星太郎のファミリー

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

さて皆さま、本日は星太郎の新居へご案内します。

 

 

星太郎のおうちは都心のマンション。人間の家族はパパ、ママ、お兄ちゃんの3人。とにかく明るく朗らかで、しかも家族の会話がひたすらおもしろいご一家です♡

 

 

ワンフロアーに2世帯しかなく、そのうえ内廊下。非常に脱走しづらい構造です。

Inkedhositarou (6)_LI

 

 

にもかかわらず、じゃーん! 玄関に脱走防止対策をしてくださっています。

hositarou (10)

 

 

立派な3段ケージは爪とぎつき! このケージお高いんですよね^^; ご覧のとおり、掃き出し窓にも脱走防止柵がついています。安全安心、ですね。

hositarou (25)

 

 

「え~? ここはどこでしょうか? ぼくプチパニックですっ」

hositarou (15)

 

 

星太郎の終の棲家なの。きっとすぐなれるから♪

hositarou (21)

 

 

だいじょうぶだいじょうぶ!

hositarou (8)

 

 

ほら、後ろにパパさんがいるでしょ? 星ちゃん落ち着いてね。

hositarou (14)

 

 

開口呼吸でドキドキしていた星太郎。意外とビビりで繊細ですね。

 

 

ママさん手づくりのプレートが星太郎のお部屋(ケージ)にかかっていました。

hositarou (23)

 

 

かわいい……星太郎が待ち遠しかったのがよく伝わってきます。

 

 

チリひとつない清潔なお宅

hositarou (1)

 

 

壁に素敵な飾りを見つけました。家族の象徴ですね。旅先で買ったそうです。

hositarou (9)

 

 

星太郎のために準備された寝床と丈夫なキャリーバッグ

hositarou (13)

 

 

震災時にも使えるようにと大きめのタイプを選んでくださいました。

 

 

星太郎のファッショングッズ

hositarou (17)

 

 

黒猫は何色でも似合うので写真撮影のときに小物たちが役立ちそうです。

 

 

マイ太郎さんお手製のブルーサテンのシュシュをさっそくつけてみることに

hositarou (20)

 

 

うわ……ハンサム! 端正な顔つきの星太郎にピッタリです。

hositarou (19)

 

 

おいしいコーヒーとケーキをごちそうになりました。

hositarou (4)

 

 

もりよさん夫妻もいます。和気あいあい、星太郎の未来について語りました。

hositarou (11)

 

 

このファミリーなら1㎎の心配もありません。本当に素敵な方々です。

hositarou (7)

 

 

ノラスタノラ猫あがりのスターたち)も買ってくださっていたので

hositarou (18)

 

 

僭越ながらサインとメッセージを書かせていただきました。

hositarou (26)

 

 

里親さんはもふもふ譲渡祭にもいらしてくださいます。またお会いできるのが楽しみで仕方ない。(里親さんのtwitterアカウント→@yamada_seitaro 星太郎★)

 

 

星太郎の医療費交通費のほか、お菓子、保護猫メル子の首輪、そしてなんと星太郎のマウスパッドをプレゼントしてもらいました。もりよさんとお揃いです。ありがとうございました。

hositarou (3)

 

 

「星ちゃんマウスパッドがもったいなくて使えない」と話していたもりよさんですが、翌日には会社で使っている自慢写真を里親さんと私に送ってきて爆笑。

 

 

へ? と呆気にとられるほどのスピードで「家族の一員」として見事に溶け込んだ星太郎。

 

 

以下は里親さんが撮った近況です。

hositarou (24)

 

 

黒々と光ってかっこいいこと!

hositarou (16)

 

 

お兄ちゃんがブラッシングしてくれています。

hositarou (2)

 

 

すぐ仲よしになりました。

hositarou (12)

 

 

来年の年賀状だそうです。最高!

hositarou (5)

 

 

(※画像や情報はすべて里親さんと相談しながら公開しています)

 

 

ふふ。いいでしょう?

 

 

「子猫ではなく成猫を希望した理由はなんですか?」

 

 

そうたずねた私に里親さんは不思議そうに首を傾げ、答えてくれました。

 

 

「え、うちは最初から子猫は考えずに、オトナの子を探していたので……」

 

 

深い理由や理屈もなく、ただ普通に成猫を求めていた里親さんの自然なリアクションが私にはとてもあたたかく、新鮮に感じられました。感動しますね。

 

 

5か月もの間、星太郎を預かってくれたもりよさん、そして星太郎の最後の日まで星太郎を息子として迎え入れてくれた里親さんに感謝しています。

 

 

不遇の犬猫たちが一匹でも多く星太郎みたいに安楽の日々を過ごせますように。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ291星太郎おめでとう。星太郎が加わったことで、もともと会話の絶えない家族がさらにいっそう楽しくなるだろうね。高い場所にのぼったり走りまわったり……自由もいいけれど、星太郎、いたずらはほどほどにお願いしますよ」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





ノラ猫スカウト、ウーマン

匿名さまより猫砂と猫おやつのプレゼントをいただきました。おやつはこの度の猫スカウト(保護)に大活躍したのですよ。どうもありがとうございました!

777 (3)

 

 

先日、都内で仕事を終えたまなちゃんが703号室にやってきました。

 

 

「はあ……不安です。アンニイさんすみません。はあ……ドキドキする」

 

「捕まるといいね。まあ、いてくれたら捕まると思うんだけど」

 

「毎日見るわけじゃないので必ずいるかはわからないのですが……万が一いなかったらアンニイさんに無駄足を踏ませてしまいます。ああ、ごめんなさい」

 

「まなちゃん、何度も謝らないで。逆に気を遣ってしまうから」

 

 

こちらがまなちゃんにお願いするほど、私に恐縮しまくりのまなちゃん。

 

 

捕獲箱(1台)と猫のおやつを手に、私たちはうちから私の車でまなちゃんちをめざしました。超遠いイメージだったけれど、夜の高速道路が空いているおかげで約1時間で到着! 車の中でもまなちゃんはため息を繰り返していたのです。

 

 

「はじめまして。わたしごまです」

777 (8)

 

 

「あなたはアンニイさん?」

777 (5)

 

 

「わたしこの家のねこです」

777 (4)

 

 

「わたしはたまご。保護猫時代に会ったわね。アンニイさんおぼえていますか?」

777 (6)

 

 

「あ~ ちゅーるはおいし♡」

777 (7)

 

 

「わたしはねね。お接待は苦手なの」

777 (9)

 

 

ごまちゃん、たまご、ねねちゃんはいずれもまなちゃんが保護した子たちです。

 

 

「愛猫」としてまなちゃんちで暮らしています。かわいかった^^

 

 

お父さん、お母さん、お兄さんにもごあいさつ。お父さんもお兄さんも私をまなちゃんだと間違えたらしく、「あれ? まな?」と声をかけられてしまいました。

 

 

着替えたまなちゃんが捕獲箱(1台)と猫のおやつを用意してきました。よし! 猫のおやつもいろんな種類が揃ったし、捕獲箱は2台あるし、出発しますかね?

 

 

途中のドラッグストアでにおいの強い猫缶を追加で買い、いざ目的地へ!

 

 

詳細は伏せますが、大きな駅前のロータリーのど真ん中に外猫が2匹いて、動いている車の下に入ってしまうため、非常に危険な状態だったのです。偶然猫たちを見かけたまなちゃんは数か月単位で悩んでいたとのこと。私もまなちゃんに会うたびに聞かされていました。場所と対人関係の問題から女性ひとりで捕獲箱を仕掛けるにはハードルが高く、私がお手伝いをすることになったのです。

 

 

餌やりのオジサマどもに満面の笑みで話しかけまくる私。別人になった感覚です。

 

 

猫を連れて行かないでと言われるのが怖いので、最初に「ここに来る猫はみなさんのうちのどなたかの飼い猫ですか?」と聞いてみることにしたのです。

 

 

するとほぼ高い確率で「ちがうよ。ノラだよ」と返ってきます。

 

 

人間は咄嗟の質問に対して瞬時に自己防衛本能がはたらくので、「この猫の責任はおれにはない」という流れを作るのを目的とした会話を組み立てていくのです。

 

 

大げさだと笑われるかもしれませんが、重要なポイントです。

 

 

「ノラ猫……じゃ、飼い主がいない猫ですね? 実はすでに役所に相談済みで、了承も得ています。私たちがたいせつに飼うので連れて帰ります(笑顔)」

 

 

ここからは餌やりさんグループの前でもニコニコ堂々と保護のために動きました。

 

 

そして時おり餌やりグループの人たちに敢えて頼り、アドバイスを求めます。「疎外感」を感じさせないためにみんなを巻き込むのです。

777 (10)

 

 

かれこれ20分で最初の黒白の猫が箱に入ってくれました。

777 (21)

 

 

地面にばら撒かれていたドライフードを(勝手に)処分。ごちそうを箱に忍ばせたのです。

777 (18)

 

 

入る前はこんな感じ(箱はこの直後にまなちゃんのから私のに変えてあります)

777 (19)

 

 

やった!!

777 (20)

 

 

すぐさま駐車場へ

777 (22)

 

 

手際よく車に箱を積むまなちゃん

777 (1)

 

 

なかなか手ごわい2匹目のために箱をひとつセットしたまま一帯が見渡せるファミレスでラーメンを食べる女ふたり。あまりにも空腹で動けなかったのです。

777 (11)

 

 

まなちゃんごちそうさまでした。

777 (12)

 

 

そして足早に戻ると、私たちから逃げまわって姿を消してしまった2匹目が中に入っているではありませんか! 至近距離で確認すると感動もひとしおですね。

777 (13)

 

 

スカウト大成功!

777 (15)

 

 

「わたち ヤンキーに拉致られました 助けて~」

777 (14)

 

 

703号室に帰って祝杯をあげるまなちゃん

777 (16)

 

 

飛び上がって喜んだいい夜でした。ふたりとも早寝&ぐっすり~♪

 

 

翌日、休診日のemi-goに泣きついて病院へ……

777 (2)

 

 

明後日、まなちゃんとまなちゃんのお母さんが迎えに行きます。

777 (17)

 

 

もし2匹同時保護があまりにもキツかったら、我が家で1匹預かろうと思っていますが基本はまなちゃんががんばるとのこと。まなちゃんお疲れさま。私も役に立ててうれしいです。

 

 

最後に余談ですが、今回の高速道路代はまなちゃんが払うと言ってききませんでした。まなちゃんはいい譲渡ができる「個人」ですが、支援を募っていません。里親さんに医療費の実費を負担してもらったとしても、果たして保護にかかるお金は医療費だけで済むでしょうか? ガソリン代、交通費、光熱費、通信費、雑費、ごはん、おやつ、猫砂、ペットシーツ……じわじわと個人の懐をひっ迫させているのは身を持って私が現在も体験しています。

 

 

emi-goの病院も(病院の稼ぎ柱である)保護猫のワクチン代を思い切って無料にするなど、本当に身銭を切ってこの国に住む犬猫たちのQOLを真剣に考えています。

 

 

(※ちなみにつけ加えておきますが、ワクチンの仕入れ値はもちろん無料ではありません)

 

 

一歩一歩、一匹一匹だからなかなか伝わらないかもしれない。

 

 

大したことをやっているように思わない方が多いでしょう。

 

 

実際、目の前の一頭に精いっぱいの私たちは微力です。

 

 

それにたまに外食もしたいし、新しい化粧品もほしいです。

 

 

けれども活動をするときは、考えつくす限り丁寧に保護動物たちと向き合っています。

 

 

手抜きもズルもしません。

 

 

自分の自由意思で保護するのだから原則すべては自己責任でしょう。

 

 

だれかに強制されているわけではないのですから。

 

 

しかしもし不遇な猫が日本にいなかったら私たちは直ちにほかのことをエンジョイします。

 

 

私は今自分の生活すらも心もとなく、周りを応援するだけの経済力がいっさいないです。若い方々の真摯な姿を見てもただ「がんばっているね」と褒めるしかできません。でもだからこそ、自分にできる形で個人にエールを送りたいです。

 

 

なにに繋げたいかおわかりですね?(笑)

 

 

もふもふ譲渡祭に遊びに来てください。

 

 

譲渡祭に出るのは成猫がメインですが、どの子も保護主さんの愛と時間と情熱をまとっています。犬猫と暮らしたいお友だち、お知り合いを誘って気楽に会いに来てください。

 

 

皆さまが少しだけ「個人」にもフューチャーしてくだされば幸いです。

 

 

長くなってごめんなさい。読んでくださりありがとうございました。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





バザー品の仕分け(もふもふ譲渡祭)

皆さまこんばんは。昨日はバザー品の仕分け→保護猫星太郎のお届け→短大の友人らと会う、の3つの予定が入っていて目がまわりそうでした。でも最高に楽しかったです。

 

 

※星太郎の卒業記事は後日改めてお送りします。

 

 

タイトすぎるスケジュールゆえ電車移動を諦め、車であちこちをまわることに。まずはバザーの仕分けをしてくれている方々への差し入れを持って、いざ出発!

m1 (8)

 

 

前日に私が預かった安藤さんからの提供品

m1 (3)

 

 

昔里親さんがプレゼントしてくれた高級犬服は私から出します。

m1 (4)

 

 

かわいいでしょう? もったいなくて着せられなかったまま、べべもナナもいなくなってしまいました。着れる子がいないのでうちにあっても箪笥の肥やしで逆にもったいないのです。

m1 (5)

 

 

だから思い切ってバザーへ。ほしい方のもとへ送り出そうと思います。

m1 (6)

 

 

思い入れの深い服ですので、どうか連れて帰ってやってください。

 

 

車で1時間、バザーの母(笑)、まりおさんちに到着

m1 (12)

 

 

ご主人さま、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんっ!

m1 (11)

 

 

いやはや……

m1 (13)

 

 

スタイリッシュなまりおさんちがたいへんな状態になっています(汗)。

m1 (9)

 

 

まりおさんがもっとも苦労しているうちのおひとりではないでしょうか?

m1 (10)

 

 

限られた時間ではありますが、私もがんばってお手伝いします(鼻息)。

Inkedm1 (16)_LI

 

 

仕分けに駆けつけてくれたのは、マイ太郎さん、マイ太郎さんの里親めめちゃんのママさん、703号室卒業生ポテチ&コテツママのきーやんさんです。

 

 

ひとつひとつ中身を確認。整理しながら値段をつけてつけていきます。

m1 (15)

 

 

1日限りの催しということもあり、値段をかなり低く設定しました。

 

 

ぜったいお買い得です。驚くほど安いものが仰山^^;

 

 

限られた時間で設営準備に追われる「バザー」なので、きれいな陳列はできません。そのかわり相場よりお手頃にお買い物していただけるようにします。宝探し、ですね。

 

 

ご提供してくださった皆さまにも、お買い物に来てくださる皆さまにも、心より感謝しています。

 

 

売り上げは5分割(予定)にし、個人で保護譲渡活動をしている方々へ支援します。どなたもふだんは積極的に支援を募っていない方ばかり。だからこそぜひこの機会に応援しようと考えています。

 

 

保護譲渡活動をしている方が保護譲渡活動をしている方の応援をする、というのは素敵な連鎖を生むにちがいありません。私はそう信じてやっています。

 

 

バザー品はまだ募集中ですので、おひとつからでもご協力くださいね。

 

 

そして、もふもふ譲渡祭専用のtwitterアカウントにバザー品を垂れ流しているので、Twitter馴れしていない方もチェックしてみてください。

 

 

私は主に価格の紙をチョキチョキし、みんなといっしょに値段を決める役をしました。

m1 (17)

 

 

帰りたくなくなるほどに充実~!

 

 

また第二弾もまりおさんちでやろうかな?

 

 

ちなみにまりおさんちの保護猫ひかるくんももふもふ譲渡祭に出場しますよ♡

m1 (14)

 

 

動きまわっていい写真が撮れなかったのが残念ですが、後日改めてハンサム写真をHPにUPしますね。人が大好きなひかるくんが運命の出会いを果たせますように。

 

 

途中で失礼し、保護猫星太郎の卒業式を終え、母の店へ

m1 (18)

 

 

着いた瞬間、酔っ払い3人からかけられた言葉は、「アンニイ、あんた来るのが早すぎる! まだお祝いのカード書けてない」でした。短大時代からの仲よしたちが、私の出版記念をしてくれたのです。きれいなお花をプレゼントしてもらいました。

m1 (19)

 

 

高校生の子どもがいるようには見えないでしょう?

 

 

全員もふもふ譲渡祭に遊びに来てくれるとのこと。ふふ。ありがとう。

 

 

実は夜な夜な悪夢にうなされているのです。

 

 

「誰も来てくれなかったらどうしよう」との不安な心理が夢にあらわれ、無人のもふもふ譲渡祭にぽつんとひとりで佇む私の姿を客観視したもうひとりの私がオロオロ。

 

 

「あーヤバい」と叫びながらハッと目が覚める日々。

 

 

でも大丈夫ね。3人は確実に来るから。

 

 

リエ、わかちゃん、ようこちゃん可憐なお花をありがとう♪

m1 (1)

 

 

帰宅後はお子らのお世話にあたふたするも、幸せを満喫した1日でした。

m1 (2)

 

 

あまぱん、元気でいてくれて助かります。

m1 (7)

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





幸せの譲渡2(サチとユキ)

さて、前回のつづきです。サチ&ユキ姉妹の新しいお宅へご案内します。

 

 

じゃーん♡ 玄関にはにゃんガード!

IMG_2102

 

 

よく開ける換気用の窓には脱走防止の柵が

IMG_2103

 

 

広いお宅はほぼすべてが猫仕様

IMG_6264

 

 

これどこで売っているんだろう? というオシャレなグッズもたくさん……

IMG_6265

 

 

フクちゃんはじめまして

IMG_2129

 

 

ステキなお城の住民フクちゃんは里親さんに保護されたラッキースターです。

IMG_2110

 

 

妹たちを連れてきたよ。いろんなニオイがするからドキドキさせたかな?

IMG_2109

 

 

さわらさせてくれてありがとう。サチとユキをよろしくね!

IMG_6262

 

 

それにしてもフクちゃんは恵まれているね。

IMG_2122

 

 

ごはんスペースもオシャレ

IMG_2121

 

 

かなちゃんが見つめている先は……

IMG_2119

 

 

またお部屋があります。そしてお部屋の大きなウオークインクローゼットを通ると……

IMG_2120

 

 

奥にはサチとユキに使う猫部屋が。まあどこも猫部屋みたいなお家でしたけど^^

IMG_2113

 

 

「わたちたちのおうち?」

IMG_2139

 

 

「すっごくおおきいですね」

IMG_2140

 

 

サチとユキを迎えるにあたって作ってくださった専用ゾーン

IMG_2111

 

 

珍しいタイプのケージの周りを柵で囲い、滑り止めマットを敷いてくださっています。

IMG_2115

 

 

駆けっこしたら楽しいだろうなあ。愛情に満ち溢れているご家族です。

IMG_2108

 

 

本棚にノラ猫あがりのスターたちを発見。買ってくださったのですね。うれしい!

IMG_2117

 

 

おいしいお茶をごちそうさまでした。

IMG_2147

 

 

仔猫たちの医療費とおみやげもありがとうございました。バスグッズ大好きです。

IMG_6105

 

 

皆さまも安心できたのではないでしょうか?

IMG_2126

 

 

サチもユキも幸せになることまちがいなしです。

IMG_2127

 

 

ちなみに、きょうだいたちと母猫ダッペは3匹揃って明日嫁入りするそうです。

 

 

これで母子5匹とも終の棲家が決まりました。ブログでは私が譲渡を担当したサチとユキのみのご紹介になりますが、一家の明るい未来を祈っています。

IMG_2132

 

 

以下は里親さんのインスタより拝借したサチとユキの近況写真です。

IMG_6784

 

 

満たされている寝顔ですね。

IMG_6785

 

 

まどろむ娘たち(笑)。

IMG_6787

 

 

お腹出しているのはリラックスしている証拠だね♪

IMG_6789

 

 

このとき体調が悪かったけれど、そんな私にもやれることはある。

 

 

サチとユキと里親さんが教えてくれたことです。1匹でも多くのノラ猫が「愛猫」になれることを願いつつ、これからも自分にできる範囲でなにかをつづけていきます。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ289、290サチ、ユキおめでとう。まるで猫の楽園のようなおうちだね。自由に遊びまわっていっぱい甘えて安全にスクスク育ってください」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





バザー品がぞくぞくと(もふもふ譲渡祭)

私は丁寧なご縁にこだわってきました。

 

 

だから私の周りには、里親さんをはじめとして、ステキな方々が多くいると自負しています。

 

 

謙虚な人見知りさんが多いので、決して声は大きくありませんが、自分の犬猫を愛し、不遇な犬猫の存在にお心を痛め、いざというときに「一頭分の力」を発揮できる方ばかりです。

 

 

団体とちがって微力な私は周りの方々が目にした「不遇の犬猫たち」をすべて引き取って差し上げることがむずかしい。しかし自分の時間を使ってノウハウを話し、「私にできることはだれにでもできること」と添えてお伝えしてきました。

 

 

その結果、驚くほどたくさんの「個人」がうまれ、それに紐づくように数えきれない数の犬猫たちが幸せな生活を手に入れています。日々私のもとにメッセージが届きます。

 

 

「困っている外猫を見た」「なにをどうしていいのかわからない」「保護の方法は?」「通院のタイミングは?」「○○をアンニイさんならどうしますか?」「隔離期間や慣らし方は?」「良縁を見つけるには?」「飼ってしまいたいけれど先住動物との相性が気になる」

 

 

正直、「もううちに連れて来てください。私がかわりにやりますから」と言ってしまったほうが楽なケースもありました。けれど私は極力、そうはしませんでした。

 

 

なぜならそれでは一つの結果しか生みだせないと考えているからです。

 

 

その方は私に丸投げすれば終わりになります。

 

 

でも、次にその方がまた気になる犬猫を見かけたらどうでしょうか? また恐縮しながら、私か、もしくはだれかに投げなければならないのです。それならご自身でその子を完結する力を磨けば、どの角度から鑑みてもより合理的な結果になると思いませんか?

 

 

そうやって「ゼロより一を」をめざしてきました。

 

 

私の主張はまちがっていないと信じています。

 

 

もふもふ譲渡祭は、個人が中心となって催します。

 

 

実際、もふもふ譲渡祭に関わっているメンバーはほとんどが個人で犬猫を保護譲渡したことのある人たち、あるいは里親として終生我が子に愛情を惜しみなく注いでいる人たちです。

 

 

ありがたいことにバザー品がちらほら届いています。

 

 

私は写真がうまくないので後日(ご自身でも保護譲渡活動をしているバザーの責任者卒業生ゆきちゃんの里親)まりおさんが改めて写真をもふもふ譲渡祭のtwitterにアップしますが、私のもとに届いたものをいくつかご紹介します。

 

 

脚本家の篠崎絵里子さんより(南三陸ミシン工房のものが中心です)

0baza (15)

 

 

オシャレ~! 犬猫に並んで私が好きな動物はゾウさんです♡

0baza (16)

 

 

猫のミニポーチも色ちがいでいっぱい……

0baza (17)

 

 

絵里子さんもお仕事の都合がつけばもふもふ譲渡祭に遊びに来てくださるとのこと。

 

 

家族でお世話になっているさかえ先生より

0baza (1)

 

 

いいですよね。猫のおもちゃほしくなります。

 

 

そして、ネイルでお世話になっている卒業生麦&とろろ兄妹の里親きえさん

0baza (9)

 

 

平均すると2か月に1度はお会いしています。

0baza (2)

 

 

今、麦が目の難病で東京大学動物医療センターへ通っています。

0baza (6)

 

 

がんばっているよね。

0baza (4)

 

 

お接待担当のとろろ

0baza (5)

 

 

いつもあたたかく出迎えてくれるやさしい男の子です。

0baza (7)

 

 

抱っこもできるもんね♪

0baza (3)

 

 

ランチ代程度で男性並みに筋張った私の手を変身させてもらっています。

0baza (10)

 

 

猫の話や人生相談もできる楽しいひととき

0baza

 

 

終了後は麦ととろろを入れての写真撮影が恒例行事となりました(笑)。

0baza (8)

 

 

そのきえさんからは美しすぎるハーバリウムが30本も!

0baza (11)

 

 

すべて器用でセンスのいいきえさんの手作りですよ。

0baza (12)

 

 

ハーバリウムは私も2本持っています。私はプレゼントでいただいたのですが、お値段は結構お高いんですよね。1本3000円前後するのが相場だとか。

0baza (13)

 

 

もふもふ譲渡祭では1000円でお出しする予定です。お得でしょ?

0baza (14)

 

 

ぜひ自分好みのキラキラの1本を見つけて連れて帰ってくださいね。

 

 

前にも書いたとおり、経費を引いた額を少しでも個人の方への支援にまわせるよう、品物をひきつづき集めています。私自身はもふもふ譲渡祭で支援を受け取るつもりはありませんが、一頭一頭のQOLに重きを置きながら自分のペースで保護譲渡している方の応援をしたいのでお力添えをよろしくお願いします。ご不用品(新品に限ります)おひとつからでもHPへお問い合わせください。

 

 

なにとぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク