明らかにする

皆さまこんばんは。703号室は現在保護猫あさひの家族募集をしています。

IMG_0969

 

 

 

Twitterでリツイートしてくださっている方々に感謝。近ごろの私は不調で一時期のような勢いがありません。そのことに絶えず不安を感じています。応援してくれていた方々が離れてしまうのではないか。自分はダメな人間なんじゃないか。

 

 

みたいなね。

 

 

保護活動をしているとたびたび「中毒性」を感じることがあるのです。

 

 

もっとやれる、もっといける。周りはもっとすごい数をこなしている。

 

 

自分もそれに見合うような活動をしなければならない。

 

 

いつの間にか目的意識がすり替わってしまいそうで怖くなります。

 

 

果たしてこれは、不遇な子たちに対する内から湧き出る純粋な感情なのか、はたまた誰かに認められたいという醜い自己承認欲求のあらわれか。

 

 

正直、自分でもよくわかりません。

 

 

まっすぐ見るか斜めから見るか、見る方の取り方にもよるでしょう。

 

 

けれど私はひとつだけ強く心に決めていることがあります。

 

 

そしてここだけはひたすらに自分を認めています。

 

 

「明らかにする」

 

 

明らかにするすなわち、透明性を高めること。透明性が高まれば、汚いごまかしは通用しません。みんな見ているわけですから追い詰められて活動に重い自己責任が乗っかってきます。自分を貫くためには、誠意がなければ成り立ちません。

 

 

私は仲間を作り、歩調を合わせるのが苦手です。その分の対人能力をすべて里親希望者さんに費やしたいと考えています。だから私の保護動物を希望してくださる里親さんの言葉には、耳のみならず全身を傾けていきたいのです。

 

 

わけわからないことをつらつらと失礼しました。

 

 

命の譲渡ゆえ、本気で取り組んでいかなければ! という鼻息の荒さです。

 

 

あさひは昼顔より夜顔のほうが断然かわいいのですが……

IMG_0959

 

 

 

夜バタバタしていたので日中撮った写真を仕方なくUPします。

 

 

 

あああ、ブレてる^^;

IMG_0958

 

 

 

左手で撫で撫で、右手でパチパチはむずかしい。カエルみたいな顔になっちゃった。実物は目ん玉クリクリの麗しい男の子なのにこれじゃあ誤解されちゃう。

IMG_0960

 

 

 

「みんな得意不得意があるから まあしょうがないな」

IMG_0974

 

 

 

あさひもイヤイヤつき合ってくれています。私的にはね、人と仲よし♪ みたいな構図を狙ってたんですよ。でもひとりでやってるからうまくいかない。

IMG_0970

 

 

 

ブレてたりカエルみたいな顔のショットであさひに悪いことをしちゃったな。一生懸命追いまわしたんですが、ダメね(苦笑)。次回気合い入れてがんばります。

 

 

あさひと私のラブラブシーンをお届けしないとね。

 

 

最後に、精神疲労と自信喪失で萎んでいきそうだったとき、ゆちゃんが私の苦手な作業をそっと手伝ってくれました。ライン開いてびっくり。うれしかった。

IMG_3177

 

 

 

ゆちゃんは自分でも外猫を保護しています。

 

 

emi-goといい、ゆちゃんといい、私より若い世代の慈悲深く行動力のある女性に出会うと未来への希望を感じます。妹みたいな存在。特殊塗装業のガテン系バリキャリですよ。「安全第一」のタオルを首に下げ、いつも腕にペンキの跡がついているのがかっこいい。あ、ご本人の名誉のためにひと言。お風呂には入っているそうです。

 

 

時間は有限なのに、貴重なひと時を私のために割いてくれてありがとう。

 

 

お礼に母の店の「台湾料理」を堪能してもらいました。

 

 

昨夜数年ぶりに実家に泊ったのですが、店の売り上げが4000円足りないと夜中まで嘆いていた母。結局自分の勘ちがいだと知ると、直ちに、本当に3秒でフッと寝落ちしたんです。今日はお休みだったのでごきげんでした。よかったね。

IMG_3203

 

 

 

皆さま今週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

暑い日々がつづいているのでお身体をたいせつにしてください。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





あさひの家族を募集します

にゃん太さんのプレゼントの「イカキッカー」をおろしてみました。中にたんまりマタタビ粉が入っています。さて、わが家の男性のうち、だれがいちばんに気づくでしょうか? ヒヒヒ♡

 

 

「あー! 前方右45度に なんかカラフルなおもちゃ発見です」

ikaomotya (16)

 

 

 

「お? (クンクン)なんだこれ?」

ikaomotya (2)

 

 

 

「新遊具か?」

ikaomotya (4)

 

 

 

「噛みごこちも……」

ikaomotya (17)

 

 

 

「抱きごこちもいいな」

ikaomotya (19)

 

 

 

うらやましいあさひ

ikaomotya (21)

 

 

 

先輩さぶがご執心ゆえ、なかなか譲ってもらえません。

ikaomotya (20)

 

 

 

「おれ 酔いそう」

ikaomotya (18)

 

 

 

「たまには遊ぶのもいいもんだな」

ikaomotya (3)

 

 

 

「もう今夜は離さないぞ」

ikaomotya (1)

 

 

 

イカとさぶが動くたびに、あさひは遠くで手をちょいちょい出して交じっているフリをします。あさひのエアプレイ? がかわいくてちょっと切ない(笑)。

ikaomotya (22)

 

 

 

15分後……

 

 

 

「酔うとおれ腹が減るんだよね」  「あ! さぶ兄イカをリリースしました」

ikaomotya (5)

 

 

 

のび~ &あくびのセット後、あさひが何食わぬ顔でイカに近づき、パクっと咥えました。

ikaomotya (7)

 

 

 

「やったぼくの番~」

ikaomotya (6)

 

 

 

だいぶ夢中のようです。

ikaomotya (8)

 

 

 

「かぶ~~~ もう離さないぞ~~~」

ikaomotya (9)

 

 

 

あさひ、おまいよかったね?

ikaomotya (10)

 

 

 

「かぶっ こら待て待てイカさん どこへゆく!」

ikaomotya (11)

 

 

 

イカがあさひの手に渡ってから30分、宴はつづきました。

 

 

子どもはみんな素直で単純です。

ikaomotya (12)

 

 

 

「ぼく ハハがモタモタしていたせいで青春を703号室に費やしたのです」

ikaomotya (15)

 

 

 

そうだね。ごめんね。いよいよあさひのあたらしい扉を開けるときが来たね。

 

 

 

「ハハ ぼくをどこかに連れていく気ですか?」

ikaomotya (14)

 

 

 

「どういうところですか? まさか売り飛ばしてしまうわけじゃないでしょうね」

ikaomotya (13)

 

 

 

あさひはたいせつなお子ですので、そんなことはしません。

 

 

あさひの家族募集にあたり、あさひに会いに来てくださった方にお話があります。

 

 

よかったらぜひ聞いてください。私があさひを保護したのはまだ寒い頃でした。もともとあさひは灰色に汚れ、みすぼらしく痩せ飢えていた外猫です。

 

 

私があさひという仮名をつけました。

 

 

由来は燦々と輝く未来をイメージしてのこと。

 

 

昇りゆく太陽になれるよう、私なりに願いを込めたのです。

 

 

そして“家族”という単位の世界を、明るく、あたたかく照らす存在になってほしいと。

 

 

あさひは少し臆病ですが、凶暴性はいっさいなく、とぼけた様子の男の子です。ふだんはおっとりしていますが、爆音が轟くなど有事の際は逃げ足が非常に速いタイプ。

 

 

こぼれ落ちそうに大きな瞳と小さなお顔がイケてます。

 

 

見てのとおり、正統派のハンサムですよ。

 

 

健康状態も含め、なんら問題のないあさひのご縁探しが遅れた件については、あさひに申し訳なくてじゃっかん心が痛みます。ほんとうは春ごろにあさひを「家族募集掲載サイト」へ載せるつもりでした。しかしできませんでした。

 

 

理由を自己分析しているのですが、実はよくわかりません。

 

 

いちばん大きなものは愛犬ナナの死かも。

 

 

あさひをスカウトしたとき、ヨボヨボではありましたが、ナナは私の隣で確実に生きていました。振り返ればあの頃はナナの介護が私の生き甲斐で、ナナの明日が私の明日だったんです。ナナは老いと病が深刻ゆえ手がかかったのは確かでしたが、それでもナナが私の生きる活力でした。

 

 

べべもナナも私の娘なんです。

 

 

ナナを失ってから「やる気スイッチ」の在処が見つからなくて困っています。

 

 

いっぽうで、保護猫あさひの貴重な一日一日が、ステイ中の703号室で過ぎ去っていくことに罪悪感を感じます。あさひは家族募集が難航する類の猫ではありません。あさひに家族が見つからないとすれば、理由はひとえに私の努力不足です。

 

 

私はあさひを本来向かうべき場所に連れていってやりたいです。

 

 

今ようやく、残りカスみたいな余力をかき集めました。

 

 

あさひをステージに立たせ、運命の赤い糸を繋ぎたい一心です。

 

 

あさひは快活でやさしい猫です。私が忙しくてあさひを相手にできない日もありましたが、部屋の隅で地味にひとり遊びをしてさびしさを紛らわせていました。

 

 

けなげで愛おしくなるよね。

 

 

保護猫を迎える検討をしている方は、どうかどうか、あさひに目を留めてやってください。あさひは一頭飼育でも先住犬猫のいるお宅でもやっていけます。

 

 

保護猫あさひ

性別:男性

推定年齢:1歳半

医療ケア:不妊手術済み、ワクチン、駆虫、ウイルス検査(結果マイナス)など基礎的なものはすべて終えています。健康優良児です。

♡30歳以上のおひとり暮らしの方(申し訳ありませんが女性限定とさせていただきます)、お留守番のある方、はじめて猫と暮らす方にも安心してご紹介できます♡

 

 

あさひが善き方の目に留まりますように!

 

 

でっかいLOVE♡

 

 

 

スポンサーリンク





水辺のカフェ

皆さまおはようございます。昨日は蒸し暑い一日でしたね。

 

 

歩いているだけで汗ばむという。湿度がほんとうに気持ち悪い……。

 

 

近い将来軽く仕事に復帰したいと考え、昼間行ってきました。

aniidabasi (2)

 

 

宅地建物取引士は5年に一度免許の更新があるのです。この申し込みがまたなかなか手のかかる作業で^^; 講習は8月22日になりました。今回も朝から夕方まで新法改正をみっちり学びます。きっと眠くなるでしょうね。知識を正しく吸収するのが目的なので寝ちゃダメだけどね。

aniidabasi (7)

 

 

 

手続きを終えた私は、ひとりお気に入りのカフェへ

aniidabasi (3)

 

 

 

お~♪ 水辺は涼しい!!

aniidabasi (6)

 

 

 

カナルカフェ。10代の頃から大好きな場所です。仕事帰りやデートでよく来たな。タコと豆の前菜とカフェラテをオーダーし、しばし風を楽しみました。

aniidabasi (5)

 

 

 

店員さんが撮ってくれた写真

aniidabasi (4)

 

 

 

カフェのあと、神楽坂を30分程度街ブラ。夏用の着物や浴衣や小物に目が釘付け。ウィーンドウショッピングに精を出しました。何も買いませんでしたが、たまにはいいですね。

 

 

帰宅後、あまぱんにひっつくイケメンあさひの写真をiPhoneでパチパチ

aniidabasi (11)

 

 

 

じゃっかん遠近法が入っているかもですが、あまぱんと比べると?

aniidabasi (10)

 

 

 

あさひは顔が小さいです。そして端正です。

aniidabasi (9)

 

 

 

「ハハ失礼な! あま兄と比べたら そりゃそうですよ」

aniidabasi (8)

 

 

 

あら? あまぱんだってなかなかの小顔だと思うけど?

 

 

あまぱんは若い頃まんまるでしたが顔は小さかった気がしています。

 

 

うん。私の記憶と感覚は、たぶんまちがってない。

 

 

「どーでしょうね?」 「勘ちがい多いし忘れっぽいんだよな」

aniidabasi (1)

 

 

 

いくら撮ってもiPhoneの写真ではあさひの魅力を伝えられないので次回以降はカメラでバシバシ撮ってやりますから皆さまお楽しみに。ひさびさの家族サイト掲載を前に鼻息を荒くしています。

 

 

ぜったいにあさひにいいご縁を繋ぎたいっ!

aniidabasi (13)

 

 

 

あさひを卒業させたら休みたいって言いましたが、近所で猫の鳴き声が聞こえたのでこの目で困っている子を見かけたら連れて帰ろうと思っています。

 

 

まずはあさひを送り出さなきゃね。どうか応援してください。

aniidabasi (12)

 

 

 

いつもお読みくださりありがとうございます。

 

 

皆さまにとって素敵な一日になりますように。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





もものお輿入れ2

皆さまこんばんは。

 

 

昨夜につづき卒業を祝して、今宵は百香改め「もも」の新居へご案内します。

 

 

もも家は703号室から約1時間半の距離。マイ太郎さんが車を出してくれました。ももの初の長距離移動。キャリーの中でじっとしていてえらかったです。

 

 

 

先住るいくんの待つお家に到着

IMG_0466

 

 

 

ふたつ並んだおそろいのケージに感動

IMG_0438

 

 

 

「だれ?」

IMG_0488

 

 

 

るいくん、はじめまして。お友だちを連れて来たの。仲よくしてあげてくれる?

 

 

 

「お友だち? ぼくドキドキ」

IMG_0450

 

 

 

おめめがビー玉みたい。超ハンサム!! るいくんももも同様元保護猫です。

IMG_0478

 

 

 

里親さんご一家はるいくんとの暮らしを皮切りに猫に夢中になったそう。るいくんはひとりっ子でしたが、このたびももの姿に目を留めてくださったのです。

IMG_0446

 

 

 

もものために準備されたトイレや

IMG_0465

 

 

 

女の子らしいゴージャスなソファ型爪とぎなど

IMG_0464

 

 

 

ぜんぶちゃんと二つあって心が躍りました。かわいくてかわいくて。

 

 

 

マイねーも撫で撫で

IMG_0480

 

 

 

「わたしの知らない場所だ 嗅いだことのないにおいだもん」

IMG_0477

 

 

 

シャイな一面のあるももはちょっと不安そうにしています。

IMG_0475

 

 

 

「シャー」

IMG_0443

 

 

 

もも、ビビらなくて大丈夫。素敵な環境でしょ?

IMG_0483

 

 

 

きっとすぐなれると思うよ?

IMG_0481

 

 

 

奥さまも猫が好きですが、ご主人は奥さまを上回っているかもしれません。

IMG_0469

 

 

 

ご夫婦は終始穏やかな表情でるいくんとももを見つめています。

IMG_0442

 

 

 

里親さんのお宅は2F建ての戸建てですが、るいくんとももがメインで使うのは1F部分。入り口には玄関をふさぐ扉が備わっています。

IMG_0468

 

 

 

防犯上、窓はほとんど開けないと仰っていましたが、念のため掃き出し窓に脱走防止対策をお願いしたのです。これさえあれば換気も怖くないですものね。

IMG_0456

 

 

 

清潔かつ整理整頓の行き届いた1Fスペース

IMG_0458

 

 

 

猫に危険と思われるものはいっさいありませんでした。ごちゃごちゃの我が家と大ちがい。無精な自分を反省。このときは私も大掃除を胸に誓ったのですが……

IMG_0485

 

 

 

手続きと談笑の合間においしいお菓子とお茶をごちそうになりました。

IMG_0470

 

 

 

ダイニングに隣接した和室。大きなキャットタワーが置かれています。

IMG_0449

 

 

 

この空間を近いうちに「本格的な猫部屋」に変えるとお話していた里親さん。

 

 

 

最近送られたきた写真を拝見しておったまげましたよ^^;

IMG_2924

 

 

 

だってほんとうに本格的じゃないですか?

IMG_2925

 

 

 

キャットウォークやステップも完備。猫にとって楽園でしょう?

IMG_2926

 

 

 

いいなあうらやましい。ご主人の手作りですよ? うちならあり得ません。

IMG_2927

 

 

 

るいくんともものはしゃぐ姿を想像しながらコツコツ造ったんだろうな。

 

 

 

ケージよりのびのびとした安全な空間でるいくんとももがお留守番できるよう「猫部屋」をプレゼントしたいとのことでした。奥さまの理想をご主人が形にしたんです。るいくんとももは幸せですよね。私ここまで完成度の高い手作りの猫部屋を見たことがなーい。るいくん、嬉しいね。

IMG_2928

 

 

 

ももも猫部屋に慣れだしているんだよね。

IMG_2929

 

 

 

2か月という長い時間をかけて、一歩ずつ距離を縮めてくれた慎重な里親さん

IMG_1942

 

 

 

たいへんなことも多かったでしょう。

IMG_1790

 

 

 

いつも猫たちを信じそっと手を添えるように相性を合わせてくださったおかげで

IMG_1792

 

 

 

るいくんとももの距離がだいぶ縮みました。

IMG_1865

 

 

 

家族になったのですから、いっしょにいられる時間は限りなくつづきます。昨日より今日、今日より明日、の気持ちで向き合ってくださればもっともっとるいくんとももは近くなると確信しています。

 

 

るいくん、よろしくね♡

IMG_0441

 

 

 

「努力してます」

IMG_0440

 

 

 

トライアルの期間中、たくさんの写真を添え近況を教えてくださった里親さん

IMG_2942

 

 

 

バタバタしていて皆さまには逐一お話しできませんでしたが、太いご縁です。

IMG_2884

 

 

 

ももは終の棲家で甘えたりカーテンレールにのぼるいたずらを繰り広げているのでご安心ください。

 

 

ももはるい兄と共にももらしく生きていますよ。

 

 

ももにかかった医療費、交通費、おみやげをありがとうございました。

IMG_0490

 

 

 

またいつかももに会いに行くからね。おめでとう。きれいだよ。

IMG_2885

 

 

 

ローズ、もも、が巣立ち、ジャイアンは留学中です。残るあさひについては6月中に家族募集サイトへ掲載しますので皆さま応援をよろしくお願いします。

 

 

あさひにもももみたいな良縁を繋いでやりたいです。

 

 

かつくん「ⅹ263ももおめでとう。ぼくも猫部屋のすごさ、完璧さに息をのみました。猫の習性を考えた楽しい造り。上下運動ができて最高だね。外でがんばってきたもも。飢えや寒さに苦しむことなく、終生姫生活をエンジョイしてください」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





もものお輿入れ1

皆さまおはようございます。

 

 

前夜にブログを更新予定でしたが、チチが延々とテレビをみていてかないませんでした。すっかり遅くなりましたが、本日は長期トライアルを終え卒業生になったお姫さまに登場してもらいます。

 

 

百香(ももか)改め「もも」

IMG_0184

 

 

 

保護したのはなんと1月中旬

 

 

「死地からさらったお姫さま/幸せの703号室」

 

 

ももと出会ったいきさつを書いています。

 

 

私も読み返しました。

 

 

なつかしさに胸が詰まりますね。ナナが生きている頃だったので余計にそう感じるのかもしれません。ももはナナの介護がたいへんな時期に私といっしょに過ごしてくれたたいせつな存在です。

IMG_0133

 

 

 

来たばかりの頃はシャーシャー威嚇し虚勢を張っていたね。

 

 

少しずつ見せてくれたももの「本来の姿」に私は無限の可能性を垣間見ました。

 

 

ずっと言いつづけてきていること。

 

 

「馴れない猫はいない」

 

 

それをうちの保護猫たちが体現してくれているのです。

 

 

ね? もも

IMG_0128

 

 

 

薄皮をはがしたらとんだ甘えん坊がいました。

IMG_0131

 

 

 

私は保護動物と接して学んだのですが、人間のみならず、犬も猫もみんなほんとうは自分の心を預ける場所を求めている気がするんですよ。はじめからチャンスに恵まれた子たちは快適な環境で無邪気に腹を出して眠れるけれど、それ以外の子たちはオーバーリアクションで愛を乞うか、はたまた共存すべき対象を信じることができず、牙を剥いてジタバタと暴れるか。とても悲しいことですね。

 

 

私は彼らの生きづらさを目の当たりにするとまるで自分が生きづらいみたいな錯覚を起こして手を伸ばしてしまうのです。もちろん多くの数はできないけれど、いっぺん取り組んだらとことん突き詰めてしまう。じゃっかんラフなタイプのほうが楽なのはわかっています。しかし私には無理。

 

 

肩に力が入りまくりです。

 

 

命と向き合う場所に「脱力」があってはならないんじゃないでしょうか?

 

 

私は犬猫を擬人化しているわけではないのです。

 

 

ただ、うまく表現できないのですが保護動物は私の中でものすごい存在感があり、私は自分の愛を自分の形で徹底して貫きたいのです。

 

 

昔同じ活動を手広くしている方にクスクス笑われたことがあります。

 

 

「自分の家から巣立った子の名前をぜんぶおぼえているのは逆に不思議」

 

 

そうかな?

 

 

まあその方と私は規模がちがいますが、私は相槌を打てませんでした。

 

 

私には忘れようがないですよ。

 

 

自分なりに一生懸命、珠のように育ててきたんですから。

IMG_0134

 

 

 

もものお見合いの日のことははっきりと覚えています。

 

 

ナナの火葬の日の夜だったからなおさらね。

 

 

精神的にあまりにもキツかったので日にちをずらすことも頭をよぎったのですが、いったいどこにピリオドを打てるかわからず予定通り行うことに。

 

 

今振り返っても、あれでよかったと断言できます。

 

 

そもそもナナとの別れと、ももの幸せは別の次元です。ひとつは抗えないものだとしても、もうひとつは丹念に創作できるのです。ここは前へ進むべきだと思いました。

 

 

けれど私もそこまで強くないので、お見合いのヘルプに来たみいさんにお願いをしたのです。「お見合いが終わるまではナナの話をしないで」と。

 

 

 

「ハハの精神力が試された“お茶会”だったんですね」

IMG_0106

 

 

 

「ぼくのときもシャキッとまとめてくださいね」

IMG_0103

 

 

 

はいよ。あさひ、任せておきなさい!

 

 

ももの里親さんは一途な方で、ももだけにお問い合わせをくださっていました。

IMG_0180

 

 

 

そしてナナの命の終焉を静かに見届け、共に祈ってくださった方です。

IMG_0178

 

 

 

気長でやさしく責任感の強い里親さんに私はバトンを託せて本望です。

IMG_0190

 

 

 

辛い時期でしたが、もものおかげで一筋の光を実感したのです。

IMG_0188

 

 

 

もも、ありがとうね。

IMG_0182

 

 

 

うちでももにしてあげたかったこと、できたはずのこと、いろんな心残りをすべて「譲渡のエネルギー」に変換し、私は安心してお任せすることができました。

IMG_9851

 

 

 

終の棲家で家族のみなさんにクルクル変わる表情を見せてね。

IMG_9855

 

 

 

ペロッと舌を出すもも

IMG_0051

 

 

 

ダイナミックなあくび

IMG_0049

 

 

 

けだるそうな昼顔

IMG_9881

 

 

 

かわいいね♪

IMG_9883

 

 

 

つい撫で撫でしちゃう♡

IMG_9880

 

 

 

もものお嫁入り道具を準備していたら、目の前の霧がうっすら晴れていきました。私は「卒業」させるのが好き。私にとってもっとも有意義な瞬間です。

IMG_1405

 

 

 

遠方のお届けにはマイ太郎さんがつき合ってくれたんですよ。

ga

 

 

 

マイねー忙しい中どうもありがとうございました。

 

 

 

2か月のトライアルを設けたのは、先住猫「るい」くんとももの相性をじっくり合わせるため。るいくんは元保護猫ですが、一匹で保護されたのでほかの猫を見たことがありません。ももがるいくんのお友だちになれるかが要だったのです。

 

 

このたびもものがんばった甲斐があり、まだ道半ばですが正式譲渡のお返事をいただきました。るいくんとももの距離は日に日に縮まっています。

 

 

「皆さま応援ありがとう 次回はわたしのお城に案内するね わたしんちにはお留守番用の猫部屋があるの お父さんが手づくりなんだけど 超快適よ」

IMG_9852

 

 

路地裏で飢えていた一匹のホームレス猫がシンデレラになりました。

 

 

入魂の結果だと自負しています。でも決して難しいことではありません。

 

 

だれにでもできることをしたまでです。

 

 

それによって救われたのは、実は私のほうです。

 

 

困っている猫を見かける猫方は、ぜひやってみませんか?

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク