子どもたち

今日はブログ更新に使える時間が30分しかないので、予定していたかえ改めさくらの近況は次に必ずお伝えします。さくらは元気にしているので、皆さま少々お待ちください。

 

 

毎年春に渋谷のNHKホールで行われるNPO PMのイベント(ペットは家族。一生一緒)につかう写真を和田さんに送っていたら、なつかしい写真に出会いましたので自慢します。

 

 

 

703号室のべべ。8年前の写真だからこのとき7~8歳かな?

2009 04 12_9534

 

 

 

ナナも若々しいですね。

2009 04 12_9568

 

 

 

ドッグランではしゃぐ末娘リル

2009 03 21_5861

 

 

 

これは別の日。べべはボールが大好き。投げると必ず口にくわえて私のもとへ戻るのです。

kanata1 (18)

 

 

 

海辺を走るナナとリル

nana11 (4)

 

 

 
703号室内にて。先住べべがナナを教育しています。これもうちでよく見られたシーンでした。

1 703 (7)

 

 

 

べべしっぽのガンになる前です。しっぽが長い! しかもツートン。ガンになり大巻先生が断尾したので、今はこのときの半分しかありません。ガンとの闘いで胃の3分の2としっぽの半分を失ったべべ。いろんなものを乗りこえてきて、ほんとうにえらいです。

 

 

ナナはべべに絶対服従で一度も逆らいませんでした。

1 703 (6)

 

 

 

本気を出せばナナの方が数倍強いのに。

 

 

 

認知症になってしまったナナはべべを認識できないときが増えてきました。

 

 

 

ナナはたまに先輩べべを本気で噛んでしまうようになり、べべはときどき、ナナに遠慮しながら部屋の隅でまるまっています。お母さんはちと悲しくなったりも。

 

 

 

犬の一生も、猫の一生も、驚くほどあっという間。

 

 

後悔の残らないよう、いつも精いっぱい向き合っていきたいです。

 

 

私の子どもたちだから。

 

 

たとえようがないほど、ただひたすらにかわいくてかわいくて・・・・・・

 

 

 

私信:和田さーん! スケジュールが合えば期間中NHKホールに遊びに伺います。写真バラバラで送ってしまい申し訳ないです。がんばってくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

お母さんと小さいべべ

昨日べべは半日検査へ行ってきました。

 

夕方お迎えに行こうとしたら、検査を終えていないとのことで、一度家に戻り2時間待ってもう一度病院へ。バリウム検査の結果、胃の中に4cm大の腫瘍が見つかりました。大きさと状況から考えると良性とは思えず、胃がんでまちがいないだろうという診断。

 

 

べべはもともと大手術をしているので胃がほかの小型犬の半分の大きさしかありません。

 

その中に4cm大の腫瘍があるのですから、あの吐き気は合点がいきます。

 

通過障害は深刻ですが、まだかろうじて液体が胃から腸へと流れるスペースが残っているので、今後はよりスープ状に粉砕した食事を与えることにしました。

 

 

べべが吐く姿が辛くてごはんをあげるのが怖い。

 

けれど食べないと衰弱してしまう。

 

 

このまま腫瘍が巨大化していったら食欲はますます減少し、最後はとても苦しむであろうと予想されています。老齢だからあまりいじりたくないとはいえ、ただ手をこまねいてみているしかないのか、緩和の道は残っていないのか、非常に悩ましいです。べべの今後については自分の中で整理をつけその都度べべに合う選択肢をしていこうと思います。

 

 

お薬の種類が増えました。たくさんの薬を飲んで生命を維持しています。

 

 

いわゆる末期ガンの状態。

 

 

けれど当のべべはどこか涼しげで、前と変わらぬリアクションで生活しています。

 

 

あいかわらず家中私について回っています。ストーカーですよ。

 

 

予定をほとんどキャンセルし、引きこもり生活中のべべのお母さん。べべやお子たちとの暮らしをエンジョイしています。厳しい状況ですが、すばらしい日々を送らせてもらっています。

 

 

長らく参加させてもらっていた保護活動のランキングをいったん外しました。保護活動というより、最近は闘病記に偏っているので、関係する皆さまにご迷惑がかかるといけないと思ったのです。これまでポチッと応援してくださった方、ほんとうにありがとうございました。ここで言及することはありませんでしたが、ポチ数が多いと超うれしかったです^^ またいつか参加させてもらうかもしれませんのでそのときはよろしくお願いします。

 

 

犬の平均寿命からしたら、べべはそろそろいい頃かもしれません。私も20年30年生きてほしいとは考えていません。

 

 

しかし、べべは私の家族です。

 

 

家族の生活の質を模索していきたいです。

bebekou

 

 

 

余談ですが、大巻先生からべべの病院での態度の悪さを聞かされました。レントゲン時に暴れてなかなか撮らせないんだとか。べべは終始機嫌が悪いそうです。

 

 

「田辺さんの前だといい子なんですよね」

 

 

だって(笑)。べべの知らない一面がおかしくてちょっと笑っちゃった。

 

 

 

15年前の小べべとお母さん

IMG_3546

 

 

 

べべ嬢、お母さんに抱っこされるも、寝起きでふてくされています。

 

 

性格もよくないし、ひとりっ子気質だし、わがままのべべ。なのにいっぱいいっぱいおねがいを聞いてもらっちゃったな。

 

 

かわいくてかわいくて。

 

どうしましょうね。

 

 

夕方、べべ、ナナ、リルを連れて大きな公園へ行ってきます~!

 

 

皆さまもいい週末をお過ごしください!

 

 

スポンサーリンク

要領悪い女のネチネチした愚痴

いろいろな物資やプレゼントが届いています! いつもありがとうございます。

仕事が来週の頭には落ち着くのでゆっくり自慢させてくださいね^^

 

はあ。今日はお悩み相談です。一方的にダラダラ書きます。愚痴っぽいです。マイナスオーラが嫌いな人はどうぞスルーしてください。

 

皆さまにお聞きします。

 

フルタイムで働き、家事、子育て、犬猫のお世話も完璧な方っているんですかね?

 

忙しい忙しいとほざいている私ですが、考えてみるとうちの里親さんやお友だちにもフルタイム勤務の方が多くいらっしゃいます。そういう方って家のことをどうしているんでしょう?

 

私は毎日働いているわけではありませんが、2つの仕事を持っています。

とえらそうに言っても、どちらも派遣社員レベル。

2つの仕事を合算しても私のお給料はレジ打ちやコンビニなど一般的な主婦のパート代に届かないと思います。働くのは1ヶ月30日のうち10日程度ですしね。

 

それでも私は、いっぱいいっぱいとかヒーヒーうるさい。

月に何十万も稼ぎながら家事も完璧の方と自分のどこがちがうのか真剣に悩みました。

 

要領が悪いのかな? どうしたら要領がよくなるのですか?

 

私の1日はこんな感じです。

 

仕事の日は朝6時半過ぎに起床。(遅い?)

べべナナリルの散歩、5つある猫のトイレ掃除、犬のトイレ掃除、お子たちの投薬、みんなのごはん(毎朝リルが食べないから格闘!)、化粧着替えなどの身支度、危険物をチェックし、ガスの元栓を抜いてまとめたゴミとともに出社。

 

通勤時間は往復2時間。その間、iPhoneでさっとニュースを読み、里親さんとの近況連絡やツイッターやフェイスブックを楽しんでいます。活動や仕事のことを考えているときも。

 

勤務時間は8時間~10時間。

 

帰るのは平均すると7時すぎです。近所のスーパーで買い物。

 

帰るとみんなのごはん、投薬、トイレ掃除、洗濯、夕飯作り、郵便物の処理、メール、など。

 

疲労でつい30分くらいうたた寝することも。

 

その後チチが散歩へ行けなければ私が行きます。

チチの帰宅後はお風呂を沸かしチチの夕飯を準備。

 

保護猫さんきゅう、寿子、いせやんとのコミュニケーション。彼らだってずっとお留守番しているから淋しくて誉めてもらいたいのです。うちのべべ、ナナ、リル、ほほ、あまたん、さぶも。

 

毎日ではありませんがさぶの点滴、汚れたお皿を洗い、お風呂に入りブログを更新。

 

この時点ですでに夜中の12時をまわっています。うたた寝以外なにも削れない。くわえて保護動物の家族募集の掲載ややり取りが入るとさらにパンパン……。

 

家は私にとって憩いの場所ではなく、労働の場所の気がすることも。被害妄想ですね。

 

それ以外のことは関わっている方にお願いし週末や仕事がない日にまわしていただくこともしょっちゅう。自分や犬猫たちの通院、捕獲なども基本仕事がない日に入れています。

 

土日は主にお見合い、お届け、保護活動のお手伝い。703号室内の手がまわらなかったところの掃除、片づけ、修理。もちろん、たまには遊びに行くこともありますけどね。

 

でもまあ、ゴンタが生きている頃よりだいぶ楽になったかも。

 

うちは常時平均10頭の犬猫しかいません。なのにこんなにアップアップっていったいどこが問題なのでしょうか? 皆さまは日々をどうこなされていますか?

 

ちなみに明日は2箇所で仕事。退社後、もうひとつの仕事で夜から西の東京へ行くんです(号泣)。チチが早めに帰ってきてくれるのでお子たちは心配ありませんが、朝の8時に家を出て夜の10時すぎまで帰れまへん。やだよもう。ユンケル持参でがんばります。

 

趣味だったドラマのDVD鑑賞を封印してはや1年。慢性的な疲労感を感じています。

 

わたしゃいったいどうすればいいのでしょう?

 

ネチネチと見苦しいことをつづってしまい失礼しました。

 

はい。わかってます。私だけが辛いんじゃなくて、みんな同じだよね。

 

今宵はチチが飲み会のため夕飯作りを免れました。超ラッキー!(笑)

 

 

くだらないことを書きなぐってしまいましたが、お詫びに愛犬べべ公の癒し写真をどうぞ!

IMG_4610

 

 

14年以上もの間、1日も欠かすことなくべべはこうして私をストーキングしているのです。

 

要領が悪く手が足りず本当に申しわけないです。

 

もっといろいろ円滑にまわせるようになりたい。

 

 

LOV……

 

 

 

スポンサーリンク

コロが逝きました

本日午後、13時、コロが死神に連れ去られてしまいました。

昨日から今日にかけて、病院を5往復し、大師にお参りし、お守りも買ってきたのに、コロを失ってしまいました。

無念でなりません。

もっと抱きしめてやればよかった。

昨夜、ナナやリルを輸血犬として病院へ連れていき、最後の望みをかけて緊急手術を行いました。6cmにも及ぶ巨大な肝細胞がんが突如破裂し、お腹の中は血 の海の状態。手術をしなければ、絶対に助からない。でも、手術をしても、助かる見込みは極めて少ない。究極の選択をしなければならなかった私は、逃げ出し たい気持ちに駆られながらも、手術にすべてをかけました。

術後の状態は悪くなかったし、麻酔からもさめましたが、コロの病状は既に深刻でしたので、腎臓、脳、その他さまざまな臓器が徐々に機能しなくなり、頑張りぬいたあげく、息を引き取ったのです。

肝細胞がんや腎臓がんの大きさや数などは、前々から把握しています。積極的な治療を施せなかった理由は、それよりも深刻なクッシング病を抱えていたから。 血液検査の結果も、いつも最悪でした。それでも、今週の土曜通院する予定でしたので、その時に、大きくなってしまった肝細胞がんの手術をするかどうか、先 生と話し合うことになっていたのです。病院へ行く度に告げられる「危ない状態」。でも、私の知っている家でのコロは、それなりに元気に生活していたので、 どこかで実感がわかなかったのかもしれません。

医療ケアについては、間違った選択をしたと思っていません。
私にできる精一杯をやらせてもらえたと思っています。

でも、もっともっともっともっともっともっともっともっと抱きしめてやればよかった。

今まで応援してくださった皆さま、ありがとうございました。(2010年3月27日撮影)
クリックすると元のサイズで表示します

コロは穏やかで優しい表情を浮かべながら、永遠の眠りにつきます。
クリックすると元のサイズで表示します

ぼろぼろだったコロですが、最期はとびっきり美しいでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します

今はまだ、コロを失ってしまった悲しみで、涙が止まらないけれど、コロに出会えて、本当に幸せな4年半でした。

さよならコロ。またいつか。(2006年7月22日撮影)
クリックすると元のサイズで表示します

数日間お休みします。
ごめんなさい。

スポンサーリンク

コロのお見舞い

おっとっと。
毎日更新すると誓った矢先から躓きそうになっちゃった(汗)。
忙しいと言いつつ、チチが借りて来た韓国ドラマに又はまりそうな予感です。
でもダメダメ。
姫の募集を控えているので、更新はちゃんとしないと。
葛藤の末、明け方になってしまいました^^;

今日(もう明けちゃったから昨日だけど^^;)の午前中、コロのお見舞いへ行きました。


ケージに入ったコロを見た時は、ちょっと可哀想な気がしたんですよね。
入院棟には沢山の犬猫がいて、そのうちの数頭がずっと吠えているから、これじゃコロ、ゆっくりできないかな、とか。でも良く考えてみたら、コロは病気の影響で聴力が下がっているし、あまり気にならないのかも。スースー寝てましたから。

私に気がついて起き出したので、看護師さんがケージから出してくれました^^


歩き回ってます。いつも病院内を自由に歩いているらしい(笑)。


ヨタヨタ。ヨタヨタ。 でもどこか嬉しそう!


天気の良い日は、屋上のドックランスペースへ連れて行ってもらってそこで日向ぼっこしているとか!ご飯もちゃんと食べているし(缶詰ばかりらしいけど)、 入院させる前より元気に見える。だからつい、もう少し長く置いて貰えないかな~、って図々しい考えが頭を過るんですよね。せめてあと10日位は置いてほし いな~。次行った時、担当の先生にお願いしてみようと思います!なんか、その方がいい気がする。

いっぱい可愛がってもらえていいね^^


又すぐ来るからね!

お見舞い後、卒業猫カイくん&先住猫ソラちゃん(ろくな写真が撮れなかった)の診察室へ。


実は今日、カイくんが通院するって聞いて、お見舞いの時間を合わせたんです。
久々に会えて嬉しかったな^^
カイくんを預かっていたのは姉ちゃん。私はご縁を探してお届けしただけ。だから姉ちゃんも誘えば良かったなと後悔。でもまあ近所だから、いつでも会えるよね^^

尿路結石の気があるソラちゃん&カイくん。頑張って治そうね^^
里親のまぴちゃん&妹さんはタクシーで通院しているらしいので、帰りは私が車で送りました。私の運転、怖かったでしょう^^; ごめんねー! しかも変な車が急に突っ込んで来そうになったりと、ちょっと驚かせてしまったドライブでした(汗)。

カイ達を送り届けた後、家に戻ってバギーにべべ子を乗せ、お散歩へ。
べべ子だけ朝のお散歩をボイコットしたので、午後ゆっくりいこうと約束したんです。べべ、バギーがすっかり気に入ったようで、降りようとしません。運動不足になっちゃうかな?

でも、楽しかったな~!
楽しすぎて、怖いくらい。
時間が止まってしまえばいいのに。
そんなことを考えちゃいました。

散歩の終盤で一台のベビーカーとすれ違いました。
若いママがそれを押しながら歩いているのを眺めながら、べべ子に視線を落とすと、前を向いてきょとんとお座りしていたべべがこちらを振り向きました。目の前の赤ちゃんとべべ。

おんなじだ!

「人間」、「犬」の違いはあれど、わが子を大切に思う気持ちはまったく変わらない。

べべは私の赤ちゃんです♪

☆☆☆おまけ★★★

姫さま。


フラッシュが眩しいのは良く分かるけど、もう少しパッチリおめめを撮らせてもらえませんか?100枚以上撮ったのに、動き回るから殆どがブレブレ。その上おめめを閉じているものばかりではございませんか!これじゃあ、お城は見つかりませんよ…

はんなりさんに頂いたちょこ襟をつけて、明日リベンジしましょうね……

いいお写真が撮れたら、募集を開始します!

ぷくぷくさん、写真は明日送りまーす(汗)!

「姫の撮影は大変だったらしい。甘えすぎて足もとから離れないから、なかなかいい写真が撮れないって。しかもおめめを閉じたら、人相?にゃん相?が分からないよね。残念。明日はちゃんとポーズを決めてね!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク