いらっしゃい1 犬のことば

「ここにいる

ぼっくんは、もうどこにも行かないよ。

ハハ、ごめんね……。

みんなが大好きだよ。今日は会えてうれしかった。本当だよ。でもね、ぼっくんはもう戻れないの。

だからここでさよならを言わせて。ぼっくんの家族と一緒に……」

鳥肌が立ちました。

家族の陰に隠れ、瞳をうるませ、怯えたように私を見つめる。
車のドアを開けた時、かつては誰よりも真っ先に飛び乗ったのにこの時は耳を倒し四肢を踏ん張り、その場を一歩も動こうとはしなかった。

この犬は15キロの体全部を使って私にこう語りかけている。

ぼっくんはもう、どこにも行かないよ、と。

「そんな顔をしなくていいの。ここにいていいの。今日は迎えに来たんじゃない。コロンが好きだから会いに来ただけなのよ。混乱させてごめんね。安心して。コロンはもう、どこにも行かなくていいのよ。連れて帰ったりしないよ……」

そう告げて抱きしめると、目頭が熱くなりました。
振り向くとコロンのママmeguさんも私と同じ表情を浮かべていました。
私たちは誰もが、コロンの言葉を確かに聞きました。

コロンが取った行動は、保護主冥利に尽きます。
コロンが幸福を体現してくれたから……。

こんな気をつかった顔をしなくてもいいのに……。


犬は犬で色々と大変なんだね(笑)。(別れ際の一枚。近くに住むmeguさんのご両親と)


約3か月ぶりにコロンJに会いに行きました。


私たちのことを覚えていてくれて喜んでくれました。


コロン! 超会いたかった!


散歩中他の犬と喧嘩をすることもあるそうですが(笑)、べべナナリルは別のようです。


コロンと一緒に暮らしているホーリーちゃんも顔を出してくれました!


もう一匹のミンキーちゃんは、突然大群が押し寄せたので隠れていましたが^^;

「ねえ、ぼっくんちたのしい?」


楽しいよー! コロンに会うのは勿論だけど、コロンのパパママとのお喋りは最高だよ!

meguさんお手製の前菜。見た瞬間、女として「完敗」を感じました。今もよだれが出そうです。


「いいな……。ぼっくんのは?」


コロン、ひがみっぽい顔をしていますね……。このパスタはコロンの大好物だそうで、いつも味付けなしの犬用パスタを作ってもらっているとか。他にもアツアツのドリアがあったんですが、食べる&喋るに夢中で写真を撮り忘れちゃいました(汗)。

「おやつちょうだい♪」


内弁慶のナナがこの笑顔(驚)。っていうかナナ、うちにいる時より楽しそうね^^;


食いしん坊でオシャレ好きのナナの心を射止めたコロン家。忙しいを理由にわが子を放置してきたことを猛省しました。忙しいのはmeguさんも同じなのに、やっぱり私とは何かが違う……。

「何かが違う、ではなく、全てが違う」

え? まさかそんな事を言う人はいませんよね。……聞きたくない(笑)。

べべナナリルに、可愛いカフェマットを作ってくれました!


すごい……。名前入り。亀は長生きの象徴だからと選んでくれた生地♪


これはコロンぼっちゃまの夏用&冬用マット


柄違いですが、お留守番をしているコロの分まで頂きました!


裏地もいいですね♪ これらを作るためにわざわざミシンを買ったとか(笑)。


コロはカフェに行けそうもありませんが、通院時に使わせて頂きます。ちょうど買おうと思っていたんですよね。病院の床が冷たくて可哀想だから何か敷物があったらいいなと。コロは女の子だからきっとこういうの嬉しいですよね(もろ人間目線^^;)

いいでしょっ?

それにしても、うちのナナちゃんの嬉しそうな顔。
ちょっとこたえたな。

イキイキしていたのはナナだけじゃないんです(涙)。

べべとリル。

べべはお出かけ自体が好きだからどこでもそれなりに盛り上がるんですが、リルは難しい子だからそうでもないんです。他の場所ではご飯もおやつも食べないし。

なのにそのリルまで!

リルの写真は次回載せることにしました。
長くなったので、一旦切りますね! 中途半端でごめんなさい。

コロンJって誰? って人いますか?

念のため簡単に紹介しますが、コロンは6年9カ月土手で暮していた犬のことです↓

かつくん「別れ際、コロン、703号室に連れて行かれるんじゃないかとビクビクしてました。家族と離れたくないって必死だったみたいだね。それを見た時のハハの感動は、何となくぼくには分かるんだ。だってハハは“家を探す人”だからね。

クロ、数日間姿を見ていない。だからやっぱり、クロだったのかもしれないね……。ハハは相当落ち込んでいます。野良猫の末路はきつすぎるよ。

コバマのことやみいさんにお願いしている千広のことはまた改めて書くね。

よかったら皆さま、続きを読みにきてね。703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





迷子犬について

しばらくはこの記事をTOPに置きます。日々更新中ですので(よくサボってます)遊びに来てくれた方は一つ下の記事をご覧ください↓

☆凪ちゃん
クリックすると元のサイズで表示します
いなくなった日:2009年4月23日(木)午前6時

いなくなった場所:神奈川県川崎市高津区久地2丁目
多摩川の河川敷が最後の目撃場所

特徴:ピンクのハーネス、赤い迷子札がついています。
体重約6㎏(小型犬)で、色は、うす茶

情報をお持ちの方はこちらまで。

☆ももちゃん  追記あり
クリックすると元のサイズで表示します

お届けから三日、里親さんのお子さんの友達が逃がしてしまったようです。私はももちゃんの保護主さんから電話を頂いてももちゃんのことを知ったのですが、 実は里親さんからも今日メールを頂きました。里親さんはうちの卒業生、元土手犬「コロンJ」の希望者さんだったんです。つまり保護主さん、里親さん、両方 の知り合いだったんです、私。 ももちゃんが見つかりますように……。

以下、里親さんからのメールの一部を添付します↓

日時 4月17日(金)PM5:30頃
場所 越谷市神明町1丁目
もも 1才 女の子 15kgぐらい
茶色で痩せ型 立ち耳 鼻と周りの毛が黒い
紺に赤の十字の首輪
赤の迷子札(ナナちゃんやリリちゃんが付けているのと似たタイプです)

現在は神明町・赤山町・宮本町で目撃情報があります。
三日しかいないとはいえ必死に家を探しているようです。

埼玉県にお住まいの方、その近隣にお住まいの方、何か情報がありましたら是非お知らせください。リンクも大歓迎です。写真をコピーしてお使い下さい。

二頭とも一度は人間に捨てられた命。再び生きるチャンスを得た子たちなので、見つかって欲しいです。いなくなった子が戻りますように。迷子や事故は防げるので、自分の子を注視しましょうね! 私も気をつけます!

スポンサーリンク





野垂れ死にする猫がいなくなる日まで

子猫のコバマ、幾つかのお問い合わせを頂いているので一旦募集を取り下げます!


里親さんが決まった訳ではないんですが、これ以上のお問い合わせに対応できないので^^;


ご縁が決まった暁にはご報告しますね!

昨日は忙しい一日でした。
コロが居るので、私の外出は大変なんです(笑)。
例えば朝の10時に家を出なければならないとしたら、最低でも6時に起きないと間に合いません(汗)。なので、鍵を閉めてエレベーターに乗り込む頃には疲れがどっと溢れちゃうんです。まだ目的地に向かう前から、既におねむモード。情けない女です。

午前中、この子を迎えに行きました。


きれいな子でしょ? 白三毛の千広(チヒロ)です。


千広という名は、えっへん、私がつけました。

「千の広い心をもった家族に出会えますように」

との願いを込めてね。

千広はおそらく3歳弱です。あらかじめ不妊手術・ワクチン・血液検査(エイズ白血病共にマイナス)を済ませておきました。この子の存在は一昨年あたりから 聞いていたんですが、私がやる気になったのはごく最近。待たせてしまったので、千広には申し訳ないことをしました。この子は2年前、動物病院に置き去りに されたんです。

1週間で迎えに来る」と言って立ち去った飼い主を待って2年が経過。若猫千広は動物病院の狭いケージ内でひたすら孤独に耐えました。

病院の院長がこの子の処遇に困り果てた挙句私に相談し、重い腰を上げた私が引き取って里親探しをすることになったのが簡単な経緯なんです。実物の千広に会ったのは、つい数週間前。あまりの美しさと懐っこさに言葉を失いました……。


全身写真が送られて来たら載せますね。みいさん、見てる? エへ♪

そう。千広は703号室ではなく、みいさんのお宅で保護してもらっています。昨日の午後みいさんち に届けました。千広は皮膚の検査を控えているため、コバマと隔離措置を取ることにしたからです。うちはもういっぱいっぱいで新たな子を預かる部屋がない。 だからみいさんに頼んで預かってもらっています。みいさんは、愛犬さくらちゃんの手術が終わったばかりですが、快諾してくれました。ありがとう! 千広は 既に甘えん坊ぶりを発揮しているとか^^ 703号室だと私自身がゆっくりできないから、みいさんちでのんびりとお茶を飲んでから家に帰ってきましたよ (笑)。楽しかった~♪ また行くね^^

千広はみいさんのお家にいますが、募集は私が行います。お見合いもお届けも私がやります。みいさんの力を借りながら何とか卒業に導いていきたいと思っていますので、皆さま応援お願いしますね。

夜、ババ(母)のお店へ寄ったら、従業員のおじさんに嫌な話を聞きました。
お昼前に近所のスーパーへ行ったら、車に轢かれて血だらけになった猫の死体を見たらしいのです。顔は確認できなかったけど、黒白模様だったそうです。

黒白……。

うちの近所で黒白の猫は2匹しかいない。

うちの1匹は……

……クロ?

泥沼に沈みこんだような気持ちになりました。
話を聞いてすぐに現場へ行ったけれど、遺体はもうありませんでした。清掃局が持って行ったそうです。ガードレールに拭き忘れられた血の痕がベッタリ。

赤黒い血の塊。

たったこれだけがその猫の生きた証としてここに残っている。

その猫がクロでないことを祈った自分が恥ずかしくなりました。

クロは昨夜、ババのお店に来ませんでした。

クロに関する記事は、こちら1こちら2をご覧ください。
凛々しいクロの写真もありますが、今は載せる勇気がない……。

皆さまにお願いです。
外には猫たちが安心して暮らせる場所なんて残っていない。
伸びやかに遊べる場所もない。

だから放し飼いはやめましょう。
そして、野良猫を減らしましょう。

里親探しや不妊手術は気が遠くなるほど地道な活動です。
けれど必ず実を結ぶ。こんなに分かりやすい活動もないですよね。

死んだ猫の体から噴きだした赤黒い血。
それは私たちの体に流れるのとおんなじもの。

かつくん「クロだったのか、クロじゃなかったのか……。
クロじゃなければいいけど、クロじゃなかったとしても、あそこで猫が無残に果てたことには変わりはないよね。

みいさんありがとう。みいさんの善意に感謝します。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コバマの家族募集と出版のお知らせ

子猫のコバマ、家族大募集!!

「ペットと暮らしたい!」方ではなく、「コバマを家族にしたい」方からのお問い合わせをお待ちしています♪ そして、脱走防止を徹底してくださる方、大歓迎です♪

今日は超手短に。
明日から新たな猫の募集の用意も控えているため、サクッとね^^

夕方、ふと時間が空いたのでコバマを連れて近所の病院へ。

急遽ワクチンと血液検査をしました。募集をはじめてしまったので、先住猫ちゃんが居るお宅はその辺も気になるのかな? と思ってね。検査結果、エイズ白血 病共にマイナス(あくまでも今現在の時点ですが)。コバマ、血管が細くてなかなか血が出なかったんです。しかも怖かったのか? それとも痛かったのか?  大絶叫(汗)。可哀想なことをしました。チャリで行ったんですが行きも帰りも泣きっぱなし(家だとおとなしいのに)。いろんな人に白い目で見られた気がし て疲れが倍増しました(笑)。

頑張ったね。おつかれさま。


そそ。写真撮影の時も泣いたんです。
フラッシュの電池が切れてしまった為、どうしてもバルコニーで撮らなければならず、心配でしたが、1分半程度バルコニーに出して、チチに抱っこしてもらって撮りました。

怖さを訴えて泣く男子


バケ猫?


でも、すぐに慣れちゃった……。


なんかこのお方、ちょっと大げさ?(笑)。
まあ、暴れまわったお陰で、病院では「元気だなー!」とほめられたけれど。

「元気」

これ、保護主の私にとっては最高のほめ言葉だから^^

★★★お知らせ☆☆☆

えーと。

もうご存じの方もいらっしゃると思いますが、この度わたくし講談社から本を出すことになりました。

それでも人を愛する犬

定価1300円

ノイローゼ寸前で書き上げました。
色んな方々にご迷惑をおかけしながら、やっとこさ完成にこぎつけました。

いい訳をするつもりはないんですが、初体験だったのでどれほど完成度が高いかは分かりません。でもおススメします! 特に子供たちに読んでほしいと思っています。そしてもちろん、現代社会を担う大人の私たちにも……。

「私は犬が好き」
「私は猫以外には興味がない」

犬猫に携わる毎日ですが、たびたび耳にする「犬派」「猫派」。
それを聞くとちょこっと悲しくなったりするんですが、そういう垣根を越えて読んでほしいです。本の内容は主に犬のことですが、猫もちょこっと出てきますから……。

本の発売は5月29日を予定していますが、詳細が決まったらお知らせします!
一部ではすでに予約可能だそうなので、よろしくお願いします。ペコリ。

表紙、可愛いですよ♪

あ、あと買って頂いた方にはぜひお礼を一言述べたいので、コメント欄やメールでお知らせください。お願いします☆

かつくん「皆さまのおかげだよ。本当にありがとう。ハハは皆さまと卒業生とうちの子たちに支えられて生きているんだって。ぼくもそう思うよ。

せっかく出すんだから、沢山の方に読んでもらえるといいね。

家族募集中のコバマもよろしくお願いします。ペコリ。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





ぼくの名はコバ

ただいま。
アマー(祖母)とババ(母)とハハ妹とご飯を食べてきました。母の日、ババには花束だけしか与えなかったので、ヒールを一足買ってあげました(買わされました)。ハハ妹は会う人会う人に「太った」と言われるのがストレスだと嘆き、珍しくご飯が喉を通らないようでした。

ハハ妹「太っていないのに太ったって言われる。うんざりする。イライラする」
私「セクハラで訴えるって言っちゃえば?」
ハハ妹「あ、私、デザート、パス」
ババ「食べな。あんた、全然太ってないよ」
私「そうかな……」
ハハ妹「お姉ちゃんムカつく」

アマー「はい、私、元気になったよ」
一同「?」

アマー「はい私、お陰さまで元気になったよ、と言えばいいよ」
ハハ妹「え? “太ったね”って言ってくるやつらに対して?」
アマー「ええ。そう。そうすればもう誰も言わないと思うよ」

一同「……?」

ハハ妹「すみませーん! じゃあゴマプリン一つ!」

楽しい食事会でしょ?(笑)

「ごはん、おいしかった?」


おいしかったよ^^ コバマ。お留守番ありがとうね♪ お陰で楽しい夜を過ごしたよ。家族っていいよね。コバマにも素敵な家族を探すからね。

「みつかるかな……」


何言ってんの! 見つかるよー。この私にまかせておきなさい。コバマは愛らしいからきっとよいお家のお子になれると思うよ。

「うん。ぼく、おもいっきりあまやかせてくれるかぞくをきぼうしましゅ」


先週やって来たコバマ。
仮名は私がつけました。さて、由来はなんでしょう? 分かるかな?(笑)。
分かった方はコメント欄に書いてくださいねー。

正解者の中から抽選で一名の方をカリブ海の旅にご招待します。

そんなのはもちろん、うそ。エへ。

コバマは飼い猫の不妊手術を怠った家で生まれてしまった子です。他の兄弟たちはみんな死んでしまいました。その家は5匹の成猫を飼っています。メス3匹。 オス2匹。メスたちの手術代を捻出できないというので、コバマの里親探しを引き受ける条件として、まずはオス2匹を手術してもらいました。私が病院へ予約 の電話をかけ、ババ(母)が猫たちを病院へ運んだので、確実にオスたちは去勢手術を終えています。ご安心を。残るメス3匹についても、お金が入り次第不妊 手術を行う約束をとりつけています。

迎えに行った時、コバマは首を怪我していました。
母猫に噛まれたらしいのです。いつまでもおっぱいを吸おうとするコバマを疎ましく思った母猫が、カブっと……。ちょっとやりすぎちゃったのか? 小さな傷 が出来てしまい、そこからばい菌が入って膿んだのです。保護した翌日に病院へ連れて行ったので、今はもう落ち着いています。それにしても、コバマ、とっく に乳離れをしていてもおかしくないのにいつまでもおっぱいを吸おうとするなんて……。

とんだ甘えん坊。

でも、そのおかげで免疫力は高そうですね^^

首に傷があったので、レボリューションやワクチンや血液検査は見合わせました。痩せすぎていたからまずは体力をつけないといけなかったんです。残りのケアはおいおいやりますね。あ、検便はしました。回虫の卵が出たので、駆虫も済ませました^^;

単体だと大きく見えるコバマも


ほほ(5キロ)と並べるとこの通り……。


ちっちゃいでしょ?(笑)


ほほ(オス)に甘えっぱなし。


おっぱいを探すためにほほの下に潜り込んで暴れることもしばしば……。

ほほ、相手にしてあげるなんて、偉いよー!


3月の下旬に生まれたそうなので、まだ2か月弱の男の子。
黒猫コバマの里親さんを募集します! ご希望の方はご一報ください。

夜は人間の腕枕で寝ちゃう甘えぶりです。
黒猫だから写真がうまく撮れませんが、本物はやばい。
可愛すぎて要注意です!

かつくん「コバマの由来わかる? ぼくはすぐにわかったよ。ハハが考えていることなら何でもわかる。一瞬でね。

だって、ハハはおバカだもん。

コバマの家族を募集します。ぜひ問い合わせてね!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク