10分更新 『だるまさん』

私の七不思議のひとつが【ほほ】。謎だらけです。

 

 

7月あたりで10歳になる水頭症のほほは、東京大学の前田先生もにも「ほほさんがなぜ生きていられるのか、科学的に説明できない」と驚かれています。

 

 

検査の結果、ほほの脳内は水の量が異常に多く、溢れんばかりの水に脳が常に圧迫され、「脳がペラペラでほとんどない」重度の水頭症。生きているのがそもそも「?」だそうです。

 

 

 

昔、猫の里親になってくれた人が瀕死の子猫(ほほ)を近所で拾い、半ば強引に私に押しつけてきたのです。我が家の先代猫かつが亡くなる3日前に。約10年前の話です。

 

 

正直、泣きたくなりました。お願い・・・・・・かんべんして。

 

 

だって最愛のかつが今にも死にそうなときに、私は予定外に見知らぬ重篤な子猫(ほほ)を迎えに行き、病院へ運び、治療費を払い、家に連れ帰らなければならなかったのです。

 

 

どこかおかしいと思いませんか?

 

 

 

保護猫の里親になってくれたのはありがたいけれど、私は便利屋やコンビニではありません。だいいち、私はその人に借りを作ったおぼえもないです。かつがとても苦しそうだから、一秒たりともかつのそばを離れたくなかったのに、話を聞いてしまったら、子猫がふびんになってつい動いてしまいます。そこを熟知して突くのは一種の脅迫ではないでしょうか。

 

 

私は家族の危篤時に達観の境地に立つ立派な人間ではないんですよね。修行不足です。

 

 

 

加えてのちに知ったことですが、その人は倒れている小さなほほを遠目に見て、一瞬飼おうかと迷ったそうですが、顔を見てやめたとのこと。ほほの顔が変だというのが理由らしい。

 

 

 

まあたしかに、ほほは個性的な顔をしていますね。

kiiti (2)

 

 

 

 

病院で子猫ほほは短命だと診断されました。

 

 

 

どれほどの短さかはモヤをかけた言い方でしたが、先生の口ぶりから察すると、きっと数年、いや数ヶ月のレベルの厳しさだとみられていたでしょう。もっといえば、当時パルボを疑われるほどひどい水下痢だったので、ヘタしたら数ヶ月すらもたない状況だったかも。

 

 

 

私はほほに奇跡が起きるとは考えませんでした。すぐに死んでしまうだろうとの悲観した心でした。でも、ほほの最後の日まで、私なりのベストを尽くしほほを育てていきたいと思いました。かつがそう思わせてくれたのか、ほほがそう思わせてくれたのかはわかりません。

 

 

 

ほほが10歳を迎えようとしています。生命力の強い猫です。

hohoe

 

 

 

 

運動障害があり、行動はのんびり派。しかし性格は超強気。

 

 

 

運動機能が下がっても、努力でカバーしようとします。

 

 

 

できなくなってしまったジャンプが再びできるようになりました。

 

 

 

 

気にくわない保護猫がいるときはマーキング主張しますが、基本トイレだって完璧!

 

 

 

 

(ステロイドの影響もあるかもだけど)食べるのだーい好き♪

 

 

 

 

日常生活の中で、私はよく転ぶほほを目にします。

 

 

 

そしてその後、必ず起き上がるほほを目にします。

 

 

 

最近かわいかったのは、夜サクとセスの運動会にほほがはりきって参加したこと。スローモーションの動作でねこじゃらしを追っていた姿にクスリと笑わせてもらいました。

 

 

 

転ばないように歩くんじゃなくて、転んでも立ち上がる力を身につけたいですね。

 

 

 

出会い方に「イラッ」としたのは事実ですが、ほほと家族になれて10000000000%幸せです。

 

 

 

ほほの居場所が703号室でうれしい!

 

 

 

それにしても、どうしてほほ、ポツンと外にいたのかな? 子猫時代は頭が重くてろくに歩けなかったのに、だれが移動させたのか未だに気になって仕方ないです。母猫? うーん・・・・・・。

 

 

 

スポンサーリンク

かがむ日

私のメールアドレスのアカウントが乗っ取られてしまったらしく、新しいパスワードが設定されるそうです。数日間私はパソコンのメールを使えませんので、ご用の方はメール以外の方法でコンタクトしてくださいね。ちなみになぜかiPhoneも調子悪いです。

 

 

にゃっ展の資料(保護の回)、にゃん太さんのOKが出てホッとしました。

 

 

実は2時間で終わらせたのです。いつもだと読み返すのですが、読み返す気力がなく、そのまま送信。すごいダメ出しを喰らうかと覚悟していたのですが、大丈夫だったようです。

 

 

送ったのは文章だけなので、写真は明日助っ人と撮ります!

 

 

 

昨夜は在宅ワークをひとつ納品し、気持ちが少しラクになりました。私は自分で決めたスケジュールどおりに動けないとオロオロする性格。そして予定を詰めこみすぎるタイプ。在宅ワークはしょっちゅうダメ出しを喰らうので、もう、図々しくド~ンと構えることにしています。いちいち凹んでいたら身が持ちませんから^^;

 

 

 

水曜日を自由に使うために、すばやく行動。宿題は先にやっておく方です。

 

 

 

今日は大がかりな掃除もしません。

 

 

お子たちのお世話以外、腰をあげなければできないことはなんもしない。

 

 

 

むしろ「かがむ日」です。

 

 

 

足元に宝が落ちているとします。

IMG_3199

 

 

 

 

そうしたら、こんな風に近寄りたくなるじゃないですか。

IMG_3212

 

 

 

 

毎日薬とごはんをがんばっています。下痢がちょっと治まってきましたよ。

IMG_3224

 

 

 

マイトマックスのおかげかな? SNSにはあげなかったけれど、先週末チチ、べべ、ナナ、リルと近所の公園で夜桜を堪能してきたのです。

 

 

べべはドタバタと走らなくなって、いたずらしなくなって、吠えなくなって、鼻鳴き(要求鳴き)しなくなって、笑顔が減りました。こちらが注視しないと、存在自体を忘れてしまうほど静かなおばあちゃんです。私よりオトナになるスピードが格段に速い。

 

 

ケンカ友達だった頃がなつかしいな。

 

 

 

若いときおっとりだった分? ナナは逆にやりたい放題のおばあちゃんになったよね^^;

IMG_3230

 

 

 

 

「おれたちを見に来たか? みんな寝てるから うるさくしないでな」

IMG_3233

 

 

 

はいはい。

 

 

 

ほほ、あまぱん、さぶが体温をシェア中。触れなくてもあたたかいのがわかる。

IMG_3227

 

 

 

「ぼくも入れて~」

IMG_3206

 

 

 

大口あくびのセスが猫だんごに乱入!

 

 

 

でもじっとしていません。すぐに猫だんごを飛び出しサクと運動会をはじめてしまいました。

IMG_3237

 

 

 

若造は活きがいいです。

IMG_3236

 

 

 

連れション・・・・・・というよりお互いがお互いの排泄の邪魔をする遊びで盛り上がるサクとセス。ふたりがスッキリしたあと、トイレ掃除のおばさんは(私)トイレを丸洗いし砂を総取り替え

IMG_3217

 

 

 

 

「ねえねえ ハハ~」

IMG_3204

 

 

 

「どうしてかがむの?」

IMG_3205

 

 

 

サクちゃんどんなお顔してるかよーく見たいなあと。

 

 

サクちゃんの目線でものを見たいなあと。

IMG_3209

 

 

 

たまにはね。

 

 

 

「へ?」

IMG_3238

 

 

 

 

話しかけるとサクは首を傾げるんだよね。その様子がかわいくてかわいくて。ちゃんと聞いてくれて賢いねサクは。いつもありがとうね。スクスク育ってくれてありがとう。

 

 

 

「ハハ~ 見て見て~ 加齢で腰を痛めやすいハハが いちいちかがまなくていいように ぼく 高いところにいるの ぼくのほうが賢くないですか?」

IMG_3220

 

 

 

うーん。そうねえ。???

 

 

 

「キリリ」

IMG_3221

 

 

 

 

ほどよく散らかったリビング(家事完成度60%程度)にて、かがみながら各々の視界を見る。

 

 

 

八通りの生き方を知る。頭数分の世界に出会う。

 

 

 

表現しがたいほど心穏やかで幸せな午後を過ごしています。

IMG_3215

 

 

 

私の天使たちへ

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク

10分更新(じゃないけど) 『しじのの家へ』

写真を取り込むまでにすでに「10分」以上なのに、10分更新とか無理あるし^^;

 

 

ネタがたくさんあるのです。

 

 

お蔵行きは悔しいのでなるべくブログで放出します。本日は数回更新しています。

 

 

 

ソフトバンクへ行ったらiPhoneカメラなおしてくれました。ありがとうございます。

 

 

 

スーパーで買い物後、郵便ポストを開けたらこんなものが!!

ssnn (13)

 

 

 

しじみの里親りょうちゃんーーー!!

 

 

ありがとう。

 

 

 

りょうちゃんはセスのご縁のいきさつを私のブログで読み、娘さんの考えに感動したそうです。

 

 

 

先日遊びに行った際も、サクとセスを何度もかわいいって言ってくれてうれしかった♪

 

 

 

「わたし セスじゃないわよ ののこよ」

ssnn (8)

 

 

 

のの~! ひさしぶり!

ssnn (12)

 

 

 

しじみ家の一員になった黒猫ののこは「703号室」を経由しているんです。なつかしいな。

ssnn (11)

 

 

 

 

「来たのか」

ssnn (7)

 

 

 

しじみ嬢、おじゃましますね。

 

 

 

りょうちゃんがしじみ嬢を捕まえてきてくれた連れてきてくれたので抱っこ写真撮れました!

ssnn

 

 

 

超絶萌えるフォルム。だーい好きです。

 

 

 

忙しい合間を縫って個性的でおいしいランチを作ってくれたりょうちゃん

ssnn (2)

 

 

 

電車で行ったので貴腐ワインをごちそうになりました。貴腐ワイン好物です。

ssnn (3)

 

 

 

貴腐ワインでほんのりリラックスしたチーさん(ご主人)は今回も天然ぶりを炸裂。ふつうに寝室でお昼寝をはじめました。そのキャラクターに憧れます。自然体でいいなあ^^

ssnn (6)

 

 

 

りょうちゃん工房に案内してもらいました。

ssnn (5)

 

 

 

商品はネットで注文できます。

ssnn (4)

 

 

 

長くアパレル業界にいたおふたりはセンスが抜群。ほしいので予約済み。猫型クッション。猫用のベッドに添えてもいいですね。私はキャリーバッグの中に入れようと思っています。

ssnn (10)

 

 

 

未完成のバッグ類。絵を描いているのはりょうちゃんです。すごいねえ。

ssnn (9)

 

 

 

りょうちゃんのショップ「にゃっ展」に参加します。

 

 

 

チーさんがスヤスヤと夢を見ていた頃、りょうちゃんと私はペチャクチャおしゃべり。学生時代からの親友のような感覚で話ができます。猫の話もするし、猫以外の話もするし。

 

 

りょうちゃんは真剣な話も不真面目な話もできる私にとって貴重な存在。しじみ嬢をたいせつに育ててくれています。ののこももちろん。そして自分でも家のまわりの猫をTNRしたり里子に出したりしています。バランス感覚にすぐれ、力のある方です。

 

 

りょうちゃんに会って元気復活。留守番中のチチの夕飯を作らなければならなかった私は、ギリギリのギリギリまで粘って、ギリギリのギリギリまでしゃべり倒してから帰宅(笑)。

 

 

りょうちゃんもブログに書いてくれています。しじみ嬢が私のことをほんとうにうっとうしそうにしていたのがウケる。私が席を立つたびに「あなた やっと帰るの?」という顔をするしじみ嬢。

 

 

「ううん まだ帰らないよ? 私まだいる」

 

 

ひひひ笑いながら返す私。ガッカリするしじみ嬢の姿にまた悶絶。

 

 

 

しじみ嬢、あなたさあ、あなたとりょうちゃんのご縁を結んだのは私なんですけどね?

 

 

まあ、人生こんなもんです。

 

 

 

お子たちのお世話や家事から解放された週末の貴重なひとときでした。

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク

10分更新 「メルに会ったよ」

うっ。いきなりiPhoneカメラがまっ黒になって使えなくなったんですけど。

 

 

どうすりゃいいのかわからないので、あとでソフトバンクへ駆け込みます。SNS時代を生き抜こうと必死なのに、疲れるほどなんにもわかっていないというアナログさ。ふう。

 

 

本日のネタの一発目は、卒業猫ソイルあらため「メル」。子猫だったメルがあっという間に不妊手術。里親さんはemi-goの病院での手術を希望しているので、私も診察に同行しました^^

sotumer (12)

 

 

 

 

あいかわらずおめめ大きくてかわいい。体重2.5キロ。GOサインが出たので手術日を予約!

sotumer (2)

 

 

 

メル、がんばってね♪

sotumer (3)

 

 

 

キャリーのサイズをまちがえたという里親さん。中型犬が入りそうなキャリーを足元に置いていたのがおかしくて笑えました。好きだなあ。とっても穏やかでやさしいご夫婦です。

sotumer (4)

 

 

 

こんなに丈夫なキャリーなのに、洗濯ネットとのダブル使い。私が伝えたことをお守りくださって心強い限りです。ありがとうございます。安心して見守れます。

 

 

 

里親さんから届いた近況写真。鼻まわりの模様が萌える♪

sotumer (7)

 

 

 

赤い首飾りが似合っています。

sotumer (10)

 

 

 

スクスク育っていますよ。メルは幸せに暮らしています。不妊手術うまくいきますように。

 

 

 

さて、メルに会いに行ったついでに、「にゃっ展」のポスターやハガキを病院に置いてきました。

sotumer (6)

 

 

 

にゃん太さん、プレゼントありがとうございました。

sotumer (5)

 

 

 

昨夜emi-goの病院(大師前どうぶつ病院)へ行ったら、壁にはられていました^^

sotumer

 

 

 

 

このヒョウ柄のご夫人にも渡したところ

sotumer (8)

 

 

 

店にはってくれたようで、写メが来ました。ママありがとう。

sotumer (11)

 

 

 

深夜ファミレスでマンゴーのデザートをむさぼっています。

sotumer (9)

 

 

 

母子してマンゴーに目がありません。

 

 

 

昨夜は徹夜でにゃっ展「アンニイさんお話会/保護」の資料を作り、今朝? 10時すぎまで爆睡。昼やりゃいいんですが、昼は昼でやることがあるのです。家事や在宅ワークとかね。

 

 

 

まだ手直ししますがたたき台はできたかなと思います。

 

 

 

最近なにをやるのにも腰が重くて、心も重くて、動作行動ひとつひとつが億劫でたまりません。気が滅入りやすいです。春だからですかね? 皆さまは心身お大事にしてくださいね。

 

 

 

いつもあたたかい応援ありがとうございます。

 

 

LOVE

 

 

 

 

スポンサーリンク

プリンセス実葉2

さて、つづきを書くのが遅くなってしまいましたが実葉家にご案内します。

mikazo (19)

 

 

 

※今「i」はちゃんとひっくり返されています(笑)。

 

 

 

あ、りんちゃんだ。よろしくお願いしますね。

mikazo (12)

 

 

 

 

りんちゃんゾーンは、女の子らしく飾られていました。

IMG_1718

 

 

 

「実葉ちゃんにボロボロにされてもぜんぜんだいじょうぶ。このソファ実葉ちゃんにあげます」と言ってくださったソファ。フカフカで気持ちよさそう。

mikazo (48)

 

 

 

でもできれば実葉、こっちで爪とぎしてね!

mikazo (30)

 

 

 

猫型ベッド

mikazo (18)

 

 

 

 

実葉専用マンション。マイママさんちにあるのと同じタイプですが、実葉家のは「隠れ家」つき!

mikazo (10)

 

 

 

実葉を迎えると決めてから、実葉が暮らしやすいよう、実葉中心に気を配ってくださったみかぞさん。準備のひとつひとつに実葉をたいせつに思ってくださっているのが伝わってきます。

IMG_1743

 

 

 

ご主人の力作「掃き出し窓の脱走防止柵」は木枠をつけて強化

IMG_1916

 

 

 

実際とてもじょうぶでした。

 

 

 

後日送られてきた写真

IMG_1797

 

 

 

 

女性陣が話している間、ご主人と息子さんはかわるがわる実葉を静かに見守っていました。

IMG_1728

 

 

 

 

ふと目が合ったご主人。ふふ。上品にオネエ座りをしていたところをパチッ♪

IMG_1730

 

 

 

 

玄関最高! (このほかリビングに入る扉もついています)

mikazo (31)

 

 

 

 

両面鍵つきのアルミの柵が備わっているという。りんちゃん時代からあったんです。

 

 

 

脱走不可能ですね。もうかなり万全なのに、実葉がまちがって外に出てしまわぬよう、ご主人はさらに靴箱付近に柵をつけることも検討しているんだそうです。ありがたい。

 

 

 

息子さんも私に約束してくれました。

 

 

「外に出ないよう、必ず気をつけます」

 

 

 

お届け数日後、みかぞさんと電話の際、みかぞさんが「息子に妹ができた」「息子が言うことを聞いてくれるようになった」「息子がよくお世話をしている」と話していたのが印象的でした。

 

 

 

息子さんはりんちゃんが旅立ったあと猫と暮らしたかったのですが、みかぞさんの気持ちの整理ができるまで、無理にねだるようなこともせず、ご主人とともに、じっと待っていたのです。

 

 

 

若い方の「一拍を置く」は私たちオトナよりもたいへんだったはず。立派ですね。

 

 

マイママさんも感心、安心、です。

 

 

 

素敵なダイニングでお茶をいただきました。

mikazo (42)

 

 

 

 

どれもおいしそう!

mikazo (13)

 

 

 

 

私は息子さんの横に座ってキャラメル味のケーキをごちそうになりました。

IMG_1725

 

 

 

 

実葉もおやつタイム

mikazo (37)

 

 

 

 

 

「おいしい~」

mikazo (43)

 

 

 

 

お嫁入り道具もしっかり渡しましたよ!

mikazo (24)

 

 

 

皆さまからお預かりした分それぞれに「素敵!」とか「いいですね~」などの感想を述べ、「たいせつにつかいます」と頭をペコッと下げていたみかぞさん。

 

 

 

棚の上に飾られた私の書いたお手紙

mikazo (36)

 

 

 

 

きっといろんなプレッシャーがあったと思うのです。だけど常に爽やかな笑顔で実葉や実葉へのまわりの期待、応援を包み込み、先まわりして物事を考えてくださいました。

 

 

 

実葉と暮らすようになって生活にハリが出てきたらしいですよ?

 

 

 

実葉が横を向いちゃったけど、家族写真(顔出しOKもらってます)

mikazo (49)

 

 

 

女性陣の記念写真(実葉カメラ目線)

IMG_1809

 

 

 

息子さんがいいカメラで撮って、すぐに私に送ってくれたのです。ありがとう!

 

 

 

マイママさんと私に心温まるプレゼントも。私の分はべべのクリニケア、スイーツ、手作りのエコタワシ(ああ富士山いいねえ)など。それとお手紙! みかぞさんと息子さんが書いてくれたのです。ありがとうございました。医療費は実葉の不妊手術分の実費をお預かりしました。

mikazo

 

 

 

息子さん、達筆。文章もムダに長く生きている私よりずっとじょうず。中身は私への感謝、実葉への思い、そして決意がつづられていました。お手紙大事にします。

 

 

 

以下はみかぞさんが送ってくださった写真

mikazo (52)

 

 

 

 

実葉あなた、プリンセスだねまさに!

IMG_1811

 

 

 

 

「タナベさん わたし 自分でもおどろくほど そっこうでなじみました」

IMG_1810

 

 

 

 

「わたし専用のソファでくつろいでいます お兄さんが わたしの枕役」

IMG_1801

 

 

 

 

「ふわふわで 寝ごこちいいです」

IMG_1747

 

 

 

 

「マイママさん 見ていますか? わたし 珠のように愛されていますよ」

IMG_1799

 

 

 

 

「応援してくださったみなさん ありがとう わたし 外にいた頃から お兄さんと仲よくしたかったの 今 お父さん お母さん お兄さんと毎日たのしく 暮らしています 親戚もいっぱいいます 運動会しても ねんねしても おねだりしても わたしの家族は ニコッと笑ってくれます わたしをそっとしておいてくれたりもします

わたしの運転手と秘書役のタナベさんから お世話になったみなさんに 個別にお礼ができなくてごめんなさい わたしの麗しさに免じてゆるしてね

わたし また走れるようになりました そして幸せになりました 実葉より」

IMG_1798

 

 

 

 

終の棲家を得られる犬猫たちが1頭でも多く増えることを願っています。

 

 

 

かつくん「x246実葉おめでとう。長い道のりだったね。ハハの実葉の第一印象は“体がまっ黒に汚れてるなあ”だったのですが、シンデレラみたいにピカピカになったよね。外や動物愛護センターには多くのシンデレラ候補がいます。ぼくはみなさんの力で“本物のシンデレラ”に変えられると思います。人間の力は無限だから。ハハにできることはだれにでもできること!」

1-3483

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク