光の方へ

第2話 “リア子の過去”

陰から光へ移動するリア子
クリックすると元のサイズで表示します

光の方へ、光の方へ。

「わたし、もう、ここでは、がんばれそうにない。早くわたしを連れだして!」
クリックすると元のサイズで表示します

わかった、わかった。新しい世界へおいで。ところでリア子、鼻の頭、黒いよ?
クリックすると元のサイズで表示します

汚れなのか模様なのか、わからなかったわ(笑)。

「ごめんなさい……見苦しい姿を……
クリックすると元のサイズで表示します

ずっと外を彷徨っていたから、つい、お手入れを怠って、ここ最近まで、洗顔してなかったの。わるいけど、やわらかめの布を湿らせて、わたしの鼻を、拭いてくれない?」

「わたしは生れ育った町を離れました。野良猫だったけど、昔は、のどかなこの町が、きらいじゃなかった。でも、故郷ではもう生きられない。誰もいなくなった町で、そう悟った。だから、これからは、前を向いて、未来の家族の家猫として生きていきます」
クリックすると元のサイズで表示します

リア子の家族を募集しています。

リア子の保護当時の場所、状況、状態、体調を、保護に居合わせたもうーすさんemi-goちゃんと 話し合い、病院の先生にも見解をうかがいました。その結果を、リアンドクシネのメンバーで分析したところ、メンバー全員が、99.999%の確率で、リア 子はもともと、野良猫だったと考えています。震災後であることを差し引いても、今までまったくケアされたことのなさそうな雰囲気と、不妊手術すら受けてい ない事実、それからリア子の人間に対する、強く静かな警戒心など(警戒心は、近頃消えました)、どれをとっても、リア子がこれまで、人間の寵愛を受けてこ なかったことをさしています。リア子は誰かにとって、家族同然の特別な存在ではなく、せいぜい、気のいい餌やりさんがいたか、いなかったか、でしょう。私 はどうしても、リア子を今、命懸けで探している人がどこかにいるようには思えません。でも、もし、万が一、リア子を命懸けで探している人がいたら、あるい は、そういう方を知っている方がいたら、すぐに名乗りをあげてください。まあ、間違いなくいないはずです。だって、リア子を保護した場所は、まだ立ち入り 禁止区域ではなかったし、本気でリア子を連れだそうと思えば、2ヶ月半も時間があったのですから、どうにかできただろうしね。

だから、これから出会う家族が、リア子にとって、はじめての家族です。

そして、本当の家族になります。

リア子と暮らしてみませんか?
必要なら、リアンドクシネの私たちが、永久に、全力でバックアップします。
不必要なら、でしゃばりませんから(笑)。

※本日掲載した写真(福島時代のリア子)はもうーすさんの提供です。

もうーすさんは、 昨日、703号室を読んで、すぐに写真を送ってくださいました。私は昔から、もうーすさんの写真が、どの写真家よりも好きでした。もうーすさんが撮ってく れたリア子の写真を眺めているだけで、涙がとめどなく溢れました。もうーすさんの写真の中のリア子は、透明感があり、儚げで、なのにどこか、力強い。リア 子の生きようとする力が、カメラを通してこちらにしっかり伝わってきました。いろんな人が、リア子を気にかけてくれています。改めて、リア子を幸せにした い、そう思いました。

もうーすさん、ありがとうございました。

明日は、リア子を預かっている姉ちゃんと一緒に、リア子を連れて、動物病院に行きます。不妊手術の抜糸の日なのです。リア子は、病院へ行くのが嬉しいんだろうな。うふふ。

クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

至急、リア子のご家族を求めています! お心ある方はお問い合わせください!

仮名:リア子
推定:4~5歳
体重:2キロ
性別:メス(不妊手術済み)
現時点で必要な医療ケアはすべて終えています。
FIV(-)
FeLV(+)

かつくん「リア子の預かりをしてくれている姉ちゃんと リア子の話はまた今度ね。703号室の、春吉、めい、大吉、新たにきた猫、べべちゃん、ナナちゃん、リル、ほほ、あまた、スヌーゴンのことも忘れないでく ださいね。書くこといっぱいで更新が追いつかないけど、今いる子すべてが、703号室の主役です。また703号室にいる子たちのことも、おいおい書きま す。ハハ、今日は春吉を連れてワクチンを打ちに行きました。

近日中に、リア子専用HPがOPENします。HPは、パピコ代理さんの力作ですよ。

いいなあリア子は。もうーすさんに写真を撮ってもらえて。ぼくも生きていたらぜひ撮ってほしかった。tennjanさんにイラストも描いてもらえるし、里親さんになった方は、楽しみがいっぱいですね!

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





リアンドクシネのプリンセス

第1話 “リア子の自己紹介”

「Attention please, ladies and gentlemen. Hello, my name is Princess Liaco.It is my pleasure to meet you! Oops, excuse me! I’ve been abroad for a while, so I tend to speak in English on and on…」
クリックすると元のサイズで表示します

訳:ねえ、聞いて。はじめまして! わたしの名前はプリンセスリア子。ナイスチューミーチュー。あら失礼。わたしったら、向こうの生活が長い帰国子女なのでつい、英語をベラベラと……

「ごめんなさい……うそをついた。
クリックすると元のサイズで表示します

わたし、本当は福島県出身なの。

つまり、普通の日本猫。

冒頭の英語の部分はパピコ代理にお願いしてちょちょっと訳してもらった。実は福島県の原発付近区域から、emi-goに連れられ、亡命してきたの。東京って広いのね。輿(※キャリーバッグ)に入らず、自分の足で歩いたら、きっと迷ってたわ。

ふざけてるんじゃないの。これでもまじめに、自己紹介しているつもり。だけど、わたし、緊張すると、どうも自分が出せず、オロオロしちゃうから、ちょっとおどけてみただけ。

だって今日がネットデビューだし。いえ、正確には一度某ブログに登場していたけど、あの写真はナシ。みんな、みないでね」
クリックすると元のサイズで表示します

「わたしの出身地、つまり福島県のあちらには、まだわたしの仲間がたくさんいて、救いの手を待っているの。だから、なんだかわたしだけ、悪い気がするけど、助かったからには、堂々と生きようと思う。

実は、自己紹介がてら、福島リア子のわたしから、みんなにお願いがあるの。

どうかわたしの仲間のことも、気にかけてください。わたしたちのために、寝食を忘れ、現地に入っている人たちがいることを知ってほしい。その人たちが連れ帰ったわたしたちを、あたたかい気持ちで迎え入れ、保護、または里親探しをしている人たちもいることを知ってほしい。

そして! ここからが本当のお願いです。わたしたちを助けてほしい。ゴーストタウンでひっそりと暮らす犬や猫、いいえ、それ以外の場所でも、日本全土で、 日夜、飢えや孤独感と闘っている犬や猫、センターで死を待つだけの犬や猫が、大勢いることを、忘れず、心を寄せてほしい。助けてね! それぞれにできるこ とを、できる範囲で」

「We want to live!」
クリックすると元のサイズで表示します

訳:わたしたちは生きたい!

 

至急、リア子のご家族を求めています! お心ある方はお問い合わせください!

仮名:リア子
推定:4~5歳
体重:2キロ
性別:メス(不妊手術済み)
現時点で必要な医療ケアはすべて終えています。
FIV(-)
FeLV(+)

かつくん「リア子、未だかつてないほど強烈なキャラになりそうです。第1話~第10話までつづく予定だから、お楽しみに。楽しいかどうかは、保証しませんが。

リア子は福島県のとある町から、一足お先に幸せを掴んだふっくんとともにやってきました。ハハたちは、はじめから、リア子を受け入れるつもりでした。もうだいぶ前に、リア子は病院を出て、預かり宅に身を寄せています。紹介が遅くなってごめんなさいね。

最初みた時、ここまでみすぼらしい猫だと思わず、ハハたちは思わず失笑したらしい。でも、その幸薄そうな顔が、みればみるほどはまるんだよー。魅せられる。

リア子、またの名はするめ。次回は、第2話“リア子のお部屋”を!

第3話“リア子のサポーターたち”も一緒に書いちゃうかも。

リア子は、703号室だけの保護猫ではなく、リアンドクシネ全員の保護猫です。保護主が強烈な5人だから、パワーも5倍だね、きっと(汗)。ちなみに、リアンドクシネの5人は、それぞれ違う役割です。ハハの役割はわかるでしょ? 宣伝と、文章。

リア子とあわせ、703号室のめいと大吉のこともよろしくお願いします。ペコリ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





女神のめ

夜中にひとりごとの愚痴記事らしきものを書いてしまい、朝読み返したら、自分的に、ちょっとどーなの? ってなって、もやもやした挙句、消しました(爆)。

でも、落ちこんでばかりいるわけではないのでご安心くださいね♪ いいこともあったの。ずっと保護したかった猫を奇跡的に保護できたんですよ。うちがこん な不安定な時だけど、その子のことは、お外に置いておけないと思っていました。その子についてはおいおい書きますね。今日はMOMOペットクリニックに入院させています。

その子は、なにがあろうと、絶対にリリースしません。車の量の超激しい大通り付近にいたりする子なので、お外にいても長生きは無理でしょうから。

卒業猫ウィリアムや、卒業猫チロのような存在といえば、わかりやすいでしょうか? ウィリアムのような高貴な長毛でも、チロのような儚そうな色合いでもないんですけどね(笑)。

我が家の状況を知っている方には、猫を保護している場合じゃないでしょ? なんてつっこまれそうですが、今、私は本当に幸せです。気にかけている相手が、自分の懐に飛び込んできてくれたんですもの! その子のことを考えているだけで、心の底からやる気がわいてくる よーし^^ がんばるぞ♪

保護猫がわんさかいるので、やっちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します

恒例の大人買い トムちんがシュシュを3個もサービスしてくれた^^ 猫用のおもちゃも! もともとすごく安いのに、こんなにサービスしてくれるなんて、トムちん、ありがとう!! どれもかわいくてわくわくしちゃう。

どれを誰につけようか、考えながら、私なりに楽しく保護活動をつづけていきます。

今日は、美少女のやたらかわいい写真をおなかいっぱいになるまでどうぞ

「ハハ、大きなカメラをもって、あたちを撮るの?」
クリックすると元のサイズで表示します

「かわいく撮ってくださいね」
クリックすると元のサイズで表示します

大丈夫よ。めいはどの角度も、ただひたすら美しいから^^
クリックすると元のサイズで表示します

「そぉかなぁ~?」
クリックすると元のサイズで表示します

「あたちはスリムで小柄な女の子。ただいまパパママ募集中!」
クリックすると元のサイズで表示します

めいはどんな姿もプリティだから、せっかくだし、おもちゃで遊ぶところを皆さまにみてもらおうかっ! 昨日また新しいおもちゃを買ってもらったのよね。今度はもう少し大事につかってね、お願い^^;

「こういうのみると、血が騒ぐの」
クリックすると元のサイズで表示します

「ガシ」
クリックすると元のサイズで表示します

「ガシガシ、ケリケリ」
クリックすると元のサイズで表示します

あ……めいたん、ちょっと顔が怖くなってきたよ?
クリックすると元のサイズで表示します

「はっ!」
クリックすると元のサイズで表示します

「ちょっとたんま ハハ、今のは取り消しぃー! 削除して~」
クリックすると元のサイズで表示します

「このくらいのはじけ度ならいいかな?」
クリックすると元のサイズで表示します

でもやっぱり、めいたんは……
クリックすると元のサイズで表示します

遊んでいるうちに……
クリックすると元のサイズで表示します

どんどん
クリックすると元のサイズで表示します

壊れていくんだね ̄ー ̄
クリックすると元のサイズで表示します

こりゃ大変~! ↓こんな写真、大ちゃんがみたら呆れるね。
クリックすると元のサイズで表示します

「あ、やばいやばい。ハハ、取り消し取り消し~」
クリックすると元のサイズで表示します

もう遅いよ。載せちゃったもん(笑)。

もしもし? どうですか? 大丈夫ですか? 悶絶死しちゃった方とかいませんか?

実物は、この写真より、もっと“美”ですから。

お問い合わせがほぼありませんが(汗)、めいは家族募集中!!

仮名:めい
体重:2キロ
年齢:1歳
不妊手術、ワクチン、レボリューション、ウィルスチェック済み
⇒FIV、FeLVともにマイナス

めいは703号室の小さな女神です。お心ある方からのお問い合わせをお待ちしています。

かつくん「めい、整い過ぎの顔だよね。人間界の女子なら、あり得ないモテ度だっただろうね。小ささもなんとなく伝わったかな? とにかく、“美”ですよ。

ハハが、保護部屋の壁がビミョーにシミだらけなのは、スルーでお願いしたいって。まあ、5年も住んでいるお家だからね。金持ちになったら、壁紙をはりかえ るらしい……。保護猫たちのおしっこのシミじゃないってことを、強くアピールしろと言われているから、アピールしておきます。

保護猫たちのおしっこのシミじゃないそうです。

え……

じゃあ、もしかして、ハハのおしっこのシミですか?

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

middle_1303031512

スポンサーリンク





明日をみつめるだるまさん

「ちぎは なにちて あそぼ」
クリックすると元のサイズで表示します

「おあいては はる にちまちか あまや にちまちか どっち……う~ん」
クリックすると元のサイズで表示します

「明日はどんなごはんがでてくるのか、楽しみですよ」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼく、ウキウキするとつい、じっとしていられなくて、自分を軸にまわってしまうくせがありますが、たいがい、時計と同じ右回りをします。2秒間に1回ま われます。猛スピード。速いよ~! たまに、ふと我にかえって、左側にまわりだすのですが、左は難しいねえ。どうもうまくまわれないんですよ。足がもつれ て、十中八九、ころんでしまいます。すると、ケタケタとぼくの失敗を笑うハハの甲高い声が聞こえ、ぼくはなんだか悔しくて、いつも無我霧中で、そりゃも う、真剣に、前足をふんばって体勢を整え、立ち上がるのです。ころんでも、ころんでも、ぼくは立ち上がるのです。ころんだ瞬間から、ぼくは立ち上がること しか考えられない。たぶん、死ぬまでずっと。ぼくはそうやって生きてきたからね。13年半もの間、どんなことが起きても」
クリックすると元のサイズで表示します

スヌーゴンは頑固者だからね。
でも、お母さん、尊敬する。
ころんでも立ち上がる前向きさは、スヌーゴンの生きるエネルギーだもんね。
お母さんも、スヌーゴンのまねをします!
ころんでもまたすぐ起き上がろう。

明日の朝は、ひじきと大根と鶏肉のスープだけど、い?

かつくん「703号室は、保護猫めいと大吉の家族募集をはじめました。お問い合わせをお待ちしています。ほほもスヌーゴンも元気です。今日の写真はtennjanさんが撮ってくれたものをつかいました。

スポンサーリンク