コロンびより2

すぐ続きを書きたかったんですが、色々押し寄せてきましたので、こんなに遅くなっちゃいました^^; 引っ張っちゃってごめんなさい~! コロンびより、続きます^^

ランチの後、中庭(テラス)でお茶も頂きました。

コロンは酔っぱらいの足元にちょこんとお座り^^ 気持良さそうにウトウトしてました。


それにしてもこの中庭、羨ましすぎます。これはうちなの?外なの?我が家のバルコニーも結構広いんですが、有効的に使えません。犬猫を出したこともありま せん。やっぱり落下が怖いんですよね。うちは7階だし^^; コロンちの中庭は2階にあるんですが、脱走不可能になっているので、開けっぱなしにしていて も、犬猫が逃げ出す恐れはゼロ。こういう環境であれば、犬猫は内外を安全かつ自由に歩き回れるんですよね。

うんうん。家を建てる時の参考にします!

って、多分一生お金貯まらないけど^^;

羨ましいテラスのこの一枚。実は未紹介のメンバーが写っています(笑)。分かるかな?

「え?あたしのこと?」


ホーリーちゃん!可愛いでしょ?
帰ってカメラをチェックしたら、コロンの写真より、ホーリーちゃんの写真の方が多かった。撮りまくっちゃいました。お顔も可愛いし、性格も超可愛いんです よー!おしゃべりさんで、動きが怪しいんです。「写真を撮りたいから、寝室へ案内して!」とお願いしたら、本当に案内してくれたんです。驚いて固まりまし た、私。

いや~、誘拐されないか心配なほど可愛かった(笑)。

11歳だって。
見えない見えない。ここの家の猫、おかしいです。

「あたしは永遠の少女なの。」


コロンの物が増えていく中、ママさんは不公平にならないよう、ミンキーちゃん&ホーリーちゃんにもそれぞれお揃いの食器や首輪などを新調したんですが、ど れもお嬢様方にお似合いで麗しかったです^^ 猫ちゃん達の年齢を聞いて、コロンとの相性を心配したんですよ。先住猫ちゃん達は生まれてから一度も犬を見 たことないらしいので、どうなるのかと。

パパさんに抱っこされるホーリーちゃんとチチの足元のコロン


少し経つと

こんな感じになりました♪


私のカメラではアップが撮れなかったんですが、パパさんがちゃんと撮っていてくれましたよ!ご挨拶のチュー!!これを見て、思わず皆で笑っちゃいました^^


コロン用のwelcomeケーキ!


お坊ちゃんは、ママの手から食べさせてもらってました^^;


この姿のコロンを眺めながら、ご主人が「大名だな」とか「甘えん坊だな」と。

「みなさま、ぼっくんはここで幸せになりますね!」


応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。コロンがご縁に至ったのは、応援してくださる皆さまがいてこそです。そして、誤解のないようお 伝えしたいことがあります。以前、頂いたコメントの中に、その家庭が裕福かどうかで里親を決めているのですか?お金がなければ里親になれないのですか?と ありました。

お金持ちでなければ里親になれない訳ではありません!
うちなんて、貯金ほぼゼロだし^^;
ただ、安定した収入や、ある程度の生活力がない方が安易に犬猫を欲しがるのは間違いだと思います。その果てに犠牲になって来た子を私は何頭も知っていますから。

確かに、うちの卒業生達のご家庭は素敵な暮らしをしている方が多く、犬猫たちはこれでもかというほどお金をかけてもらっています。良質な食事、可愛いグッズ、医療費…

でも私は、703号室にお見合いに来てもらうのを原則としているので、その時点で希望者さんの家を見ていないのが殆どです。だからあとでお家にお邪魔してびっくり!ってパターンばかり(笑)。今回もそうでした。

コロンの生活、潤い過ぎです^^ けれどコロンの里親さんは、ただ闇雲に沢山の物を与えている訳ではないんです。コロンの安全を、そして居心地を考えてく れているのがよく伝わって来たからご縁に至ったのです。首輪が何本もあるのは、車が怖いコロンの安全を考慮して、ダブル首輪&ダブルリードを貫くためだ し、迷子札が沢山あるのは、迷子にならないよう首輪に2つつけておくため。お洋服はきっとまだ毛が生え揃わないコロンをオシャレに見せたい!との思いで揃 えてくださったんでしょう。

この子が見たことのないものを。
この子が味わったことのないものを。
いっぱいいっぱい考えてくれた。
私はそれが嬉しいのです。

裕福な暮らしをしている方なら、犬を渡すのか?

いいえ。違います。
愛情や責任感が感じられない人間は、例え億万長者でも、お断りです。

こういう事をわざわざ書かなくても、皆さまには理解して頂けると思っていますが、最近はいろんなご意見を頂いてしまうので、ついね^^;

ここからはコロンの近況&パパさんとのお散歩の写真を!

まだ車を怖がるので、ほとんど車が通らない所を選んで、ダブル首輪&ダブルリードでお散歩しているそう。お洋服も似合ってます!


オシャレな二人(笑)


今日ははじめて一時間のお留守番に挑戦!
パパさんが戻ったら、キッチンにおしっこがあったとか^^;
でも、苦手だったスリット階段をのぼれるようになりました。

かなり甘えん坊で、パパママと一緒にベッドで寝ているようです。
勿論、里親さんはメロメロ。先住猫ちゃん達との距離感もまずまず。


それから、一緒にTVを観ているらしいです^^

若干のお留守番はありますが、目の前はママさんのご実家だし、パパさんは在宅での仕事が多いので、甘えん坊には良い環境ですよね!又会えることを楽しみにしているよ。
でも、実はかなり淋しい^^; 2ヶ月間まるまる一緒にいたからな…

とにかく私は!コロンの幸せそうな様子に、元気と、勇気と、やる気をもらいました!

素晴らしい犬生でありますように!

★703号室カレンダーですが、まだ集計作業中との連絡を受けました。
集計が終わり次第、簡単な収支をここでご報告させて頂きますね。
私は数字すら把握していませんので、もう少しお待ちください^^;
もし売り上げがあるとすれば(笑)、コロのような犬や土手犬、地域猫につかわせて頂きます。それから、犬猫の保護活動をしている、個人ボランティアや団体へも寄付させて頂きます。

「素敵な家族といつまでも長く暮らしてね。幸せになってくれて嬉しいよ。

Ⅹ117コロンJのハッピーだよりでした~!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





コロンびより1

お届けの日、二階にあるリビング横のテラスへ通されて早々、奥さまは言いました。

「今日は、コロンびよりですね!」

思わず空を仰いでみると、本当だ。暖かく、清々しい!!


コロンの未来は、嵐や豪雨ではなく、ポカポカの青い空が似合います。

里親さんと私達が会うのは、これで三度目。
一度目我が家にお見合いに来てくださったんです。

その時、色々とお話を伺いました。
「里親」を希望したきっかけは、美容院へ行った際に読んだ雑誌の記事。
不遇な犬猫を取り巻く世界を知って、ご自分にできることを探し始め、里親の道を選んだそうです。奥さまは気さくで美しい女性ですが、一本、太い筋の通っ た、凛とした方です。おかしいことはおかしい、間違いは間違い、そう言える女性です。そしてぐちぐち悩まない行動派。私も見習わなければ!って思いまし た。

ご主人は、少年のような方(笑)。
我が家に来てくださった時、「毛だらけになるからやめた方がいいですよ」と止めたにも関わらず、コロンは勿論、べべナナリル、あまたんと同じ目線で遊んでくれて、床に寝っ転がって写真を撮っていました(笑)。話も面白いので、私と姉ちゃんは何回も大爆笑。お陰でその場の空気が和み、コロンも楽しそうでした^^

お届けの日、寝室へお邪魔したら、その時撮られた写真が早速飾ってありましたよ↓


こんな所にも発見↓


最初の印象は、シャープなご夫婦ってイメージだったんですよね。都会的で、バリバリ働いて…
正直、近寄りがたいクールな雰囲気の方なのかなと。

でも、全然違いました。
勿論お仕事はバリバリしているんでしょうが、何ていうか、心がとにかく優しくて、責任感が強いんです。これ、お世辞でもなんでもなく、本音。そしてコロンの過去を知った上で、前向きに里親を希望してくれました。お二人はコロンの事が大好きなんです。

飛び出し防止のゲート


心配性の私にはありがたい^^

お見合いの時、既にトライアルを決めたのですが、コロンを場慣れさせたいので、一度遊びに連れて行く約束を交わしたんです。チチ、私、コロン、ナナ。このメンバーで先週お邪魔したのですが、お家に上がってまず驚いたのは、ベッドの大きさ。

お見合いの時、「コロンくんはどこで寝てるんですか?」と聞かれたんです。
人間と犬が一緒に寝ることを好まない方が多いのを知っているので「あ、ごめんなさい。私はコロンと一緒に寝ちゃってます。」と控え目に告げました(笑)。

そしたら、

コロンと一緒に寝るために、速攻でベッドを超大型に買い替えたらしい…


先住猫ミンキーちゃんは大きな猫さんですが、ちらっと写ったミンキーちゃんの大きさと比較しても分かりますよね。これ、何サイズだろう。羨ましすぎる…
(寝室の撮影は許可をもらってます^^)

10歳のミンキーちゃん。どう見ても3~4歳位にしか見えない。


あまたんより若く見えました(汗)。

コロングッズを広げてもらいました。


しかし凄いな^^; 私より洋服を持っているな。
首輪や迷子札もいくつもあって、フードや小物やおやつなどは別の場所にあるんです。だから全部のグッズを撮ることはできませんでしたが、これだけでも十分伝わるかと(笑)。
ちなみに、ラグマットもコロンの為に大きなものに替えたそうです。

「ぼっくん、洋服嫌いじゃないよ」    ※フェイクファーです。


うん。知ってる。コロンはお洋服着るの、結構好きだもんね。ナナと一緒^^ でもナナはこんなに持ってないよ。リルと兼用で使っているものが多いし。

THE迷子札!


コロン、名前は変わりません!コロンのまんまです!
あ、でもミドルネームがつきます。コロン・J君になります(笑)。

新しい首輪をつけてくつろいでいる姿、さまになってるわね。モデルみたい^^


「ぼっくん、かっこいいでしょっ!」


うんうん。良かったね。コロンのは安物ORお下がりばかりだったから、私も嬉しいよー!

それにしても、どれだけコロンを心待ちにしていたんでしょう。
休日には、車が嫌いなコロンとのお散歩道を研究したり、評判の良い獣医を調べたり、ドックカフェへ下見に行ったり。毎日毎日、コロンの話が尽きなかったそうです。誰かにとって、ここまで待ち遠しい存在であるのは、それだけでとても幸せな事ですよね!

私なんて、誰からもそんな風に思われたことないし(涙)。

それから、コロンの里親さんは、リュウの事もハンサムだって言っていました。リュウはコロンの兄弟ですが、ちゃんと知っててくださっていたようです。リュウだけではなく、まだ土手に残るゴクドウの事も気に掛けてくれていました。それから、うちのナナの事も。

そうそう。まゆさんー!
ブログでコロンの家族募集の宣伝をしてくれて、ありがとうございます!電話で相談にも乗って頂いて。お陰さまで、素敵な出会いがありました。
コロンもリュウ同様、幸せになると思います!

この後、ダイニング&テラスでランチやお茶をご馳走になりました。


その様子&里親さんから送られて来たお散歩の写真は後半へと続きます。
写真があまりにも多くてこれ以上載せられないから二分割しちゃう私をお許しください。

「みなさま。ぼっくんのあたらしい家族のお話は、まだまだつづきます!まだ紹介してないメンバーもいるし、もしよかったらまた見にきてね。」

★703号室カレンダーですが、まだ集計作業中との連絡を受けました。
集計が終わり次第、簡単な収支をここでご報告させて頂きますね。
私は数字すら把握していませんので、もう少しお待ちください^^;
もし売り上げがあるとすれば(笑)、コロのような犬や土手犬、地域猫につかわせて頂きます。それから、犬猫の保護活動をしている、個人ボランティアや団体へも寄付させて頂きます。

「お届けの日は春かと思うほど暖かく、コロンのママさんは“冷房”を入れてました。

すごく気持ちの良い日だったって。ぼくはユキちゃんの骨と一緒に、ハハのカバンの中に入っていました。だからちゃんと見てたんだよ。コロンが幸せになる様子を。
べべちゃんとナナちゃんとリルが気の毒になるほど、コロンは溺愛されてました。
その様子は後半へとつづきます!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





幸せの前のページ

2時間かけて書いた記事を間違えて消しちゃいました(涙)。
死ぬほど悔しい!!!
一体何度目の失態でしょう。
自分をボコボコに殴ってしまいたいほど、恨み、呪っています。

ささ、徹夜だ徹夜ー!
気合いを入れて頑張ります!

「クチャクチャ…」


ナナの真似して、ガム遊びを覚えたコロン。
最初にガムを見せた時は「何これっ!!」と後ずさりしていたのに凄い進歩です。
コロンにとって、ガムやオモチャは未知の世界だったから、いちいち全部に戸惑ってオドオドしていたよね。純朴な青年の振る舞いが、何だか切なかったな。

「それって、いつの話?」


「ハハは昔話が好きだね。」


え。昔ってほど昔でもないよ。ついこの前の話じゃないか!

「ぼっくんは、今、これが好き。」


楽しいね~!いっぱい噛み噛みして歯のトレーニング&クリーニングを頑張って!

それにしても、いい顔してるな~♪


君、かなり可愛いよ。


「あのね、ハハ。」


ん?どうした?

「ぼっくんがこうしてる間も、実は視線が痛いのです。」


うん。知ってるよ。

ナナの恨めしそうな顔。


この距離間じゃあ、ちょっときついよね^^;


ってことでナナにもあげちゃいました^^


お仕事に夢中のガム星人は、揃ったお手手が可愛いと評判です(私とチチに)。

すると当然こうなり、

「あたちの分は?」


最後はこうなるのがうちの宿命^^;
皆欲しいんだよね。べべは食事管理が必要だからガムはダメだけど、おやつをあげるよ!

コロンはもうすぐ7歳になるのに、歯が驚くほどキレイなんです♪
なぜか前歯一本欠損しているんですが(汗)、色はまっ白!歯石も殆どありません。
ガムの楽しみを覚えたから、ますますキレイになるかも^^
まあ、缶詰の味も覚えちゃったから相殺かな^^;

土手から来たばかりの頃は、ただオドオドしてて、困った顔がコロンの定番だったけど、2か月経た今は、色んな表情をのぞかせてくれるようになりました。嬉しいです。

そのコロンですが、2月14日バレンタインの今日(もう明けちゃったけど)、我が家を巣立ちました。卒業前夜は怖いくらい甘えん坊に変身して、一晩中私を 追い回していたから、何だかさびしくてたまりません。大家族の中でいろんな我慢をさせたし、私自身もお散歩地獄で大変な部分はありましたが、コロンと暮せ た2ヶ月間は、幸せのひとことに尽きます。

私をこんなに幸せにしてくれたんだから、その優しさと甘えぶりで新しいご家族をすぐに虜にしてしまうであろうと予想しています。一週間のトライアル期間を設けていますが、次回、新しいご家庭の様子をUPしようと思っていますので楽しみにしててください!

その親バカぶりに驚かれること必至だと思います(笑)。

個人で犬猫のご縁探しを続けている方の保護犬猫、動物愛護団体の保護犬猫、その子たちのご縁が決まり、幸せになった様子をブログ等に綴るのが主流になっていますが、それを快く思わない方がいるそうなんです。理由は分かりません。どうしてでしょうね。

「幸せ」が嫌いなのかな?
それとも、不必要なことだと考えているのかな?

私の元には今まで沢山のメッセージが寄せられました。
つい最近頂いた一通の内容を簡単にまとめてみました↓

「大きな公園で置き手紙と共に捨てられた柴犬系のMIXを保護しました。獣医に連れて行ったら、若くないとの見立てでした。フィラリアも陽性です。先住猫 が保護した犬を受け入れないため、飼い続けることはできません。里親を探したいのですが、条件が悪いので、難しそうです。コロンくんと似た境遇だと思われ ますが、コロンくんの里親さんは見つかったのでしょうか?もしそうだとすれば、アドバイスを頂けますか?」

この保護主さんは今、とても不安だと思うのです。
犬を保護したはいいけど、これから先、その犬に家族が見つかるのかどうか。
私は里親サイトへの掲載方法などを返信し、その方とのやり取りを続けています。
ここに載せる了承も得ました。

コロンもフィラリア弱陽性で、もうすぐ7歳になるし、体重は15キロが理想とされる中型犬です。それがどうした?って思わせてくれるほど、優しくて甘えん坊で性格がいいのですが、私の地元では、結構きつい反応でした。

土手の犬を保護したことを地元の犬好きの方に話すと
「せいぜい番犬として面倒をみてもらえれば、それがいいところじゃない?」
「高望みしない方がいいと思うよ。生きていられるだけありがたいんだから。」と言われます。

ふてくされて黙っていると、ちょっとまずいと感じるのか?

「せめてもう少し小さな犬ならね。お家の中に入れてもらえるんだろうけど…」

コロンに限らず、私の周りにはまだ犬種差別をする方が多いのが現実です。

悔しい!見てろよ。
この子の魅力を存分に伝え、絶対に幸せな家庭犬にしてみせる!

自分を奮起する起爆剤ともいえる周りの冷たい態度、言葉。

だからその反動で、私は卒業生とそのご家族を自慢してしまうのです(笑)。
尾崎豊の世界ですよ。大人たち、見てろよ!みたいな(笑)。
そして里親探しに自信が持てない方にも是非見て欲しい。

私自身も自分に自信が持てなかったり、保護犬猫のお問い合わせがなかった時は、必ず他の保護活動している方のブログに訪れ、その卒業犬猫の幸せそうな生活ぶりを見て、力をもらうようにしています。

「○○ちゃん、幸せになったんだな。」
「こんないい家族に巡り会えたの?いいな!私もコロンの家族探しを頑張ろう!」

他の方の卒業犬猫の記事は、私にとって栄養剤で、なくてはならないものです。
だからうちの卒業生の記事も、誰かにとってそういうものであれば嬉しいです。

必要ないなんて思いません。

「皆さま!コロンはこんなに愛されて幸せですよ!」
そう書いて何が悪い(笑)。私は誰が何と言おうが、コロンの幸せを自慢するつもりです!

コロンのご家族とは、今日が3度目です。
お見合いの時我が家にやって来てくれました(姉ちゃん手伝ってくれてありがとう)
そして先週、ナナ&コロンを連れてお邪魔してきました。
だからコロンはかなり場慣れしているんです。

その様子は明日へ引っ張りますが、コロンが幸せになる様子を一緒に喜んでくださる方が多いことを信じています!そして親身に心配してくださった皆さまにご報告できることを楽しみしています^^

コロン!幸せになってくれてありがとう!


お前が多くの家族募集中の犬猫たちの希望の一つになることを信じています!

☆☆☆おまけ☆☆☆

バレンタイン、チチにご褒美を与えました^^


べべナナリルまめはドックランへ連れて行きました。
ドックランが一番安上がりだし、皆が楽しそうに走る姿は見ていて飽きないから^^

おっとっと。
保存保存。

又記事が消えたら本当に死んじゃうから…

★703号室カレンダーですが、まだ集計作業中との連絡を受けました。
集計が終わり次第、簡単な収支をここでご報告させて頂きますね。
私は数字すら把握していませんので、もう少しお待ちください^^;
もし売り上げがあるとすれば(笑)、コロのような犬や土手犬、地域猫につかわせて頂きます。それから、犬猫の保護活動をしている、個人ボランティアや団体へも寄付させて頂きます。

「幸せ自慢は許してね!

コロンがこれから穏やかに過ごせる事を想像するだけで、703号室は皆ハッピーです!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





告白

今日から日中だけまめを預かることになったのですが、会社帰りのハハ妹が先ほどやってきて、持参したカップラーメンを平らげ、入浴し、帰って行きました。まめ、いつもよりおとなしかったから楽だったけど、いつまでこんな状態が続くのか、不安です。


まあいいや^^;

そうそう。
お昼、コロンを連れて病院へ行きました。
お渡しが近いので、去勢した病院で、もう一度簡単に健康診断を受けさせるためです。
土手の頃のコロンをよーく知るKさん&Iさんも駆けつけてくれました。

お世話になったIさんと一緒に


携帯カメラからでごめんなさい。カメラ忘れずに持って行ったのに、メモリースティックの方を忘れちゃったもんだから^^; 毎度ながら本当ドジな自分に辟易。

笑顔に見えるけど、本当はいっぱいいっぱいの顔(笑)


診察チュー


コロン、病院で看護師さんたちに大人気だったんです。なぜかこの病院は「雑種大好き」の看護師さんが多くて、皆がコロンコロン!って大騒ぎしてくれました^^

血液検査→異常なし
レントゲン→異常なし
体重増加!
毛艶もいいと褒められました!良かった!

血液検査もレントゲンも実は一度やっているんです。
だけど私は、どうしてももう一度だけ、送りだす前にもう一度だけやりたかった。

大袈裟に聞こえるかもしれないけど、これは贖罪なんです。

コロンに対して、ほんの少し罪滅ぼしをさせてもらっているだけです。

コロンは6年8か月もの間、土手で暮していました。来月には7歳になります。
子犬の頃から4歳まで、土手の中でも最悪な場所で生きていました。
私とKさんとIさんは、毎月通っていましたが、コロンの飼い主たちが私たちを阻み、ケアらしいケアを何一つしてやれなかったのです。

今日、Kさんが、昔土手でこっそり撮ったコロンの写真を見せてくれました。

「これ、コロンよね?コロンでしょ?この子。」

まともに見れなかった…
見たくありませんでした。

ある日、受け取ってもらえないであろう物資や薬を持って、コロンが居たテントを訪ねると、コロンの兄弟達がけたたましく吠えかかってきました。ナナが我が 家にやって来る前の話。ナナも同じ場所にいたので、当然凄い剣幕で私たちを威嚇しまくっていました。6頭の犬がいるはずなのに、1、2、3と指をさし数え ていくと、1頭足りない。

辺りを見回すと、少し離れた場所に繋がれた犬と目が合いました。

それがコロンです。

コロンは犬たちに加勢せず、ひとり地面にうずくまっていました。

「あそこにいる子、コロン?元気ないですね。どうしたんですか?」

「車に轢かれたんだよ。ここから逃げるからそういうことになるんだ」

「え?じゃあ、病院へ連れて行かないと!」

「必要ない。帰れ!」

「でも…」

「おい!コロン。お前はもう、どこにも行きたくねえよな?」

こういうやりとりを続けながら、私の本心は違っていました。
私はうずくまっているコロンの姿を見た時から、何もしてやれないことは分かっていました。どうせ飼い主がそれを許さない。飼い主が許さない以上、勝手なまねはできない。勝手なまねをすれば、他の犬たちに会えなくなる。ここへ通えなくなる。

私は「これからの土手通い」と「目の前でうずくまる犬」をはかりにかけ、コロンから目を背け、踵を返したのです。守るべき者の前から、逃げ出してしまったのです。

次の月に行った時、コロンはすっかり元気でした。

大した事故ではなかったはず。土手から飛び出して轢かれて、打撲程度で済んだはず。だからこうして、生きているんだ。良かった!そう自分に言い聞かせ、私をじっと見上げた前の月のコロンの姿を、完全に自分の奥底へと押し込み、葬りました。

飼い主がこの世を去った後、コロンは温和なホームレスに引き取られました。
その時から、私はコロンに対し、フィラリア予防やフード支援を始めたのです。

でもコロンが本当に助けを必要としていたのは、その頃じゃない。
コロンはもっともっと前から私の手を待っていたのかもしれない。
その事実が後ろめたかった。
罪の意識を感じずにはいられませんでした。

保護するまで、コロンはもっと自我がハッキリしていて、悪く言えば気が荒い犬だと思い込んでいました。実際土手で会っていたコロンと、今私の横にいるコロンは別の犬のようです。

我が家でコロンの優しさを見つける度、苦しくて仕方なかったです。
私が裏切ったあの日が蘇る。

過ぎ去った時間はもう戻らない。
だからこそ、コロンを大切にしよう。
できることは全部やろう。

今日の通院は、懺悔の気持ちを込めて行きました。

辛い出来事があると、「くさいものにはふたをしろ」とばかりに、あるいは「消去」しようとやけくそになるけれど、結局そういうものって、ふとした時に一気に溢れ返ってくるんですよね。溢れ返ったそれが自分を追い回し、その中で溺れてしまうから、余計苦しくなる。

皆さまからは「コロンは保護され、これから幸せになるんだから、昔のことなんてどうでもいいのよ」と思われるかもしれませんが、ウジウジ女の私には、昔のことであってもなかなか忘れられないシーンがありまして^^;

コロンの事、いい子いい子って書いている間、本当はすっごく辛かったです。
これってもしや、告白ってやつでしょうか(笑)?

でも、健康体で良かったよー!

☆☆☆おまけ★★★

犬同士でくっつくのが大っきらいなべべ(猫とも体をくっつけません!)


コロンだとやっぱり平気みたい^^ 何でだろう?


コロンの皮膚、毛がまだ生え揃っていない感じですよね。
でもこれでもだいぶ良くなったんですよ!
この前、チチがシャンプーしてくれたんですが、全然痛くもかゆくもなかったみたい。
コロンをシャンプーするのがトラウマでチチに任せたんですが、もうすっかり大丈夫ですね!

一時はこんなにはげちゃったんですよ(涙)


「ぼっくん、敏感肌だから気をつけてよね!」


ごめんねー。
罪滅ぼしにドックラン連れて行ったでしょ?
コロン、楽しそうに走り回ってたじゃん!
皮膚の件はそれで許してよー!

コロンには沢山償わなければならないことがある気がします^^;

★703号室カレンダーですが、まだ集計作業中との連絡を受けました。
集計が終わり次第、簡単な収支をここでご報告させて頂きますね。
私は数字すら把握していませんので、もう少しお待ちください^^;
もし売り上げがあるとすれば(笑)、コロのような犬や土手犬、地域猫につかわせて頂きます。それから、犬猫の保護活動をしている、個人ボランティアや団体へも寄付させて頂きます。

「昔の事を思い出すと胸がギューと苦しくなること、あるよね。
ハハはいっぱいいっぱいあるんだって。
出来るなら人生をやり直したいくらいだって。
でも、ぼくから見れば、生きていること、ただそれだけで素晴らしい。
だって生きていれば、何度でもやり直しがきくでしょ?

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





日記

とばっちり

最悪。

何から話せばいいのか。

まずは今日のお昼の話題から。

今日は卒業生愛者とドックランで待ち合わせて撮影会を行いました♪

何の撮影かはいずれ分かります!愛者の写真を沢山撮りたかったので、わが子たちは皆お留守番してもらいました。いやね、チチが居ればいいんです。私が写真を撮っている間にうちの子達と遊んでくれるから。でもチチは富山。私一人じゃ無理でしょ?(笑)
べべだけ連れて行こうかと思ったけど、べべが一番うるさくて手がかかるので、迷った挙句、留守番してもらうことに。ごめんねー。

ドックランへ着いて、色んな子たちが遊んでいるのを見たら、うちの子たちも連れて来れば良かったかな、って後悔しちゃいましたよ。ちょっと可哀想な事をしちゃいました。

愛者は元気良くランの中で走っていました!


愛者!今日は写真撮影頑張ろうね!!

「はーい!」


よろしい^^
たっくさん撮れたんですが、たくさん撮れすぎて何を載せたらいいか分からなくなってしまったので、数枚だけ紹介しまーす!

こんなんや


こんなんを!


他にも笑顔やお澄まし顔やムッとしてる表情のものまで!
かなり削ったけどそれでも沢山残りました。どれにするか迷いそうです^^;
今日の愛者、とってもお利口さんで感心しました。

モデルちゃんお疲れさまー♪

愛者の里親さんからこんな高級紅茶を頂きました! ありがとうございます!


写真を撮った後、愛者の里親さんと一緒にベンチでお茶しながらお喋りしていたら、やつらが到着。

ハハ妹&まめです。


愛者とまめのご挨拶


愛者は美人犬に目がないそうですが、まめのことは終始無関心でした(笑)。
そりゃそうでしょ。
一体どこまで太るの?ってくらい、ちんちくりん犬だもんね^^;

ドックランに来ていた細ーい柴ちゃんと比べると一目瞭然(笑)

「明日からよろしくー!」


ああ。その満面の笑みが小憎たらしい!

皆さまー!
聞いて下さいよ~!

実は明日からまめを預かることになったんです(涙)。
愛者がドックランを去った後、私はお留守番組の事が気になっていたので、とりあえず一旦帰ることにしました。ハハ妹とまめは違う車で来ていたので、ドックランで解散し、その後ババ(母)、ハハ妹と私で、ご飯を食べに行くためにもう一度集合したんです。

レストランへ着いて早々。

ババとハハ妹が口論を始め、ご飯がまずいまずーい。
間に入るともっとヒートアップするので黙っていたんです。
口論は喧嘩へと発展し、ついにはレストランの従業員が驚くほどの罵り合いになりました(涙)。

「あんたが会社へ行ってる間、毎日私がまめちゃんを見ているのに、感謝の気持ちが足りない!ふざけるな!」

「じゃあいいよ!ママにまめを見てもらうのはもうやめた!」

「留守番させる気?まめちゃんが可哀想!」

「留守番なんかさせないよ。」

「じゃあ、どーすんの?!」

「いいの!お姉ちゃんに見てもらうから!!」

えええ? えー! えー!(エコー)

あたしー?

やだやだ。
何であたしが?

無理無理。
べべナナリリコロン&ほほあまたんのお世話を一人でやっているんだから無理でしょう。

まめはしつこい性格だし、リルと合わないし(似た者同士だから)勘弁してよー。

泣き腫らした丸顔。
うさぎのような真っ赤な目で

「私はお姉ちゃんの妹でしょ!!お願いっ!!」

って言われても…

運転中の私の車から飛び降りてタクシーに乗り換えてしまったババ(汗)。

運転中の私の腕を引っ張って、何度も「お願いっ!!」と繰り返すうさぎ。

根負けして預かることになりました(涙)。

夜、まめを再び703号室へ連れて来て、うちでシャンプーし(ナナも洗ってくれたけど)、自分も風呂へ入った後、腹が減った!と夕飯をおごらされました。

ちょっと!私は便利屋じゃないのよ!
心でぶつくさ呟いてみるも、やっぱりうさぎは私の妹。

どうせなら、ハンサムなお兄ちゃんとか、優しいお姉ちゃんが欲しかったな……

☆☆☆スクープ☆☆☆

エへへ。

今日は「おまけ」じゃなく、スクープなんです!

昨日(誰もコメントしてくれなかったけどさ)ほほがコロンを受け入れていると書きましたよね?

見てください^^


何でかは分からないんですが、気持ち良さそうに寝ているコロンをほほが起こすんです。


お手手を使ってちょいちょいって。


これ、連写で撮ったんじゃないんですよ。


反対側の手も使って、ずっとやっていたんです。


「ふぁ~ もーそろそろ おきてくりさいー」


不思議です。
ほほはべべナナリル以外の犬を見ると下痢しちゃうのに…

何でコロンは特別なんだろう…
でも、ちょっと嬉しいな^^

今日はすっかり長くなりました^^;
まだまだ色々書きたいんですが、お腹いっぱいになってしまうだろうからこの辺で~!

そうそう。
最後に私からのお願いです。
数日前、友達の姉ちゃん(ユキちゃん)のブログで土手の火事の記事を見つけました。
姉妹ちゃんが犬達と共に土手を散歩していたら、土手が燃えていたらしいのです。

火事を起こしたのは、小学生グループ。
寒かったから?焚火をしようと思い立ったそうです。
結果、消防や警察などが大勢集まり、大ごとになってしまったようです。

笑えませんよね。

悪気がなかったにせよ、もし近くにホームレスのテントがあったら?そこに犬が繋がれていたら?と考えるだけで恐ろしくてたまりません。実際土手は過去に何度も火事に見舞われ、コロンの兄弟犬2頭も、他のテントの土手犬猫達もそれで命を落としてきたんです。

生きたまま炎に焼かれる犬を想像してみてください。
むごたらしいことこの上ない。

お子さんがいる方は、お子さんの行動を良く把握し、彼らの溢れる好奇心を違う方向へ誘導させる教育をして欲しいと切に願っています。お子さんだって危ない目に遭うしね。

大人の私達も、火の始末は気をつけましょうね!

★703号室カレンダーですが、まだ集計作業中との連絡を受けました。
集計が終わり次第、簡単な収支をここでご報告させて頂きますね。
私は数字すら把握していませんので、もう少しお待ちください^^;
もし売り上げがあるとすれば(笑)、コロのような犬や土手犬、地域猫につかわせて頂きます。それから、犬猫の保護活動をしている、個人ボランティアや団体へも寄付させて頂きます。

「ハハはハハ妹にとっても“都合のいい女”だね。愛者ちゃんお疲れ様~!
火の始末だけは気をつけようね。
それにしてもほほとコロンは、本当いいコンビだよね。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





日記