信くん

昨年末にお友だちのアヤさんは自宅の庭に来た猫を保護し、信(しん)と名づけました。首に大ケガをしていたその猫を放置できず、病院へ運んだのです。しかし、事情があって信くんを家にいれることができないとのことで、相談を受けた私が先日神奈川県の病院まで迎えに行ってきたのです。

 

 

保護される前の信くん

ir (2)

 

 

首のケガがわかりづらいかもしれませんが、先生いわく、傷がとても深いとのこと

ir (3)

 

 

はじめまして。あなたが信くん?

ir (4)

 

 

実物の信くんは、写真で見ていたより老けていて、汚れていて、痩せていました。

 

 

今のところウイルス検査はマイナスですが(一定期間を置き、再検査をする予定)、風邪がひどく、首の傷も治っていません(コンベニア注射済み)。首だけでなく、顔中も傷だらけ。耳はほかの猫に齧られ、一部が地域猫の耳カットのように欠損しています。(実際は未去勢で、このたび去勢済み)

 

 

そして、入院していた数日間、院内で多尿多飲の傾向があったそうで、腎臓病を疑われています。

 

 

歯の状態から推定5歳程度といわれました。決して「老猫」の部類ではありません。

 

 

でも、どんな生き方をしたらこんなに消耗するのだろう? というくらい、とにかくボロボロです。

 

 

感情的に書くことを許していただけるなら、いじめ抜かれた印象を私は受けました。信くんをいじめていたのは、特定の意地悪な人や強いボス猫じゃなくて、うまく言えないけれど、無関心や寒さや地面の硬さや飢えや渇き……つまりは信くんを取り巻く環境のおおよそだったのかなと私は思います。

 

 

信くんを車に乗せて高速道路を走りながらも、私は迷いや不安を捨て去れませんでした。

 

 

このご時世、仕事のキャンセルがポツポツ出て、また、うちのリルの状態が刻一刻と変わる中で、正直、信くんは自分にはハードルが高かった……荷が重かったかも、と後悔に似た心をいだきました。

 

 

私は経済的、環境的、心理的なキャパが足りないので、これ以上自分の子を増やせません。同居するチチともそう約束しています。だから家族募集に力を入れなくてはならないのですが、家族募集をするなら、(信くんには失礼だし、語弊があるけれど)もっと簡単なタイプの子がよかったかな、と。

 

 

ですが、その一方で、満身創痍の信くんが苦労の末、外でひっそりと朽ち果てる前に出会えてよかった、とも思いました。どちらも私の率直な本音なので隠さずにここに記しています。

 

 

帰宅後、唸る信くんを3段ケージに入れました。トイレに籠る、はあるあるですね(笑)。

ir (5)

 

 

夜中に巣を発見し、場所を移動した信くん

ir (7)

 

 

えらいです。

ir (6)

 

 

ケージの中の信くんは、触ろうとしなければ落ち着いています。疲れた身体を癒すようにただじっとしています。たくさん食べて、ちゃんと寝ています。何度かおしっこを失敗しましたが、トイレの位置を変えたら、トイレでおしっこができるようになりました。もはや天才ですね。

 

 

気になるのは、やはり多尿と多飲。それから傷口がどうなっているのか、間近で見ることができないのも心配。今月下旬に通院の予約をしたので、病院で診てもらいますね。

 

 

2夜目の昨夜、トイレに目覚めた私が様子を見に行くと、身体を小さくたたんで寝息を立てていました。寝顔が無垢な子猫のように安らかで、思わずカメラを向けて起こしてしまったという。

ir (12)

 

 

あ、スヤスヤ眠っていたのに、ごめんね。

ir (13)

 

 

信くん、いらっしゃい♪

ir (10)

 

 

信くんの目は、グッと刺さるね。

ir (1)

 

 

「楽しい」を学ぼうね。いっしょに、お互い、少しずつ習得していこう。

ir (11)

 

 

まずはここにきてよかったと思ってもらえるように、仲よくなれるように、一歩一歩ね♡

ir (9)

 

 

信くんは惚れ惚れするほど美しいね……

ir (8)

 

 

保護してもらってよかったね。うちに来てくれてありがとう。

 

 

ご縁を繋ぐまでの間、皆さまどうぞお見知りおきください。

 

 

前途洋々を願って。

 

 

Smile!

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





神さま私はもうお腹がいっぱいです

追記) 過去記事にいただいたコメントのお返事をすべて書きました。コメントをくださった方はよろしければご覧ください。遅くなって申しわけありませんでした。

 

今日は以前書いた絵本作家スギヤマカナヨさんのイベントに行きました。

カナヨさんから任されている特別ミッションも楽しみのひとつでした。

機会があったらいつか書きますが私はカナヨさんの娘さんの同級生にときおり日本語を教えています。彼女は中国からの転校生で日本語が自由に話せません。

そのため、彼女の中学へ行き担任の先生とお話したり、彼女に日本語レッスンと彼女の思春期ならではの悩みを聞いてきました。心根のまっすぐな孝行娘です。

 

青春真っ盛りのしんちゃんです。ただいま日本語勉強中!

IMG_1545

 

 

ちなみにしんちゃんの母親は私よりもお若いです。なんとも切ない現実(笑)。

イベント会場の本屋さんで見つけたけん玉をしんちゃんがほしがったのでプレゼントしました。けん玉を手ににこにこ嬉しそうなしんちゃんがかわいくて^^

ひさびさの再会なのでゆっくりしたかったのですが、実は昨夜からの胃痛がおさまらなず私は先に失敬させてもらうことにしました。

 

「帰ったらそっこう横になろう!」

 

そう心に決めていたのに、帰り道で、出会ってしまったのです……。

10989135_529344880538589_1441523362699104475_n

 

 

どうか私の前に現れないでください。

 

私は猫と出会うたび「さわれるかな?」とその場にしゃがみこんで手を伸ばしてしまうのです。そうしたら「少しならタッチOKだよ」だったご様子でなでなでに成功!

 

ダッシュで洗濯ネットを用意し、素手での保護にトライしてみることにしました。

ネットにさえ入れてしまえば、こっちのもんですから。

外で猫をちょこっと撫でるのと抱いてネットに入れるのは難易度がちがいますが、誰かが代わってくれる訳でもないので自分を信じるしかないですよね。

深呼吸して一気にネットを猫の頭からかぶせ半身以上を入れひっくり返しました。

ネットの中に猫を落としこみ飛び出さないよう入り口を手でぎゅっと縛る。

手にぎゅっと持ったままの形で少しずつチャックを閉めていく……閉めていく……閉めていく……の作業の途中に猫がネットの中でハンパない暴れ方をしました。

萎え、ひるんだ私は一瞬力を緩めそうになったのです。

しかしその「一瞬」の判断ミスがのちに大きな後悔を残すことも体験済みなので、ここはぐっとこらえました。毛布で包んだら若干落ち着いてくれたので、そのまま母の車で文京区のMOMOペットクリニックへGOです。

 

写真だとおとなしく見えますが実際はそうでもなかったので(苦笑)、詳細はまだなんとも。

性別はかろうじて判明。未去勢の男の子です。

11018899_529344850538592_8765912828210297035_n

 

 

猫を入院させ、私は家に帰ってきました。

 

「新たな出会いに感謝です!」

などと言う心の余裕が正直今はありません。

 

帰ったあと、近日中に我が家に移動してくる予定だった保護猫の件の延期をお願いする電話をかけ、ツイッターで皆さまと会話を交わし胃薬を飲んでドロンしました。

 

神さまお願いです。私はもうお腹がいっぱいです。

どうか私の前に猫をよこさないでください。

 

PS 本当にメールが遅れています。不義理、筆不精で申しわけありません。お急ぎの方はその旨をお知らせくださいね!

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク