まるとボネットとベイブ

先日、里親黒田さんよりお散歩依頼を受け、まるがお泊り中だった大師前どうぶつ病院へ行ってきました。夕方、朝、夕方、と計3回、譲渡を担当したまると会い、いっしょに歩いたのです。

IMG_0233

 

 

私にはシャイなまるですが、コミュニケーションは取れていますよ。

IMG_0369

 

 

すぐ病院に戻ろうとしますが、外で歩くのもじょうずになっています。

IMG_0368

 

 

大好きなちゃぽぽもいるし、病院はまるにとって、実家のような場所なんでしょうね♪

 

 

そして、ついでと言ってはアレですが、子猫ボネット姫の撮影会もしてきました。

IMG_0296

 

 

撮影を手伝ってくれたのはスタッフのKちゃん。Kちゃんも個人で犬猫たちの保護譲渡活動をお母さまと共に精力的に行っています。そういう方が同じ地元にいるって、うれしいですよね。

IMG_0293

 

 

Kちゃんありがとう!

IMG_0290

 

 

助かりました。

IMG_0291

 

 

引きで見ると、ボネットはこんなに小さいのですよ♡

IMG_0292

 

 

写真をいっぱい撮ったので、近日中に「ペットのおうち」に掲載しますね。

IMG_0295

 

 

体重700g、ウイルス検査現時点ではマイナス、お渡しは一度目のワクチンを終えてからになります。預かり先が病院だから、譲り受ける側の方にとっても、安心ですよね。

IMG_0299

 

 

スタッフさん一同でボネットを誉めそやしながらパチパチ撮りました。首に巻いた赤の紙ひもは、私が紙袋の手提げひもをハサミで切って即席で作ったもの。なかなかいいでしょう?

IMG_0326

 

 

甘えん坊で人が大好きのボネット、幸せになってもらいたいと切に願っています。

 

 

「ところでハハ~ おいしそうなものが届いていますね?」

IMG_9843

 

 

「ぼく宛てでしょうか?」

IMG_9853

 

 

もちろんベイブの分も含まれているけれど、みんなでシェアするんだよ。ちせいさんが定期的に贈ってくださるプレゼント便は、ありがたい限りです。ちせいさんに感謝!

IMG_0371

 

 

「なるほどそういうことですか ぼくは多めでもいいですけどね」

IMG_9852

 

 

うん。そうだね。

 

 

身体の大きさで考えたらベイブがいちばんたくさんいただくかも^^

 

 

子猫ボネットも、成猫ベイブも、どちらも魅力的ですね。

 

 

それぞれに合う、運命の赤い糸を見つけたい一心です。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





冷製パスタ

12年前に、1歳の若さで我が家を巣立った公園出身の茶白猫メロン家より、近況写真とプレゼントが届きました。毎年欠かさず気にかけてくださり、ありがとうございます。

IMG_8690

 

 

驚くほどおいしい梅干しに感動しました。メロンが元気そうでうれしいです。

 

 

「元気でいるには 食べることが基本です」

IMG_8732

 

 

そうだね^^

IMG_7941

 

 

我が家の松ケンも、おかげさまで16歳と2か月になりました。

IMG_8215

 

 

毎日よく眠ってよく食べています。

IMG_7385

 

 

胃腸が弱いということで、来たばかりの頃はしばらくヒルズの腸内バイオームをあげていたのですが、最近、ロイヤルカナンの消化器サポート(低脂肪)に変えました。

IMG_1022

 

 

一度も下痢嘔吐をしていないし、消化器サポートのほうが肝臓にはいいかなと。

IMG_8731

 

 

おやつもあげています。好んで食べるのは牛の生肉

IMG_7333

 

 

ごくたまに高級なお肉を食卓に並べるのですが、高級なお肉はやっぱりお高い! だから、スーパーの半額セールを狙って、少しずつ買いそろえて冷凍しておくのです。

IMG_7332

 

 

それを松ケンやすずらんとシェアして、みんなでありがたくいただいています。

IMG_7335

 

 

ふふ。すずちゃんも大好きなんだよね♪

IMG_7339

 

 

食べることは生きること!

 

 

写真を眺めながら、これからも「食」をたいせつに考えていこうと改めて思いました。

 

 

そして、実は先日、私はマイ太郎さんが作ってくれた冷製パスタに助けられたのです。

IMG_8259

 

 

簡単そうにサッとこれができちゃうなんて……天才すぎる! 大盛りを希望しました。

IMG_8260

 

 

この日はマイ兄とはっちゃんの皮下補液のお手伝いをお仕事でお受けしていたのです。

IMG_8255

 

 

ご依頼じゃなくても駆けつけるのに、逆に恐縮します。

IMG_8256

 

 

でも無事に終わってよかったし、はっちゃんのお顔を見たかったので会えてうれしかったです。

IMG_8262

 

 

ランチに参加のマイ兄

IMG_8261

 

 

ほっこりのシーン

IMG_8257

 

 

冷製パスタをいただいた日の夕方、私は別の場所でむずかしい問題に直面しました。

 

 

目の前で、すでに傷みだしている動物の遺体を、私がひとりでどうにかしなければならず、火葬までの5日間、現場から動かさずに管理する方法を見出さなければいけなかったのです。

 

 

胸の痛みを感じました。焦りも。不安も。

 

 

できることならいっそ逃げ出したい状況だったのですが、そんなとき、なぜか何度か思い出したのは、昼に食べた冷製パスタの味とダイニングテーブル上の笑顔でした。

 

 

繰り返しになりますが、食べることは生きることなのですね。

 

 

私に力を与えてくれた、冷製パスタの味を忘れません。

 

 

ちなみに、いろんな方の協力を得て、徹底的に遺体を冷やし、隅々まできれいに拭いたので、すべてがいい形におさまりました。おかげで心から冥福を祈ることができた次第です。

 

 

感謝

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





いい日、いい瞬間

皆さまこんばんは。松ケンを連れて選挙へ行ってきました。

 

 

皆さまはいかがでしょうか? 国政を動かす1票、民主主義国家には欠かせないですよね。

 

 

卒業生りんちゃん家からお菓子やフードのプレゼント、お手紙、さぶへのお見舞いが届きました。

IMG_7653

 

 

いつも気にかけてくださり、本当にありがとうございます。りんちゃん祝3年!

IMG_7645

 

 

うちの近所を生きづらそうに徘徊していた成猫りんちゃんが、ご家族に寵愛され、お姫さまとして暮らしているのがとてもうれしいです。これからも、どうぞよろしくお願いしますね。

 

 

さて、わたくしは保護猫まこちゃんとの仲よし作戦を遂行中でございます♡

IMG_7629

 

 

初日と比べたら夢のようですが、ちゅーるを簡単にあげられるようになりました。

IMG_7704

 

 

まこちゃん、パンチの回数が減ってきています。指までペロッとしてくれることも♪

IMG_7705

 

 

まこちゃんは、左右の目の大きさや開き方が非対称なので、病院を予約しています。

IMG_7630

 

 

通院によって、うっすらできつつある信頼関係がガタガタに崩れるのではないか?

 

 

まこちゃんの体調も心配……

 

 

などと、グルグル悩んでいますが、まこちゃんがたいせつなので、最善を尽くしていきたいです。

IMG_7631

 

 

そうそう。すずらんは変わらずにしていますよ。

IMG_7578

 

 

深夜のワンシーン。転がりながらくねくねしていたのがかわいかったです。

IMG_7579

 

 

そして、相変わらずさぶとはラブラブです!

 

 

最後に、私がお仕事でちょくちょくお世話をさせてもらっている15歳の大介ちゃんにも少し登場してもらいましょう。大介ちゃんはお顔(鼻付近)のガンと闘っています。

IMG_7676

 

 

6月は5回、7月は13回大介ちゃんのお宅へ通います。

 

 

通院前の大介ちゃん

IMG_6898

 

 

大介ちゃん宅には計10匹の猫さんたちがいます。甘えん坊軍団の一部^^

IMG_7707

 

 

だから、ご依頼いただいている1時間半があっという間に過ぎていくのです。

 

 

こちらは大介ちゃんではなく、涙目ちゃん。よく似ていますね。

IMG_7703

 

 

自分の動き方、時間配分を毎回真剣に考えながら取り組んでいます。

IMG_7678

 

 

最近は退院サポート缶のほかに、ミキサーで砕いた銀のスプーン缶がお気に入り

IMG_7699

 

 

ここに書ききれないくらい、いろいろなことを臨機応変にこなさなくてはなりません。

 

 

闘病中の大介ちゃんの命を預かる重責も感じます。

 

 

でも、お受けした以上、自分のベストを尽くそうと心に誓っています。

IMG_7685

 

 

皆さまも愛するお子たちといい日、いい瞬間をお過ごしください。

 

 

私も家ではそうしています。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





まこちゃんが少し食べた♡

今朝から、保護猫まこちゃんが、ベッドでくつろぐようになりました!

IMG_6450

 

 

わたしゃもう、うれしくてうれしくてスキップしたい気分です。

 

 

ちょっと前のまこちゃん

00makotabeta (9)

 

 

硬い場所にいて、ごはんも食べようとしなかったのです。

00makotabeta (10)

 

 

写真だと、物静かに見えるでしょう?

00makotabeta (8)

 

 

いや、実際、まこちゃんは落ち着きのあるタイプです。しかし、こちらから近づこうとすると、命がけで向かってきます。病院でも革手袋がないと、お世話は厳しい状況でした。

 

 

だから今も、撫でることはできていません。

 

 

まだ時間が必要かなと感じています。

 

 

そんなまこちゃんを食べさせるのは「至難」以外のなにものでもなく、肝臓のために完全な「絶食状態」を作らないよう、お鼻にちゅーるをつけて舐めさせるのがやっとでした。

00makotabeta (11)

 

 

静止画だとおとなしいですよね。実際はここまでもっていくのがめちゃくちゃ大変で、床はまこちゃんが叩き落したちゅーるが常に散乱しているというありさまだったのです。

00makotabeta (12)

 

 

だからはじめて自分の意志で食べてくれたとき、私は感動で胸がいっぱいになりました。

00makotabeta (15)

 

 

頭ではわかっているのですよ。

 

 

目の前に食べ物があるのだから、餓死はしないって。猫は自殺しないって。

 

 

けれど、頑なまでに食べようとしなかったまこちゃんに接していると、いつ食べだすのか、なにを食べてくれるのか、にとらわれて、心配で息苦しさすらおぼえるのです。

 

 

まこちゃんを直接保護した方は、食べないのであれば、まこちゃんを元居た場所にリリースしたいと話していました。外だとそれなりに食べていたし、その方にも甘えられて、まこちゃん専用の寝床も用意されていたようなのです。私はますます悩み、焦りました。

 

 

まこちゃんを家猫にしたいという私の欲が、まこちゃんを苦しめていたらどうしよう、と。

 

 

じりじりと過ごしていた数日を経て、この幸せを余計に噛みしめています。

 

 

私にとっては、大きな大きなできことですから。

 

 

皆さまにも喜んでもらえると幸いです♡

00makotabeta (13)

 

 

chiseiさん、まこちゃんやうちのお子たちにたくさんのプレゼント便をありがとうございました。

00makotabeta (1)

 

 

私もちょこっとしたプレゼントを送らせていただきましたのでお楽しみに♪

 

 

精神的に苦しいときは、さぶにずいぶん助けられています。

00makotabeta (14)

 

 

さぶもまこちゃんを気にかけ、まこちゃんの部屋の片隅でじっと見守っているのですよ。

00makotabeta (7)

 

 

頼りがいがあってオトナのさぶ。いいパートナーに恵まれて感謝しています。

00makotabeta (6)

 

 

カメラの中から7年前の2015年のさぶの写真が出てきたので並べておきますね。

00mako

 

 

箱に入るのが好きなんだよね^^

00makotabeta (2)

 

 

はいはい。すごいすごい!

00makotabeta (3)

 

 

この頃で推定7歳? 8歳? だったかな?

00makotabeta (4)

 

 

お互いに年を取ったけれど、いつまでもさぶとくっついていたいです。

00makotabeta (5)

 

 

まこちゃんと仲よくなれるようがんばりますね。

 

 

さぶにも力を貸してもらうかもしれません。

 

 

皆さま、まこちゃんをお見知りおきください。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





松ケンとの小旅行1

先日、あり得ないほどめずらしいことですが、チチが松ケンと私を遠出に招待してくれたのです。

IMG_5800

 

 

松ケンを家族として迎え入れたときも、もろもろを私の一存で決めました。どうせ賛成してくれないからと、私はギリギリまで黙っていたのです。案の定、チチは大反対。その後、計画に則って強行突破をしたのですが、その際「誓約書」を作成してチチに手渡したという^^;

 

 

内容は、全部の世話と支払いを私がするので、チチには一切の迷惑をかけないというもの。

 

 

しかし皆さま、ご心配なく。毎度同じ感じなのです。

 

 

結局、私の読み通り、チチは今、松ケンが大切でたまらない存在になっているのですが、すべては魅力的な松ケンがチチを虜にしたおかげです。ちなみに、うちには数日以内に保護猫がやってくるのですが、それもまだチチは知らないのです(苦笑)。Twitterもブログ読まないからね。

 

 

では、話を小旅行に戻しますね!

IMG_5770

 

 

向かった先は千葉県。さぶがいるので気分的には関東が限界でした。天国のべべ公が使っていたカートが大活躍。時間を大きく戻せるなら、べべ、ナナ、リルも連れて行きたかったです。

IMG_5769

 

 

巨大なランチプレート。見ただけで胸がいっぱいになってしまったので、ひとつのみの注文です。

IMG_5772

 

 

目的地付近で車を降りてテクテク

IMG_5776

 

 

ついに滝に到着です。

IMG_5791

 

 

工事中で一部入れないところもあったのですが、人気のない「貸し切りの雰囲気」に大満足!

IMG_5782

 

 

いやはや、マイナスイオンが漂っている気がしますよ?

IMG_5784

 

 

松ケンものんびりペースでがんばって歩きました。

IMG_5790

 

 

私が育った台湾の「宝来村」に似た感じの場所なので、心がとても和みました。

IMG_5795

 

 

川のあとは海へ

IMG_5801

 

 

お天気に恵まれ、空が真っ青です。

IMG_5814

 

 

船酔いもせず、楽しく過ごせました。

IMG_5809

 

 

松ケンもぜんぜん平気そうです。

IMG_5815

 

 

そして、宿泊施設へと向かいました。

IMG_5824

 

 

海が一望できるロケーション

IMG_5830

 

 

開放的でいいねえ!

IMG_5825

 

 

松ケン、着いたよ!

IMG_5826

 

 

ふふ。犬にやさしいホテルです。

IMG_5829

 

 

海、近っ……

IMG_5831

 

 

(飲まなかったけど)ビールが飲みたくなりますね。

IMG_5850

 

 

見渡す限り、海と空が広がっています。

IMG_5843

 

 

テラスで遊ぶ松ケン

IMG_5844

 

 

海鮮が中心のディナー

IMG_5865

 

 

レストランには「犬用メニュー」もあったのですが、松ケンのお弁当を持ってきたので、オーダーしませんでした。松ケンはお部屋で療法食とトッピング用のウエットをもぐもぐ

IMG_5837

 

 

いつものごはんでごめんね。おいしそうに食べてくれてありがとう♡

IMG_5848

 

 

非日常的な空間ではしゃいだ分、人間も松ケンもぐったりで、夕飯のあとはシッターをお願いしていたゆちゃんからの連絡に安堵して、速攻で寝落ちしてしまいました。

 

 

翌日の午後は仕事を入れていたので、午前中にちょっと遊んだらすぐに帰らないといけません。

 

 

スケジュールがパンパンの社会人ゆえ、のんびり、とはいかなかったけれど、気分転換にはなりました。なにより、松ケンのうれしそうなお顔を見ることができて幸せでした。

 

 

前にも書いたのですが、私は16歳の松ケンを看取るために引き取ったのではなく、(松ケンに無理のない範囲で)さまざまな経験を積んで、共に成長していきたいと考えています。

 

 

繰り返しになりますが、天国のべべ、ナナ、リルもこの場にいてくれたらどんなによかったかと本当に悔やみました。だからその分、松ケンとの毎日に愛を込めていきたいです。

 

 

皆さまおつき合いくださりありがとうございました。

 

 

つづく

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク