黄色いパーカーと12本のビール

卒業生リタ改めりんちゃん家よりクリスマスプレゼントが届きました。

18 (6)

 

 

ありがとう。嬉しくて私もラブレターを投函済み♡ りんちゃんの里親さんと「もふもふ譲渡祭」でお会いできるのが楽しみです。トークも申し込んでくれた模様♪

 

 

相変わらずビビり度の高い保護犬まうくん

18 (12)

 

 

「ぼくこわい」

18 (11)

 

 

隠れているつもり

18 (10)

 

 

リルや高菜みたいに堂々と生きられるようになってもらわないとね^^

18 (13)

 

 

はじめはドームベッドに入ってもらっていたのですが……

18 (14)

 

 

引きこもりがひどいので屋根を取ってしまいました。

18 (15)

 

 

「ひどいじゃないですか! 吹きさらしの環境ですよ」

18 (16)

 

 

いえいえまうくん。家自体に屋根がついているので吹きさらしではないんですよ。

18 (17)

 

 

かわいくて仕方がないのでつい写真をパチパチ撮ってしまいます。まうくんが赤ちゃん犬でいる時期は短いから、写真は多くても邪魔にはならないですものね♪

 

 

ほかのお子たちももちろん元気です。保護猫白まんじゅうは(あまぱんとさぶに守られながらという条件付きなら)私と寝てくれるようになりました。

18 (18)

 

 

それぞれ個性豊かでいっしょにいて楽しい面々です。

 

 

さぶ、いつも協力してくれてありがとうね。愛しているよ。

18 (7)

 

 

さて、今日はこれを書いたらもうパソコンを開きません。

 

 

こんな風にだらしなくiPhoneを延々といじったりもしません。

18 (9)

 

 

ちょっとは見るかもですが、こういう感じではしません。

18 (8)

 

 

オフモードにします!

 

 

理由は、生誕を祝ってあげたい人がいるのです。

 

 

その人と出会ったのはおよそ20年前。

 

 

数年後、紆余曲折を経て、私たちはともに暮らすことを選択しました。そして今、いろいろな感情や事情でスープの冷めない距離にいます。人間関係は流動的なので、未来のことはわからないです。

 

 

でも私は、総じていうならその人の幸せを願っています。その人が病気をしたら本気で心配ですし、ある程度自分の胸の内を打ち明けられる存在です。

 

 

昔は私なりにいい奥さんでいなければならないとがんばっていた時期があったのですよ。振り返ればいい奥さんでいるかわりに、いい夫を求めていたのだと思います。見返りを求めるというか、なんというか。でもそうじゃないとわかったのです。差し出すから期待をし、期待を裏切られると落胆する。お互いの立場、言い分、うんぬん……これでは負のループです。

 

 

その人のことをすべてわかっていた気もするし、なにもわかっていなかった気もします。近くに感じるときもあれば、遠くに感じることもありました。

 

 

けれどたいせつなのは、興味を失わないことの一点のみだと現時点では考えています。

 

 

俯瞰できる位置にいるからこそ細部がクリアに見えることもあるのですね。

 

 

おそらくその人は、世界一のお父さんです。

 

 

お父さんとしての信用度は、とても高いです。その人が弱きものを見る目や触れる手は慈悲に満ち溢れていて、打算がなく、ひたすらにやさしいです。その人のそういった姿を見ると心が洗われます。

 

 

もふもふ譲渡祭の荷物運びをしてくれるというので、ささやかな誕生日プレゼントを贈ることにしました。その人は飲兵衛なのでビールを12本と……

18 (2)

 

 

もふもふ譲渡祭で着せるGUの黄色いパーカーと白のTシャツ

18 (1)

 

 

まあいちおう誕生日カードも

18 (3)

 

 

なんと開くと瓶が倒れるようになっています。凝ってるねえ……

18 (4)

 

 

あとはケーキとディナーか。

 

 

プレゼントを買った帰り、たまたま近くにいたemi-goたちとファミレスで30分お茶しました。この夫婦はふたりとも自然体でお互いを尊重している理想的な関係です。

18 (5)

 

 

庇いあうようなところもうらやましい。

 

 

親子、夫婦など人間関係はそれぞれいろいろですね。

 

 

そろそろ支度しないと。

 

 

おめでとうより、生まれてきてくれてありがとう、がしっくりくるかな? ふだんは犬猫にかけている言葉ですけど。いずれにせようまく言える気がしないですが、心境としてはそんなところです。

 

(※翌月の私の誕生日は倍返しを期待しています。あ! 期待しちゃいけないのか!)

 

 

皆さまもよい午後をお過ごしください。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





ウエディングドレス

※ブログを連続更新中。ぜひ遡ってお読みください。

 

 

まりおさんから届いたバザー品の画像を見て安藤さん(運搬担当)と私は仰天

1soresu (1)

 

 

これほんの一部ですよ? この約2倍がまりおさんの職場に保管されているそうです。

 

 

まりおさん、どれだけ大変な思いをしているか……本当にお疲れさまです。あまりにも多いため、まだもふもふ譲渡祭のTwitterやインスタに流しきれていません。商品チェックを楽しみにしてくださっているみなさん、ごめんなさい。できるだけがんばります。

 

 

そしてバザー品を送ってくださったすべての方に心より厚くお礼を申し上げます。

 

 

もふもふ譲渡祭は個人の集合体。個人を応援したい方がこれだけいるとは思いませんでした。皆さまの思いを裏切ることのないよう、しっかりと収支会計報告をし、活動のほうも努力していきます。

 

 

※なお、収支会計報告は時間がかかるため、もふもふ譲渡祭から1週間程度かかります。年内には必ずやりますのでHPへの掲載を終えましたらお知らせします。

 

 

張り切っているのは私どもスタッフだけではありません。

1soresu (6)

 

 

目を離した隙に、もふもふ譲渡祭に参加する保護猫メル子がなんと自作のウエディングドレスをまとい、「嫁行きたい」アピールをしているではありませんか!

1soresu (5)

 

 

メル子の姿を見たとき、私は感動の涙が溢れました。

1soresu (7)

 

 

というのはウソで、笑い転げたのが真実です(笑)。

1soresu (8)

 

 

そして速攻脱がせたのはいうまでもありません。

 

 

メル子、自分でドレス作らなくていいの。衣装担当のマイ太郎さんがこんなにスペシャルキュートな「もふもふ譲渡祭用衣装」を参加犬猫に提供してくれたのだから!

1soresu (4)

 

 

先週のシッター最終日に伺ったときの写真です。

1soresu (2)

 

 

マイ兄とはっちゃんはクリスマスシュシュをつけていました。

1soresu (3)

 

 

マイ兄もはっちゃんもいい家族に恵まれています。もふもふ譲渡祭に参加する犬猫たちのもとにもきっとサンタクロースが来ると信じています。みなさんのお知り合いやご友人で保護犬猫たちと暮らしたい方はいませんか? 参加犬猫たちは保護主さんから完ぺきなケアを受けたキラキラのスターばかり。勇気を出して人前に出る犬猫たちにどうか会いに来てやってください。チャンスをください。

 

 

※参加予定の犬猫たちはもふもふ譲渡祭のインスタやツイッターで見れます。

 

 

「きょうはぼくたちのいきさつをかくんじゃないのですか? ハハひどい……」

IMG_7744

 

 

まうくんごめんね。今からシッターのお仕事なの。

 

 

保護経緯は長くなりそうだったからサクッと書ける内容になってしまいました。

 

 

次回は書きます!

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





1日分の写真

皆さまこんばんは。

 

今日は「1日に撮った写真」を並べてブログ更新してみようと思います。

 

2019年12月8日にパチパチした分です。

 

おはようおりこうさん♡ 野犬の仔犬なのにトイレシーツの上でトイレが完ぺきにできるとは、おぬしなかなかやるよのう。ほんとうにえらい子です。

IMG_7729

 

 

ブログしか読んでいない方には唐突な登場でしたね。実は703号室に新たな保護犬が加わりました。仮名は「まう」です。男の子なので「まうくん」と呼んであげてくださいね。「舞う」が由来です。「舞い」や「踊り」はポジティブで楽しいイメージがある気がするのです。まうの未来が弾むように明るいといいなあ、と。まうの保護経緯は次回改めて詳しく書きますね。少しお時間ください。

 

 

※回虫の閲覧注意画像が出ます。

 

 

 

 

キャー! まるでパスタ(苦笑)。

IMG_7709

 

 

一泊したemi-goの病院でも驚く量の回虫が出たらしい。お尻からだけでなく、回虫を口から吐くほどうじゃうじゃ……。もちろん駆虫薬を飲ませているのでご安心を。念のため、あと1~2回は飲ませますし検便も数回行います。夜したうんちにも回虫がいました。量は減ったけれど。

 

 

人間の庇護を受けずに生きる犬猫たちはしんどいですね。

 

 

朝のお子たちのお世話を淡辺さん(チチ)と協力し合い、パパっと身支度してフォスターアカデミーベーシックプログラム犬座学の講義会場(DEAR PET)へ

IMG_7714

 

 

フォスターアカデミーを応援してくださっています。

IMG_7715

 

 

肉球の足跡見っけ!

IMG_7718

 

 

「あ! 足跡!」

 

と声に出したらスタッフの方が笑っていました。

 

「そうなんですよ。最近足跡をつけてみたんです」

 

だそうです。おお。ますますキュートであったかい雰囲気になっています^^

 

 

2Fの講義室は白を基調とした清潔感溢れるお部屋

IMG_7730

 

 

ここで2時間みっちり話をさせてもらっています。講師も座っていいのですが、私は熱がこもると立つ癖があるのでほとんど立っていた記憶しかありません。

 

 

多くの質疑応答も交わしました。有意義ですばらしい時間をありがとうございました。

IMG_7711

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)が6冊売れたのです! そして受講生のみなさんに「もふもふ譲渡祭」チラシを配りまくるというあざとさ周到さ♪

IMG_7713

 

 

私の誘いに快く応じてくださり、来てくださる方が増える予感大です。

 

 

事務局の松原さんも「もふもふトーク」を楽しみにしているおひとり。当日は立ち見の参加になるので申し訳ないけれど、ぜひ東京大学動物医療センターの前田先生の話が聞きたいのと、大師前どうぶつ病院の中島院長を私に紹介してほしいとのこと。

 

 

正直、言い出しっぺのくせにアレですが、もふもふ疲労度がピークに達しています(汗)。

 

 

私だけではなく、みんないっぱいいっぱい。ですが自分の言葉に責任を持ちたいので、最後まで笑顔で誘いつづけようと心に誓っています。そして自分ができることをなんでも率先してやっていこうと決めています。しばらく「もふもふもふもふ」うるさいですが、寛大なお心でお許しください。

 

 

講義終了後の1時間はひとりで「街ブラ」が自分の恒例行事となっています。

 

 

大好きな青山、表参道、原宿、明治神宮前あたりをウロウロするのです。セレブぶっているわけじゃないですよ。高校、短大が渋谷区だった私にとって、その辺りは青春の思い出の地そのもの。

 

 

主にインテリアショップをまわっています。

IMG_7724

 

 

ビンテージやアンティークを扱うショップでほしいものを発見。値札は必ずチェックしていますが、決して高価ではありません。なのに「買う」決断ができる状況にないのがただただ恨めしく、脳内で妄想ばかりが広がっていきます。とりあえずは「目の保養」で折り合いをつけたいです。

IMG_7723

 

 

あああ……

IMG_7721

 

 

電車に乗る直前に「閉店セール全品70%引き」の文言に引き寄せられ入ったAmericaneagle(日本撤退ですって)。肌着が3枚で900円台で売られていたので思わず購入。やっと古いのを容赦なくポイできる♪ お得すぎでした。

 

店の中はすでにだいぶ品薄で閑散としており、これまでAmericaneagleで働いてきたマネキンたちが次の職場を求めて集会を開いているようでなんとなくしんみり。マネキン相手に「お疲れさまでした」と言葉を掛けてやりたい心境です。

IMG_7726

 

 

うんうん仕事ほしいよね。私もほしい。困っちゃうよね。気持ちわかる。

 

 

帰宅後、あまぱんやさぶの点滴とお子たちの世話を済ませ、シッターのお仕事へ

IMG_7733

 

 

愛猫2匹、庭猫2匹(TNR済)、保護猫1匹のお宅で計5匹のお世話を担当中。保護猫ふぅちゃんはもふもふ譲渡祭に出場しますのでよろしくお願いします。

IMG_7732

 

 

ふぅちゃん宅は数回のご依頼を受けているので明日も行きます。

 

 

すべてを終え、703号室へ。みんなとのラブラブ時間を堪能するのが私の生き甲斐です。

 

 

私のたいせつな家族を守るためには仕事などで外に出なければならない矛盾をうちのお子たちは理解してくれるのか、ときどき不安になります。

 

 

飼育面では淡辺さん(チチ)と力を合わせているので留守番時間は短いですが、できることならお母さんの私がお子たちともっといっしょにいたいです。

 

 

まあそういう意味でもシフトに融通の利くシッターの仕事は私に向いていますよね。「なにか」と「なにか」の合間に一度家に戻れるのはありがたい。フルタイムだと譲渡活動しながら老猫老犬たちと暮らすのはかなり厳しいかもしれません。

 

 

この日撮った最後の写真。冒頭に登場したまうくんがどこに隠れているかわかりますか?

IMG_7737

 

 

フリーにしてもらってもまだ隅っこが落ち着くようです。かわいいね♥

IMG_7738

 

 

次回はまうくんたちのことを紹介しますね。

 

 

読んでくださりありがとうございます。明日も皆さまにとっていい1日でありますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





アニマモールかわさき2 PEPPYルームほか

皆さまこんばんは♪

 

 

ブログの更新が追いついていないのですが、ブログも書きたいので時系列があちこちに飛ぶのをお許しください。おかげさまでポツポツと仕事があり、もふもふ譲渡祭の前と相まって、とても忙しいのです。Twitterはもふもふ譲渡祭絡みが中心となりますがどうぞ見てくださいね。

 

 

明日は朝から「フォスターアカデミーベーシックプログラム犬座学」の講義を担当します。あー早起きのためなにがなんでもぜったい早寝しないと(汗)。

 

 

みりんさん、あちこちでもふもふ譲渡祭の宣伝をありがとうございます。

kkke (9)

 

 

心から感謝。当日お会いできるのを楽しみにしています。

kkke (8)

 

 

私も母の店で働きながら宣伝しまくり

kkke (5)

 

 

 

ふふ。ワークショップにもお誘いしました。猫バッグづくりを楽しみにしているそうです。

kkke (7)

 

 

それにしてもQRコードって便利ですね。だれが考えたんだろ?

kkke (6)

 

 

淡辺さん(チチ)ももふもふ譲渡祭にお手伝いにきます。

kkke (3)

 

 

ワークショップもやるんですって(笑)。ゆちゃんビシビシご指導ください。

kkke (4)

 

 

母の店は結局1回しか行けませんでした。来週は火曜の夜出勤します。

kkke (2)

 

 

母と駒込のパン屋さんに入ったら「ママと娘さんがますます似てきた」と言われショックを受けた私。似てます? 似てないでしょう? 私ドラえもんじゃないし。

 

 

「そっくりです」

kkke (1)

 

 

「うーん」

kkke (14)

 

 

「お腹ぺっこりんです ごはんください~」

kkke (15)

 

 

先週は5回マイ太郎さん宅でシッターをしました。マイケルくんはっちゃんに歓迎してもらいすっかり気をよくしている私です。めちゃくちゃなかわいさですもん。

 

 

最後に、先日行った「アニマモールかわさき」のPEPPYルームをご紹介します。手前のホワイトボードには中にいる猫の情報が載っています。運命の子がいれば、お見合いの希望も受け付けるそうです。ちなみに入る際は履物を履き替えなければならないので、靴を経由しての感染症対策がきちんとなされています。また、2重扉になっており、猫の脱走に配慮された造りです。完璧……

kkke (11)

 

 

PEPPYの名がついているのは、PEPPYがキャットタワーや小物、備品を支援してくれているからとのこと。先日の「ヒルズ講堂」と同じ仕組みですね。

kkke (13)

 

 

PEPPYルームはアニマモールかわさきの目玉。有名なのでいろんな方が知っているでしょう。本当に陽当たりがよく、広く開放的かつ清潔。その上スタイリッシュ。猫の上下運動を考えつくした設計になっています。猫たちは幸せそのものに見えました。なんなら私が住みたい~♡

kkke (12)

 

 

保護猫たちはふだん猫舎にいるのですが、運動をさせるために数時間(結構長い時間だった記憶ですが正確な時間は失念)交替でここに移動してきます。職員やボランティアの方が相性の合う猫同士を完全に把握しているため「お友だち猫同士の集会場」としても成り立っているのです。すごい!

kkke (10)

 

 

PEPPYルームはオープンスペースですが、実はバックヤードに私は驚いたのです。写真とポンコツ頭を整理しながらゆっくり少しずつUPしていきますね。

 

 

アニマモールかわさきは日本の動物愛護センター。昔でいう「保健所」です。にもかかわらず暗いイメージも死のにおいもまったくありません。これが日本か? と疑うほどどこもかしこも、大きな場所から細部にいたるまで緻密な計算によって建てられています。

 

 

ゴージャスな愛情とクリーンさが際立っています。

 

 

日本は変わってきています。いい変化を素直に認めてより良くしていきたいですね。不幸な動物を称賛集めや資金集めに利用している方には「いい日本」が逆に耳の痛い現実かもしれませんが、日本は今、最低クラスではありません。行政が全部悪いわけでもありません。

 

 

現にアニマモールかわさきは「行政」「自治体」です。

 

 

確かに地方と中央の温度差はあります。わかります。だけど地方もそのうちもっと著しくいい変化を遂げると私は信じています。だっていろんな方が動いていますものね。

 

 

「正義と悪」という同情を得るような図式をたて、目くらまし用の敵を作り、批判や嘆きを繰り返すやり方はもう古い。キツい言い方をしてしまいましたが、いろいろと思うところがありますので自分の意見をはっきり書かせてもらいました。

 

 

機会があったらみなさまもぜひアニマモールかわさきへ保護動物に会いに行ってみてくださいね。人力で防げるような感染症の心配がほとんどないプロフェッショナルの方による譲渡会は魅力です。

 

 

もふもふ譲渡祭もそこをめざしています。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





ぶっとい赤い糸を探そう!

書きたいことがいっぱいあるのですが、仕事や活動やお子たちのお世話に追われています。

 

 

しかし、自分の中からなにかを出しておきたい……。

 

 

ということで、先日撮り溜めた保護猫メル子の写真をUPします。

5555 (8)

 

 

言っておきますが本当にビューティフルです。

5555 (5)

 

 

華奢で彫が深く目がまんまるで大きいの。ちょっと想像してみてください。昔、学生時代にいませんでした? こういうタイプはクラスでは高嶺の花ですよ?

5555 (4)

 

 

「ハハ~ そのたとえ 一般的によくわかんない」

5555 (9)

 

 

「正直な話 わたし 学歴がないので」

5555 (3)

 

 

ふふ。たしかに。

 

 

写真を撮ってセリフを勝手につけるのっておもしろいですね。

 

 

まあ、メル子の美貌だけでも皆さまにほんのり伝わっていればうれしいです。

 

 

そしてめっちゃくちゃ甘えん坊なの♡

5555 (6)

 

 

「わたし 小さめで 体重がかるいから苦にならないでしょ?」

5555 (7)

 

 

うん。そうだね。何時間でも膝にのせていられます。ポカポカあったかいし♪

 

 

「わたしは人にとってはいい子だけど 猫友と仲よくする自信だけはないの」

5555 (2)

 

 

だいじょうぶ。人も猫も犬もみんなそれぞれにちがうから。メル子の個性だと思って「1匹飼育」してくださるお宅を探すね。もふもふ譲渡祭でいい出会いがあるといいね。

 

 

卒業生星太郎のママさんもメル子に夢中なんだって。メル子と暮らしてくれそうなご友人に声をかけてくれたりして、気にかけてくれてるの。

 

 

多くの方が応援してくれているよ。そのサテンの首飾りくらいぶっとい赤い糸を探そう!

5555 (1)

 

 

PS 日中、食べ物を求めてキッチン(シンク付近)を物色していたメル子の魅惑的な尻が私の目の前を激しく行き来するので沸き起こる衝動を抑えきれずに肛門腺を絞ったところ想像を上回る量の肛門液がドピャーと吹き出して恍惚しました。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク