ぼくたちのその後(無常は空虚なり)


「みなさま、こんばんは。ぼくはぼちぼちやっています。703号室はこの数日でいろんなことが起きました。聞いてください。ぼくたちのマドンナ(七色ちゃん)が嫁に行ったのです。マドンナの姿を見失ったぼくはショックで食欲が減退し、さぶ兄は結膜炎が治りません」

abcd (3)

 

 

「無常はときに空虚だな……」

abcd (2)

 

 

「なによ!」

IMG_1239

 

 

「シャー! わたしがいるだろが!」

IMG_1238

 

 

「あ~あ。すずらんさんはお決まりの表情ですね。世の中のいったいどんなところがそんなに気に入らないというのですか? ぼくを少しは見習ってください。ぼくは長い物にはグルグル巻かれろ、の精神で生き延びてきたのですよ。わかりますか? キライなシリンジごはんも食べさせられているし、毎日首の後ろにプスプス針を刺されて皮下点滴をさせられているのです。反抗してもムダなので、ぼくは無の極致に住むことにしました。“諦めは明らめ”、というじゃありませんか……」

abcd (4)

 

 

「華やかだった我が家が枯れ気味になってしまわないよう、さぶ兄が一肌脱ぐそうです。もしよろしければナルシストのおれおれぶりを見てやってくださいね。ぼくにはまねできませんから」

abcd (5)

 

 

「なあなあ」

abcd (6)

 

 

「おれが好きか?」

abcd (7)

 

 

「今、“抱きしめたい”、と思ったか?」

abcd (1)

 

 

703号室一同は全身全霊で保護猫七色の明るい未来を祈っています。がんばれ!

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す