べべ公に会いたい

わらひよさん毎年甘くておいしいイチゴをありがとうございます。

0ttt (1)

 

 

皆さまこんばんは♡

 

 

だいぶ前からSNS疲れに悩まされているので、しばらくの間はブログにウエイトを置きます。もともと自分に起きたことを書けるだけ書きたいタイプですが、全部書けるわけでもないですものね。ブログまで止めてしまうと微々たる活動やお子自慢を放出できる場を失ってしまうので、ブログはつづけていきます。ぜひブログはごひいきください♪

 

 

今日は私が宇宙でいちばん好きなべべ公の誕生日です。

 

 

2001年生まれのジャックラッセルテリアのべべ(♀)は16歳半で命の幕を下ろすまで、実に9年も闘病をしていました。べべを苦しめていた病気は胃がんと尻尾のがん、多発性腺腫。最終的には胃がんで逝きましたが、6歳の終わりで胃にがんを見つけてからというものの、若かりし日は手術などの攻めの医療を繰り返し、15歳を過ぎて発した胃がんは内科療法で1年の延命に成功したのです。

0ttt (9)

 

 

成功、とひと言で括ってしまったのですが、べべががんばってくれて、何度も奇跡を見せてくれたおかげで私も納得のできる別れができたと思います。要はすべてがべべのおかげです。

 

 

大きな病気に負けなかったべべの生命力に感謝しています。

0ttt (10)

 

 

今も私の中核にべべがいます。

 

 

カメラロールを整理していたら2016年10月11日の写真が出てきました。

0ttt (6)

 

 

ふふ。チチがシリンジごはんをあげています。

0ttt (5)

 

 

この頃さまざまな問題でチチと私は口論が絶えませんでしたが、子は鎹とはよくいったもので、べべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶを通じて家族の絆を感じていたのも事実です。

 

 

お子たちがバランスを取ってくれていたのですね。

0ttt (3)

 

 

若かりし日の元気すぎるべべも魅力的だったのですが、老いてなお愛おしさが増すという。なんなんでしょうね。べべの目を、鼻を、息づかいを思い出さない日は1日としてありません。ただ、言葉にすると未練タラタラで会いたくてどうしようもなくなるのでふだんは心にしまっているのです。犬と猫はどの子もかわいいのですが、きっとこの先私が死ぬまでべべの存在は特別な次元にあります。

 

 

べべは私の太陽でした。

0ttt (4)

 

 

そして私のストーカーでもありました。

0ttt (7)

 

 

いっしょに地方に単身赴任していたチチのお見送りもしたね。0ttt (8)

 

 

いろいろなできごとがなつかしい。とにかく我が家はべべが中心でした。

 

 

さっき、高菜をおふろに入れながらべべの話を高菜にしたのです。

 

 

高菜が703号室の保護犬だった12年前、高菜とべべはそれなりに仲よしだったのですよ。

0ttt (2)

 

 

べべを「昔話」にしようとすると、まだ苦しいけれど、いつかいい形で消化できたらいいなあ。皆さまも皆さまの愛するお子たちと1日でも永く、有意義な時間を過ごせますように。

 

 

回想写真を失礼しました。

 

 

Smile!

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





まうへの魔法の言葉

※ブログを連続更新中。遡ってお読みくださいね。

 

 

リビングの隅に置かれた猫用ベッドが保護犬まうの定位置

anata (1)

 

 

私がリビングに入ると、まうは地味にパタパタと尻尾を振る。

 

 

オドオド(キョロキョロ)の一辺倒だった目が最近やさしくなってきた。

anata (3)

 

 

期待をにじませながらどっしりと輝いている。

anata (2)

 

 

「まう」

 

 

名を呼ぶと、キラキラがいっそう増す。

anata (5)

 

 

きれいだねえ。神さまはなんて美しい犬をこの世に創り出したのでしょう。

anata (4)

 

 

まうの本能レベルの“咄嗟の逃げ”に対して、先日私なりに有効的な対策方法を発見した。

 

 

犬のトレーニングの専門家には笑われてしまうかもしれない。

 

 

しかし私は、これでまうと不毛な追いかけっこをせずに済むようになった。

 

 

寝室だと大胆に甘えてくれるまうが、リビングだとなぜか私から逃げ惑う。

 

 

子犬だとはいえ、元野犬の運動能力の高さは侮れない。

 

 

とてつもないスピードでリビングを駆けまわる。

 

 

同じ家にいるのにさわりたいときにさわれないさびしさ、焦り……。

 

 

まうもきっと不必要な距離感に苛まれ、生きづらかったと思う。

 

 

まうと私はそれらを一蹴する魔法の言葉に出会った。

 

 

「抱っこ!」

 

 

外を歩くのを怖がるまうは、私に抱かれるのを地面で震えながら待っている。

 

 

けれど、ただ抱きあげるだけだとまうが言葉を覚えない。

 

 

言葉を覚えなければ応用が利かない。

 

 

よって私は自分の行動をまうに短い言葉で説明している。

 

 

まうを抱きあげるたびに「抱っこ」と声をかけるようにしてきた。

 

 

まうは鳥が飛ぶだけでも、風が吹くだけでも、危険を察知してパニックに陥る。

 

 

そのたびに私は「抱っこ」と声を発し、まうを胸にしまった。

 

 

まうにとって「抱っこ」の一語は、ほんのり安心の結末を彷彿とさせる。

 

 

だからリビングでも「抱っこ」が通じるようになった。

 

 

動画のまうはフリーズぎみだけど、私は素直に進歩を喜びたい。

 

 

怖いな、どうしよう、あ! 今抱っこっていわれた、止まってみようかな、信じてみようかな、どうしよう、やっぱり逃げようかな、どうしよう、どうしよう……

 

 

迷いなく逃げる、から、逃げるかどうかを迷う、に変わってきたのが私にはわかる。

 

 

信頼関係がうっすらできてきたのを感じる。

 

 

まうはときどき私に依存し、ときどき私を頼り、ときどき私を信じる。

 

 

まずは「ときどき」を「たびたび」にしていきたい。

 

 

まうも私も、一歩一歩しか進めない。数段飛ばしもワープもできない。

 

 

だからこそ小さな願いが実った瞬間に感じるのは、その一歩が確実で豊かであったこと。

 

 

魔法は日常の延長上にあることをまうは私に教えてくれた。

 

 

まう、愛しているよ。

anata

 

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





好きが詰まった日

※ブログを連続更新中です。遡ってお読みくださいね。

 

 

一昨日iPhoneで撮った写真たち♥

 

 

保護犬まうときょうだいたちがいた動物管理所から持たされた手紙

IMG_9435

 

 

人にも犬にもやさしい内容。読んで胸に迫りました。センターや保健所を悪者にする風潮はまだ根強いですが、私は中央のみならず、地方も少しずつ変わってきていると思います。

 

 

ちなみに文中の「白い♂」はまうのこと^^;

IMG_9436

 

 

まうはきょうだいたちの中でダントツの曲者だったのですよ(苦笑)。

 

 

でも私はそこも愛おしい。曲者って書いたけれど、それぞれの個性だもんね。

 

 

まうの心身の成長を楽しみに毎日いっしょに暮らしています。

 

 

土手へ散歩に行きました。

IMG_9441

 

 

本当は首輪とハーネスのダブルリードをしたかったのですが、まうに合うサイズのハーネスを持っていないので首輪二本とダブルリードにしたのです。昔、なにかの書き込みで「首輪二本とダブルリードは意味がない」との文章を目にしたことがあるのですが、意味はありますよね?

 

 

だって一本抜けても、もう一本が生きているのだから……

IMG_9442

 

 

高菜は草の上を優雅に歩いて見せました。

IMG_9438

 

 

ぴょんぴょん飛びながらじょうずに進む一幕も! 名づけて「バンビ高菜」です。

IMG_9446

 

 

跳ねているときの高菜はニコニコ笑っていました。

 

 

チチも私も興奮しまくって動画を失念。ああ。高菜の雄姿を記録に残したかったなあ……

IMG_9448

 

 

帰宅後は保護猫白まんじゅうの爪切り⇒おやつで仲よしになる作戦を♪

IMG_9452

 

 

あまりにも身体が冷えるため、aiさんにもらったあったかいパジャマを脱げない私。モコモコのパジャマの上にピンクのパジャマを重ね「大柄」になっています。

IMG_9454

 

 

洗濯しないといけないのはわかっているのですが、手放せないのです。

 

 

お子たちとじゅうぶんにスキンシップを取ったあとは外食タイム♡

IMG_9460

 

 

おいしいイタリアンをごちそうになりました。

IMG_9464

 

 

ゆちゃん、まなちゃん、忙しいのにありがとう。

IMG_9459

 

 

ふたりが私の地元で誕生日会を開いてくれたのです。

IMG_9458

 

 

ハッピーです。

IMG_9472

 

 

治療がうまくいっていないのでふたりに症状などの悩みをほんのりと打ち明けました。気の合う女性同士だと話しやすいです。表には出さなくてもみんないろいろ抱えているよね。

 

 

芸術的なケーキは味も最高

IMG_9465

 

 

オシャレ!

IMG_9470

 

 

肌にいいオーガニック系のコスメをプレゼントしてもらいました。感謝!

IMG_9469

 

 

一滴一滴、たいせつにつかわせていただきます。

 

 

おかげさまで「好き」が詰まった週末を過ごすことができました。

 

 

皆さまもステキな日々でありますように。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





お水の飲み方 ほか

※ブログを連続更新中です。遡ってお読みください。

 

 

「くびくび」

oe (7)

 

 

水入れのお水はプイし、常に新鮮な水をよこせと騒ぐあまぱん

oe (8)

 

 

あまぱん……

 

 

エコ、節水、水道料金……

oe (5)

 

 

まあいいです。なんでもない。飲みたいだけ飲んでください。

oe (6)

 

 

日々欠かさず補液(自宅での皮下点滴)をしていますが、こうして自分でも補ってくれていてありがたいです。慢性腎不全はとにかく水分を摂らせないとね。

oe (6)

 

 

「お母さん ぼくはお水 ひとりでしずかにのめるんですよね?」

oe (9)

 

 

「ほんとですよ」

oe (10)

 

 

ヨイショヨイショと水飲み場までテクテク歩いて

oe (11)

 

 

「くびくび」

oe (12)

 

 

「こっちもなかなか新鮮ですっ」

oe (1)

 

 

ふふ。そりゃよかった。

 

 

高菜は自分でできることもまだたくさん残っています♡

 

 

そうそう。先日大好きな星先生とコーヒーを飲んだのです。

oe (3)

 

 

星先生は日本ペットシッター協会の理事。星先生の講義で多くを学ばせてもらいました。慈悲深く朗らかな星先生。ペットシッター歴はなんと20年以上! パイオニアですよね。

 

 

偶然同じ地元とあり、いろいろ学ばせてもらっています。

 

 

プライベートで2匹の愛猫と暮らす星先生。FIVキャリアの猫さんや老猫さんを家族として引き取っています。近隣のボランティアの方々と共に多頭飼育崩壊現場の猫たちのお世話もしています。

 

 

私の尊敬する素敵な女性です。

 

 

その星先生が、ノラスタを何十冊も買ってくれています。光栄の極みですね。

oe (2)

 

 

チチとうちのお子たちにプレゼントまで……ありがとうございました。

oe (4)

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)は私が一年かけて書いた本です。だから買ってもらえると素直にうれしい。素直にうれしいどころか、超絶うれしい。どんなに元気がなくて体調の悪い日も、落ち込むことがあった日も、たった一冊注文が入るだけで天に舞い上がる気分になるのです。もし、まだお手に取っていない方がいたらぜひお求めくださいね。そして宣伝をしてもらえたら幸せです。

 

 

私が出会ったスター猫たちがギュッと詰まっています。「かわいそう物語」ではなく、終の棲家を得て幸せになった猫たちのサクセスストーリーです。

 

 

ノラ猫のままでよかった、という猫を私は見たことがありません。

 

 

そんな私の考え方やこれまでの経験をブログやSNSとはちがう形でまとめたものです。

 

 

猫が好きな方にも、猫を迷惑に思っている方にも、そのどちらでもない方にも「ノラ猫あがりのスターたち」を読んでもらいたいです。Amazonで見たら前作(それでも人を愛する犬)が1万円で売られていて微妙な気持ちになりました。新品はなんと25000円の値が……。はあ? ですよね。もともと1万冊しか出回っていないのでプレミアムが付いたのかもしれません。にしても高い。高すぎる。

 

 

※前作はすでに絶版なのでもちろん著者の私には1円も入ってきません。

 

 

前作が高額で取引されることより、私は昨年の春に発売した「ノラ猫あがりのスターたち」が定価で多く売れることを心より願っています。(1回重版をかけましたが)刷った分は完売させたいです。

 

 

引き続きどうぞ応援してくださいね。

 

 

星先生、ありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





まうへ向けてくれるやさしいまなざし

※ブログを連続更新中です。遡ってお読みください。

 

 

「ハハ~ ぼくモテモテだよ」

aae (3)

 

 

「きょうだいのモーリスとチャポポ姉さんがクンクンしてくれた」

aae (2)

 

 

「へへ♪ ぼくこんなにやさしくしてもらっています」

 

 

まうまう、よかったね。

 

 

数日前、まうを連れてemi-goの病院へあまぱんとさぶの点滴に使うグッズを買いに行ったのです。(いつも安くしてくれてありがとう♡ 助かっています)

 

 

待合室にて

aae (1)

 

 

しっぽを丸めてブルブル震えるまうに「あらあら、まだ赤ちゃんなのね。ふふ」とやさしく声をかけてもらえてほっこりしました。みなさんあったかいです。感謝!

 

 

まうの見るもの、触れるもの、近くにあるものがまうにポジティブでウエルカムなのを賢いまうはちゃんとわかっているのでしょう。それでも、三つ子の魂百までという言葉があるように、保護前に怖い思いをたくさんしてきたまうのDNAは、天真爛漫の仔犬たちより「警戒」のシグナルを発しやすいのかもしれません。何ごとも咄嗟に身構えてしまうのは理由があるんですよね。

 

 

私はまうの可能性を信じて根気よく接することを心掛けています。

aae (6)

 

 

ビビり犬のまうが大胆になる瞬間があるのです。それが今の私の宝物です。

aae (7)

 

 

まうはいろんな方の力を借りながらスクスクと育っています。

 

 

あなたと私がちがうように、犬も猫も一頭一頭個性があります。

 

 

私はまうの個性を尊重し、しかしできるだけ人間と仲よく過ごせる犬に成長してもらいたいと思っています。まうも私も未熟者。お互い模索し合いながら明日を迎えるのを楽しみにしています。

 

 

まうは家族募集中です。どうぞお見知りおきください。

 

 

まうのことが多くなっていますが、猫たちも元気にしています。

 

 

あまぱんは毎食おねだりを欠かしません。病気の子の「催促」は愛おしさもひとしおです。

IMG_9209

 

 

人馴れ70%の保護猫白まんじゅうは「惜しい男」。今のところは、ですけど。

aae (4)

 

 

オッドアイのハンサムボーイが次なる703号室大スターです。白まんじゅうの写真も増やしていきますね。どの子にもすばらしい出会いが訪れることを願って。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク