NANA2 模索


昨日の続きです。土手での約5年間をまとめるのが難しいため、少し長くなってしまったり、話がそれたりすることがあると思いますが、どうかご勘弁を。

マルコさんから紹介されたIさんKさんと一緒に、残りの6頭の子犬に会いに行きました。リュウがいた場所からは車で約10分。6頭がいたのは土手の中でも 最も閉鎖的で隔離された場所。驚くことにそこでは、カラスやウコッケイ、それに子猫や成猫も異様な形で多数飼育されていました。行く度にカラスに襲われる ので、軍手・厚着・毛糸の帽子は必需品でした。リュウの兄妹たちは皆リュウにそっくりでしたが、リュウより栄養状態が悪く、汚れていて、みすぼらしい感じ でした。

そこに居た一番偉そうな男(仮にドンと呼びます)に話かけることにしました。私達の目的は、子犬の保護。それが難しい場合には、食料・医療の支援をさせてもらう、そして2頭のメス犬の不妊手術の約束を取り付けることでした。

「こんなにいたんじゃ、お世話が大変でしょう。もし良ければ、子犬をこちらに引き渡してもらえませんか? 大切にしてくれる方を探しますから」
「ダメだ」
ドンの一蹴。

「では、蚊に刺されると病気になるので、それを予防する薬(フィラリア予防薬)を飲ませても構いませんか?」
「必要ない」
「ならせめて、メスたちがもう少し大きくなったら不妊手術をさせて欲しいのですが……」
「必要ない。帰れ」

ドンは体格の良い男性で、年齢は50代前半。彼だけはホームレスではありません。アパートに住んでいます。土手のホームレスたちを統括し、彼らを使い、何 か仕事?をさせていました。ドンはボスとして土手に君臨し、殆どの時間を彼に忠実なホームレスたちと一緒に過ごしていました。無論、6頭の子犬達もドンの 支配下にいたのです。

何を申し入れても「ダメだ」。
何度通っても「ダメだ」。

私達は完全に行き詰っていました。
いつも見張り番が居るので、勝手に薬を飲ませるわけにはいかず、又、手渡しても、目の前で捨てられたりするのです。薬は1つ900円。何度も捨てられて、虚しく帰りました。

「あいつさえ居なければ……」
正直、私はいつもそう思っていました。

6頭の子犬の食料は、パンの耳。殆どそれだけを食べて生きていました。そして成長すると、短い鎖で繋がれるようになり、閉鎖社会で感じるストレスと恐怖から、狂犬のようにけたたましく外部の私達を威嚇するようになりました。とても近づける状態ではありませんでした。

ホームレスたちが揃って言います。
「ドンさんはよく犬達を殴った。メチャクチャに殴られたからみんなあんなに凶暴で手に負えなくなったんだ」と。

事が動いたのは、それから1年半後。恐れていた結果になりました。
6頭の子犬達は成犬となり、そのうちの1頭のメスが4頭の子犬を産んだのです。母親になったメス犬の名は、タカコ。ナナの姉妹です。しぶとく定期的に通っていた私達は愕然としました。

タカコの所へ行くと、まずナナが凄い勢いで私達に吠えかかります。
命懸けで向かってきます。繋がっている紐がもし、切れてしまったら間違いなく大怪我でしょう。特に子犬を抱き上げようとするともう大変。ナナの子ではないのに(笑)、
母犬タカコと一緒に、必死で子犬を守っていました。痛々しいくらいの“死守”。

ナナは当時、ナオコと呼ばれていました。由来を聞くと恐ろしい答え。
「キクチナオコ(オウム真理教の手配者)だ」
他のオスは、ゴクドウ、コロン(これは普通?)アオヤマ(オウム真理教の弁護士)、ジョウユウ(分かりますよね?)……これが、天使達付けられた名前でした。

ある日、町で偶然会ったドンが、珍しく上機嫌で私に話しかけてきました。
「おい、きれいな方のナオコやるよ。日を改めて迎えに来な」
きれいとは、顔がきれいという意味ではありません。ナオコとタカコは双子のように似ていたけれど、タカコは汚い方。妊娠してお産した方を汚い方、オス犬と交尾をしていないナオコをきれいな方と呼び分けていたのです。

何故今頃ナオコをくれるの?
きっと子犬が沢山生まれたからナオコが邪魔になったのね。ナオコはメスだから、くれると言ったらもらっておいたほうがいいに決まってる。そう思いました が、当時は狭い賃貸アパートでフルタイム勤務。予想もつかないこの狂犬が我が家にやってくるのか……。正直、ちょっと考えてしまいました。でも、迷ってる 暇はありません。早速、部屋中を発砲スチロールで覆い(防音のため)特大のケージを注文し、床にビニールシートを敷き詰めました。

1頭でもあそこから出さなくては!
そう思ってIさん、Kさん、ハハ妹と一緒にナオコを迎えに行った日、興奮したナオコにIさんが噛まれ、手から出血したのを見て、ぞっとしました。

「え?この子が今からうちに来るの?」
ハハ妹と目を合わせながら不安を感じました。

これがナナと暮らすようになったいきさつです。
我が家に来たのは今から3年前の11月7日。イイナナの日です(笑)。

それから間もなく、タカコが死にました。ナナにそっくりだったタカコは、栄養失調で死にました。そしてこの世に残した4頭の天使達のうち、1頭も死にまし た。その後すぐ、ナナの兄、アオヤマ・ジョウユウも火に焼かれて死にました。生き残った3頭の子犬のうち、1頭はKさんがドンに懇願した末譲り受け、里子 に出しました。外飼いではありますが、土手より遥かに良い環境で暮らしています。

土手には2頭が残りました。ナナの甥と姪です。

タロウ(今尚懸命に生きる甥 3歳)


リル(姪 極度のストレスで精神が少し病んでしまいましたが、今も元気です)


不妊手術済み。703に迎え入れる手立てを考えています。

小さかった頃の6兄弟(ナナは小さく写ってますが、確認できないと思います)


6頭の甘えん坊でした。


そして今日のナナ


“理不尽”を小さな体に背負わされても、この子達は懸命に生きていました。今日を生き延びた犬だけ が、明日生きることを許される。台風による水害、虐待、火事。リュウも燃える小屋を自力で抜け出し、紐を噛み千切って逃げた過去を持っています。そして、 今年も土手が大きく燃えました。でも、急いで救出に向かったので、今回は1頭も死んでいません。彼らを必ず守れるとは言えません。何故なら、もう何頭も 失ってきたからです。それでも、私はこれからも自分のベストを尽くしていきます。彼らが生まれてきた意味を無駄にはしません。

この文章を、アオヤマ・ジョウユウ、そしてタカコと生まれてすぐに死んでしまった名もない彼女の子犬に捧げます。短い生涯を必死で生きていたことを忘れません。

次回は、ナナと歩んだ3年間を書こうかな。

ドンは今年、心臓発作で突然この世を去りました。

土手の犬たちは以前より少し良い状況になりました。

スポンサーリンク





コメントを残す




*