私を照らす太陽4 最後の散歩

とわ、13歳の誕生日おめでとう。我が家を巣立ってから10年が経ちましたね。保護猫たちが家族に加わり、今もとわがとっても元気にしていると伺ってうれしかったです。とわは3歳までひどい虐待を受けていたね。でも何ごとにも屈さない笑顔が素敵でした。703号室に来てくれてありがとう。

suki (26)

 

 

 

少し前にとわ家から亡きべべへ可憐なお花が届きました。

suki (45)

 

 

 

べべのお骨に添えて飾らせていただきました。感謝!

suki (44)

 

 

 

とわが里親さん宅に巣立ったあとも703号室同窓会にて何度も遊んでもらったよね。同窓会の記事はこちらをクリックしてください。自慢の卒業犬たちの一部をぜひ見てほしいです。里親さんはお花とカードのほかに、同窓会で撮った写真を送ってくれました。なつかしいべべのはしゃぎぶりに涙が止まりませんでした。

suki (25)

 

 

10年経っても里親さんと私は交流しています。もっと付き合いが長い方もいます。人と人の縁を繋いでくれる犬猫たちの尊さを改めて噛みしめています。

 

 

さて、べべが死に向かって進んでいく様子。死という言葉が憎くてたまりませんが、敢えて死の一語を使います。べべが死に向かっていく様子を、私は少しずつブログに書いています。なぜ少しずつかというと心が苦しくてたまらないのです。

 

 

自分の中で、べべは最愛の存在。ほかの子が二番三番という意味ではありません。べべとの出会いがなければ、私の人生は無意味で空虚なまま終わっていたからです。私は宇宙でいちばんべべが好きで、べべは私の宇宙そのものです。

 

 

べべが逝ったあと、私はすぐに心療内科を受診し、レクサプロという抗うつ剤を処方されました。今も通院していますし、毎晩欠かさず飲んでいます。

 

 

できれば自分が病気であることを隠したいです。心身ともに健やかでなければ、いろんな方々から信頼を得ることがむずかしいかもしれません。

 

 

けれどすべてをひっくるめて、私は私です。喜怒哀楽があり、光と闇があり、感情と理性があります。私だけではなく、だれもがそうではないでしょうか?

 

 

べべは私にとって「大きい」という言葉では表現できない。べべを失った際「アンニイさんの手足をもぎ取られたような苦しみでしょう」と慰めていただくことがありました。そのとき感じたのは、「手足ならまだよかった。むしろ心臓をもぎ取られたに等しい」ということ。べべと私は16年半共に生きてきたのです。

 

 

しかし親孝行のべべのおかげで、生死の別れの悲しみだけで済みました。

 

 

自己満足ですが、もっとも理想的な形で、あの世に送ることができたのです。

 

 

さようならの記事をひとつにまとめるのは不可能です。

 

 

一頭の犬がどういう最期を迎えたのか、犬猫たちと暮らす方々に読んでいただければ本望です。前回の記事にまとめてあるので、よろしければ1と2と3のリンクを遡りべべの最期をご覧ください。よろしくお願いします。

 

↓↓↓↓↓

 

「私を照らす太陽3 さようならの準備/幸せの703号室」

 

 

これからお伝えするのは2017年7月19日、べべが逝く約半日前のできごとです。

 

 

中島先生の往診が終わったあと、お母さんはべべのお昼寝につき合いました。

 

 

夕方6時前後でしょうか? チチがリルと散歩へ出ようとしていたので声をかけたのです。

 

「リルだけじゃなくて、ナナも連れて行ってあげてよ」

 

「うん。わかったそうする」

 

「はい。行ってらっしゃい」

 

 

玄関でナナとリルの首輪にリードを引っ掛けるチチを見て、私は言いました。

 

 

「待って! 私とべべもいっしょに散歩へ行く。みんなで行こう」

 

 

チチはべべを動かすことに猛反対。「もう飲み食いすらできなくなったべべを家で寝かせておけ」の一点張り。言い争っても疲れるだけなので、私はべべの愛車(カート)にクッションを高く詰め込んでべべを抱っこして入れたのです。

 

 

「行くよ。べべも私も行く。みんなで行く」

 

 

頑として曲げない私にチチは呆れモード。こうして最後のお散歩がスタートしました。

suki (40)

 

 

 

べべがわかるのです。私にはべべのなにもかもがわかる。嘘じゃないです。

 

 

ガタガタする道は私がカートを持ち上げて振動を防ぎました。

 

 

べべ、ナナ、リル、私のたいせつな家族たち。彼女たちの痛みを代われるなら、ぜったいに代わりたい。彼女たちの老いも病も、私が引き受けたい。

suki (28)

 

 

 

7月とは思えない涼しい散歩日和。べべの耳がときどき風に揺られてパタパタ

suki (33)

 

 

 

どうしてこんなにかわいいんだろう。

suki (39)

 

 

 

べべどう責任を取ってくれるの? お母さんは全身が煩悶しています。

suki (38)

 

 

 

べべ、愛しているよ。

suki (29)

 

 

 

べべ、ナナ、リルと!

suki (27)

 

 

 

「来てよかったな。全員で来てよかった」

suki (32)

 

 

 

べべを見てチチがしみじみ独り言を漏らしました。

suki (31)

 

 

 

家族写真

suki (30)

 

 

いいなあチチ。あとで私もべべにチュウしまくろ♪

suki (41)

 

 

泣きはらしたすっぴんで醜いですが、べべとお母さんも撮ってもらいました。

suki (37)

 

 

 

べべの前ではなるべくニコニコしていないとね。

suki (36)

 

 

 

この表情を見てください。散歩へ連れてきてよかったでしょ?

suki (35)

 

 

 

心地いい風を浴びるたび薄目を開けべべが笑っているんです。べべが笑ってる。

suki (34)

 

 

 

私は胸がいっぱいになり、べべを抱きしめそのまま自分の中に押し入れてしまいたい衝動を抑えるのに必死でした。いっそひとつになれたらいいのに。

 

 

 

14歳の頃のべべ。みいさんが撮ってくれました。

suki (24)

 

 

 

筋肉質だからちょくちょく男の子だと間違われていたべべ

suki (1)

 

 

 

emi-goに海外のおみやげにもらった赤いワンピースを着てにっこり♪

suki (47)

 

 

 

どうですか? これなら女の子らしいですよね?

suki (46)

 

 

お母さんは長生きしたいですが、もう一度べべに会えるなら、べべの元へ行けるならそれはそれで喜んで向かいます。べべは再びお母さんと暮らしてくれますか?

 

 

 

スポンサーリンク





光の午後

午後、ぼくはここに居る。


聞こえるのは古いカメラのシャッターと、かつくんの鈴の音だけ。

心地よい波に乗って、ぼくの中の時間が流れる。

静かに、でも確実に。

ぼくはなぜここに居るの?


ここは沢山の友達が居て


温かくて、清潔で、ご飯もちゃんともらえるし

お散歩だって行けるからぼくにとって居心地がいい。

とても小さなぼくだけど、

痛みを感じる体があって

喜びを感じる心がある。


ぼくはちゃんと感じているよ。

痛みも喜びもちゃんと分かる。

小さいけれど


まだまだ頼りないぼくだけど


あなたのことを幸せに出来る。


ぼくの全てを懸けて、あなたの傍に居るから

どうかぼくに笑いかけて。

大好きだよと抱きしめながら。

トア、去勢終わって1泊入院して戻ってきました。抜糸が終わるまで703号室に居ます。トアは巨大トイレのような家から保護しました。言い方は悪いです が、臭くて鼻が曲がりそうな家です。殴られたり傷つけられたりすることはありませんでしたが、適正に飼育されているとは到底思えないほどの悪臭を漂わせ、 703号室にやってきました。人間に深く依存する部分がありますが、極めていい子です。本当なら、生まれた家で天寿を全うするのが一番幸せでしょう。でも あそこでは天寿を全うできません。4キロの体に色んなものを背負い込んで、不安いっぱいの顔でやってきました。

不安いっぱいの顔が又愛しかった。

トアと瓜二つのチャドは正式譲渡されました。ママは近日中にチャドを連れて病院へ行くそうです。フィラリア予防薬を買う為と、体をかゆがるチャドを診ても らうためです。かゆみの原因は大体分かっています。チャドは所々毛が禿げていて皮膚が剥き出しの状態。今まで不衛生な場所に居たため、体がかゆくて仕方な かったのだと思います。

犬を洗う。
どうってことない事ですが、ただそれだけでも立派な愛情表現の一つだと思います。

人間が犬を世話する。
社会に出て自立しない犬は、生涯人間に依存する。
犬に依存されることを誇りに思える。
そういう人が犬と生きるべきだと思います。

ママから可愛い写真が送られてきているので、次回紹介します!
新しい名前も合わせてお楽しみに~。

スポンサーリンク





乾杯

今日、とわが笑顔で巣立ちました。
今までで一番可愛い笑顔でした。


私は、午前中からバーゲンでお散歩用スニーカーをGETするべく、ハハ妹と一緒にデパートへ。昼過ぎに戻ってきて、とわを土手へ連れて行こうとしたら、既 にお留守番してくれていたチチが、とわとACOを連れて、土手へ行っていました。チチはとわが大好きで、いつも話しかけ、触って、そばに置いていました。 とわもチチが大好き。オス同士ですが(笑)、二人はまるで恋人のよう。だから最後の思い出を堪能したかったのでしょうね。ちなみに、べべとナナはお留守番 でした。

とわへの最後のご褒美。

沢山の犬猫がやってくる我が家で、甘えん坊のとわに不自由な思いをさせていたから。


やってきたチビたち(セイ・レイン・ユウト)


みんな幸せ候補生(ヒナ・メイ)


運動会が出来るよう、リビングの半分をブルーシートで敷き詰めました(汗)。


とわも嬉しそう^^


とわのお届け先は、横浜市。
お問い合わせが殺到したとわの新しいおうちは、5人家族のお宅。私が以前住んでいた所のすぐ近くにお住まいです。お父様・お母様、それから26歳、25歳 の超!美人姉妹のお嬢様方、23歳のイケメンなお兄ちゃん。前に飼っていた50㌔のゴールデン、セナちゃんが約10歳でお星様になったので、次は恵まれな い犬の里親になろうと、里親サイトを覗いてとわに一目惚れしたそうです。知的で教養深いご家族で、行った瞬間に安心しました。ご家族お揃いでとわを迎え入 れてくれたのもとても嬉しかったです。

色々探索していたずら心を膨らますとわを叱ろうとしたら、「いいんですよ。いいんです。大丈夫だからそのままで」とお父様。ニコニコととわを眺めていました。良かったね。とわ、絶対幸せになるよ!と心の中で思いました。

お父さんに抱っこされて


ご家族を代表して、お父様が顔出ししてくれました(笑)。

新しいおうちで嬉しそうなとわ。


体を伸ばして何かを企んでいますね。


誓約書を交わし、色々とお話をさせていただいたあと、お父様に抱っこされたとわを見たら、涙が止まらなくなりました。多数の愛する卒業生を送り出し、その 度に寂しくなりますが、いつもは気が張っているからか、家に帰ってからしみじみと思い出すのですが、今日はなぜか、涙が止まりませんでした(チチも)。卒 業生のお宅で泣いたのは、初めてです。

甘えたくて暴れまわっていたとわを疎ましく思って叱りました。


叱っても叱っても笑っていて


どうしつけをしたらよいのか、不安に感じたこともありました。

行った先で、いい子だと思ってもらいたい、可愛がってもらいたい、だから何度も叱りました。全部、とわの甘えの表現だったのに……。とわはただ、可愛がっ て欲しいから自分をアピールしていただけなのに……。私はとわに厳しすぎました。とわはそれでもいつも笑っていたから、何だかたまらなくなって、心の底か ら愛しくなりました。

帰り道、チチと車の中で「乾杯」を歌いました。

♪乾杯、今とわは犬生の大きな大きな舞台に立ち~
はるか長い道のりを歩き始めたとわに幸せあれ~♪

生まれた証として里親様に託したとわの血統書


でも、こんなものがなくても、あなたは立派な犬ですよ。
大きく回り道をして、とわは永遠に続く幸せの長い道のりのスタートラインに立ったんだね。あなたが大好きよ。ずっとずっと幸せで居てください。

そして、

明日4日は……。

この方が巣立ちます。。。

スポンサーリンク





笑ういぬのはなし

昨日、忘年会に行って来ました。
幹事は満月さん。メンバーはももママちゃん華ママさんチョンブー母さんあやっちさんyukibooさんと 私。チチが久々に実家に帰り、ハハ妹がバイトだったので、犬猫たちはお留守番。本当は2次会も参加する予定でしたが、お留守番が長くなると可哀想なので、 1次会だけ出席して帰りました。カラオケ行きたかったな♪ 女性同士で盛り上がりました! 満月さんは男らしい(笑)飲みっぷりでかっこ良かったです!  日頃のストレスが全部吹っ飛びました!

さて、いい子になったコーギー犬(永遠)とわの話。


とわは、2年前にペットショップから私と同じ世代の夫婦に買われました。
誕生日は10月20日。血統書は私の手元にあります。
生後2ヶ月未満で買われたので、丁度今頃でしょうか・・・。
クリスマスを目前に、温かい家をGETして、希望いっぱいで巣立ったのでしょうね。今も童顔なので、赤ちゃんのときの顔は、容易に想像つきます。きっとニコニコと笑って、何もかもが嬉しくて、やんちゃで、あちこち走り回ったり……。

とわを買った夫婦は、古いマンションの一室に住んでいます。
まず奥さんがとわに飽きてしまった。女性が世話をすることが多いので、好きな気持ちがなければ、とわを敵視することだって珍しくない。オシッコの失敗・抜 け毛・日常のケア、そのどれもホトホト嫌で、一緒に暮らして2ヶ月も経たない頃には既に、とわは天使ではなく、敵になってしまったのでしょう。仕事で忙し いご主人は、帰宅後、毎晩奥さんの愚痴を聞くことになる。普通ならここで「じゃあ、俺が散歩へ行くし、協力して犬の面倒を見る」というでしょう。けれど、 この夫婦は違いました。お互い散歩などは行きません。1度も行った事がないそうです。

そしてすぐに、奥さんは自分が妊娠した事を知って、とわがますます邪魔になった。
そこでベランダへ出したが、ベランダでは洗濯物を干したりするときに邪魔になってしまう。だから、角部屋なのをいいことに、玄関の外に安っぽい柵を組み立て、とわを入れたのです。とわはまだ生後3ヶ月半。甘えたい盛りの男の子でした。

そのまま2年が経過し、奥さんは既に2人の子供の母親になっていました。とわは相変わらず玄関の外の安っぽい柵の中に居て、勝手に生きていました。

でも、変わってしまったこともあります。
何も教えられていない、甘える相手もいない、散歩へも行った事がないとわは我慢の限界を超えていて、よく吠えるようになりました。

ワンワンワンワン!!!
天使の叫び声は騒音となってしまったので、ここでお決まりの口輪が登場します。

みなちゃん(保護活動をしている友人)がとわを迎えに行った日、耐え難い悪臭の中で口輪を 付けられたとわを見て、携帯で画像を送ってくれました。個人情報が含まれる写真なので公開はしませんが、「なんじゃこれ!これじゃあ水飲めないじゃん。と 思って辺りを見ると、水なんか何処にもなかった。最悪だったよ。臭いし。臭くて鼻が曲がりそうだった」と言っていました。

生きているから、きっと少しは水をもらっていたのでしょう。
でも、犬は3日水を飲まなくても生きていられる。苦しいけれど、何とか生きてる。前に水を飲んだのはいつ? いつから水を飲んでいないの?

保護にいたったのは、近隣の苦情。
口輪を付けられているので、騒音はそれほどでもないにせよ、あまりの悪臭と、マンションの共有部分にあたるドアの横で飼われていたので、その有様に近隣は 我慢の限界を超えたのでしょう……。けれど、誰もとわを助けてくれませんでした。ただ警察に訴えて、とわを処分しようとしただけ。知り合いの知り合い話を 聞いて、みなちゃんが飼い主に確認したところ、

「もう要らないから持って行って。保健所に連れて行くのは可哀想だと思ったからそのままにしておいたんだけど、警察呼ばれちゃった以上、このままじゃもうここに住めなくなるから」

これが飼い主の言い分でした。半端に散らかった部屋の中には二人の幼い子供が。

これが保護したいきさつです。

もう、この手の話が多すぎて、正直聞いても何にも感じません。怒りも、悲しみも。ただ淡々と自分に出 来る事をやる。これしかないと思っています。とわがどんなに惨めで哀れな犬だったか、暴露するのが嫌なときもあります。だって横に居るとわは、知能が高 く、素敵な(ちょっとしつこい? 笑)犬で、いつも楽しそうに笑っているから。何枚写真を撮っても、とわは笑っています。

口輪をはめられて、笑うことさえ許されなかった犬ですが、天真爛漫に笑っています。

それにしても、この夫婦から生まれ育てられた子供が、21世紀を担い、私の世代を養ってくれる現実が恐ろしい……。こういう親から生まれた子供が将来の日本を支えていきます。

まあ私は、そこまで長くは生きないでしょう。

子供に罪はありません。
ただ、子供に人間としての「道徳」の根本的な部分を教えなくてはならない親の背中があまりにも醜い場合、子供は親の醜さを背負って生きていくことさえあります。それが危険だと、思ったりするだけで……。

とわ、笑う


永遠、また笑う

スポンサーリンク





とわ