ふたりともがんばっています


新しい名は卒業記事のときに紹介するので今は旧名で書きますが、実はお届け日以来萌乃がごはんを食べていなくて心配でした。

里親さんが環境変化に繊細な萌乃を思い遣っているのがよく伝わってきて……。

 

私は「大丈夫」を言いつづけていたのですが、正直「大丈夫」なのかわからなくなりました。萌乃がシャイで環境変化に弱いのは知っています。保護当初はごはんに手をつけない犬猫も多いです。特別なことではありません。いずれ食べだすでしょう。

 

でも……

 

萌乃ははじめからびっくりするほどよく食べる猫でした。

私の手からパンを奪って逃亡したこともあるし、シンクの生ゴミを漁るのも日常茶飯事で。

小柄なのに食べる食べる。

萌乃の食欲はすさまじいレベルでした。

 

だからお見合いのとき私は里親さんにアピールしたのです。

 

 

「萌乃はなんでも食べてくれるから助かります」

 

それがなにも受けつけないとは。

 

移動したばかりゆえナーバスなのか、それとももしかして体調が悪いのか。

 

悶々と考えていても仕方ないので、昨日みいさんにつき合ってもらいしじみ嬢のお届け後に萌乃に会ってきたのです。

 

しじみ嬢の新しいお宅と萌乃のお宅は方向が同じですので、萌乃の食べそうなものを追加で準備し、萌乃家へのプレゼントも車に詰めて家を出ました。

 

みいさんの里親さん「鯵ぽた屋」さんに焼いてもらった萌乃のプレート

azi

 

 

気持ちがこもっているし、割れ物だから手渡しでプレゼントしたかったのでいい機会です。

萌乃プレートの裏には小さく「703」と入っていて鯵ぽた屋さんの粋な遊び心を感じました。どうもありがとうございます。

これをオーダーしたとき、萌乃はまだ家族募集の最中でお問い合わせもない時期で……。

 

ブログネタになるかな?

 

と考えたのも事実ですが(笑)、萌乃に目を留めてくださる尊い方にささやかなお礼がしたかったのが一番の理由です。贔屓かもしれませんが萌乃は約4ヶ月以上我が家にいたのでね^^;

 

数日ぶりに会った萌乃はケージ内に置かれていたたくさんのごはんに手をつけようとはせず(水も飲まず)、塞ぎきった顔でドームベッドの中に引きこもっていました。

 

声をかけ外に出して抱きしめる。

 

お願いだよお姫さま……

 

どうかどうか……

 

里親さんの真心がお姫さまに伝わりますように。

 

里親さんは萌乃の声を聞こうと必死なんだよ。

 

 

萌乃の家にいる間中みいさんと私は里親さんの気が少しでも楽になるよう、ひたすら大丈夫です、を繰り返しました。里親さんはまっすぐ私たちの話を聞いてくださいました。

 

帰り際、車の中でみいさんがポツリ。

 

「きっと今不安だよね。それにしても真面目でやさしくてなんて素敵な里親さん。里親さんのためにも早く食べられるようになるといいねえ」

 

なんとなく私は……鼻が高かったです。

 

 

今夜、里親さんからメッセージが

 

「今日は帰ってきたら、ごはん皿が空になっていました!

嬉しい~

写メ撮ろうとしたらシャーされました。シャーする元気が出てきたようです!」

 

そしてこの写真がつけくわえられていました↓

gfao

 

 

ちょっと怒ってる!(笑)

不機嫌顔の萌乃嬢だ!!

 

これが里親さんから届いたはじめての写真です。

きっとこれまでカメラを向ける余裕すらなかったのですね。

 

だれであれ萌乃の里親になられる方ははじめ若干苦労すると思っていました。保護主として里親さんのご苦労に添いどんな形であれちょっとでもクッションになれたら幸いですが、その苦労に耐えられずお返しいただくとしても私はなにも言えません。

 

ですが萌乃の里親さんは萌乃が健康なら彼女のどんなリアクションをも受け入れる覚悟が大きいのです。もちろん病気になっても手放すつもりはないと仰っています。

芯の強い女性だとつくづく尊敬します。

 

卒業レポの前に、この数日のできごとを書きたくなりました。

 

萌乃はがんばっています。

里親さんもがんばっています。

 

ふたりとも、「家族」を求めているんですね。

 

萌乃に早く伝わりますように。

距離が縮まりますように。

 

 

明日も仕事がんばります。おやすみなさい。

 

 

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • anny703

    豆さま
    本当にそうですよね。想像の余地があって楽しい生活だなんて、豆さまらしい理知的でやさしく大らかなコメント。
    前を向いていらっしゃるのですね。凛と。尊敬します。私も慣れない保護猫たちに年中苦労していますから、凹みそうになることが多いですが、少しずつ慣れていく様子に心が揺さぶられます。感動しますよね。
    ニャン吉さん、やりますね!!
    萌乃の里親さんもがんばっていますので、いずれ距離が縮まることを信じています。

  • yurie

    幸せの703号室様
    萌乃ちゃん里親様ファイト!!

    • anny703

      いつもシンプルであたたかいコメントありがとうございます。yurieさん^^

  • 萌乃ちゃんの里親様も萌乃ちゃんも本当の家族になろうと頑張っているのですね。
    がんばれ~萌乃ちやんママと萌乃ちゃん。
    我が家のニャン吉もきたばかりの頃、私から
    何とか隠れようとして見ているところでは
    ご飯を食べませんでした。
    私がいるとソファーの下から疑り深い目で
    じっと見ていました。
    でもシャシャシャと機敏に隠れる姿を見ると
    ニャンちやん今日も元気だぁーと嬉しくなりました。
    私がいてもご飯を食べたりちょっとだけ遊んだりするのに1ヶ月くらいかかったけれど
    4ヶ月たった今もまだ大きな音が嫌だったり警戒心はあるけれど、なでて欲しそうに甘えてきたり頭を私の手にくっつけたりしてくれます。
    大人猫だけれど子猫がだんだん慣れてくれるみたいでちょっとした事がすごく新鮮で嬉し
    いです。
    人懐っこくてすぐ甘えてくれる子も可愛いけれど、時間をかけて少しずつ距離が縮まる子にも特別の可愛さがあります。1年後2年後にはもう有り得ない位ベッタリかなとか、まだちょっとシャイな感じなのかなとか想像の余地があって楽しい生活です。

コメントを残す




*