さよならチコ

何と言ったら良いか。。。

何を言えばよいか。。。

ちょっと分からない状況ですが、

チコは今朝亡くなりました。

これ以上ないくらい病院で手厚く診て貰えて、先生と奥さまの顔を直視できない位です。乳飲み子をあんなに懸命にみてくれたなんて。。感謝の気持ちでいっぱいです。

私が死ぬ時にも、先生みてくれないかしら・・・。

200g台のチコの遺体が入っていた箱に、私が持たせた犬のぬいぐるみと、奥さまが買って下さった紫色のトルコ桔梗が飾られていました。とてもシンプルで したが、厳かでした。又、チコの首には、水色の可愛いバンダナが巻かれていて、大事にされてきたのがとっても良く分かりました。

死に顔は、

とっても穏やかでした。

不眠不休で、チコをみて下さって、愛情をかけて下さって、本当にありがたいと思っています。

そして、

応援してくださった皆さまにも感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

私のカレンダーには、ちこたちを引き取った日からの日々のスケジュールが書いてあります。チコのいのちは、カレンダーのたった一行分でした。それがチコの寿命でした。

今日から数日間は、ベベナナリルそしてほほ孝行しなくてはなりません。
ちょっと精神的に疲れてしまいました。
汚く散らかした家もきれいに片付けないと。
チチにも来週辺り、美味しい物を作ってあげたいな。
かつの仏壇にも、綺麗なお花を飾りたいし。

数日間、こちらの更新はお休みします。
でも、同窓会は予定通り行うつもりです。同窓会のことで何かあったら個別にメールをお出ししますね。

このブログを見てくださっている方の中には、色々なことで悩まれていたり、病気の愛犬愛猫を抱えていたり、大変な方も多いことと思いますが、是非、逆境に負けず、頑張ってくださいね。心から皆さまのご多幸を祈ります。

「数日間、ダラダラするんだって。ぼくの仏壇にも綺麗なトルコ桔梗、それからかつお節を飾ってね。皆さま、応援ありがとね。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





お守り

今日は保護活動仲間のKさんに付き合ってもらって、ユキ(以前ブログで紹介したことがある)と言う犬の巻爪の処置をチコが入院している病院で行ってもらいました。

ユキの健康状態をチェックしてもらって、処置を終えて、チコを見舞いました。
チコの状態は、あまり良くないです。昨日は夜中、病院から容態が悪化したとの電話をいつもらうか、もうドキドキして眠れなかったので睡眠薬を飲んで、横に 電話を置いて寝ました。風邪をひいて辛そうなチチは、夜の10時には眠っていました。私は夕飯の片づけを終えて、色々な事を考えて、結局薬が効く夜中の2 時まで起きていました。でも、ここ最近では一番寝れました。

せっかく更新するのだから、写真も載せたいと思っていますし、色んな方にブログでその様子を紹介する約束をしていますが、どうしてもパソコンに向かう時間が少ないため伸び伸びとなっていて、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
それに写真をUPするためには、メモリースティックを整理しなくてはならず、ジロや幸の写真、チコの写真を今はどうしても見れないので、文章だけになってしまいます。本当にごめんなさい。

私のブログで募金を募っては?という声も頂き、本当に嬉しい限りですが、コメントの返信にも書いたように、個人でやっているので収支報告が出来ない現実が あります。皆さまのお金を頂く訳ですから、収支報告の義務は当然なのに、それが不完全では、頂くことは出来ません。いざとなったら売るものを売って、それ に充てますから、ご安心を。

チコの様子は変わりません。それを今細かく書いてしまうと、どうしても辛くなるのでそれもお許し下さい。私は、実は自分が思う以上に弱くて、愚かな人間で、書けない事が多いのです。それでも、今日は心温まった出来事がありましたので、それを書きますね。

病院へ行って酸素室のチコを見舞いました。

先生とも今後のお話をしなくはなりません。乳飲み子を先生と奥様だけで見て下さっているので、先生が倒れてしまう、そう思ってKさんと相談して、チコをもっと医者の数が多い病院へ転院させたほうが先生の為ではないかという結論に至ったので、先生にその旨を相談しました。

「出来たらこのまま自分が見ます。チコちゃんが頑張ってくれて、安定したら返します」

予想しないお言葉に胸が詰まりました。胸が詰まって苦しかった。苦しい位感動しました。チコは1時間おきに授乳が必要で、チアノーゼの状態を脱していませ ん。よく生きているな、という位の状態です。そのチコをみる難しさを、先生が知らないわけはありません。知った上でそう言って下さっているんです。私はも う、ただただ頭を下げるしか出来ませんでした。

大巻先生、奥様、本当にありがとうございます。
もうそれしか言葉が出てきません。
ありがとうございます。

今まで沢山の獣医さんを見てきました。本当に多くの獣医さんに色々な子の診察をお願いしてきました。腕が良い先生にお心があれば最高ですが、全ての面で納 得できる先生に出会う事は難しい。大巻先生は、今まで出会った先生の中で、最も素晴らしい先生のお一人です。お世辞は嫌いなので本心を書いています。

かつがお世話になった人気の高い病院で勤務医として働いていた先生は、その人気の高い病院でも院長先生・副院長先生と並ぶ人気でした。その人気の秘密がはっきりと分かります。だって腕は文句なしの素晴らしさだし、何よりお心が優しいから。

それに、実はチコのことが無くても、近日中に先生のことを紹介させて頂く予定でした。どうしてか?先生はユキちゃん&みなちゃん&私から2頭の犬を貰って 下さった里親さんだからです。病気がいっぱいあるのを承知で、2頭貰って下さって看板犬として大切に飼ってくださっています。その他に捨て猫や患者が見 切った猫を2頭飼っていて、お人柄の良さが病院内にあらわれています。

機会があったら幸せになった犬達と共に、可愛い看板猫の写真も是非載せたいのですが、今はなんせ、カメラに触れないので文章だけで取り急ぎ紹介させていただきます。

MOMO ペットクリニック→http://momopetc.com/index.html

開業したばかりの清潔な病院で、お心ある先生から良い医療を受けられる犬猫と飼い主は本当に幸せだとつくづく思います。駒込にあるので、703号室からも 少し距離がありますが、私は車で通っています。病院に不信を持っている、あるいはお近くの方は、是非行ってください。ユキちゃんのお宅の難病猫ナッツの手 術を成功させたのも、大巻先生です。そのお人柄に惹かれること間違いなしです。

今日はどうしても、先生のことが書きたくて、UPしました。

病院から帰る時、チコのケージに綺麗なものが掛けられているのを見つけました。

「これは?」と先生に聞くと

「チコちゃんが良くなるよう、ぼくのお守りをつけています。」と。

体が震えました。
先生は医学的根拠に基づいて仕事をする方です。
先生の仰ること全てに医学的な根拠が存在します。
それなのにそれがない「お守り」を、チコのゲージにぶら下げていた事に、私は全てを悟った思いでした。

出来る事は全部やっている。
何も惜しまずに先生は全部やってくださっている。
その上で、お守りがぶら下がっている。
祈りたいのは、先生も同じなんだと。

近日中に先生の写真や看板犬・猫たちの写真をUPしたいと考えています。
私の気持ちが少し安定したら・・・。
是非楽しみにしててくださいね。

それから、病院で励ましのお電話や面会などの対応は出来ない状況ですので、皆さまのお気持ちをここでありがたく頂戴したいと考えています。

「今日帰る時この子を助けたいとハハが言ったら、先生の奥さまが泣きながら分かりますと言ってくれたの。その分かります、でハハは逆に奥さまのお人柄が分かったんだって。まあ前から分かっていたんだけどね!今日もぽちっと応援してください。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





知って下さい

今、病院から戻りました。

チコは入院させました。もうこの更新も実はとっても辛いです。辛くて辛くて辛くて辛くてどうしたら良いか、分からないのです。だから感情的な文章になることを、どうかお許し下さい。

昨日までは体重があまり増えない、下痢している、お乳の飲み具合が悪いチコでしたが、今日は更にチアノーゼを起こしているかもしれないとのことでした。誤飲などで起こるチアノーゼではなく、これも又原因不明。

酸素室を完備していない703号室にチコを連れて帰って来る事がどうしても出来ず、いつか近いうちに紹介しようと思っていますが、とても信頼置ける先生に チコを預けてきました。先生は泊りがけでチコを診てくれるそうで、私は幾らかかっても良いからお願いします、とお願いしました。

かっこいいことを言いましたが、本当は家計は火の車。
そういうことをブログに書きたくない、そう思ってきましたが、今日は本当の事を書きます。そう、家計はずっと前から、火の車で、どうにかこうにかやりくりしたり、私がたまにババのお店にお手伝いに行って数千円貰って凌いでいました。

703号室かつくん
チチは一生懸命働いています。けれどお金はすぐになくなってしまう。私たちは、自分達に出来る範囲でやっているから、自己責任だから、お金がかかるのは仕 方ない、そう思っています。無ければ一生懸命働くだけ。私の収入なんて、お米を買ったり、ジュースを買ったりその程度で消えます。だからメインで働くチチ には頭が下がりっぱなし。夫婦でも、とても尊敬しています。本当に大黒柱だから。

でも幾らかけても、助けられない子も居ます。

最愛のかつ、ジロ、幸、が亡くなりました。面倒を見てきた土手の犬達、地域の猫達も病気や事故で亡くなっていきます。ジロと幸が亡くなったばかりなのに昨日は、ずっと餌をあげつづけて来たとっても可愛い存在の野良猫「真っ黒」君も死にました。

死ぬ間際から、少し元気がなくて皮膚が悪いと思って、病院でもらった薬を餌に混ぜ与えてきましたが、昼過ぎにババ(母)から電話が来て、真っ黒が近くで死んでいると教えてくれました。もういやです。もういや。もうたくさん。

生きて欲しいのに、皆死ぬ。
センターで見たあの子達も、皆死ぬ。

チコは、せめてチコだけは、チコだけでも生きて欲しい、そう思って頑張りました。チコを失いたくない、チコに生きて欲しい、チコが私の希望だから。

でも今、そのチコも、失ってしまうかもしれません。

どうして、

どうしてですか。

どうしてへその緒をつけたチコを、その他沢山の乳飲み子達を捨てちゃうの?

どうしてお母さんのおっぱいを飲ませてやらないの?

どうして犬をゴミだと決め付けるの?

どうして。

せめて、せめて、せめてもう少しもう少しおっぱいを飲ませてくれていたら、チコはもっと安定したのに。あと1ヶ月、いや1週間、せめてあと3日、チコにお母さんのおっぱいを飲ませてくれたら、チコはもっと安定したのに。

避妊しろ!!

避妊しろ!!

文明社会で生きるなら、

良識や愛情があるのなら、避妊しろ!!

チコを捨てた人、私の前に出て来て下さい。

出て来て。

出て来てその汚い顔に唾を吐かせて!!!

病院から戻って、私はベベナナリルを見て、ほほを見て、生きるって、生きるって奇跡なんだとつくづく思いました。涙が止まりません。

生きるって奇跡。

自分以外のものが生きているって、とても素晴らしい奇跡なんです。

奇跡は大切にしなくては。

いのちは大切にしなくては。

「知って下さい。知って下さい。生きるって、とても尊いんですよ。とっても。」

スポンサーリンク





ジロ、幸、チコ

ジロが死にました。

小さなお口から、血を沢山吐いて、鼻からも血を出して、肛門からも血を出して、目も開かぬまま逝きました。

その数時間後、今度は幸が逝きました。

駆けつけたユキちゃんみなちゃんが懸命に暖めてくれたのに、苦しそうに口を大きく開けて逝きました。逝く間際、ジロ同様、少し血を吐きました。

とても元気だったのに、名前もちゃんとつけたのに、ジロと幸のお母さん、本当にごめんなさい。助けてやれなくて、死なせてしまってごめんなさい。

死因は不明。

昨日は、病院へ2度も行き、その都度出来る検査をしましたが、体力の限界なのか、はたまた免疫の問題なのか、分かりません。家にはべべナナリリそれからも う一頭生き残っているチコがいるので、パルボなら最悪だから、その検査を昨日の夜中、それから今日の午前中、2度病院で行いました。

パルボは陰性。隔離はしなくて大丈夫との事で、その部分では安心しました。

可愛い3頭の写真を沢山撮ったけど、一枚も今は載せられない。

かつの時の悪夢に支配され、昨夜は一睡も出来ませんでした。
死んだジロと幸は兄妹。
生き残ったチコはその兄弟ではありません。

チコが一番弱かった。
チコはへその緒をつけて、氷のように体が冷たくなって、保護した日に死んでしまうことを覚悟していました。
その一番小さくて弱いチコが、今まだ生きています。

私は何が何でも、チコを守らなければなりません。
それなりに後悔や反省はあるけれど、今はそれを考えるべきではない。
チコを死なせるわけにはいきません。

チコは死神からは守る。

今はあまりお乳を飲めないチコに1時間おきでミルクを与えています。
そして信頼できる病院で、しばらく毎日点滴します。
体温を38度に保てるよう、常に注意を払わなければなりません。
少しでも冷やしてはいけないし、暑くなりすぎてもいけません。

チコはたった230g
まだ生まれて今日で5日経ったか経たないかの犬です。
必死にお母さん犬を探す仕草を見ていると、切なくてたまりません。

チコを逝かせたくない。
ジロ、幸、力が及ばなくて本当にごめんね。

チコの生命力に全てをかけて、子育てを頑張ります。

「チコはセンターで保護した子です。乳飲み子を捨てる位なら、不妊手術を受けさせるべきだと、ぼくは思います。ジロも幸もぼくのそばに来てしまいました。 でも、チコにはぼくの傍に来て欲しくない。コメント返しなどが少し遅れますが、応援してね。チコの容態が安定してもう少し育ったら、ハハが写真をUPす るって。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





X82 ルー

皆さまハハ妹です。

今日は、久しぶりにやってきた(4日ぶり)週末を有効に使うため
銀座のキャッツキャッツ展に行ってまいりました。そちらで、かつくんの絵を描いてくださったAさんと長らく楽しい思い出話や猫を飼うための相談まで、沢山 おしゃべりしてしまい・・・暴走してしまいました。。そちらで、お会いしたリンちゃんママさま楽しくお話していただきありがとうございました。とても素晴 らしい絵ばかりで、Aさんの人柄が滲み出ていました。

お話は変わりますが・・
皆さまに長らくご報告していなかった、Mダックスの「ルー君」ですが・・・実はかなり前に幸せになっておりました。
里親になってくださったS様、ご紹介が遅れてしまったことをこの場でお詫び申し上げます。

というわけで、彼がルー君
クリックすると元のサイズで表示します

はじめはやんちゃで、2~3日は随分泣かされました(w
だって、とっても甘えん坊。

クリックすると元のサイズで表示します

ルー君703にて、おやつの争奪戦!
ハハの自宅にルー&ひなた(当時:ひじき)を暴走させ放題。
ハハはかつくんの病気があったのですが、やはり放っておけないようでした。
ルーは何故かハハ妹よりハハの言うことを聞くのですよ・・・
皆アニマルたちは私を目下に見るのです(笑
クリックすると元のサイズで表示します

胴、少し長いですね・・・とリリ(笑
クリックすると元のサイズで表示します

自分のこと好きな人、嫌いな人全部わかるよぼく。
だから優しくして欲しいのだ

クリックすると元のサイズで表示します

Sさんは、わざわざ遠いところからハハ妹のうちまで愛犬のてんちゃんとお嬢様、旦那様とご家族で見に来て下さいました。
さっぱりとした、とっても優しいご家族で・・・申し分ない優しいご家族です。
皆さま本当に美男美女で、本当は是非見ていただきたいくらいです。

Sさんのご自宅は、とっても素敵で清潔でした!
私の301よりもずっと(笑
お嬢さんもとっても可愛いくて、ルーくんが来るなりニコニコニコニコ・・・
こんなに愛されるなんて、ルーくんとっても幸せなんだね。
先住犬のテンちゃん、ニャンのなっこちゃんもはじめは戸惑ってしまうかな?と
思いましたが・・・皆とてもいい子で、すぐ大丈夫!と確信しました。
何しろSさんはのんびりしていて、素晴らしい人ですので
飼ってるニャンワンもやっぱりのんびり(笑
旦那様も、とっても理解あるお方で・・・理想のご家族です。
私も是非Sさんのような素敵なママになりたいものです(笑

やはり手のかかる子ほど可愛くて、ルー君が恋しくて帰りの車で大泣きしました(笑
本当にルー君は可哀相な過去もあるのに、よく笑う天真爛漫な子です。
イタズラもするけれど、反省(したフリ?)も可愛いのです。
本当にいい人にもらわれて、ほっとしました!

ぜひ、ルーくんの幸せライフをご覧になって下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/sakana_mam:「お天気ママ」

それでは又、いつか会いましょう

「ハハ妹久しぶり。毎日アクセク働いてるから同情ポチをしてくださいギャ」

スポンサーリンク