ちーちゃんおめでとう

一週間が束で過ぎ去っていきますね(汗)。いろんな意味で本当に焦ります。

 

 

毎日なにかしら犬猫関連の用事が入っています。昨日も今日も保護活動でemi-goの病院へ行きました。スクスクと育っている家族募集中のちび黒猫

IMG_1906

 

 

スタッフのおだちゃんが写真を撮ってくれました。サイズ感はこのくらいです。

IMG_1909

 

 

ブラックベイビーを抱く私の服がネイビーなのでわかりづらいかもですが、体つきが割とずっしりしてきました。4月生まれの子猫4匹は三毛の梅ちゃん、キジトラのちーちゃんを私が譲渡し、黒猫ちゃん、さび猫ちゃんをりょうちゃんが担当します。

 

 

さて、すでに一週間経ってしまいましたが、キジトラちーちゃんのお届け記事をサクッとご紹介させてください。この日はリタパンの卒業もあったのです。

IMG_1595

 

 

リタパン宅はうちから80kmほど離れていますが、ちーちゃんは近めだったので、ちーちゃんちに先に伺うことにしました。ちーちゃんの里親さんは姉妹猫卒業生梅ちゃんの里親さんの職場の先輩で、2家庭ともemi-goの病院へ通っています。安心でしょ? ちーちゃんの里親さんは、「レオが病気になったとき、休診日にも関わらず中島先生が診てくださった」と先生に感謝しています。

 

 

中島先生の病院から里親さん宅に巣立ち、診察などでまた病院へ来る。

IMG_1600

 

 

理想的な関係ですよね。

IMG_1599

 

 

ちーちゃん、そろそろ行きましょうか。車ですぐの距離だから少しがまんね。

IMG_1598

 

 

「はいっ」

IMG_1615

 

 

ちーちゃんの入った軽いキャリーバッグとお嫁入り道具を手にちーちゃんの終の棲家へ。きっとご家族に珠のようにかわいがられるにちがいありません。

 

 

「ここですか?」

IMG_1618

 

 

そう。上のお姉さんは職場を早退してきたんですって♡

IMG_1625

 

 

家族そろってでちーちゃんを待ち焦がれていたと笑顔で話されていました。

IMG_1622

 

 

ちーちゃん用ケージ

IMG_1602

 

 

2階建ての広いお家なので慣れたら先住猫レオくんと階段で大運動会できるね。

IMG_1609

 

 

カーテンの向こう側が玄関です。

IMG_1626

 

 

そのカーテンをめくると脱走防止柵がつけられていました。

IMG_1604

 

 

 

玄関側から撮った写真。かたくて丈夫なアコーディオンカーテンが張りめぐらされています。これ、レオくんのためにお母さんが考えてつけたんですって。

IMG_1606

 

 

密度の高い住宅地ゆえ、建物が隣接しているとの理由でほぼエアコン生活だそうですが、唯一開ける2階の階段の踊り場にある換気用の窓には柵がつけられていました。ちーちゃんのお家はもともと安全意識の高いお宅なのです。最高!

IMG_1607

 

 

「レオです。ぼくんち快適でしょう? ぼくね、子猫の頃外に捨てられたの。運よくお母さんのお友だちに保護されて、お母さんが家族に迎え入れてくれたの」

IMG_1812

 

 

「猫が苦手だったお母さんをぼくが変えたんだよ」

IMG_1813

 

 

「スヤスヤ」

IMG_1814

 

 

上のレオくんの写真はお姉さんにラインで送ってもらいました。私はこんなのしか撮れなかった^^; レオくんごめんね。もっとハンサムなのに……

fa

 

 

「トライアルしますか?」との私の問いに「お返ししません。ナシで」と即答したお母さん。譲渡誓約書にサインしているときも終始にこやかで印象的だったな。

 

 

ちーちゃんの駆虫代をお預かりし、おみやげをいただきました。ありがとうございました。草団子はチチの好物なのでチチがペロッと平らげましたよ。

IMG_1631

 

 

お姉さんが写真を撮りまくっているそうです↓ 成長が楽しみですね。

IMG_1811

 

 

ちーちゃんおめでとう。姉妹猫の梅ちゃんのお母さんとちーちゃんのお母さんはきっと職場でお互いに写真を見せ合って我が子自慢をしていることでしょう。

IMG_1809

 

 

あたたかい家庭に入れる犬猫が一匹でも多く増えますように。

 

 

間隔があいてしまいましたが、次回はルナ改めルースの卒業記事をUPします。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ277ちーちゃん、レオくんとの距離が縮まっているらしいね。古巣が行きつけの病院となり、そこでワクチンや不妊手術を受けられるのはいいよね。せっかく生まれてきたんだから、のびのび育って快活に生きていってください」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





ポテトシッター3

※連続更新中のシッター記事の最後です。よかったら遡ってお読みください。

 

 

【シッター5回目(夜)&6回目(朝)&ラストの7回目(夕方)】

 

 

1日3回のシッターはやってみると割とタイトスケジュールでした。2つの家を行ったり来たり。でも臨機応変にいろいろと対応できる仕事をめざしている私にはありがたい経験。そしてなにより卒業生ポテチとコテツを大事にしてくれているのがよく伝わってくる依頼内容で嬉しかったです。

 

 

玄関の脱走防止扉。設置されているとこちらも安心して伺えます。

IMG_1751

 

 

掃き出し窓や

IMG_1770

 

 

換気用の小窓にもしっかり「事故、迷子ゼロ対策」が施されています。

IMG_1771

 

 

シッター日誌ついでに里親自慢もしちゃうという♡

IMG_1758

 

 

コテツ、いいねえ。安全かつ清潔ですごく素敵な家だもんね。

IMG_1769

 

 

お水をぐびぐび飲むコテツ

IMG_1757

 

 

ヤマトにもポテチにもやさしい次男坊コテツが、ほかの猫をいじめていた過去が信じられません。コテツの変身ぶりは保護主として感慨深いですよ。立派な猫でしょ?

IMG_1784

 

 

「じろじろ見てないで ごはんくれい~」

IMG_1772

 

 

はいよ^^

 

 

ヤマ坊もどうぞ♪

IMG_1752

 

 

清々しい食べぶりの男の子たちです。

IMG_1756

 

 

食器を洗ってルンルンの私

IMG_1787

 

 

報告のお手紙に猫3匹描いてみました。あ、これハート型の風船ね!

IMG_1755

 

 

あのね、ヤマ坊。私、乳飲み子だったきみが外に転がっていた頃からきみを知っているの。きみを発見したきーやんさんが私に、「目の前に子猫がいるんですが、どうしたらいいですか?」って電話をかけてきたから。きみの兄弟たちは残念ながら亡くなってしまったけれど、生きられなかった兄弟たちの分まできみの中には逞しい生命力が宿っているんだと思う。

 

 

きみは幸運中の幸運だよ。わかる?

IMG_1753

 

 

ヤマ坊みたいな子があちこちにいっぱい増えるといいよね。

 

 

そういう国に住みたくて私は一歩一歩自分の理想に向かって歩いているの。その過程できみのご両親と出会えて、幸せをシェアさせてもらっています。

 

 

キャー! 先代ハルさんの奥にノラスタ発見!

IMG_1807

 

 

毎回お手紙をびっちり書きました。ラインもちょくちょく送りました。

IMG_1786

 

 

楽しくて有意義でした。

 

 

人間は私ひとりでしたが、孤独に黙々と仕事をしたわけではありません。あたり前の話ですが、きーやん家には猫が3匹もいて、話しかけることができるのです。

 

 

私たち人間と同じ、喜怒哀楽のある生き物

IMG_1788

 

 

大切にしたいですよね。

 

 

きーやんさんから送られてきた703号室卒業生ポテチ&コテツを添えて

IMG_1808

 

 

ご依頼ありがとうございました。またよかったらぜひ!

 

 

来週火曜日もシッターのお仕事が入っています。なんと犬2頭、子猫2匹のお宅に7時間ステイします。安全に留意しながら犬の散歩もエンジョイしたいです。

 

 

明日はキジトラ子猫ちーちゃんのお届け記事をお送りします。

 

 

卒業生ルース(ルナ)、トライアル中のマルク、リタパン改めりん、ミラクル改めキビの卒業レポも溜まっています。はあ、放出時間がほしいですね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ポテトシッター2

【シッター3回目(朝)&4回目(夕方)】

 

 

朝6時26分に撮ったヤマトの写真

IMG_1722

 

 

こちらが6時29分のコテツ。コテツは私がリビングにいても逃げません。

IMG_1724

 

 

6時31分。朝ごはんをもぐもぐ

IMG_1728

 

 

“きーやんさんから伝えられたポイント”

①末っ子ヤマトが多量に食べると吐きやすくなる

②それぞれが食べきらないと残したごはんをほかの子が食べてしまい、「食べられる子」と「食べられない子」の差が出てしまう

③ポテチは他人(私)の前でごはんを食べない(出てこない)

 

 

食事が本当にむずかしいのです。そこで私が考えたのは「隔離」

IMG_1729

 

 

私のいる間はリビングの扉を閉め、他室のポテチをひとりにしてごはんをベッドの下までお運びする作戦を貫きました。帰る頃に空皿を回収すればOKね!

IMG_1730

 

 

あげた分をちゃんと食べてくれるとホッとします。ポテチありがとう♡

IMG_1733

 

 

「ねえ なにしてんの?」

IMG_1731

 

 

ん? 今?

 

 

きみたちのご両親に報告のお手紙を書いているの。ヤマ坊は特におりこうでしたって書いておいたからね(笑)。私のiPhoneに残っている赤ちゃんの頃のヤマ坊

IMG_1632

 

 

ちっちゃいときからいっぱしだったね^^;

IMG_1613

 

 

なんか去年きーやんさんにもらったプレゼントの写真も保存されていました。

IMG_1636

 

 

出しそびれたんですね。きーやんさん、その節はありがとうございました。

 

 

面倒くさい男、ポテチの食事が完了するとリビングの扉を元通りに開放。するとこうから……

IMG_1744

 

 

一気にだれもいなくなってしまうという。あ、あの……

IMG_1734

 

 

4回目は14時すぎに来ました。

IMG_1742

 

 

ごはん、おやつ、トイレ掃除、ゴミ捨て、洗い物、ほんのりとしたコミュニケーション、報告のお手紙などを書いているとあっという間に1時間経ちます。

 

 

1回1時間、を1日に3回。見習い期間中ゆえ相場の4分の1~半分程度の値段に設定していますが、きーやんさんに負担してもらう交通費が高くなってしまうので自分なりに安いパーキングや電車なども利用したのです。人と人は持ちつ持たれつ、でしょ?

 

 

電車で行った帰り道に寄った雑貨屋で買ったお水入れ。保護部屋で保護猫が使用するものです。これ、赤と黄色も持っています。軽くて丈夫で便利ですよ。

IMG_1806

 

 

帰宅後はお子たちとイチャイチャタイム。すずらんにもおやつをあげたりして

IMG_1805

 

 

いつかすずきちも卒業生となってちがう形で会えるのかな?

IMG_1804

 

 

そんな日を夢見て真剣にいろいろ考えています。

 

 

シッター日記はあと1回で終わります。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





しじのの家へ一泊旅行♡

※本日2度目のブログ更新です。よかったら遡ってお読みください。

 

 

土曜、兼ねてより楽しみにしていたしじのの家への旅が実現しました♪

 

 

といっても夕方6時から次の日のお昼までの3分の2日の小旅行ですけれど。

 

 

「クサい。あんたニオイがすごいわね」

0sn (4)

 

 

しじみさんお世話になります。あの……しじみさんの譲渡責任者は私だよ? つまりしじみさんは広義的にはうちの卒業生のおひとりでもあるのよ? わかってる?

 

 

チチが留守番してくれました。ありがたい。保護猫たちはチチにおやつをたくさんもらったにちがいありません。みんなうるさいお母さんが不在でのんびりと羽を伸ばせたんじゃないかな?

 

 

りょうちゃんのブログにも私が泊まった日のことが書かれていました。

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)の宣伝もしてくれて感謝です。

 

 

りょうちゃんちの本棚でノラスタ発見! うれしくてパチッ

0sn (12)

 

 

ふふ。やっぱりボリューム感たっぷりですね。チチにもなぜ辞書並みの厚さにしたのかと聞かれました。しかし私からしたら自分の17年のノラ猫スカウト活動のほんのひとつまみなのです。

 

 

ところで、しじみ&ののこ城は居心地のよさがハンパじゃありません。

0sn (7)

 

 

なんでもデキるりょうちゃんのお料理をいただきました。超おいしかった!

0sn (9)

 

 

食後にはフルーツとおはぎのデザートまで

0sn (6)

 

 

一瞬ハグさせてくれたののこ

0sn (10)

 

 

ののこは家族にしか自分を見せない忠猫タイプ。シャイなので、基本はりょうちゃんが抱っこしているのを私が近くで堪能させてもらうスタイル。ののこの譲渡にも私が噛んでいるんだけどな^^;

0sn (15)

 

 

「うちの猫らの愛想が悪くてごめん」

 

「いやいや私の獣臭がすごくてごめん」

 

 

の会話を終え、お風呂に消えたりょうちゃんですが、戻ってきて歓喜の声をあげてくれました。へへ。やるでしょう? りょうちゃんのいない間にツンデレのしじみさんを手なずけてしまいました。下僕になった心境で必死に撫でましたよ。

0sn (14)

 

 

「さわらせてあげる」

0sn (13)

 

 

15分以上しじみさんとイチャイチャさせてもらえた私。いや~ 興奮した~!

 

 

深夜までりょうちゃんとダラダラトーク。ゆちゃんにプレゼントでもらったお気に入りのポーチをバッグに変身させてほしいとお願いし、置いてきました。

0sn (11)

 

 

その間に703号室卒業犬の訃報も。12年半前に譲渡した(当時2歳すぎ)の成犬ジャックがリンパ腫闘病の末亡くなったのを里親さんにラインで聞いたのです。

0sn (3)

 

 

ジャックは前の飼い主からひどい扱いを受け、心を閉ざしてしまった犬。保護時代はジャックに本気で噛まれたこともあります。けれどすべてを承知で家族として迎えてくれた里親さんのおかげで14歳10か月まで幸せに生きたのです。

 

 

ジャックの死は悲しいけれど、12年もの間里親さんの相棒として暮らしたジャックは今ごろ天国でほほえんでいるのではないでしょうか? 私はそう思います。

 

 

合掌。ジャック、お疲れさまでした。

 

 

話はりょうちゃんちに戻りますが、私のいる間もAmazonや楽天から届く届く……

0sn (5)

 

 

良質な猫フードが仰山。「緑イ貝」の効能やすばらしさについて力説するりょうちゃんがかわいかったです。しじみさんとののこはいい家族に恵まれましたよね。

0sn (8)

 

 

夜な夜なしじののを膝に乗せ、PC画面を開き、「どれにする? なんでも買ってあげるよ? どれがほしい?」などと囁いているそうですよ。怪しすぎます。

 

 

私にもおすそ分けをくれました。黒真珠、白まんじゅうあたりが喜びそうです。

0sn (1)

 

 

ぐっすり眠ってストレス発散で気分爽快!

 

 

すっかりお世話になりました。また行っていいですか?

 

 

帰宅後の1枚

0sn (2)

 

 

猫の写真が多めになっていますが、犬組のリル、タカナ兄妹も元気です。

 

 

老犬介護の話も今度したいな。

 

 

では明日も仕事で朝が早いのでこの辺で失礼します。おやすみなさい。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





703号室慢性腎不全事情

皆さまこんにちは。うっとおしい雨天をいかがお過ごしでしょうか?

 

 

ブログネタが溜まりすぎてどこから手をつけていいのかわからなくなってしまいました。萎えそうになる心を奮起させ、時系列無視でいきますね。

 

 

6月4日のあまぱん東大病院通院日にタイムスリップします♪

kurosinnsirona (4)

 

 

現在慢性腎不全と闘うあまぱん。目ヤ二も気がかりで前田先生に相談することにしたのです。

 

 

東京大学動物医療センター待合室にて

kurosinnsirona (8)

 

 

病院はうちから車で30分。ほぼMIHOさんがつき合ってくれます。

 

 

MIHOさんと私は東大農学部の緑の雰囲気が大好き。あまぱんを検査に預けている間、私たちは軽くランチを取り、お天気がいいと敷地内を散策するのです。

kurosinnsirona (10)

 

 

この日は半そででOKのポカポカ陽気でした。

kurosinnsirona (6)

 

 

20年前に買ったお気に入りのラルフローレンのタイダイ染めのポロシャツと楽天でポチった1300円スカートの出番です! 物持ちのいいのが私の取り柄^^

kurosinnsirona (9)

 

 

検査終了の頃を見計らい、病院へ戻る私たち。ほどなく名を呼ばれました。主治医前田先生にノラ猫あがりのスターたちを♪

kurosinnsirona (7)

 

 

♡大巻先生にも中島先生にもプレゼントしています。

 

 

前田先生がノラスタの中身にドン引きしませんように(笑)。

 

 

さて、肝心のあまぱんですが、まず体重が100g減っていました。

 

 

薬やサプリを欠かさず飲ませ、点滴の量も増やしていますが腎臓の数値はほんのり悪化しています。でも「悪化の度合い」、つまり病気の進行が遅いのが幸いです。

 

 

自分でいうのもなんですが、うまく進行をコントロールできていると思います。ざっくり分けるならあまぱんは未だステージ3。QOLを維持しながらあきらめずに闘病していきたいです。

 

 

風邪の症状はどの抗生物質があまぱんに適しているのかの精密検査を依頼し、とりあえず対処療法としてコンベニア注射をしてもらいました。

 

 

貧血への対策として2度目の造血ホルモン治療(注射)もお願いしました。

 

 

気になる大学病院での診察代は21,490円+駐車場900円。安くはないけれどまあこんなものでしょう。ちなみに慢性腎不全のあまぱんとさぶの医療ケアにかかるお金をざっくり計算すると毎月10万円は軽く超えます。現在若い犬猫と暮らしている方は動物医療保険への加入を検討するのもいいかもしれません。私も入っておけばよかったのかもしれませんが、頭数が多かったので断念したのです。

 

 

慢性腎不全はじわじわと飼い主の懐を蝕む病気でもあります。

 

 

①モニタリングが必要なのでこまめに血液検査をしなければなりません。

②セミントラや鉄分を補うサプリが割と高いです。

③多飲多尿ゆえ、トイレ砂のコストが健常の猫の3倍以上かかります。

④療法食も一般的なごはんより高価です。

⑤ラクテック(など)、翼状針、ストロー、消毒綿……皮下補液グッズにお金がかかります。私はemi-goの病院で安く買わせてもらっていますが、毎日2匹に点滴をする(あまぱんは1日2回、さぶは1日1回)ので結構な金額になります。

 ⑥貧血など、慢性腎不全に紐づいた症状にかかる医療費が発生します。

 

 

猫は腎臓病になりやすいので、老猫ステージ前に蓄えていたほうが無難ですよね。

 

 

帰宅後、体調不良だった私に代わってMIHOさんが保護猫たちと遊んでくれました。

 

 

昨夜卒業したリタパンや

IMG_8138

 

 

次の大スター黒真珠

kurosinnsirona (3)

 

 

ちょっと軟化しつつある? 白まんじゅう

kurosinnsirona (5)

 

 

(写真がないですがすずらんも)みんなおやつやおもちゃを楽しんでいましたよ。MIHOさん本当にいつもありがとう。助かってしまいました。

 

 

放出する時間が足りないですが、703号室は全員元気です。のんびり自分のペースで皆さまにお伝えしていけたらと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク