Run1 クロン


皆さまこんばんは。今日は半オフモードでした。家でボーと写真の整理をしていたらなんとなくはかどって。予定より少し早いですが、シャロンあらため「クロン」の卒業記事をUPします。

nare

 

里親さん(ご主人)が姓名判断までしてつけてくださった新しい名。黒猫の「クロ」にシャロンの「ロン」を残してくださったのです。いそうでいないいいお名前ですね。

fhav

 

まずはじめに、クロンの縁結びのきっかけとなったにゃん太さんに感謝です。

にゃん太さんは個人で活動している私にニャンニャンBOXを通じて支援してくださいました。そして我が家の保護猫たちの家族募集記事をご自身のブログやfecebookに転載してくださっています。物質的な支援はもちろんありがたいですが里親探しの可能性を広げる「転載」の応援も心に沁みます。

話せば長くなりますが、経緯をかいつまんでご説明すると

にゃん太さんがご自身のfacebookに「ビーナス」の家族募集の記事を転載

→記事を見たにゃん太さんのfacebook友だちが、黒猫と暮らすことを希望しているご友人にビーナスの記事を紹介

→紹介されたご友人がビーナスの記事を読み、保護主の私へ直接正式にお問い合わせ

→お話を重ねるうちに、猫の性格面などから、ビーナスよりもクロン(シャロン)の方が適しているのではないかと思いなおし、クロンをお願いする運びとなりました。

 

(手前:クロン 奥:ビーナス)

syaro1

 

読んでいるだけで混乱してきそうですか?(笑)

イレギュラーなこともありましたが、すばらしいご縁です。にゃん太さん、ありがとう!

そして一緒に走ってくれた、megさんにもありがとうを!

ao

 

megさんはクロンの命のリレーの第一走者です。近所に突如現れたクロンを保護し医療ケアを済ませてくれました。不妊手術を経てリリースするにはあまりにも若くか細いクロンに胸を痛め悩まれたと思います。我が家がクロンの家族探しに立候補したのは、ひとえに私がmegさんの「日頃の行動」を尊敬しているから。ゴージャスな外見とは裏腹の肝の据わった根性ある方です。

現にクロンの卒業の日は、ご夫婦で仕事を早々に切り上げおつきあいくださいました。

クロンに一目会いたいと。

当日の様子です↓

tomoa

 

クロンを車に載せた私は、都内でご主人をピックアップし、高速道路のサービスエリアでmegさんと合流。里親さんの快諾を得て3人でクロンの新居へ。

お届け後、待ち合わせたサービスエリアまで戻り軽く食事してからお別れしたのです。仕事が休みだった私とはちがい、おふたりは大変だったでしょう。でも、本当に楽しそうで^^

megさんラスクありがとうございました。

tomoa (2)

 

こうして“ひとつの譲渡”を整理してみると、命の重みを感じます。

まあ、感じ方は人それぞれ。結局自分次第なんですよね。

軽んじるも、重んじるも。

fafa (2)

 

話は少し戻るのですが、お見合いの日、実はクロンを置いて来ようと思ったのです。

猫と暮らす里親さんちはなんでも揃っているし、度重なる移動もかわいそうかなと。

お見合いの日の写真↓

IMG_9481IMG_9480

 

でも私は、唐突な自分の発案に自分の頭がついていけなかったのと(笑)、megさんはじめ皆さまにご報告したかったのと、脱走防止柵の完成を待ってからお届けしたかったので、迷った挙句、やっぱりいったん連れて帰ることに。

そのとき、里親さんとこんな会話を交わしました。

「日を改めてお届けいたします。それまでシャロンを大切にお預かりしますね」

「はい。よろしくお願いします」

 

“大切にお預かりします”

この言葉を発した瞬間……なぜか私はクロンの命の重みをひしひしと感じ、感じすぎて全身が汗ばみました。重かったクロンの命が、ますます重厚感を帯びた気がしたのです。

正直、少し怖くなりました。自分の言葉なのに。

もしかすると、ご縁が決まったからかもしれません。

お見合いの日を境に、我が家の保護猫から、里親家の大事なお嬢さまに変わるのですから。

いずれにせよ、重き命を抱く私は、背筋を正さなければなりません。

そんなわけで、お届けまでかなりの緊張感を持ちつづけました。

今は無事に済んでほっとしています。こうして皆さまに吉報をご報告できることがうれしいです。

fha

 

次回はクロンのご家族を紹介します。お楽しみに^^

(※クロンの写真はすべて猫撮る氏撮影)

 

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • meg

    ハハさん、素晴らしいご縁を結んでくださり本当にありがとうございました。
    ひとつも心配な事はなかったですが、クロン嬢となった記念すべき日にご一緒させていただき、感動で胸いっぱいの最高の一日を迎えられました。
    心から感謝しています。

    「大切にお預かりします」
    MIHOさんと同じく、私も里親の立場でハハさんにその言葉を頂いたときにジーンと胸が熱くなった時のことを思い出しました。

    クロン嬢のお届け記事のお写真を数枚拝借いたしました。

    • anny703

      megさん
      いろいろお疲れさまでした。そしてありがとうございます。クロンが幸せな家族の一員として迎えられたのはmegさんの愛あってこそのことだと思うのです。
      本当にまっすぐでかわいいクロンに里親さんもベタ惚れの様子ですし^^
      一緒にお届けに行って下さり、心強かったです。ワイワイ楽しく行けていい思い出にもなりました。
      いつもありがとうございます。
      PS運転が怖くてすみませんでした。特に首都高に乗る前から私の助手席に乗ってくれたパパさんには心から謝りたいです(爆)。

  • MIHO

    ほんと、記事早っ!笑
    クロンちゃん!
    とっても良いお名前だね^^
    ひとつの小さな命に、沢山の
    お心ある方々が携わって
    最高のご縁を得たんだなぁと
    改めて思いました。
    「大切にお預かりします」の言葉の重さ
    逆の立場ですごく分る。
    逆の、里親の立場ね。
    私もみいさんがきなこの里親が決まった記事で
    きなこを「大切にお預かりします」とあって
    ああ、家の子になるんだなぁ、と実感したのを
    しみじみ思い出したよ~
    パート2記事も楽しみにしてまーす^^

    • anny703

      MIHOさん
      そうだったんだ。みいさんの記事ね。
      確かに両方にとって緊張の入り混じる瞬間だよね譲渡は。いい加減な気持ち同士じゃないからお互いに命を前に足がすくむ感覚だし。
      でも無事にお届けできて、その後里親さんからも近況などをいただいて本当によかったと思ってる。
      MIHOさんもクロンに会ってくれてありがとうね。お土産も少し渡したよ。
      ずっと幸せでいてくれるといいなあ^^

コメントを残す




*