心を開いて


ご心配頂いているまもるくんの様子ですが、昨夜から熱が下がり、食欲が少し戻ってきました。ほっ。本当に心配だったので、ご飯を食べてくれて良かったです。嬉しい♪

まだまだ快調ではないんですが、夜中つよしと二人で、私の顔面めがけてダイブしたり(汗)ほほにグルーミングしてもらったり、明るさが戻ってくれて何よりです。そそ、夜中って言えば実は凄いことが起きたんですよね。

つよしまもるほほと猫部屋(元客間・汗)で寝ていたんですが、ちょっと起き上がると私の布団の足元にまもるとつよしが猫団子状態で寝ていました。それだけ でも今までよりずっと距離が近くなったと感じます。だって布団越しに体が密着しているということですからね。起き上がってまもをナデナデ。

「まもちゃん大丈夫?少しは気分よくなった?」そんな風に話しかけながら。
すぐ横で私をジーと見るつよし。んん、目つき悪い(笑)。次につよしに手を伸ばしナデナデ。するとつよしの体が硬直して耳が倒れる。

「あ、やっぱやか。お前は本当に人間が怖いのね。でも人間と仲良しにならないと、生きてはいけないのよ。反骨精神剥き出しじゃ、うまく世渡りできないの。」そう言って恐る恐る手を触ってみます。そしてムキっとつよしの手から爪を出してみてビックリ!

刃物ですよ。アレは。

爪が伸びすぎて、もう刃物。怖いよー。
つよしは偉い子だから爪があれだけ伸びていても壁などで爪とぎしないからいいけど、仲良くなるにはあの爪邪魔。だってちょっと引っ掻かれるだけで怪我しますもの。

私は犬に噛まれることより、猫に引っ掻かれる事の方が多いので、心の中で猫の爪に少し恐怖を感じてしまいます。犬に噛まれると流血騒ぎで、それに比べて猫 の爪は「殺傷能力」が低いけど(笑)、まるで包丁でピーと皮膚を切られたような痛みや傷が苦手なんです。野良を捕まえて手術する時は、その立派な爪に恐 怖を感じてしまうことがあります。

だから最近いつもポケットに猫用爪切りを常備して、チャンスを狙っていました。
片手で頤の下を撫で、片方で何気に指先タッチ!つよし、ちょっと警戒しながらも、頤下マッサージが気持ちいいのか、じっとしていてくれました。その隙に、ななななんと!

6本の爪きりに成功!!!!!

ブラボー♪

7本目は本人(つよ)の警戒モードがマックスに達したため断念。

けれど爪切りや抱っこは当分先かな?と思っていただけに嬉しさ倍増♪
勇気を持ってやれば出来るんですね。

どうやって勇気を持つか?
イメージトレーニングです。
私は凶暴な子に出会うと、目を閉じてタイムマシーンに乗って過去にさかのぼります。

つよしが5兄弟の中で元気良く遊んでいる頃を通り過ぎ、ヨチヨチ歩きの頃、目も開かない頃も通り過ぎる、そしてお母さんに甘えておっぱいをちゅるちゅる飲 んでいる姿までさかのぼって、最後に生まれたての頃に辿り着いて、そっと目を開けると、目の前に居るつよしがなんとまあ、なんとまあ愛しい事か。

小さい体でよくここまで頑張った。
そう思うと怖さは一瞬でなくなる。

心を開いて!とつよしに投げかけたボールはいつもいつも私自身に帰って来ました。
その理由は分かっています。
心を開いていないのは、私だって同じだったから。
最初の頃は触るたび緊張して、コチコチのつよしと同様、私だって固まっていた。
つよしが私を怖がるように、
私も同じようにつよしを怖がった。
そんな手からじゃ、ぬくもりを教えることなど出来ません。

犬や猫は言葉が話せない分、ずっとずっと人間の奥底にあるものを見据えてしまう生き物だから。
凶暴な子を触るのは、凄く勇気がいることだし、場合によっては怪我も覚悟しなければなりません。

そんな時は、どうか過去にさかのぼるタイムマシーンに乗って、その子の本質を見つけてください。自分がまず変われば、相手だって必ず変わる。自分の理想通 りには変わらないかもしれないけれど、そこはお互い妥協しあって、そして諦めずに、何度でもトライしてみるのもいいかと。とまあ、偉そうに言うなら10本 切ってからにしてくれってコメント来そうですが^^;

10本はまだ無理。
だからポケットにはいつも猫用爪きりが入っています(笑)。

まあ、だからと言って嫌がっているのに何度もしつこくするのは逆効果かもしれないから、騙し騙し近づいて、気がついたらいつも傍に居るような存在になっていけばうまくいくと思うんですよね。どなたか、そんな経験したい方、居ませんか(笑)。

つよしは暖かい家族を探しています。

猫部屋ではいつも遊べるものを探しています。もう本当に愛らしい♪


食事風景。いつもは手からあげますが、写真を撮るので食器に入れてみました。でも必ずこうやって食べ終わるまで触り続けます。


兄弟の2ショット


まもるは自分の分を平らげたのに、つよしの分を要求(爆)。


「仕方ないからぼく、お水で我慢します。」


まもるもとっても可愛いけど、つよしだって悪くない♪

「そう。」

ん?

「俺様。」

ん?

★★★おまけ★★★

最近迷子札を又新たに買ってあげました。べべナナリリお揃いです^^
べべピンク、ナナ紺、リリ赤、それぞれ色を変えて。これがなかなか可愛くて気に入っています。

「あたしってね、」


「大きな声では言えないけどね、」


最年長はこの方(笑)


べべとナナのは分かりますがリリは長毛だから良く分かりませんよね。
1つ800円。安いからハハ妹のまめの分まで買っちゃいました♪

「まもる、少し回復に向かってきたみたい。本当に良かった。でもまだまだ分からないからこのままどんどん良くなってくれるといいな。ぼくも祈ってるよ。ランキングに参加しているので1日1回ぼくのお顔をクリックして応援してね。ペコリ。

あ、それから実は、ぼくも赤ちゃんの頃、愛想が悪くてシャーシャーいう子猫さんだったんだ。ハハとの一番最初のご挨拶は勿論シャー!だったよ。ぼくの場合、すぐに安心できたけどね。一人ひとり違うように、ねこさんだって一人ひとり違うんだね。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





コメントを残す




*