どうしようかな、どうしようかな?

皆さまこんばんは。もう深夜ですね。

 

 

本日もバタバタでした。幸運なことに午後出先でたまたま「ローズ」の曲を耳にしたのです。

 

 

胸に沁みた。早く帰ってローズの顔が見たくなりました。そしてなぜかべべとナナにも会いたくなりました。べべとナナはいっしょにいるかな?

 

 

抜糸前の写真ですが、ローズを撫でてもあまり怒らなくなったんですよ。

ghapoufrfa (1)

 

 

 

猫はすごい。適応力が高い生き物だとつくづく感心します。

 

 

ローズは怖い思いを重ねながら生きてきた猫なので、たまに怒るのは正常な反応でしょう。ローズがローズの思考に従って生きている証です。

 

 

怒りながらも喉を鳴らすあたりがたまらない。人に心を開こうかな? どうしよかな? 今きっと、そんな風ですよね。

 

 

 

ジャイアンも同じ。ちゅーるをあげながらおさわりができるようになりました♪

ghapoufrfa (2)

 

 

 

ジャイアンも思考中です。どうしようかな。どうしようかな、と。

 

 

 

いっしょうけんめい考えながらジャイアンはジャイアンの歩幅で一歩ずつ歩み寄ってきてくれています。私たちは徐々に距離が縮まっています。奇跡のようにありがたい日々です。

 

 

 

「ふーん よかったですねハハ どうせぼくの話は出てこないんでしょ?」

ghapoufrfa (4)

 

 

 

いいえあさひ。おまいさんの話題もありますよ。昨夜のできごとを語りましょうか? おまいさん、焼き鮭を皿から奪いましたね? 現行犯逮捕されたにも関わらず、とぼけた顔でごまかそうとしてきましたね? その後夜の「ちゅーるタイム」でローズにちゅーるをあげていたら、ローズのちゅーるをクンクン嗅いできましたよね? 自分の分をしっかりと平らげたあとで……

ghapoufrfa (5)

 

 

 

「ハハあの…… ハハはぼくを里子に出す気があってそういう発言をしているのでしょうか? もっとぼくをほめそやすなりしなくていいのでしょうか?」

ghapoufrfa (3)

 

 

 

笑。痛いところを突かれました。まあじゃ、食べることは生きることだから、あさひが元気でいてくれている姿に私が救われているってオチに持っていこうか。

 

 

 

あさひと暮らす方はあさひからエネルギーと癒しの両方をもらえると思います。

 

 

 

若く健康なのがあさひの醍醐味。それ以外の魅力については近日中にぐぐんと迫っていきますね。

 

 

未来の家族に届くよう、がんばらないと。

 

 

家族といえば、先日私は妹とデートを楽しみました。

ghapoufrfa (7)

 

 

 

癒し系の外見とは裏腹に、超辛口の妹に私はいつもやられっぱなしです。

 

 

 

妹の最大の魅力は、「だれにも迷惑をかけずに生きているところ」。私も見習わなければなりませんが、トライしようとすると、これが意外とむずかしいんですよ。

 

 

キツい言い方をされても、つい頷いてしまうのは、常に妹が静かに淡々と社会に適応する努力をつづけているのを知っているからかもしれません。

 

 

私には自慢の妹です。私とは性格がぜんぜんちがうからこそ余計に。

 

 

最後にうれしかったことを。先日お騒がせした白シャツが、ハイターのおかげでこの通り! 数年前に豆さまからプレゼントしていただいたたいせつな一枚です。

ghapoufrfa (6)

 

 

 

干しあがったシャツを前ににっこり。元の白に戻ってくれてありがとう^^

 

 

主婦のささやかな喜びと達成感ですね。

 

 

明日も皆さまにとっていい一日でありますように。

 

 

保護猫たちへのお問い合わせをお待ちしています。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





わたしは抜糸を終えました(ローズ)

なかなかブログに向き合う時間が取れず、ネタばかりが溜まっています。

 

 

本日うれしかったのは

tonnto (6)

 

 

 

出先で安くて新鮮な野菜たちに出会えたこと!

 

 

袋いっぱいに詰め込んでもなんとお値段は1,050円! あまりにも財布にやさしい。低価格の理由を伺ってみると、お兄さんがこう返してきました。

 

 

「え、うちにはこれが適正価格ですが?」

 

 

いいねえ!!

 

 

 

「ハハよかったですね」

tonnto (1)

 

 

 

センターの保護猫あさひ坊。イケてますね。今月中に家族募集サイトへの掲載をめざしています。あー写真をがんばらないとなあ。手足が長くハンサムですよ。

 

 

 

「ぼくは頭が大きいのがじまんです」

tonnto (2)

 

 

 

うらやましい。ジャイアンは脳みそがたっぷり詰まっているんだろうね。保護猫ジャイアンの未来も私の肩に乗っているんだよなあ。命は限りなく重いです。

 

 

 

さて、先日保護猫ローズの抜糸へ行ってきました。

 

 

 

「やだーーー」

tonnto (3)

 

 

 

中島先生糸をチョキチョキ

tonnto (4)

 

 

 

病理検査の結果も出て、腫瘍はすべて確実に取り除けたことが明らかになりました。加えてローズは血液検査の結果がとてもいいので、言い方が適切かはわかりませんが、「ふつうの片目の猫」として考えていただければまちがいないです。

tonnto (5)

 

 

 

「みなさんわたしをこわがらないでね」

tonnto (7)

 

 

 

ちょこまかちょこまか。ちょこまかちょこまか……

 

 

短い手足でリビングをせわしなく走りまわるローズの姿を見て、さっき思いっきり泣きました。理由は不明ですが、私にとっていい涙だった気がします。

 

 

何ごとも見る角度で変わってくる。ローズがそう教えてくれたのです。

 

 

あさひもジャイアンも格別な存在ですが、ローズはなんていうんだろう。

 

 

別次元にいます。

 

 

生きるって、ほんとうに苦楽の塊ですね。

 

 

たまに自分が不感症だったらいいのになあと切実にねがうことすらあります。

 

 

今、私がもっとも欲しているのは保護猫たちの「良縁」。

 

 

この1日でいろんなことが起きました。

 

 

できごととできごとの合間を縫いながらやっと深夜を迎えています。ブログを書こうかやめようか迷ったのですが、だれかひとりでいいから、だれかの目にもしかすると、あさひやジャイアンやローズが留まるかもしれない。その希望を胸にキーボードを叩いています。

 

 

私のスターたちに心を寄せてくださる方が必ずいると信じることで、私は息をしていられるのです。いい猫たちばかりです。アピール不足で申し訳ありません。

 

 

明日が皆さまにとっていい一日でありますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ローズとあさひからのアピールをあなたに

「私はローズ 703号室の保護猫です

週明けわたしは抜糸に連れていってもらうよ チクチクが消えたら気持ちがよくなるかな? ちょっとはかわいくなれるかな? 片目をなくしてしまったの

わたしは片目だけしか見えないです でも毎日生きています 好き勝手やってます 感じるままに生きていきます わたしの一生をわたしは存分に生きます

わたしをもし憐れに思うならそんな風にわたしを見ないでね わたしは片目を失った憐れな猫ではなく 病気に打ち勝ったつよい猫です わたしは折れないの ジャイアンに叩かれても叩かれても わたしは餌場をゆずらなかった ジャイアンに食べ物を奪われても奪われても わたしはそこでじっとこらえて ジャイアンが消えるのを静かに待った そして残り物を食べながら命を繋いできたのよ

こんなわたしは皆さんの目にどう映るでしょうか? イケてますかね?

わたしと暮らしたい人はいませんか? わたしと幸せを分けちあいませんか?」

IMG_1895

 

 

 

 

「ぼくは保護猫あさひ だれとでもそつなく暮らせる気のいいやつです クラスにいるでしょ? 健康で人気者のハンサムが それ703号室でのぼくの立ち位置

ちなみにお話しておきますが ぼくはまあまあ客観的に物事を見れています

わが家にはそもそもナルシストがひとりしかいないのは皆さまおわかりですね?

まあそのナルシストのおかげでぼくらは日々自由に暮らしているのでこれ以上の言及は差し控えたい立場です ナルシストハハにぼくの未来を任せてしまおうと目論んでいるのですが 果たしてハハにその力があるのでしょうか?

実際のところぼくはハハのこれまでの活動をよく知りません 当然不安もあります でも連れてこられた以上 ぼくはぼくなりに信じ この場に溶け込むのが賢明だと判断しました ぼくって頭いいんですよ そして逃げ足は速いほうです

だれか指を咥えているだけでなく ぼくの里親に立候補してはいかがですか?

損は決してさせません あ もう一度つけ加えますが ぼくはナルシストではありません ただぼくには 人を幸せにす能力があるというだけの話です」

IMG_1867

 

 

 

保護猫あさひ、保護猫ローズは終の棲家を求めています。

 

 

あと1頭のキャパがある方はどうぞ助けてください。切実なお願いです。

 

 

よろしくお願いします。ペコリ。

 

 

 

スポンサーリンク





Chikakoさんちへ

GW皆さまいかがお過ごしですか? 私は超貝になりたい日々を送っています。

IMG_1868

 

 

 

昨日は家事に勤しみました。かなりがんばったほうです。洗濯物にいたっては通常クリーニングにお願いするレベルの服まで自分で洗い、色移りをさせてしまい、ハイターに漬け、白かったはずのブラウスを白に戻す作業のついでにミクロの汚れとも徹底的に戦いました!

 

 

 

「ハハ~ 現実逃避の一種じゃないんですか?」  「まちがいないな」

IMG_1871

 

 

 

確かにあさひの言うとおり。でも家じゅうがスッキリして気持ちいいでしょ?

 

 

 

さて、本日は楽しかった女子会の様子をお送りします。

IMG_1708

 

 

 

卒業生リリの里親chikakoさん宅にて開催。参加メンバーはchikakoさん(右)

IMG_1774

 

 

 

みいさん

IMG_1695

 

 

 

マイ太郎さん

IMG_1724

 

 

 

すももの里親あっティーさん

IMG_1770

 

 

 

(リリの父猫)ポテチの里親きーやんさん

IMG_1771

 

 

 

保護猫2匹と暮らすゆちゃん

IMG_1775

 

 

 

そしてゆちゃんと服の色が被った私の7人と

IMG_1698

 

 

 

ホスト猫レオじい(唯一の男子だ!)

IMG_1728

 

 

 

隠れてばかりのリリの総勢9名!

IMG_1741

 

 

 

大勢集まるとみんな気を遣い合い「おみやげ合戦」になります。そこで仕切り屋の私からの提案で「ひとり一品持ち込みプラン」にさせてもらいました。

IMG_1754

 

 

 

マイ太郎さんに私がリクエストしたのはチリコンカン。なんと給食レベルの量を作ってきてくれました(笑)。タッパ持参で伺った私は大量にお持ち帰り。マイねーありがとうございます。手づくりピクルスはchikakoさん、きーやんさんはお惣菜系、みいさんはおまんじゅう、おばあちゃんっぽい料理(名前なんだっけなあ?)はいちばん若いゆちゃんがキッチンで焼いてくれました。

IMG_1742

 

 

 

ちなみに私はデパートで買ったチーズケーキを持って行っただけです^^;

IMG_1702

 

 

 

無精で不器用なの。ごめんなさい。

 

 

 

中でもいちばん目を引いたのはあっティーさんのこれ!!

IMG_1753

 

 

 

みんな唖然……

IMG_1776

 

 

 

パンでできた猫の顔の蓋を開けると、サンドイッチがずっしり詰まっていました。

IMG_1760

 

 

 

見てこのデカさ。尋常じゃないですよ。

IMG_1670

 

 

 

こりゃもう写真パチパチ撮るしかないでしょう。猫パンが主役ですね。

IMG_1750

 

 

 

それにしてもレオじいはおりこうだなあ。さすがフランス生まれのお紳士

IMG_1751

 

 

 

テーブルセッティングを邪魔しないのがすごい。

IMG_1714

 

 

 

まあ、じゃっかん興味を示してはいましたけど……

IMG_1717

 

 

 

「嗅いでいるだけですから」

IMG_1746

 

 

 

chikakoさん自慢のお子ですね。

IMG_1687

 

 

 

いっぽう内弁慶のリリはお決まりのソファ下への籠城

IMG_1721

 

 

 

みんなリリを一目拝もうと必死です。

IMG_1664

 

 

 

マイねー、いい写真お願いしますね~♪

IMG_1653

 

 

 

「あー 撮られちゃったか……」

IMG_1718

 

 

 

リリは隠れるタイプなので、そっとしておくことに。中年女性(みなさん失礼)7名はレオじいを交えランチ&お茶&談笑を満喫です。

IMG_1648

 

 

 

はじめまして同士も多いのに、みんなごくふつう……。

IMG_1773

 

 

 

「話が尽きることはないのですね」

IMG_1651

 

 

 

レオくんそうなの。ごめんなさいね。私口から先に生まれてきたもんですから。

 

 

 

「いつになったら帰るのかしら?」

IMG_1674

 

 

 

リリ、まだしばらくはいると思う。

 

 

 

リリがキッチンで悪さをしないよう新たに取りつけられていた柵

IMG_1704

 

 

 

オーダーしてから3か月待ったそうです。肉球の取っ手がキュート♥

IMG_1705

 

 

 

明るいうちにセルフタイマーで集合写真

IMG_1762

 

 

 

企画してくれたchikakoさんに感謝感謝です。

IMG_1710

 

 

 

解散間際にゆちゃんに肩ツンされ振り向くと、ごく自然に「はい」と手渡されました。え? なんだろ? えええ? ナナだ!! ナナが笑ってる!!

IMG_1679

 

 

 

特殊塗装関連のバリキャリのゆちゃんが描いてくれたナナですよ。最高!

IMG_1677

 

 

 

ほんとうにうれしいサプライズプレゼントでした。ゆちゃんありがとう。

 

 

今度街に出る機会があったら、この絵に合う額を買って飾ります。

 

 

 

そして私からのリクエストに応えてくれたあっティーさんによる「ローズ」も♪

 

 

 

chikakoさんも1曲

 

 

あっティーさんもさらに1曲

 

 

 

「あっティーさんありがとう」

IMG_1863

 

 

 

感動の演奏!! みなさんのおかげでたいへん有意義な一日を過ごすことができました。猫が結んでくれた素晴らしいご縁だから、猫たちにもありがとう。

 

 

私個人の感覚ですが、薄汚れた路上よりは室内で安全に暮らしていける猫が増えるほうが見ていて安心できます。自分がめざすよりよい社会にたった一歩でも近づけるよう、これからも休み休み、でもよいしょと起き上がってはまた必ず歩きつづけたいです。

 

 

大河の一滴でもハチドリのひとしずくでもいいんです。一握り、いやひとつぶの砂でもいいんです。なにもできないよりは。ゼロよりは。

 

 

レオくん、リリ、お騒がせしました。のんびり生きていってね。

IMG_1761

 

 

 

※写真はみんなでごちゃまぜ提供。ごちゃまぜシェア!

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





エチケット

めいちゃんとちび太くんのママさんから母の日のプレゼント、スタイリッシュなナナのフォトフレーム、ローズへの応援とお手紙が届きました。

ee (5)

 

 

 

紹介が遅くなってごめんなさい。ほかにもすでに使ったり食べたりしてしまったので残念ながら写真がないのですが、木下様やよっちゃまからも介護グッズやお菓子をプレゼントしていただきました。皆さまどうもありがとうございました。

 

 

在りし日のナナからも「サンキュウ♥」を!

IMG_0680

 

 

 

ここ数か月で3つほど楽しい女子会に参加しましたが、時間に余裕があるときにおいおい勝手に自慢させていただきます。うちのお子たちは元気にしています。

ee (2)

 

 

 

代表してほほに登場してもらいましょう! まんまるに太ってしまいました^^; 次の通院までに体重をちょい落とさないとダメですね。

ee (3)

 

 

 

おねだりがすごいのでついついあげてしまうのです。これを夫婦でやっているからダメなんだと思います。自制心、だいじですね。がんばらないと……。

 

 

 

保護猫百香のトライアルは続行中! しばらくゆったりと見守ります。

ee (4)

 

 

 

さて、保護猫ローズは間もなく抜糸をします。

ee (6)

 

 

 

目の糸に違和感があるようで、手術前より警戒心が強くなりました。

 

 

 

ですがローズはほんとうにやさしい猫です。怖い思いばかりさせてしまったのでたまに怒りますが、撫でつづけると必ずゴロゴロ喉を鳴らすのです。

 

 

 

ね? 聞こえるでしょ? ローズのゴロゴロ音……

 

 

 

リビングでくつろぐ姿を眺めては感慨に耽っています。

ee (7)

 

 

 

私はよく会ったこともない方から一方的に嫌われます。はじめはいちいち傷つき、悲しみ、自分のメンタルに悪影響を感じていました。いちおう人間だし。

 

 

しかし回数を重ねると次第に慣れていくのです。私はドMかもしれません。一方で、攻めたりもしますよ。SとMの両刀でいけます。生身で生きていますから。

 

 

人同士の肌が合う合わないはしょうがない。避けようのない問題です。

 

 

ひがみ合いや憎しみ合いもあるでしょう。

 

 

私が息を吸って吐いただけで許せないと思う方もいるはずです。

 

 

(まあ私の存在などさらさら眼中にすらない人も多いでしょう)

 

 

しかし私は人の声に耳を傾けないタイプではありません。

 

 

私はたとえ考え方が私とはちがうとしても、向こうが正しい、あるいは新たな発見をさせてくれる方の話であれば、頭を垂れいつでも教えを乞いたいです。

 

 

どこかは柔軟じゃないと生きづらいですし、発展しないじゃないですか?

 

 

ただほしいのは「軸のある」「建設的で」「生産的で」「端的な」意見です。

 

 

それ以外はやっぱり生理的に受けつけないんですよね。感情よりも理性が勝る年頃に差しかかっているものですから。卑猥なコメントや商業用のコメント以外は、すべて公開しています。自分に不都合なコメントも含めてです。

 

 

けれど「私への不快さ」をコメントするときに、ほんのり考えてみてください。

 

 

自分の意見が、相手(私)に響くかどうかを。なにに繋がるのかを。

 

 

私もさまざまな失敗を重ね、それが最低限のエチケットだと思うに至りました。

 

 

以上、本日も家事を済ませ、誰でも純文学の作家になれた気分を味わえる場所からお送りしました。チチが在宅で仕事をしているので、お子たちのお世話は大丈夫。その辺は夫婦でしっかりと力を合わせていますのでご安心ください。

ee (1)

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク