回想:にゃっ展準備の日

皆さまこんばんは。

 

 

本日中に返さなきゃならないDVDがあることに気づいて心が折れかかっています。それにしても今週はなかなかのハードさ。息つく暇がなく、睡眠時間も極端に短い。

 

 

皆さまへのご無礼や不義理があるかもしれません。お許しくださいね。

 

 

数日前に撮った美しいさぶをどうぞ

28821F8A-CA0B-42B4-9C5C-B867A22025FC

 

 

どんなに時間がなくてもお子たちのケアは手を抜けません。特に闘病中のあまぱん、さぶ、高菜に手がかかりますが、やらないと彼らの生死に関わるので必死です。

9CA9774C-6E87-47EA-87A7-3568448EF427

 

 

掃除中もこの距離感。近いな。おかげで外出してもちょくちょく思い出します。

ED60D8A4-D509-4AD1-8078-8FC6B3B6253C

 

 

掃除といえば、先日拭き掃除で磨いた保護部屋の扉にようやく飾ったのです。

IMG_2928

 

 

にゃん太さんがプレゼントしてくれた宇宙組のポスター

IMG_2930

 

 

にゃん太さんありがとうございました。うれしかったです。

IMG_0938

 

 

にゃっ展の準備の日に手渡してくれたんですよ♪ 天国へ渡った私の家族がほほを中心に(SALA以外)全員載っています。しんみりしちゃいますね。いつかは私も同じ場所へ行けるのかな?

IMG_0939

 

 

さて、ということで皆さま、5月24日にタイムスリップです(笑)。

 

 

全力で参加させてもらったにゃっ展についてブログで紹介していませんでしたので、今さらですが数回に分けてサクッと振り返っていきますよ。

IMG_0921

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)を置かせていただけるとあって、出版社から私が買った分を、前日に鼻息荒く持ち込んだのです。ひとりなので車から降りたらどう運ぼうかと悩んだ挙句、閃いたのが「タカナ号」。

IMG_0920

 

 

ふふ。高菜のカートがあれば行けますね。

IMG_0919

 

 

会場は「日仏会館」。入り口には啓発用のポスターなどが並んでいました。

IMG_0922

 

 

いろんな作家さんの作品に胸が躍ります。

IMG_0936

 

 

瞬時に売れたというマイ太郎さんのバッグ(買ったのはうちの卒業生みも&あかりのママ)

IMG_0935

 

 

きゃ! かわゆい~!

IMG_0933

 

 

猫ってこういう表情しますよね。

IMG_0932

 

 

斬新な色遣いに目を奪われます。

IMG_0929

 

 

卒業生ローズが愛用している「あられベッド」にロックオン

IMG_0931

 

 

初日に2つ購入。ひとつは本の販売のお手伝いをしてくれたノラスタゆきちゃんの里親まりおさんへプレゼント。もうひとつはわが家の保護猫たちが愛用しています。人気商品だったようで、あっという間に完売。すごいなあ。

IMG_0930

 

 

準備していただいたノラスタブース。サイン用のテーブルまでついています。

IMG_0923

 

 

にゃん太さん、スタッフの皆さまに深謝

IMG_0927

 

 

「縁の下の力持ち」の一語がピッタリ合う有能なスタッフの方々。にゃん太さんの人徳と日ごろの細やかな心遣いの賜物ですね。卒業生天音&ほたるの里親もりよさんが作ってきたランチを囲んでワイワイ食べている図をパチッ。おいしそう^^

IMG_0928

 

 

駐車場料金の心配もあり、サインを終えた私はすぐ帰宅。

 

 

買いに来てくださる方がいるのかドキドキしながら……。

 

 

有意義なイベントに参加させてもらえて幸せいっぱい♥

 

 

PSコメントがたくさん来ていますがお返事と同時に公開します。身内のきもちもあるので公開を控えさせていただくものもありますが、読ませていただきました。

 

 

つづく

 

 

スポンサーリンク





パヴェダイア

「へばっているな」

IMG_2908

 

 

はい。そうなんです。

 

 

西山先生の仰るとおり、私も保護猫たちの情緒やQOLに重きを置きたいので1日に30分はそれぞれに時間をかけるのを目標にしています。みんなじっくりつき合うとよりかわいいです♡

 

 

ここ数日は朝9時から午後4時まで講習を受けているので時間の余裕が持てないこともありますが、1分でも長く、を意識しています。

 

 

本日、帰宅後に撮った陽乃ちゃん

IMG_3207

 

 

頭痛がガンガンだったけれど、お顔を見たら緩和されたよ。ありがとう。少し寝て起きたあとに撮った陽乃ちゃん。ごほうびにウエットを与えました。

IMG_3213

 

 

なんのごほうびかって?

 

 

そりゃお留守番をがんばってくれたごほうびと生きているごほうびですよ。

 

 

甘えん坊の黒真珠はスリスリを私に披露。私からはなでなでのお返し♪

IMG_3211

 

 

過渡期の白まんじゅう。「食べているとき限定」で一瞬さわらせてくれるようになったのですが、調子に乗ったらパンチで怒られました^^; 証拠写真を添付します。

IMG_3208

 

 

食後の満足顔(床が汚くてすみません)

IMG_3212

 

 

保護猫たちの食欲や健康がありがたいです。心配をせずに済むっていいですよね。

 

 

辛い日もお子たちや保護猫たちの「存在」で乗り切っています。

 

 

私は個人による保護活動の普及をめざしていますが、無償のサービス業ではありません。

 

 

おかげさまで交友関係が広く、プレゼントが届いたりしますが、人さまのお金をあてに動きません。皆さまにどう思われているかわかりませんし、貧乏くさい発言もするのでご心配をおかけしているかもしれませんが、原則的には自力で生きていくのを目標にしています。本を買っていただいたり、仕事をいただいて堂々と微々たる活動をする。だれの指図も受けない。それが私の理想です。だから同じ活動をしている方の中で、もし、犬猫保護譲渡活動は「いい商売だ。食えるな」と考えている方がいたら、それがいいとか悪いとか以前に、まずはご自身の保護犬猫たちのQOLについてこそフォーカスしていただきたいと心から切に願います。

 

 

日本には現在この活動に於ける明確なマニュアルがありません。

 

 

かわいそうな動物を作り、全ウエイトを傾け、あるいは傷ついた犬猫の写真や文章で巧みに同情をあおり、それを飯のタネにする。ということがまかり通ってしまいます。

 

 

仮にぞんざいに扱ったとしても保護犬猫たちは人間を訴えたり罰したりしません。

 

 

だれにも自分の境遇を伝えません。

 

 

彼らには法で担保された人権がなく、彼らは日本語を話すことができないからです。

 

 

だから今一度、どうか今一度、非力で無垢な彼らの目に、おでこに、四肢に、あたたかい手を差し伸べていただきたいです。持たぬ者から搾取するような行為は慎んだほうがいいですよね。

 

 

私も肝に銘じながら彼らと向き合っていきたいです。

 

 

しかしいっぽうで、自分の活動とはなんら関係のない、お世話になってもいない、ただ粗さがしのためだけに見張っている方には毅然としていたいです。

 

 

自分にそれができるだけの「矛盾のなさ」を追求しながら……。

 

 

そして勝手ながら、一頭一頭、自分のペースで不遇な犬猫たちを保護し、美しい譲渡をこなしている個人活動をする方々へもひと言送らせてください。

 

 

できることならだれもが華々しく煌びやかに輝きたいでしょう。けれども(各々の価値観があれど)大きなキュービックジルコニアよりも一粒のパヴェダイアのほうが深い輝きを放っていると私は思います。自分の潜在能力を信じてお互いがんばりましょう。

 

 

本日体調が悪く落ち込んでいたところ、母からラインが来てノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)の5冊の注文が入りました。うれしかった。もし皆さまの中にノラスタに興味のある方がいたらぜひお求めくださいね。読み物として好き嫌いがわかれるし、完ぺきではないにせよ、1年かけて本気で書いたそれなりの力作です。どうぞよろしくお願いします。

 

 

明日はにゃっ展の準備編に大きくタイムスリップしようかな?

 

 

いつもお読みくださりありがとうございます。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





キビ坊

皆さまこんにちは。本日の主役は岡山県から703号室に来た卒業生ミラクル改めキビ坊です。申し訳ありませんが(なんと)5月17日にタイムスリップします。

IMG_1058

 

 

ちゃんと書きたいので長くなります。ごめんなさいね^^;

 

 

まずは私がキビ坊の保護譲渡を引き受けたいきさつをお読みください。

 

「ミラクル2(リレー)/幸せの703号室」

 

※キビ坊の ハンサム写真は「ミラクル1/幸せの703号室」をご覧ください。

 

 

①岡山県のあさみさんちの庭→あさみさんちのケージへ

IMG_9619

 

 

あさみさんが面倒を見ていた地域猫時代のキビ坊の強烈なエピソードをひとつ!

 

 

脚を怪我したキビ坊をあさみさんが地元の病院へ運んだ際、到着前にキャリーバックから脱出し、なんと(2キロの道のりを)自力であさみさんちの庭へ帰ったそうです。キビ坊は強い意志の持ち主ですね。ミラクルという仮名の由来もここからきているとのこと。話を聞いてキビ坊が車に轢かれなくてよかったと思いました。

 

 

②岡山県よりemi-goの病院へ

IMG_0690

 

 

キビ坊をあさみさんから託され病院まで運んだのは山路さん

IMG_0594

 

 

その節はお疲れさまでした。キビ坊、よく来たね♪

IMG_0592

 

 

山路さんが描いたHGA48のキビ坊(ミラクル)イラスト。そっくりでかわいい!

IMG_1543

 

 

私の手が空くまで数日病院で預かってもらいました。

IMG_0606

 

 

emi-goとは持ちつ持たれつの関係で12年つき合っています。長いでしょ?

IMG_0605

 

 

病院へ会いに行ったときに撮ったもの。緊張していますね。

IMG_0599

 

 

③5月21日、キビ坊が703号室に来ました。

IMG_1053

 

 

慎重でシャイなキビ坊

IMG_1083

 

 

(山路さん紹介の)市川さんとのお茶会が入っていたため、とにかくちょっとでも人に慣れてもらいたいと、こまめにコミュニケーションを取るよう心がけました。

IMG_1426

 

 

くつろぎ中のキビ坊

IMG_1145

 

 

景色に同化するキビ坊(笑)。

InkedIMG_1338_LI

 

 

食事はケージにて

IMG_1086

 

 

好き嫌いなくなんでも食べるおりこうさん

IMG_1087

 

 

最近気難しくなってしまったさぶとも共生してくれて助かりました。

IMG_1396

 

 

さぶ兄と仲よくごあいさつ

IMG_1157

 

 

人に対しては一拍置いた雰囲気のキビ坊

IMG_1028

 

 

完全に信頼するには時間がかかるかな?

IMG_1155

 

 

人との距離のはかり方を考えあぐねている様子のキビ坊

IMG_0918

 

 

大丈夫だよ、と言葉をかけてもすぐには理解できないよね。

IMG_0917

 

 

安心したり

IMG_1412

 

 

不安になったり……

IMG_1393

 

 

気持ちが行ったり来たり。キビ坊は今、過渡期なんですよね。

IMG_1392

 

 

このまま譲渡していいのか、ありのままのキビ坊を受け入れてもらえるのか……いろいろと悩みました。だからこそ包み隠すことなくすべてを市川さんに見てもらおうと考えたのです。

IMG_1391

 

 

④5月27日、キビ坊のお茶会

IMG_1038

 

 

岡山県に縁を感じている市川美絵さんが山路さんのSNSに載っていたキビ坊の写真を見て運命を感じ、同居するお父さまとふたりで会いに来てくれたのです。

IMG_1043

 

 

シャイな主役を尻目に張りきるあまぱん

IMG_1040

 

 

フォローのつもりなのか、「自分自分」アピールなのかはわかりません。

IMG_1046

 

 

あまぱん、マッサージしてもらってよかったね。

IMG_1045

 

 

市川さんの意思は固く、話し合いの結果、キビ坊は市川家の一員となることが決定。ゆっくりじっくり時間をかけて馴染ませていく形になります。キビ坊、がんばるんだよ。

IMG_1039

 

 

⑤キュートなプレゼント

IMG_1152

 

 

市川さんより保護猫たちへちゅーるのおやつとおいしい紅茶をいただきました。

IMG_1076

 

 

ありがとうございました。「しおり」としても使えるんですって。いいですね。

IMG_1154

 

 

キビ坊の岡山の母あさみさんもプレゼントを送ってくださいました。

IMG_1075

 

 

あさみさんありがとうございました。一部はキビ家に渡しましたよ。

IMG_1818

 

 

⑥譲渡前のキビ坊(注意事項)

 

 

ある夜、ふと目に飛び込んだシーンに凍りついた私

 

 

ウォっ……

IMG_1160

 

 

リビング掃き出し窓の脱走防止柵(1m80cm)を乗り越え網戸を破こうとしていたキビ坊。仰天。すぐさま窓を閉め、隙間を塞いで市川さんに連絡

InkedIMG_1162_LI

 

 

キャリーバッグから脱走した過去を持つキビの「隙の狙い方」は半端じゃありません。正直、いろんな意味で近年の保護猫たちの中でいちばん危なっかしいです。

 

 

キビ坊が脱走防止柵を乗り越えようとしている画像を送ると、市川さんは即脱走防止策を強化すると返してくれました。保護動物たちの安全が第一の私にとって、この上ないありがたいお言葉です。

 

 

6月7日、キビ坊がうちを巣立っていきました。短い間だったけれどお世話をさせてもらえて幸せのひと言に尽きます。後半はキビ坊の終の棲家をご紹介しますね。

 

 

長文を読んでくださった皆さまに感謝です。

 

 

つづく

 

 

スポンサーリンク





達成感のある週末

※blogを連続更新中です。遡ってお読みください。

 

 

本日はフォスターアカデミーベーシックプログラム犬座学(11期)の講義を担当しました。

1 (15)

 

 

朝の部だったので前日は早めに保護部屋にて就寝

1 (5)

 

 

布団とスタンドライトを持ち込んでセットするとこうなります。

1 (4)

 

 

「なにしに来たのよ」

1 (8)

 

 

「ハハ ぼくらといっしょに寝るつもりですか?」

1 (9)

 

 

そうよ? 私が入ると狭くなるけれど、みんなで仲よく寝よう♪

1 (6)

 

 

納得いかない様子の面々

1 (10)

 

 

はい。私なんてしょせんすずらんに見下ろされる保護主です。

1 (7)

 

 

「ぼくは中立派 おやつさえあれば6:4の6でハハの味方になります」

1 (3)

 

 

眠剤のおかげで703号室の上品な保護猫たちのおかげで朝までぐっすり。会場へ予定時間の50分前に着いてしまうという(汗)。まあ、遅れるよりはいいか。

 

 

チチに車で送ってもらいました。チチありがとう。「犬座学」ですが、お気に入りの猫のサマーセーターをチョイス。我ながらかなりのインパクト! 超好きです♡

1 (11)

 

 

毎回、外苑前のオシャレな犬猫メモリアルスペースDEARPETで開催

1 (12)

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)を置いてもらいました。感謝!

1 (13)

 

 

2時間弱、犬の保護やフォスターになるための基礎的な知識について話しました。参加者のみなさんは真剣そのもの。第一期から講義を受け持っていますが、本当にすばらしい取り組みです。

 

 

※ちなみに猫座学のひとコマも私が担当しています。

 

 

自分なりの解釈ですが、「犬座学」と「猫座学」のめざすところが微妙にちがうので、それぞれに合わせた内容を心掛けています。犬は包括的に、猫は具体的に。私の保護活動の武勇伝や自慢ではなく、「使えるノウハウ」を意識しているため、修了生に「実践者」が増えていると自負しています。もちろん、ほかの講師の方々のお力が大きいのは言うまでもありません。

 

 

一同、記念にパチッ! (松原さん写真ありがとうございました)

1 (14)

 

 

建築士の男性もいらっしゃいました。性別の垣根を超えて考えてきたいですね。

 

 

講義後、ノラスタをお求めくださった方や、私の着ている猫セーターを買いたいと褒めてくださる方がいて、ワイワイニコニコ立ち話。楽しいひとときでした。

 

 

出し切ったごほうびにひとりランチバイキング

1 (16)

 

 

ドリンクバーつき、取り切れないほどの豪勢な品数で1,500円

1 (17)

 

 

表参道にしては安いですよね。タッパ持参で行きたかったくらいです。

 

 

帰宅後、家事に精を出しました。掛け布団カバーを洗濯し、油まみれだったキッチンの換気扇フィルターを交換。ふふ、真っ白になって気分爽快です。

1 (1)

 

 

「やればできるんだな」

1 (2)

 

 

昨夜撮ったバスマット王子さぶ。私がお風呂から出るのを待ち構えています。

 

 

さぶが濡れるとたいへんなのでバスマットは使わず、古いバスタオルの上で水滴を落としました。我が家では犬猫たちが断然優位です。

 

 

リルとタカナもにっこり

IMG_2843

 

 

犬組もかわいいでしょう? 保護猫すずらんと白まんじゅうの爪切りを終えたし、ブログも2つ書けたし、私なりに達成感のある週末を過ごしています。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ほほの毛

先日お仕事の件でお会いしたSさんにキュートなプレゼントをいただきました。

IMG_2677

 

 

笑顔がステキなSさん。お気遣い、応援ありがとうございます♡

 

 

卒業生リリ子&ルース家豆さんからは宮崎マンゴーが……。ぶっ倒れるかと思うほどおいしかったです。豆さん、ありがとうございました。

IMG_2246

 

 

皆さま週末をいかがお過ごしですか?

 

 

私は保護活動関連の用事がいくつか入っているほかはのんびりとしています。

IMG_2320

 

 

本日もiPhoneに保存されている写真を何枚か^^

 

 

twitterにもあげたのですが、以前卒業生ポテチ&コテツの母親きーやんさんにもらったコーヒーを思い出し、飲もうとしたところ、衝撃がほとばしったのです。

IMG_2327

 

 

ペット用シャンプータオルだったという(驚愕)。

IMG_2328

 

 

「ハハは バカね」

IMG_2680

 

 

「は?」「えー?」となりつつも、頭をスッと切り替えタカナのお散歩のあとの拭き拭き用に重宝させてもらっています。きーやんさんありがとうございました~!

IMG_2317

 

 

タカナは元気ですよ。顔が赤ちゃんみたいでかわいいでしょ?

IMG_2318

 

 

タカナは4歳半のときに私に保護された犬。暴力を逃れ土手を出た保護犬タカナの預かりに名乗りをあげてくれたのが、若かりし日のemi-go。もう11年以上前の話です。

 

 

当時、お兄ちゃんとふたり暮らしをしていたemi-go家には馬並みに大きな保護犬(シェパード)がいて、タカナとその子は1Fのリビングに並んで暮らしていたんです。なつかしいな。

 

 

なんで今その話になったかというと、クローゼット内に埋没していたこれを最近ふと思い出し、ひっぱり出して使っているから。なんだかわかります?

IMG_2312

 

 

ふふ。背中にうんちを処理する袋が入っているぬいぐるみ。アメリカの犬猫保護シェルターを見学しに行ったemi-goが昔くれたおみやげです。いいでしょ?

IMG_2313

 

 

「便利ですね ハハ それぼくのお婿入り道具にしてくださいよ」

IMG_2311

 

 

ダメダメ。思い出が詰まった物だから。

 

 

それより早く黒真珠を「お婿さん」にしないとね。

 

 

保護部屋組は全員フリーにしましたよ♪

IMG_2675

 

 

さぶ兄も入れての深夜の運動会

IMG_2674

 

 

みんなおもちゃを夢中で追いまわして遊んでいます。

 

 

最後に、先日の感動を自慢させてください。

IMG_2538

 

 

ちかたんちの闘病中のレオじいの顔を見に行った際、マイ太郎さんに「ほほ」を手渡されたのです。ほほの毛の一部を使って作られたフェルト作品

IMG_2544

 

 

あまりに「ほほ」すぎて卒倒するかと思いました。嬉しすぎますね。

IMG_2599

 

 

ミモザとカスミソウの花言葉まで考えて作ってくださった作家の麻子さま

IMG_2541

 

 

ほほの毛を丸め

IMG_2590

 

 

まるで桜餅のように包んでほほにぶら下げてくれました。

IMG_2591

 

 

ピンクの♡のチャームの中にほほ毛がたっぷり詰まっています。背景の色も(私の持つ)ほほのイメージカラー、赤にしてくださり……胸がいっぱいです。

IMG_2589

 

 

頭のアンテナ、目の感じ、ちょろっと出ている牙がヤバいですね。

 

 

真っ黒ではない被毛の雰囲気もほほのまんまです。ほほだと思って一生だいじにします。マイ太郎さんにゃん太さん、麻子さま、本当にありがとうございました。

 

 

ああ。ほほに会いたい。

 

 

書いていたらほほへの未練がダラダラと溢れてきました。

 

 

いったんここで失礼します。

 

 

Smile

 

 

 

スポンサーリンク