9歳になった君へ ~約束~

保護猫みものご家族を大募集中!! どうぞお問い合わせください。結構必死です。

保護猫みもに会いに来てくださった方、ごめんなさい。今日は我が家の犬たちが主役なので、みもの記事は一つ下↓ から遡ってお読みください。

9歳になってくれたリルへ。

ちょっと遅くなってしまったけれど、お誕生日おめでとう。
クリックすると元のサイズで表示します

リルのお母さん犬のこと、よく知ってる。

ナナの姉妹だった子だもの。

リル、あなたは土手の一角で、誰にも望まれずに産声をあげたよね。

お母さん犬のタカコと、おばにあたるナナが、あなたとあなたのきょうだい犬たちを必死に育み、守ったけれど、あなたは今にも消え入りそうなほど、儚く、頼りない存在でしたね。

タカコはあなたがまだ子犬の時に、土手で死にました。

まだ2歳にもならぬ、若い母親の死は、私にとっても、無念でした。

その後、リルは土手で3年半生きて、苦労して苦労して、やっと我が家にやってきてくれた。

リルは私たち夫婦の子どもです。

血は繋がっていないけれど、心はちゃんと繋がってるでしょう?

リル、言葉では言い表せないほど、愛しているよ。

手がかかる犬だけど、そこがまたいいんだよなあ。

さあ、約束通り、誕生会をやろう!

場所は、お前たちの大好きな、お台場でどうでしょう?

ほしいものはなんでも買ってあげる(今日だけね)。

リルだけじゃなくて、みんなが主役だから、ベベも好きなの選びなさい。
クリックすると元のサイズで表示します

うちの子は本当に自分のほしいものを選ぶんです。ベベが選んだのは、ハード系のおやつ。買ったけど、IBDと闘病中のベベは食べれないから、ナナリル用にします(笑)。

リルが後ろを向いてしまったけど、お買い物中の一枚。
クリックすると元のサイズで表示します

家族でのんびり過ごしたかったので、カメラは家に置いて出かけました。

写真はスマホで適当に撮ったものしかありません^^;

リルはブルーのタコ型おもちゃを選びました。ナナやゴンタにもおやつや缶詰を買いました。

お買い物のあとは、ブラブラ散策。

ゲーセンに入りました。太鼓でチチと勝負! チチ、音感高いなあ。惨敗しちゃったよ。
クリックすると元のサイズで表示します

もぐらたたきを見つけ、テンションが上がりまくった私。2回もやっちゃった。ストレス発散!
クリックすると元のサイズで表示します

うちの犬たちは、どこに出しても恥ずかしくないほど、おりこうにしていられます。
クリックすると元のサイズで表示します

通りゆく人たちが“かわいい~♪”を連発してくれるのも頷けますね。
クリックすると元のサイズで表示します

だって絶対にかわいいもの(爆)。

そろそろおなかがペコペコだねえ。お嬢さま方、レストランへ行きますか。
クリックすると元のサイズで表示します

食べ物の香りが漂う店内。ベベは私の横に置かないと、制御が難しいので指定席に。
クリックすると元のサイズで表示します

「わるい子じゃないもん。おなかが減りやすいだけ」
クリックすると元のサイズで表示します

知ってるよ^^
クリックすると元のサイズで表示します

お母さんの横でちょこんとお座りしててね。

お母さん、ベベが食べれるおやつを持ってきたから。

時間が遅く、犬連れだから、入れるお店が限られていましたが、なんとか宴会スタート!

リル、おめでとう♪
クリックすると元のサイズで表示します

我が家では最年少のリルも、もう9歳かあ。

これからも、お父さんを第一、ナナちゃんを第二、お母さんを第三に慕いながら、元気よく生きてください。布製品を齧り壊す癖と、ごはんを食べたがらないところと、べべとの衝突は、たいがいにしてね。でもまあ、どんなリルだって、それがリルなら、仕方ないよ。

生まれてきてくれてありがとう。

この場にお前の母犬タカコがいないのが残念だけど、タカコ、私がタカコにした約束は、これからもきちっと守らせてもらいます。リルをこの世に授けてくれてありがとう。

明日は、このお方に会いに行きます。
クリックすると元のサイズで表示します

卒業猫くりちゃん。

皆さまもよい週末を!

かつくん「リルももう9歳か。リルが土手から保護された時、ぼくはまだ生きていました。リルは当時からお転婆なところがあったんだよなあ。でも、憎めません。

ハハの本に、土手犬たちの経緯が書かれています。ぼくの章も、リルの章もあるよ。

ブログは家族募集中の保護猫たちのことが中心になりがちですが、チチにとってもハハにとっても、ベベちゃん、ナナちゃん、リルは特別な存在です。書かなくてもわかるって?

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





だいたい、できるよ

保護猫みもは家族募集中です。どうぞお問い合わせください。お願いします。ペコリ。

昨日、母の店でくっちゃべっていたら、肝臓の先生から直々に電話が。私の血液検査の結果が出たのですが、肝数値が悪化しているため、わざわざ電話をかけてくださったのです。

ありがたいですね(苦笑)。

病院へ来るよう呼び出しをくらいました。

先生の口ぶりが私をベコベコに凹ませたので、ひとりで行く勇気が出ず、本日、母とおばにつき合ってもらい、病院へ行ってきました。診察室で今後の治療について延々と話し合い。同じ話を30回はしたと思います。先生も辟易でしょうが、私の方もうんざり。

でも、ご心配なく。いろんなことがいい方向へ向かっていると思うので。

病は気から、と申しますでしょう?

最近は気力があがり、のんびりムードを味わっているから、今日行った血液検査の結果はきっと良いと信じます。悪いことばかり考えていると悪い方に行っちゃうからね。

「ハハもいろんなことが、わかる年頃になってきたのね」
クリックすると元のサイズで表示します

ええ、まあ。

みもちゃんほどではないかもしれませんが、一応いろいろ経験してきてるのでね。

「みも、そんなに経験豊富なんですか?」 「うん。で、悟ったの。やっぱのんびり家にいよって」
クリックすると元のサイズで表示します

「わー! みもってなんか、オトナだなあ……」 「うん。だてに10カ月生きてないわよ」
クリックすると元のサイズで表示します

「ハハ、みもに比べ、ぼくは、ゆるキャラ草食系男子なので、世間知らずのねこさんだと笑われるかもしれませんね」
クリックすると元のサイズで表示します

確かに。

福多朗、お前さんはゆるいよね。

どの写真をみても、目、ほとんど開いてないし。
クリックすると元のサイズで表示します

はじめは猫風邪でもひいてるのかと心配したのですが、どうやら、福多朗はもとからこういう表情なのです。シャイで、あんま目を合わせないタイプ。

要求泣きも横向きで済まそうとするあたりが、男気ないです(笑)。

福多朗、主張があるなら、目をまっすぐみて話しなさい!

「ぼくにはムリ……」     「だめだこりゃ」
クリックすると元のサイズで表示します

無駄な動きもないし、強い主張もない。

その場の空気に、すっとなじんでしまう。

ここまで自分の存在を消す猫も、珍しいのではないでしょうか?

それが福多朗なりの処世術だったのかな?

交通事故に遭うまで、福多朗がどこでなにをしていたのか、知る由もないけれど、この子が生き延びた理由が、なんとなく少しだけわかるような気がします。

「そうですか? そりゃよかったですね(恍惚)」
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗?

あんたまさか……!

「え? ここ、トイレとちゃいますの?」
クリックすると元のサイズで表示します

ああ……。

ちっこ出ちゃったか。

まあ、しょうがない^^;

ここのお部屋にトイレがなかったのが悪いのよね。

この時は、バスマットの上でおしっこしちゃった福多朗ですが、あとにも先にも、失敗は1度だけです。部屋にトイレがなかったのだから、失敗と言えるかどうか。

福多朗の名誉挽回のために、この一枚を↓
クリックすると元のサイズで表示します

みも用の猫トイレに、自ら入って排泄しています。

福多朗のお部屋にも、ちゃんとおトイレはあるのですが。
(※福多朗のトイレは、先生のアドバイス通り、猫砂ではなく、ペットシーツを敷いています)

福多朗は基本省エネ男ですが、移動すると決めたら、結構な距離を進みますよ。

もちろん、自分の意思で。

後ろ足がないから、動くのを想像できない方もいるでしょう。

写真だと、やたら痛々しくみえるかもしれません。

でも、実際は不自由さをあまり感じさせないほど俊敏に動きます。前足で器用に歩く福多朗の足どりは軽快で、悲壮感は出ていません。

ちゃんと、前へ進んでいます。

この子は後ろを振り返るタイプじゃない。

福多朗は伏し目がちに、こう申しています。

「だいたい、できるよ」

★★★ありがとう★★★

「あたちは家族募集中だから、またみるだけでしょ? 食べちゃダメでしょ?」
クリックすると元のサイズで表示します

卒業猫泰雅のママさんより、フード類が届きました。ありがとうございました。

家族募集中ですから、はしたないはずがないみもは、盗み食いなどするはずもなく、私に怒られるはずもないはずでしたが、この直後、一袋くわえて逃走し、御用となりました。

みも、ちゃんとごはんあげてるでしょう?

もう(涙)。

スポンサーリンク





接客

さあ、お掃除をはじめるから、お前たちはおりこうにしててくださいね。
クリックすると元のサイズで表示します

「お客さまがくるの? めずらしいね。あたち、はじめて会う人?」
クリックすると元のサイズで表示します

そうよ、みも。

みもは、はじめまして、の方が来るの。

だけど私は、もうずっとお世話になっている大切な方々。

最近、お客さまを通せるような状態じゃなかったから、今日は家中をピカピカに磨くつもり。みももお邪魔虫をせずに、お掃除を見守っていてくれる?

「うん。おとなしくしてるね」
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうみもちゃん。

日に日にやさしくものわかりの良い猫さんに育っていくね。大好き。

みもは現在、家族募集中です。お問い合わせをお待ちしています!!

お客さまがいらした時、ゴンタがおりこうにできるか心配でしたが、にお手伝いしてもらいながら、掃除をがんばりました。

「森さん、早く来ないかな?」
クリックすると元のサイズで表示します

そうです。

お客さまとは、この方々↓ 直木賞作家の森絵都さん、講談社の横川さん^^
クリックすると元のサイズで表示します

森さんと横川さんが、我が家のお子たちや、福多朗に会いに来てくださいました。

家族以外をあまり好まないナナも、森さんだとこの通り! 何回も会ってるもんね。
クリックすると元のサイズで表示します

こねくり回されたって、全然平気。むしろ喜んで森さんのあとをくっついて行くから不思議です。
クリックすると元のサイズで表示します

シュシュをつけておめかしした福多朗が、ホスト猫をつとめました。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほは隠れてしまい(汗)、あまぱん太郎はずっとごはんくれの大騒ぎっ。

それに比べ、福多朗は、天性のゆるキャラで場を盛り上げ、みんなを悶えさせてくれました。

みもも、本当におりこうでした。森さんや横川さんも、みものこと、かわいいって♪

人見知りするかなあって、心配だったのです。

だけどまったく!

お見合いの練習になりました。お見合いの予定はないけどね(汗)。
クリックすると元のサイズで表示します

森さんが持ってきてくださったお茶菓子。いつもセンス抜群です。アザラシのドーナッツ。
クリックすると元のサイズで表示します

こっちはカエルだって(笑)。かわいすぎる^^ 他にもいろいろありました。
クリックすると元のサイズで表示します

マカロンも!
クリックすると元のサイズで表示します

横川さんからもいろいろいただいてしまいました。ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

おふたりともご体調が万全ではない中、騒々しい我が家にお越しくださり、ありがとうございました。みもや福多朗をはじめ、お子たちみんなが楽しそうだったのが、嬉しかったです。

お礼に福多朗が、森さんの本についてひと言述べたいと申しています。
クリックすると元のサイズで表示します

はい福ちゃん、ちゃんと目を開けて。

お願いしますよ。

「ぼくは福多朗。今日、森絵都さんに会いました。森さんはずぅーと、ぼくを抱っこしてくれました。森さんファンのみなさま、ごめんなさい。森さんの書いた 小説も大好きですが、ぼくは保護猫なので、やっぱり“君と一緒に生きよう”がおススメです。この本は、捨て犬たちが、新しい家族を得ていく道程などが書か れています。人間と犬の交流、幸福、奇跡、人間社会が作りだした歪や影、これからの課題……この度文庫化され、ますます手を伸ばしやすくなりました。ほ ら、ぼくだってこの通り。ちょちょいと抱えて読めるサイズですから、ぜひ!

ハハ~! 寝起きだから、目、ちょっとしか開かないよぉ……」
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとう。よくできました。

我が家でお茶を飲んだあと、横川さんは帰られましたが、森さん、妹、私の3人はババの店へ。妹婿のたか、チチも次々とババの店に登場し、みんなでワイワイごはんを食べました。

帰り、駅から改札まで森さんと徒競走したのですが(笑)、30代の私が、森さんに惨敗……。

びっくり。森さん、足速すぎです。さすがランナー。

私も運動して基礎体力をつけないとまずいなあ。

森さん、横川さん、ご多忙の中、どうもありがとうございました。

みもはご家族募集中!

福多朗も去勢手術を終え次第、次のステップに移ります。

チャオ!

スポンサーリンク