サクのご縁が決まりました


お茶会の朝、小宮さんから美しいお花が届きました。よし、これをテーブルに飾ろ。

ie

 

 

 

延期にさせてもらっていたお茶会をこれ以上のばすわけにはいかない。

 

 

だけど今回は、今回だけは、自信が持てなかったのです。

 

 

ほかの頭と体を借りてでも、私は成し遂げなければなりません。サクのためじゃない。サクのためじゃなくて、私の片側のエンジンをふかすべき時なんです。

ie (1)

 

 

 

結果じゃなくて、重要なのは結果じゃないんです。

 

 

私のポリシーを、私は重んじなければ生きていけません。

 

 

そうしなければ、私は生きている意味を見出すことのできない人間です。大げさだと笑われるかもしれませんが事実です。

 

 

 

サクは激しく人見知りします。最近多少軟化してきたとはいえ、知らない方はサクにとって異物以外の何物でもありません。こういうタイプの保護猫は多くいました。

 

 

希望者さんはがっかりしたりします。

 

 

「私たちは嫌われたのでしょうか」と。

 

 

そこで私は、事前に重ね重ね説明をするのです。どうして人見知りをするのか、どういう環境で保護したのか、いわば先に言い訳をたくさんしておきます。

 

 

けれどその作業が今はどうしても難しく、実はパソコンをほとんど開いていません。

 

 

サクのフォローができない。

 

 

もう、ありのままでいい。

 

 

私にしてはめずらしく、なげやりとも取れかねない心向きで、いや、決して下を向いてはいないのですが、なんていうか、お茶会のごあいさつ「こんにちは。田辺です。本日はよろしくお願いします」だけで精いっぱいで、私は何度もその一語を反芻しながら希望者さんを迎えました。その先は考えていませんでした。

 

 

 

「ありのままのぼくでいいの?」

ie (7)

 

 

 

おみやげを手にご夫婦がいらっしゃいました。

ie (4)

 

 

 

「ぼくにおやつをくれるの? ぼくこれ大好きだよ」

ie (6)

 

 

 

サクにおやつを食べさせるご夫婦の動画 ↓

 

 

 

「あの ぼくケージから出て遠くへ隠れてもいい?」

ie (5)

 

 

 

いいよ。行きたいところへ行ってごらん。

 

 

ご自宅の様子をiPadに撮り、持参してくれました。ご夫婦には2匹の愛猫がいたのですが、最近うちの1匹を亡くしたのです。亡くなったホイミちゃんは前片足切断のハンデを乗り越え、愛の中で旅立ちました。だから私たちは呼応したんです。魂で。

 

 

そしてこの素敵なご夫婦を紹介してくれたのは、8年前に私が強烈な多頭飼育現場から連れ帰ったあじさいという猫の里親さんでした。あじさいママさんありがとう。

 

 

当時の記事はこちら→「フックたちのこれまで/幸せの703号室」

 

 

サクに会いに来てくれたご夫婦は、私が保護したあじさいという猫のママさんの保護猫2匹を引き取って暮らしていました。つまり里親さんの里親さんです。

 

 

 

TVの裏に逃げるサクをニコニコしながら眺めるおふたり

ie (3)

 

 

 

「あ、足が見えた」

 

「お、少し顔が見えた」

 

「ふふ」

 

「かわいいね」

 

 

終盤、私はおふたりに伺ってみました。

 

 

「サクのままでいいですか?」

 

 

おふたりはお互いの顔を見合わせながら「ぜんぜんいいよね♪」と声を揃えました。

 

 

先住猫ハピリちゃんがいるので、まだ100%必ずうまくいくとは言えないかもしれませんが、私は感謝と希望を胸に、サクを送り届けます。

 

 

応援してくださった皆さま、ありがとうございました。

 

 

皆さまにいいことばかりが起きますように。

 

 

いつも接待で忙しかったべべ公のかわりに末娘リルがほんのり営業しました。

 

 

リルありがとう。お疲れさま。

ie (2)

 

 

 

 

スポンサーリンク





10件のコメント

  • チャトミラブ

    サクちゃん!!そうだったんですね。おめでとうございます!
    ハハさん、本当に大変でお辛い中、本当におめでとうございます!
    若猫なのに懐の大きい優しさと、可愛すぎる魅力のサクちゃん。ありのままのサクちゃんを受け入れてくださる家族が何よりではないでしょうか!
    最近、寂しさと辛さから過去の写真を猛烈に見まくっているんですが、その流れで、過去の人見知りを脱却した保護猫の写真を久しぶりに見て、長い間触れなかった保護猫がスリスリちゃんに豹変した時の喜びを思い出しました。もちろん、サクちゃんのペースでかつなるべく早く慣れたら嬉しいでしょうけど、人見知りする猫がある日突然距離を縮め、それから懐いてくれる、その感動ったら他に無いと思います。その喜びを、ご家族はこんな可愛いサクちゃんからきっともらえる訳ですね。
    素のまま、ありのまま温かく見守ってくださる雰囲気を感じて胸が温かくなりました。
    これから楽しみですね♡

    ハハさん、まだまだお辛いと思いますし、願いが叶ったお別れだったとしても、もちろん他の子の事もあるし大事だし、実際これまで通りケアも愛情もバッチリだとしても、現実にはやっぱり耐え難いのも事実だと思います。私もそうです。どうか無理に元気を出そうと頑張らないで下さい、と言いたいです。

    サクちゃんの幸せが約束されて、ハハさんが安心と喜びを感じられるようなご縁で本当に良かったです!

    • anny703

      チャトミさん
      読みましたとてもうれしいメッセージです。ありがとう。サクは幸せになります。絶対に。

  • サクくん、おめでとう~!
    ありのままのサクくんを受け入れて貰って良かった。

    (前記事にコメントしそびれてしまいました)
    ハハさん、お願いですからあまり飲み過ぎないように。
    (心配で、心配で)

    • anny703

      POKOさん
      ご心配をおかけしてごめんなさい。もう飲んでません。薬を飲んでいます。
      サクのありのまま、でいいそうです。

  • hananan

    おめでとうございます。
    素敵なパパとママと巡り会えてサクくん幸せですね。
    どうかハピリちゃんと仲良くなりますように。

    • anny703

      hanananさま
      仲良くなれると思います。お祝いのコメントとてもうれしいです。

  • asuka

    初めてコメントします。
    サクくんのファンとして、一緒に過ごしたかった心もあったのですが、お茶会を頑張ってくださったアンニイ様、またサクくんをそのまま受け入れてくださった里親様に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
    きっとサクくん幸せですね。嬉しいです。

    • anny703

      asukaさま
      桜ママですよね? 違っていたらごめんなさい。
      ありがとうございます。サクのことを気にかけてくださったお心に深く感謝します。

  • うさねこ

    ハハさま、お茶会お疲れさまでした。
    サクくんのご縁が結ばれて良かったです。
    サクくんが新しいお家でさらに幸せに暮らせますよう願っています。

    • anny703

      うさねこさま
      さらに幸せに暮らせると思います。そういうお宅です。しっかり拝見しました。お宅も里親さんの心も。

コメントを残す




*