春吉の春1

皆さま、こんにちは♪

遅くなりましたが、春吉の卒業記事をUPします。お届けに同席したルルさんみいさんは、すぐにUPしたのに、私だけこんなに時間がかかってしまって^^;

春吉の卒業は、2部作にします。今日中に絶対完結させるので、期待しててくださいね!
クリックすると元のサイズで表示します

703号室での春の写真を並べる前に、里親さんについて先に紹介しておきます。春の里親さんは、ひとり暮らしの女性です。聞き慣れない職業でしょうが、 「造形作家」です。8年前、保護活動をしていたある女性から、猫を譲り受け、その1年後、同じ女性からもう1匹猫を譲渡されました。だからすでに、2匹の 愛猫と暮らしています。春吉が、最後の子になります。里親さんは、ご自宅のお仕事部屋でお仕事をしているため、長いお留守番はありません。清らかなお心の 持ち主で、誠実なお人柄。交わした約束は守る。出来ない約束はしない。常に、愛猫たちを家族として慈しんでいる方です。

早々にお見合いを済ませていたので、もう少し早く春吉をお届けする予定でしたが、里親さんは、春吉を迎えるのを機に、玄関の脱走防止柵を取りつけてくださるお約束をしてくださいました。それを実行するのに、日にちがかかってしまったのです。

いただくメールの文面からも、お人柄のよさや責任感の強さをひしひしと感じました。

春吉は、間違いなく、幸せになりましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

応援してくださった皆さま、どうもありがとうございました。

最初はほほから、逃げ惑っていた春吉ですが
クリックすると元のサイズで表示します

卒業が近づくにつれ
クリックすると元のサイズで表示します

ほほと
クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じになりました♪
クリックすると元のサイズで表示します

グルーミングしあって気持ちよさそうね^^
クリックすると元のサイズで表示します

春って一匹狼のイメージがあったけど、そうじゃないんだね。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほの願いが通じてよかった!
クリックすると元のサイズで表示します

毎日春吉のいる寝室に、通いまくったんだもんね。
クリックすると元のサイズで表示します

あまぱん太郎氏が若干さびしそうだったけど(汗)。
クリックすると元のサイズで表示します

「しょぼん。お母さん、最近はいつも、ぼくひとり……」
クリックすると元のサイズで表示します

えー? そこまででもないでしょ? お母さん、こういうシーンも結構みかけたけどな!
クリックすると元のサイズで表示します

春吉はえらい子。ほほとあまたと一緒に過ごしてくれて、どうもありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します

新しいお家には、にゃーにゃちゃんと、グエくんがいるから、こうやって3匹で仲良くするんだよ。
クリックすると元のサイズで表示します

時間がかかってもいいから。少しずつね。
クリックすると元のサイズで表示します

サービスエリアであの日出会った春吉が、我が家を巣立つなんて。私の日常は、夢みたいなことばかりです。これも、全力で卒業生を守ってくださる里親さん、応援してくださる皆さま、まわりのあたたかい方々のおかげです。

1頭1頭をそれぞれに合ったご家庭に送り出す活動は、緻密だし、体力を消耗します。私がたった1頭を送り出す間に、いったい何頭の命が、理不尽にこの世を 去っているのか、真剣に悩んでしまうこともあります。だけど、他にやり方がみつからない以上、私はこれからも、同じことを延々と繰り返すでしょう。次の 子、そのまた次の子。

でも決して、私が犬猫たちを救っているわけではありません。

こんなにちっぽけで、弱い私を、うちの卒業犬猫たちが助けてくれているのです。

私が彼らになにかを教えているわけではありません。犬猫たちの生きる力や打ち解けようとする心に、私の方が教わりっぱなしです。犬猫たちには頭が上がりませんね。

卒業犬猫たちの安全で快適な毎日は、私の糧です。

春吉、おめでとう!

LOVE!

かつくん「春吉はお名前が変わりません。春吉のままいくんだそうです。お見合いにつきあってくれた姉ちゃん、毎度、ありがとう。いつもハハがお世話になっています。

このあと、またつづくって。

来週はめい、大吉、いっきゅうの日々をお届けする予定です。

ハハ、ここんとこ、疲れすぎて頭が朦朧としているみたい。価格表を気にせず、韓国料理をたらふく食べて、1時間足裏マッサージを受けるのがハハの目下の夢らしい。今の我が家の経済状況では、それが叶いそうにないけど、そのうちね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





みらいのいろ

第4話“リア子のお部屋”

「5月26日、不妊手術を終えたわたしは、病院のケージの中で、ひっそりとお迎えを待っていたの。わたし、ようやく病院のせまいケージにも、騒がしさにも なれた頃だったけど、長くはいられない事情があったみたいで……せっかく福島からやってきたのに、命が助かったのに、いったいわたしは、どこへ行けばいい のでしょう?」
クリックすると元のサイズで表示します

おねいとけめこちゃんと、ハハが迎えにきてくれた。わたしをどこか安全な場所へ連れて行ってくれるのかしら? ここがわたしの居場所?」
クリックすると元のサイズで表示します

「ここから出ても、いいの?」
クリックすると元のサイズで表示します

いいんだよ。出ておいで! リア子はここで、ご縁を待つの。ここはね、この世の中で、私が最も信頼を寄せる姉ちゃんのお家。リア子は今日から、姉ちゃん家にお世話になって、私たちと一緒に、リア子の未来をさがすのよ。

「わ~、ここ、わたしのお部屋? MIPORINが春吉のために買ってくれた大きなケージがおねいの家に置いてある。どうして? これ、わたしがつかっていいの?」
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん^^
MIHOさんが春吉のためにプレゼントしてくれたケージだけど、リア子のためにつかったら、MIHOさんだって喜ぶよ。リア子、ケージになれたら、徐々にフリーにするから、ひとつのお部屋、ぜ~んぶつかっていいからね。日当たりもいいし、静かだし、きっと気に入るよ♪

「ごめんなさい……わたしのために。ありがとう、嬉し涙が」
クリックすると元のサイズで表示します

※ここからは私が!

リア子の預かり先は、リアンドクシネのメンバーで、私の無二の親友の、姉ちゃんちです。姉ちゃんも“リア子預かり日記”を書いていますので、覗いてみてください。ただ、姉ちゃんのPCが壊れてしまい、今、修理に出しているそうなので、少しの間、更新が滞ると思います^^; ご容赦ください。

我が家は満杯状態で、白血病キャリアのリア子を隔離するスペースがありませんでした。リア子の預かり先で悩んでいる時に、「うちでいいよ♪」と即、快諾してくれた姉ちゃん。短い言葉の中に、姉ちゃんの深い情を感じずにはいられませんでした。

リア子は現在、姉ちゃんちの1Fのお部屋にいます。

姉ちゃんは6人と、犬5頭、猫9匹の大家族ですが、生活スペースは3F、4F部分なので、リア子とは、完全に生活空間が違います。姉ちゃんがちょくちょく 1Fのお部屋におり、リア子のお世話をつづけています。先住猫がいるお宅でも、生活空間をわけることで、白血病キャリアのリア子との共存が可能になりま す。もし、先住猫さんがいらっしゃるお宅が、リア子の里親に挙手をしてくれるなら、暮らし方について、希望者さまとともに考えていこうと思っていますの で、どんな場合も、お問い合わせください。心からのお願いです。

4Fを拠点にする犬たち
クリックすると元のサイズで表示します

猫の写真はこれだけ^^;
クリックすると元のサイズで表示します

今は幸せにみえるリア子も、永久に姉ちゃん家にいれるわけではありません。

姉ちゃんがリア子のために用意した1Fのお部屋は、実は姉ちゃんのおばあちゃんのお部屋なのです。認知症を患うおばあちゃんは、現在、長期入院中。おばあちゃんがいずれ戻ってくる可能性は極めて高いのです。だから私たちは、リア子のご縁探しを急いでいます。

しかも当初は、姉ちゃんのパパ(お父さん)に、ナイショだったんですよ。でも、すごくやさしいパパ、今は「にっこり黙認」してくれるようになりました。家 族にナイショってどうなの? って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私は、家族の反対を押し切ってでも、リア子の居場所を確保してくれた姉ちゃんを 心から尊敬しています。

リア子のご縁は決まっていません。お問い合わせもほとんどない状態ですが、ひと方だけ「預かり」を申し入れてくださった方がいます。すごくありがたいお話 ですよね。感謝感謝です。けれど、ここでまた環境をコロコロかえることが、リア子にとって、いいことなのか……。なので、できれば、リア子のお引っ越し は、あと1回で済ませたいと考えています。

姉ちゃんちから、未来のご家族の元へ。

預かりではなく、里親希望者さまにリア子のバトンをお渡しします。

白血病キャリアが不安ですか?

その不安を、取り除くことは、誰にもできません。

でも私たちは、リア子の里親になれる方は、幸せだと思っています。

リア子は、本当に愛らしい猫です。

リア子はリア子。

WE LOVE LIACO!

あなたリア子ちゃんっていうの? 苦労したのね。いらっしゃーい
クリックすると元のサイズで表示します

やすこママ(姉ちゃんのお母さん)と、みらいちゃん(姉ちゃんの娘)も、リア子を歓迎してくれました。やすこママ、みらいちゃん、どうもありがとう♪ 里親さんが決まるまでの間、リア子をよろしくね。

リア子が姉ちゃんちにやって来る前日が、やすこママの誕生日だったので、けめこちゃんがケーキを買ってきてくれました。私もちゃっかりごちそうになっちゃった^^;
クリックすると元のサイズで表示します

リア子、お心ある方の目に留まるといいね。

「うん」
クリックすると元のサイズで表示します

キリリ顔をして、どこをみつめているの?

「色鮮やかな、わたしの未来を……」
クリックすると元のサイズで表示します

リアンドクシネ、および703号室は、リア子の家族を募集しています!
クリックすると元のサイズで表示します

リア子に会いにきてくださった方は、パピコ代理さん力作の、リア子専用HPをご覧ください。随時情報を更新中です!!

かつくん「リア子は白血病キャリアですが、白血病キャリアの猫は、珍しくないと思います。軽く考えているわけではないよ。ただ、それがリア子のハンデになるなら、ぼくに教えてください。この世の中で、ハンデがひとつもない人なんか、いるんでしょうか?

ハンデと共存し、乗り越え、生きようとする力こそが、大切ではないですか?

リア子に興味がない方には、なにも言いません。ぼくがぼくの言葉を伝えたい相手は、リア子に惹かれていながらも、迷いがある方です。いるはずです。絶対に。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





我が家の人気者たち

結構な割合で、このお子に会いにきている方がいることが判明っ!
クリックすると元のサイズで表示します

「幸せを噛みしめとります」
クリックすると元のサイズで表示します

我が家のあまぱん太郎氏、大喜びです。ありがとうございます。私に会いにきてくれる方もいらっしゃるんですね。当然、知ってました(笑)。なんてね、ウソです。ちょっとした照れ隠し。

リア子の第4話を書いて、勝手に盛り上がる予定でしたが、また予想外に忙しく^^; 時間がありません。なので、今日は703号室のメンバーの記事をささっと書こうと思います。リア子に会いたい方は、リア子専用HPをご覧くださいね。ツイッターにも登場したそうなので、応援してください。本当お願い。リア子を里子に出したいの!

「ぼくのことはいつ書くの?」
クリックすると元のサイズで表示します

春、まるっ
春のことは、週末あたりになっちゃうかな(汗)。昨日、無事に我が家を巣立ちました。春の里親さんからは、すでに写真が届いています。卒業記事の時にUPしますね♪

「ぼくに会いにきてくれている方は、男性なら器の大きな紳士に違いありませんし、女性なら洗練されたご婦人、あるいは、イケたお姉さまたちでしょう」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくが好きだなんて、慧眼の持ち主ですね、きっと」
クリックすると元のサイズで表示します

スヌーゴン、むっちゃくちゃ元気です。君のどこが末期がんなの? 本当に病気なの? と思わせる食欲だし、我が家の誰よりも、ハードに動きますけど?

毛が伸び、ふわふわで、ますます愛らしくなったスヌーゴン。よく食べよく出しはありがたいけれど、私は朝から晩まで、スヌーゴンのペットシーツと大格闘^^;

おしっこを出す⇒シーツの上を徘徊⇒シーツが破ける⇒シーツをなおす

シーツを買う、はりかえる、捨てる作業も、マジできつい(笑)。おしめに再度トライしたのですが、ものの2分でおしめを脱ぎ、はがされたおしめがどこかへ吹っ飛んでました(爆)。

「ハハだっていずれ、年を取ります。そうなったとき、誰かに下の世話をしてもらうようになるかもしれない。みんな年を取って、不自由になって、子供に帰るのですよ。ハハはもっと努力しなさい。今はハハががんばる番!」
クリックすると元のサイズで表示します

言ってくれるね、いっきゅうさん。

でもいっきゅうの仰る通りだわ。

私は下の世話をしてもらえるまでは長生きしないだろうけど……そうね、老いるってことは、一見、悲しく、大変なことだけど、老いたものって、実はとても尊いのよね。

いっきゅう、ありがとうね。

「いえいえ。ぼくは当然のことを言ったまでですから!(ヒヒ、ぼくの未来の父母さんがこの記事を読んでるはず。ぼくがこんなに素晴らしいお子だと知って、今頃涙を……)」
クリックすると元のサイズで表示します

「お母さーん、あたちのお父さんに腕まくらをしてもらっているこの猫、腹黒いよ?」
クリックすると元のサイズで表示します

「ちょっと、そこの猫! あんた、本性をみせなさいよ」
クリックすると元のサイズで表示します

みんなチチが大好き。マグネットだわね。
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「ハハ、またダラダラと……。

MWさまは、ぼくに会いにきてくださっているのですね。ぼく、嬉しい。ぼくがこの世を去って、長い年月が過ぎました。なのに、ぼくのことを、忘れずにいてくれてありがとう。

ハハ、コメント嬉しく拝見しています。お返事に少し時間がかかるそうですが、気長にお待ちくださいね。ハハはこれからバイトに出かけるので、帰ってくるのが遅くなるんだって。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





703号室の住民たち

皆さまこんばんは♪

今週は、毎日更新をめざしています。今日は703号室のメンバーの近況を簡単にお送りします。皆さまの大好きな、「あの子」「この子」がどう過ごしている か、チェックしてくださいね。もしよかったら、誰に会いにきているのか、コメントください。今後の参考にさせていただきます。本当は、個人的に知りたいだけです^^;

いつも我が家を明るく照らしてくれるべべ
クリックすると元のサイズで表示します

10歳になってもボール大好き
ベベが私の元気の源です。たくさんのお薬を飲まなければならないベベですが、これからも、ずっと長生きしてほしい。私は10年前、ベベをペットショップで 買いました。当時、犬猫の入手方法は、ペットショップかブリーダーしかないと思い込んでいたんですよね。べべと出会って、犬猫の保護活動をはじめるように なりました。ベベのおかげで、自分の生きる道をみつけることができました。ベベには心から感謝しています。でも私は、もう二度と、犬猫を「買う」ことはし ません。

べべ、いつも保護犬猫たちを受け入れてくれてありがとう。

9歳を過ぎても、美貌を維持しているナナ
クリックすると元のサイズで表示します

ナナも、私の人生になくてはならない存在です。元土手犬のナナを我が家に迎え入れて、7年半経とうとしています。土手からきたばかりの頃は、手がつけられ ないほど凶暴でした。私とともに歩み、私を慰め、癒してくれるナナは、控えめでありながら、芯の強いお子です。昨日、病院で狂犬病予防接種を受けたのです が、その帰り道、リードをぐいぐい引っ張って、喫茶店へ入ろうとしたナナ(笑)。お出かけ大好き、オシャレ大好きの今どき女子です♪

いつも問題ばかり起こしてくれるリル
クリックすると元のサイズで表示します

カリカリは食べないくせに、お米のパンは誰にも譲らない。布製品を破壊するのが大好きで、常に布を口に入れようとして、私に怒られています(涙)。新入り いびりをしたかと思えば、保母役をかって出たり、忙しい女のリル。チチを追う目は、恋する少女のよう。リルのおかげで、我が家は笑いが絶えません。リルの 存在がありがたいです。

先日、前の飼い主の山さん(元土手のホームレス)と4カ月ぶりに再会しました。リル、よかったね♪
クリックすると元のサイズで表示します

保護猫たちとお友だちになるのが生き甲斐の、ほほ
クリックすると元のサイズで表示します

最近は、春吉にべったりです。ほほはすごく不思議な猫さんで、どんなに猫が苦手な猫でも、必ずほほとは仲良しになっちゃうのです。保護猫の心の鎧を溶かす 魔法を知っているほほ。ほほの能力が羨ましい限りです。ちなみに、人間には冷たい一面があり、ほほとラブラブ関係を望む私は、さびしい思いをしています。 でも、私の具合の悪い時は、決まって添い寝をしてくれるから、やっぱり私は、ほほにすごくお世話になっているんですよね♪

お母さんとごはんとほほしかみえない、あまぱん太郎氏あまた
クリックすると元のサイズで表示します

あまたんが怒っている姿を、私はほとんどみたことがありません。やさしくて、穏やかで、甘え上手で、図々しいあまたんは、我が家のお笑い担当です。おしゃ べり、おねだりが得意。どんなに疲れていても、あまたんの美声に反応せずにはいられない私は、すっかりあまたんペースにはめられている心境です。6キロ超 のおデブ男子。萌え!

にこにこスヌーゴン(ゴンタ)
クリックすると元のサイズで表示します

スヌーゴンと一緒に暮らすまで、正直、老犬の介護、お世話がここまで大変だとは知りませんでした。でも、それ以上に、犬と暮らす喜びを与えてくれるのが、 我が家のスヌーゴン。外出先から私が家に戻ると、大声で吠えながら、しっぽをブンブン振って、「お帰り!」と言ってくれるスヌーゴン。それが嬉しくてたま らないのです。くるくるまわるのも、たくさんのおしっこも、連続吠えも、スヌーゴンの大切なお仕事。だから私は、スヌーゴンの勤勉ぶりを支えていこうと思 います! これからもよろしく^^

卒業を控えた保護猫春吉
クリックすると元のサイズで表示します

この写真の春吉、完全に笑顔ですね。昨日、べべとスヌーゴンが飲んでいるサプリメント(ベジタブルサポート)を床にぶちまけ、食べているところを私にみつ かり、叱られました。今、キーボードを打つ私の膝の上には、春吉が乗っています。体重5.5㌔だから、結構重いの^^; だけど、幸せです♪ 春吉は明 日、我が家を巣立つ予定。サービスエリアで出会った春吉にも、ようやく「春」が訪れそうです。

お婿入り道具、各種書類、準備完了っ!!
クリックすると元のサイズで表示します

美、美、美、美少女の保護猫めい
クリックすると元のサイズで表示します

お問い合わせがないのが不思議でたまりません。私の経験から言って、めいは絶対に引く手あまたのはずです。実物は、写真以上に美しいのですから。めいもお外で苦労しました。小さい体でありながら、すでに出産を経験したことがあると思われます。

あ、余談ですが、めいの名前の由来、わかりますか?

中国語でめいと言えば、「妹」なのです。ハハ妹が保護に携わったから、「めい」。実はもうひとつあるんです! 中国語で、「美」は、“めい”と読みます。

「妹」のめい、「美」のめい、どう? いいっしょ^^

隠れ甘えん坊のイケメン保護猫大吉
クリックすると元のサイズで表示します

一見、とっつきにくそうですが、実は人間に撫でられるのがたまらなく好きな大吉は、顔に似合わず、かわゆ~い声を出して私を悩殺します。先日、私とチチに 騙され、爪を切られました(笑)。普段はおとなしく、あまり動かない大吉ですが、エアコンの上にのぼるなど、猫としての運動能力の高さに驚かされる瞬間も あります。大吉もお問い合わせがありません。これからは、めい同様、大吉の家族募集にも力を入れたいです!!

ミラクルボーイ、保護猫いっきゅう
クリックすると元のサイズで表示します

謎だらけのいっきゅうですが、家族募集を行いません! いっきゅうはすでにご縁が決まっています。本日、お見合いを済ませました。かなりの良縁ですので、 ご安心ください。お見合い場所はうらら邸だったのですが(いろいろ事情があって、うららさんのお宅でお見合いさせてもらいました)、はじめて訪れたうらら 邸でも、堂々としたふるまいでした。いっきゅう、苦労した分を取り戻そうね。絶対に幸せになろう♪ お届けは来週なので、またいっきゅうに会いにきてくだ さいね。

以上、703号室10頭のお子たちの近況や紹介をお送りしました。せまい我が家ですが、みんなそれなりにやっています。それぞれが折り合いをつけながら、上手に暮らしているので、皆さま、あたたかく見守ってくださいね♪

かつくん「10頭もいると、紹介もなかなか大変だね。次回は、リア子物語第4話だって。楽しみにしてくれている人、いるといいんだけど。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





枯葉太郎と呼ばれた猫

もっと早く更新するつもりだったのですが、頭痛で死んでました(涙)。夕方は、ナナを連れて、狂犬病予防接種を受けに、MOMOペットクリニックへ。病院で偶然、姉ちゃん&けめこちゃんに会って、しばしおしゃべり♪ 姉ちゃんは、emi-goちゃんと一緒に、福島へ犬猫のレスキューに行ってきたばかり。リア子のお世話もあるのに、体、大丈夫? 愛猫ナッツの通院もお疲れさま。少しはゆっくり休んでね。

さあ、今日は我が家に新しくやってきた、枯葉太郎……じゃなかった、いっきゅうの経緯を。

枯葉太郎っていうのは、実はお外時代の名だったのです。

「ハハ、枯葉太郎言うな!!」
クリックすると元のサイズで表示します

ごめんごめん^^; 今はいっきゅうになったのよね。呼びなれないけど、新しい仮名の方で呼ばないとね。私は密かに、枯葉の“枯”をとって、「葉太郎」にしようとしてたんだけど(笑)。

いっきゅうとはじめて出会ったのはいつだったか?

もう覚えていないんだけど、多分、1年近く前だった気がします。うちのマンションの横のアパートのゴミ置き場で、ゴミを漁っていました。なんじゃ? と思うほど汚れた体で、そりゃもう、言葉にしがたいほど、すごい形相で。

前にも書いたかもしれませんが、私はゴミを漁る猫の姿をみるのが、辛くてたまらないんです。ゴミを漁る猫をみつけると、なにがなんでも連れ帰りたくなる。 ゴミを漁っていた歴代の卒業猫たちの中でも、いっきゅうのゴミ漁りシーンは、超、強烈で、なんて言えばいいのか……本当に、食べることに、困っている様子 でした。

飢えた猫。
痩せた猫。
汚れた猫。

なのにその目は輝き、いや、違うな……目の中に宿る生命力の強さが、印象的でした。いっきゅうの目ヂカラは、いっきゅうの名刺だったのよね。きれいなお目目をみせて♪

「やだ!」
クリックすると元のサイズで表示します

いっきゅうとは、たまにしか会えませんでした。週1~2週間に1度の割合で、会えればいい方で、ウィリアムや、チロ同様、どこをテリトリーにしているのか、わかりませんでした。あとを追ったこともありますが、うまくまかれ、姿をくらまされ、ため息の日々。

「縁があればまた会える。いつか必ず、保護できる」

その一語を心の支えに、チャンスをうかがっていた私は、ある日、チチから、極端に飢えた猫がうちの近所に生息していると聞いたのです。

なんでも、チチが会社帰りにうちの近所でみかけた野良猫は、柿の木にのぼって柿を落とし、実を食べていたそうで、猫が柿を食べている姿をみて、驚きを禁じ得なかったと話していました。

近所には、野良猫がほとんどいないし、なんとなく直感で、その猫がいっきゅうだとわかりました。

数日後、外出先から戻ってきた私とチチは、駐車場で猫をみかけたのです。

「あ、枯葉太郎だ!」

「なに? この子のこと知ってんの? これだよ、俺が言ってた……柿食ってた猫」

「でしょ? だと思った。つかまると思う?」

「うん……すばしっこそうだから、無理っぽいな」

「だよね……」

それから、月日が流れ、いっきゅうは凍える冬をガリガリの体でどうにか乗り越えました。私は、いつ外で会うかわからないいっきゅうのために、かばんに必ず、猫用のウエットパウチをしのばせ、偶然会えたらフードを与える、を繰り返し、虎視眈々と保護を狙っていました。

あれは、忘れもしない3月11日。

大地震の直後、マンションの駐車場で久々にいっきゅうの姿をみかけたにも関わらず、ベベナナリルを連れていた私は、パニックのせいもあってか、いっきゅう に近づくことができなかったのです。いっきゅうの方も、犬たちを連れていると、半径3m以内には絶対に寄ってこない猫だったので、地震直後の混乱した世界 で、いっきゅうを保護できるはずもありませんでしたが、あの時の、いっきゅうの怯えた目を、私は忘れることができません。

いっきゅうが、どんな思いで揺れる地面を這っていたのか。

考えれば考えるほど、あの時こそ、どうにか手を差し伸べるべきだったのではないか、なにか術があったのではないかと、自責の念で、いっぱいでした。

地震後、数度いっきゅうの姿をみましたが、前よりずっと、出会う回数が減ってしまいました。

もしかして、もうこの世にはいないかもしれない。

車道に飛び出して行ったいっきゅうを、ひやひやする思いでみていたこともあるので、交通事故死を考えたこともありました。

フードの入ったパウチ袋を開けようとする私に、猫パンチを浴びせ、袋ごとかっさらっていった枯葉太郎(持って行ったはいいが、いったいどうやって袋から出 して食べたのか?)。低い姿勢で遠くから私をみつめ、近寄ろうとすると、逃げるか威嚇してくるかだった枯葉太郎。ボロボロの枯葉太郎。甘えることも、楽に 生きることも知らない、枯葉太郎。いつも極限に飢えていた枯葉太郎。柿をむさぼっていた枯葉太郎。

どうか私に、チャンスをください。

お前のお世話をするチャンスがほしい。

「はい! ハハにチャンス到来! ぼく、もう疲れた」
クリックすると元のサイズで表示します

そうだね。いっきゅうは落ち着ける場所がほしかったのね。ずっとずっと、まわりを警戒するだけの毎日だったものね。あの姿を知っている私には、今のいっきゅうが信じられないよ。

お腹出して寝るなんて^^;
クリックすると元のサイズで表示します

家族がほしかったんだね。
クリックすると元のサイズで表示します

いっきゅう自身が、望んだことだものね。
クリックすると元のサイズで表示します

私にお前の未来を託してくれてありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します

家族団欒写真は、我が家にきてすぐ撮ったものです。びっくりしません?

「もう疲れたっていっとるじゃん」
クリックすると元のサイズで表示します

だとしてもおったまげるよ。

外でのキャラと、まったく違うんですけど?

かつくん「いっきゅうを保護した日、たまたま外でみかけたいっきゅうに、持っていたフードを与えたところ、チチハハのあとを追って、鳴きながらマンション のエントランスまで着いてきたらしい。今なら保護できるかも、とっさにそう考え、7階まで上がってキャリーバックを取って、また下へ降りたら、いっきゅう がいなくなっていたんだって。

やっぱ無理か……。

諦めかけたチチハハでしたが、名を呼びながら、近所を探したら、一台の車の下から大声で鳴きながら出てきて、自分からキャリーの中に入ってきたんだって。

キャリーに入る前、しっぽをたて、ご機嫌顔でチチハハの足にスリスリしながら、チチハハの体に自分の頭をごちごちぶつけ、ごあいさつしてくれたいっきゅう。

それまで、一度もさわれなかったから、チチもハハも、本当に、本当に、唖然でした。

どうしたんだろう?

いっきゅうの中で、なにが起きたのか。

703号室はじまって以来、1、2番を争う謎になっています。

あんなに警戒心が強くて、凶暴だった猫が、いったいなぜですかね?

ぼくも知りたい。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク