マザコン猫

以前餓死地区の猫達のゆきみを 紹介しましたが、今日はそのお兄ちゃん猫のぴよ吉を紹介します!猫を飼っている方なら、誰でもご存知だと思いますが、同じ兄妹でも何故か性格が違いますよ ね? ゆきみは人見知りがなくのほほんとしていましたが、ぴよ吉は違います。どちらかといえば神経質で、内向的。そんな印象でした。まあ、あの地区で育っ たんだから無理もないけれど……。普通、近所で野良猫や子猫を見ても素通りですよね。手を差し伸べる人は、100人に2、3人いればいい方ではないでしょ うか? 残念ですが、あとは見てみぬり。それぞれが「生活を抱えているから」でしょうが……。助けなくても、虐げない。それが一般の考え方のはず。でも、 あの地区は例外です。町全体が、野良猫を敵視し、明らかに絶滅させようとしていました。隣近所は仲が悪く、お互いの悪口を言い合っていましたが、「猫」に 話が及ぶと一致団結。ほぼ全員が、その処分を強く求めていました。「保健所に電話をしたが、保健所は猫を駆除してくれない」と嘆いた挙句、猫を餓死に追い 込もうとゴミ置場を見張り続けている住民もいました。猫にしたことはそんなものだけではありませんが、ここではあえて触れることを控えます。今もそこで生 きている成猫(不妊手術済み)が多数居るので私は毎週ご飯を届けていますが、猫を邪険に思うその町が異常なのか、猫に生きて欲しい私自身が異常なのか、行 く度に分からなくなるという精神状態に陥ります。Ⅹ38ぴよ吉はそこの出身。だから神経質で表情が乏しかったのは当たり前の話です。

703で保護していた頃のぴよ吉


新しいお家で


ブルーのお目目がクールでかっこいいでしょ?


ぴよはママが大好き♪


だからママの前ではこんな姿で寝ています。


この、甘えん坊ちゃん!


ぴよママのNさんは、私より年下の女性ですが、私は彼女をとても信頼しています。見た目はいまどきのイケテル女性(笑)。けれど芯があって責任感が強い。 里親探しをする私達が敬遠しがちな「独身の働く女性」ですが、私はあえて彼女にぴよを託しました。お見合いの時、固まるぴよを抱き、嬉しそうに笑った顔を 見ていたら何だか私も嬉しくなったのです。

「猫はずっと永く生きるもの。私はこの子にも例外なく長生きして欲しい。最期までちゃんと飼えますか? もし彼氏が出来て、その彼が猫嫌いなら?」と不躾 な質問もしましたが、彼女は、「猫が嫌いな男は嫌いです。好きになることはありえません」と言い切りました。そして大家さんからもらってある、猫の飼育許 可証を見せてくれたのです。

私もべべを飼った後、独身生活を送りました。だから独身女性全てが無責任だと思うのは間違っていると思い、彼女を信じてぴよを託しました。1年弱経った今 でも、ぴよを彼女に渡してよかったと思っています! ぴよはママ大好き猫で、ママなしでは生きていけないくらいの甘えん坊さんです。それはきっと、Nさん がぴよに惜しみなく愛情を与えているからだと思います^^ ぴよ、これからも、ずっと幸せに長く生きるのよ。

あ、そうそう。愛者を送った帰りに、ぴよの妹ゆきみ宅に遊びに行きました♪ 楽しくて長居しちゃいましたが、肝心のゆきみは隠れっぱなし。

唯一撮れた写真がこちら


でも、可愛い写真を送ってもらっています。


PCでぴよと再会を果たすゆきみ


先住猫ちんくちゃんとチュウするお転婆さん


Fさん&ご主人、ありがとうございました♪

それから、新しい仲間がやってきました。

ダイアちゃんです。


ダイア「あたし何だか、こんな場所に連れて来られちゃいました(汗)」

保護経緯は長ーーーいので今日はここまで。この子がここに来たのは私のミスです(涙)。この子から居場所を奪ってしまいました。それで昨日から凹んでいま す。でも、グダグダ言っていても始まりません。来ちゃった以上、絶対に幸せにしなくては! 前居たところよりも、もっともっといいお家を見つけるからね。 それまで我慢してちょうだい。

スポンサーリンク





ようこそ 我が家へ♪

土曜日のお昼、可愛い卒業生が泊まりに来てくれました。里親さんが車で届けてくれました。そして紅茶の詰め合わせやべべナナにおやつ、お肉、さらには野良猫ちゃんたちへ、とフードも頂きました♪

(ん? 誰? と思った方は、こちら1と、こちら2と、こちら3をご覧下さい。)

愛者の近況で盛り上がり、時間を忘れるほど。。。
最近は、散歩中に会う犬連れの男性に吠える場合があるそうですが、綺麗な女性だと吠えないとか(汗)。何で? やっぱり犬も美女好き? 何はともあれ(笑)、里親さんに大切されている様子なので、嬉しい限りです。

さあ、明日までめいいっぱい一緒に居よう!


写真をいっぱい撮りましたよ^^


はい、笑って


ライオンカットがすっかり伸びましたね。


多分もう少し伸びるかな? 可愛い!


愛者が大好きなかつくんもノソノソと近づいて、絡みます。


良かったね。かつくん♪


かなり歩いて土手へお散歩に(愛者、息があがってるな^^;)


抱っこして


可愛いのでもう一枚


ボールで楽しそうに遊んでいました。


703に戻った後、ご褒美に里親さんに頂いたお肉をあげました。


ナナは、散歩の際、とてつもない悪臭の香水をつけて帰ったので、エレベーター内は大騒ぎ(涙)。帰ってチチがすぐにお風呂に入れました。お風呂での写真を 撮ろうとしたら睨まれました(恐)。やっぱり女の子だから恥ずかしいのでしょうか? いつも裸で歩いているのに……。それともまだ怒っているとか?!

「だってあたし、お風呂あがりのほうが可愛いんだもん」


ん?

……。

あ、はいはい。そうなのね(呆)。

誰に似た? チチか?

まあ、いいです。

愛者は、あれからずーと703に居たかのようにごく自然に振舞っています。多分、空気がそうさせているような気がするんです。ここに流れる空気が……。明日は大好きなパパママに会えるよ。だから今日は、もう少しだけあなたを独占させてください。

写真まだいっぱいあります。残りは次、紹介しますね!

スポンサーリンク





Ⅹ37はるくん♪

眉毛模様がキュートなビビアン君の里親さんが決まり、新しいお名前をつけてくださいました♪
「はる」君です。さすがにビビアン君じゃねぇ……。男の子だし。。。どんな名前になるのだろうとワクワクしていましたが、可愛い名前になって良かったです^^

保護しているお宅でお見合いをしたのですが、その日バタバタしていて携帯電話を忘れてしまったんです。里親希望者さんと連絡が取れるか超心配でした。その 後何とか無事にお会いすることが出来ましたが、一時はどうなることかと(汗)。ご夫妻は会ってすぐに「この子の里親さんは、わたしたちなんだわ!」と直感 したそう。優しくはる君を見つめるその眼差しに、私の中でも、もう「決まり」でした。都内の高級住宅地の新築マンションに住む里親さんご夫妻は、はる君の 眉毛に一目惚れしたそうです(笑)。

募集していた頃のはる君


まさに眉毛が特徴的でした。


最初は固まっていたそうですが(新しいお宅にて↓)


おとなしくしていたのは初日だけだったとか^^; 私、募集サイトに「おとなしい」と書いてしまったのに……。ゴメンナサイ……。

すぐにこんな感じに↓


でもやんちゃぶりをニコニコと教えてくださって嬉しいです。

うふふ。可愛い寝顔。


はる君、小さいのに長い間よくお外で頑張りましたね。これからは、安心できるあたたかいお宅でのびのび暮らせるね! 本当に良かったと思います。

これから寒くなりますが、外にいる猫の多くが冬を越せないと言われています。猫は非常に寒さに弱い生 き物だからです。飢えと寒さに苦しむ家なき猫が1匹でも減りますように……。そして沢山の猫たちが幸せを掴めますように。お腹いっぱいにご飯を食べ、家族 に愛され、長く生きる猫が増えるよう、これからも少しずつ頑張っていきたいと思っています。応援よろしくお願いしますね^^

実はかなり浮かれています……。

なぜなら土曜日

この方が我が家に泊まりに来るからです!!!


里親さんも遊びに来てくれます♪ 久々に会うのでウキウキ。
703での1泊をUPしますのでお楽しみに

スポンサーリンク





孤立

長野から帰って来ましたが、予想以上にナナが冷たくて凹んでいます……。いったいどうしたんで しょう。全然相手にしてくれません。置いていかれたからふてくされる気持ちは分かりますが、ちょっと切ない(涙)。だって、ナナは極端にビビリ屋さんなん です。会った事がある方はご存知だと思いますが、人見知りが凄いんですよ。。。それにババ(母)の車は狭いし。定員オーバーだったので。

かつくん「しょうがないんじゃない? 置いていくハハが悪いよ」


ああ、色々な言い訳を並べてみても、かつくんのおっしゃる通りだわ(T▽T)ゴメンナサイ。

そこで、仲直りをしようと、ナナだけを連れてお散歩へ出かけましたが、お散歩から帰るとそそくさとソファを独占し、またもや呼びかけを無視。(←マジです。これ)もう、どうしよう……。どうやって仲直りをしよう?

あ、そうだ!!

ナナの好きなジャーキーで釣ればいいんだわ! なんてシンプルでナイスなアイディアなの♪

はい!ナナ、ジャーキーよ♪


……。

食べてくれない……。

えええ。。。


「フンっ」って(涙)。

しばらく、この状態が続くのね。そうなのね。分かりましたよ……。

べべ、あとは頼んだよ。ご機嫌を取っておいて(逃)。


無論、べべがそんな頼みを聞くはずもなく、ナナに渡したジャーキーを奪って平らげると、そそくさと退散してしまいました。はあ……。

そうだよね。そうだよね。

次は必ず連れて行くから、もうそろそろ許してください。

かつくん、遊ぼうか^^

かつくん「今、ぼく、ちょっと疲れてるから」


ええ? マジですか(泣)

留守の間、チチはホラー映画をレンタルし、ナナにササミガムを買い、かつくんには「またたび」を大量に与えていました。私が居なくてもしっかり楽しんでやっていけるのね(怨)。

ちょっと気を取り直して……
最近、とてもお気に入りのお話があります。
ハチドリのひとしずく
大好きなブログで紹介されています(リンクもしてあります。「色即★是空」)
本にもなっているそうなので、今度本屋にでも行こうと思います。是非、覗いてみてください。

それから、卒業生のセーラ・コテツの写真満載のHP「LOVER」 も宣伝しちゃいます。猫好きな方はどうぞ♪

スポンサーリンク





永眠の地

ただいま!
長野への1泊はスケジュールが詰まっていたので早く出発することに。昨日は朝5時に703の下で待ち合わせをしたのですが、寝坊して5時15分に起きまし た(汗)。せっせと支度して、みんなからの冷たい視線を浴びつつ、べべと乗車。メンバーは、叔父、ババ(母)、ハハ妹、べべにまめ。それから私。目的は、 親戚達との打ち合わせと父のお墓の視察です。

いったん、父の生家に荷物を置きに行って、部屋の空気の入れ換えをしました。

べべとまめはそこでご飯タイム

それから少し離れた場所に住む叔父(父の弟)家へ

べべもまめも自由気ままに放してもらい

いたずらを楽しんでいました。

打ち合わせを終え、いざ出発! ご飯を食べて父のお墓を見に行きます。叔父が前もって探しておいてくれた場所に私たちを案内してくれました。

秘境(←大げさすぎ?)といわんばかりの静かで素敵な場所。自然がありのまま残ったこの地は私のイメージとピッタリ重なりました。

父にはこの場所で永眠してもらいます。

強く逞しい杉の木々に囲まれた静かな場所

誰にも邪魔をされず、ゆっくりと眠れそうです。永遠に眠るわけですから「安眠」できるにこしたことはないですよね。手入れの行き渡っている日本庭園とのバランスも素晴らしい

気に入りました!

帰りにドイツ風のカフェのお庭に寄って

お花が可愛い♪

べべとまめの記念撮影

1泊なので慌しかったけれど、悠々とした山々の中、自然を満喫し、リフレッシュしました。行き も帰りも全員で交代して運転をしたんですが、私は「腱鞘炎だから無理」と嘘をつき(笑)、一人後部座席で爆睡しました。帰ったら、さぞ家が散らかっている だろうと心配でしたが……。

案の定、心配は的中でした(涙)。
早く投稿を終えて、ナナのご機嫌を取らないと。
ってことで皆さま、ごめんなさい。ナナが怒っているのでこの辺で!

スポンサーリンク