一番の涙

起きたのはお昼近くでした。

処方されている精神安定剤の効き目がひどく、一旦眠ってしまうと何処までも起きれません。かつの闘病の時は、1日に4時間眠れれば大満足でしたが、ここへ来て私は真夏の冬眠を余儀なくされています。

午後5時から精神科のカウンセリング。優しそうな女医先生が担当してくれました。

生い立ちからかいつまんで三十数年の主婦の歴史をアレコレ聞かれ、かつの死についての自分の気持ちや症状を伝えると、薬を増やされてしまいました(笑)。
安定剤の他に、抗うつ剤も処方されました。

「パキシル」という名の薬で、副作用に吐き気が伴うため、吐き気止めとセットで処方されました。薬は飲みたくありません。例え、今だけは必要だとしても。そう告げても、尚飲むように勧められ、2週間分処方されて、次の予約を入れられてしまいました。

「適応障害」の他に病名が2つ。詳しい病名は伏せますが、必ず近いうちに復帰します。かつのためにではなく、自分のために。

帰り道、まだ明るかったので自宅へ帰る気にはなれず、迷った挙句、車でユキちゃん(保護活動友達)の家に向かいました。アポなし。居てくれなかったら、ユ キちゃんの犬猫たちの顔を見て帰ろう、そう思って。。。かつの死の間際、ユキちゃんにはとてもお世話になったので、手土産もなしですが、一言お礼もしなく ては・・・。

ユキちゃんのお宅は犬猫が更に増え、大型犬4頭、中型2頭、猫4頭、計10頭の大所帯になっていました。どの子もひどい生い立ちで、一番甘えん坊のゴー ルデンのアンは、覚せい剤中毒で、足が1本折られて永遠にまともに走ったり座ったり出来ない体です。覚せい剤を打ったのは、勿論犬のアン自身ではなく 「元飼い主」という鬼の仕業です。
10頭のうち、障害を持ったり、病気を抱えたりしない子は数頭しかおらず、ユキちゃんのお家はまるで彼らの「防空壕」です。

ユキちゃんは、妹のみなちゃんと犬の散歩で留守でした。
代わりに、ユキちゃんのママが私を招き入れ、お茶を出してくれました。
3頭だったはずの猫が4頭に増えていたので、訳を聞くと、捨てられて放っておけず連れて帰ってきたとか。生後4ヶ月位の可愛い三毛猫で「ココ」と名付けられていました。ココは快活でしたが、特別私に擦り寄ることもせず、近くで遊んだり休んだりしていました。

ユキちゃん、妹のみなちゃん、6頭の犬達、4頭の猫、ユキちゃんのお友達2人、ユキちゃんのママ、ユキちゃんの娘のみらいちゃんがリビングに揃い、私 はかつの時の礼を述べて、犬や猫たちと遊び、猫がご飯を食べる可愛い姿にうっとりしながら、昔かつもこんな風にご飯を食べていたっけなと回想に耽って何と なくお茶をすすりました。

朝から何も食べていなかったので水分がたまり、おトイレを借りて戻ると、妹のみなちゃんが「信じないわ。やめよう。」ママに向かって言いました。そうね、そうね、とママ。

何となく話が私に関係するようだったので「ん?どした?」と聞いて、元の位置に腰掛けると、ユキちゃんが私を真っ直ぐ見つめて「信じないと思うけど、信じなくていいの。」と前置きをしました。

「あなたのかつくん、そこに居るじゃない!!!
あなたの膝の上に居るじゃない!!!
あなたを見ているじゃない!!!」

とママに言われました。
私は、霊も信じなければ、神さえ疑う人間で、占いも全く興味が無い可愛げの無い女です。でも涙を流したママの表情はとても清らかで、私は自分の膝に目を落とし、信じずにはいられないと悟りました。

ママが「ココ、体をかつくんに貸してあげて。すぐに傍に行ってあげて。」と保護したばかりの子猫に告げると、ココは初対面の私に向かって突き進んできて、膝に乗り、私を真っ直ぐ見つめました。みんなが息を呑んで私とココに視線を向けました。

あまりに信じられない状況で、頭がパニックして、私は泣いて泣いて、ココの体を濡らしてしまったけど、ココは何処へも逃げようとはせず、黙って私に抱かれ、いつまでもそのままの状態が続きました。

「痛い思いをさせてごめんね。
苦しい思いをさせてごめんね。
ごめんね。ごめんね。ごめんね。」
そう、ココに言ったのか、それともかつに言ったのか、自分でも分かりませんでしたが、とても素敵な時間を味わうことが出来ました。

今まで流したどの涙とも違う。
一番の涙を流すことが出来ました。

勿論、楽になりきったわけではありません。
かつを忘れることも出来ない。
明日も、会いたくて、胸の苦しみに負けてしまう時間を過ごすでしょう。
だから何もかもが変わったとは言えません。

信じる方を否定しませんが、それでも私は霊や超能力を信じない。

けれどあの瞬間、私が抱いたのは、ココではなくかつでした。

ユキちゃんのお宅から帰る車内で、何度も何度も膝を撫で、私は自分が生きている心地でいっぱいでした。

そして家路に着いて、チチと合流し、ベベナナリルを連れて夜遊びへ向かいました。
公園を散策し、ドックランで放し、ドックカフェへ寄って3頭にご馳走を振舞いました。

走れないと言われた保護子猫のほほも、今では家中飛び回り、トイレも覚え、リルとの相性はいまいちですが、短命なんて言わせないとばかりにイキイキしはじめました。

この星は、こういう星なんですね。
又新たな発見をしてしまいました。

「この星はどんな星?」

「・・・・・・・・・・・・・。」

「いい星。」

「ぼくは今まんまる星で暮らしています。まんまる星は703号室にある小さな星。今日もぽちっと応援してね。そしてぼくがハハのお膝に乗ったこと、信じてください。」
middle_1183825675

スポンサーリンク





それから

今日は谷中墓地の周りをあても無く歩きました。

とても暑くて、体の底から夏が嫌いになったと実感しました。
かつの尻尾の一部の骨と爪をカプセルに入れてもらったので、かつも一緒です。

かつのお線香を買って、ブラブラあるいはよたよたと家路に着きました。

家に居ても地獄だし、外へ出ても救われません。

亡くなった日からずっと、パソコンを戸棚の一番奥にしまいこんで、何もかもから目を伏せる毎日を過ごしてきました。そして愚か過ぎる私は、「かつくんご飯よ。」とつい口に出してしまいます。お返事は勿論ありません。虚しい空気だけが辺りを満たします。

あまりにもきつい最期だったので、まだ書けません。
死に顔も酷く、安らかな永遠の眠りとは程遠いイメージでした。
かつの死に顔を見た人は10人。
誰一人「安らかなお顔」とは言いませんでした。

もしそんなことをお世辞で言われたら「どこを見てそう思ったのか?」と問い詰めたかもしれません。それ位苦しみを背負った死に顔でした。

かつを燃やす時、私は火葬場へ行くか迷いました。
Kさんはやめておきなさいと言ってくれました。

私は行きました。
最後に抱っこしてあげてくださいと言われ、コチコチに凍ったかつを抱くと、焼かれる釜へ放り込むことが困難で、そのまま火葬場の外へ逃げ出したい衝動に駆られ、それも叶わないと知ると、コンクリートの床に頭をつけて、よだれをながして泣きました。

小さな骨壷に収まって帰ってきたかつを抱いて、そのまま病院へ向かいました。
最後の診察の時のお金を払うためです。会計を済ませる時間さえ、苦しみ悶えるかつには無かったので、お金はいつでも良いと言われていました。

院長先生に骨壷を見せると合掌してくれました。

会計してくれた看護士が私に「落ち着いてからでも良かったんですよ。」と言ってくれたので「いいえ。この子の為にお金を払うのもこれが最後だと思うと、ちゃんと来なければと思ったものですから。もう、かつのためにお金を払うことも出来なくなるから」と言いました。

そしたら受付の看護士さんがぼろぼろ泣くので、私も崩れるように泣きました。

帰ってからの数日のことは良く覚えていません。
どのような週末を送ったのか、どのようなことを口にしたのか、今思い出そうとしても思い出せません。何処に居ても居所が無く、私は身の置き場を探さなくてはなりませんでした。

そして心臓が破れてしまうようにドクドクと動き、呼吸困難に陥る。木曜食べたのを最後にご飯が受け付けず、ようやく眠ると足をそぎ落とされる感覚に悩まされ、他にもここに書ききれないほど沢山の症状が私を蝕み、ついに、チチに連れ添ってもらって、精神科を訪ねました。

「適応障害」

何だか訳の分からない病名ですが、精神安定剤を処方され、それを飲んでボーと過ごす事を楽しみに生きています。私が行った精神科は皮肉にも、かつの通院時、毎日車で通った場所で

「かつくん、面白い建物だね。あれなんだろうね。」と話しかけていた場所でした。

これからは、毎週1度診察に行かなければなりません。

私は肝臓が悪いので、10年前にお酒をやめました。
それまでは、イメージと合うか分かりませんが、毎日浴びるほど飲みました。
10年間、いい事ばかりではなかったけど、お酒に手を伸ばしてこなかったのは、ささやかな自慢の一つ。けれど、かつの闘病が始まった6月からは、驚くほどお酒に頼る毎日を過ごしてきました。

お酒に答えを求めて飲みました。

答えなど、一つも得られないことを知りながら。

自分のことばかり書きましたが、ベベはとてもいい子です。優しく寄り添ってくれて、泣けば何処からでも飛んで来て、私にチューの嵐をプレゼント。

ナナはおとなしくて手がかかりません。ババ(母親)の家に泊まりに連れて行くと、特別扱いされたのが嬉しいのか、いつまでも笑いました。

リルはかつのお骨に向かって何度も何度も吠えて、何かを話しかけていましたが、私は何を話していたのか分かりませんでした。

ハハ妹は、私と共にかつを看取り、抱き、泣き、分骨した爪と尻尾の骨を愛しそうに抱いてOLを続けています。

チチは、ボロボロです。
703号室のブログを読むことが出来ず、あまり無邪気に笑わなくなりました。笑っていることすら罪だとばかりに何となく仕事を続け、家に帰って子猫の世話に追われています。

お世話されている水頭症の子猫、輝一(キイチ)ですが、名前を「ほほ」に変えました。チチが名前に意味を持たせるのは嫌だと言った為です。
ほほは、猫らしい動きが出来ず、トイレもジャンプもそれから歩くのも困難な状況でしたが、毎日投薬を続け、世話を続けて何とかトイレを覚え、少しだけなら歩いたり鳴いたりできるようになりました。

今月中にもう一度診察してもらって、里子に出せる状況かどうか見極めてもらうつもりでいます。もしかすると、ほほも又、短命かもしれない。それを踏まえて、先生と相談して今後のことを決めようと思っています。

生きている時から応援してくださった方々。
励ましのコメント、お手紙、メッセージ、様々な情報、プレゼント、お気持ち、おやつ、サプリメント、お灸等をご提供頂いた方、又お貸し頂いた方、本当にありがとうございました。

かつの死を悼んでくださった多くの方々。
お花や、お花代、プレゼント、お手紙、メール、コメント、メッセージ、ありがたく頂戴いたしました。個別にお返事したり、お返ししたい気持ちでいっぱいですが、今はまだ出来ません。どうか許してくださいね。どうかお許し下さい。

この場をお借りして、お礼差し上げます。
本当にありがとうございました。

亡くなる5日前のかつ。吐きっぱなしで動くことも出来なくなっていました。


この次の日から本格的な地獄を味わうことになりました。


それでも、最期まで立派に生きましたよ。


本当に立派でした。

「ハハがもうすこち、落ち着いたらあたし達の写真や楽しいお話も載せてくれるって。皆さま、又良かったら遊びに来てね。皆で待ってます。」

「まだ新しいキャラを用意してません。もうしばらくかつくんのお顔をクリックしてくださいね。お願いします。」
middle_1183825675

スポンサーリンク





かつが逝きました。

かつが逝きました。

3歳と3ヶ月と5日。

通院した回数40回。

最期は、生易しいものではありませんでした。
想像を絶するような苦しみに耐え抜いて、闘い抜いて逝きました。

こちらが驚くほど苦しんで、苦しんで逝きました。
覚悟していた苦しみの100倍程でした。

それを私とチチは、ただ見ていただけ。
何もしてやれませんでした。

かつは生きました。
そして死にました。

今まで沢山の方に応援してもらって本当にかつ共々嬉しい限りです。
最期の写真、亡くなるまでの話、未掲載の写真やエピソードは山のようにありますが、まだ載せられません。

明日灰になります。
ミッキーマウスのようなお手手も、
長くて黒い尻尾も、クリクリのお目目も、全部この世から消えてしまう。

でも、亡くなった瞬間、私はとってもほっとしました。
色んな死を見てきました。
でも、どう客観的に見ても、どう自分を慰めようとしても、かつが味わった苦しみを小さく評価できません。それ程苦しい最期でした。

何度も何度も苦しい最期と書いてしまってごめんなさい。
けれど、事実だけを書かせてください。

チチは看取れませんでした。仕事が終わって電話してきて、かつが逝った事を告げると、渋谷駅のまん前で、吠えるように泣きました。

かつはとても立派でした。
今度詳しく書きますね。
ちょっと今はご報告だけで精一杯です。

かつのために涙したり、笑ってくださったり、ここを訪れてくださって本当にありがとうございました。ありがとうございました。

「今まで応援ありがと。ぼく、やっと楽になれたよ。さよなら。」

middle_1183825675

スポンサーリンク





覚悟

おそらく、

これがかつが生きている間で最後の投稿になるでしょう。

こう断言してしまう私をどうか許してください。

かつは先週の金曜食べた物を最後に、食べても受け付けず吐いてしまい、又、月曜からは一口も食べることが出来なくなりました。

そして2日ほど前から呼吸が荒くなって、今日副院長先生に再度レントゲンをお願いしてその原因を突き止めました。一番恐れていた胸水ではありませんでした。胸水は溜まっていません。もっとひどいものがかつを蝕んでいました。

肺水腫。

胸水なら抜けます。抜いて一時でも楽にしてやることが出来る。でも肺水腫は抜けません。普通FIPの末期でも、これになるケースは少ない。つまり抜いてや ることも出来ないということです。肺水腫にも大きく分けて2つあります。細かい説明は省きますが、心臓からくるものなら利尿剤で少し楽にしてやれる。で も、かつくんのは、心臓からくるものではないので、利尿剤も意味を成さない。

胸水を恐れていましたが、胸水よりももっともっと苦しい現実が待っていました。

私は覚悟していました。
だから神様に一つだけ、一つだけお願い事をしました。

私がいつか死ぬときに、今のかつの苦しみを全部引き受けるから、寿命が延びなくてもどうか、どうか少しでも、楽にしてやって欲しいと。

あんまりに神様が意地悪だから、ちょっと困っています。

もうすぐ家に酸素室が届きます。

かつは私の宝物。
私の宝物。

最期の一瞬まで、ちゃんと見据えて心に刻みます。

「毎日愛のぽち、ありがと。ぼくすっごく苦しいよ。3日も寝てないの。息できないって、辛いね。キイチ、水頭症だった。ハハはそうじゃないかと思ってたん だけど当たってた。でも頑張って食べていい子にしているよ。ぼくもう少しだけ頑張るね。今まで応援してくれた皆さま、ありがと。」
middle_1183825675

スポンサーリンク





輝一

かつくんのこと、気に掛けていただいてありがとうございます。
コメント返しがなかなか出来ない状態ですが、遅れても必ずしますので、どうか気長にお待ち下さい。

かつくんは悪いです。
でもまだ努力型の呼吸ではなく、ギリギリ自然な感じでやってくれています。あくまでも今現在なので、明日どうなっているかは分かりません。そしてステロイドを投与しているのに、食欲がまったく出ず、嘔吐の回数が増え、今日は、胃液を勢い良く吐き出してしまいました。

心配で病院へ連れて行こうかとも思ったのですが、かつに病院へは今日は行かないのよ。一日家に居ようね。と約束していたので、家で様子を見ることにしました。明日の朝一番に予約を入れているので、先生にお願いして少しでも楽になるような処置を考えてもらうつもりです。

安楽死はさせません。


もっと苦しむことになっても、かつくんには申し訳ないけれど、生きてもらいます。
苦痛に歪む顔を正視できず、愛する犬猫のQOLを尊重し、苦悩の末に安楽死を英断された方も居るでしょう。大変立派な判断だと思います。

でも、私は安楽死は選択しません。私には私の信念があります。

かつが少しでも楽になれるような治療になら、幾らだってかけます。
車を失っても、家を失っても全く構いません。持っているもの全て売ってでもそれに充てます。お金は又稼げばいいのですから。惜しくはありません。

でも安楽死は選択しません。
もし、かつのいのちを自ら立つ決断をした時は、病院へ連れて行かず、私の体にかつの体を括り付けて、一緒に高層ビルから飛び降ります。自分の判断でかつだけをあの世に送り出すことはしません。その時は心中覚悟でやります。

私には、ベベもナナもリルもチチも母親も妹も居るので、それらを置いて死んだりすることは絶対に無いからご心配なく(笑)。ただ、かつのいのちを絶つ時は、その位の覚悟でやるということが言いたかっただけです。

かつのいのちの終焉を決めるのは、かつ自身です。
その時に私がどんなにもがいても、叫んでも、高額な医療費を払い込んでも、逝く時は逝くのでしょう。どんなに止めても逝く。だからその時まで生きてもらう、ただそれだけです。

話が思いっきり逸れましたが、今日、実は新たな子猫がやってきました。


かつが病気になってからは、犬猫を保護して欲しいという依頼を殆ど受けることが出来ず、代わりにアドバイスや協力できることはやってきたつもりです が、家でピッタリかつに添う生活を送ってきました。でも、今回のはちょっと複雑なケースだし、依頼してきたのは私の里親さんで、数年前私から2頭のメス 猫をもらってくださった方。ブログではまだ紹介していない猫ちゃん達ですが、その里親さんが重病になり、姉妹猫は娘さん達と協力しながら、何とか飼い 続けることが出来るそうですが、昨日保護してしまった子猫についてはどうしても難しいとの事で相談を受けました。ネット環境にない方なので、かつのことは 知りません。

私もあえて言わず、子猫を引き受けました。

でもちょっと様子がおかしい。。。


まだ詳しくは分かりませんが、ぐったりしていて体つきが変なので、大きな病気を抱えている可能性があるかもしれないのです。詳細は明日、病院へ連れて行っ てから又UPしますが、ゴロゴロ星人でとっても懐っこい男の子です。名前が無いと可哀相なので「輝一」とつけました。読みは「キイチ」カタカナにする とちゃんと8画。

色々大変になりそうですが、私はちゃんと頑張れます(笑)。
まあ、色んな方のお力を借りてしまうかもしれませんが。。。


輝一にも頑張ってもらいますが、今一番愛情をかけるべきはかつくんだから、その辺をちゃんと考えて頑張ります。よろしかったら応援してくださいね~。沢山のアクセスが励みですから!

「毎日愛のぽち、ありがと。キイチ可愛いね。ぼくもちゃんと少しだけご挨拶したよ。今、キイチは普段ぼく達が入っちゃいけないと怒られる客間に隔離されて いるけど、ハハがご挨拶だけならしていいよって言ってくれたから。ぼく、キイチに優しくしたら誉められた。リル子が又張り切ってリル子先生キャラ出しま くってキイチを育てようと必死だけど、具合悪そうだからダメ!って言われてしょんぼりしてる。。。もし良かったら又遊びに来てね。待ってるよ♪」

middle_1183825675

スポンサーリンク