愛する者たちへ


最近は、部屋の模様替えをしようと、業者と打ち合わせをしたり、今までにない勢いで部屋の掃除をしたり、何処に何を置こうか考えたりしながら過ごしてきました。

お陰さまで、ダイナミックな変化はありませんが、少しお部屋の様子が変わりました。写真はまだ撮っていませんが、そのうち、変化に気づいてもらえると思います。

かつが亡くなってから、明日でちょうど3週間。

時間が解決してくれるとすれば、早く時間が経ってほしいけれど、私の場合、「ペット」ロスではなく、長男であって、末っ子のかつを失ってしまったので、そ う簡単にはいかないようです。薬の力を借りても、尚、地獄のような時間が流れる事が多く、副作用ばかり強いのに、肝心の効き目はあるのか?と思ってしまう ほど、悲しみと向かい合わなければなりません。でも今、薬をやめてしまうと、病的にお酒に手が伸びてしまうので、それならば、精神安定剤や抗うつ剤の方が マシ。という毎日を送っています。

かつに会いたい。
もう一度、「偉かったね。」と抱きしめたい。どうしても叶わないけれど、どうしても叶えたい。
会いたいです。

でも、私を廃人にしてくれない方々が居ます(笑)。


かつを愛する気持ちと同様、ベベナナリルを愛しています。100%の愛情を4で割って、1頭25%ずつではなく、多頭飼いであっても、私は400%の愛情で、それぞれに接してきたつもりでした。保護している子を入れると、500%600%ともう、凄い量の愛になる。

なのに、かつが永くないと知ってからの約1~2ヶ月は、果たしてそのバランスを保てていたかというと、そうではないと自分が一番良く知っています。

かつ中心の生活に、犬達は一言も文句を言いませんでした。
それは彼ら犬が口を利けない、人間にとって都合の良い生き物だからではなく、今は我慢すべきだと知っている、優しい生き物だからです。

ベベは、わがままな振る舞いをしませんでした。一切。
かつに話しかける横でちょこんとお座りして、一緒に話を聞いているようでした。そしてふと目が合うと、遠慮がちにボールを持ってきて、遊んでもらえないと、端の方へ消えていきます。6歳なのに、何度も何度もそれ以上に老けて見えた瞬間を、私は頭で消して無視しました。

ナナは元々、家族には凄く優しくて手のかからない子ですが、伸びきった爪が、手入れされていない犬の証拠みたいで、それに気がつきながらも、私はかつかつと、かつを呼び続け、抱きしめ続けました。ナナの爪を切るのに要する時間は5分。
その5分の余裕でさえ、私にはどうしても持てませんでした。

リルは、お散歩から連れて帰ると、玄関で足を拭く私に何度もチューして甘えてきますが、シャンプーをまめにしなくなってから、毛が匂い、所々小さな毛玉が出来ていました。

甘えたいのは、病気のかつだって、健康なベベナナリルだって同じ。
でも、私が甘やかせていたのは、もう助からない、未来のない最年少のかつだけでした。

何やっているんだろう私。
こんなにも、こんなにも大切な存在の子達なのに・・・。

それに気づいてからは、精神的に余裕がある時には、ベベとボールで遊んで、ナナの爪を切ってブラッシングして、リルをお風呂に入れました。

そしてかつが亡くなってから15日後、ベベナナリルと保護子猫のほほを連れて、病院であらゆる検査を受けさせました。もう1頭も失いたくない。

失いたくありません。

検便用に用意した袋。頭数が多いので整理して持って行きました。


病院には、私が数年前に保護したハハ妹の飼い犬「まめ」も連れて行きました。


病院に来ただけなのに、皆嬉しそう。(キャリーバックの中にはほほが居ます)


ほほ、べべ、ナナ、リル、まめの順に診察。


ほほは、先生が驚くほど状態が良く、ワクチンを打って、次回血液検査の予約を入れました。

ベベナナリルは、血液検査であらゆる臓器を調べ、それにクリアしたので、それ以上の検査はしていませんが、隅々まで調べたので、何時間もかかってしまいました。


まめは歯石取りの予約を入れ、軽く検査してもらいました。


終わったのは、病院へ入ってから3時間半後。帰るときは皆ヘトヘトでした。

次の日の日曜、写真は撮っていませんが、チチと二人で、ベベナナリルを連れて、夕方少しお台場へ行ってきました。沢山歩かせて、色んな方に可愛いと誉めて もらえて、嬉しそうにはしゃぐ姿を見ながら、まるで3頭に対する罪滅ぼしのような時間を過ごしましたが、それはそれなりに楽しかったです。

今私は、2歩下がって、1歩歩いているような状態です。

でも下がり続けず、1歩でも前に進めるのは、間違いなく、ベベナナリルのお陰。

そして、かつが私に残した保護子猫、ほほのお陰。

トイレも出来て、手もかからず、未知の可能性を秘めた子猫のほほ。人間大好きで、走り回るし、スクスクと育っています。

ほほくん、里親さん大募集中です。

「ぼく、ちゃんと何でもできるいい子。誰かさん、ぼくをちゃんとみて。会いに来たらお膝でゴロゴロしてあげる。ぼくは、ゴロゴロ星からやってきた宇宙猫さんだから。」

「ほほはぼくの最後の弟です。ほほを自慢したいので、今日も愛のポチをお願いします。ほほの可愛さは実際見てもらえれば絶対に分かります。ぼくもとっても可愛い子猫だと思ったよ。皆さま、どうか応援してね。ほほにも優しい家族が必要だから。」

rp_middle_1183825675.jpg

スポンサーリンク





コメントを残す




*