リリへ

頭の中を整理できず、だいぶ遅くなってしまいました。

 

 

今日はリリ(エリーゼ)へお手紙を書いてみます。それならできる。

IMG_5242

 

 

 

ほほの誕生日でもある7月7日七夕の夜、あなたたちは突如私の前に現れましたね。あなたが母猫十香、きょうだいたちとゴミ置き場デビューを果たしたその日、なんと鰻の弁当が2つも手つかずの状態で捨てられていたのです。唖然。もったいない。いったい誰があんなことをしたのでしょう。

 

 

まあ誰でもいいです。考えても意味がないことは考えてもしょうがない。

 

 

とにかく私は、あなたたちが鰻の弁当に群がるのを恐れ、捨ててあった鰻の弁当を速攻で隠してしまいました。ごめんね。

 

 

なぜそうしたかというと、あなたたちが満腹になってしまうと、私の捕獲箱に入ってくれないからです。あなたたちを保護しないと、困る。私が困る。

 

 

次々と子猫たちを捕まえる私を、母猫十香は傍観していました。

 

 

十香は静かな佇まいだったけど、心中はどうだったのでしょう?

 

 

自分が産み、育み、血や熱をわけ合った子どもです。

 

 

私は十香の様子を見て、十香を絶対に連れて帰ろうと決めたのです。全員逃さない。十香の「これまで」を無駄にしない。しない。

 

 

リリ、あなたには多くの守護神がいてくれましたね。

 

 

その守護神たちを、私に紹介させてください。

 

 

「わたしは十香 リリ わたしの乳首はまだ腫れているの いっぱい吸って成長して わたしそっくりの美しい娘になったわね 行ってらっしゃい 未来へ」

FullSizeRender (1)

 

 

 

「ぼくポテチ ハハが “茶白捕まえる!!” って躍起で ぼくが囮になったんだよ だってハハが捕まえようとしたのは十香で 十香がハハに捕まるとリリたちがひっそりと死んでしまうもん

リリ ぼくたち703号室で同じ部屋にいたね ハハはぼくとリリのケージをわけていたのに リリが自分のケージをすり抜け ぼくのケージに入ってきたよね

ぼくにスリスリしてくれた ぼくは黙ってじっとしてた リリ ありがとう」

IMG_5197

 

 

 

「リリ ぼくだよぼく おぼえてる? きょうだいのチャイ ぼくはラテとマイ太郎さんちにいてね ぼくたちも 家族ができて 間もなくおひっこし」

IMG_0059

 

 

 

「リリ ラテでーす ごらんのとおり元気にしてます チャイに聞いた? ぼくシャイなチャイを引率してふたりごと受け止めてくれるおうちにいくんだ」

IMG_0088

 

 

 

リリは703号室混乱期にやってきた子。ちゃんとお構いができなかったのを反省しています。でも明るいリリは、ほほやあまぱんやさぶ、それに保護猫サク(楽)を発見すると “遊んで遊んで~♪” のおねだりが上手で感心。

 

 

ヨタヨタのべべにもあいさつしてくれて、リリはおりこうさん。

 

 

サークルから脱走するのもうまい。どこどこ? 探したら、椅子の上から私をドヤ顔で見下ろしていたね。ホッとしてかわいくて、抱いたらあたたかかった。

IMG_5043

 

 

動画もはりつけておきますね。

 

 

リリたちを保護したはいいんだけど、あの頃私、たいへんだったのです。

 

 

苦しくて苦しくて、助けが必要な状態。

 

 

具体的には、保護猫を減らす助けが必要な状態。

 

 

マイ太郎さんがチャイとラテを担当すると言ってくれたときは嬉しかったな。

 

 

それでもなお、私は保護猫を減らさなければならず、リリ、誤解してほしくないんだけど、あなたが邪魔なのではなく、べべの具合が悪すぎたのと、もともとの私のキャパシティが小さいのです。

 

 

しかし誰でもいいわけではありません。

 

 

「どっかに適当にやってしまおう」などできません。

 

 

リリ、それは信じてくれますよね?

 

 

ぼんやりと私は6月10日のできごとを思い出しましたちゃた幸がうちを巣立った夜、私は晩御飯を作るのが億劫で母の店へふらっと寄ったのです。

 

 

そのとき店で突然声をかけていただいたchikakoさんご夫妻

IMG_3832

 

 

私のブログを読んでくださっている方で、記念写真も撮ったんです。

 

 

愛猫レオくんとランボーくんとの暮らし。ランボーくんが天へ旅立ったお話。ランボーくんがいなくなってからレオくんが淋しげに過ごしている風に感じると。だから2匹目を考えていることも……。

 

 

chikakoさんは女の子の成猫を希望していたのを知っていたのですが、母猫十香は気が立っている頃で紹介できない。ならリリは? リリはどうかな?

 

 

子猫だけど、あっという間に成猫になるし、リリは? リリはどうかな?

 

 

シニア組のほほ、あまぱん、さぶと問題なくやっているし、リリはレオくんと仲よくなれる気がしたの。リリ、あなたは私の自慢の保護猫ですもの。

 

 

ダメもとで聞いてみたところ、翌日、なんと前向きなお返事が。

 

 

最高の気持ち。リリ、リリ、リリお茶会決まったよ!!

 

 

いきさつのすべてを里親chikakoさんが自身のブログにつづっています。

 

 

私とは違う視点から→「仔猫が家族に加わりました」(ぜひ読んでください)

 

 

chikakoさんのツイッターのアカウント→ chikako  @pekoparis

 

 

 

「ねえねえ どしてわたしを箱にいれるの?」

IMG_5085

 

 

 

輸血を受けさせるためべべを病院に預けた私は、いったん帰宅しリリを連れて出発。お茶会だけのつもりですが、念のためお嫁入り道具も車に積みました。

 

 

もし双方がご縁を感じたら、リリを置いて行ってもいいかも。

 

 

私にしては大胆な発想。けれどリリ、リリを軽んじたわけじゃない。リリをよりいい環境へ早く送り出したいと願っていたんです。

 

 

「こわい~~~」

IMG_4088

 

 

 

「やだやだやだ」

IMG_4086

 

 

 

「わたしどこいくの?」

IMG_4085

 

 

 

大渋滞を抜け、リリを終の棲家へ案内。(遅刻してごめんなさい)

 

 

ちんまり不安げなリリでいいそうです。リリがいいそうです。リリと家族になりたいそうです。よかったねリリ。おめでとう。

 

 

バトンタッチ

IMG_5095

 

 

 

chikakoさんがリリの里親になってくれたこと、忘れません。

 

 

助けてくれた恩人です。

 

 

リリ、守り神たちの紹介はどうでしたか?

 

 

私も一応メンバーに入っていますが、私のことは即忘れていいからね(笑)。

 

 

次回は皆さまをリリのお城へ案内します。

 

 

親愛なるリリへ

 

 

Good luck

 

 

スポンサーリンク





私の尊い保護猫

最近の私にとって、対人はときどきむずかしいです。

 

 

そのためお礼を言うべき方に個別に「ありがとう」が言えません。

 

 

約束を守れないときもあります。気分を害する方や、淋しい思いをされる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

そう考えると、また苦しくなってしまい、どうにも身動きが取れないです。皆さまのお気持ちは届いています。私のような人間にはもったいない。ありがとうございます。

 

 

うちはべべの次にナナがヤバいのでナナのことや、ほほ、あまた、さぶについてだけはきちんとやりたいです。リルも老齢なので気をつけなければいけません。

sakua (12)

 

 

 

私はナナを愛しているんです。なるべく長くこの世でいっしょにすごしたい。

 

 

ここだけは気持ちを切り替えて、後悔の少ない過ごし方をしていく構えです。

 

 

さて、我が家の保護猫サク坊、昨日卒業前検診に連れて行きました。

sakua (16)

 

 

里親さんは愛猫を亡くしたこともあり、いろんな面で心配がおありだと思いますし、移動後、すぐに病院へ行くのはサクにとって酷です。サクが新しい環境でどんな様子をするのかは未知数。サクの体の状態を把握することで、たとえ多少食欲が落ちても、元気がなく見えても、里親さんも私も落ち着いて対処できます。

sakua (9)

 

 

サクがお世話になったemi-goの病院にてスクリーニング検査ほかできるだけ診てもらいました。サクと兄弟のセスを保護した直後に駆け込んだ病院です。

sakua (14)

 

 

今思い出してもすごい保護劇だったな。感慨深いです。

 

 

保護場所は赤茶の建物の手前のコインパーキングですよ?

sakua (11)

 

 

 

非常に交通量の激しい交差点です。

sakua (10)

 

 

じゃっかん慎重なセスとちがい、飢えていたサクは車なんか眼中ありませんでした。車にもバイクにもビビっていなかったんです。だから余計に危なっかしかった。

 

 

兄弟のセスは「セスの楽園」で楽しく暮らしています。

 

 

採血中

sakua (15)

 

 

ほかの患者さんがいない昼休みに予約を入れてくれたemi-goありがとう。

 

 

助かった。みっともない中年女が幽霊みたいな姿で院内をウロついていたら怪しいもんね。最後は裏口から静かに帰りました。

 

 

検査の結果は里親さんに電話で即報告。中島先生にも直接話してもらいました。おおむね正常で健康体だったのでご心配なく。体重は3・5キロでした。

 

 

みいさんが撮ってくれたサクの写真を何枚か載せておきますね。

sakua (8)

 

 

 

サクなりにがんばった撮影会

sakua (5)

 

 

 

でもやっぱり緊張顔です。

sakua (6)

 

 

 

これはまあまあかな?

sakua (7)

 

 

 

「抱っこできるよ」をアピールするための写真

sakua (4)

 

 

抱っこできるんだけど、なんか微妙ですね。

sakua (3)

 

 

だけど私は、どんなサクもかわいくて仕方がないのです。

sakua (2)

 

 

 

だって心臓がドクドク言って、体が温熱を帯びているんですよ。

sakua (1)

 

 

幸せになるために生まれてきた子です。まちがいありません。

 

 

そう確信して私は自宅に招き入れました。私の尊い保護猫です。

sakua (13)

 

 

 

すべての犬猫たちが安楽に生きれますように。

 

 

 

スポンサーリンク





ぼく エリーゼのために

ツイッターをごらんの皆さまはご存じかもしれませんが、べべ公の調子が悪いです。

isogasii (10)

 

 

 

チチは輸血に反対ぎみ(理由は不明。刺激が強そうだから? なんだろ?)でしたが、やらなければいけない状況になり、ようやく前向きに。家族一丸というのは、簡単なようでなかなかむずかしい。でもチチも私もべべへの気持ちは同じ。なるべくケンカせずに穏やかに過ごしていきたいです。加えて私は頭の中で考えていることを、ちゃんと口に出し、人に伝える訓練をしていかなければと反省。うーん。協調性ってやつですか?

 

 

 

万全を期してのぞみます。べべ公、がんばろう!

isogasii (13)

 

 

 

 

さて~! サクに会いに来てくださっている皆さま(いますか?)、ポテチ、母猫十香、子猫エリーゼ一家の近況を交えサクッと放出します。サクは現在お問い合わせがありません。

 

 

 

けれどサク(黒白)もエリーゼ(茶白)も私の宝物なんですよ。宝物を自慢させてくださいね。

isogasii (18)

 

 

 

まず、保護猫十香(とか)ちんを迎えに行った日の写真を

isogasii (2)

 

 

 

十香ちんはかなりワイルドレディ。現在は手がつけられないレベル。先に保護したポテチの横のケージにステイ。ふたりとも茶白で、状況から察しておそらく夫婦かと。

isogasii (7)

 

 

 

ポテチはエリーゼの父猫である可能性が高いです。父娘、そっくりなんてもんじゃないですよ!

isogasii (8)

 

 

 

たとえ父じゃないとしても、ポテチはエリーゼの命を救いました。大げさ抜きにポテチがいなかったらエリーゼときょうだいたちは死んでいたでしょう。子猫たちを死に追いやったのは、まちがいなく私であったはず。そして私は、子猫たちを死なせたことにすら気づかずに、のうのうと生きていたにちがいありません。ポテチが子猫と私を救ってくれました。感謝しています。

isogasii (4)

 

 

 

落ちついたら経緯を書きます。少し時間をください。

isogasii (9)

 

 

 

当初は母猫十香ちんとエリーゼをいっしょにするつもりだったのですが、エリーゼは野良気質がようやくおさまって、おっとりガールにかわりつつあります。母猫は未だ興奮状態なのでチチとも相談した結果、別々からスタートさせることに。とは言っても、十香もエリーゼも703号室にいるので、臨機応変に対応していきます。

isogasii

 

 

 

チチ、エリーゼさまを溺愛

isogasii (6)

 

 

 

チチの本妻リル(犬)が嫉妬に狂っています(笑)。

isogasii (5)

 

 

 

「わたち 人間のおじさんはすきじゃないもん」

isogasii (3)

 

 

 

うん。私も(爆)。

 

 

 

じゃあエリーゼさまに、私がとっておきの王子さまをご紹介しましょうか?

isogasii (12)

 

 

 

不器用でシャイなところがあるんですけど、スマートでハンサムですよ。

isogasii (25)

 

 

 

会ってみたいですか?

isogasii (23)

 

 

 

YES? YESねその顔は!

isogasii (21)

 

 

 

サクお願い。私にサクの力を貸してください。

isogasii (16)

 

 

 

「わ・・・・・・♪」

isogasii (14)

 

 

 

「わたちのタイプです」

isogasii (15)

 

 

 

 

「ハハ~ みてみて」

isogasii (11)

 

 

 

「わたちたち」

isogasii (24)

 

 

 

「いい感じにもりあがっています」

isogasii (20)

 

 

 

「サク兄に ぴとっ」

isogasii (22)

 

 

 

サクは自分がいちばん小さかったから自分よりミニサイズのエリーゼさまの扱いに戸惑いを見せましたが、いじわるもせず、猫じゃらし遊びをしたり、追いかけっこをしてくれました。

isogasii (17)

 

 

 

 

エリーゼさまの愛らしさは疑いようのない事実ですが、オトナの階段をゆっくりあがるサクも私にはかわいくて仕方がないです。私はサクを信頼しています。

isogasii (19)

 

 

 

サクならエリーゼにやさしくできる。そう信じて遊び役をサクに任せました。

 

 

 

サクは今、さぶにくっついて眠っています。

1ar

 

 

 

サクもまだまだ甘えたい盛り。サクを家族にしたい方はいませんか? 先住猫がいてもいなくてもだいじょうぶ。サクは魅力的な紳士です。エリーゼにとっても、私にとっても。

 

 

 

これから大巻先生の病院にべべの尊いお友だちをお迎えに行きます。それではまた!

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





みんなちがう色

みいさん撮影の日

 

 

シャイなサクを私が説得中。ねえねえ頼むってば。サク写真撮ろうよ~!

bebko (3)

 

 

 

「ぼく ちょっとオドオド・・・・・・」

bebko

 

 

 

「ぼくね 前に出ようとするんだけど 前に出ようとすると なぜか後ろに下がってしまうの」

bebko (8)

 

 

 

サク、わかるよ。

 

 

あ今ウソだわかるはずがないと思ったでしょう?

 

 

わかるんだってばほんとうに。

 

 

あまり信じてもらえないんだけど、実は私にも人見知りのところがあるんだよね。

 

 

私の場合は、私は人間だからね、社会に溶け込まなければならないし、目的を果たすためにはただ黙っているわけにはいかず、必要に迫られて自己訓練してきたの。

 

 

人見知りをしていると、まわりから「怒ってるの?」とか「顔がこわい」って言われつづけてきてね、そうくるのがイヤで、言われる前に勇気を振り絞って話すしかなかった。

 

 

まあ、加齢と共にだんだん図々しくなって、初々しい緊張も減ってきたんだけれども、しかしサクの気持ちはわかる。きっと「人見知りをしてしまう人」は多いんじゃないかな?

 

 

甘えん坊がいい。なにごとにも動じない子がいい。人に向かってくる子がいい。

 

 

いわゆる一般ウケのする猫がモテるのはしょうがないと思う。だって猫と暮らしたいと思ったとき、大方はやっぱりすぐに猫に好かれたいもんね。すぐに仲よくなって、すぐに家族になって、すぐに答えを得られたら気持ちがいいし、人側の自信に繋がるでしょう?

 

 

でもサク、いいんだよサクはサクのままで。

 

 

みいさんとみいさんのカメラにビビって、隠れてばかりで、たくさんは撮ってもらえなかったよね。サクはそういう意味ではアピールじょうずの猫よりもだいぶ損をしたかもしれない。

 

 

だけどこの世には善き人がいて、思慮深い人がいて、いろんなマニアもいる(笑)。

 

 

私そういう人が、サクを見つけてくれそうな気がするよ?

 

 

そういう人は、サクの事情を鑑みて、サクのペースでのサクの成長を喜んでくれるの。

 

 

私サクを抱っこするのがなによりうれしい。正直、あまぱんやさぶを抱くより。

 

 

理由はサクを抱けるようになるまでの過程にあって、私はそこに感謝しているの。

 

 

一歩一歩お互いが距離を詰めていった結果の抱擁なら、この上なく幸せだもんね。

 

 

サクは立派な卒業生になると思います。

 

 

サクへのお問い合わせをお待ちしています。私からサクの家族になってくださる方へのお願いはふたつ。サクの安全を守ってください。サクに環境に慣れるまでの期間を1カ月ください。

 

 

 

最後はみいさんの撮ったべべ公を

bebko (2)

 

 

 

サクのかわりにモデルをがんばりました。

bebko (4)

 

 

 

電池が切れるのがはやいのは許して

bebko (7)

 

 

 

いろんな子がいていいんだと思います。いろんな子を受け入れる世界は美しい。

bebko (6)

 

 

 

私も、あなたも、あの人も、みんなちがう色ですものね。

bebko (5)

 

 

 

 

愛と希望を込めて
 

 

私信:非公開コメント2ついただきました。ありがとうございました。とても励みになる内容でした。ポジティブな内容のコメントでしたが「非公開希望」とのことで公開はしません。ですが今後は可能でしたら、なるべく公開させてください。私が勇気をもらったコメントですので、ほかの方にとっても勇気に繋がるんじゃないかなと思うからです。

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新 脱皮まで

にゃん太さん、プレゼントとお手紙ありがとうございました。笹かま今夜いただきます!!

poteti (8)

 

 

 

「みいさん まだ?」

poteti (2)

 

 

 

ふふ。

 

 

本日(7キロのダイエットに成功した)みいさんが、保護猫サクを撮りに来てくれたのです。

 

 

サクに首飾りをすると、決まって口にハマってしまいます。首に激しく違和感を感じるんでしょうね。結局首飾りの事前練習がままならず、いきなり本番を迎えてしまいました。

 

 

 

ふだん慣れていない首飾り+みいさんとみいさんのカメラにビビったサク。暗い場所に隠れてしまいました。無理やり撮っても硬い表情の写真になってしまうので、途中から諦めてみいさんとのおしゃべりを楽しむことに。でもまあ、少しは撮れたかな?

 

 

 

サクは来週家族募集サイトに掲載します。応援よろしくお願いします。

 

 

 

みいさんの帰宅後、サク坊はリラックスモードに。なんだよもうーー!!

poteti (15)

 

 

 

みいさんがiPhoneで撮ったリビング。703号室は「時間が穏やかに流れている」だそうです。

poteti (16)

 

 

 

かもね。午後の静寂のひととき、といったところでしょうか?

 

 

 

「リルちゃん~~~」

poteti (3)

 

 

 

「べべちゃーん♪」

poteti (7)

 

 

 

みいさんの登場に気をよくしたのか? べべ公は最近の中でいちばん動きまわりました。歩いたりトイレを成功させたり。お母さんはビックリです。べべ公、うれしかったの?

 

 

 

みいさんおみやげありがと。みいさん&MIHOさんアマーへの気持ちありがと。母に渡します。

poteti (9)

 

 

 

台湾から戻った母は元気に店を開けている模様。やるね!

poteti

 

 

 

みいさんと別れたあと、私は2番目のミッション、保護猫ポテチのお迎えへ

 

 

 

とその前に、病院近くの定食屋で腹ごしらえ。ニラ玉おいしかった。ミニコロッケもぺろりっ!

poteti (11)

 

 

 

 

ごめんね私だけ。ポテチはまだカチコチなのに・・・・・・

poteti (10)

 

 

 

 

さあポテチ帰ろ!

poteti (12)

 

 

 

 

ここがポテチのお部屋だよ。まずはしっかりこの場所に慣れよう^^

poteti (14)

 

 

 

 

ポテチ、怖いかい?

poteti (13)

 

 

 

 

寝る前に「だいじょうぶだいじょうぶの歌」を歌うね。作詞も作曲も私がしたの。

 

 

 

人間には聴かせられないレベルだけど、ポテチの耳元なら恥ずかしくない気がする。

 

 

 

ポテチ、脱皮までつき合うから、要らないモンは徐々に脱いじゃっていいよ。

 

 

 

ようこそいらっしゃい。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク