側室たち ~静かな炎~

「憎い人。心変わりしたあの人が憎い。あたちをこんなにボロボロに傷つけて、あんな子を迎え入れるなんて、あたち、どーにかなりそうです皆さま」
クリックすると元のサイズで表示します

「ここまでは良かったの。位置的にも、ギリギリ許せる気がした。なのにあの女、次の日から豹変して、あたちの場所を取ったのよ!」
クリックすると元のサイズで表示します

「ボーボー(いびき) ゴーゴー(いびき)」  「うふふ
クリックすると元のサイズで表示します

「へへ。ほらみて。あたちたち、こんなに近い。もともとチチさまがあたちをナンパしてこの家に入れたんだから、あにゃたはお古ってことでしょうが!」
クリックすると元のサイズで表示します

「お母さん、あの猫、ぶっとばしてもいいですか?」
クリックすると元のサイズで表示します

「ゴホゴホ。チチさま~! あたち、今日まだお薬飲んでにゃーい。あたちは、虚弱で小さな女子だから、ちゃんと全身で守ってね」
クリックすると元のサイズで表示します

「ピトっ」
クリックすると元のサイズで表示します

「お母さん、早くあれを卒業させて……」
クリックすると元のサイズで表示します

あ、はいはい^^;

☆☆☆ありがとう☆☆☆

卒業猫メロンが3歳になりました!!
クリックすると元のサイズで表示します

ご家族からメロンのかわいい写真やプレゼントが届いたのです。えだまめ子さん、ご主人さま、どうもありがとうございました。ペコリ。かつおバーやササミバーは、ほのの投薬には欠かせないので、ほのにもちょっとあげてます♪ メロン、ずっと元気でね。

卒業猫クー太の里親MIHOさんからおいしいさくらんぼが届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

MIHOさん、毎年ありがとう。甘すぎて気絶するかと思った(笑)。

横川さんからは京都のおみやげが。
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうございます。お上品なおふきん! つかうのがもったいないです♪

まーものことは次回書きますね。

おやすみなさい。

スポンサーリンク





生と向き合う ③卒業生ほの

いや~。

泣いていいっすか?

昨夜、バイトから帰ったのが深夜12:40

家を出る前も、何時間も家事をやりました。

帰った後も、やるべきことが山積しています。

ゴンタのシーツをかえ(これが一番疲れる)、まーもの点滴、みゆきの投薬&点眼、ほのの投薬、犬猫のトイレ掃除……。キッチンの洗い物、洗濯。昨夜はみゆ きがトイレを失敗したとのことでしたので、みゆきのトイレを丸洗いして、砂の種類をかえました。ついでにほののトイレも丸洗い。その後、ようやく自分のお 風呂。

外で働いたあと、深夜にこれをすべてやるのは、本当に大変です。

でも、ここで終わらないのがうちなんです。

みゆきがチチの羽毛布団におしっこしたらしいので、チチの羽毛布団を洗ったんですよ私(号泣)。ようやくすべてを終えたのは、夜中の3時すぎ。韓国ドラマをみて寝るのが楽しみの私ですが、最近は30分でギブアップし、コンタクトをつけたまま寝てしまうことも^^;

で、ちょっと仮眠して? 朝8時にはまーもの点滴。

睡眠時間足りないよー!!

狂ったように眠りたい。

まーもの点滴、犬の散歩、みゆきの投薬、みんなのごはん、洗濯、掃除、それらをこなしながら、今朝はベベを連れてMOMOへ。べべ、ドッグドッグ(検査) のため半日入院です。MOMOへ行きましたって、しょっちゅう書いてるでしょ? でもMOMOって別に近くないんですよ。車を飛ばしても、703号室から は、20分~30分かかる距離です。

だから往復約1時間(涙)。

我が家の金銭的な事情で先延ばしにしてきたベベの健康診断を、これ以上延ばすのは不安だったので、大安の本日、予定通り先生にお願いしてきたんです。

ああ。どうかどうか。

今日は従妹のシェンシェンの誕生日なので、一緒にランチします。

プレゼントも渡したいし^^

夕方ベベのお迎えに行くまでの間、1時間はお昼寝したいんだけど、無理かなあ?

私の1日って、こんなもんです。

今はやることが多く、自分だけの時間はほとんどありません。

でも、気力が前より上がったから、テンションは高いんですよ。ご心配なく♪

さて、長々と自分のことを書いてしまいましたが、今日は卒業猫ほのについて。

皆さまご存知の通り、ほのは現在703号室にいます。9月半ばまで滞在する予定です。まだまだ長いですね。ほのをお預かりするのは、私にとって、勇気の要ることでした。うちは頭数が多いし、ほのの病気を私がちゃんと看れるか、心配だったのです。

我が家に来た日。うちのお子たちは、みんな歓迎モード♪
クリックすると元のサイズで表示します

元気に見えても、体の中で異変が起き、突如倒れてしまう。
クリックすると元のサイズで表示します

なにかのきっかけで、脆くなってしまった肝臓から出血し、そのまま死に至ることがある。肝アミロイドーシスはそういう難病です。症例が少ないのは、発見が 難しいとされるため。普通は1度でも倒れると、もうダメだそうですが、ほのは3回も生還したのです。この病気にかかったほのを弱い子とみるか、この病気を 患ったにも関わらず、奇跡を起こしつづけるほのを強い子とみるかは皆さま次第ですが、私は、後者ですね。

とは言っても、注意が必要なので、極端に高い場所へのジャンプおよび着地やドタバタ疾走を控えさせ、抱っこする時は、ほののお腹に圧をかけないよう心がけ ています。どんなに気をつけていても、ひとたび肝臓から血が溢れだすと、どうしようもありませんが、自分のできる範囲で、ケアをつづけていきたいと思いま す。

病状が今より悪化することも考えられるため、ルルさんがほのにゴンタサイズの巨大ケージを買ってくれました。3段ケージが使えなくなったらこれをつかいます。
クリックすると元のサイズで表示します

ルルさんごめんっ! 置く場所がなくてまだ組み立ててないけど^^; 先生、今のところ3段ケージでいいって言ってくれてるから、もう少し3段で様子をみるね。

ほののことを、ご家族は心から慈しんでいます。

703号室に会いに来たほのパパさん(明日も来ますよ)
クリックすると元のサイズで表示します

ほのはパパとおやつの時間を楽しみました。
クリックすると元のサイズで表示します

遠方にいらっしゃるママさんからも毎日メールが届きます。
クリックすると元のサイズで表示します

通院も、必ずパパさんと一緒です。
クリックすると元のサイズで表示します

まだカラーが取れてなかった頃
クリックすると元のサイズで表示します

カラーが取れ、エコー検査をクリアするほの。いつもそばにはパパさんが。
クリックすると元のサイズで表示します

病気は辛いけど、幸せな猫さんだよね。
クリックすると元のサイズで表示します

ほのは。
クリックすると元のサイズで表示します

8月の下旬に一時帰宅も予定しているので、まずはそこを目標に、私もがんばります!!

幸い、うちのお子たちとはこんな感じだし(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

そうそう、私、「ほのちゃん日記」をつけているのです。
クリックすると元のサイズで表示します

この日記と、元気なほのを無事にご家族に託したい。
クリックすると元のサイズで表示します

ほの、大好きだよ。窮屈な生活だけど、もうちょっと辛抱してね。

かつくん「ハハ、字が汚いから、ほののパパママさんは読めるんでしょうか? ほのの体調が急変しないか緊張する毎日でしたが、近頃、ハハもようやく慣れてきたそうです。

物資やプレゼントが届いていますが、またの機会にUPするそうです。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





みゆきとの出会い(浮気じゃないよ)

お久しぶりです、チチです。
犬の散歩中に新しい出会いをしてしまいました・・・。

7/20(金)、21:00帰宅、ハハはバイト中につき不在。
いつも通りべべ、ナナ、リルが大声でお出迎え、ゴンはクルクル回ってお出迎え。
猫のあまたは自分の食卓で絶叫、ほのはゲージから可愛い声でお出迎え、まーもは自分のお気に入りの場所から目でご挨拶、ほほは無視、。
そんな中着替えつつ「ただいま、ただいま、10分後に散歩に行こうね」
タバコを一本取り出し、ビールを飲みながらベランダで一服、憩いのひと時。
外はパラパラと雨が降ってきたので、本降りになる前に散歩へGO。

まるでディズニーランドにでも行くかのような喜びと興奮の我が子たち。
アパートの外へ出てみると・・・、すぐ外に・・・小さな猫が・・・。
「ピャー、ピャー」・・・参ったなぁ~、家も飽和状態だし・・・ごめん!と思い、小雨が降る中散歩へ。
10M程歩いたところで散歩メンバーは人1、犬3、猫1。
あれ?あれっ?
ちょぼちょぼついてくる猫。

いつも外で猫を見ると追いかけようとするリルにスリスリする猫、たじろぐリル、そして進路を180度変える人。
通ったばかりのアパートのエントランス、そしてエレベータにみんなで乗りこみ、猫を抱える。
とりあえず、猫は洗面所おいて、散歩を仕切り直し。

で、ハハにメールで。「子猫を拾った」と報告。
ハハから「写真送って」と返信きたので、写真を撮って送信。
ハハから「子猫じゃないじゃん」。

猫の名前(仮)はみゆきとします。
ちょっと風邪引いているので目がグシュグシュしてますが、天真爛漫な物怖じしないいい子です。
ということで、いつものように動画をご覧ください!

みゆきちゃんは突然現れた猫さんです。
最近、隣のアパートで引っ越しているやつらがいたので、そいつらが捨てていったのかと思ってます。

みゆきちゃんを動物病院へ連れていった時、先生がみゆきの口の中を見て暗い顔で、「口内炎が結構ありますね、もしかしたらエイズ/白血病の疑いが強いですよ」と言われました。
結果が出るまでの数分間は先生の言葉が殆ど耳に入らず、心の中で「神様、仏様、キリスト様、どうかどうかお願いします、あんまり苛めないでください、苦しいのは私にしてください」とお願いしました。
祈りが通じたのか、みゆきは両方とも陰性です。
その代り・・・今までも、かつくん、べべ、はは、まーもにも同じようなお祈りをして、結構通じた部分もあるにも拘らず(通じなかったこともありますが)、大した苦しみが訪れていないので結構色々な神様へのツケがたまっていそうで怖いです。。。

スポンサーリンク





まーもが起こした小さな奇跡

えっと。

なにから書けばいいのか。怒涛の2日間でした。

前回の更新は、まーもの具合の悪さで締め括った形でしたが、実はあれから、小さな奇跡が起きたのです。激しく2度嘔吐した次の日、つまり金曜日ですが、朝、部屋を覗くと、ごはんを食べたあとがありました。嘔吐はなし。

予定通り、午前中、病院へ。

点滴を120ml⇒150mlに増やし、制吐剤、ビタミン剤、血管拡張剤、食欲増進剤のいつものセットに加え、ホルモン治療を開始。

これからは週3回ホルモン治療し、週1の割合で血液検査を受けることに。

正直、また出費が増えるのが心配ですが、そんなこと言ってられません。

私にはどうしても、まーもが生きたいように見えるんです。

だから、生きてもらいたい。
クリックすると元のサイズで表示します

大巻先生からホルモン注射について説明を受けた際、ドジな私は、注射のポンプを間違って押してしまい、1回分の薬剤をパーにしてしまいましたTдT 私のミスだから、当然、パーになった分は買い取りましたが、病院を出た後、自分の頬を自分でひっぱたいてやりました(マジです)。どう考えても、バカすぎでしょう。自分の愚かさに閉口します。もったいない。

家に着いて、キャリーからまーもを出すと、まーもはすぐさま食卓に向かいました。

そして、あろうことか、腎臓用のまずいカリカリまでむしゃむしゃ食べ出したのです。

自分の目を疑いました。

すっごい食べてる。

しかも、吐かない……。

狂喜乱舞の騒ぎです。

こんなにめでたいことが、起きていいのでしょうか?

今まで、何度も、もうダメかな? いよいよかな? って思うことがあったんです。動きが鈍くなったり、数値が悪化したり、食べれなかったり、吐いたり、おしっこの量が減ったり……。

なのにまーもは、復活しました。

たとえ一瞬の回復だとしても、奇跡は長続きしないとしても、私は心の底から、嬉しいです。

これからも、上がったり下ったりをくり返し、皆さまにご心配をおかけすることでしょう。

だけど、まーもは、ただ黙って暗黒の世界に引きずり込まれたりする男ではないので、どうか、見守っていてくださいね。まーもはちゃんと生きています。

もっと早くご報告すべきでしたが、昨夜はバイト先から家に戻ったら、新しい猫が増えていたのでバタバタしてしまいました。チチめ!! 不意打ちをくらった感覚です(笑)。

新しい保護猫は、チチが明日、皆さまに紹介するようです。

どうにかなるっしょ。どうにかするしかないし^^;

今日はチチが新しい猫を連れて、MOMOへ行ってくれたので、私は保護活動の用事で出かけました。そこで、最高の幸せを得て、今、感無量です。体中から幸福細胞が飛び出してます。

ずっと走ってきてよかった。

走ってきてよかった。

走りたい。

走ります。

そう思わせてくださるご夫婦に出会えました。すばらしい友にも恵まれました。

世の中に、こんな素敵な方々がいるんですね。

抽象的な書き方で申し訳ないですが、最高の気分です。

最後に、卒業猫ウィリアム&メイのママさんにもありがとうを♪

昨日いただいた近況メール、超嬉しかったです。

里親さんからの幸せな近況メールは、ぜーーーーーんぶ嬉しいんですけどね。

新しい保護猫の紹介、保護猫ひかるくん、怪獣スヌーゴンくん、うちのお子たちの近況、まーものこと、預かり猫ほのについては、順次更新します。コメント返しが簡単になってしまうかもしれませんが、時間がかかっても必ずお返事します! 気長にお待ちくださいませ。

ほの、元気ですからね♪

703号室の運気がこのまま上昇しますように

チャオ!

スポンサーリンク





感情

気持ちの整理気持ちの整理気持ちの整理……

涙は最小限に

感情を抑えて

悪夢のような「いつか」が訪れても、動揺しない、乱れない。

できることを最優先に

できることを最大限に

それ以外の自分の感情は、全部雑念。

雑念はゴミ箱に捨ててしまえばいい。

だけどどうしても、指先の震えが止まらないのです。

点滴の量を減らしていないのに、2日前から、まーもの、おしっこの回数が減ってきました。食べてないのに、体重が増えることも。点滴が、外に排出されなくなってきた……。

それがなにを意味するのかは、耳にタコができるほど先生に聞いたので、知っています。

腎臓が、いよいよ動かなくなってきました。

先生と相談した結果、苦肉の策ですが、点滴を朝120ml、夜120mlに減らしました。私はかつくんを肺水腫で亡くしたので、あれは、もう味わいたくありません。おしっこが完全に出なくなったら、肺水腫になる危険性があるのです。

朝夜注意深く経過を見守り、体重を測定する。

体重の増減によって、点滴の量を手探りで決めていく。

今日はせっかく食べてくれたスープを2度嘔吐しました。

先生の携帯に電話。

このような状態でも、ホルモン治療を開始すべきか、相談しました。先生は、貧血の改善に繋がれば、ちがう側面から、全身状態が上がるかもしれないとの見解 でした。気持ち悪さから少しは解放される可能性があると。でも、無理をさせたくない。そこの部分は、先生と私の考え方が一致しているので、明日病院に行っ てから決めることに。前もお話したとおり、副作用はほとんどないとされています。今日、念のためにもう一度先生に確認したところ、先生がつかおうとしてい るのは、人間用に開発された安全性の高い薬で、加えて、体重の軽い猫には微量しかつかわないので、先生の患者猫の中で、ホルモン治療の副作用によって苦し んだ子は、ひとりもいないとのことでした。

夜、チチにも相談。

なんでも、夫婦で慎重に話し合います。お互いの意思をすりあわせるのは大切なこと。

チチはホルモン治療に前向きな姿勢です。

よし。

とりあえず明日の朝、病院へ行ってきます。

病院から帰ると、まーもはなぜか毎回、ちょっと元気になるので、ホルモン治療をうんぬんを別にしても、病院でできる限りの処置をしてもらいます。

QOLQOLQOLQOLQOLQOLQOL……

QOL!!

意識するのは、常にQOL。下げたくない。まーもの生きる喜びを奪いたくない。

まーもにあとどれくらいの時間が残されているかはわかりません。

だから私も全力で走ります。

願わくば、終着点がまだまだ先だといいですが。

最後に、応援してくださっている皆さまへ、まーもがどのくらい甘えん坊なのか、動画に撮りましたのでよろしければご覧ください。動画は7月17日の深夜のものです。

チチに見せたら、「船酔いの感覚」だと笑われましたが、へたくそなカメラマンが撮影した画像ですので、見苦しいのは許してください。チチのように、動画を編集する能力が私にはないので、4分のノーカットですが、まーもの言葉が聞き取れると思います。

「オレの今」

スポンサーリンク