フレンドリーキャット


フックと同じ家から保護したリリーの里親さんが決まりました。みいさん、お疲れさまでした♪ お届けには私も一緒に行きます。私とみいさん、新幹線に乗ってリリーを届けてきますから! 距離はかなりありますが、幸せになること間違いなしのお宅です。

リリー、おめでとう♪

昨夜は眠れず、明け方チチとフックの部屋へお邪魔しました。
クリックすると元のサイズで表示します

見てください↓ フックはこういう猫なんです。
クリックすると元のサイズで表示します

愛しいでしょ? 守ってあげたくなるでしょ? フック、お前って子は!!
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、チチとフックが寝ている部屋は窓を閉め切ってエアコンをドライにしているんですが、耐えがたい「部活臭」が漂っていました。チチ、ボクシングを 始めてから、汗臭さが倍増しました(爆)。写真を撮ってすぐに退散しましたよ。臭いから^^; 今、チチが使用した布団を干してます(笑)。フックは気に ならないのかな~?

フックの家族募集が始まりました。フックの体調が悪かったため、他の子たちより出遅れてしまったのですが、良いご縁があると信じて頑張ります。私が考える良いご縁って、少し偏っているように思われるかもしれないけれどね。

数年前に、私があるお宅に里子に出した黒猫のオスが2歳でこの世を去りました。
里親さんのお宅のトイレの窓から脱走して、車に轢かれたのか? 内臓破裂を起こし、それでもなかなか死に切れず、半日間もがき苦しんだ末、死んでしまった のです。私は里親さんを恨んではいないし、そもそもそのお宅に猫をお渡ししたのは私だし、事故として受け止めることにしましたが、悲しくてたまりませんで した。以後、保護猫の希望者さんには重ね重ね脱走の危険性をお話しさせて頂くようにしています。

だって、事故って人間側の心がけ次第で防げるものでしょ?

里親さん方は、私の気持ちを理解してくださるファミリーばかり。脱走には十分に気をつけてくださっているので安心です。703号室の里親さんは素晴らしい方ばかりなんですから!

「うちの子に限って外へ出ない、だから気をつけなくても平気」

あるいは、

「外へ出たって、猫は自分で勝手に帰って来るから大丈夫」

とお考えの方には、猫を譲渡していません。どんなにお金持ちの方でも、どんなに猫の飼育経験が豊富な方でも、この点をお守り頂けなければ、どうしてもご縁 を感じないのです。人によっては猫が車に轢かれようが、それまでの間、幸せだったのならそれは仕方ないことではないか? と言う方もいます。けれど、それ が猫ではなく、自分の母親や、血を分けた人間のお子さんなら、心から同じことが言えるでしょうか?

猫だからいい。

そんな風に考えてほしくないなって思います。私のわがままですが^^;
猫は猫だけれど、大切な家族だから、責任を持って守りたい。そう思ってくれる方がフックの里親さんになってくれたらいいな♪ それに、それってそんなに難しいことではないしね^^

長ったらしい文章もうんざりでしょうから、ナナとフックの写真でも!
クリックすると元のサイズで表示します

フックは誰にでもお腹を出して、親愛をアピールするんです。
クリックすると元のサイズで表示します

ナナも気に入った様子(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

フック 2歳の王子様
優しくて責任感の強いご家族を大募集しています♪
皆さま応援お願いしますね。ペコリ。

☆☆☆おまけ★★★

あまぱん太郎、膀胱炎少し良くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

今はきっちりと決められた処方食しか食べていないので、少し痩せる予感です♪
でも言っておきますが、あまぱんがやって来た時は既に5.9キロあったんです。あれからすんごーく太ったように感じられる方もいるかもしれませんが、今 6.7キロ。800g増えたのは事実ですが、一回りも二回りも大きくはなってませんよ! 太って見えるだけです(爆)。只今6キロジャストを目指してダイ エット中!

☆☆☆ありがとう★★★

先日のイベントONE!で大好評だった絵本作家スギヤマカナヨさんの愛犬愛猫イラスト。私はトークショーやサイン会などで忙しく、べべナナかつを描いて 貰っただけで終わってしまいました。リルとほほとあまたんも描いてほしかったとブログに書いたら、なんとカナヨ先生から、リルほほあまたんの似顔絵が届き ました♪ 家宝が増えましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します

べべ、ナナ、リル、かつ、ほほ、あまた。703号室のお子たちが全員揃ったものまで!
クリックすると元のサイズで表示します

エへへ。可愛いでしょう? 超嬉しいです♪ ありがとうございます。大切にします^^

かつくん「フック、甘えん坊パワー全快だね。

カナヨ先生、ありがとう。ぼくもハハもカナヨ先生が大好きです。これからも未来を担う日本の子供たちのために素晴らしい絵本を沢山放出してください!

どうでもいいけど、あまぱんまん、デブだよね……。
ぼくはもっとスリムなまんまる猫さんだったけど。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

スポンサーリンク





コメントを残す




*