パンダが私に教えてくれたこと

検査結果はよくなっているはずなのに、やっぱり食欲がいまいちだね。

ai (3)

心配だよ。さぶが好きなんだもん。

でもがんばってシリンジでごはんを食べてくれているよね。ありがとう。

今日譲渡会へお手伝いに行ってきたのです。前々からのお約束で、私もたくさんの保護猫さんたちに会えるのを楽しみにしていました。その記事や最近のお出かけはまた時間のあるときにUPさせてください。

明日はめずらしく旧友と朝早くから仕事の打ち合わせが入っているのでそろそろ寝る準備をしないとヤバいのです。

保護猫さんたちはどの子もキラキラ輝いていました。

みんな家族を求めています。新しい年を終の棲家で過ごせる犬猫が一頭でも多く増えることを切に願っています。

私は野良猫が大きらい。猫がホームレスとして寒空を彷徨う姿がね。

だから家猫、愛猫があふれる未来を夢見ています。

保護動物との暮らしは人生を豊かにしてくれます。

家族は買わなくても出会えます。

家族を買うことに違和感があります。

家族を迎える喜びの際に、値札を見て検討する社会の構造に呆れます。

亡きべべは浅はかで無知だった私が約17年前にお金を出して買いました。

べべが私を育ててくれました。

べべは私の母なる存在でもあります。

べべとの日々にいっさいの後悔はありません。けれど私は二度とお金を出して家族を買うことはしません。一生ぜったいしません。誓います。

ペットショップやブリーダーから犬猫を迎えた方を非難するつもりはありません。なぜならかつての私が同じだったからです。

けれど今は情報化社会。私たちは情報の渦の中で息をしています。

ぜひ、ぜひ、さまざまな情報を精査し、特段のこだわりがないようなら、保護動物たちの譲渡を検討してください。

繰り返しますが、私はペットショップやブリーダーから犬猫を迎え入れた方を非難するつもりはありません。しかし私はペットショップやブリーダーを信じていません。まともに考えて、利益を出すことにウエイトを置きながら命を丁寧に扱えるとは思えないのです。

仮にケアは完璧だったとしましょう。けれど売る人間の選定は?

薄ら笑いを浮かべた業者の「うちは客を選ぶ」との戯言を聞いたことがありますが、正直ほぼ嘘だと勘ぐっています。

だって生活がかかっている中、目の前に札束があったらねえ(笑)。

15年半細々と譲渡活動をしてきた私は断言します。

本気で向き合うとなったら深い愛情と責任が必要不可欠。

損得は二の次三の次。商品としてなど見られるはずがありません。

事実彼らはモノじゃないです。

皆さまに応援してもらっている元「パンダ」は、私の地元に長く生息していました。猫が好きか嫌いかじゃなかったら、「パンダ」は透明か景色の一部でしかありませんでした。

「パンダ」の名をつけた餌やり夫婦が赤ちゃん産んで遠くに戸建てを買いアパートを出てしまったあと、パンダは急速に飢えていきました。

年単位でゴミを漁りながら生き延びて、私の家に来てくれたのです。

保護したときすでに慢性腎不全を患っていました。

手足はいつも冷たくて、体はだるそうで、健康な若猫ではなかったです。

だけど愛することがこんなに楽しくて苦しいということを教えてくれました。

愛する対象がいることへの幸福と感謝を私は常に噛みしめています。

ai (1)

いい男でしょ? 惚れ惚れしますよ。

ai (5)

 

 

私は「選択肢はひとつじゃない」と言いたいです。隣の家に血統書つきの子犬子猫が仲間入りしてもそれを真似るだけが素敵なライフスタイルではありません。

 

 

私たち人間の価値はお金に換算できません。

 

 

ならば「この犬いくらだ」「この猫セールだ」というのも腑に落ちません。

 

 

ぜんぶ「パンダ」が教えてくれました。

 

 

「パンダ」は現さぶです。

 

 

そしてさぶは「ひらがな表記」です。サブじゃないの!

 

 

しっぽもいいでしょ?

ai (4)

 

 

 

犬猫を迎える方はすぐに里親サイトをチェックしてくださいね。ついでに宣伝しますが、703号室にもまるめの紳士保護猫ポテチがいます。

ai (2)

 

 

 

この世の中に不遇な犬猫の生きる場所が増えてほしいです。

 

 

 

増やしていきましょう。まだまだあるはずです。

 

 

LOVE IS ALL!

 

 

 

スポンサーリンク





ほたるの甘え方

今日はナナ、ほほ、さぶの通院日でした。一気に連れて行ったのです。

 

 

結果はまた次回にでも書きますが、おおむねみんなよかったです。ご心配くださりありがとうございました。私もひさびさに心の底からホッとした気がします。

 

 

 

「あたたかく見守ってくれて ありがとうな」

IMG_7842

 

 

 

さて、今週末我が家を巣立つ保護猫ほたる

IMG_7844

 

 

 

ほんとうに育てやすく、素直でかわいすぎるので手放すのがさびしいです。

IMG_7843

 

 

 

だーいすきなんですよ。だーいすき! ぴょんと飛び上がりながらスリスリしてくるのをおぼえました。それされると、なんでもあげたくなっちゃうのです。

 

 

 

ほたると暮らす方はほたるが生まれてきたことを何度も何度も天に感謝するはずです。ぜったいそうです。特別なオーラをまとっている感じがするのです。

 

 

 

どうせならみんな眉を顰めず笑って暮らしたいじゃないですか。

 

 

一度の人生ならニコニコ過ごしたいですよね。

 

 

ほたるはそれを叶えてくれる存在です。私はほたるに助けてもらいました。

 

 

ほたるがいたからこそ、(さぶの)難局を乗り越えられたと思っています。

 

 

ほたるありがとう!

 

 

「どいたしまして」

IMG_7845

 

 

明るく活発なほたるの個性が溢れた動画です(動画も写真もMIHOさんより)

 

 

短い2本ですので、ぜひ動くほたるを観てやってくださいね。

 

 

 

どうですか? 甘え方が萌えません? 私のテンションがやたら高いのはほたるのせいです。あまりにも愛らしくないですか? 全身で感情を表現するんですよ。自分を表すことに常にひたむきです。

 

 

ううううううう……たまらん(涙)。

 

 

ああ……

 

 

I LOVEほたる❤

 

 

 

スポンサーリンク