“管理”という言葉の真意

皆さまこんにちは。いかがお過ごしですか?

 

 

バベシア症と闘う卒業犬まうが無事に去勢手術を終えてホッとしています。

IMG_3401

 

 

昨年末に他県のセンターに3兄弟で収容されたまう。小さいながらも「野犬さ」が抜きん出ていたことから残念ながら「譲渡対象」ではありませんでした。水面下でaiさんをはじめ、いろんな方が動いてくださって命が繋がった犬です。センターの職員の方はきょうだいの中でもダントツに気難しかったまう(ビビり噛みをする)の性格を心配して、わざわざ手紙を書いてくださったほどです。

 

 

そのまうが勇気を振り絞って一歩ずつ人間に歩み寄って今では立派な家庭犬♡

 

 

私は万感の思いの中にいます。

 

 

広げていくばかりが宇宙ではなく、突き詰めるのも宇宙だということをまうは教えてくれています。

 

 

センターの犬たちが次々と保護され活路を見出している昨今、「数」にとらわれすぎず、「譲渡の質」を追求することの大切さを生意気ながらも日々痛感している次第です。私は「数」ではなく、細々しかできないけれどその分「質」にエネルギーを投じる人間でありたいです。保護譲渡活動にある程度の助け合いは必要ですが、なんでも人をあてにしたり、人に迷惑をかけるのはちがうのかなと思うのです。だってやらされているのではなく、私は自分の意志でやっているのだから。

 

 

病院へは私が迎えに行きました。

IMG_3406

 

 

中島先生、手術お疲れさまでした。

IMG_3408

 

 

そのまま703号室で一泊

IMG_3414

 

 

闘病中のあまぱんとは生活ゾーンをかえています。

IMG_3415

 

 

ハンサムだね^^

IMG_3436

 

 

朝までいっしょに寝られてうれしかった!

IMG_3437

 

 

まう、ありがとう♪

IMG_3433

 

 

私に送迎のお仕事をくださった里親さん。かわいいプレゼントもありがとうございました。

IMG_3463

 

 

翌日、チチに運転してもらってまうを無事に送り届けました。

IMG_3439

 

 

ペットシーツの破壊行動対策として(分離不安解消に)ノーズワークマットを取り入れたところ、シーツをビリビリに裂かなくなったそうです。嗅覚が発達している犬にとって、ノーズワークはQOLの向上や脳の活性化にも繋がり、老化防止にもいいですよね。

IMG_3442

 

 

まうは本当に恵まれています。

IMG_3443

 

 

まうロスが辛かった頃、里親さんは「田辺さんと共に育てていく感覚でいます」と仰ってくれました。不幸な脱走事故が起きないよう、首輪+ハーネスのダブルリードで散歩をつづけています。狂犬病予防接種、畜犬登録、ワクチンはもちろんのこと、長いつきあいとなるバベシア症の治療も欠かさずしています。正しくまうを管理している里親さんからは深い愛情と責任感がにじみ出ています。

 

 

管理、という言葉を冷たく感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

けれど私は「正しい管理こそが最大の愛情」だと信じています。

 

 

私の造語であり、座右の銘です。

 

 

これからも命を丁寧に紡ぐ方たちと志をひとつにしながらできることをやっていきたいです。

 

 

まう~! またお泊りに来てね。いつでも大歓迎!

 

 

皆さま、お読みくださりありがとうございました。

 

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





輸血後、あまぱんは調子があがっています♡

今日は近所のカフェでおだちゃんとデートしました。

oda (9)

 

 

「田辺さんに渡したいものがあって……」

 

 

ともらったプレゼント♡ 絵本を読んでおだちゃんの人柄に改めてほっこり^^

oda (13)

 

 

謙虚でやさしく、常に人に丁寧に接するおだちゃんは個人で細々と猫の保護譲渡活動をしています。もふもふ譲渡祭の事務方としても大活躍してくれました。

oda (1)

 

 

おだちゃんみたいな娘がほしかったなあ。いつも身にあまるあたたかい言葉をありがとう。保護猫たちの家族募集、がんばってね。おだちゃんなら絶対できる!

 

 

そして夜はあまぱんを連れてemi-goの病院へ

oda (10)

 

 

(腎性貧血対策として)造血ホルモン注射と鉄分の注射をしてもらったのです。

oda (12)

 

 

お世話になりました。あまぱんえらかったね!

oda (11)

 

 

今朝撮ったあまぱん

oda (8)

 

 

目がしっかりしているしお鼻もピンクですね。

 

 

昨日の輸血後から活発さが増しました。

 

 

重い病気をしてもネアカで気丈なタイプだから

oda (3)

 

 

お客さんが来ると無理してテンションをあげていたあまぱん

 

oda (5)

 

 

本当は体がしんどかったと思います。

oda (4)

 

 

でも人が大好きだからそれはそれで楽しかったんだよね。

oda (6)

 

 

全身状態が少しずつあがってまたリビングを忙しなく動きまわれますように。

oda (2)

 

 

「ぼく牛丸。食っちゃ寝ばかりなので自粛太りをしてしまいました。ぼくたち保護猫組は元気です。あま兄が落ち着いたらハハがぼくたちを宣伝するそうです」

oda (7)

 

 

今夜はひさびさに勉強をして有意義に過ごしました。

 

 

心に余裕ができて幸せです。全部あまぱんのおかげですね。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





あまぱん、2度目の輸血を終えて

輸血を無事に終えたあまぱんがうちに帰ってきました。

 

 

血をわけてくれたまんまちゃん(マンマミーヤちゃん)どうもありがとう。

 

 

あまぱんも若い頃、お友だちのさくらちゃんに血をわけたことがあるのです。

 

 

おじいちゃんになったあまぱんは血をわけてもらう立場になって、本当にありがたいことだと心から思います。血がないと苦しいし、生きられないですから。

 

 

朝、東大病院へ送って、夕方お迎え。近所じゃないから(私が)ヘロヘロです。

 

 

輸血前のあまぱん。口の中も鼻も白いですね。

iie (3)

 

 

1回目の輸血は昨年7月。肝アミロイドーシスで肝臓が破れてお腹の中に血が溢れてしまいました。あのときもお別れを強く覚悟したけれど、入院を経て徐々に復活したよね。

iie (2)

 

 

昨年の8月の退院後からつい最近まで調子がよくて、病状を知っている人たちはみんな驚いた。それがお母さんの武勇伝みたいで私も誇らしく、うれしかったな。

 

 

あまぱんが必要ではない誰かからしてみたら、私のしていることなんて無意味でとるに足らないでしょう。でも私はそこに全力を投じずにはいられません。

iie (8)

 

 

価値観は人それぞれだから「こうすべき」と押しつけられるのは正直ごめんです。

 

 

どこまでが「自然」で、どこまでが「人工的」かは人が決めることじゃない。そもそも犬猫と室内で暮らすことやワクチンを打つこと自体が「自然」ではない気がします。

 

 

(胸水などの)要らないものを取って、(水分や血などの)足りないものを補う。

 

 

これを否定されたら、あまぱんはとうにこの世にいません。

 

 

私にもいろんな葛藤があり、事情があります。

 

 

なにがあまぱんの声なのか、ちゃんと聴こう、私がいちばん近くにいるのだからきっと聞こえるはずだと耳を澄ませても、問題が起きるたびに、これでいいのかわからなくなるのです。迷いや疲弊の中にいて、もがいています。たかが猫一匹だと笑われるかもしれないけれど。

 

 

自分は人として不可侵の領域は守っていきたいです。

 

 

夕方迎えに行くと、あまぱんは元気よく大声で鳴きました。

iie (7)

 

 

話しかけるたびに答えてくれて、連続で鳴く体力があることに喜びを感じました。

 

 

(気分を変えて)迷彩のキャリーと前田先生

iie (9)

 

 

しんどくてたまらなかったとき、前田先生はメールの最後にこう書いてくれました。

 

あまぱんさんの状態は決してよくはないです。

しかし、絶対無理という状況でもまだないのかなと思います。慢性腎臓病が末期になったわけでも、肝アミロイドーシスが破れて大出血したわけでもありません。胆管炎(+膵炎や腸炎もあるかもしれません)が落ち着いてくれれば状態の改善もありうると思います。

以前アミロイドーシスで具合が悪かったとき僕はもうだめかと思いましたが、復活してくれましたし。もちろん全然大丈夫という状況ではありませんし、亡くなってしまう可能性も十分あります。

でも僕はあまぱんさんと田邉さんのことを信じています。きっと乗り越えてくれると信じてます。

 

 

このメールの後の検査であまぱんの数値はさらに悪化して、私は途方に暮れましたが、結局前田先生の言うとおりになりました。ひとつひとつの問題にいっしょに丁寧に挑んでくれる前田先生、中島先生、大巻先生の経験と知恵とお人柄のおかげであまぱんはここにいます。

iie (10)

 

 

改めてすばらしい獣医師の先生たちとの出会いは自分の財産だと感謝しています。

 

 

この先あまぱんがどうなるのかはわかりません。

iie (11)

 

 

おやさしい皆さまにもハラハラさせてしまうでしょう。ごめんなさい。

 

 

けれどあまぱんのいい細胞さんたちが闘ってくれているうちは、私もあまぱんを支えていきたいです。皆さまの犬猫家族もずっと皆さまのそばで平安にいられるようあまぱん共々祈っています。

iie (1)

 

 

さっき、あまぱんが私のところにきて、横に転がってお腹を出したのです。

 

 

あまぱんのリラックスした顔を見て、ホッとしました。子猫のようでかわいかったです。

 

 

あまぱん一色だとアレなので、秋で17歳になるリル嬢も添えて♪

iie (4)

 

 

まりまりにもらったプレゼントの包装に使われていたオシャレな布を巻いて

iie (5)

 

 

リルの顔の横のふわふわ天然パーマの毛が大好き♡

iie (6)

 

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





再生する力

今朝、あまぱんを連れて東大病院へ。ここ最近毎週火曜日は必ず行っています。

(9)

 

 

岡本先生にあまぱんを預けました。

(7)

 

 

鳴いて抗議するあまぱん。検査がんばってね!

(6)

 

 

一時間半後、検査を終えたちんまりのあまぱん。お疲れさま!

(5)

 

 

待合室ではっちゃんのセカンドオピニオンに来ていたマイ太郎さんに会いました。来ることは知っていたので「偶然」ではないのですが、病院でばったり会うとは奇遇です。

(4)

 

 

こっちはマイ太郎さんちのはっちゃん↓ マイ太郎さんちに遊びに行ったりシッターのお仕事をもらったり、はっちゃんは私にとっても思い入れの深い猫さんです。

(11)

 

 

にーたんにランチをごちそうになりました。おいしかったです。

(8)

 

 

気になるあまぱんの検査結果ですが、驚きました。

(1)

 

 

簡単に説明すると、黄疸の数値、肝臓に関する数値、腎臓の数値がいい感じに下がっていたのです。

 

 

胸水は溜まっていないし、熱もありません。体重は200グラム増えました。

 

 

前は不気味な体重の増加を懸念していたのですが、不気味な体重の増加ではなく、食べさせたものがちゃんと実になっています。私が言っていた不気味な体重の増加とは、補液分の水分が尿として排泄されずに体内に溜まっていく状態のこと。ほんのり下がった腎臓の数値からもわかるように、あまぱんの腎臓はまだ機能しているので排泄ができています。

 

 

てことは、太った♡ やったー!

 

 

ニコニコモードでひさびさに前田先生との2ショットを撮りました。

(10)

 

 

あまぱんはおじいちゃんなのに、再生力がこんなにあるとは思いませんでした。

 

 

消えそうだった希望の塊が胸の中で大きく再燃しています。

 

 

一週間前、先生方に迷惑をかけるレベルで号泣したのが嘘のようです。

 

 

でも、肩の力を抜くとまた悪化しそうな気がするので調子に乗らないよう自制しています。

 

 

……ここからは悪い話。

 

 

貧血の数値(HCT)だけは悪くなっています。

 

 

24.2%→17%→(emi-goの病院で)16%→最新のデータで10%

 

 

15%を割ると輸血の対象になるのですが、あまぱんは10%しかありません。

 

 

腎性貧血も多少あるかもしれませんが、貧血の速度や具合からして難病の肝アミロイドーシスの影響で、肝臓から多少出血しているのでは? と考えられています。

 

 

となれば、造血ホルモン注射と鉄分の補給はしつつも、はやり輸血を選択するほかないかな。あまぱんにとって2度目の輸血。1度目は成功したのですが、安心はできません。

 

 

輸血にもリスクがあるのはわかっているから。

 

 

今回もし全身の状態が悪化の一途をたどるなら私は輸血を選択しなかったです。

 

 

けれど、今コンディションが戻りつつある。そこに血だけが足りないなら、一か八か血を足すのがベストだと考えています。もちろん、迷いや恐れはあるけれど……。

 

 

帰宅後、あまぱんは元気よくカリカリを食べました。立派です。

(12)

 

 

「薬が効く」とはこういうことなんだとあまぱんを見てしみじみと感じます。

 

 

たとえ外科的手術で悪い部分をスパッと切れなくても、内科的アプローチの方法が残っているうちは模索しながらあまぱんと共に歩いていきたいです。

 

 

ああ、ソワソワする。どうか明日無事にあまぱんが戻ってきますように。

 

 

最後に、うちのあまぱんは約13年前に埼玉県で捨てられ、保護された成猫ですが、あまぱんを捨てた人に私のブログを読んでもらいたいです。あまぱんがどんなにすごい猫か、私にとってどんなに大切な宝物か。ドヤ顔してやりたい!

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





来客を喜ぶあまぱん

見苦しいことを書いてごめんなさい。前回書いたものはいったん非公開にしました。いろんな気持ちが湧き起こるけれど、皆さまに心配をおかけするのはよくないので。

IMG_3025

 

 

プレゼントが届いていますが、のんびり自慢させてくださいね♪

 

 

さて、昨日あまぱんは、ひさびさの来客にとても喜んでくれました。

IMG_3026

 

 

もう2度と見られないだろうと思っていたお水の催促姿

IMG_3027

 

 

高いジャンプ力を披露して私を驚かせてくれたあまぱん

IMG_3028

 

 

MIHOさんにブラッシングをしてもらって最高だったね。

IMG_3023

 

 

コロナ騒ぎになるまでずっと通院に付き添ってくれた大好きなMIHOさんにベッタリ

IMG_3024

 

 

ブラッシングは血行がよくなるからいいですよね。

 

 

MIHOさん、キンパのおみやげとあまぱんのお見舞いをありがとう。

 

 

MIHOさんがあまぱんの面倒を見てくれたので、私は心置きなくあまぱんを診てくださる先生方と連絡を取り合うことができたのです。気になるのは貧血の値と水下痢。あまぱんの次に起きるであろう悪いできごとに先回りして対処したくなりますね。

 

 

夕方、職場帰りのまなちゃんがみんなにお弁当を持って来てくれました。

IMG_3029

 

 

ハート形のメンチカツもパクチーサラダも本当においしかった。まなちゃんごちそうさまでした。まなちゃんが来てあまぱんのテンションはさらにアップ↑↑↑

IMG_3031

 

 

元来お客さま好きのあまぱんらしい行動です。

 

 

病院での診察を終え電話をくださった中島先生と話をして、私はサクッとemi-goの病院へ行くことに。MIHOさんとまなちゃんを家に残してあまぱんを連れて出発!

IMG_3040

 

 

水下痢は10種類に膨れ上がった薬を見直すことにして、血液検査とエコーを依頼。貧血が肝アミロイドーシスから来るものなのか、腎性なのかを見極めるためです。ここに書くと長くなるので割愛しますが、あまぱんのお腹に血が溜まっていないことと、貧血がじわじわと下がっているタイプゆえ、おそらくは腎性貧血という結論になり、造血ホルモン剤と鉄分の注射をしてもらいました。

IMG_3041

 

 

あまぱん、お疲れさま。先生、emi-goありがとう!

IMG_3038

 

 

血液検査の結果、懸念していた黄疸の値がかなり下がっていたのが吉報です。

IMG_3035

 

 

苦肉の策のステロイドがリンパ球型胆管炎に効いた証拠ですね。

 

 

さああまぱん、みんながまだ待っていてくれているらしいからお家に帰ろう^^

IMG_3034

 

 

帰宅後も、ヨロヨロしながらみんなに甘え、愛嬌を振りまいたうちのあまぱん

IMG_3032

 

 

あまぱんは703号室の天使です♡

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク