その「すべて」の中には

夜2時間程度の外出から戻ってみると、リビング中が運子まみれで激萎え(涙)。

 

 

だれの仕業かはわかっています。べべ公でまちがいなしでしょう。

 

 

 

まあしょうがないよね。考えてみれば、運子が出ているだけですごいこと。

 

 

 

これは2,016年7月11日に東大病院で撮ったべべの胃の画像↓

ikiehosii (14)

 

 

 

本来犬の胃はもっとぜんぜん大きいのですが、べべは胃よりも膨れあがった腫瘍(病理検査で胃がんの確定診断)に胃が圧迫されています。腸への入り口にも4cm大の腫瘍が。そのため、固形物が食べられません。強力な制吐剤を飲ませなければ絶えず吐き戻します。

 

 

 

べべは6歳の終わりに検診で胃がんが見つかり、麻布大学信田教授による大手術の結果、当時の病巣部は取れました。ですが以後腫瘍の再発(と手術)を繰り返し、16歳4カ月の今なお、べべはあいかわらず同じ病気と闘っています。

 

 

 

先日べべ公の薬をもらいに大巻先生の病院へ行った私は、先生に話しかけてみました。

 

 

「先生、べべまだ生きていますよ」

 

 

すると先生はちょっと苦笑い。

 

 

「そうですか。すごいことです。けど(胃の)中はどうなっているんですかね・・・・・・」

 

 

そうなんです。東大で画像を撮ったのは10カ月半前。

 

 

あのときですでにひどい状態だったのに、よくもっているなあ、としみじみ。

 

 

 

がんばっているね。

IMG_3289

 

 

 

昨年の7月はべべを失う覚悟でした。本気の覚悟だったから毎日が悲しかったです。

 

 

 

東大病院での選択の際の私の思いが詰まったたいせつな記事↓

 

 

「もっとも耐えがたい後悔/幸せの703号室」

 

 

 

客観的に見て、べべは類い稀なる生命力の持ち主だと思います。

IMG_3295

 

 

 

先生方にも恵まれました。助けてくださって深く感謝しています。薬飲むのもじょうずですよ。

IMG_3294

 

 

 

実は先日、急にべべの具合が悪化し、MIHOさんとの外でのランチをキャンセルしたのです。

 

 

 

急きょ「家遊び」に予定を変え、MIHOさんに来てもらうことに。悪いね^^;

IMG_3287

 

 

 

ごはんは私が適当に作ったランチを。夜はMIHOさんがおみやげに持ってきたキンパをふたりで食べて簡単に済ませました。おもてなし力低くてすみませんね。

IMG_3425

 

 

 

前の晩までぐったりだったのに、MIHOさんが来た日は元気が戻ったべべ。言葉悪いけど、まるで死ぬ死ぬ詐欺ですね。ふふ。

 

 

 

ときどき、時限爆弾を抱えているような気持ちになって、精神的緊張感と肉体的疲労感に襲われることがあります。べべに限らず、うちは闘病中のお子が多いので。

 

 

 

だけどいっしょに闘えるのは幸運なことでもあるんだとわかっています。

 

 

 

できるだけ明るく、朗らかに、私はべべと向き合っていきたいです。

 

 

 

病気を持つべべごとを、まるまる私の手で包み、べべの病気に対しても憎い怖いばかりでなく、にっこり笑いかけられる強さをめざしたいです。実際はなかなかむずかしいですけどね。

 

 

 

私はべべのすべてが好きです。その「すべて」の中には、病気も含められているのかもしれません。本来病気などないほうがいいに決まっていますが、あるんだから、しょうがない。

 

 

 

べべのおでこに小鳥が止まるかな? とか意味のわからないキモい(※ かなりキツイイタイ閲覧注意!)ちゅっちゅ動画をMIHOさんが撮ってくれました。これお子たちを相手にたまにやるのですが、要は私はあまりの親バカで救いようのないキス魔です。べべ公に免じて許してください。

 

 

 

こっちはワニさん遊び。これにはいちおう理由があります。べべがしれっと薬を吐き出していないかをたのしく? チェックしているのです。

 

 

 

私よりずっとオトナのべべは、呆れつつも私につき合ってくれている気がします。

 

 

 

相思相愛、とみていいでしょうかね? だったらうれしいなあ。

IMG_3310

 

 

 

生きていてくれてありがとう。

 

 

 

部屋中に散らばる運子たちもべべの生きる証!

 

 

 

(でもできればほどほどに)

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク

10分更新 我が家の構ってちゃん

左目下の盛り上がりが気になって気になってふだんはいっさい見ない手鏡が手放せません。

 

 

負のスパイラルに陥りそうな精神状態。はあ・・・・・・。

 

 

 

しかし家で悶々と落ち込んでばかりもいられないので、気晴らしにプレゼントを持って妹家へ

IMG_3396

 

 

 

妹の誕生日が近いので、コットン&シルクのサマーショール、バスソルト、ケーキを渡しました。

IMG_3413

 

 

 

メインのショールは自分も買おうかと悩んだほど気に入ったもの。大判の薄手。色もいい! 室内と外の寒暖差が激しい季節に活躍しそうな一枚です。喜んでくれましたよ。よかった。

IMG_3403

 

 

 

私の目の不自然なテーピング姿と新たな膨らみを見てふびんに思ったのか? 妙にやさしかった妹。爪だけでもかわいくしようかね? と、ネイルをやってくれたのです。

IMG_3400

 

 

 

なかなか凝ってるね。ありがとう。多愛もない話をしていたらあっという間に完成!

FullSizeRender

 

 

 

帰宅後、我が家の「構ってちゃん」があまぱんと私の間に飛んできました。

FullSizeRender (1)

 

 

 

あまぱんはサクにとって「保険」のような存在なのかもしれません。あまぱんがそばにいると、サクは自分を大胆に出すことができるのです。そういうところ、とてもかわいいねえ。

FullSizeRender (2)

 

 

 

甘噛みされています。指がむずがゆいけど、幸せなひととき

FullSizeRender (3)

 

 

 

サクをちゃんとアピールしていくからね。どんどん剥けているの、皆さまに見てもらおう。

FullSizeRender (4)

 

 

 

「ハハ~ ぼくにも魅力ありますか?」  ※写真MIHOさん

IMG_3302

 

 

 

当然あります。仰山あります。

 

 

 

あまぱんのごはんは奪うけど、サクはべべにベッドを譲るやさしい少年です。

 

 

話を聞きながら首を傾げる姿はこの上なく思慮深いです(笑)。

 

 

 

サク、好きだよ。幸せを求めて歩いていこう。

 

 

明日もいっぱい飛びまわって、ごはんをおねだりしてね。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク

転がってくる場所

目元にまだ手術の生々しい傷があるのに、今日新たに左側の涙袋の皮膚に盛り上がりを発見。今のところ変色していませんが、早くも再発の予感におびえています。恐ろしいです。

 

 

気分を変えるため、我が家の癒し担当者に登場してもらいますかね?

rire (5)

 

 

 

 

2年前のあまぱん。季節は真夏。蒸し暑いのに私にベッタリ・・・・・・

rire (2)z

 

 

 

 

先日さぶとのラブシーンをお送りしましたが、実はあまぱんとも似たような関係です(笑)。

rire (6)

 

 

 

だらしなく寝床に倒れている私を見つけると、私をめざしコロンコロン転がってくるあまぱん。

 

 

 

外出が億劫になってしまうの、わかるでしょ?

 

 

 

あまぱんの穏やかな性格は我が家の家宝。

 

 

 

昨夜の様子↓ 保護猫ちゃた幸の「猫なれ」に一役買ってくれています。ありがとう♪

FullSizeRender

 

 

 

先日の通院では、スクリーニング検査(腎臓以外の数値も診てもらいました)を依頼

rire (4)

 

 

 

検査結果を聞いてホッ。貧血などもないし、CREAが2.3(前回3.0)BUNは23(前回23)。なんとこの前のさぶ同様、前よりもだいぶ改善されているではないですか!

 

 

うれしいねえ。一緒に闘ってきてよかったと思える瞬間です。

 

 

 

腎臓の薬はセミントラのままいくのか、ラプロスに変更するのかはこのたびも持ち越しに。

 

 

 

近々大巻先生がラプロス(東レ)の担当者と勉強会を行うとのことでしたので、会が終わってから改めて考えてみることにします。あまぱんの命に関わることなので慎重にいかなくては。

 

 

腎臓以外は問題がなく総じて安心ですが、体重が150g落ちているのが気がかりなので、今後はまんまるをめざしてがんばります。あぱまん、たくさんおねだりしてね。

 

 

 

自分の体調はいろいろと萎えることも多いこの頃ですが、うちのお子たちはみんな生きる気満々のようでたのもしい限りです。あまぱんお疲れさま~!

rire (3)

 

 

来月はほほを連れて東大病院へ行きます。ナナの腎臓検査、リルの検診も予定しています。

 

 

 

通院ネタばかりじゃないんですよ。

 

 

 

来月初旬はちゃた幸、そしてすももが終の棲家へ旅立ちます。ちゃた幸、すももを新居へ案内する日が楽しみ。私と関わってくれた尊い子たちが私の糧です。感謝。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク

わたしたちのかけがえのない時間

本日はゲストを出やすい駅で車内にサッとおさめ

526sumomo (6)

 

 

 

 

保護猫すもものいるemi-goの病院へ向かいました。

526sumomo (14)

 

 

 

「いらっしゃいませ」

526sumomo (7)

 

 

 

すももちゃんのお母さんですか?」    「ですか?」

526sumomo (9)

 

 

 

しかしこの病院は保護動物多いなあ・・・・・・潰れないか心配

526sumomo (12)

 

 

 

「ぼくたち茨城県から来たんですよ 保護子犬です だれかー」

526sumomo (5)

 

 

 

 

「あ ママのママと タナベさんだ! みてみて~ これマイソファー」

526sumomo (4)

 

 

 

「emi-goに隠れ家つくってもらったの 広いおへやに おひっこしした」

526sumomo (16)

 

 

 

 

「おんぶーー」   「おっぱいーー」   「ママママ あのねっ」

526sumomo (3)

 

 

 

「あら 来たの? 子どもたちが騒ぐから気づきませんでした ごめんなさいね」

526sumomo (8)

 

 

 

すもも不妊手術終わったの? お疲れさま。あいかわらず、たいへんそうだね^^;

526sumomo (11)

 

 

 

でも快適な住空間になってよかったね。ふふ。おちびさんが窓から顔出してます。

526sumomo (2)

 

 

 

emi-goが撫で撫で

526sumomo (10)

 

 

 

あっティーさんも。敷物は家のニオイをおぼえさせるためにあっティーさんが持参したもの

526sumomo (13)

 

 

 

私もさわらせてもらいました。みんなにゴロゴロ喉を鳴らしてやさしい女の子です。

526sumomo (15)

 

 

 

あっティーさんはなにやらすももと話し込んでいました。あっティーさんが声をかけると律儀にお返事を聞かせてくれるすもも。家族ですし、女性同士、当然長話になってしまいます(笑)。

 

 

 

その横で私は保護子犬たちを嗅ぎまくり。里親募集中です。超かわいいですよ?

526sumomo (19)

 

 

 

記念写真は子犬たちを抱っこしてパチッと!

526sumomo (18)

 

 

 

目のまわりに肌色のテープを貼っているのが見苦しいので、遠くから撮ってもらいました。

 

 

 

すももを迎え入れると決めてから「顔をおぼえてもらいたい」との理由で毎週遠路はるばるすももに会いに通うあっティーさん。お仕事が忙しい中、脱走防止対策も厭わず進めてくださっています。すももはいい出会いを果たしたと思います。ステキな猫とステキな人、お似合いです♪

 

 

 

べべのごはんはemi-go、かりんとうはあっティーさんがおみやげにくださいました。

526sumomo (17)

 

 

 

ありがとうございました。すももと子猫たちはすこぶる元気に過ごしています。

 

 

前会ったときは子猫たちから片時も離れようとせず、終始「お母さんの顔」で必死に授乳していたすももですが、今夜はひとりでくつろぐ姿が顕著に見られました。人間に甘えたり、ごはんをがっついたり、すもも本来の性格、愛嬌を垣間見れて、あっティーさんも私もニコニコです。

 

 

 

母としてももちろんですが、単体としてのすももは、それはそれでとても美しかったです。

 

 

 

卒業まであと2週間ちょっと。かけがえのない時間を母子で過ごしてほしいと切に願っています。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク

飛んでくる場所

夜、遊びに来ていたMIHOさんとだべっていると、チチから電話が・・・・・・

 

 

産業医の診断を受け、じきに今の会社を休職するとの内容でした。長らく地方へ出稼ぎに行っていたチチですが、こちらに帰ってくることになりそうです。だいぶ前からわかっていたことですので、とくだんリアクションもせず、「あっそう」とだけ返しておきました。

 

 

家を維持するために、安定した収入にこだわり、「会社員」でいてほしかった私は、チチとは何年もろくに重要な話をしてきませんでした。話すと激しくもめてお互いに消耗するのです。

 

 

しかし、昨年末チチの両親を含めた話し合い(忘年会)の席で、私は覚悟を決めました。

 

 

 

お父さんに憧れて今の職種に就いたこと、若かりし日は自分なりに発展しようと努力してきたこと、だけど一方で挫折感が拭えず、10年前あたりからこの職種への自分の能力の限界を痛感し、以後苦悶してきたこと。どれも初耳で、聞いたときは少し驚いたほどです。

 

 

両親相手に淡々と説明をするので、私は不思議と他人事の感覚に陥ってしまい、ならしょうがない、と思いました。10年も前より限界を感じてきたことを、これからもつづけた方がいいとは言えません。本来そこはお互いに不可侵であるべきです。私はぜんぶではないにせよ、多少は好きなことをやってきたし、未来もなるべく好きなことを選んでいきたいですもの。

 

 

どちらかだけが曲がるのも、どちらかだけが大きながまんをするのもフェアではないので、口出しするのはやめました。私たちは夫婦である前に、それぞれが精神的に独立した個人ですし。

 

 

ただ、家はきれいに使ってほしいかな。一主婦としての切なる願いです(苦笑)。

 

 

 

「さぶ兄 オトナはたいへんですね」         「まあそうだな」

IMG_3288

 

 

 

 

「小さいとなにかと得をします」     「みんな小さいままでいられたらいいな」

IMG_3305

 

 

 

本日の写真はMIHOさんの提供

IMG_3290

 

 

 

 

後ろ足で平和のVサイン

IMG_3292

 

 

 

常にベッタリくっついてきます。

IMG_3304

 

 

 

強烈なレベルのラブラブぶり

FullSizeRender

 

 

 

 

「あの なにしてまち?」         「さぶの点滴中だよ」

IMG_3299

 

 

 

スッと逃げようとしたので首根っこをぎゅっ。母猫のようにね!

IMG_3298

 

 

 

えらいえらいを連呼。誉めるとおとなしくなったりもする単純な男です。

IMG_3297

 

 

 

入れて~♪ のべべ公

IMG_3291

 

 

 

 

そして、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムに投稿した本日の爆死レベルの動画を紹介します。30秒程度の動画ですが、悶えます。うーーー! かなりうらやましいでしょ?

 

 

 

ジャンピング抱っこからのKISSのオンパレード。熱すぎてごめんなさい。

 

 

 

ジャンピング抱っこはさぶのお得意技で、私のお気に入りの過去記事にも登場してきます。

 

 

「締め切りました/幸せの703号室」

 

 

↑ に貼りつけた動画は26,000回も再生されているんです^^

 

 

 

さぶの飛んでくる場所が私の胸元でうれしい。

 

 

 

辛い日があっても家族が支えてくれるおかげで笑顔が絶えず、目のまわりはシワくちゃです。

 

 

 

冒頭でご心配をおかけする内容を書いてしまいましたが、私はぜったいにうちのお子たちや私の保護猫たちを路頭に迷わせません。全力でみんなとの生活を守ります。ときにはフワッとたのしく、ときにはバシッとしっかり! そんな風に日々を重ねていきたいです。

 

 

 

落ちついたら保護猫サクの未来についてじっくり考えます!

 

 

 

へへ。さぶの動画の感想などがありましたら書いてくれるといいな~♪

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク