知らせしますね。

 

 

さて、雨の日の703号室は静かな時間が流れています。

kouryuukai (7)

 

 

お散歩に行きたくない気だるそうなリル

kouryuukai (6)

 

 

ふふ。晴れたら行けばいいよね。チチに甘やかされて1日に5回散歩をしています。

kouryuukai (5)

 

 

シンクロのさぶとあまぱん

kouryuukai (4)

 

 

私の目下の目標はあまぱんの体重を増やすこと。本日もシリンジ食をがんばっています。

kouryuukai (3)

 

 

次は保護部屋を覗いてみましょう。

kouryuukai (8)

 

 

お? 三本足のハットリくんがこんなに高い場所にのぼっているではないですか?

kouryuukai (9)

 

 

これ自力であがっているんですよ。猫の運動神経のよさはすごいなあ。

 

 

すずらんは相変わらず怒ってばっかり。少しずつ人とのコミュニケーションを築くように心掛けています。ちゅーるは手から食べてくれるようになりました。大きな前進ですよね。すず、ちょっとずつでいいから心を開いて見せてね♡

kouryuukai (10)

 

 

3匹の保護猫たちが6畳弱の保護部屋で過ごしています。

kouryuukai (2)

 

 

来週ニコ&ベルの保護~卒業記事を終えたらまある、ハットリ、すずらんの順で家族募集していきますので応援よろしくお願いしますね!

 

 

「いつもいろんな相談来てるよな」

kouryuukai (11)

 

 

うん。そうなんだよね。

 

 

「猫を保護したけど里親が決まるか不安」

 

 

系のお話はとっても多いです。

 

 

時間のある限り個別でアドバイスを差し上げていますが、正直追いつきません。

 

 

私はみなさんに「必ず決まる」とお伝えしたいです。

kouryuukai (14)

 

 

私が身をもって実現させています。

 

 

私は人気が出そうな子猫もやりますが、貰い手がつきにくいとされる大型の中高年の雑種の犬も老齢の猫も感染症を持っている子たちにも家を見つけてきました。怒りん坊も然り。保護するときにいちいちこの子は決まるのかと悩むことはありません。

 

 

私はどんな子でも隔たりなく手を差し伸べてきたと自負しています。

 

 

またそこが自分の長所だと思っています。

 

 

毎回言っていてくどいようですが、魅力のない子はいません。

kouryuukai (1)

 

 

そして世の中には、意外と善意の眼差しを持ってくださっている方がいるのです。自分の主観や価値観だけで「悲観視」するのはもったいないですよね。

kouryuukai (15)

 

 

不遇な子を自分の腕に抱き、本当の住処に送り届ける。

 

 

これほどファンタスティックで刺激的な活動があるでしょうか?

 

 

あなたはやれる。

 

 

あなたならやれる。

 

 

なぜかを説明しましょう。

 

 

保護した子にとって、あなたは父なる存在であり、母なる存在であり、頼れる友であり、保護した子はあなたの愛ですでに生かされているからです。

kouryuukai (13)

 

 

あなたはもう、勇気を持って一歩を踏み出しています。オドオドせずに、歩きましょう。あなたの保護動物はあなたの行動を見ています。あなたを信じています。

kouryuukai (12)

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





オアシス

私にはずっと気がかりだったお兄さんがいました。

 

 

emi-goの病院に私の保護子猫ニコちゃんに会いに来てくれたお母さんとお兄さん。ニコちゃんを抱いたときのふたりの笑顔が忘れられません。

 

 

ニコちゃんはほかの方との縁が決まり、私はお母さんにお断りメールを書きましたが、ふたりの落胆したそぶりを想像するだけで胃がキリキリと痛んで仕方なかったです。

 

 

自分が乾いたつまらない大人になってしまったと思いました。

 

 

ドライでパサパサの心。いつからこうなったんでしょう。

 

 

しかしこの度こま吉の里親きちこさんが保護した4匹の天使たちのおかげで、私はお母さんとお兄さんの夢を叶えることができたのです。

 

 

そして1匹の子猫が、お兄さんとお母さんの掌で幸せを掴みました。

 

 

ありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

 

きちこさんが保護した子猫たちの中にキジトラの女の子がいる!

IMG_1491

 

 

 

ニコちゃんと似ている!

 

 

私はすぐにきちこさんに連絡しキジトラの女の子を私が引き継ぐことを提案。

 

 

きょうだいたちと引き離してしまう旨も伝えたのですが、きちこさんは「一匹ずつでもいいご縁なら気にしません」と二つ返事。

 

 

横浜から菊ちゃん(仮名)をemi-goの病院に届けてくれたのです。

 

 

きちこさんが愛情を込めて育てた菊ちゃん

IMG_1493

 

 

 

風邪の治療もがんばりました。

IMG_1490

 

 

 

「もしまだ子猫が見つかっていないならぜひ会いませんか?」

 

 

私は菊ちゃんの写真を添えお母さんにメール……

 

 

私たちは会う約束を交わし、お母さんは仕事帰りにひとりで病院に来てくれたのです。

kiku (4)

 

 

菊ちゃんいいところをたくさん見せてくれました。

kiku (3)

 

 

小さいけれど、利発で素晴らしい猫さんです。

kiku (5)

 

 

菊ちゃん、お母さんの腕の中はあったかいでしょ?

kiku (2)

 

 

耳を掻いていたので検査してみたのですが、異常なしでした。

kiku (7)

 

 

中島先生、かなちゃん、いつもありがとう。

kiku (6)

 

 

きちこさんがまんまをたくさんくれたのでお腹ぽんぽこりんの菊ちゃんです。

kiku (8)

 

 

きょうだいを代表して採血

kiku (9)

 

 

ウイルス検査の月齢については中島先生とつめた話をしています。あくまでもこの時点での検査結果であることも含めて里親さんにはお伝えしています。

kiku (14)

 

 

ごほうびにお母さんからちゅーるをもらってご満悦

kiku (13)

 

 

一生けんめいちゅーるを食べる姿を眺めていたら

kiku (10)

 

 

鼻の奥がツンとしました。

kiku (11)

 

 

ああ。この子は生きるために生まれてきたんだなあ、と。

kiku (12)

 

 

 

きみたちには五感と喜怒哀楽があるんだもの。ね? タロ

kiku (1)

 

 

 

もらったおやつを隠すボボボ。8年以上河川敷で苦労してきた犬です。

kiku (19)

 

 

 

食事中は隔離されるちゃぽぽ。理由はみんなの分を奪ってしまうから(笑)。

kiku (18)

 

 

 

帰り際、お母さんは菊ちゃんを育てていきたい、うちの子にします、と仰いました。

 

 

そのときの表情がイキイキしていてとても美しかったです。

 

 

私は美しいものが見たくてこの活動をはじめたことを思い出しました。「運命は変えられる」と実証するためでもあります。私は簡単にギブアップしたくありません。

 

 

壁の向こう側にどうしても行きたいのです。

 

 

砂漠を越えればオアシスが広がっている気がするのです。

 

 

お母さんはニコニコ顔で帰っていきました。サプライズを準備するんだそうです。

 

 

後日、菊ちゃんはお輿入れの日を迎えました。

kiku (15)

 

 

おみやげ、きちこさんから預かった嫁入り道具、書類を持って♪

kiku (16)

 

 

 

私たちがいる場所は砂漠でしょうか? それともオアシスでしょうか?

 

 

すべては自分次第だと思いませんか?

 

 

お母さんの様子を目の当たりにして、私も潤いを感じました。

kiku (17)

 

 

循環しているんですね。

 

 

ならば常に前進しなくては!

 

 

菊ちゃん改めチョビちゃん♡ おめでとう!

 

 

次回はサプライズパーティに皆さまをご招待します。

 

 

LOVE IS ALL

 

 

スポンサーリンク