トルコのお守りとBEBEタイル

マイ太郎さんより、闘病中のはっちゃんがプイしたフードが届きました。

1ndieg (1)

 

 

保護猫まこちゃんが食べてくれそうなものがあったらあげようと思います。

 

 

どうもありがとうございました。はっちゃんお大事にね!

 

 

昨日の朝、おそるおそるまこちゃんの部屋を覗いたら、カリカリやちゅーるを食べた痕跡があったのです。そのときの私がどれだけうれしかったか、皆さまおわかりになりますか?

 

 

よっしゃー! と、心の中で叫んでガッツポーズですよ。

 

 

もう、まこちゃんのおかげで一日中幸せでございました。

 

 

定期的にまこちゃんの写真を載せますので、会いに来てくださいね。

 

 

さて、いい気分のまま、ゆちゃんと近所をブラブラしてトルコタイルを買ったのです。

1ndieg (2)

 

 

トルコ名物、目玉のお守りもお揃いにしてみました。

1ndieg (3)

 

 

私の分は愛車にぶら下げようっと♪

 

 

そしてふたりで、ケージの分解や倉庫の整理をしたのです。

1ndieg (5)

 

 

16年住んでいるにも関わらず、うちの倉庫の扉が左右に大きく開くことも知らなかった私。こんなに出し入れしやすかったことに唖然です。今まで、いったいなんだったのでしょう? 悔しい。

 

 

テトリスが得意なゆちゃんのおかげで、あり得ない多さの犬猫グッズが倉庫内に美しく収まりました。最高ですね。ゆちゃん、またぜひちょっとしたバイトをしに来てください。

1ndieg (6)

 

 

ストレスが減って、憩いの時間へ

1ndieg (7)

 

 

並んでダラダラ

1ndieg (8)

 

 

お茶をしたり、マンゴー食べたり、リラックスのひととき

1ndieg (9)

 

 

トルコタイルはさっそくリビングに飾りましたよ♡

1ndieg (4)

 

 

枠もタイルもメチャクチャな安さですが、かわいいので大満足です。

1ndieg (12)

 

 

いろいろ迷って、今回はべべ公のお名前にしました。

1ndieg (16)

 

 

べべは、どうぶつと暮らしたことがなかった私が、最初に迎えたジャックラッセルテリアの女の子。6歳の終わりに胃がんと診断されたあと、(胃、腸、しっぽなどの)大手術と部分的な手術を繰り返しながら、なんと、16歳半まで生きた703号室の奇跡のお子なのです。

1ndieg (14)

 

 

2017年の夏に旅立ってから、1日もべべを考えなかった日はありません。

1ndieg (15)

 

 

東京大学で「最後の手術をしない」と選択した日の一枚

1ndieg (13)

 

 

べべは老齢でさまざまなリスクが高いうえ、腫瘍を完全には取り除くことができないと言われたので、迷いに迷って手術をキャンセルし、内科による緩和ケアに切り替えたのです。

 

 

私にとってその決断は、簡単ではありませんでした。

 

 

胃がん発覚から約10年、べべは名医の先生方による「手術を含む積極的な治療」ですばらしい成果をあげていただいたのもあって、緩和ケアを選ぶことは、すなわち、「諦め」のようで……とてつもなく悲しかったのをおぼえています。長い検査から戻って来たべべを撫でながら、暗くなった東大の待合室で延々と泣きました。打つ手がなくなることが、こんなにも苦しいのか、と。

 

 

しかし、私はまちがっていたのです。

 

 

内科の先生方による、べべの食事や薬の種類などの徹底的な見直しのおかげで、べべはそれから1年以上も生きたのです。べべも私も闘病をがんばりました。べべは病気に負けなかった。

 

 

最後まで明るいべべらしく、キラキラと輝いて生き抜いてくれました。

 

 

だからべべの看取りについては私、0.1%の後悔もありません。

 

 

「おれとべべちゃん仲よしだったよな」

1ndieg (10)

 

 

うん。そうだったね。

 

 

さぶも長いこと病気と闘っているけれど、いつもえらいなあと感心しているよ。

1ndieg (11)

 

 

みんな自分の命の丈をいっぱいいっぱいに生きていますよね。

 

 

「生きる」って当たり前じゃないんだ、と気づいてからは、なお一層お子たちが愛おしいです。

 

 

皆さま、べべのことを読んでくださりありがとうございました。

 

 

べべは常に私の心の中にいます。

 

 

天国組たち全員が、ど真ん中にいます。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





私の自慢の娘たち

毎日ふとした瞬間にリルのことを考えてしまいます。

IMG_4090

 

 

特に多いのは車での「移動中」。ふわふわの毛触りが恋しいです。

IMG_4491

 

 

ピチコさんがリルにピンクの可憐なお花を送ってくださいました。ありがとうございました。

IMG_6899

 

 

そして、9年前の卒業生うに家からもお手紙で慰めをいただきました。うにのキュートな近況写真やプレゼントもうれしかったです。フルーツ瓶をいただくのを楽しみにしています。感謝♡

IMG_7127

 

 

703号室に犬がいない日が来るなんて、昔は考えられませんでした。レギュラーメンバーのべべ、ナナ、リル。高菜、ゴンタ、SALA、コロ……私が看取ってきた老犬たちに、多くの保護犬たち。うちは当たり前のように犬がいて、犬との生活が「ふつう」だったのです。

IMG_3261

 

 

そんな訳で最近は、仕事でお世話をさせてもらうのが私の生き甲斐になっています。

 

 

リルを思い出すときは、長く生活を共にしてきたべべとナナも連なります。

 

 

胃がんと9年以上闘い抜いて、16歳半で旅立ったべべ公は、我が家の中心にいました。

IMG_3006

 

 

若いときはとにかく負けん気が強く、アクティブな性格でしたが、加齢に従い、穏やかになりました。べべは私の太陽のような存在で、愛おしくて、どうしようもないです。

IMG_3247

 

 

16歳まで生きた次女のナナは手のかからないお子でしたが、たまに見せる「自己主張」がなんともいえずにかわいいのです。リルがチチっ子で、ナナはお母さん(私)っ子^^

IMG_1865

 

 

視力が衰え、立てなくなってからは、不安からか、私たちに嚙みつくこともありました。

 

 

でも、もちろんそこも含めて、ナナと過ごした時間は宝物です。唯一の後悔は、長女のべべ公、末っ子のリルとちがって、真ん中のナナを特別扱いする期間が短かったこと。何ごとも、病気がちのべべ公が優先となり、ナナはさびしかったのかもしれません。

IMG_6857

 

 

いつかナナに再び会う日が来たら、「ごめんね」と心から謝りたいです。

 

 

べべ、ナナ、リルは私の娘です。

 

 

私の若く多感な頃に、彼女たちは惜しみなく私に与えつづけてくれました。

 

 

彼女たちと分け合った喜怒哀楽を私は忘れません。

 

 

すべてが、私の財産です。

 

 

だからもし、犬を家族に迎えるかどうかを悩んでいる方がいたら、私はぜひ、犬との暮らしをおすすめします。犬は、人間にとって、かけがえのない素晴らしい伴侶です。たとえ血を分けた人間の子どもであっても、犬の立ち位置は務まらない。それほど太い絆を私は感じました。

IMG_4084

 

 

しかし、ひとたび犬との生活をはじめたら、簡単に手放すことも、粗末に扱うこともしてほしくありません。犬は全部を賭けてこちらに向かってきます。当然、犬のまるごとを、一生を、重い責任で受け止める必要が出てきます。犬を傷つける人がいたら、私はその人と仲よくすることはできません。

 

 

私は犬が好きなのです。

IMG_0005

 

 

天国にいる娘たちが、私を待っていてくれている気がします。

IMG_3259

 

 

いつの日かまた、出先から戻ってカギを開けて自宅に飛び込んだ瞬間みたいに、私たちはお互いを認識し、激しく再会を喜び合い、歓迎され、いつまでも、いつまでも、止まることなく、頭を撫で、顔を舐められるを繰り返しながら……と、つい、そんな想像をしてしまいます。

 

 

リル、べべとナナに無事会えた?

IMG_9033

 

 

みんなでのんびりと羽を伸ばしていてね。

 

 

I LOVE べべ、ナナ、リル

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





リル、攻めの129キロカロリー

皆さまこんばんは。昨日、うちのリルたんが17歳と11か月になったのです。

 

 

703号室の大ニュースですよ。

 

 

17歳を迎えられるかを本気で心配していた私にとっては、奇跡のできごとです。

IMG_6029

 

 

巨大すぎる腫瘍を抱えながらも、リルは飄々と生きています。

IMG_6026

 

 

かっこいいねえ♡ リルはおかあちゃまの自慢です。誇りです。あなたは家宝です!

IMG_6028

 

 

ということでリルのおかあちゃまは、本日、仕事帰りに寄ったスーパーでリルへのおみやげを買いました。じゃーん! 人間用の赤ちゃんチーズ。ふふ。食べてくれるかな?

IMG_6046

 

 

犬用のチーズはもうプイするようになってしまったリル。けれど人間の赤ちゃん用ならいけるかも。小さな希望を胸に、チーズを放り込んだカゴを抱えてレジへ急ぎました。

 

 

ドキドキ。だけど幸せ。私たちはこんな時間のために働いているんですよね♪

 

 

帰宅後、速攻ひとつあげてみると、なんとパクッと平らげてくれたではありませんか!

IMG_6050

 

 

勢いに任せてそのまま3枚あげましたが、さすがに下痢が怖いので残りは冷蔵庫に入れました。

IMG_6051

 

 

1枚43キロカロリー。3枚で129キロカロリー!!

 

 

やった! 全世界の皆さま、やりました。リル、129キロカロリーを摂取です。

IMG_6052

 

 

赤ちゃん用チーズを製品化してくれた会社と、赤ちゃんチーズを扱ってくれたスーパーに感謝^^

 

 

おやつを頬張ったあとは、バルコニーで夕陽を浴び、風に吹かれます。

IMG_6058

 

 

黄昏のひととき。満足げなお顔でしょ? 胃の中にはチーズ3枚がしっかりと入っていますよ。

IMG_6059

 

 

ときどき、腫瘍とリルを切り離して考えることができずに苦しみます。

 

 

リルをのみ込もうとしている腫瘍は、果たしてリルの一部なのか、そうじゃないのか。

 

 

私の頭の中では、何百回、何千回と、腫瘍を引きちぎっては床に叩きつけています。

 

 

それ位私にとって、腫瘍は憎い。

 

 

なのに腫瘍はリルから離れずに、リルの中で育ち、リルを奪い、根を張りつづけていきます。

 

 

リルは日に日に衰えていくのに、腫瘍がデカい顔をするのは理不尽な気がしてならないです。

 

 

この反比例さがやるせないのです。

 

 

でも、たとえどんな状況であろうとも、愛する対象が目の前にいるのは素晴らしい。

 

 

リルのほげほげした表情を眺めながら、そんな風に素直に思えた1日でした。

 

 

I LOVE リル

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





まうとスニーカー

今月2回目のお休みの本日は、近くのパワースポットと無印良品へ行きました。

IMG_5922

 

 

「THE 秋!」の気温が過ごしやすくて、地球に感謝したい気分……

 

 

無印では、シリコン製の小さな(ヘラのような)スプーンを1本購入。お子たちのシリンジごはんを作る際に使おうと思っています。手だとベトベトになっちゃうので^^;

 

 

早めの時間にブログを終えて、日が暮れる前にお風呂にも入ろう♪

 

 

最高ですよー! サイコー!

 

 

そうそう。昨日の朝はひさびさに王子に会ったのです。

IMG_5884

 

 

卒業犬まうがバベシアの定期健診で大師前どうぶつ病院に通院するとの情報をまうママさんよりキャッチした私。予定が空いていたので目を♡にしながらすっ飛んで来ました。

IMG_5903

 

 

あああ……好きー!

IMG_5899

 

 

マスク越しにまうのほっぺのニオイを嗅いでいます。悦が止まらない……

IMG_5898

 

 

言っておきますが、片想いではありません。人見知りボーイが私を見て、しっぽブンブン振って喜んでいたのですよ。あとで証拠動画をTwitterに貼りつけておきますからね。

IMG_5895

 

 

「まあ サービスの一環です」

IMG_5896

 

 

待合室でお上品に過ごすまうまう

IMG_5901

 

 

見習わないと、ですね。

 

 

血液検査の結果、バベシアの影響で慢性的な貧血状態ではあるものの、前より数値がじゃっかんよくなっていたので、様子見をすることに。まうのご両親のおかげです。感謝。

IMG_5887

 

 

まうを堪能したついでに703号室のお子たちの皮下補液グッズを2週間分買い込んで、大荷物でパーキングへ向かう途中、ふとこの看板が私の目に飛び込んできたのです。

IMG_5912

 

 

う、そういえば私、スニーカーがずっとほしかったんだ。

 

 

昔も今もヒールが好みですが、年々足が楽なほうへ楽なほうへと向かっています。

 

 

ということで、仕事でも履けるスニーカーを求めて店内に入ってみたのですが、ここで難問が発生。欲深い私は、ほしいのが2足も見つかってしまったのです。いったいどちらにするか、迷いまくって店員さんを辟易とさせ、母にもラインを送って聞く始末。挙句の果てにTwitterに画像を投稿し、皆さまにもアドバイスを頂戴しましたよね。その節は皆さまを巻き込んで申し訳ありませんでした。

IMG_5910

 

 

左右の間で、石のように固まっていた私を店員さんが斜め上から見下ろしていたときの写真

IMG_5909

 

 

結局、さんざん悩んで皆さまからの助け舟で右のシャンパンゴールドを手にレジへ向かい、一件落着。お店のQRコードを読み込み、5%割引を適用してお得な買い物ができました。

 

お騒がせしてごめんなさい。

 

 

実はつづきもいろいろあるのですが、またいつか機会があったらダラダラと書きますね。

 

 

では皆さま、私はお風呂に入ります~!

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





リルが17歳と10か月になりました♡

午前に2つシッティングを終え、夕方のお仕事まで時間が空いているため、のんびりしようと思っていた私。でも、根が貧乏性なので、やっぱり洗濯やら洗い物やらをはじめてしまいました。

 

 

結局それだけに留まらず、慢性腎不全トリオのシリンジごはんと皮下補液のノルマも完遂。ブログの更新にもこうしてチャレンジしているという。我ながら、しょうがないね^^;

 

 

さて、皆さま~! 我が家のリル姫が17歳と10か月になりましたよ。

 

 

あと2か月で18歳になりますが、欲をかかずに、1日1日を丁寧に楽しく積み重ねていきます。

 

 

数年前のリル(私がリル毛だらけで汚らしくてすみません)

6rirua (2)

 

 

昨日は、リルを連れて大巻先生の病院へ行ってきました。

6rirua (10)

 

 

リル以外の通院は私ひとりですが、リルのときはチチもついてくるVIP待遇(苦笑)。

6rirua (11)

 

 

私が運転手で、チチは車内でリルを抱きかかえる係

6rirua (12)

 

 

毎月何本もの抗生物質のクリームと、ヒビテンに至ってはボトル買いをして、リルの腫瘍と日々闘っています。消毒やケアに使うあれこれを揃えすぎて家の中はごちゃごちゃ。

 

 

できることは、一生けんめいにやっているつもりですが、最近、腫瘍から膿のにおいが出てきたので、大巻先生にアドバイスをもらいたくて行ったのです。

6rirua (7)

 

 

腫瘍の写真はあまりにもグロテスクなので載せませんが、大巻先生いわく、きちんと管理されているとのこと。褒められるとは考えてもみなかったので意外でした。

6rirua (9)

 

 

リル、診察がんばろうね!

6rirua (1)

 

 

巨大な腫瘍を切除するという選択肢はもう捨てています。そのことも改めて先生に伝えてきました。リルは麻酔で亡くなる可能性が高いため、大巻先生も私たちに相当の覚悟がないとおススメできないと仰っていました。だから、とにかく腫瘍と共存し、管理していくしかないのです。

 

 

洗浄、洗浄、また洗浄……

6rirua (6)

 

 

大巻先生にもリルの腫瘍を洗浄してもらいました。

6rirua (8)

 

 

包帯をきれいに巻いてもらってよかったね。せっかくなのでビタミン剤入りの皮下補液も♪

6rirua (3)

 

 

耳掃除、肛門絞り、爪切り、伸びた肉球の毛もカット

6rirua (4)

 

 

さっぱりとした美犬に大変身♥

6rirua (5)

 

 

本当のところ、リルにとって、なにが正しいか、正しくないかはわかりません。

 

 

けれど、リルに良かれ幸あれと、悩み抜いて絞り出した結論にまちがいはないと信じています。

 

 

リルは今日も命を更新し、窓際のベッドで寝息を立てています。

 

 

充分すぎるほどに、かわいくてかわいくて。

 

 

I LOVE リル

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク