黄色いパーカーと12本のビール

卒業生リタ改めりんちゃん家よりクリスマスプレゼントが届きました。

18 (6)

 

 

ありがとう。嬉しくて私もラブレターを投函済み♡ りんちゃんの里親さんと「もふもふ譲渡祭」でお会いできるのが楽しみです。トークも申し込んでくれた模様♪

 

 

相変わらずビビり度の高い保護犬まうくん

18 (12)

 

 

「ぼくこわい」

18 (11)

 

 

隠れているつもり

18 (10)

 

 

リルや高菜みたいに堂々と生きられるようになってもらわないとね^^

18 (13)

 

 

はじめはドームベッドに入ってもらっていたのですが……

18 (14)

 

 

引きこもりがひどいので屋根を取ってしまいました。

18 (15)

 

 

「ひどいじゃないですか! 吹きさらしの環境ですよ」

18 (16)

 

 

いえいえまうくん。家自体に屋根がついているので吹きさらしではないんですよ。

18 (17)

 

 

かわいくて仕方がないのでつい写真をパチパチ撮ってしまいます。まうくんが赤ちゃん犬でいる時期は短いから、写真は多くても邪魔にはならないですものね♪

 

 

ほかのお子たちももちろん元気です。保護猫白まんじゅうは(あまぱんとさぶに守られながらという条件付きなら)私と寝てくれるようになりました。

18 (18)

 

 

それぞれ個性豊かでいっしょにいて楽しい面々です。

 

 

さぶ、いつも協力してくれてありがとうね。愛しているよ。

18 (7)

 

 

さて、今日はこれを書いたらもうパソコンを開きません。

 

 

こんな風にだらしなくiPhoneを延々といじったりもしません。

18 (9)

 

 

ちょっとは見るかもですが、こういう感じではしません。

18 (8)

 

 

オフモードにします!

 

 

理由は、生誕を祝ってあげたい人がいるのです。

 

 

その人と出会ったのはおよそ20年前。

 

 

数年後、紆余曲折を経て、私たちはともに暮らすことを選択しました。そして今、いろいろな感情や事情でスープの冷めない距離にいます。人間関係は流動的なので、未来のことはわからないです。

 

 

でも私は、総じていうならその人の幸せを願っています。その人が病気をしたら本気で心配ですし、ある程度自分の胸の内を打ち明けられる存在です。

 

 

昔は私なりにいい奥さんでいなければならないとがんばっていた時期があったのですよ。振り返ればいい奥さんでいるかわりに、いい夫を求めていたのだと思います。見返りを求めるというか、なんというか。でもそうじゃないとわかったのです。差し出すから期待をし、期待を裏切られると落胆する。お互いの立場、言い分、うんぬん……これでは負のループです。

 

 

その人のことをすべてわかっていた気もするし、なにもわかっていなかった気もします。近くに感じるときもあれば、遠くに感じることもありました。

 

 

けれどたいせつなのは、興味を失わないことの一点のみだと現時点では考えています。

 

 

俯瞰できる位置にいるからこそ細部がクリアに見えることもあるのですね。

 

 

おそらくその人は、世界一のお父さんです。

 

 

お父さんとしての信用度は、とても高いです。その人が弱きものを見る目や触れる手は慈悲に満ち溢れていて、打算がなく、ひたすらにやさしいです。その人のそういった姿を見ると心が洗われます。

 

 

もふもふ譲渡祭の荷物運びをしてくれるというので、ささやかな誕生日プレゼントを贈ることにしました。その人は飲兵衛なのでビールを12本と……

18 (2)

 

 

もふもふ譲渡祭で着せるGUの黄色いパーカーと白のTシャツ

18 (1)

 

 

まあいちおう誕生日カードも

18 (3)

 

 

なんと開くと瓶が倒れるようになっています。凝ってるねえ……

18 (4)

 

 

あとはケーキとディナーか。

 

 

プレゼントを買った帰り、たまたま近くにいたemi-goたちとファミレスで30分お茶しました。この夫婦はふたりとも自然体でお互いを尊重している理想的な関係です。

18 (5)

 

 

庇いあうようなところもうらやましい。

 

 

親子、夫婦など人間関係はそれぞれいろいろですね。

 

 

そろそろ支度しないと。

 

 

おめでとうより、生まれてきてくれてありがとう、がしっくりくるかな? ふだんは犬猫にかけている言葉ですけど。いずれにせようまく言える気がしないですが、心境としてはそんなところです。

 

(※翌月の私の誕生日は倍返しを期待しています。あ! 期待しちゃいけないのか!)

 

 

皆さまもよい午後をお過ごしください。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





女磨き(?)

毎日があっという間。薬を飲んでいるので最近体調は安定しています^^

 

今日は4月に洗いに出した服を取りにクリーニングへ行き(汗)、郵便局でノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)100冊分の支払いを済ませました。

 

もふもふ譲渡祭で販売するために、さんこう社の野島さんから2割引きで買ったのです。

 

 

その後いろいろな雑務を済ませ、これまた8月からご無沙汰していた美容院へ。いやね、美容院は学生の頃から時間のムダな気がして苦手で、本当は行きたくなかったのです。でも白髪がポツポツと目立つようになって仕方なく……あああ、神さま、私だけに不老の薬を処方してください。

 

 

リタッチして白髪とさようならしました♡

mamai (7)

 

 

昔からお世話になっている近所の激安美容院の店主に褒められた(?)のですよ!

 

「お金も手もほとんどかけていないのに、髪質がよく、量、ストレートさ、芯、髪のまとまり方、生え方、艶が生まれつきすばらしいんですよね。あの……親に感謝したほうがいいですよ?」

 

無精だとバレているところが悲しいですが、素直に喜びます。

 

 

美容院のあと一度帰宅。お子たちのお世話を終え、シッターへ

mamai (10)

 

 

常連マイ太郎さんちのマイ兄とはっちゃんです。

mamai (11)

 

 

マイ兄~ おなかすいた?

mamai (12)

 

 

仕事で伺っていますが正直かわいくてしょうがないです。

 

 

連日行っているので、本日だけでなく昨日撮った写真も自慢させてください↓

 

 

忙しいマイ太郎さんに代わってマイ兄が飲んでいるセミントラ(慢性腎不全の薬)を買いにemi-goの病院へ寄ってからマイ太郎さん宅へ行きました。

 

 

emi-goの病院ではもふもふ譲渡祭に使うケージが用意されていましたよ。

mamai (13)

 

 

新しいケージいいなあ。私もメル子に買ってあげようか迷い中

mamai (14)

 

 

到着! 朝ごはんを5時半に食べているボーイズは腹ペコを訴えてきます。

mamai (15)

 

 

マイ兄、おいしい?

mamai (16)

 

 

写真や動画をマイ太郎さんに送ると安心してくれるのでパチパチ撮影

mamai (17)

 

 

人見知りのはっちゃんが私にはこんなにベッタリなんです。

mamai (18)

 

 

もうたまらんわ(鼻血)。生きていてくれてありがとう♥

mamai (1)

 

 

マイ太郎さん宅にはしばらく通う予定です。そして少しでも収入を得たい私は母に頭を下げ、今週から不定期(週2)で母の店でバイトをすることに。今週は明日の夜と明後日の昼に店にいます。

 

忘年会シーズンですので、駒込にて皆さまのお越しをお待ちしています。

 

 

女磨き、などというオーバーな題名をつけた割には白髪染めとカットをしただけじゃんか! と思ったそこのあなた! ふふ。実はネイルも行ったのです。

 

 

ランチ代程度で爪をきれいにしてくれるのは、里親きえさん

mamai (9)

 

 

きえさんはもふもふ譲渡祭のバザーに美しいハーバリウムを30本寄付してくださった方。5名のお仲間といっしょに作ってくださったのですよ。

mamai (3)

 

 

ご夫婦で2014年卒業生の麦ととろろを寵愛しまくっています。

mamai (2)

 

 

笑顔が輝くきえさんですが、麦の目の病気は深刻でとても悩まれていました。

 

 

懸命なケアをしているにもかかわらず、直近の眼圧の検査結果が過去最高に悪かったらしいのです。麦は現在我が家と同じ東京大学動物医療センターへ通っています。

 

麦、がんばっているんだもんね。ママもパパもついているから大丈夫!

mamai (8)

 

 

いつもおもしろくて朗らかなきえさんを見ていると、人は内側では絶えず葛藤し、それぞれが大きな問題や苦しみや痛みを抱えているんだということに気づかされます。

 

なのに人の前では明るく優しく振舞うきえさんが、私は好きです。

 

 

ネイルは私のイメージを漠然と伝え、ふたりでペチャクチャ相談しながら決めるのが私たちの恒例ですが、今回は「黄色」「スター☆」にこだわりました。

mamai (5)

 

 

理由はもう説明不要ですね?

mamai (6)

 

 

歳を取った私の手の肌の質感が「黄色」に超負けているけれど、いいのいいの。全然気にしてないもん。爪だけ若作りしていると陰口を言われても平気ですっ。見てほしいのは腕でも手でもないの。

 

私の爪はすでに私の手からも腕からも乖離し、ひとり歩きをはじめました。

 

爪先だけがキラキラならそれでいいの。決して無理してませんっ!

mamai (4)

 

 

それにしても「黄色」ってやつは眺めれば眺めるほど若者に特化した色に感じられて憎らしい。

 

 

自信なさげな私の眼球はきえさんの顔と自分の指先を行ったり来たり……果てにはすがるような上目遣いの私に「いい♪」「かわいい♪」と元気づけてくれたきえさん。

 

 

うん。そうだそうだ! 自分の人生、何歳でも前のめりに生きてやりますよ。

 

 

ということで、女磨き(?)はパパっと終了です。

 

 

明日は2つお仕事が入っているのでそろそろおやすみなさい。

 

 

Smile!

 

スポンサーリンク





ノラ猫スカウト、ウーマン

匿名さまより猫砂と猫おやつのプレゼントをいただきました。おやつはこの度の猫スカウト(保護)に大活躍したのですよ。どうもありがとうございました!

777 (3)

 

 

先日、都内で仕事を終えたまなちゃんが703号室にやってきました。

 

 

「はあ……不安です。アンニイさんすみません。はあ……ドキドキする」

 

「捕まるといいね。まあ、いてくれたら捕まると思うんだけど」

 

「毎日見るわけじゃないので必ずいるかはわからないのですが……万が一いなかったらアンニイさんに無駄足を踏ませてしまいます。ああ、ごめんなさい」

 

「まなちゃん、何度も謝らないで。逆に気を遣ってしまうから」

 

 

こちらがまなちゃんにお願いするほど、私に恐縮しまくりのまなちゃん。

 

 

捕獲箱(1台)と猫のおやつを手に、私たちはうちから私の車でまなちゃんちをめざしました。超遠いイメージだったけれど、夜の高速道路が空いているおかげで約1時間で到着! 車の中でもまなちゃんはため息を繰り返していたのです。

 

 

「はじめまして。わたしごまです」

777 (8)

 

 

「あなたはアンニイさん?」

777 (5)

 

 

「わたしこの家のねこです」

777 (4)

 

 

「わたしはたまご。保護猫時代に会ったわね。アンニイさんおぼえていますか?」

777 (6)

 

 

「あ~ ちゅーるはおいし♡」

777 (7)

 

 

「わたしはねね。お接待は苦手なの」

777 (9)

 

 

ごまちゃん、たまご、ねねちゃんはいずれもまなちゃんが保護した子たちです。

 

 

「愛猫」としてまなちゃんちで暮らしています。かわいかった^^

 

 

お父さん、お母さん、お兄さんにもごあいさつ。お父さんもお兄さんも私をまなちゃんだと間違えたらしく、「あれ? まな?」と声をかけられてしまいました。

 

 

着替えたまなちゃんが捕獲箱(1台)と猫のおやつを用意してきました。よし! 猫のおやつもいろんな種類が揃ったし、捕獲箱は2台あるし、出発しますかね?

 

 

途中のドラッグストアでにおいの強い猫缶を追加で買い、いざ目的地へ!

 

 

詳細は伏せますが、大きな駅前のロータリーのど真ん中に外猫が2匹いて、動いている車の下に入ってしまうため、非常に危険な状態だったのです。偶然猫たちを見かけたまなちゃんは数か月単位で悩んでいたとのこと。私もまなちゃんに会うたびに聞かされていました。場所と対人関係の問題から女性ひとりで捕獲箱を仕掛けるにはハードルが高く、私がお手伝いをすることになったのです。

 

 

餌やりのオジサマどもに満面の笑みで話しかけまくる私。別人になった感覚です。

 

 

猫を連れて行かないでと言われるのが怖いので、最初に「ここに来る猫はみなさんのうちのどなたかの飼い猫ですか?」と聞いてみることにしたのです。

 

 

するとほぼ高い確率で「ちがうよ。ノラだよ」と返ってきます。

 

 

人間は咄嗟の質問に対して瞬時に自己防衛本能がはたらくので、「この猫の責任はおれにはない」という流れを作るのを目的とした会話を組み立てていくのです。

 

 

大げさだと笑われるかもしれませんが、重要なポイントです。

 

 

「ノラ猫……じゃ、飼い主がいない猫ですね? 実はすでに役所に相談済みで、了承も得ています。私たちがたいせつに飼うので連れて帰ります(笑顔)」

 

 

ここからは餌やりさんグループの前でもニコニコ堂々と保護のために動きました。

 

 

そして時おり餌やりグループの人たちに敢えて頼り、アドバイスを求めます。「疎外感」を感じさせないためにみんなを巻き込むのです。

777 (10)

 

 

かれこれ20分で最初の黒白の猫が箱に入ってくれました。

777 (21)

 

 

地面にばら撒かれていたドライフードを(勝手に)処分。ごちそうを箱に忍ばせたのです。

777 (18)

 

 

入る前はこんな感じ(箱はこの直後にまなちゃんのから私のに変えてあります)

777 (19)

 

 

やった!!

777 (20)

 

 

すぐさま駐車場へ

777 (22)

 

 

手際よく車に箱を積むまなちゃん

777 (1)

 

 

なかなか手ごわい2匹目のために箱をひとつセットしたまま一帯が見渡せるファミレスでラーメンを食べる女ふたり。あまりにも空腹で動けなかったのです。

777 (11)

 

 

まなちゃんごちそうさまでした。

777 (12)

 

 

そして足早に戻ると、私たちから逃げまわって姿を消してしまった2匹目が中に入っているではありませんか! 至近距離で確認すると感動もひとしおですね。

777 (13)

 

 

スカウト大成功!

777 (15)

 

 

「わたち ヤンキーに拉致られました 助けて~」

777 (14)

 

 

703号室に帰って祝杯をあげるまなちゃん

777 (16)

 

 

飛び上がって喜んだいい夜でした。ふたりとも早寝&ぐっすり~♪

 

 

翌日、休診日のemi-goに泣きついて病院へ……

777 (2)

 

 

明後日、まなちゃんとまなちゃんのお母さんが迎えに行きます。

777 (17)

 

 

もし2匹同時保護があまりにもキツかったら、我が家で1匹預かろうと思っていますが基本はまなちゃんががんばるとのこと。まなちゃんお疲れさま。私も役に立ててうれしいです。

 

 

最後に余談ですが、今回の高速道路代はまなちゃんが払うと言ってききませんでした。まなちゃんはいい譲渡ができる「個人」ですが、支援を募っていません。里親さんに医療費の実費を負担してもらったとしても、果たして保護にかかるお金は医療費だけで済むでしょうか? ガソリン代、交通費、光熱費、通信費、雑費、ごはん、おやつ、猫砂、ペットシーツ……じわじわと個人の懐をひっ迫させているのは身を持って私が現在も体験しています。

 

 

emi-goの病院も(病院の稼ぎ柱である)保護猫のワクチン代を思い切って無料にするなど、本当に身銭を切ってこの国に住む犬猫たちのQOLを真剣に考えています。

 

 

(※ちなみにつけ加えておきますが、ワクチンの仕入れ値はもちろん無料ではありません)

 

 

一歩一歩、一匹一匹だからなかなか伝わらないかもしれない。

 

 

大したことをやっているように思わない方が多いでしょう。

 

 

実際、目の前の一頭に精いっぱいの私たちは微力です。

 

 

それにたまに外食もしたいし、新しい化粧品もほしいです。

 

 

けれども活動をするときは、考えつくす限り丁寧に保護動物たちと向き合っています。

 

 

手抜きもズルもしません。

 

 

自分の自由意思で保護するのだから原則すべては自己責任でしょう。

 

 

だれかに強制されているわけではないのですから。

 

 

しかしもし不遇な猫が日本にいなかったら私たちは直ちにほかのことをエンジョイします。

 

 

私は今自分の生活すらも心もとなく、周りを応援するだけの経済力がいっさいないです。若い方々の真摯な姿を見てもただ「がんばっているね」と褒めるしかできません。でもだからこそ、自分にできる形で個人にエールを送りたいです。

 

 

なにに繋げたいかおわかりですね?(笑)

 

 

もふもふ譲渡祭に遊びに来てください。

 

 

譲渡祭に出るのは成猫がメインですが、どの子も保護主さんの愛と時間と情熱をまとっています。犬猫と暮らしたいお友だち、お知り合いを誘って気楽に会いに来てください。

 

 

皆さまが少しだけ「個人」にもフューチャーしてくだされば幸いです。

 

 

長くなってごめんなさい。読んでくださりありがとうございました。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





老いた犬たちとの向き合い方

昨夜、高菜くんがお猿さんに見えて無性に愛おしくなりました。

ggq (10)

 

 

淡辺さん(チチ)の仕事デスクに飾られている天国組の写真

ggq (1)

 

 

みんなにリルと高菜をまだそちらに迎えないでね、とお願いしています。

ggq (9)

 

 

うちはべべが16歳半、ナナが16歳で逝ったので、「16歳」がなんとなく恐ろしいです。

ggq (6)

 

 

お子たちの命あるうち、形あるうち、姿あるうち、がどんなにありがたいか私は身をもって知っています。実際に生きてくれているのと、心の中で生きつづけているのとでは、正直次元が変わってきます。手の届く場所にいる、がやっぱりいちばんです。

ggq (7)

 

 

私がこれまでに看取ってきた犬たちは後ろ足から弱っていきました。だから時間のあるときはなるべく足のマッサージをしています。でも、必要以上の介助はしません。

 

 

「立ちたい」

 

「歩きたい」

 

「立たなければ」

 

「動かなければ」

 

 

リルと高菜の本能や欲求を満たすために、彼らは自己処理能力を高めていきます。

 

 

それでもどうにもならないときはもちろん手伝います。

 

 

正しい考え方かどうかはわからないけれど、なんでもすぐに助けないことで、老いの速度がじゃっかん緩やかになっているのは実感しています。

 

 

最近家具の間に身体が挟まっているリルをよく目撃するようになりました。

ggq (3)

 

 

高菜はグルグル旋回しています。どちらも「老犬あるある」ですよね。

ggq (2)

 

 

こういうとき私は、回っている高菜はそのまま放置し、リルのそばへ行って、リルのお尻をポンポンと撫でるのです。するとボケっと静止していたリルがまるでスイッチが入ったように「ハッ」とした表情でバックし、椅子の隙間から自力で脱します。

ggq (4)

 

 

リルと高菜の穏やかな寝顔が好きです。

 

 

粗相や夜鳴きにつき合う辛さを上回る幸せを私は確実に彼らから享受しています。

 

 

眠っているリルと高菜の呼吸音と放つ熱(体温)に私自身が救われています。

 

 

心臓に耳を当て、リルと高菜の心音を自分の中に取り入れています。

 

 

一体化している、と思えるほどに深いつながりを感じます。

 

 

それが「家族」なんだと思うのです。

 

 

欲ばりなお母さんで申し訳ないけれど、1日でも長くそばにいてください。

ggq (5)

 

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





バザー品がぞくぞくと(もふもふ譲渡祭)

私は丁寧なご縁にこだわってきました。

 

 

だから私の周りには、里親さんをはじめとして、ステキな方々が多くいると自負しています。

 

 

謙虚な人見知りさんが多いので、決して声は大きくありませんが、自分の犬猫を愛し、不遇な犬猫の存在にお心を痛め、いざというときに「一頭分の力」を発揮できる方ばかりです。

 

 

団体とちがって微力な私は周りの方々が目にした「不遇の犬猫たち」をすべて引き取って差し上げることがむずかしい。しかし自分の時間を使ってノウハウを話し、「私にできることはだれにでもできること」と添えてお伝えしてきました。

 

 

その結果、驚くほどたくさんの「個人」がうまれ、それに紐づくように数えきれない数の犬猫たちが幸せな生活を手に入れています。日々私のもとにメッセージが届きます。

 

 

「困っている外猫を見た」「なにをどうしていいのかわからない」「保護の方法は?」「通院のタイミングは?」「○○をアンニイさんならどうしますか?」「隔離期間や慣らし方は?」「良縁を見つけるには?」「飼ってしまいたいけれど先住動物との相性が気になる」

 

 

正直、「もううちに連れて来てください。私がかわりにやりますから」と言ってしまったほうが楽なケースもありました。けれど私は極力、そうはしませんでした。

 

 

なぜならそれでは一つの結果しか生みだせないと考えているからです。

 

 

その方は私に丸投げすれば終わりになります。

 

 

でも、次にその方がまた気になる犬猫を見かけたらどうでしょうか? また恐縮しながら、私か、もしくはだれかに投げなければならないのです。それならご自身でその子を完結する力を磨けば、どの角度から鑑みてもより合理的な結果になると思いませんか?

 

 

そうやって「ゼロより一を」をめざしてきました。

 

 

私の主張はまちがっていないと信じています。

 

 

もふもふ譲渡祭は、個人が中心となって催します。

 

 

実際、もふもふ譲渡祭に関わっているメンバーはほとんどが個人で犬猫を保護譲渡したことのある人たち、あるいは里親として終生我が子に愛情を惜しみなく注いでいる人たちです。

 

 

ありがたいことにバザー品がちらほら届いています。

 

 

私は写真がうまくないので後日(ご自身でも保護譲渡活動をしているバザーの責任者卒業生ゆきちゃんの里親)まりおさんが改めて写真をもふもふ譲渡祭のtwitterにアップしますが、私のもとに届いたものをいくつかご紹介します。

 

 

脚本家の篠崎絵里子さんより(南三陸ミシン工房のものが中心です)

0baza (15)

 

 

オシャレ~! 犬猫に並んで私が好きな動物はゾウさんです♡

0baza (16)

 

 

猫のミニポーチも色ちがいでいっぱい……

0baza (17)

 

 

絵里子さんもお仕事の都合がつけばもふもふ譲渡祭に遊びに来てくださるとのこと。

 

 

家族でお世話になっているさかえ先生より

0baza (1)

 

 

いいですよね。猫のおもちゃほしくなります。

 

 

そして、ネイルでお世話になっている卒業生麦&とろろ兄妹の里親きえさん

0baza (9)

 

 

平均すると2か月に1度はお会いしています。

0baza (2)

 

 

今、麦が目の難病で東京大学動物医療センターへ通っています。

0baza (6)

 

 

がんばっているよね。

0baza (4)

 

 

お接待担当のとろろ

0baza (5)

 

 

いつもあたたかく出迎えてくれるやさしい男の子です。

0baza (7)

 

 

抱っこもできるもんね♪

0baza (3)

 

 

ランチ代程度で男性並みに筋張った私の手を変身させてもらっています。

0baza (10)

 

 

猫の話や人生相談もできる楽しいひととき

0baza

 

 

終了後は麦ととろろを入れての写真撮影が恒例行事となりました(笑)。

0baza (8)

 

 

そのきえさんからは美しすぎるハーバリウムが30本も!

0baza (11)

 

 

すべて器用でセンスのいいきえさんの手作りですよ。

0baza (12)

 

 

ハーバリウムは私も2本持っています。私はプレゼントでいただいたのですが、お値段は結構お高いんですよね。1本3000円前後するのが相場だとか。

0baza (13)

 

 

もふもふ譲渡祭では1000円でお出しする予定です。お得でしょ?

0baza (14)

 

 

ぜひ自分好みのキラキラの1本を見つけて連れて帰ってくださいね。

 

 

前にも書いたとおり、経費を引いた額を少しでも個人の方への支援にまわせるよう、品物をひきつづき集めています。私自身はもふもふ譲渡祭で支援を受け取るつもりはありませんが、一頭一頭のQOLに重きを置きながら自分のペースで保護譲渡している方の応援をしたいのでお力添えをよろしくお願いします。ご不用品(新品に限ります)おひとつからでもHPへお問い合わせください。

 

 

なにとぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク