#1 Ⅹ35セーラの場合

セーラとの出会いは、今から2年半以上前。当時、飼育崩壊の約30頭のヨークシャーテリアを、 ある動物病院の2階に保護し、ケアを続けながら里親探しに参加していたことがありました。病院は院長一人だけでやっているため、2階部分は医療器械や院長 の研究材料などが置かれている以外は広いスペースが空いていたのです。それを知っていた私は、頭を下げて頼み込み、どうにか30頭を保護する場所を確保し たのです。来る日も来る日もヨーキーたちの世話に追われましたが、ある日ふと猫の存在に気がつきました。ヨーキーたちの横にキャリーバックほどの小さな ケージがあったのですが、猫はその中にいたんです。あまりにもおとなしかった為、気がつきませんでした。ケージ内はトイレと寝床を分けるスペースがなく、 新聞紙一枚が敷いてあるだけでした。だからいつも悪臭が漂っていたのです。

「この猫何? どこか悪くて長期入院しているのかしら?」
一緒に活動していたボランティアさんが口々を揃えて言いました。でも、その猫はどう見ても具合が悪そうには見えません。猫ってこんなに人が大好きなの?  ってくらい、目が合っただけでゴロゴロ……スリスリ……。撫でなくても、人間が傍にいるだけで楽しそうでした。猫が不得意なボランティアさんをも虜にし ちゃうほど、人が大好きな猫でした。

ある日、私は思いきって院長に尋ねてみました。そして、事情を知ったのです。
この子は、もう、こうして2年もの長い間、この小さくて無機質な檻の中で一人ぼっちで過ごしているそう。名前もなく、誰にも知られることはありませんでし た。医療機器があるので、放して飼う事も出来ず、また、他の大きめなケージは入院する犬猫が使うので、この子には使えないそうです。だから、こういう状態 なんだとか。もともと人懐っこい子で、ある日近所の女性が「先生、この野良猫を不妊手術して。迎えに来て外へ放すから」と言って連れてきたのがそもそもの始まりでした。手術を終えて、女性を待って2年以上。迎えに来ることはありませんでした。かといって、先生が立場上、外へ放すことは難しい。そういう理由でこの子はここに居るのだと知りました。

何と哀れな……。
身動きをするのがやっとの檻に閉じ込められていますが、果たしてこの子の罪名は何でしょう? どんな罪を犯して、ここに居るのでしょう。こんなことがあってなるものかといつものように熱くなり、里親探しを開始しました(笑)。

写真写りがあまりよくないことと、すでに成猫だったということで、里親探しは難航すると思いましたが、この子のありのままの性格と状況を載せたら、何と3 件ものお問い合わせを頂いたのです。その中から私がお見合いを申し込んだのは、Iさんという女性。相方さんと一緒に暮らしています。外見は可愛らしいの に、余計なことはあまりしゃべらないタイプのかっこいい女性で、すぐに心から信用することが出来ました。セーラと名づけてくれて、大切にしてくださってい ます。セーラを渡して2年半がすぎましたが、その愛情は全然変わっていません。

セーラ良かったね。あなたは本当に人が大好きな猫だから、パパママに甘えられて嬉しいね。もうすぐ帰ってくるから一緒に待っていようね^^

昨日セーラを連れて実家に泊まりに行きました。

運動させてあげたかったし

何よりベタベタと過ごしたかったので^^

もう、100回くらいスリスリしてくるから、たまらん!

ナナ「セーラと二人で寝たの? ずるいな……」

ごめんね。ナナ、今日は一緒に寝ようね^^

……。猫と言えば。。。


ハハ妹とこの方もちゃっかり一緒に居ました。

~お知らせ~
我が家の可愛い卒業生


ゆずのブログです。是非覗いてくださいね^^

スポンサーリンク





宝来

13日の朝、セーラとコテツが我が家に帰ってきました。一緒に暮らした時期がないので、2匹とも703号室を知りません。だから帰ってきたとは言わないの かも……。セーラは2年半前に里子に出ました。その頃の私はアパートに住んでいて、703号室を買うために必死で働いていました(笑)。だからセーラは 703号室を知らないのです。

注)かつくんではありませんよ! ちょっと似てますがセーラです^^

コテツは、1年前に里子に出しました。出した先はセーラのお宅です。里親さんに渡す日までずっと病院で暮らしていたので、コテツも703号室に来たことはありませんでした。けれどここは間違いなく、セーラとコテツのふるさとです。

コテツ君、昔の面影は? というくらいにまるくなって戻ってきました^^

セーラは、成猫(約3歳)のときに里子に出しました。だから今は5歳半くらいでしょうか。それまでは猫の里親探しをしながらも、猫がこんなに可愛い生き物だとは知らなかったんです、私。セーラに出会って猫がもっともっと好きになりました。セーラ、ありがとうね!

コテツは里子に出した時、既に老猫で、しかも全盲でした。

この2匹は私にとって今まで里子に出してきた他の子たちと同様、大切な「宝」です。それが、元気な姿で我が家に戻ってきてくれるとは……。

べべ、しばらくよろしくね!

ナナ、分かるよね?

かつくん、一緒には遊べないけれど、優しく見守ってね♪

こんな感じで隔離しています。

セーラは活動的な女の子なので、かつくんとうまく距離を保ちながら上手に運動をさせたいと思います。

里親さんがロスから帰ってくる日まで、家族として一緒に過ごします。

私は、ある国の「宝来」という地名の田舎町で育ちました。電気はおろか、水道さえない場所です。切れそうなつり橋を渡り、崖をのぼり、水を汲み、バケツ いっぱいにため込んで家まで運びました。祖母と二人、貧しい暮らしでしたが、心はいつも満ち溢れていました。私は人生の難題に直面すると「宝来」での暮ら しを思い出します。すると体の中から大きなエネルギーが生まれ、その力によって救われたりするのです。「宝来」……いい地名でしょ? 大好きです。

今日の題名にぴったりでしょ。宝物がやって来た。

2匹との出会いは次紹介します。
これからしばらくバタバタしますが、応援よろしくお願いいたします!

スポンサーリンク





女性らしさ

昨日は朝からバタバタと掃除をしました。ゆずが壊したものや日頃のガラクタをゴミ捨て場に葬って、丹念に掃除機をかけてキッチンも磨きました。なぜなら、午後から来客があるからです♪
ブログで知り合ったみいさんが我が家へ遊びに来てくれました。妹さんも一緒です。

みいさんのブログにはいつも手作り食などが紹介されていて、どれもヘルシーで美味しそうなのです。これこそがまさしく女性なのね! と感心して拝見してい ました。私は主婦ですが、自己採点をするとしたら55点くらい。 エ? ソンナニタカクナイ?(T▽T) とにかく手作りが苦手な主婦なのです。

サボる主婦は、お寿司をとってごまかしました(笑)。


一応スープなどは作りましたが、出すのが恥ずかしかったです。

べべは歓迎ムードでご機嫌でした^^


可愛い首輪をつけて


スワロフスキーの名前入り!(勿論手作りではありませんよ 汗)


こんなに素敵なお土産を頂いちゃいました!


デザートワイン(私の大好物!)に手作りのパン!(どうして作れるのか、理解不能です)それから手作りのササミジャーキー(素敵すぎる! べべナナよかったね!)

出前のお寿司を平らげたあとは


美味しいケーキの出番!(ケーキもお土産です♪)


私はプリンをGET


ナナは最初怖がっていましたが、すぐに慣れて足元へやってきました。


きっと優しいみいさんと妹さんに心を許したのでしょうね。女性3人が集まれば話題は尽きません。犬猫の話からチチとの出会いまで(笑)、何時間もしゃべりまくりました!

かつくんは終始隠れていました。近づいたらシャー! と威嚇(呆)。みいさんたちが帰ったあとはお土産についていたリボンで楽しそうに遊んでいました。


それにしても、何でも手作り出来ちゃう女性って、素敵ですよね。憧れちゃいます。可愛いグッズや美味しいご飯、人によってはお洋服まで裁縫したりして……。

昔、家庭科の授業で「パジャマ作り」に挑戦させられたのですが、真冬にも関わらず、長袖を縫うのが面倒で半袖のパジャマを居残りで仕上げたのを思い出しました(泣)。短大に進学してからは家政の授業を全て蹴り(!)代わりに法学や倫理などを選択しました。だから手先は不器用です。

イヤイヤ学んだ栄養学などは家庭では一度も役に立っていません!
ゴメンネ チチ……。

あなたの今日の夕飯?

それは……

またサンマだよ!!

みいさん、今度何か教えてください。手作りのパン、美味しかったです!

明日からしばらく我が家にセーラ&コテツが登場します。ブログでの登場は初めてです。私も久々に会うのが楽しみです。乞うご期待!

スポンサーリンク





人気者

昨日は姫をお届けした後、チチとDVDを観ました。その後、自分のブログを読んだらまた涙が止 まらず、なんだか身の置き場がない気がして、夜中フラフラと散歩へ出かけました。チチとべべナナも一緒です。私とチチは歩きながらゆずの話で盛り上がっ て、気がついたら元気が戻ってきました。私って単純かも(笑)。

さてさて、ゆず姫のお届けの様子ですが。

長距離だったので、ゆずは車の中で4回も吐いちゃいました。「可哀想に……。苦しいよね。でも、もうすぐよ!」と励まし、ゲロだらけになりながら抱っこしました。

海老名サービスエリアで一時休憩

吐きまくったのにこの顔。

立ち直りも早いです。

みんなに可愛いと連発されました。勿論得意げ^^

休憩所で出会ったダックスちゃんと

新しい里親さんは、ちぃこさんです。ちぃこさんは私と同年代の可愛い女性。お父様お母様も一緒に暮らしています。横浜市と国立市にそれぞれお姉さまがお り、国立のお姉さまは犬を飼っています。横浜のお姉さまはボランティア団体から2匹の猫を引き取って幸せに暮らしています。お見合いのときは横浜のお姉さ まも一緒に我が家へ来てくださいました。ご家族揃って犬が大好き。まめに行き来しているそうです。だからちぃこさんもお姉さまを訪ね、ゆずを連れてちょく ちょく関東へ来る予定があるそうなので、その時に会わせてもらおうと思っています^^

私が静岡県のちぃこさんにお渡しを決めた理由は、ちぃこさんのブログを読ませていただいたことが大きかったです。前の愛犬(MIX)ランちゃんの闘病日記 を読ませていただいた時、病気を抱えた愛犬への深い気持ちを感じました。その前のポコちゃんもとても長生きで、ポコちゃん、ランちゃんが愛情豊かに育てら れていたこと、病気になった時にきちんとケアをされていたこと、長生きし、良い最期を迎えられたこと。それらを知って決めたんです。きっとゆずのことも 守っていただける! そう思いました。

ゆずのブログをはじめるらしいので、その時はご紹介しますね♪ 楽しみです。

お家のそばについて、2度目の休憩 (近くの田畑にて)

新しいお宅のリビングでくつろぐゆず

梨を盗み食いしたので、ちょっと繋がれちゃいました(笑)。

色々な手作りグッズや、脱走防止のゲート、柵を用意してくれていました。ゆずのためのリビング といっても過言ではありません。しかも驚くのはその広さ。ペンション? というくらいの広い西洋風のお宅にチチと私は目が点。お姫様ではないですか! ゆ ずちゃん、頼むから破壊しないでくださいよ^^; 広いお宅の記念写真を! と思って外観にカメラを向けましたが、あまりにも広かったため、家の半分位し か写せなかったです。

これ、写ってる部分は全部家ですよ。実際はこの2~3倍の広さ! しかもオシャレ!


お家の近くで、ちぃこさんに抱っこされて


水色の首輪には、迷子札と鑑札がしっかりとついていました。
初日は大変な騒ぎだったようで、近所から来客が止まらなかったとか。勿論、皆様のお目当てはゆずちゃん。来客は人間に留まらず、なんと近所の犬も数頭、飼 い主さんと一緒に遊びに来たとか(驚)。ゆず、人気者ね~♪ 来週は、国立のお姉さまがご家族と愛犬を連れてゆずに会いに来るそうです。一緒に近くのドッ クランへ出かけるのだとか。Ⅹ34ゆずは、みんなに可愛がられて幸せな犬生を歩むのでしょうね。

あ、年に2回くらいは我が家へも泊まりに来てくれるそうです。成長したゆずと703の再会をお楽しみに♪

スポンサーリンク





この前はチチに私の恥ずかしい食生活を暴露されましたが、少しの間復讐はさておき、気を取り直してゆずについて書きますね。

破壊魔ちゃんゆずは、お陰さまで今日無事に我が家を卒業しました。今まで応援してくださった方々、温かく見守ってくださった皆様には心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

新しいお宅は静岡県。卒業生の中ではもっとも遠い場所だったので、正直、迷いがありました。けれど反面、のびのびと生活をするには適した所かなと。今日は 静岡県東部までお届けに行きました。とんぼ返りなのでちょっと疲れちゃっています。可愛い写真も沢山撮りましたが、新しいお宅での様子は明日お届けします ね。今日は我が家での写真をお届けします。

小さかったゆず

可愛いゆず

こんな姿をさらけ出して

ゆずはどんどん成長します。

手がかかった分

愛しさも存分に味わってしまいました。

いっぱいいたずらをしたよね

かつくんとふたり、うるさいし……。

オシッコも失敗したよね

でも、あなたは私にかけがえのないものを与えてくれた。愛することの素晴らしさを教えてくれた。小さいくせに何でも知っていて、私の心の一番やわらかい場所に土足で上がりこんでかき乱してくれたよね。あなたが大好きです。

あなたは703の宝です。

私たちの大切な宝物。卒業してからもそれは変わりません。

今まで我が家を卒業していった子は、みんな私たちの宝です。
励まし合い、抱きしめ合って生きてきました。だから手放す時は自分の一部を失ってしまうくらい辛いと感じることがあるのです。それは犬も猫も同じです。か つくんの病気があるので、猫を保護する時はケージ中心になりますが、思いは同じです。だから私は、里親さんに厳しい条件を求めています。細かい内容の誓約 書を交わし、お届けするまで何度もやり取りを繰り返す。そうしないと自分が納得できないからです。後悔するようなお別れをしたくはありません。里親さんた ちが私の気持ちを理解してくださっているので助かっていますが、しつこく言い過ぎたかな? と思うことが多々あります。でも、宝物を手放すのだから、納得 のできる卒業をさせてやりたい。幸せを保障してくれる方に渡したい……そう思うのです。でなければ、私が幸せでいることが出来ませんから。

皆様はどうですか? 飼い犬を自由に放したり、店先に繋いだまま買い物を楽しむ方がいますが、それは大変危険で す。血統の子は、繁殖の為に盗まれたり、雑種の子は動物実験用に下請け業者に狙われたりします。虐待目当てで盗む人間もいます。猫は三味線業者に狙われる ことが多々あります。本当です。ある日突然、飼い猫が帰ってこないという不幸、飼い犬がいなくなるという不幸を体験しないでください。宝物を危険な目に遭 わせないでください。居なくなった犬に対し、「どこかで幸せにやっているわ」とは思わないでください。今までの経験から言わせてもらえれば、この可能性は 低いです。

最大の愛情はお金をかけることではありません。むやみに自由を与えることでもありません。宝物を、あらゆる危険から回避させ、正しく管理することこそ、最大の愛情表現だと私は思います。

スポンサーリンク