4 わたしはアニー

長くなってしまい、申し訳ありませんでした。多くの方が読んでくださったことに感謝します。今回の更新がこの話の最後です。

~アニーとして~

多くの命を立派に育てた母犬まりも。703号室ではわがままのひとつも言わない従順で穏やかな犬でした。でも時たま子犬のようにひょうきんな時もあったのです。

ガラスをガラスだと知らずに突っ込んだときは、抱き上げながら爆笑してしまいました。

「痛かったねえ。よしよしだいじょうぶ?」

ちょこまか後ろを着いてくる。

あどけない瞳で見上げてくる。

必死な表情でごはんを食べる。

なんでもキレイに残さず食べる。

今思い出すだけで胸がいっぱいになり、なんとも表現しがたい気持ちになります。

そのまりもが、アニーとして我が家を巣立ってから7年半。

すごく遠い昔のような……つい、昨日のような。

アニーがこの度、天国へ旅立ちました。
クリックすると元のサイズで表示します

先日、里親さんから届いたメールです。

アンニイさん

ご無沙汰していますが、毎日のご奮闘振りはブログで拝見しています。

ところで、今日は悲しいお知らせでメールしました。
アニーが昨日亡くなりました。

今年の2月頃から血尿が出たりしてお医者さんにかかっていたのですが、6月には足腰が麻痺して動けなくなってしまいました。
病名は「リンパ管拡張症」とのことです。
2月以来良くなったり悪くなったりの繰り返しでしたが、悪い時は毎週病院通いが続き、ここのところは週2回通って注射を打ってもらったり家でも点滴をしたりしていました。
しかし、最後の3~4日は殆ど食事を食べなくなり、目に見えてやせ衰えていきました。
でも、最期は私たち夫婦の目の前で静かに眠るように息を引き取りました。
苦しまず安らかに逝ってくれたのがせめてもの救いでした。

アンニイさんの家に行って初めて会った時のことは鮮明に覚えています。
我が家に来てから約7年半。
長くはありませんでしたが、本当に可愛くて我慢強いワンちゃんでした。
特に家内には良くなつき、家内もまた殆ど寝たきり状態になってからは毎食特別食を調理したり、オムツの取替やお尻洗い等々毎日毎日本当に一生懸命に世話をしていました。
私が言うのもおこがましいのですが、アニーも過酷な環境で過ごした前半生に比べ我が家に来てからは穏やかで幸せな日々を送ることができたのではと思っています。
勿論私たちもアニーのおかげで一杯楽しい思いをさせてもらいました。

今朝、火葬に付すため多磨犬猫霊園に遺体を引きとりに来てもらいました。
その後は、遺骨を納骨堂に納めてもらうことになります。

アンニイさんには本当に良い犬をお世話してもらいありがとうございました。
アニーの元気な頃と納棺後の写真を少し添付します。

ところで、アニーが使っていたケージやキャリーケース、未使用のベッドやペットシート類がありますが、どこか寄付できるところをご存じでしょうか。
教えて戴ければと思います」

アニーは、数え切れないほど苦労しました。

運命に翻弄され、流転を繰り返しながら、与えられた環境で精一杯生きてきた犬です。10年前に出会ったときはすでに成犬だったので、実のところ何歳かもわかりません。

でも、半生は不幸だったとしても、残りの半生、いいえ、7年半という長い時間を幸せに暮らしたのです。「アニー」の名を与えてくださった里親さんご夫妻とともに。

アニーとして生きた時間がこの子にとってはなによりの喜びだったはずです。

自分の名を呼び、撫で、抱きしめてくれる家族がいる。

アニーの誇らしい顔が目に浮かぶようです。

私たち夫婦も、アニーの里親さんご夫妻にはよくしていただきました。アニーを介して善い方と出会えたことを、アニーに感謝します。

里親さんのお宅に遊びに行ったときの1枚。みんなでお散歩しました。
クリックすると元のサイズで表示します

これはまた別の日に伺った写真です。
クリックすると元のサイズで表示します

里親さんご夫妻にランチをごちそうになったのもいい思い出です。
クリックすると元のサイズで表示します

703号室の卒業犬たちによる同窓会にも遠路はるばるご参加くださいました。アニーを抱きかかえる奥さまの横でご主人がメンバーにご挨拶をしています。
クリックすると元のサイズで表示します

愛らしいお洋服をまとったアニーはまるでモデルさんね!
クリックすると元のサイズで表示します

珠のようにかわいがられ、ご夫妻の宝として命を全うしたアニー。里親さんのおかげで、私も少しは罪をすすぐことができた気がします。

どうもありがとうございます。

そして、本日届いたメールを。

「アンニイさん

今日は、病院に行っていて少し前に帰って来ました。

アニーのためにお花をお送り戴きありがとうございました。家内が早速アニーの遺影の前に飾りました。その写真を添付します。

ブログ読ませて戴きました。
一応経緯はお伺いした記憶がありますが、改めてアニー保護の状況を読んでますますアニーのことが愛おしくなり、また保護された頃の元気なアニーの写真を見て涙が止まりません。アンニイさん、アニーを保護してくれてありがとう!
特に大変なご苦労をされながら取り戻してくれた2回目の保護のこと、本当にありがとう! そのおかげで私たちはアニーとの幸せな7年半を過ごすことができました。

今度アニーのお参りに行く時はまた一入の感慨を持ってアニーに話しかけることができます。家内と共に、ただ、ひたすら感謝のみです」
クリックすると元のサイズで表示します

私は、多くの犬猫たちが幸せになれる社会を夢見ています。もしかすると理想論かもしれませんが、私たちひとりひとりがちょっとだけ踏んばればできる、と思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

アニーの冥福を祈ります。合掌。

スポンサーリンク





3 わたしはまりも

またまたつづきです。保護猫プップ、千吉、あかりに会いに来てくださっている方はごめんなさい。今回は犬の話です。

~交渉と奪還~

「所有権」

動物に関わっていると難しいときがあります。弁護士のすすめもあり、私は所有権を以前より意識して活動するようになりました。

いくら感情論を並べわめき立てても、法的に見れば【ママ】の所有権は、当然繁殖業兼トリミングサロンのオーナーにあります。子を産むママが繁殖業兼トリミングサロンに利益をもたらしている以上、無条件に私に譲るとは思えませんでした。

だから諦めようとしたこともあります。

「繁殖に使われているかもしれないけれど、看板犬としてそれなりに幸せなら、もういいかな」

そう自分に言い聞かせて。

楽になりたかった。

ママの二重苦の原因を作ったのは自分じゃないと思いたかった。

そこで、1度ママの様子を見に行くことにしたのです。

見に行くと言っても真意は隠さなければなりません。私の存在や主張を知れば、サロン側は警戒してしまう。繁殖犬たちは2F部分に置かれていて一般客には見せていない。

どうすればママに会えるのか?

詳しくは書けませんが、私はある業者になりすませてサロンの2Fへ潜入しました。お願いだから引かないでくださいね(笑)。

2Fにママがいないことを願いながら階段をのぼる。

2Fではなく、オーナーの自宅の愛犬として、または1Fのサロン部分で看板犬として元気に飛び回る姿を想像しました。その方が楽だから。

2Fのドアを開け部屋に入った瞬間を私は今でも忘れません。

繁殖業者独特の臭いが漂う部屋の壁一面に積み上げられた無数のクレート。小型犬1頭がやっと入れるぐらいの大きさしかない箱の中に、無表情のママがいました。

ママがママがママがママがママがママがママがママが!!

ママが!!

ママが!!

「業者」の私を見て、繁殖用の犬たちが一斉に吠える。

ママも大勢の犬たちと同様に私に吠えかかってきました。

(すごくいけない比喩かもしれません。でも許してください。他にピッタリ当てはまるのがないのです)

ママは昔本で読んだ狂犬病に感染した犬たちの形相にそっくりな顔つきで私に吠えました。目と牙をむき出してけたたましく延々と。

怒っているのか、不安なのか、悲しいのか、他の犬たちにつられて吠えているだけなのかわかりません。考える余裕すらなかったです。

ただ目の前のママを家に連れて帰れない現実のみが重く残りました。

どうして自分はこんなに罪深いんだろう。

それから、私は当時の関係者を訪ねてはバカのひとつ覚えみたいにママママと言いつづけ、恐れ多くもたくさんの人を巻き込んでママの保護に向けて動きました。大袈裟かもしれませんが、ある意味命がけだったと思います。

そしてついに2年1か月の歳月を経てこちらに戻してもらったのです。繁殖犬としての質が下がってしまったママは業者にとっても微妙な存在。だからそこを突いてとにかく水面下で交渉しつづけました。

業者は最後までせこい条件を出してきました。

「犬(ママ)を手放すかわりに、新しい飼い主には、ひきつづきトリミングの客としてショップに通ってもらいたい」

要は、産んで稼げないなら、今度は客として稼げってことですかね?

もちろん、連れて行きませんけど。

サロンにママを迎えに行ったとき、ママは吠えませんでした。それどころか、シャイなはずなのに、しっぽをちぎれんばかりに振ってくれたのです。私を覚えていてくれたんですね。

「待たせてごめんね。なにもかもごめんね」

こうしてママは、703号室にやってきました。

出会ったときはまだ賃貸コーポだったけど、引っ越して広くなったので、今度はのんびりすごせるよ。あなたの仮名はもう決めてるの。

こんにちはまりも

ようこそ703号室へ!

先代猫かつくんと
クリックすると元のサイズで表示します

若かりし頃のべべと
クリックすると元のサイズで表示します

ナナと
クリックすると元のサイズで表示します

幸せになろうね。
クリックすると元のサイズで表示します

「うん! わたしはまりも」
クリックすると元のサイズで表示します

写真はすべて2006年の撮影
クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





アニーと会いました!

昨日、迷子犬が保護主さんに引き取られました。話し合いに参加したのですが、ここでその詳細について触れる事を控えますね。写真も何枚か撮ったのですが、少し事情があり、載せないことにします。ごめんなさい^^; でもとっても元気そうでしたからご安心を!

今日はKさんに付き合ってもらって、午前中のうちに703号室の美猫姉妹、カミュ&ミリのお届けに行って来ました♪素敵なお宅で驚きました(あ、別に変な 場所を想像していたわけではないんですよ^^ ただあまりに良いお宅だったので…)姉妹の卒業記事は近日中にお届けします♪ 楽しみにしていてください ね~!!2回に分けて書く予定です!

ひとりでも行けたのに、どうしてKさんに付き合ってもらったか?

実は車を修理に出していて、いつ戻るか分からなかったので付き合ってもらったんです。卒業犬ゆず(元土手のタロウ)をお届けした際、縦列駐車に失敗し、ベコッと凹ませていたのをずっと放置していたんです(汗)。でもうちのババ(母)が、

「運気が下がるわよ」

と言ったので、怖くなって今年中に直すことにしました。

42000円也。

想像よりは遥かに安かったけど、痛い…

痛すぎる…(笑)

保険を使わずに支払いました(優等生)

だから週末のお出かけは、チチと久々に電車に乗って行ったんです。
今日はその時のお写真を!と言いたいのですが、カメラを持って行かなかったので、写真は全て、卒業犬アニーのご家族に送ってもらいました。ありがとうございます!

アニーはブログをはじめる前の卒業生。
出会ったのは、なんとまだナナがやって来て間もない頃だったんです。だから大昔ですよね^^ ある団体が繁殖犬だったアニーを悪徳業者からレスキューした はずなのに、悲惨な運命が待ち受けていました。色々な手違いが起こり、なんと又繁殖犬として引き取られてしまったんです。当時その団体のお手伝いをしてい ましたが、アニーが行った先で再び繁殖犬として働かされていることを知った私は、到底納得できず、様々な方を巻き込んで、奪還に成功しました。まあ保護す るまでに2年かかったんですがね^^; だからとっても思い入れが深い子です。

そのアニーに会いに行ったんです。


奥様お手製のお洋服を着て可愛いでしょ?


全て手作り服です。


凄すぎます…尊敬します…。

里親さんがランチの予約を入れてくれていたので、気楽な感じでレストランへ行ったのですが、着いてビックリ!B級グルメ好きのチチとはまず入らないような所でした。

美しい庭園を進んでいくと、一軒の古い日本家屋があります。そこがレストラン。建物や庭は和調なのに、料理はイタリアン。全てがハイセンス・ハイクオリティ・ハイクラス(笑)。育ちが悪い私には、ちょっと不釣り合いな場所だったかも(爆)。

カメラを持って行けば良かったと後悔^^;
お料理美味しかったです…

窓側の席からの眺め


記念写真!


久々に可愛いアニーに会えたし、たらふくご馳走を頂いたし、幸せでした~♪
本当にありがとうございます!そして美味しいイチゴやら(もう、腹の中なので写真はナシ・笑)沢山のお土産も恐縮します。エへ^^ 可愛いから自慢しちゃいますね!

アニーが入らなかったというベッドをくださいました。


うちでは、カミュちゃんもミリちゃんもこのぶたさんベッドが大好きで、カミュなんて出て来なくて、ご飯もベッドの中で食べてましたよ(笑)。

手作りアクセサリー!それぞれの頭文字が入ってます。


べべ→B ナナ→N リリ→L まめ→M(まめの分までありました)
もったいなくてまだ付けてません。お出かけの時に使いたいと思います。

アニーは本当に幸せそうでした。
その様子を見て、私もチチも幸せでした。
保護するまでは、ここに書ききれない位悩み、苦しみましたが、あの時の苦労は、こういう気持ちを得るためのものだったんだと改めて気が付きました。

苦しい事も沢山あるけど(昨日もあった^^;)悪いことばかりではないという事を実感します。アニー、良かったね!そして卒業ほやほやのカミュ&ミリ、おめでとう♪

あ、コメント返しちょっと遅くてごめんなさい!もたもたしている私にコメントをくださっている皆さまに心から感謝しています☆ 少しずつ返しますね~

捕獲からお届けまでを不定期更新で書いていこうと思っていますが、数日かかるかもしれません。次回は捕獲した後について書こうと思っています!気長に待っ て貰えると嬉しいです^^ 結婚したばっかりの従姉妹夫婦が遥々台湾からやって来るので、お世話しなくっちゃ!今日はこの辺で~!

「カミュ、ミリ、良かったね。お名前、ちょこっと変わります。どんなお名前になるのか、楽しみにしててくださいね~♪それから、アニーちゃんが元気そうで本当に良かった!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」
<a href=”http://anny703.com/wp-content/uploads/middle_11992968271.jpg”><img class=”alignnone size-full wp-image-1994″ src=”http://anny703.com/wp-content/uploads/middle_11992968271.jpg” alt=”かつくん なな” width=”400″ height=”300″ /></a>

スポンサーリンク





ストラップと里親募集

週末、アニー家から帰ったあと久しぶりに友人宅へ遊びに行きました。お泊りです! チチ、べべ・ナナ・かつくんはお留守番。女性同士4人で盛り上がっちゃいました。
話題は、もっぱら「理想と現実」(笑)。

私の子! ではなく、お友達の子と一緒に♪

ああ、楽しかったわ♪ チチは次の日、友人宅まで迎えに来てくれました。理想とは違うけれど、現実も悪くないと思っちゃったりしました。。。うふ。

アニー家と言えば(今日はじめてご覧の方は一つ下の記事を見てください)実はこんなに可愛いお土産を頂いたんです!

ジャーン!  奥さまお手製のべべストラップ

あまりにも可愛いので、昨日携帯を新しくしちゃいました。前にも一つ、シーズー犬のタイプを頂いたのですが、ストラップが切れてしまったので、今食器棚に飾ってあります。私もこういうものを作れる女性になりたかったです(汗)。

携帯をハハ妹に見られ、
えええ! ずるい! 私も欲しい! まめストラップ作ってもらいたい
と連発され、あまりにうるさくて耐えられないので里親さんに電話をかけました。
「もう一つお願いできますか?」と図々しくお願いする羽目になったんです。申し訳ありません(泣)。ハハ妹を里子に出したい。本気でそう思うこの頃です。

あと、突然話題が変わってしまいますが、又里親募集です!

キジトラ♂2ヶ月&私。
とにかく美形の男の子。甘えん坊のストーカーキャットです
昔、猫は人になつかないと聞いたことがありましたが、そんなのは嘘ですね^^
最近私が出会う猫たちはなつきすぎる傾向にあるため、子犬との区別が難しくなってきています(笑)。

一回り小さな妹のサバちゃん チチに抱っこされ

白が多くて美人さん。肉球とお鼻がピンクでキュートです あ、おなかもピンクだ^^ かなりお転婆です。勿論、人間大好きっ子。こちらもストーカーです。

ケージから抜け出して、いたずらし放題。

おいおい、それ、私のキャリーバックの紐だよ。ガリガリしないでおくれ(涙)。。。

この時期は、休む暇がないほど子猫が大量にやってきて終わりが見えない状態ですが、この可愛い子達を幸せにしたいので興味がある方はご一報ください! 明日、掲示板にも掲載する予定です。

今日は、一貫性のない話題ですみません。アハ。

スポンサーリンク





アニー

皆様はペットブームの裏側で酷使される繁殖犬について、どれくらい知っていますか? 狭い檻の中で選 択の余地なく常に子犬を産まされ、お散歩やシャンプーなどは夢のまた夢。彼らの多くは、人間の言葉を理解していません。栄養不良の汚れた体で、一生懸命働 いて人に仕える。なのに愛されることを知らない。命を削って産んだ唯一の生きがいである子犬を理不尽に奪われ続け、絶望を感じても逃げ場などどこにもな い、地獄のような日々を送り続けている犬のことです。

今から2年半前、一本の電話が鳴り、ママちゃんと出会いました。
「団地の一室でヨークシャーテリアを繁殖し続けている人間が居て、周りの苦情で全頭処分することになった。緊急に助けたいので協力してください」
私は30頭の犬を保護できる場所を確保し、保護する日を待ちました。レスキューにあたったメンバーは知らない人ばかり。頭数が多いため大体の役割を分担し、それぞれがそれにあたりました。私は、お散歩や日々の世話をする係。里親探しには加われませんでした。

毎日会社勤めをしながらの活動でしたので、てんてこ舞いでした。それでも、携わっている人が多かったからか? 口コミで一頭、又一頭と里親さんが決まり、正直、こんなに簡単でいいの? と思うスピードで進んでいきました。

少し落ち着いたある日、チチがお散歩を手伝ってくれたのですが、なんと散歩中に一頭のヨーキーを大怪我させてしまったのです。手当てをするため、怪我した ヨーキーを我が家で保護することになりました。怪我したのはママ犬なので、その子が産んで育てていた子犬2頭と、ママと仲良しだった別のヨーキーも一緒に 自宅へ連れて帰りました。

大変でしたが、ママが子育てを頑張る姿は見ていて胸が熱くなって、素晴らしい体験でした。

子犬が里子に出され、仲良しのヨーキーも巣立ち、怪我をしたママだけが最後までうちに残りました。2ヶ月くらい一緒に生活したと思います。やがて、ママにも里親が現れたと知り、寂しさでいっぱいでしたが、幸せを願い手放すことにしました。

今から思えばそれが最大の後悔です。ママの里親になったのは、ペットショップ&ホテルの経営者でした。ママは繁殖犬として再び働く運命となり、あとでそれを知った私とチチは、深いため息の日々を送りました。

でも、あきらめることなど出来ませんでした。2年1ヶ月をかけてママをこちらに戻したのです。交渉の末、繁殖犬として限界を迎えたママをペットショップは手放すと言いました。今年の3月のある日、迎えに行ったら、ママはちゃんと私を覚えてくれていました。

「よく頑張ったね。ごめんね。帰ろう」

703号室にて。チチが「まりも」と名づけ

我が家で再び、保護することに。 (かつデカイ。。)

今度こそは絶対に幸せにすると誓い、不妊手術後里親さんを募集。縁あって加藤さんご夫妻に出会いました。加藤さんは愛犬を4歳で白血病により亡くしまし た。次は不運な子の里親になろうと、毎日里親サイトをご夫婦でみていたそうです。トイレもおすわりも出来ない4歳過ぎのまりもを加藤さんは快く引き受けて くれました。とっても素敵なご夫妻です。そして、「アニー」という可愛いお名前をつけてくださいました^^

週末、厚かましくチチと遊びに行っちゃいました。(私とアニー)

3ヶ月ぶりに、溺愛されるアニーを見て(加藤さんご夫妻とアニー)

私たちは嬉しくなり、ついつい長居。

チチがお洋服を着せて

うん、可愛い♪

アニーのお部屋 清潔で可愛くて快適そう いいな♪

みんなでお散歩へも行きました。

アニー、幸せになって良かったね。今まで苦労をさせてしまってごめんね。これからもずっと長く生きてその可愛い顔をまた見せてください! 加藤様、アニーを大切にしてくださって、本当に感謝です♪ お土産も色々とありがとうございました。

Ⅹ24アニーは人間の勝手によって「流転」をさせられた末、幸福な家庭を手に入れることが出来ました。でも、幸せになれるのはほんの一握りの犬であることをどうか忘れないでください。

スポンサーリンク