2013 目標と卒業生


2013年はお世話になりました。皆さまありがとうございました。毎年恒例の「今年の卒業生」を紹介します。今年は卒業生が少ないですが、「ゼロより1」をモットーに来年もがんばります。

2013年の目標は、自分の中で5つありました。

●ゴンタの介護をがんばる

●保護猫福多朗を死なせない

●保護猫ひかる(現はな丸)と保護猫あかりのご縁を決めること

●うちのお子たちを病気にさせない

●あー太郎(現あー)、のんた、プー太郎(プップ)を703号室に取り戻す

この5つです。

他にもその時その時の目標はありましたが、この5つは絶対になにがなんでもかなえる努力をしようと思っていたのです。

ゴンタの介護は自分の体力精神力との闘いでもありましたので、相当むずかしかったですが、最後までやり遂げることができたと思います。

保護猫福多朗は合計3回の大手術に耐え、強靱な精神力で未来を手に入れました。今だから書きますが、福多朗を自分の子にしたくてたまらなかった私は、福多朗の卒業した日に号泣しお酒が止まらなかったです(笑)。

保護猫ひかる(はな丸)のご縁探しも大きな目標でした。FIVキャリアだからではなく、特異なほどの人間恐怖症だったから。「慣れていない猫」の枠を越え たその繊細さからご縁探しのむずかしさを痛感。あかりにも同様の繊細さを感じます。ひかる改めはな丸は無事卒業できましたので一応目標は達成しました。あ かりについては現時点で卒業生としてご報告できませんが、人慣れはだいぶ進んでいます。

うちのべべ、ナナ、リル、ほほ、あまたはおかげさまで元気です。本年はありがたいことに大きな病気をしませんでした。シニアの子たちが多いので来年も今の調子を保ちたいです。

一番大きな目標だったのが5番目に書いた3猫を取り戻すこと。知る人ぞ知るですね。2年間の悲願が達成できました。口に出すことすら躊躇っていたほど悩ん できた問題です。先日卒業犬アニーのことをブログに書きましたが、ああいう類の悩みでした。精神的にもう爆発、ギブアップ寸前のところで私は勝負に出まし た。だから今は奇跡としか言いようがないです。あーちゃんとのんたは良縁に恵まれ、プップは私の足元で未来を夢見てスヤスヤ寝ています。幸せです。プップ がご縁に恵まれればもっと幸せだけど。

遅い速度の小さな一歩ですが5つの目標を達成できてよかった!

ひな 2月9日卒業
クリックすると元のサイズで表示します

我が家はぱんぱんだったのでマイ太郎さんに預かっていただき、ご縁探しは一緒にやらせてもらいました。うちのそばで私が保護した黒猫の女の子。他の家の前 でお家に入りたいアピールをするひなをほっとけなくなり保護することに。紆余曲折を経て良縁を掴みました。最近はパパさんのそばから離れないそう。幸せに なってくれてありがと。

福多朗 2月28日卒業
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗との日々は簡単には語れません。ゴンタ同様、福多朗も多くを教えてくれました。里子に出すのは無理かと周りに思われたほど思い入れてしまった子で す。確かに終わりかけていた命が、再び吹き返す瞬間を一緒に過ごした福多朗。その生命力と里親さんの溺愛ぶりに感謝しています。ご支援くださった皆さまに も深く御礼申し上げます。

はな丸(ひかる) 7月13日卒業
クリックすると元のサイズで表示します

最初はうららさんに預かっていただきました。大きな目標のひとつでもあったはな丸の卒業。はな丸との暮らしも鮮烈でした。いくらシャイだからって、ケージ 越しに目が合っただけでガタガタ震え脱糞した猫ははじめてです。今まで出会ったどの猫よりも繊細でした。どんな猫も必ず慣れると主張しつづけてきたチチが こう言っていたんですよ。

「ひかるが人に慣れる日が来るとはオレにはどうしても思えない。無理やりさわることができたとしても、ひかる自身が寄ってくることはまずないだろうね」

それが今ではパパママの腕の中で寝ているのです。ママさんは定期的に写真や動画を送ってくれますが、性格がもう別猫のよう……。

ラック(ドンタ) 8月31日卒業
クリックすると元のサイズで表示します

ひさびさの犬の卒業生ラック!  多頭飼育崩壊現場から703号室にやってきました。同じ家にいた他の子たちもレスキュー済みだそうです。もうかわいくてかわいくてメロメロになりまし た。一緒にお泊まりにも出かけたよね。トイプードルか? と疑うほど大きなラックですが、まっすぐでやさしくて明るい犬でした。ラックもまた良縁に恵まれ ましたよね。今はお坊ちゃまに大変身しました。

のんた 10月5日卒業
クリックすると元のサイズで表示します

キャパオーバーの問題を抱え妹に泣きつき預かってもらったのんた。 妹のおかげですばらしい良縁に恵まれました。のんたの里親さんの溺愛ぶりもまたすごい。実はお見合いの日、私はダメかなと思っていたんですよ。のんたの頑 な態度を里親さんが淋しく思ったに違いないって。だからぜひ我が家に! って言ってもらった時は喜びもひとしおで。のんのん、今までいっぱいごめんね。こ れからは王子さまのように生きていってください。

あーちゃん(アー太郎) 10月27日卒業
クリックすると元のサイズで表示します

midoさまの お子になれたラッキーなあーちゃん。苦労を背負わせてしまったこの子にもたくさん謝りました。今、midoさまのお家で甘えた様子を見ていると胸がぎゅっ と苦しくなります。自分だけのパパママがほしかったんだね。703号室ではどこか毅然と振る舞っていたけれど、本当は赤ちゃんのように甘えたかったんだ ね。まだ6歳だからね。生き直すには十分若いよ。

それにしてもあーちゃんの知能レベルの高さには驚きです。いろいろやってくれたのもいい思い出♪

以上が703号室の卒業生です。

そして今、保護猫プップ、千吉、グッチが家族募集中です。

誰が見てくれているのかわからないし、もしかしたら誰の目にも留まっていないかもしれないのに、募集中募集中募集中と。

他の保護主さんみたいにかっこよく次々ご縁を決められなくてお恥ずかしい限りです。みっともないですね。悲しいし惨めです。言い訳したいけど言い訳できない。自分の力量不足の一語に尽きるから。でもやめません。今いる子たちのご縁を繋ぐまで絶対にやめません。

ここに卒業生として紹介できる日が来るまでがんばります!

それから、私事ですが肝臓病が悪化し、試験的に切っていた薬を先週から再開しました。幸い手のかかる子たちはいませんが、もし入院などになった場合周りの皆さまにご迷惑をおかけするかもしれません。その時はどうぞよろしくお願いします。

2014年も、幸せの703号室をどうぞよろしくお願いします。

良いお年を!!

LOVE

スポンサーリンク





コメントを残す




*