少しだけUP

この週末もいろんな出来事がありました。写真もたくさん撮りました。だけど、時間が足りないので、放出できません。週明けにババーンと更新しますね。またすごく長い記事になったりして^^; 福多朗に今日会ってきました。正直、すごく不安です。

手術をしないと生涯投薬になるし、排便障害を抱えたまま生きていくのは大変です。先生ももうここまで来たら手術した方が福多朗のためだと仰っています。だけどあの小さな体に再度メスを入れるんだと思うと、気が気じゃありません。過保護すぎるでしょうか?

うーん。

まあ、この辺にしておきます。

みいさんが撮ってくれた写真。もうーすさんも誉めてくださったので調子に乗ってUPします。
クリックすると元のサイズで表示します

幸い、私の汚いスッピンはうまい具合にぼかしが入っているのでよくわかりませんし、みもの柔らかい雰囲気が伝わるでしょう? 大好きな一枚です。

聡明そうな横顔。ちょっと憂いを含んだ感じですね。
クリックすると元のサイズで表示します

少女からオトナへ。

みもはなにを考えているのでしょうか?

未来のご家族に思いを馳せているのかな? クリスマスやお正月は、新しい家族とむかえてほしい。保護猫、ではなく、家猫、愛猫として。

それが私の、今一番の願いです。

この願いが、どうか叶いますように。

スポンサーリンク





みもとかすみと福多朗

2度目の追記:ご心配をおかけして申し訳ありません。福多朗は入院となりました。詳しいことは 今度改めて書きますが、今時点では命に関わるような状態でないことをお伝えしておきます。交通事故の影響で、ゆがんだ骨盤がへんな形にかたまってきてしま い、排泄(うんち)が、うまくいかなくなってきたらしいです。レントゲンで確認しました。命を賭した大手術から、まだわずかですので、先生と私は、できれ ば骨盤はまだいじらない方がいいと考えていました。その関係で、去勢手術も見送っていました。1度の手術で、断尾、断脚、骨盤の矯正、去勢のすべてを一気 にやるのは、福多朗の場合は、不可能でした。術中に失血死する恐れがあったからです。輸血をしながらの手術でしたが、福多朗自身の血と体力が足りず、断尾 と断脚のみで、精いっぱいでした。骨盤矯正手術をするか、軟便剤を使いながらコントロールしていくかは、この入院中の様子で決まるそうです。あたたかく見 守ってくださる皆さまに取り急ぎご報告を。

追記:福多朗がたった今また吐いてしまいました。心配なのでこれから病院へ行ってきます。結果は追記で追ってご報告させていただきますね。

昨日、お友だちのみいさんにみものアピールフォトを撮ってもらいました。

夜、91枚もの写真をみい先生が送ってくれました。写真の整理をしながら、改めてみもの愛らしさを実感。やっぱかわいいわ♪

やわらかい表情のみも。また新しいシュシュをつけて。
クリックすると元のサイズで表示します

みもがつけたシュシュは、全部お嫁入り道具にします。

かつおバーをおねだりするみも。
クリックすると元のサイズで表示します

普段、私とチチと妹以外の人間にはほとんど会わないみもが、カメラマンみいさんに少し緊張するんじゃないかって心配したけど、割りと大丈夫でした。みいさんとは2度目だもんね。

お嬢さま、かつおバーを狙いすぎですって(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

「くれ~」
クリックすると元のサイズで表示します

しっぽをピンと立てて、ごきげんです。

「うふふ。モデルさん業もわるくないかな?」
クリックすると元のサイズで表示します

みも、モデルさんお疲れさまでした。いろんなポーズをとってくれて、どうもありがとうね。

みい先生と一緒に、サーモンサンド、マフィンを食べました。重いカメラを持って、せっかく来てくれたのに、手づくりランチじゃなくてごめんね、みいさん。

みいさんが撮ってくれた写真は、ちょっとずつUPします^^

みいさん、お疲れさまでした。ありがとう。

みいさんのところには現在、保護子猫マーくんとアキちゃん、保護成猫愛ちゃん&夢ちゃんがいます。みんな家族募集中です。

子猫の様子はこちらをご覧ください⇒ http://sakuchan21.tumblr.com/

ここ最近、私が保護した猫たちは9匹ですが、ブログを読んでくれているお友だちのみいさんですら、「よくわからない」と言うので、保護した順に書いてみました。

①みも
②まこと(とら)
③かすみ
④みゆ(くるみ)
なお
⑥ロト(ジン)
⑦福多朗
⑧コマキ(しん)

⑨ひな

3番目に保護したかすみちゃん。この写真は保護直後のかすみちゃんです。
クリックすると元のサイズで表示します

はんなりさんのご厚意で、預かり~里親探しのすべてやってくださり、本当にありがたかったのですが、かすみちゃんがこの度、良縁に恵まれたことをお知らせします。

詳しくは、はんなりさんのブログに書かれています。はんなりさんに心から感謝します。はんなりさんがいなかったら、次から次へと保護できたかわかりません。いつもやさしく励ましてくださり、笑顔で応援してくださるはんなりさんに救われました。

はんなりさん、ありがとう!
かすみちゃん、おめでとう!

どうかずっと幸せでいてください。

はんなりさんからお写真を拝借しました。新しいご家族に抱かれるかすみちゃん↓
クリックすると元のサイズで表示します

ふっくらして、とってもかわいい♪

最後に、ご心配をおかけしている福多朗ですが、後ろ足がないせいか、どうやら排泄(うんち)がうまくいかない時があるようなのです。便秘がちになると食欲 が失せるので、昨日、胃腸サポートの療法食と、マイトマックスというサプリを買いました。IBDと闘病中のベベもマイトマックスを飲んでます。昔から重宝 しているいいサプリメントです。まずはお通じの問題をクリアできれば、もう少し楽になるかもしれません。

あれから一度も吐いていないし、食欲が完全にないわけではないので、心配しないでくださいね。もう少し様子をみて、明日にでも、病院へ連れていこうと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

また福多朗の写真をUPしますね。

ではでは!

今日はこの辺で~!

スポンサーリンク





明日は撮影です

「こんばんは。あたちはみも。ねこのあたちが、自分でいうのもおこがましいのですが……」
クリックすると元のサイズで表示します

「ねことの暮らしは、サイコーだよ
クリックすると元のサイズで表示します

「あたちは格別に性格がいいので、はじめてねこと暮らす人でも、ぜんぜんだいじょうぶ。あたちがいろいろ教えてあげます♪ あ、いまあたちのこと、かわい いって思った人いるでしょう? あたちのかわいさはこんなもんじゃないですよ。ハハは写真が下手だから、明日はカメラの先生に来てもらって、あたちのア ピールフォトをバシバシ撮ってもらうつもり。今夜は炭水化物を少し控え、チチと早寝しました。へんな時間に食べちゃうと、太るし、お肌にひびくからね。明 日の撮影、楽しみだなあ! いっぱい眠って、元気よくモデルさんします
クリックすると元のサイズで表示します

「家族募集中です。嫁に行きたい。どうぞよろしくお願いします。ペコリ」
クリックすると元のサイズで表示します

みもにほとんど更新してもらっちゃいました。

福多朗、今夜吐きました。今日はあまり食欲がありません。心配です。

福多朗の体調によっては、コメント返しやメールのお返事が遅れるかもしれませんので、お許しください。もう深夜ですので、うちのお子たちの寝顔をみながら、私もぼちぼち就寝します。

スポンサーリンク





新・みもっ!

みものトレードマークの赤の水玉シュシュ。個人的には思いっきりお気に入りでした。
クリックすると元のサイズで表示します

似合ってますよね。美少女の肌に映える感じ。

でも、そろそろ衣替えして、皆さまに新しいみもをお披露目しようかな?

「ぬーん。次はピンクにしてみたの。あたち、どう?」
クリックすると元のサイズで表示します

すっごくきれいだよ。まるで女優さんみたい。

ここ数日、私は膝の上にみものぬくもりをあてながら、ブログを更新しています。

常時膝の上を占拠するあまぱん太郎ではなく、あまぱん太郎よりだいぶ軽い、保護猫みも。
クリックすると元のサイズで表示します

毛並みがやわらかくて、あたたかくて、くっついているだけで至福。
クリックすると元のサイズで表示します

保護したての頃の写真と比べてみると、みもは縦にも横にも伸びたような?

儚い雰囲気の少女みももよかったけれど、少しふくよかになったオトナみもも、私はステキだと思います。成長するってことは、健やかに生きている証。ありがたいですね。

少女からオトナへの切り替わりを、できれば新しいご家族に堪能してもらいたかったけれど、私の力量不足で、みもは未だにご縁にいたっていません。他の保護猫たちが次々と巣立つ中、どうしてこの子だけが、我が家に残っているのか。

お問い合わせはゼロではありませんでした。

タイミングの問題や、譲渡に関する内容の問題などさえクリアできていれば、みもは卒業していたでしょう。だけど、諸問題をクリアできず、再募集をくり返しています。

みもに非はひとつもありません。ひいき目にみているのではなく、本当です。

原因があるとすれば、すべては保護主の私の不徳。

私は金持ちにみもを譲渡したいのではありません。いくらお金を持っていても、私が考えるところの責任と愛情と安全をみもに保証してくれない方は、遠慮させ てもらっています。お仕事を持ち、お留守番のあるご家庭でも、喜んで譲渡します。でも、海外旅行やお出かけが大好き、年中出張をくり返し、家にほとんど居 れない方はちょっと不安です。

一番気にするのは、脱走を防止し、猫の安全をきちんと守ってくださるかどうか。

口約束は容易いので、最近は具体的な対策をお聞きしています。

窓を常に開けているお宅などの場合は、100円ショップでも売っているグッズを使って、小窓に柵を作ってもらうこともあります。だいたいが、1時間程度、 数百円でできる対策。顔をしかめてそれを激しく面倒がる方だと、その先いろんなことを面倒がるのではないかと考えてしまいます。猫は俊敏な生き物です。猫 の運動神経は侮れません。

毎日、多方面で猫の脱走、事故、死亡の話を聞いています。うんざりします。

すべての方の考えを変えることはできなくても、自分の卒業生のご家族になってくれる方だけでも、私は心を持ってお願いしたいです。強制ではなく、お願いしたいのです。一緒に考えていきたい。

犬猫と暮らすのは楽しい。

でも、楽しいばかりじゃない。その子の生命に、責任を負うことも、重要だと考えています。

ある人がみれば、みもはただのキジトラの成猫にすぎないかもしれません。

今、里親サイトには、溢れんばかりの猫が載っているのですから。

毛色の珍しい猫や、ヨチヨチの子猫、血統の猫もいますね。

その中で、私は、「自分を貫く」難しさを痛感しています。

でも、貫きたいです。

みもは、一緒に暮らす方が虜になるほどやさしく、甘えん坊の女の子です。寝起きにしてくれるチューは、こちらが溶けてしまいそうです。話しかけると、いつも、「ん?」「んんっっ?」と聞き返してくれます(マジです)。聞き上手、お話し上手です。

こういう女の子が嫁に行けず、いったいどんな子が嫁に行けるというのでしょう?(笑)

そばにちょこんとまるまって
クリックすると元のサイズで表示します

真剣にみつめてくれるみも
クリックすると元のサイズで表示します

ごはんを前にすると、いっちょ前にお手ができるみも
クリックすると元のサイズで表示します

たったひとつぶのドライフードに、こんなに目を輝かせてくれるなんて^^
クリックすると元のサイズで表示します

本当はたぶん、ここまで多頭の環境はイヤなはずだけど
クリックすると元のサイズで表示します

必死に順応しようとがんばる姿
クリックすると元のサイズで表示します

姫、さすがにちょっとイラっとしちゃったかな?
クリックすると元のサイズで表示します

ごめんね。ベベがしつこくて。

「ハハ~! あたち、嫁に行きたい」         「行けるといいね」
クリックすると元のサイズで表示します

激しくなくていいです。

たとえうっすらとでも、みもが気になって仕方ない方は、ご連絡ください。

心からのお願いです。

みも(女の子、1歳未満)
不妊手術、ウイルスチェック(結果マイナス)、ワクチン、駆虫、すべて済み

欠点はありませんが、注意する点をしいて挙げるなら、みもは長時間車に乗っているのが、得意ではありません。福多朗のことは大好きで、面倒もよくみるみもですが、あまたんはちょっと苦手のようです。猫によっては相性があるかもしれません。あまたんが大きいから怖いのかな?

それ以外は、パーフェクトガール♪

みもへのお問い合わせをお待ちしています。ペコリ。

スポンサーリンク





希望

「ハハに、果報は寝てまてと言われつづけてきましたが、あとどのくらい寝てるべきでしょーか?」
クリックすると元のサイズで表示します

みも(汗)。

ごめんごめん。家族募集はちゃんとやってます。

おやつあげようか^^;

卒業猫うにの里親さんからのマカロン↓ お友だちのお店のものだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

おいしくてペロリ。母や妹にもちょこっと分けました。ありがとうございました。

晴れた日の朝、保護猫福多朗はリビングの日当たりのいい場所で日光浴します。
クリックすると元のサイズで表示します

うちのお子たちが、かわるがわるごあいさつにうかがってますね。
クリックすると元のサイズで表示します

ナナちゃんも福多朗にはやさしいです。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほは福多朗の近くで、お昼寝をする模様。ぽかぽかだねえ♪
クリックすると元のサイズで表示します

これは別の日。あまぱん太郎が寄り添っています。
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗は平和主義者。誰とでも仲良くできます。

こういう姿を眺めていると、ときどき、胸が締めつけられ、不安が襲ってくるのです。幸せなシーンなのに、どうしてでしょう? みんなの平和な時間を守るために、私はもっとしっかりしなきゃダメだな。

ねえ福多朗、この世はぜんぜん、平等なんかじゃないんだよね。
クリックすると元のサイズで表示します

命は平等じゃないし、必ずしも、尊ばれるものでもない。

私が語らなくても、お前さんなら、ひしひしと感じていたんじゃないかな?

生まれたからって、だれしもが等しく、幸せになれるとは限らない。それ以前に、命をまっとうできる保証すらない。どこで生まれるか、だれと出会い、どう やって育てられるか……つまるところ環境で、育つのか、生きられるのか、幸せになれるのかが、ほぼ決まってしまう。万能のはずの人間たちですら、格差のひ どい社会にもまれ、ひずみの上に立たされ、理不尽や扱いや、狂った運命に翻弄されながら、息も絶え絶えの日々を過ごすことがあるんだよ。

「平等」って言葉は、不平等の世界から生まれた「理想」にすぎないよね。

まあ人間なら、自分の力で、何度でも生き直すことができるし、不平等を訴え、たたかえるけれど、お前たちは、陰惨な生き方を強いられても、ゴミのように扱われても、あるいは死を強制されても、社会に取り上げられることもなく、だいたいがよくて、黙殺程度の扱いだよね。

人間の庇護なしには生きることもままならないのに。

私は今まで、たくさんの不遇な犬猫たちに出会ったの。助けたくても、ベストを尽くしても、死んでいった子たちも多くいたんだよね。

福多朗、悔しくはない? 私は人間なのに、人間を恨みたくなるほど悔しかった。

福多朗は、事故に遭う前も、お腹をすかせた野良猫だったはず。自分の運命を嘆き、心を閉ざしてしまうとか、このずるい社会に報復しようとか、そんな手段に出たいと思ったことはない? 強い怒りを、絶望を、ぶつける場所を求めるような。

人間はたいがい、傷つけられることや無視されることに耐えられないから、裏切られたと感じると、心の刃を研ぎなたら生きるんだよね。

私も、そのひとりかもしれない。

もし私がお前さんと同じ境遇なら、きっと心の傷を乗り越えるのにも、精いっぱいだったと思う。

「ぼくは、むずかしいことは語りません。だけどハハ、ひと言だけ。ぼくは空腹を感じても、人々の冷たい視線を感じても、暑さや寒さを感じても、猛烈に激しい痛みを感じても、“絶望”を感じたことは、ただの一度もなかったです」
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗、きめる時は目をキリリと開けるのね。

参りました。

やっぱお前さんたちには勝てないや。

かつくん「最後の写真の福多朗は、かなりイケメンですね。かっこよくしめた福多朗ですが、本当の顔はもうひとつあります。ハハは福多朗を、“保身のプロフェッショナル”と呼んでます。福多朗の愛らしいエピソードは、またの機会に。次回はみもが主役です。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク