ほほ氏のDV(笑)

前の記事では、ご心配をおかけしました。近所の人に、あれこれ言われるのは、実は日常茶飯事。キリがないので、普段はあまり気にしていないんです。だけど、自分の調子が悪いと、いつもは聞き流せることも、イライラしちゃったりしてダメですね。耳栓耳栓

さて、唐突ですが、わたくしは、田辺ほほ氏をDVで告発します(爆)。

汚い女が写っていますが、証拠写真を提出します↓
クリックすると元のサイズで表示します

傷跡が消えなそうだし、結構痛いっTдT
クリックすると元のサイズで表示します

「おふろあがり に きたない ぜんら で ぼき を だこー と するからでち」
クリックすると元のサイズで表示します

え? ほほ、お母さん、お風呂上がりだったから、体はきれいなはずですけど?

「ん~」
クリックすると元のサイズで表示します

「そりも そーでち が おかーさー ちちこいの でち」
クリックすると元のサイズで表示します

そっか。

しつこくしちゃったお母さんが悪いのね^^;

今回は、私の自業自得ってことで、不起訴!

おさわりさせてもらえたので、示談です。

一件落着~!

★★★保護猫まーもについて★★★

週末、自宅補液につかうセットを病院で買ってきました。マイ太郎さんにいただいたポンプがまだたくさん残っているので、今回はそれ以外のものを買いました。
クリックすると元のサイズで表示します

これで1~2週間はもつはずです^^

補液前↓
クリックすると元のサイズで表示します

チチに無理やりチューされてますね
クリックすると元のサイズで表示します

補液開始しまーす。汚いすっぴん女は助手係をつとめています。まーもがんばろう!
クリックすると元のサイズで表示します

まーもは食欲が安定しています。暴れっぷりもなかなかのもの。補液前にケージから出すのが、日に日に大変になっています(汗)。でも補液中はいい子ですのでご安心ください。

まーもへのプレゼントなどが届いていますが、またの機会にUPしますね。

里親さん方、カレンダーの写真、よろしくお願いします

スポンサーリンク





ゴミじゃないよ、まーもだよ

追記:※昨日の夜中、興奮して書いたので、今ちょっと変えました。内容は同じですけど。

私がまーもを保護したことを偶然知った近所の人が、こう言っていたそうです。

「また? あそこの娘(私のこと)もよくやるなあ。どうせやるなら、世のため人のためになることをやればいいのに、ちっ、猫なんかに……金の使い方、間 違ってんじゃねえの? そんなに余裕があるなら、オレんちに恵んでくれよ。病院へ連れて行ってるって、猫なんかを……。信じられない価値観だね。猫はゴミ よりたちが悪いよ。ションベンなんてくせーくせー」

まあ、近所の人たちにしょっちゅう言われてるからもう慣れっこだけど。

うちはビタイッセン、余裕があるわけではないです。

ここで吠えてもしょうがないけれど、まーもの医療費、必要なグッズ、フード費の捻出に、頭を痛めているし、言いようのない不安を抱えています。

でも、私、まーもにはやっぱり生きてもらいたいんです。

「なー、チチ、オレ、ゴミじゃないよ。まーもだよ」
クリックすると元のサイズで表示します

「わかってる。まーもは、まーもだよな」
クリックすると元のサイズで表示します

この話を聞かされた時、一瞬はらわたが煮えぐるほどイラっとしたけれど、まーもをゴミ扱いする人間や、この社会こそが、ひどく歪んでいると思い直しました。

まーもはちゃんと生まれて、ひたむきに生きてきた命ですよ。

私たちの誰よりも、何倍もの苦労を背負ってきた忍耐強い猫。

家の中でぬくぬく生きている飼い猫とはちがい、誰にも相手にされず、心の拠り所すらなかったはずなのに、ここまで懸命に闘い抜いたまーもを、私は誇りに思います。

外にいた頃は、うちの店で刺身にありつけた日もあったけど、それ以外は、老人が趣味でばらまく不十分な安餌や、生ごみや、汚れた泥水を命綱にしてきたのです。

そして、自分の苦境や不満を、口にすることなく、すべてを受容してきた猫です。

私たち人間なんかより、ずっと立派。

消耗しつくされた体は、現在、3キロしかありません。

2年前のリリース時は、体重6キロの大きな猫だったのに。

白血病、慢性腎不全末期。

まだ若いのに。

3キロの体で、大きな病魔を相手にするのは、大変だったはずです。

この猫に、手を差し伸べちゃ悪いのか? じじい!

地元の人間たちが狂っているのではなく、社会的にみたら、私の方がよっぽどおかしな女なんだろうけれど、どーでもいいです。

まーもに、たくさんのご支援をいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。フード、食器、サプリメント、医療用具、H4O水、猫砂、ケージ増設の板、医療費のご寄付……どなたからのご支援も、恐縮する気持ちとともに、嬉しくてたまりませんでした。

まーもを気にかけてくださる方がいる。
まーもをかわいいと思うからこそ、ご支援を申し出てくださった方がいる。
その方々のおかげで、まーもは高い水準の暮らしを得られている。
私とチチの力だけでは、やりたい気持ちがあっても、正直、ここまでやってあげられたかどうか。

ゴミ呼ばわりされてきたまーもが、私よりいいお水を飲んで、やわらかい寝床に足を投げ出し、良質な食事をとる。体調が悪くなったら、私が買ったまーも専用 の新しいキャリーバッグで優雅に通院する。多くの方が応援してくれていることを、まーもは全身で感じています。そして心から深謝しているはずです。私から も、改めて、ありがとうございます、を。

ゴミじゃないよ。

まーもだよ。

王子さまだよ。

スポンサーリンク





まーくんのQOL

こんにちは。

外はうっとうしい雨ですが、バイトの前に、まーもについて更新します。

みてほしい動画があります。この動画は、まーもと私たちの軌跡であり、まーもの不安や緊張、観念などが表現されています。性格もよくあらわれています。3分なので、少し長いですが、ちゃんとストーリーがあるので、最後までみてくだされば嬉しいです。

ご覧いただけましたか?

はじめて病院へ行ったあと、まーもは一番キライな人の膝にのって、耳を倒しています。

だけど、目を細めたりして、どこかまんざらでもなさそうでしたよね。

そして、病院へ行ったあと、食欲が戻ってきたまーも↓

こちらもぜひ、ご覧ください。

チチをボコボコにしている姿に大笑いしてしまった私ですが、気持ちは真剣ですのであしからず。元気が戻ったまーもは、またおこりんぼに変身しますが、私たちはそれがちょっと嬉しかったりもします。

チチはよくやっています。

最初は、しつこすぎるんじゃないの?

って思うこともありました。けど、うちの場合、チチのやり方で、正解でしょう。

ブログではのほほんとしてみえるチチですが、実際は負けん気の強い人。そして、どの子に対しても、愛と情がいっぱい。私もまーもをさわれるようになってき ました。でもそれは、まーもの機嫌のいい時限定^^; どんな時も相手に手を差し伸べようとするチチって、滑稽だけど、男気があって、ちょっとステキ?

まーもが一筋縄ではいかないこと、2本の動画でおわかりいただけましたか?

人間が無理にいじっている画像ばかりですが、実際は、まーものいる部屋で、人間が静かに読書を楽しんだりしている時間の方がうんと多いです。ご安心くださいね。足を投げ出してくつろぐまーもの画像も撮りますから、またみにきてください。

治療をしなければ、まーもは長くて余命3カ月(あくまで目安)と宣告されました。まーもの病気は完治しないので、QOLを考えながら、治療を選択していく必要があります。

はじめは、点滴もなにもかもやめてしまおうと考えていました。

だけど、まーもに接するうちに、それはちがうとわかりました。

積極的な延命をするつもりはないけれど(できないし)、まーものQOLは尊重しようと思います。それは、なにもかもを放棄することではなく、また、なにもかもをやるってことでもなく、まーもに適した治療だけを行い、少しでも楽に過ごしてもらえるよう心を配ること。

私たちはそうしていきますので、これからも見守ってくださいね。

支援してくださる方のご厚情のおかげで、まーもは生きています。

支援してくださった皆さま、本当にありがとうございます。

最後に、自慢の一枚を↓
クリックすると元のサイズで表示します

スマホでちゃちゃっと撮ったので、わかりづらいでしょうが、昨夜、自宅で点滴しました。あまたやほほなら、余裕でできたはずですが、相手はまーも。

2人がかりで洗濯ネットに入れたのですが、暴れる暴れる 今、体調がいいからなおさらすごかったです。でも不思議と、ネットに入れたあとは、なぜか観念してくれます。

終わったあと、ちょっと感動しちゃったな。

毎日点滴がんばります!

かつくん「文章はハハが書きましたが、動画の編集はすべてチチがやりました。チチの動画を2本見てくださった方に、その感想のコメントをお願いしたいそう です。じゃないとチチが淋しがるから。だってチチ、更新するたびに、“オレへのコメント増えてる?”ってハハに聞きまくるんです。あ、ぼく、ばらしちゃっ た。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





ゆったり更新中

昨夜、がんばって更新した記事が一つ下にあります↓ ぜひお読みくださいね♪

今日は遅めに起床。

ベベナナリルの散歩。みんなのご飯(リルがほとんど残しました。困ります)。

天気がいいので、掃除、洗濯を開始。

掃除機のあと、まーもの部屋以外の床を、すべて水拭き。

ぜーぜー息が上がったけど、終わってみると、気分爽快。

今、膝の上に甘山春来をのせながらゆったり更新中。

横を向くと、ナナとリルの寝顔。

この子たちのお母さんでいさせてもらえて、幸せです。

先週の木曜は、かねてより楽しみにしていためぐろのいぬやしきさんとのランチの日でした。オシャレなお店に案内してくれためぐろのいぬやしきさん、どうもありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなに共鳴し合える人が他にいるだろうか?

めぐろのいぬやしきさんと過ごした時間は、大変貴重でした。めぐろのいぬやしきさんとは、数年前に毎日新聞主催のイベントでご一緒させていただいたことがあるのですが、久しぶりにお会いできて、よかったです。実を伴った方の苦悩や葛藤は、勉強になります。

弱音を吐き合えるって、なんか安心。

めぐろのいぬやしきさんに、マカロンをいただきました。ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

読書をしながら、その日のうちに、ひとりでペロッと食べちゃいましたよ(笑)。

2日連続の点滴後、まーもは食欲が戻ってきました。猫じゃらしでなでなで中。
クリックすると元のサイズで表示します

まーもは強く、たくましい子です。

自分をしっかりと持った猫さんで、生きようとする力が、全身に漲っています。

体調が悪すぎる時は、食べられませんが、少しでも回復すると、なにかを取り返すかのように、食卓に向かうのです。がむしゃらに食べる姿を眺めていると、胸が疼きます。

孤高で、不器用で、無口がゆえに、ひとりで多くの試練に耐えてきました。

炎天下の夏、極寒の冬、縄張り争い、不安、孤独、空腹、喉の渇き、危険な車社会、心ない人間の醜い悪意、そして、病魔。

外の世界は、小さな猫には、広すぎたようです。

この子の毎日を思い出すたび、あるいは想像するたび、もう、なんて言ったらいいか。

声が聞こえなかったのではなく、声を聞こうとしなかった自分が恥ずかしくなる。

今、私にできるのは、耳を済ませ、まーもの心の声を拾うことだけ。

さあまーも、なんでも言ってごらん。
クリックすると元のサイズで表示します

全部の願いを叶えてやれるかどうかはわからないけれど、私、真剣に聞くよ。

そしてできることはなんでもする。

成毛厚子さんより、まーもへたくさんのネフガード、お薬、フードが届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

腎臓食を受けつけなくなってきたまーもに、成毛さまからのフードを与えました。

先生とも相談しましたが、食べれなくなるのが一番怖いので、腎臓食と混ぜながら、一般食も与えて、様子をみています。どうもありがとうございました。

emi-goが、まーもに食器を買ってくれました。お水がおいしく飲める食器! ほしかったのです♪
クリックすると元のサイズで表示します

自分も大変なのに、いつも気にかけてくれてありがとう。

「むにゃむにゃ……emi-goですって? お母さん、昨日、emi-goに会ったんでしょう? ぼくのことはなにか言ってましたか? ここだけの話、ぼ く、あの人大好きです。あの人は、いつも弱い者の味方をしちゃうんですよね。まーもも無口で不器用だけど、emi-goも無口で不器用です。だけど、ちゃ んと生きてます。あ、ぼくも……」
クリックすると元のサイズで表示します

スヌーゴン、いっぱしなことを(笑)。

膝がしびれてきたので、甘山春来を隣の席へ移動させました。

たった今撮った写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

甘山はこんな感じでくつろいでます。

チャオ!


スポンサーリンク





一長一短の壁

昨日は1日、悲しく、落ち着かない日でした。バイト帰りに、どうしても行かなければならない場所があり、タクシーで帰宅。家に着いたのは、深夜2時前。

お子たちのお世話は、チチがしてくれました。チチありがとう。

ときどき、泥の中にはまりこんでしまったような感覚に陥るのです。そこから這い出ようと、もがけばもがくほど、仄暗い世界に吸い込まれていく。不遇な犬猫をゼロに! のスローガンを掲げた保護活動は、壮大な目標であるのと同時に、儚い夢のようにも思える。

うまく言えないですが。

話は少し変わるけど、実は、ある治療をすれば、私の病気が根治する可能性が15%くらいあることが最近わかりました。事情があって、2か月前に、他の病院 に転院したのですが、新しい担当医から、その治療を勧められました。誰もが治るってことじゃなく、あくまで15%の可能性に賭けて、治療をしてみては?  ってことなので、迷っています。

その治療を、私は17年前に一度受けたのですが、副作用が壮絶で、最後までできませんでした。脱毛、発熱、吐き気、運動機能の低下(通常時の3分の1まで 下がりました)、薬害うつ(一番きつかった)。思い出すだけで地獄です。私は痛みに強く、我慢できる方だと自負していますが、あれは半端じゃなかったで す。心身が壊れる手前で、結局、治療を断念しました。

それでも、あれから17年間も私がピンピンしていられるのは、途中で中断したとはいえ、あの治療のおかげです。治療前と治療後では、数値が全然ちがうんですよ。辛い思いをした甲斐がありました。でも、できればもうやりたくない^^;

今、私が壊れたらやばい。

17年前とは状況が異なるので、うちのお子たちのお世話ができなくなるのが、最大の恐怖です。

ただ、ごまかしごまかしの現状にも限界があるわけで、15%の可能性でも、根治するかもしれないなら、その可能性に賭けてみたい気持ちも芽生えるのです。複雑な心境です。

先生から、チチに話があるそうなので、まずはチチに病院へ行ってもらおうと思います。その治療を選択するなら、治療に1年はかかるので、チチの協力なしでは難しいですから。

まーもについて書くつもりが、私自身のことばかりになってしまってごめんなさい。

まーもは、自分の力でちゃんと食べています。ただ、食欲にムラがあるのです。
クリックすると元のサイズで表示します

昨日、病院で、食欲増進剤と血管拡張剤をもらってきました。コバルジンと間隔をあけながら与えてみようと思います。まーもに飲ませる薬の副作用についてはあらかじめ調べ、安全性を確認していますので、ご安心ください。

まーもはケージをきれいにつかう子です。

ケージの中で一度も暴れていません。むしろ、病んだ体を休める場所として、愛用してくれています。つい、人間目線で、もっと広い空間を与えたくなりますが、部屋に放しても、結局、今はケージの中から動こうとしません。

カメラが怖いようなので、こんな写真ばかりですが、やわらかい場所でくつろいでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

慢性腎不全じゃなければ、点滴をする必要がないから、気持ちも焦らないけれど、点滴を受けさせたいから、祈る思いでスキンシップをはかろうとしてしまいます。でも、それは間違いかもしれません。

まーもは簡単に人間を許さない。環境に愛着しても、安心できる環境を与えているのが誰なのか、まだわかりません。当然です。外で怖い思いばかりしてきたのですから。

治療を受けさせたい。

無理をさせたくない。

矛盾する気持ち。

「一長一短」の壁に挟まれ、身動きが取れなくなっています。

前記の自分の闘病にも通ずるものがありますね。

チチも私も、円熟した技量など持ちあわせていないし、人間だから、躓いたり、迷ったりするでしょう。なにを選択しても、なにを選択しなかったとしても、きっと後悔をするはず。けれど、これだけははっきり言えます。

私たちは、まーもが好きです。

毎日、どんどん好きになっていきます。

まーもの甲高い声も、首元の白い飾り毛も、ふてくされた顔も。

まーもの全部が、大切です。

だから、まーものことを考えて、考えて考えて考え抜いて、私たちの環境や状況と折り合いをつけながら、まーもにとっての最善を、常に模索していきます。

応援してくださる皆さま、どうもありがとうございます。

気分のいい時限定ですが、まーもは猫じゃらし遊びができるようになりました。毛布でやさしく覆えば、なでなでもさせてくれます。ちゃんと前進しているので、ご心配なく^^

チチが近日中に、まーもの動画をまたUPする予定ですので、みてくださいね。コメントが少ないと悲しみますので、チチが更新する際には、コメントをお願いします(笑)。

はんなりさんからステキなプレゼントをいただきました。

マイ太郎さんからまーもへご寄付をいただきました。

簡単な紹介で申し訳ありませんが、どうもありがとうございました。ペコリ。

スポンサーリンク