カゴの中のきみ

メイちゃん&ちび太くんのママさんからプレゼントが届きました。

faiea (1)

 

 

 

うわ! いつもありがとうございます。必要なものばかりなので本当に助かります。

 

 

さて、本日は百香改め「もも」の卒業レポートを書くとお約束していたにも関わらず、別件でバタバタしていてもう少しお時間をいただくことになりそうです。

 

 

次回は必ずUPしますね。ももちゃんのことを忘れちゃった方のためにリンクもはりつけてお送りする予定です。なんせトライアル開始は4月下旬だったので^^;

 

 

「ハハ~ 約束は守るためにあるのです」

IMG_3011

 

 

 

「わかりましたか?」

IMG_3012

 

 

 

う、うん。おまいに言われると心外だけど、まあ……そうだよね。

 

 

じゃあ皆さま、かわりにうちのあまぱんでもご覧ください。

faiea (3)

 

 

 

里子としてあまぱんをわが家に迎え入れて10年半が経ちました。

 

 

当時、推定3歳程度とされていた成猫あまぱんですが、白髪の多さからすると、もっとシニアかもしれません。ね? 白い毛が目立つようになってきたでしょ?

faiea (2)

 

 

 

でも性格はおっとりで、いちばん子どもみたいです。見てこれ↓

faiea (8)

 

 

 

どう考えてもサイズちがうよ?

faiea (6)

 

 

 

お客さまが来たときに出している「お菓子のカゴ」。目を離した隙に不毛なことをやってるし。あまぱん、体の半分も入ってないです。せまくないのかな?

faiea (5)

 

 

 

「……」

faiea (7)

 

 

 

うわ、目も完全にイッちゃってる。どうしよう。

faiea (9)

 

 

 

よい子のみなさんはマネしないでくださいね。このあとカゴが壊れてしまいました。

faiea (4)

 

 

 

「あま兄 困るよなー」

faiea (11)

 

 

 

そうだね。あまぱんもさぶも個性豊かで(笑)。

 

 

ふたりともいっしょう懸命病気と闘っています。がんばり屋さんですよ。

 

 

あまぱんとさぶの腎臓の数値や形状からすると、きっと慢性的にだるさを感じているにちがいありません。けれどあまぱんもさぶも決して弱音を吐かないのです。日々の投薬や点滴もグッと堪えています。私の自慢のお子たちです。

 

 

先日、闘病グッズをオトナ買いしました。セミントラ10本が財布に打撃……

faiea (12)

 

 

 

しかしこれらをひとつずつ空箱にするのは快感です。

 

 

あまぱんとさぶが生きている証だから。

 

 

ナナが逝ったあと、家に大量のおしめが残りました。おしめをつける主がいないのが余計に悲しかったので、ほとんどを即emi-goの病院へ持って行きました。

 

 

医療グッズやフードは「未来」を思い描かせてくれる精神のかけ橋。

 

 

消費するたびにありがたみを感じます。

 

 

「老」や「病」とは末永くつき合っていきたいです。いくらでも、いくらでも。

faiea (10)

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





ハハなにをするんですか!

emi-goからプレゼントをもらいました。emi-goありがとうごちそうさまでした。

1oteire (2)

 

 

 

おいしすぎてびっくり。こんなの食べたことないし……

1oteire (3)

 

 

 

「ハハ~ それぼくにも一口くださいよ」

1oteire (4)

 

 

 

食べたいの?

 

 

ん~~~ どうしようかなー? アヒージョって猫食べていいんだっけ?

 

 

どうしても食べたい?

 

 

 

「うん ぼく味見してみようかと思います」

1oteire (7)

 

 

 

じゃあさひ、ちょっとこっちおいで~♪

 

 

 

「えー ハハ話がちがうじゃないですか!」

1oteire (9)

 

 

 

「こんな展開になるって聞いてないっすよ 第一ここはどこですか?」

1oteire (10)

 

 

 

ここねえ、トイレ。私今、あさひを抱いてトイレの床に座ってんの。

1oteire (8)

 

 

 

「出たー やだー ハハぼくの爪を切る気じゃないでしょうね?」

1oteire (11)

 

 

 

へへ。大正解っ。さあさあ、いきますよー!

1oteire (1)

 

 

 

ということで、爪が伸び放題だったあさひくんをクイックルメンズネイルサロンへお連れしました。所要時間はわずか三分。我ながらこなれたもんです。

 

 

ちなみにアヒージョはあげていませんが、終了後はちゅーる1本でしっかりあさひのご機嫌を取りましたよ。私も保護猫には嫌われたくないので。

 

 

 

「わ こっちきた……」

1oteire (5)

 

 

 

爪切りを手にリビングに戻ったら閑散としていました。

 

 

みーんな逃げちゃった^^;

1oteire (6)

 

 

 

日々のお世話を担当するお母さんは損な役割ですね。

 

 

でも、お子たちといるときがまちがいなくいちばん幸せです。

 

 

次回は百香あらため「もも」の卒業レポートをお送りします。

 

 

時間が空いてしまいましたが、いっしょに祝ってもらえたらうれしいです。

 

 

そして今月中に保護猫あさひの家族募集を開始します。応援よろしくお願いします。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





3頭分のよしよし

少し前になりますが卒業犬かなた家よりプレゼントとお便りが届きました。

0000j (6)

 

 

 

今年も開催される「兄妹会」のお誘いを受けました。ありがとうございます。ぜひ伺わせていただきます。楽しみ! ちなみに前回のはこちらをご覧ください。

 

 

思い出の詰まった私の大好きな記事です。

 

「Ten years later/幸せの703号室」

 

 

改めて読み返してみました。べべナナリルが全員出てきます。

 

 

胸が絞め詰められます。

 

 

そういえばうちのリルはナナの不在をどう捉えているのでしょう。

0000j (4)

 

 

 

ナナとリルは血縁関係ですし、ナナの生前はべったりの仲でした。

 

 

本気でじゃれついて本気でケンカして、なにをするにもいっしょでした。

 

 

お母さんはリルの心を覗いてみたいです。でも知るのが怖い気もします。

0000j (7)

 

 

 

リルはべべとナナの分までしっかり生きないとね。

0000j (8)

 

 

 

リルを撫でるときは、べべとナナへの愛しい気持ちもてのひらにのせています。べべ、ナナ、リル、3頭分のよしよし。つい長くなるから迷惑顔をされることもしばしば(苦笑)。

0000j (9)

 

 

 

にぎやかだったわが家に大きな大きな穴が空いてしまったような感覚。時間は巻き戻せないんですよね。もし可能なら10分でいいからべべとナナに会いたいな。

0000j (3)

 

 

 

お母さんあなたたちに話したいことがたくさんあるんだよ。

 

 

抱きしめたいし、抱きしめてもらいたい。

 

 

あんなにラブラブだったのに、取り残されてしまったようでさびしいです。

 

 

保護猫あさひを卒業させたら、スイッチを一度完全にオフに切らないと。束の間でも自分を立て直すために気持ちの整理がしたいです。べべを見送ったあとすぐにナナの介護に追われる日々を送りました。ほかのお子たちの闘病も待ったなしの状態。その傍らで自分にできる譲渡活動をコツコツとつづけてきたつもりです。特に地元で保護した、ローズ、ジャイアン、百香、あさひの4匹の成猫。保護主として彼らにはきちんと責任を果たすという意思で取り組んできました。

 

 

しかし内側がドロドロに崩れて、そろそろ限界です。

 

 

いったんリセットできれば、きっとまたがんばれますよね?

 

 

「だいじょうぶですか?」

0000j (2)

 

 

 

「悩みがあるんですね。ぼくでよかったら聞きますけど」

0000j (1)

 

 

 

あら? あさひやさしいじゃないの!

 

 

あとまわしにしてごめんね。そろそろあさひのご縁探しに全力を注ぎます。

 

 

その際は皆さまに応援してもらえたらうれしいです。

0000j (5)

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





心のケガと保護した責任

皆さまこんばんは。内側に闇を抱える40代です(苦笑)。

 

 

最近絶不調で、MIHOさんにもらったべべナナクッションを抱っこの日々。自分でもつくづく「病んでるなあ」と思ったりします。なんだろうね? 超キツい。

1kiryoku (8)

 

 

 

決めたスケジュールをこなせないイライラ感は半端じゃありません。

 

 

あ、ほかの方に当たったりはしないですよ。あくまでも自己完結の焦燥感です。

 

 

昨日は心療内科通院日でした。お世話になっている斉藤先生に胸中を相談し、薬を変えることにしたのです。ひと昔前だったら精神的な病は隠すべき時代だったかもしれないけれど、現代を生きる者としては身体のケガ同様、心のケガがあってもいいんじゃないかと。

1kiryoku (3)

 

 

 

私は宇宙でいちばん好きなべべと活動の源であるナナを失ったのですから、そんな簡単じゃないです。未だ毎日毎日襲ってくる喪失感に太刀打ちできません。

 

 

うー、とにかく早く元通りになりたい。

 

 

萎んでいる最中、テンションの上がるプレゼントが届きました。

 

 

キャー!! emi-goより宮崎産のマンゴーが♪

1kiryoku

 

 

 

卒業生すもも家よりおいしいお魚の切り身が……

1kiryoku (2)

 

 

 

すもも1周年おめでとう。あっティーさんに出会えてよかったね。

1kiryoku (1)

 

 

どうもありがとうございました。

 

 

 

もしなにも抱えていなければ落ち込みたいだけ落ち込んだりできるのかな?

 

 

そうしたら少しは楽なのかもしれない。

 

 

うちにはリル、ほほ、あまぱん、さぶと保護猫あさひがいます。

 

 

たいせつにしなければならない存在があるからこそ、立ったり転んだりを繰り返しながら前進しているけれど、ときどき詰まってしまうと辛く感じる。

1kiryoku (6)

 

 

 

「まあおれがそばにいるから元気出せよ」

1kiryoku (7)

 

 

 

うん。そうだね。家族がいてくれてありがたい。

 

 

 

「ぼくは留学先でちゅーる漬けの日々を送っています」

1kiryoku (4)

 

 

 

ふふ。実はジャイアンは703号室にいないんですよ。

 

 

どこへ行ったかな?

 

 

家に招き入れた時点で、たとえ私の体調がさらに悪化しても、百香、ローズ、ジャイアン、あさひの保護猫4匹はぜったいに終の棲家へ案内しようと固く誓っていました。ローズ、百香につづき、ジャイアンもいいお知らせができるようがんばります。そしてあさひの家族募集も努力します。

 

 

保護した責任を取る、ということの難しさを痛感することもありますが、私の問題と彼らの将来は別物ですので、両者をきちんと分けていきたいです。それが私流の「愛の形」ですから。

 

 

留学先でのできごとは、落ち着いたら触れますね。

1kiryoku (5)

 

 

 

ジャイアンの明るい未来を私と祈っていただければうれしいです。

 

 

保護猫百香の卒業記事は今週中にUPしますね。百香は長期トライアルを経て、このたび正式譲渡が決まりました。応援してくださった皆さまに感謝です。

 

 

晩安!

 

 

スポンサーリンク





まるスマイル

無気力かつバタバタで時間がかかってしまいました。お待たせしてごめんなさい。

 

 

まる坊の新居へ皆さまをご案内します。

 

 

お届けはまるをお世話してくれたemi-goといっしょに行きました。

 

 

私は個人で保護譲渡活動をしていますが、すべてに於いて独断的かと言われると実はそうでもありません。関わった人の気持ちは常にたいせつにしていこうと考えています。

 

 

今回もまるの譲渡にあたり、なるべくemi-goの意見を聞き、尊重できる部分はすべてしています。透明性も然り。emi-goが納得してこそのご縁だと思うからです。

 

 

まるを乗せて迎えに来てくれたemi-go。黒田さん宅のそばで黒田さんも合流

IMG_0738

 

 

 

まるが待ち遠しかった黒田さんは、ド緊張状態でよく眠れず、何度も吐き気に襲われた模様。犬が家族に加わる。黒田家にとってはまさに一大事ですね(笑)。

IMG_0741

 

 

 

まる、わかる? それだけ真剣なんだよ。

IMG_0740

 

 

 

頑丈なキャリーとまるで合計20キロ以上はありそう^^;

IMG_0744

 

 

 

へへ。私はこまごまとした荷物持ちの役で助かりました。

 

 

 

到着~!

IMG_0777

 

 

 

オドオドのまる氏

IMG_0763

 

 

 

「えっと……どこ?」

IMG_0751

 

 

 

「はじめての場所はとりあえず警戒します」

IMG_0753

 

 

 

そりゃそうだね。まあ、ゆっくり慣れればいいから。

IMG_0775

 

 

 

まるは黒田さんの仕事部屋(寝台もあります)からスタートします。

IMG_0761

 

 

 

黒田さんの仕事部屋(10畳弱)→娘さんの部屋→物置→寝室→リビングと広い黒田家を徐々に制覇していく予定。最終的にお庭にも出られるよう一歩ずつならしてもらう作戦です。トレーナーさんは散歩へ行けるまで3か月かかると踏んでいますが、私の予想ではもっと早く外に出れるのではないかと。まあ、焦らずのんびりね。

IMG_0776

 

 

 

玄関。猫とちがってまるはこの高さの柵をまたぎません。

IMG_0747

 

 

 

 

玄関の左側にまるの居住スペースがあります。

IMG_2854

 

 

 

まる用にいろんなグッズが用意されていました。うれしいね。

IMG_0755

 

 

 

悩みに悩んで選んだごはん。まるの体調に合わせて臨機応変にチェンジしていくんだとか。ふふ。計量カップもふたつ置いてある。黒田さん抜かりないなあ。

IMG_0762

 

 

 

リビングに繋がる廊下にはもう一つの柵が

IMG_0749

 

 

 

リビングから見るとこんな感じ。つきあたりがまるルーム

IMG_0773

 

 

 

そして専用庭。庭へ連れ出す際はもちろんリードをつけてもらうのでご安心ください。

IMG_0764

 

 

 

まるがケージ内でくつろぎはじめたので一同はリビングへ移動

IMG_0791

 

 

 

emi-goがまると黒田さんのために用意した分と私からのささやかなプレゼントを手渡しました。黒田さん、まるがお世話になります。どうぞよろしくお願いします。

IMG_0799

 

 

 

リビングの一角に設けられた「タロゾーン」。タロの写真がいっぱい……

IMG_0771

 

 

 

アルバムも見せてもらいました。なつかしい。703号室同窓会の日の写真ですね。

IMG_0797

 

 

 

譲渡誓約書や医療明細や各種証明書もファイルされきれいに残っています。

IMG_0794

 

 

 

黒田さんとタロの歴史、黒田さんと703号室の歴史を実感します。タロのおかげでほんとうにいい人間関係を築かせてもらえました。タロに感謝です。

 

 

ここで二代目のまるは、めいいっぱい幸せになると確信しています。

IMG_0811

 

 

 

だって黒田さんにとっては、簡単なことじゃないんですよ。

IMG_0801

 

 

 

乗り越えるべき壁をぜんぶ越え、大きな覚悟を持って迎え入れてくれたのです。

IMG_0803

 

 

 

だからきっとまるの未来は明るいはず。

IMG_0802

 

 

 

現に不思議なことですが、まるが異常に落ち着きを放っていたんです。

IMG_0810

 

 

 

この譲渡の意味がまるにも伝わったとしか思えません。

IMG_0809

 

 

 

ドキドキは最初だけで、すぐに穏やかな笑みを浮かべたんです。

IMG_0808

 

 

 

「以心伝心です」

IMG_0787

 

 

 

そうそう。まちがいないね。

IMG_0783

 

 

 

まるのくつろぎぶりに胸を撫でおろし、おいしいケーキをいただいて、お腹いっぱい♪

IMG_0792

 

 

 

キュートで表情豊かだから写真を連写しまくりですよ。

IMG_0786

 

 

 

結局選べなくてほぼ載せるという……

IMG_0784

 

 

 

これが私の写真ならキツくて皆さまは耐えられないでしょうが、モデルさんはまるなのでいいですよね? ハンサム王子の画像を仰山おがんでやってください。

IMG_0788

 

 

 

変顔

IMG_0789

 

 

 

やる気ない顔

IMG_0804

 

 

 

あほっぽい(あほとは言ってません!)

IMG_0785

 

 

 

利発で聡明なニコニコフェイスも添えて

IMG_0807

 

 

 

まるの写真を見つめていると、子犬のあどけない頃を回想します。

IMG_0805

 

 

 

おんなじおんなじ。まるの無邪気さは、ちゃんと残ってる。

IMG_0806

 

 

 

まるの一生は、巻き戻してスタートを切ったばかり。この先は素晴らしい日々を送っていくことでしょう。さっそく新居でやりたい放題との報告を受けています。

 

 

黒田さんのTwitterアカウント→ @KurodaJunichi  タロパパ

 

 

まるの笑顔は霧がかかった視界に一気に青い空を広げてくれた気がします。

 

 

黒田さんの視界、emi-goの視界、私の視界、まる自身の視界。

 

 

理不尽ばかりではないこと、絶望ばかりではないこと、むしろ強い希望がこの世には溢れている、いたるところに。思わずこちらがふとつられ笑いしちゃうほどに澄んでいます。シンプルな表現ですが、犬も猫も最高にかわいいですよ。パートナーですもん。

 

 

獣医志望の小2の娘さんが描いた絵。左の犬はタロかな? まるかな?

IMG_0813

 

 

 

父親黒田さんからの「注意」

IMG_0812

 

 

 

黒田さんご支援とおみやげの数々をありがとうございました。

IMG_2882

 

 

 

かつくん「x262まるおめでとう。こわいこわい世界を乗り越えてワクワク圏に突入したまる。粗相やいたずらはほどほどにしないとね。でもまるがまるらしく意気揚々と過ごしているのを眺めるのはやっぱり気分がいいね。黒田さんはたいへんだろうけど……逸材まるから目が離せません。まる、ずっと家族とともにハッピーでいてね」

1-3483

 

 

 

 

スポンサーリンク