首を傾げた笑顔のねこ(もふもふ譲渡祭)

大きな公園で保護し、終の棲家へ譲渡した卒業生うに(2012年)のご家族から毎年プレゼントとお便りが届きます。うにはこれでもかというほど家族から愛されています。

333v (6)

 

 

心があたたまりますね。本当にありがとうございました。

 

 

さて、本日母のお友だちが紹介してくださった新しい病院へ行ってきました。なかなかいい感じ。希望が少し見えてなんとなく気分があがったという♡

 

 

もふもふ譲渡祭のほうも鼻息荒くがんばらないと!

 

 

保護猫(犬)をスカウトし専用のおひざへ案内する。

333v (5)

 

 

これを延々と繰り返してきました。

 

 

その中で多くの「名もなき個人」に出会い、私自身がその方々の姿勢に学ばせてもらってきました。そして僭越ながら私もその方々に自分にできる範囲でアドバイスをしてきたと自負しています。

333v (4)

 

 

すばらしい「個人」は無数にいるので、どなたをメインに応援するかという問題は人それぞれの感性によっても異なりますが、私は自分が可視化できている(ふだんは積極的に支援を集めていない)「個人」の方数名と、共催のemi-goの病院と昔から連携を取ってきた「個人」の方数名(3名?)になにかを支援できたらと考えています。ちなみに私自身は受け取るつもりはありません。

 

 

それと、実際私の活動は身銭を切ります。現に昨日私は保護猫たちのドライフードを買いました。保護譲渡活動は無料ではできません。だから支援としては「現金」がもっとも理想的かもしれませんが、もらう方が恐縮するといけないので、みんなで話し合い、感染症の対策として使える「バイオウィルクリア」やノミダニの駆除と駆虫ができる「ブロードライン」や「ギフト券」にしようかなと。

 

 

しかし経費がかかるイベントゆえ、終わったあと、どのくらいを先述の支援にまわせるかは蓋を開けてみないことにはわからないのがむずかしいところです。

 

 

そこで皆さまにお願いがあります。

 

 

もしご自宅に眠っているメルカリに出す予定のない(笑)品物がありましたらぜひひとつからでもご提供ください。もちろん、賛同できない方は無理しないでください。皆さまのお持ちの品物ですから納得できなければ意味がないと思うのです。

 

 

もらったけど使わないタオル、食器、ストッキング、シーツ、靴下、ハンカチ、置物、ポーチ、犬猫グッズ……常識的に持ち帰れるサイズのものがありましたらHP宛てにご連絡ください。送料は皆さまのご負担となります。ごめんなさい。

 

 

新品と限らせていただいているのには訳があります。大昔地元で開いたバザーに参加したことがあるのですが、どう考えても売り物にならない穴の開いた下着やらシミのついたズボンなどが大量に送られてきて困り果てたことがあったのです。

 

 

1日限りの催しということもあり、今回は「新品のみ」とさせていただいています。細かい話ではなく、アバウトで構いません。丁寧な包装も不要です。数年前のものでも保存された状態で使っていなければ「新品」ですものね。

 

 

ハンドメイド品なども大歓迎です。

 

 

もふもふバザーは私が仕分けをするのではなく、私のたいせつな里親まりおさんたちが中心となってやってくださるのでご理解とご協力を切にお願いします。

 

 

私もいくつか提供するつもりですが、私にはハンドメイドの才能もなければタオルや食器をもらってもすぐに使ってしまうのでうちは「新品」に乏しい^^;

 

 

悩んだ挙句、足を伸ばしてお気に入りの小物屋さんへ行ってきました。

 

 

ほしかったものは売れてしまったのですが、かわりに超絶かわいい猫の置物を見つけたのです。タイの職人さんによる手彫りの猫ですよ♪ 写真で見るより結構大きいです。木のぬくもりを感じられる作品です。奮発して買いました!

333v (3)

 

 

ふふ。店主さんが直接タイに買い付けに行ったんですって。

 

 

猫がこんな風に笑顔で過ごせる社会をめざしていきたいです。

 

 

きっと実現できると信じています。

 

 

emi-goの愛犬チャポポ(山口県周南市出身)の通う犬の保育園でも、「もふもふ譲渡祭」が話題にのぼっているようです。12月22日までに体調整えないと~!

333v (1)

 

 

ひざにさぶを乗せながら深夜つらつらと失礼しました。

333v (2)

 

 

明日も皆さまお元気にお過ごしください。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





毛玉ちゃん(もふもふイベント)

皆さまこんばんは。すっかり夜中になってしまいました。

 

 

今夜、リリ子とルースの里親豆さんとポスター貼りに行ったのです。

14 (13)

 

 

許可を得ている所あちこちを車でひたすらまわって

14 (14)

 

 

車に積んだ分をすべて終えました。豆さんありがとうございました。

14 (1)

 

 

恥ずかしい話、だれも来てくれなかったらどうしよう……と不安で胸が潰れそうです。いろんなできごとが重なり、私はすっかり自信を失ったんだと思います。

 

 

そんな私にemi-goがかけてくれた言葉を紹介させてください。

 

「(イベントについて)なにを持って成功というのですか? なにを持って失敗というのですか? ダメな部分があるなら反省点として次に活かせばいいんですよ。なにを怖がるんですか? だれも来ないってことは絶対ないです。だってうちの親がきますから。うちの親が来たらその時点で“ゼロ人”じゃないですよ? 病院でも宣伝しますし、手渡しで患者さんにチラシを配っています♡」

 

 

本当にじんわりあたたまりました。よし、ウジウジしないでがんばろう、と。

 

 

仕事から戻った私は、あまぱんとさぶの点滴を済ませ、保護猫たちのお世話をしてから家を出ました。家でじっと心配しているよりも、自分の手足を動かしたほうが合理的です。一枚一枚に思いを込めて貼りました。また近々貼りに行きます。

 

 

「いつかアレやりたいね」ってemi-goと話して10年。長いですね。

 

 

10年前に品川区で個人の保護譲渡活動をしている方が集まり譲渡会とバザーをやったのです。私が若かりし日のemi-goを誘っていっしょにやりました。

 

 

そのときは当時のメンバーのおかげで大盛況だったのですが、あれから10年……。

 

 

正直、浦島太郎の心境です。なにもかもわかりません。

 

 

でも10年前、emi-goが私の主宰する譲渡会に出した保護成猫が譲渡会終了間際に素敵な方からお声がかかり、最高の譲渡に繋がったのは記憶しています。

 

 

保護主のemi-goにとっても、保護猫にとっても、私にとってもミラクルでした。

 

 

私の保護犬も良縁に恵まれ、ダブルでめっちゃくちゃにうれしかったです。

 

 

ふだん、インターネットの家族募集サイトで家族募集をしている私は、眉間にしわを寄せながらパソコン画面と睨めっこしています。家族希望のメールが来れば希望者さんととことんやり取りし、お茶会(お見合い)を決め、譲渡しています。

 

 

皆さまにお見せしているのは幸せになった「キラキラ」の部分だけ。実は意外と根気のいる地道な作業を繰り返していて、うまく言えないけれどストレスも溜まります。ひとつの譲渡を結ぶ最中は自分がどんどん萎んでいくのを実感します。

 

 

途中走者としての役目を完走したあとに喜びが沸き起こり、ようやく少しずつ膨らんでいくのです。何回も何十回も何百回も同じことをリピートしてきました。不遇な犬猫との出会いがある限り、これからもそうしていくつもりです。

 

 

けれど同時に、1度は譲渡会という開けた場所でニコニコやってみたいという願いが頭の片隅にはありました。ただ実行に移すエネルギーがなかっただけです。

 

 

emi-goの病院のスタッフたちは感心するほど全員まじめに保護譲渡活動をしています。私も彼女たちの相談に乗ったりアドバイスをしたり、仲よくさせてもらっています。だからこの度、未来ある方々と志を共にしたいと考えたのです。

 

 

そこで、里親になってくれただけでなく、里親になったのを機に個人で保護譲渡活動をはじめたりょうちゃんやまりおさんたちに声をかけ、スカウトに成功!

 

 

3回目の打ち合わせの一枚。りょうちゃんが中心になってくれています。

14 (9)

 

 

12月22日に門前仲町で開催される「もふもふ」イベントの印刷物はすべてりょうちゃんが担当してくれています。すごくかわいいでしょう?

14 (10)

 

 

※モデル毛玉ちゃんの写真はみいさんが撮ってくれました。

 

 

元ノラ猫の毛玉ちゃんは年齢不明ですが、シニアの域にまちがいありません。

 

 

地元のボランティアの方が、「抜歯手術と毛玉カットをしてリリースする」と病院へ連れてきたのを、スタッフのみーちゃんが家族として引き取ったのです。

 

 

来たときはこんな状態

14 (12)

 

 

これじゃ生きづらいですね。

14 (11)

 

 

その毛玉ちゃんが「もふもふイベント」の顔になってくれています。

 

 

毛玉ちゃんの飼い主になったスタッフみーちゃん(とりょうちゃん)が「もふもふイベントのHP」を担当しています。仕事の合間に徹夜でやり抜いたのです。

 

 

「もふもふわんにゃん譲渡祭」

 

 

ピースしているのがみーちゃん(りょうちゃん、まりおさんも)

14 (8)

 

 

「根性あるなあ……」

 

 

HPを見たとき、私は感極まって肩のあたりがブルっと震えました。そして次第に焦りというか……動悸が激しくなっていくのを自覚したのです。

 

 

emi-goの言葉にあった「なにを持って成功とするか?」は、突き詰めるとなかなか答えが出せない問題でしょう。でも、やってよかったと思えることがいちばんかなと今の時点では想像しています。詳細はぜひHPをクリックしてください。

 

 

twitterもインスタもはじめています(私が呟いているわけではありません)。

 

 

私たちは路上に彷徨う、あるいは生きる場所が担保されていない犬猫たちの安全な譲渡祭といくつかの催しをします。ぜひ皆さま応援してくれませんか?

 

 

バザー品の提供をお願いしています。くわしくはHPをご覧ください。なんなら気楽にお問い合わせいただけるとありがたいです。お問い合わせにはみーちゃんかまりおさんが対応します。私ひとりなんかの力では、なにもできません。

 

 

今回はみーちゃんと毛玉ちゃんを中心に皆さまにご紹介しました。

 

 

今後ももふもふイベントについてのブログ更新を定期的にさせていただきます。

 

 

PS「もふもふ」というイベント名を考えたのも、私ではありません。若い方々が中心となって一生けんめい悩んでいたのを横でふんふん聞いていただけです。冬に開催するし、犬猫ってもふもふしてるし、ほっこりピッタリのいい名前ですね。

 

 

次回はかおたんさおたん改め「なな、みみ」姉妹の卒業レポートをお届けします。

 

 

もふもふ♥

 

 

スポンサーリンク





コツコツの積み重ね

皆さまこんばんは。今日いいことがあったんですよ♡

 

 

「ハハ~ いいことってなんですか?」

55 (6)

 

 

先日、猫端会議の講師をつとめさせてもらったのですが、その際私の横にいた素敵な女性からの連絡で私の保護猫に目を留めてくださっていると伺いました。

 

 

どの子でもいいと仰るので、あおたんを紹介させてもらうことにしたのです。

55 (1)

 

 

男の子のあおたんがいちばん甘えん坊だから先住さんともその方とも仲よくなれると信じています。来週あおたんはお見合いをします。またご報告しますね。

 

 

かおたん、さおたんの女の子コンビは現在家族募集中。どうぞご検討ください。

 

 

おとなの猫とも共存できますよ♥

55 (20)

 

 

昨日私は保護猫すずらんのごはんを届けにチチの仕事部屋に行きました。

 

 

リルはチチの仕事部屋と703号室を行ったり来たりしています。

55 (18)

 

 

その帰りに社長(私にお仕事をくださった雇用主)にお寿司をごちそうになるという。自慢ですがまわっていないお寿司はほとんど食べたことがないです。

55 (19)

 

 

お寿司がこの日の一食目。我ながらほんとうにぜいたくだと思います。

 

 

食べ終わったあと、社長をデニーズに連れまわして延々と私の理想の世界(第一種及び第二種動物取扱業の数値規制、日本にもアシュロマー協定を導入したい件)を語りました。どうぶつの福祉向上のために、なにをすべきかを。

 

 

話を聞いてくださってうれしかったです。ちなみに社長は女性です。

 

 

それから、食繋がりで無理やりですが……

 

 

母が自慢してほしいそうなので、ちょっとだけ失礼します。

55 (13)

 

 

母の作ったビーフンがananに載ったんですって(笑)。

55 (12)

 

 

定期的にノラスタを納品しています。よかったらぜひ買ってくださいね。

55 (10)

 

 

「よかったな」

55 (5)

 

 

「みんなに感謝だな」

55 (4)

 

 

まわりのあたたかさに支えられる日々ですね。

 

 

毎日のようにうれしいお手紙がきます。

55 (15)

 

 

この前は卒業犬宙のママさんとひさびさにお茶しました。

55 (11)

 

 

2万円を渡してホームレスさんに懇願して土手から成犬宙を保護し、里親さんに託して13年。宙は姫のように溺愛され、天国へ旅立ったのです。

55 (14)

 

 

私からは宙に合うピンクのプリザーブドフラワーとカードをプレゼント。

 

 

宙の話を通じて私たちは笑ったり泣いたり共感したり。つくづく犬はすばらしい生き物だと思いました。宙は私の胸の中にもしっかりと生きています。

 

 

保護猫メル子にもなにもかもを受け止めてくれる家族を見つけたいです。

55 (16)

 

 

最後に、シッターのお仕事の話を♪

 

 

ホームページの制作に使う文章をやっと書きました。

55 (17)

 

 

なにもかもが遅すぎる。とっちらかっているのを自覚しています^^;

 

 

言い訳ですがやることがいっぱいあんの(汗)。

 

 

でも好きな仕事ができるのはありがたいですよね。

 

 

マイ太郎さんち

55 (3)

 

 

母と私の友人宅(外猫3匹+家猫2匹)

55 (2)

 

 

おかげさまでリピーターもちらほら。店のロゴはゆちゃんに依頼しました。ゆちゃんの世界観が好きだから仕上がりを想像しながらワクワクしています。

 

 

コツコツコツコツ、日常を歩んでいます。

 

 

コツコツの積み重ねが自分を形成するのですよね。

 

 

私の隣にはいつも犬と猫にいてもらいたい。

 

 

明日もシッターのお仕事が2つ。打ち合わせが1つ。いい日になりますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





1まると歩く

皆さまこんにちは。本日は合間合間にブログを3回更新します。

 

 

有言実行……になるでしょうか?

 

 

相変わらず書きたいことはいっぱい。しかし時間と気力が足りません。

 

 

だから小刻み作戦でいきます。

 

 

まずは高菜自慢♡

IMG_4821

 

 

犬嫌いのお宅の前を華麗にターンする高菜くん

IMG_4820

 

 

スルー力が高いですね。スルーする力ってだいじかもしれません。

IMG_4824

 

 

こやつは「かわいい」の一語を完全に理解しています。そこがまたかわいい(笑)。

IMG_4823

 

 

ふだんは猫ネタが多いので、今回は犬一本でいきますよ。

 

 

昨日、本日と2日に渡り、私は卒業犬まるのお散歩シッターの仕事でした。

 

 

emi-goの病院にお泊りに来ていたまる。里親黒田さんはまるを外で排泄させてやりたいと、この度私にお散歩を依頼してくれたのです。ありがとうございます。

marusitta (2)

 

 

先日の打ち合わせの際は黒田さんが私の横にいたけれど、どうなることやら。

 

 

まるは本当に超がつくほど慎重なビビり犬です。パニックも起こしやすい。

marusitta (5)

 

 

3重じゃ不安になり、emi-goと相談して4重リードにしました。

 

 

ここまでするなんてバカじゃないの? と思う方もいるかもしれません。

 

 

けれど私はまるの安全をなんとしても担保しなければならないのです。

marusitta (3)

 

 

穏やかな気持ちや笑顔は忘れません。でも、「油断」するぐらいなら私は「緊張」を選びます。そういう保護主であり、そういうシッターでありたいです。

marusitta (6)

 

 

正しい管理こそ最大の愛情! が私のモットーです。

 

 

自転車が通っただけがガクブル。尻尾がお尻の内側に入ってしまいました。

marusitta (4)

 

 

公園で見事排泄おしっこクリア

marusitta (8)

 

 

このあと運子もしてくれました。※排泄物はきちんと持ち帰っています。

marusitta (7)

 

 

まるは20キロクラスの若い犬ですのでこちら側の体力が必要ですね。

 

 

無事に病院へ帰ったあと妙にホッとしたという^^;

 

 

そしてさっき撮った写真

marusitta (9)

 

 

2度目のお散歩でも立派なのをしてくれました。ふふ♪

marusitta (1)

 

 

黒田さん、まるの様子などはお手紙に書いておきました。

 

 

絶えずまるに惜しみない愛を注いでくださって感謝です。

 

 

つづく

 

 

スポンサーリンク





近ごろのできごと

私信:ポスカ2セットとノラスタ2冊をご注文くださったKさま、本日レタパで投函しました。メールをお送りしています。ありがとうございました。

 

 

心身の不調から少し解放されつつある気がします。前より食事がおいしく感じられ、楽しいと思える時間が増えました。まわりのあたたかい方に感謝です。

 

 

先日シッターのお仕事の打ち合わせ帰りに寄った母の店で「台湾話」に花を咲かせていた貴方野チェロスさんとシルヴィーさんがなんとノラスタをお買い上げ♥

siiia (1)

 

 

本当に胸が躍りました。ありがとうございました。

siiia (2)

 

 

ポストカードの注文画面からメールで注文してくださる方もいて励みになります。コツコツ地道に自分の思いを波及させ、積み重ねていきたいです。

siiia (3)

 

 

里親さんやお友だちを中心にシッターのお仕事の依頼も多くいただいています。

 

 

703号室の卒業犬まるは山口県周南市出身。成犬になったまるを黒田さんに私がゴリ押しし(笑)、家族として迎えてもらいました。(卒業記事はこちら

 

 

先日黒田さんよりまるのお散歩シッターの依頼を受け、打ち合わせに行ってきたのです。

siiia (9)

 

 

訓練士さんも頭を悩ませた超ビビり犬のまる。譲渡時は外を歩けませんでした。

siiia (8)

 

 

でも黒田さんの愛情と弛まぬ努力の甲斐あって、今はお散歩大好きになっています。

 

 

安全第一なので、ダブル首輪&ハーネスとリード3本で事故を防ぎます。

siiia (10)

 

 

emi-goの病院にトリミングの仕事で来ていた白米子ちゃんにひさびさに会えました。

siiia (11)

 

 

「私、今日いちばんうれしかったのは田辺さんに会えたことです!」

 

 

だって。白米子ちゃん、かわいすぎますね。

 

 

さあ、まるくん、がんばろう!

siiia (14)

 

 

へばっちゃった^^;

siiia (12)

 

 

黒田さんの見守りのもと、公園をテクテク

siiia (15)

 

 

本番はスポーツウエアーとウエストポーチのフル装備をします。

 

 

黒田さん、ゆっくりお話しできてよかったです。

 

 

クレートトレーニングが完ぺきなまる。おりこうでしょ?

siiia (13)

 

 

「お母さん ぼくもいい子にしていますよ?」

siiia (7)

 

 

はい。そうね。じきに16歳になる高菜くんは日に日に若返っていきます。

 

 

ほかのメンツの写真も添えておきますね。

 

 

カメラがキライの怒りんぼ娘保護猫すずらんはフリー生活を謳歌しています。

siiia (16)

 

 

ダラダラ転がっているさぶ

siiia (17)

 

 

光合成中だそうです。

siiia (18)

 

 

だいぶ前の一枚ですが、保護猫白まんじゅうも元気です。週末爪切る予定!

siiia (4)

 

 

次のスターハンサムツヤツヤ保護猫黒真珠

siiia (5)

 

 

トイレしているところ撮ってごめんね。ふふ。困った顔をしていますね。

siiia (6)

 

 

毎日見ている顔ばかりなのに、毎日どんどん好きになるから不思議ですね。

 

 

次回はシッター日記を書こうかな? メル子の卒業記事はその後につづきます。

 

 

皆さまおやすみなさい。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク