明の一日とつるたち

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

皆さまこんにちは。本日は家族募集中の保護猫明(あきら)の1日を簡単にご紹介します。

 

 

明に興味を持ってくださる方のお目やお心に留まりますように。

 

 

【明の一日】

 

 

朝ごはんはだいたい8時。ケージで食べさせたあと、30分してからフリータイム

IMG_6450

 

 

明はリビングを走り回ったり、保護猫牛丸のいる部屋に顔を出したりと、とにかく忙しそう。

 

 

リビングには保護猫すずらん(女子3歳)とさぶ(男子推定14歳)と老犬リル、昨日から加わった保護子犬つるがいますが、明はみんなと仲よく遊べる社交的なタイプ♪

IMG_6451

 

 

物怖じせず、猫じゃらしが大好き♡ 一生懸命じゃれてきます。

 

 

ひとしきり満足すると自分からケージに戻るので、ケージのカギを閉めます。

IMG_6449

 

 

まあ、そろそろ完全フリーでもいいのかもしれないけれど、人間が目を離すときはやっぱり当分ケージが安心かな? と。成長に従ってフリータイムを伸ばしていこうと考えています。2回目のごはんはだいたい夕方4時頃。その30分後にまたフリータイム(2時間程度)。そして3度目のごはんは夜の9時すぎ。終わってしばらくしてから深夜のフリータイム。ごはんを3回にわけているのは、まだ子猫だから。去勢手術が終わったら1日2食に変更していく予定です。

IMG_6452

 

 

ちなみにこれを書いている今、明はソファーの近くでひとり遊びに興じています。

 

 

ごはんは現在ロイヤルカナンの成長後期をあげています。

IMG_6670

 

 

カルカンの子猫用ウエットも好物。おやつはちゅーるなどを1日1本程度。体調不良の数日間が嘘かのように元気になりました。身体がメキメキ育っていますよ!

IMG_6454

 

 

性格は、明るくて、やさしい。どんな子とも打ち解ける素敵な男の子です。

 

 

人間大好き。猫も犬も大好き。めげないし聞き分けもいいのです。

 

 

本当に正直、一緒に暮らしていく上での問題点が見つからないのですよ。

cache_Messagep297864

 

 

月齢5か月。去勢手術と2度目のワクチンを終えてから新居へお届けします。

 

 

検便、ワクチン(1度目:3種混合)、駆虫、ウイルス検査(FIV、FeLVともにマイナス)を終えています。体重は2.7キロ。子猫のあどけなさも成猫のたくましさも備わった月齢で育てやすいです。

 

 

明へのお問い合わせをお待ちしています。

cache_Messagep297854

 

 

ふふ。爆発的にかわいく撮れた(つもりでいる)一枚を添えて^^

IMG_6453

 

 

実物はもっとハンサムですけどね!

 

 

【つるたち】

 

 

飛行機に乗る直前にaiさんが撮って送ってくれたつるちゃんです。

IMG_6617

 

 

がんばったね。えらかったよ。

IMG_6618

 

 

大師前どうぶつ病院へ移動したつるちゃんのきょうだい

IMG_6619

 

 

お名前なにになったんだろう? あとでemi-goに聞いてみよう。

IMG_6620

 

 

aiさん手続きをありがとうございました。

IMG_6616

 

 

いろんな方の善意をまとった子たちです。

IMG_6615

 

 

こんなにイキイキとした子たちのお世話ができる喜びを噛みしめています。

 

 

この3年で苦しい「看取り」がつづいた私にとって、若い子たちが家の中を飛びまわる姿は神々しく、たとえひとときの共生だとしても、私自身に気力、活力がみなぎるのを自覚しています。

 

 

うまく言えないのですが、欠けてしまったものがちがう形で埋まってくれるというか……。

 

 

もちろん、命は重いので、大変なこともありますが、それを上回る幸せを感じています。

 

 

関わった皆さまに深く感謝しています。

 

 

空港へはチチと行きました。早めに着いて、ひさびさにランチでもしたいねって言っていたけれど、実際は大渋滞でどこにも寄れず、お迎えしたあとはすぐに帰宅しました。

IMG_6623

 

 

チチはつるの保護に賛成してくれて、仕事の合間によく面倒を見ています。

 

 

写真をいっぱい撮ってアピールしますので、皆さま、明、つるをお見知りおきください。

 

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





明とつる(鶴)

ゆきちゃんの里親まりおさんより天国のあまぱんへのお花とプレゼント物資が届きました。まりおさん、どうもありがとうございます。お手紙もウルウル拝見しました。

666d (7)

 

 

皆さまこんばんは。703号室に最近若い風が吹き込んでドタバタとしています。

 

 

保護猫明は体調がすっかり戻りました。全快! といっていいと思います。

666d (5)

 

 

1日3食、今はドライをメインにあげているのですが、ペロッと平らげてくれて爽快です。

 

 

空になったお皿を未練がましく舐めている姿はほほえましいですよ。

 

 

「ハハ~ バラさないでくださいよ~」

666d (6)

 

 

ふふ。ごめんね♡

 

 

運動会も1日3回。ケージから出ると全身でフリータイムを楽しみます。

666d (8)

 

 

社交的な明は、保護猫仲間の牛丸とも仲よく遊べます。

666d (9)

 

 

明、お友だちと過ごす時間は格別だよね。

 

 

貴重な電池切れ後の写真

666d (2)

 

 

カメラを向けると寄ってきちゃうからじっとしている明がなかなか撮れません。

666d (4)

 

 

かわいいでしょう?

666d (3)

 

 

うちの自慢の保護猫明くん。明日か明後日には里親サイトへ掲載しますので応援をよろしくお願いします。明は責任感が強く、愛情深いご家族を求めています。

 

 

2つ目の話題は……本日空港へお迎えに行ったお子たち^^

666d (10)

 

 

この度縁あって保護子犬の運命の赤い糸探しをすることになりました。

 

 

兄妹を引き離すのは忍びなかったのですが、自分のキャパシティーでは1頭が限界だったので、もう1頭は昼過ぎに大師前どうぶつ病院に預けてきたのです。

 

 

左が大師前どうぶつ病院へ移動した男の子。右の女の子は我が家にステイします。

666d (11)

 

 

猫はきょうだいセットで婿入りすることも珍しくはないですが、この子たちは中型犬以上の体格になるため、一般的に考えても2頭セットで里子に出すのは現実的ではありません。だから大師前どうぶつ病院と私が1頭ずつがんばってトレーニングします。

666d (12)

 

 

大師前どうぶつ病院へ移動した男の子の写真は別の機会にUPしますね。

 

 

右の女の子の仮名を「つる(鶴)」にしました。

666d (1)

 

 

牛丸といい、つるといい、犬猫以外の動物の名前をつけるのがつづいていますが、何日も真剣に考えたのです。リルとつる、って似ているし、お顔を見た瞬間、つるがピッタリ合うな♪ と。

 

 

つるは山口県で個人で保護譲渡活動をしている大好きなaiさんと地元のボランティアさんのご尽力で引き出された犬です。皆さんにお世話になり心より感謝しています。

 

 

卒業生まうの「まうロス」だった頃からaiさんに自分の気持ちを相談していたのです。aiさんはいつも真剣に私の話を聞いてくれました。そして私の資格試験が終わるのを待って、その翌日にaiさんがすばらしい子たち(つる兄妹)を紹介してくれたのです。そういえばまうたちもaiさんが水面下で引き出したのですよ。まうたちは「譲渡対象」じゃなかったから大変だったのをおぼえています。

 

 

とにかく忙しくなりすぎないよう調整しながらつるを大事にしていきます。

 

 

くわしいいきさつなどは時間のあるときに書きますね。

 

 

ジャックの卒業記事、お仕事で出会ったお子たち、老犬リルやさぶの日常、保護猫すずらんと牛丸のこと。犬猫まみれの日々なので主役がいっぱいいて困ります。

 

 

でもまあ、まずは明のアピールをメインにやっていきます。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





まるとのお散歩

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

シッターのお仕事で出会う魅力的なお子たちの写真を皆さまにもご紹介したいと思いつつも追いつきません。ブログの更新に時間がかかってしまうので少しずつ放出したいです。

 

 

今週中にもう一つ書けたらいいな^^

 

 

昨日から3回の依頼で(emi-goとの合同の)卒業生まるのお散歩をしました。

rr (8)

 

 

まるの里親になってくれた黒田さんとは先代のタロ(703号室卒業生)のときからなので、かれこれ14年以上のおつき合いです。ふふ。「14年」ってすごくないですか?

 

 

黒田さんは私にとって、心の底から信頼できる方です。

 

 

ビビリの極致の野犬あがりのまるを包み込んで、素敵な家庭犬に変身させてくれました。

rr (11)

 

 

病院にステイ中のまるを歩かせ、外で排泄させるのが私のミッション!

 

 

まるは黒田さん以外、散歩がむずかしい犬なので、安全への配慮がたいせつです。

rr (9)

 

 

じゃーん! リード、首輪(+ハーネス)共に3重! 実はこれでも不安な私^^;

rr (10)

 

 

昨日の散歩中は余裕がなくて写真ゼロ。終わってスッキリのまるです。

rr (12)

 

 

大好きなチャポポと♡

rr (7)

 

 

まる、よく歩いてえらかったね♪ ごほうびにチャポポがチュウしてくれました。

rr (6)

 

 

今朝のまる。「ねえねえ、まる行こうよ~!」と、まず説得から入るのです。

rr (13)

 

 

今日もいいのが出ました。健康健康!

Inkedrr (14)_LI

 

 

お? お友だち発見

rr (2)

 

 

笑顔で近づいて……

rr (4)

 

 

紳士的なごあいさつができましたよ。身体の大きなまるは、相手に合わせてちゃんと縮まって、身体の小さなお友だちの体高まで下がって同じ位置でクンクンするのです。

rr (3)

 

 

私は誇らしさで胸がいっぱいになりました。まる、きみは1000点満点の男の子です。

rr (1)

 

 

これが3回目のお散歩のあとの写真。今夜撮ったものです。

rr (5)

 

 

1回目は私から逃げ惑っていたまるも、3回目になるとじゃっかんリラックスしてくれたのがうれしかったです。黒田さんから連絡が来て、先ほどまるを病院へ迎えに行き、その足でドッグランへ連れて行ったとのこと。まる、幸せですね。

 

 

卒業生の近況を知れるだけでもハッピーなのに、お散歩の仕事までくださり、黒田さんには本当に感謝しています。これからも末永くよろしくお願いしますね。

 

 

まるは名前のとおり、花丸の日々を送っていますよ。

 

 

善き家族を得られる犬猫たちが増えますように。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





まうが5匹のスター猫たちを私に会わせてくれました

皆さまこんばんは。今日は入っていた予定を土壇場でキャンセルして、emi-goの病院へ急ぎました。

 

 

まうの体調がとても悪そうという知らせを受けたのです。

 

 

頭が真っ白のまま病院へ飛び込んだ私は、レントゲンを撮る直前のまうを見つけ、声をかけながら抱きしめました。まうが地味に尻尾を振ってくれたのがうれしかったです。

 

 

血液検査、エコー、レントゲンのフルコースを受けるまう

67 (4)

 

 

想像していたより元気そうでどれだけホッとしたか……

67 (5)

 

 

持病のバベシアがあるので、いろいろ心配です。

67 (6)

 

 

嘔吐が止まらないということで、まずは胃腸炎の治療を受けました。

67 (7)

 

 

今のところほかに大きな異常がなさそうなので、様子見をしていくそうです。

 

 

それにしても……里親さんにこんなに愛されてまうは幸せな犬ですよ。

67 (3)

 

 

ちなみに保護主(私)もメチャクチャまうを愛しています。

 

 

 

皆さま覚えていますか?

 

 

まうが我が家を巣立ったあと、私はあまりの淋しさに成猫の大群をスカウトしたのですよ。

 

 

「暇を作ったら寝込んでしまいそう」とばかりに、たくさんの猫たちを703号室に招致!

 

 

マイ太郎さんに預けたりんちゃん(だいりんくん)ミケ玉(はな)たわしココ玉(まるここ)ミミ玉の合計5匹です。自分でも笑ってしまう^^;

 

 

※ ↑↑5匹の新居のリンクを貼り付けています。ぜひご覧くださいね。

 

 

 

最後の1匹となったミミ玉も来週703号室を卒業します。

67 (8)

 

 

まうが私を駆り立ててくれて、まうが私の背中を押してくれたので、5匹のキラキラスターたちがご縁を得られたのはまうのおかげのようなものです。変な言い方ですが、まうといいサヨウナラをしたことがプラスにはたらいて、素敵な出会いをいっぱい果たしました。

 

 

そういう意味でもまうには心から感謝しています。

 

 

脱走防止柵やお家の大掃除に留まらず、ミミ玉の里親さんはお迎えのために、床磨きまでしたらしいですよ(笑)。お嫁入り前からすでに「姫待遇」ですね♡

 

 

 

「ぼく ミミ玉ちゃんがうらやましいです」

67 (9)

 

 

ジャックにも運命の赤い糸が繋がっていると思うよ。少し時間をちょうだいね。

 

 

「果報は寝て待てだから ぼくはのんびり待っているよ」

67 (10)

 

 

うん。うっしーもきっと大丈夫!

67 (12)

 

 

保護したときとは別猫のようになった牛丸。完全な人馴れまであと3歩位かな?

67 (11)

 

 

大好きな保護猫たちと過ごせる時間がたいせつです。

 

 

彼らを終の棲家に案内するのを目標に、日々一歩一歩進んでいきますね。

 

 

ふふ。これからプレゼントで届いたマンゴーをいただきます。キャー!!

67 (1)

 

 

優子さんありがとうございました。あああ、マンゴー♥♥♥

 

 

PS 昼に私がまうにプレゼントしたid缶を、まうが食べている動画が里親さんから送られてきました。気分最高です。おー! よかった。食べることは生きること!

 

 

皆さまもおいしいものを召し上がって英気を養ってください。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





尊厳のある最期

異種の犬猫家族たちとの時間は、実は言葉を交わし合う関係より濃密かもしれません。

 

 

通じているかはわからないけれど、彼らに話しかけまくるのが私の習慣ですが、実は私が発する言葉の意味なんかより、その奥にある想い、つまりは彼らへの「関心」や「愛情」や「心配」が、彼らに伝わっているのだと感じることがあります。

 

 

私の声の調子や顔つきを彼らはよく察してくれていて、私が心身穏やかだと彼らも情緒が安定し、表情が安らかになり、口角があがるのです。不思議ですよね。

 

 

私たちの何倍ものスピードであっという間に成長して、瞬く間に年を取る。

 

 

別れたくないのに、別れなければならない。

 

 

いろんなものをこちらに遺して、フッと旅立つその背中を見送るのは本当に苦しいです。

 

 

離れがたい存在だから。

 

 

今日はお別れが二つあり、心が沈んでいます。

 

 

朝、私が17年前に保護した成犬のまめ(妹に譲渡)の「さようなら式」に参加しました。

kanasii (2)

 

 

推定18歳以上。よく生きました。まめ、お疲れさま、ありがとう。

kanasii (3)

 

 

私が昔からお願いしているお寺は私の周りの方々に支持されていて、静かな場所で弔いたいと、みんなが真似してくれます。私自身はできればあまり行きたくない場所ですけど……。

 

 

まめは手のかからないやさしい犬でした。

kanasii (11)

 

 

17年前に草加警察で出会ったまめ

kanasii (14)

 

 

収容された小さなケージの中から私を不安そうに見つめていた顔を思い出します。

kanasii (12)

 

 

まめとは数えきれないほどたくさんの思い出があります。大好きだよ。

kanasii (13)

 

 

火葬に向かう後姿を見送る瞬間がもっとも辛いです。時間を巻き戻せたらいいのに……。

 

 

妹の家に寄ってランチをごちそうになり、さて、次はみいさんちにちゃぴこの皮下補液をしに行こうと、LINEをチェックして胸が締めつけられました。

 

 

「ちゃぴ亡くなった」

 

 

え?

 

 

ちゃぴこがみいさんちの子になる前から私はみいさんと友だちで、ちゃぴこをみいさんが保護したときも、里子には出さずに自分で飼うことにしたとみいさんが決心したときも、私はみいさんのそばにいたのです。ちゃぴこが子猫の頃からよく知っています。他人事ではありません。

 

 

みいさんの心痛を想像するとなおさらです。

 

 

ちゃぴこの体調が悪化したと聞いていたのでMRIを撮りに一緒に大学病院へ行く予定を立てていました。1日に何度もみいさんと電話し、ちゃぴこの回復を願っていたのに悔しい。

 

 

かわいいでしょ? 美少女ちゃぴこはみいさん自慢の愛娘

kanasii (8)

 

 

持っていく予定だった皮下補液セットと薬を置いて、かわりに花屋へ行きました。野で摘んできたようなお花がちゃぴに似合う気がして作ってもらった花束です。

kanasii (4)

 

 

ブルーのさわやかなお花が純粋なちゃぴこにピッタリです。 みいさんちに着いたあとは、みいさんとふたりでちゃぴこを冷やしたりお寺へ連絡したり紅茶を飲んだり……

 

 

 

「アンちゃん私さあ、ちゃぴが大好きだった。ああ。ちゃぴの尻尾も好き。おてても好き。ちゃぴこも私が大好きだったんだよね。ほら見て、このちゃぴの写真かわいくない? この動画のちゃぴかわいくない? “ちゃぴこ”っていう名前も気に入ってるんだよね」

 

 

みいさんはときどき泣いて、悲しそうで、ちゃぴこの亡骸をずっと撫でていて、ちゃぴこの話ばかりしていました。私は天国へ送り出したあまぱんやべべ公たちのことを考えたり、ちゃぴこのことを考えたり、頭の中がグルグルとまわっていました。

 

 

帰りの車内でも、相変わらず私の頭はグルグルのままで、どうしようもなくやるせなかったです。けれど、車が(703号室へ来る前に)私が暮らしていたコーポ付近に差し掛かったとき、あるシーンが脳裏をよぎって私はつい声を漏らしてしまったのです。

 

 

「あっ……」

 

 

頭がグルグル回って辿り着いた白黒の猫……

 

 

16年前、2DKのこのコーポに住んでいたある日、私は開けた窓の真下に白黒の猫の死体を見つけて衝撃がほとばしったのです。口から大量の血を吐いてこれでもかというほど痛々しい形相の猫。だれに看取られることなくコンクリートの上で散っていました。その上、死体を見た通行人たちの悲鳴が次々と聞こえ、まるで汚らわしい(汚物)か、恐ろしい(化物)のような扱いで、「命としての尊厳」が、あの猫の世界のどこにもなかったことを思い出しました。

 

 

うまく言えないのですが、「非業の死」とは、そういう最期です。

 

 

正直、まめやちゃぴことは比べ物にならない。比べてもいけない。

 

 

私は、まめもちゃぴこも1000%幸せだったと思います。

 

 

ちゃぴこありがとう。一生けん命生きたで賞と、キュート女子大賞をちゃぴこにあげます。

kanasii (7)

 

 

よし!!

kanasii (10)

 

 

 

私もリルとさぶを幸せにするぞ!!

kanasii (1)

 

 

 

私たちの伴侶である犬猫たちが、一頭でも多く珠のように大切に扱われ、尊厳のある生き方と、尊厳を保つ死に方ができる社会をめざしていきたいですね。

 

 

合掌

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク