病気と闘う勇ましいきみたち

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

香さんからリルと高菜にお誕生日カードとギフト券のプレゼントが届きました。

ttieheb (4)

 

 

あたたかいメッセージに感動。カードはリビングボードに飾っています。

ttieheb (5)

 

 

香さま、どうもありがとうございました。

 

 

子煩悩の淡辺さん(チチ)

ttieheb (8)

 

 

お子たちを通じて淡辺さんのよさを再認識しているこの頃です。

ttieheb (9)

 

 

 

お子たちにとっては本当にすばらしいお父さんだと思います。

ttieheb (10)

 

 

リルの食事風景。リルは腎臓用のドライフードを粉砕し、水を混ぜ、お団子状にこねこねしたごはんを食べているのです。これ、毎回なかなか手がかかりますよ。

ttieheb (11)

 

 

残りは高菜が片づけてくれます^^

ttieheb (7)

 

 

DVDを観る私を見るリル♡

ttieheb (13)

 

 

はいはい。かわいいかわいい♪

ttieheb (12)

 

 

みんなで雑魚寝。私の寝る場所がほとんどないという……

ttieheb (14)

 

 

へんな寝相の高菜

ttieheb (15)

 

 

白いマットレスについているのは淡辺さんが夜な夜な食べ散らかしたチョコレートなのでご安心ください。色はアレですが、念のため……運子じゃないです(笑)。

ttieheb (16)

 

 

私よりものすごいスピードで歳を取っていくお子たち

ttieheb (2)

 

 

病気と闘う勇ましいお子たち

ttieheb (6)

 

 

私はお母さんとして、お子たちの最後の日まで彼らを守りたいです。

ttieheb (3)

 

 

お子たちは今、多くのケアが必要ですが、ケアを含めお子たちとの日々を堪能しています。

ttieheb (1)

 

 

さぶ、重い~

ttieheb (17)

 

 

でもこの重みが、たまらないですね。

ttieheb (18)

 

 

体重は血や肉であり、私のお子たちが生きている証だから。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





首を傾げた笑顔のねこ(もふもふ譲渡祭)

大きな公園で保護し、終の棲家へ譲渡した卒業生うに(2012年)のご家族から毎年プレゼントとお便りが届きます。うにはこれでもかというほど家族から愛されています。

333v (6)

 

 

心があたたまりますね。本当にありがとうございました。

 

 

さて、本日母のお友だちが紹介してくださった新しい病院へ行ってきました。なかなかいい感じ。希望が少し見えてなんとなく気分があがったという♡

 

 

もふもふ譲渡祭のほうも鼻息荒くがんばらないと!

 

 

保護猫(犬)をスカウトし専用のおひざへ案内する。

333v (5)

 

 

これを延々と繰り返してきました。

 

 

その中で多くの「名もなき個人」に出会い、私自身がその方々の姿勢に学ばせてもらってきました。そして僭越ながら私もその方々に自分にできる範囲でアドバイスをしてきたと自負しています。

333v (4)

 

 

すばらしい「個人」は無数にいるので、どなたをメインに応援するかという問題は人それぞれの感性によっても異なりますが、私は自分が可視化できている(ふだんは積極的に支援を集めていない)「個人」の方数名と、共催のemi-goの病院と昔から連携を取ってきた「個人」の方数名(3名?)になにかを支援できたらと考えています。ちなみに私自身は受け取るつもりはありません。

 

 

それと、実際私の活動は身銭を切ります。現に昨日私は保護猫たちのドライフードを買いました。保護譲渡活動は無料ではできません。だから支援としては「現金」がもっとも理想的かもしれませんが、もらう方が恐縮するといけないので、みんなで話し合い、感染症の対策として使える「バイオウィルクリア」やノミダニの駆除と駆虫ができる「ブロードライン」や「ギフト券」にしようかなと。

 

 

しかし経費がかかるイベントゆえ、終わったあと、どのくらいを先述の支援にまわせるかは蓋を開けてみないことにはわからないのがむずかしいところです。

 

 

そこで皆さまにお願いがあります。

 

 

もしご自宅に眠っているメルカリに出す予定のない(笑)品物がありましたらぜひひとつからでもご提供ください。もちろん、賛同できない方は無理しないでください。皆さまのお持ちの品物ですから納得できなければ意味がないと思うのです。

 

 

もらったけど使わないタオル、食器、ストッキング、シーツ、靴下、ハンカチ、置物、ポーチ、犬猫グッズ……常識的に持ち帰れるサイズのものがありましたらHP宛てにご連絡ください。送料は皆さまのご負担となります。ごめんなさい。

 

 

新品と限らせていただいているのには訳があります。大昔地元で開いたバザーに参加したことがあるのですが、どう考えても売り物にならない穴の開いた下着やらシミのついたズボンなどが大量に送られてきて困り果てたことがあったのです。

 

 

1日限りの催しということもあり、今回は「新品のみ」とさせていただいています。細かい話ではなく、アバウトで構いません。丁寧な包装も不要です。数年前のものでも保存された状態で使っていなければ「新品」ですものね。

 

 

ハンドメイド品なども大歓迎です。

 

 

もふもふバザーは私が仕分けをするのではなく、私のたいせつな里親まりおさんたちが中心となってやってくださるのでご理解とご協力を切にお願いします。

 

 

私もいくつか提供するつもりですが、私にはハンドメイドの才能もなければタオルや食器をもらってもすぐに使ってしまうのでうちは「新品」に乏しい^^;

 

 

悩んだ挙句、足を伸ばしてお気に入りの小物屋さんへ行ってきました。

 

 

ほしかったものは売れてしまったのですが、かわりに超絶かわいい猫の置物を見つけたのです。タイの職人さんによる手彫りの猫ですよ♪ 写真で見るより結構大きいです。木のぬくもりを感じられる作品です。奮発して買いました!

333v (3)

 

 

ふふ。店主さんが直接タイに買い付けに行ったんですって。

 

 

猫がこんな風に笑顔で過ごせる社会をめざしていきたいです。

 

 

きっと実現できると信じています。

 

 

emi-goの愛犬チャポポ(山口県周南市出身)の通う犬の保育園でも、「もふもふ譲渡祭」が話題にのぼっているようです。12月22日までに体調整えないと~!

333v (1)

 

 

ひざにさぶを乗せながら深夜つらつらと失礼しました。

333v (2)

 

 

明日も皆さまお元気にお過ごしください。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





会場下見(もふもふ譲渡祭)

※ブログを連続更新しています。遡ってお読みください。

 

 

皆さまこんばんは。いきなり変な話から入ります。申し訳ありません。

 

 

今、私は闘病中です。2019年は最後までがんばり、来年から病気の治療に専念します。皆さまからのやさしいお声がけや温情に感謝しつつも、お返事、お返しができないことが増えてきて、自責の念に苛まれる日々を送っています。どうか無礼をお許しください。本当にごめんなさい。

 

 

猫端会議で出会ったセルフエステの第一人者出口アヤさんがノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)を10冊おかわりしてくださいました。すごく励みになる感想を送っていただき、感無量でした。アヤさん、ありがとうございました。

00000 (4)

 

 

毎年プレゼントと「ビビアルバム」を送ってくださる卒業生ビビ家

00000 (10)

 

 

6年おめでとう。うちには「ビビアルバム」が全部保存されています。

00000 (12)

 

 

ノラ猫だったビビが、家族の中心的役割を担っています。

00000 (1)

 

 

ノラスタを読んでいるビビの写真も入っていました。泣いちゃったですよ。

00000 (11)

 

 

ビビ家の皆さまありがとうございました。ビビ、手術の成功を祈っています。

 

 

ほかにもあたたかいプレゼントが寄せられていますがまた自慢させてください。

 

 

さて、先日行けるメンバーで「もふもふ譲渡祭」の会場下見へ行ったのです。

00000 (7)

 

 

バザーの責任者まりおさん、細やかな事務を担当しているおだちゃん(大師前どうぶつ病院スタッフ)、マイ太郎さん、めめちゃんのママさん、仕事を抜け出してきたゆちゃん(ワークショップの先生を担当)、設営と運搬をお願いする安藤さん、emi-go(大師前どうぶつ病院)、私の8名です。

00000 (8)

 

 

おだちゃんの何ごとにも丁寧に取り組む姿を見習いたいです。

00000 (5)

 

 

SNSなどを駆使しているわけではないのですが、先日紹介したみーちゃん同様、若いおだちゃんも自宅で猫を保護し、個人で保護譲渡活動を淡々とこなしています。

 

 

そしてゆちゃん。自分で2匹のノラ猫を保護し、家族としてたいせつに育てています。忙しい合間を縫ってワークショップを開いてくれることになりました。特殊塗装の世界を体験できます。まじめな話、可能なら私が参加したいです。

00000 (6)

 

 

※ワークショップへのご参加はHPよりお問い合わせください♡♡♡

 

 

終了後、軽くミーティング。みんな真剣。まとめるおだちゃんが大変そう……

00000 (9)

 

 

帰りがけにemi-goと私は犬のサロン(しつけ教室や保育園)「ボヌール・デ・シアン」の大村さんのもとを訪ね、ポスターやチラシをお願いしてきました。

00000 (3)

 

 

かわいい店内

00000 (2)

 

 

ポスターを持っているのが代表の大村さん。犬のトレーニングの先生として厚い支持を受け、キャリアのある方です。大村さんももふもふ譲渡祭に参加します。犬のトレーニングや生活の悩みがありましたら気楽にご相談ください。

00000 (13)

 

 

「うちの子が散歩中に人を怖がるのよ」

 

「ほかの犬と仲よく過ごさせるにはどうしたらいいの?」

 

「二頭目を迎えるにあたってのアドバイスは?」

 

 

など犬(猫)と暮らす方にとってプロに聞いてみたいことはあるはずです。

 

 

譲渡会に参加する犬猫の比率は圧倒的に猫が多くなりますが、大村さんのような方がいらっしゃれば、犬と暮らしている方にとっても有意義な催しになりますよね。明るく気さくな女性ですので、どんどんお声を掛けて差し上げてください。大村さん、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

余談ですが、しつけの先生の大村さんも個人で猫を保護しています。

 

 

先日大村さんが保護した外猫さんの写真を証拠として添付します(笑)。あまたの猫を保護してきた方です。ちなみにこの子は現在室内でぬくぬく暮らしているのでご安心を!

00000

 

 

703号室からは保護猫メル子が譲渡会に参加する予定です。

00000 (14)

 

 

「ハハ~ だれかわたしに会いにきてくれるかな?」

00000 (15)

 

 

メル子は1匹飼育家庭を希望しています。

 

 

多くの方の目に留まるよう、私も宣伝していきますね。

 

 

最後に、お問い合わせなどがありましたらぜひHPにお願いします。

 

 

私へお問い合わせいただくとお返事にとんでもなく時間がかかってしまいます。自分の通院、お子たちの通院、仕事だけでいっぱいいっぱいですのでご了承ください。

 

 

もふもふ譲渡祭HP

 

 

明日は自分の通院で新しい病院に行きます。無性にドキドキします。あー

 

 

皆さまにとって素敵な1日になりますように。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





ななとみみ2

皆さまこんばんは。間が空いてごめんなさい。

 

 

我が家を巣立ち、先日無事2度目のワクチンを終えたかおたん改め「なな」と、さおたん改め「みみ」の新居へご案内します。保護動物のお届けで東西南北車を走らせまくっている私にとって、こんなに楽でいいの? ってほどのご近所さんです(笑)。

 

 

でももちろん、家が近いからご縁を決めたわけではありません。

 

 

なんていうか本当に大きくてあたたかいご家族なのです。

 

 

先代の愛猫愛犬さんたち(シェルティーと雑種ちゃん)は室内で長い生涯をまっとうしました。ご主人のパソコンの画面は愛犬さんたちの写真のままです。

33 (16)

 

 

先代の愛猫さんのために設けた猫ドア

33 (21)

 

 

ななとみみも活用するのでしょうね。

33 (20)

 

 

ご主人、奥さま、利発なふたりの娘さんに囲まれてななとみみは育っていきます。

33 (1)

 

 

私が小物をプレゼントしたら娘さんが喜んでくれました。おばあさまに作ってもらったというポーチに缶バッジをつけて何度も見せてくれたりしてかわいかったです。

33 (19)

 

 

このとき、高校生のお姉さんはあいにく部活動で不在でしたが、お見合いのときにしっかりお会いしています。穏やかで素敵なお嬢さんです。

 

 

怖がりのななとみみは広いリビングではなく、個室からスタートすることに

33 (10)

 

 

立派なケージを用意してくださいました。ハンモックもふたつ♡

33 (9)

 

 

快くご準備くださった玄関の脱走防止柵

33 (13)

 

 

これがあると安心ですよね。

33 (11)

 

 

先代さんたちのために、床は動物にやさしいマットが敷かれていました。

33 (14)

 

 

掃き出し窓の脱走防止柵もつけてくださっています。

33 (15)

 

 

ご主人は動物との暮らしが長い方なのでビビり姉妹ななとみみはきっとどんどんなれてくれるでしょう。奥さまがまた責任感の強い方で、私の話を聞きメモを取る姿に感動。

 

 

おいしいお茶をごちそうさまでした。

33 (12)

 

 

私がみみの爪切りをお見せしたあと、ご主人がななの爪をチョキチョキ

33 (2)

 

 

あまりにもじょうずでびっくり

33 (3)

 

 

あっという間に終了。さすがです。

33 (4)

 

 

みみは703号室にいた頃から、怖いとこうなるよね^^;

33 (22)

 

 

比較するとななのほうが肝が据わっています。

33 (23)

 

 

お父さんに撫でられるなな

33 (6)

 

 

最初だからオドオドしちゃうよね。だいじょうぶだいじょうぶ!

33 (5)

 

 

姉妹にかかった医療費をお預かりし、北海道のおみやげをいただきました。

33 (18)

 

 

キャー! ペロリですよ。

33 (24)

 

 

先代さんたちのおさがりおやつも高菜がいただきます。ありがとうございました。

33 (17)

 

 

はじめてお会いした日にふたり(特にみみ)が怖がりで、すぐにはなれないかもしれないことをお伝えしたのですが、ご家族満場一致でななとみみを家族として迎えたいと強く希望してくれました。ペットショップで買うのは容易いけれど、保護猫との縁をたいせつにしたいと仰ってくれたのです。

33 (8)

 

 

言葉が通じない分、すぐに状況を理解させるのはむずかしいけれど、近いうちにご家族の気持ちをきっとわかってくれると信じています。がんばれ!

33 (7)

 

 

そしてこれが、里親さんが送ってくれた近況写真

33 (26)

 

 

えーーー! リラックスしてる!

33 (25)

 

 

私は数えきれないほどたくさんの生きづらいノラ猫たちを見てきました。

 

 

飢えて、痩せて、渇いてパサパサ。

 

 

ゴミを漁り、病気にうずくまり、寒さに震え、暑さに喘ぐ。硬いアスファルト、猫がキライな人、容赦ない車の多さとスピードの速さ……ビクビクしながらその日暮らしをつづけているノラ猫たち。

 

 

だから家族に囲まれたななとみみがじーんと胸に迫ります。

33 (28)

 

 

ななもみみも「ノラ猫」で終わらなくてよかったと心から思います。

33 (27)

 

 

なな、みみ、おめでとう。一生ぬくぬくしていてください。

33 (29)

 

 

最後に、3匹の仔猫たちに関わってくださった方々へ深い感謝を添えて……

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ287なな、288みみ卒業おめでとう。ななはおもちゃ遊びが好きでみみは撫でられて寝ることが多いそうです。703号室にいた頃よりずっと楽しい毎日を送っています。広いおうち、一部屋一部屋ゆっくり制覇していければいいね」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





ななとみみ1

皆さまこんばんは。明日は「もふもふ」の会場下見(私は2度目)に行きます。

 

 

さて、今回は先日うちを巣立った美女姉妹が主役です。

 

 

かおたんは「なな」

IMG_5976

 

 

さおたんは「みみ」

IMG_1796

 

 

「703号室」が名の由来ですって。うれしいですね。

 

 

里親さんから届いた近況写真を見て、私は報われた気がしました。

 

 

ウーウーシャーシャービクビクブルブル……

3A002024-3011-4422-8C57-4F601ECFEB3C

 

 

うちに来たばかりの仔猫たちは、人間不信の塊そのものだったのです。

IMG_1777

 

 

なれてくれるかなあ……

IMG_1783

 

 

私が不安を感じるほど人見知りだった仔猫たち

IMG_1910

 

 

特にさおたん(みみ)は最後まで一度も喉を鳴らしてくれなかったよね。

IMG_1755

 

 

淋しかったけれど、反面、すごいなあと思った。

 

 

なにがすごいか?

 

 

まずはさおたんのお母さん猫がすごいですよ。

 

 

仔猫たちがひとりだちできるよう「警戒」を教えたのですから。

 

 

尊敬します。

 

 

次に学習能力の高いさおたんがすごいです。

 

 

芋虫さおたん♡

IMG_5973

 

 

私は「安らぎ」を教えたかったんだけど、途中でご家族にバトンタッチになったので、これからさおたんは家族の輪の中で少しずつ「安心」を覚えてくれるでしょう。

IMG_1805

 

 

だいじょうぶ。さおたんならやさしい手の意味がいずれちゃんとわかる。

IMG_5972

 

 

きょうだいの中でいちばん小さかったかおたん(なな)は

IMG_1762

 

 

無事に育つのか心配でした。

IMG_1801

 

 

かおたんがごはんを食べてくれなかった日は私もごはんが喉を通らなかったです。

IMG_1759

 

 

よく食べてくれるようになって、立派だね♪

IMG_1782

 

 

3きょうだいのコクシジウムにもてんやわいやの大騒ぎ

IMG_1871

 

 

うんちをまめに捨てるので猫砂の消費量がハンパじゃなく年中スーパーへ走ったという……。

 

 

かおたん(なな)お薬がんばれ!

IMG_1872

 

 

ちゅーるで緩和

IMG_1874

 

 

さおたん(みみ)もお薬がんばれ~

IMG_1856

 

 

「ちゅーるおいし」

IMG_0138

 

 

ふふ単純~

IMG_1848

 

 

よかったね^^

IMG_1855

 

 

仔猫たちは健康にスクスクと育つためにいろいろがんばりました(がんばらされました)。

IMG_0159

 

 

1度目のワクチンは半そでを着ていたっけ

IMG_1891

 

 

(ワクチンは首ではなく、ぜひ後ろ足に打ちましょう)

IMG_1882

 

 

前の写真と里親さんが送ってくれた写真を比べると仔猫たちの成長ぶりがよくわかります。

IMG_0146

 

 

私もパチパチたくさん撮りましたよ。

IMG_0144

 

 

オトナへの階段を駆け上がる一瞬一瞬のすべてが貴重です。

IMG_0143

 

 

先に巣立ったきょうだい猫のあおたん(さん)、この度良縁に恵まれたかおたん(なな)さおたん(みみ)とご家族方に「ありがとう」と「おめでとう」を捧げます。

 

 

そして自分には「お疲れさん」と声を掛けてやりたいです。

 

 

仔猫たちが一生けんめいだったのと同じで、私も一生けんめいでした。

 

 

一生けんめい育て、心配し、一生けんめい「ご縁探し」をしました。

 

 

「私がんばってますアピール」はあつくるしいかもしれませんが、私はがんばりました。だからお疲れさんとねぎらってやりたい気持ちです。

 

 

かおたん(なな)、さおたん(みみ)、ふたりともうんと幸せになってください。卒業おめでとう。お嬢たちの新居は次回へつづきます。

 

 

最後に、いつも応援してくださっているあたたかい皆さまに深謝を。

 

 

どうもありがとうございます。

 

 

皆さまからのポジティブなまなざしが今本当にありがたいです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク