下僕のミステイク

注)長いです。

「嫌な女!」
その偏見がそもそもの発端でした。

去年の11月頃、目の悪い子猫を里子に出そうと、Kさん(ボランティア仲間)と一緒にある古い団地へ。マンションときいていたので、あれ? 団地はペット 不可では? と思いましたが、動物病院の紹介ということもあり、とりあえずは里親希望者の女性と会うことにしました。部屋に案内され、ちょっと違和感を感 じました。収納がないのに、布団が見あたらない。調味料もない。そして鍋もなく、部屋全体が狭く暗い感じでした。とにかく、生活感は? と聞きたくなる部 屋だったんです。先住猫は1匹だと聞いていたのに、そこには先住猫2匹(子猫)の姿が……。その頃の私は、今より何倍も保護活動が大変な時期でしたので、 目が悪い子猫を飼ってくれるという話は、自分にとって悪いものではありませんでした。でも、悩む……。Kさんと相談し、どうしようか散々迷った末、少しの 間お試しで置いてもらうことにしました。希望者が「家は質素でも、私は猫の医療費は惜しまないんです」と言ってくれた言葉を信じて……。

でも、家を出た後、やっぱり納得がいかないと思った私とKさんは「今日いきなり取り返すのは気を悪くするだろうから、明日理由をつけてとり返そう」と約束を交わして別れました。が、次の日の朝のKさんからの電話でびっくり!

「昨日の女性が、こんな目が悪い子猫要らないわ!! と凄い剣幕で電話してきたから今からすぐ迎えに行くわね。取り返す手間が省けたからいいんだけど、急にどうしちゃったのかしら?」

えええ? 何で? 大事に預かりますと言っていたのに?

Kさんが朝の10時頃迎えに行くと、一度もご飯をもらえなかった子猫がポツンとおとなしく座っていたそうです。目薬もさしてもらえず、独りぼっちで玄関の近くにいました。

「よく考えたけど、やっぱこんな汚い子要らないわ。そもそもどうしてうちにこんな子を連れてきたの? 病院にいい子を紹介して欲しいって頼んだのに! 信じられない!」と女に怒鳴られたKさんは、怒りを抑えて子猫を連れて帰ってきました。

ご安心を。その子猫はRちゃんと名づけられ、今、とても幸せに暮らしていますから。
今度紹介しますね♪

時は流れて、先週Kさんがある動物病院でその女を見かけました。女はキャリーも持たずに動物病院のケージから里親募集中の子猫を拉致(笑)していたとか。 その話を聞いて胸騒ぎを覚えた私は、知り合いのボランティア数名に電話をかけてその女に猫を渡したことがあるか? を聞きました。……そしたら、何とビン ゴです! 電話をかけたうちの一人が、今年の5月に、あかねちゃんというさび猫を渡していたんです。おおお、何てことだ! いったい何匹居るの? どうし てあの狭い部屋で猫を集めるの?

頭をよぎったのは、実験業者や三味線業者に無残に殺される猫の姿。一刻も早く助けなければ! そう思い、他のボランティアを集め、急いで女の団地へ。女にあかねちゃんを渡したボランティアが電話をかけました。

「あかねちゃんは元気ですか? 近くまで来ているので今すぐ会わせて下さい」

女は「今、遠くにいる。家を留守にしてるから無理」といいました。

全員であかねちゃんの生存を心配し、神に祈る気持ちで女を待ちました。3時間後、遠くへ行ってる筈の女が同じ団地内の違う部屋からノソノソと出てきて(省略しますが)こちらに気づき、色んな嘘を並べはじめました。もの凄いヒステリーな感じで……。

私はもう、我慢の限界でした。

「早く猫を出しなさい! いったい何匹部屋の中に居るの?」
声の限り怒鳴りました。

「お前に関係ない! もらったらあとは何をしようとこっちの自由だろ。いちいち口出しするな」と言われ、更に激高しました。

「あんたみたいな人間の手元に渡された猫が不憫だわ。あの時の目の悪い子をあんたに渡さなくて本当に良かった。早く他の猫を出せ!」

私と女は5階で言い争いをしていましたが、1階に居るチチや他のボランティアが驚愕するほどの大声だったそうです。「声がデカイ!」とその女に言われたの で、「お前こそ声がデカイ」と反論。もう、反省を並べても足りないくらい大人げない態度です。あああ、自己嫌悪。穴があったら入りたい……。

何時間も猫の姿を見せてくれなかったのに、最後には「こんなもん、要らない。早く持って行け! 持って行け。こんなもの!」とあかねちゃんを掴み、外に居 る私達に投げつけてきました。いくら怒っているとはいえ、「こんなもん!」とあかねちゃんを乱暴に扱ったのは納得できませんが、あかねちゃんは無事でし た。

あ、生きてた……。
ちょっと痩せてはいるものの、ちゃんと生きてた。
ただ、去年女の家で見た茶トラの子猫は完全に消えていましたが……。女が何匹集め(相当数と思われます)、何匹家に残って何匹消えてしまったか、未だに確認できていません。

女は、超がつくほどのヒステリーで(え?私も?)変わっています。でもあかねちゃんは生きていました。だから現在も調査中ですが、もしかすると私の偏見が 招いたものかも? では、何故あんなに沢山の嘘を並べる必要があったのか……? こちらは低姿勢で話を切り出したのに……。何はともあれ、あかねちゃんか ら居場所を奪ったのは私です(涙)。思い出したくないので、名前をダイアちゃんに変えました。これからは、ダイア様の下僕として、一生懸命働くってことで、許しを乞うつもりです。皆様、私はまだ凹んでいますので、コメントはお手柔らかに。。。

今日、ダイア様に美味しいものをと思い、リンちゃんママ(リンはうちの卒業猫です。まだ紹介はしていませんが、近日中に紹介します!)から頂いたセレブなお味のフードを召し上がっていただきました(この口調キモイ? でも勘弁して^^;)


ダイア様はとてもお上品に召し上がっておられました。(ウマイカイ?)


食後はなでなで攻撃でご機嫌をとります……。


凄い勢いでゴロゴロと喉を鳴らしてくださり、誠にありがとうございます(T▽T)

ってことで、しばらくは下僕として働きますので、応援よろしくお願いいたします(涙)

★あと、一つ前の記事に「一人暮らしの独身の働く女性への偏見」と取れちゃいそうな文言がございましたことをお詫びいたします。きちんとしてる方はたくさんいる! そう思っています。問題は心ですから。

スポンサーリンク

感謝

ブログをはじめてますます保護活動が楽しくなりました。お陰さまで今年の初めから今日現在まで、計23頭の犬猫を卒業させることが出来ました。この数が多 いか、少ないかは分かりません。けれど、処分されていく命は、センターだけでも年間数十万頭です。単純計算で、一日に1000頭以上の罪なき命がガス室の 中で悲鳴をあげています。まるでナチス時代のアウシュビッツ。だから私は、ペットショップではなく、ボランティアや保護団体から犬猫を譲り受けることをお 勧めしています。処分されてしまう彼らを救う方法は、「里親」になるしかないからです。

以前にも書いたように、私は里親さんに厳しい条件をつけて犬猫を渡しています。なるべく穏やかにお話しをするよう心掛けていますが、時には希望者さんのプ ライベートの領域に足を踏み入れたり、猜疑心の塊ともとれる聞き方をしてしまったり……。私の本意は保護犬猫を幸せにすること。保護した犬や猫に二重苦を 与えたくはありません。オモチャではなく「命」を渡すのですから。けれど私は、「里親」になるのは、物凄く尊いことだと知っています。私はよく「偉いわ ね」とか「凄いわ」とお誉め頂くことがあります。きっと保護した犬猫にスポットライトを照らし、里親探しを続けているからでしょう。でも、保護するのは長 くても数ヶ月。飼うのは十数年。健やかなるときも病めるときも、です。もし仮に、今年里子に出した23頭の犬猫を誰も希望してくれなかったら……?

703号室は破綻します。
命を引き継いでくださるあたたかい手があるからこそ、それが勇気となり力となるのです。だから私は、里親さんたちには頭が上がりません。犬猫は商品ではな いので、「お客様あっての703」とは言いませんが(笑)、里親さんがたがいてくださるから私の活動は成り立つんです。正しい信念を持った方々から教わる ことの多さを考えると、私の人生がいかに潤いに満ちているかを知ることが出来ます。

1頭の保護犬(猫)に対して、多数のお申し入れを頂くこともしばしば。渡せる犬猫が手元に1頭しか居ないのは辛いことですが、そんな時は必ず、「不幸な子 はまだまだ沢山居ますから、是非探してください」との言葉を添えてお断りするようにしています。お断りした方から数週間後に「我が家に新しい家族が増えま した!」とのメールを頂くと、なんとまあ、心がまた潤うのです。

犬猫を飼う予定の方は、是非ボランティアや保護団体からもらってください。
処分されるいのちを検討してください。
1頭の犬を飼う勇気
1匹の猫を飼う勇気

それは幸福へのステップです。

うちの卒業犬猫の里親さんになってくださった方、他の団体等から犬猫を引き取って育てている方々、ご自身で捨て犬や捨て猫を保護し、そのまま飼っている方。そして日々703を訪れて応援してくださる皆さまに心から「ありがとう」を送ります。小さな力が渦巻いて、大きな竜巻を呼ぶ。日本は必ず変わります。これからもよろしくお願いします!

「長いよ」


「話、やっと終わった?」

さてさて、ヤダナ(涙)↓
★★★★おまけ★★★★

雨の中、カラオケは行われました。チチのアホ面(酔いすぎ)があまりにも変だったので、この記事、やめにしたいのですが……。撮れちゃった写真をちょこっと。ゴメンナサイネ。アア、ツライ……。


もう、ノリまくり(爆)。「森進一です」と言ってステージに上がっていました(恥)。ウケは良かったのですが、私は顔から火を吹きそうで(泣)、頼むから早く終わってくれと雨空に願いました。

スポンサーリンク

#1 Ⅹ35セーラの場合

セーラとの出会いは、今から2年半以上前。当時、飼育崩壊の約30頭のヨークシャーテリアを、 ある動物病院の2階に保護し、ケアを続けながら里親探しに参加していたことがありました。病院は院長一人だけでやっているため、2階部分は医療器械や院長 の研究材料などが置かれている以外は広いスペースが空いていたのです。それを知っていた私は、頭を下げて頼み込み、どうにか30頭を保護する場所を確保し たのです。来る日も来る日もヨーキーたちの世話に追われましたが、ある日ふと猫の存在に気がつきました。ヨーキーたちの横にキャリーバックほどの小さな ケージがあったのですが、猫はその中にいたんです。あまりにもおとなしかった為、気がつきませんでした。ケージ内はトイレと寝床を分けるスペースがなく、 新聞紙一枚が敷いてあるだけでした。だからいつも悪臭が漂っていたのです。

「この猫何? どこか悪くて長期入院しているのかしら?」
一緒に活動していたボランティアさんが口々を揃えて言いました。でも、その猫はどう見ても具合が悪そうには見えません。猫ってこんなに人が大好きなの?  ってくらい、目が合っただけでゴロゴロ……スリスリ……。撫でなくても、人間が傍にいるだけで楽しそうでした。猫が不得意なボランティアさんをも虜にし ちゃうほど、人が大好きな猫でした。

ある日、私は思いきって院長に尋ねてみました。そして、事情を知ったのです。
この子は、もう、こうして2年もの長い間、この小さくて無機質な檻の中で一人ぼっちで過ごしているそう。名前もなく、誰にも知られることはありませんでし た。医療機器があるので、放して飼う事も出来ず、また、他の大きめなケージは入院する犬猫が使うので、この子には使えないそうです。だから、こういう状態 なんだとか。もともと人懐っこい子で、ある日近所の女性が「先生、この野良猫を不妊手術して。迎えに来て外へ放すから」と言って連れてきたのがそもそもの始まりでした。手術を終えて、女性を待って2年以上。迎えに来ることはありませんでした。かといって、先生が立場上、外へ放すことは難しい。そういう理由でこの子はここに居るのだと知りました。

何と哀れな……。
身動きをするのがやっとの檻に閉じ込められていますが、果たしてこの子の罪名は何でしょう? どんな罪を犯して、ここに居るのでしょう。こんなことがあってなるものかといつものように熱くなり、里親探しを開始しました(笑)。

写真写りがあまりよくないことと、すでに成猫だったということで、里親探しは難航すると思いましたが、この子のありのままの性格と状況を載せたら、何と3 件ものお問い合わせを頂いたのです。その中から私がお見合いを申し込んだのは、Iさんという女性。相方さんと一緒に暮らしています。外見は可愛らしいの に、余計なことはあまりしゃべらないタイプのかっこいい女性で、すぐに心から信用することが出来ました。セーラと名づけてくれて、大切にしてくださってい ます。セーラを渡して2年半がすぎましたが、その愛情は全然変わっていません。

セーラ良かったね。あなたは本当に人が大好きな猫だから、パパママに甘えられて嬉しいね。もうすぐ帰ってくるから一緒に待っていようね^^

昨日セーラを連れて実家に泊まりに行きました。

運動させてあげたかったし

何よりベタベタと過ごしたかったので^^

もう、100回くらいスリスリしてくるから、たまらん!

ナナ「セーラと二人で寝たの? ずるいな……」

ごめんね。ナナ、今日は一緒に寝ようね^^

……。猫と言えば。。。


ハハ妹とこの方もちゃっかり一緒に居ました。

~お知らせ~
我が家の可愛い卒業生


ゆずのブログです。是非覗いてくださいね^^

スポンサーリンク

この前はチチに私の恥ずかしい食生活を暴露されましたが、少しの間復讐はさておき、気を取り直してゆずについて書きますね。

破壊魔ちゃんゆずは、お陰さまで今日無事に我が家を卒業しました。今まで応援してくださった方々、温かく見守ってくださった皆様には心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

新しいお宅は静岡県。卒業生の中ではもっとも遠い場所だったので、正直、迷いがありました。けれど反面、のびのびと生活をするには適した所かなと。今日は 静岡県東部までお届けに行きました。とんぼ返りなのでちょっと疲れちゃっています。可愛い写真も沢山撮りましたが、新しいお宅での様子は明日お届けします ね。今日は我が家での写真をお届けします。

小さかったゆず

可愛いゆず

こんな姿をさらけ出して

ゆずはどんどん成長します。

手がかかった分

愛しさも存分に味わってしまいました。

いっぱいいたずらをしたよね

かつくんとふたり、うるさいし……。

オシッコも失敗したよね

でも、あなたは私にかけがえのないものを与えてくれた。愛することの素晴らしさを教えてくれた。小さいくせに何でも知っていて、私の心の一番やわらかい場所に土足で上がりこんでかき乱してくれたよね。あなたが大好きです。

あなたは703の宝です。

私たちの大切な宝物。卒業してからもそれは変わりません。

今まで我が家を卒業していった子は、みんな私たちの宝です。
励まし合い、抱きしめ合って生きてきました。だから手放す時は自分の一部を失ってしまうくらい辛いと感じることがあるのです。それは犬も猫も同じです。か つくんの病気があるので、猫を保護する時はケージ中心になりますが、思いは同じです。だから私は、里親さんに厳しい条件を求めています。細かい内容の誓約 書を交わし、お届けするまで何度もやり取りを繰り返す。そうしないと自分が納得できないからです。後悔するようなお別れをしたくはありません。里親さんた ちが私の気持ちを理解してくださっているので助かっていますが、しつこく言い過ぎたかな? と思うことが多々あります。でも、宝物を手放すのだから、納得 のできる卒業をさせてやりたい。幸せを保障してくれる方に渡したい……そう思うのです。でなければ、私が幸せでいることが出来ませんから。

皆様はどうですか? 飼い犬を自由に放したり、店先に繋いだまま買い物を楽しむ方がいますが、それは大変危険で す。血統の子は、繁殖の為に盗まれたり、雑種の子は動物実験用に下請け業者に狙われたりします。虐待目当てで盗む人間もいます。猫は三味線業者に狙われる ことが多々あります。本当です。ある日突然、飼い猫が帰ってこないという不幸、飼い犬がいなくなるという不幸を体験しないでください。宝物を危険な目に遭 わせないでください。居なくなった犬に対し、「どこかで幸せにやっているわ」とは思わないでください。今までの経験から言わせてもらえれば、この可能性は 低いです。

最大の愛情はお金をかけることではありません。むやみに自由を与えることでもありません。宝物を、あらゆる危険から回避させ、正しく管理することこそ、最大の愛情表現だと私は思います。

スポンサーリンク

子猫殺しに反対する方へ

703号室を見てくださっている方からの情報で、タヒチ在住の直木賞作家が飼い犬・飼い猫の産 んだ「子犬」「子猫」を常時、殺していることを日経新聞の連載で告白していることが分かりました。色々なご意見がありますし、賛否両論かもしれませんが、 私はこれは「動物虐待」で、法に抵触することだと考えています。いろんな方がいろんな思想や宗教の元、共存していることと思いますが、生まれたばかりの子 犬・子猫は命です。母の姿を求めて鳴き、おっぱいを捜している最中に、この作家によって崖から叩き付けられ殺されてしまうことを、皆様はどう思いますか?  子犬子猫を殺されてしまう母犬、母猫はどんな気持ちになると思いますか?

皆さまはこれもアリ! と思いますか?
昨日からそれを掲載した日経新聞社に対して抗議メールを送っています。私は「偏った人間」なので、間違っているかもしれませんが、それでも、こういう事実 を許したくはありません。作家が犬猫をあまりにも劣等視している結果だと思います。ここにはあえて載せませんが知りたい方は、「子猫殺し」で検索してみて ください。色々なサイトで事実確認ができると思います。

703号室は本当に微力ですが、人間の都合によって過酷な運命を背負わされた命に対して、前向きに考えてまいりました。残念ですが、私が手を差し伸べることが出来る数は年間に30~50です。だから新聞にこういうものが掲載されるのはとても悲しいのです。
何より、模倣する人間(模倣犯)が出てくるのではないかと恐れています。

日経に抗議メールを出してくださる方は↓までお願いします。

★日経新聞社への問い合わせ
TEL:03-3270-0251
メールでの問い合わせフォーム
https://sch.nikkei.co.jp/nikkeinet/
★フランス大使館への問い合わせ
TEL:03-5420-8901
FAX:03-5420-8932

この記事はしばらくTOPに置かせて頂きます。

スポンサーリンク