雨上がりの空

タロのことで、ご心配をおかけしてごめんなさい。今日は里親さんが我が家に遊びに来ました。お 仕事帰りにも関わらず、10時半まで我が家に居てくれて、タロと接してくれました。お二人とも手にはバンドエイドが……。タロの行く末はまだ正直分かりま せんが、とても誠意ある対応に感動しています。タロを思ってくれて、タロは幸せな犬です。又ちょくちょく来てくれるそうで、タロも喜ぶし、大歓迎です♪

話は変わりますが、2月3日の土曜、5ちびの中の最後の子犬、レインが我が家を巣立ちました。心の隙間に風がビュンビュン吹いて、まともに立っていられない位、淋しいです(笑)。
去年の12月26日、大雨の日に我が家にやってきてからずっと一緒に居ました。いっぱい一緒にお出かけしました。胃炎を起こし、病院に担いだこともありました。思い出があまりに多すぎて、何を書けばよいか分かりません。とてもいい子でした。

姉弟の中では一番大きかったけど、一番優しい女の子。


そして一番の食いしん坊。


大きいと言っても、来た時は2.45㌔しかなくて


強く抱きしめたら壊れちゃいそうな女の子でした。


一番最初に卒業したまりんと仲良しで


いつも一緒に遊んでいました。


寄り添って遊ぶ姿はまさに天使


かつくんとも大の仲良し!


いっぱい遊んで、姉弟に譲って、愛と優しさを振りまいた。


5姉弟の里親募集を最初にしたのは、昨年末でした。今だから正直に言いますが、レインだけ、お問い合わせがなかったのです。5ちびとも同じくらい可愛いの に、私の写真技術が悪いのか、それともタイミングが悪いのか、他の子には指名つきでお問い合わせを頂くのですが、「レインちゃんと会いたいです」というも のはありませんでした。けれど、私は焦りませんでした。レインにだって、必ず良い出会いがあると信じているし、もしどうしてもない場合には、べべとナナの 妹になればいい。何かと不自由させる我が家ですが、703に残ってしまうなら、その運命を大きく祝福したい。そう思いました。
胃炎が良くなって、再度里親募集を開始したときも、不思議と全く焦りを感じませんでした。良い縁がなければ、ここに居ればよい。そう思っていたから。

そうしたら、なんと、「レインちゃんに会いたいです。」というメールを何通ももらったではありませんか!レインの可愛さを分かってくれる方々からの温かいお問い合わせが沢山来て、私は嬉しくてたまりませんでした。
その中から、とっても素敵なご縁があって、レインは703を巣立ちました。

レインは言います。


「みんなのように、あたちも幸せになれるの?」


私は言います。


「ええ、必ず。最後まで全力を尽くすからね。レインがとても好きだから」


「じゃあ、あたち、お風呂を我慢した甲斐があったわ♪」


レインがやってきた日、冷たい雨が降っていました。
レインが巣立った日、春のように暖かくていいお天気でした。
太陽が小さな女の子の旅立ちに顔を出して「いってらっしゃい」と言ってくれたようで、何だか嬉しくて、来た時の倍の大きさになったレインを抱きしめました。

「よく育ってくれたね」
女の子からはお礼のチュウ。
又会おうねのチュウかもしれない。

又会おうね!心はいつも傍にある。今までも、これからも。

次回は、素敵なお宅へ巣立ったレインをお届けします♪
サプライズ3が待っていますよ^^ お楽しみに~!

スポンサーリンク





トライ

前回は、柴犬のタロが幸せになった様子をUPしましたが、事態が変わりました。タロは愛嬌があ る犬です。でも、今までどこで飼われ、何故捨てられ、どこを彷徨っていたのかは知る術がありません。一時預かりしてくれた女性のお宅では、室内でしたが、 リードで繋がれていたので、どんな行動パターンがあるのか、正直分かりませんでした。でも分からない分からないと言って、里子に出すわけにはいきません。

だから703で一旦引き取って、短期ではありますが、様子を見ることにしました。
そこで分かったのは、足を拭けない事。猫が苦手だということ。
私はこればかり強調しましたが、実は、もっと深刻な問題行動をとることがあります。
それは、「ご飯」です。
ご飯のときは、性格が変わるとの情報をあらかじめ聞いていたので、我が家でご飯をあげるときは、ケージの中にタロとご飯を入れて、食べ終わるまで、そっと しておきました。レインがケージに近づこうものなら、牙をむき出して威嚇してきます。でも、食べ終わってしばらくすると、レインが近づいても全然平気にな る。二頭でクンクンご挨拶。

チチがタロに噛まれてしまったのは、タロのご飯を取り上げようとしたから。
ダウンジャケットとトレーナーがある程度クッションになってくれたから、チチはあれだけで済みましたが、素手だったら、病院送りになっていたと思います。

でも、チチはその後、物凄い大声を上げてタロを叱り、手をあげました。軽くほっぺをピンしたのです。保護した子達には絶対、手をあげないよう心がけていますが、この場合は例外です。無視という手も通じません。男同士の喧嘩です。
そしたらタロは、おとなしくなって、いつものいい子ちゃんに戻りました。

だから、その点をよく注意して、タロが食べている時は、絶対に近づかないでください。と言って里子に出しました。里親さんは良くそれを守っていました。そ して、温かく接してくれて、タロと一緒に問題を解決しようと懸命でした。でも今日、とうとうタロは、近づいてもいないのに、ご飯時に同じ部屋にいたと言う だけで里親さんを激しく威嚇し、手の付けられない状況になってしまったのです。

バイト中の私に代わって、チチが迎えに行って連れて帰ってきました。
迎えに行ったときもまだ少し興奮状態だったみたいですが、強く叱って連れて帰りました。もう一度、良く考えてみようと思ったからです。帰り際、里親さんは、出来たらタロと一緒に暮らしたいと言ってくれました。それがとても嬉しかったです。

私はどんな時も、人間よりむしろ犬猫に優しい(笑)タイプですが、今回は、里親さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。タロが悪いわけではありません。タ ロを分析しきれないうちに渡してしまった自分が悪いのです。あるいは、分析を超えた行動を予想するべきだったのかもしれません。問題行動があっても、タロ は愛しいいのちです。それにいいところだって沢山ある。それを伸ばし、人間と共存できるよう頑張って行きたいと思っていますので、応援よろしくお願いしま す!!!

スポンサーリンク





幸せの403号室

はい。ぼく修行を終えた成、あ、間違えた、黒田です。黒田タロと言います。

 

703号室の短期集中修行を終え、金曜の夜、ハハとユキちゃん(ハハの友達)と一緒に新しいお家へ行きました。あるマンションの403号室です。そこは703号室からは車で30分弱のところ。千葉から来たぼくは、関東を横断し、幸せを掴みました。

短い期間で、色々勉強したぼく。


ぼくなりに、いい子になろうと頑張りました♪

「タロは本当はいい子ちゃんよ」とハハ。(奥に悪い子が写ってますね)


なでなでにぼくはうっとり♪


お風呂にも挑戦したよ! チチ、大暴れしてごめんね!


かつくん、猫が嫌いだったけど、お風呂に入るぼくを見守っていてくれたんだね。アリガト! 今度会ったら仲良くできるように頑張ってみるよ。猫ちゃんも案外可愛いね♪


そして土手では思いっきり遊んで楽しかった!


まめちゃん、ぼくとお散歩してくれてありがとう!


ぼくは何ヶ月もの間、ずっとひとりぼっちで生きてきたんだ。怖かったし、淋しかったよ。それに暖冬とはいえ、結構寒いしね。ぼくは生きるのに必死だった よ。神様から与えられたいのち。ぼくはぼくなりに生きたかった。でも、今の日本で犬のぼくがひとりで生きていくことは許されてないから、ぼくはセンターへ 送られた。とても心細かったんだ。だってぼくのいのちは、まだまだ未来に向かって輝くのに、それを許さない環境がぼくに襲い掛かるんだもの。

誰か、ぼくを助けてください!」ぼくは力一杯叫んでみた。

そして、ぼくは助けられた。
多くの罪なき仲間のいのちが朽ち果てていく中で、ぼくは奇跡的に助け出された。
ぼくは心からありがとうを言いたいです。
ぼくが生きるのを許してくれた皆様、ありがとう。

無機質な部屋の中で、漠然と考えていました。ぼくには一つだけ質問があった。

「ぼくを飼っていた誰かさん、何故ぼくを捨てたの?何故ぼくは捨てられたの?」

けれど、もういいの。ぼくは男の子だから、そんな疑問は頭の中からすっかりと消し去った。過去はどうでもいい。だってぼくには、待ちわびてくれるパパママが居るから。

 

新しいお家でのぼくとぼくのおもちゃさんたち


沢山あるよ! ガブガブ……。


ガブガブ、ガブガブ……。


こっちも楽しいな♪


これ、全部ぼく専用!


パパはお仕事をそこそこサボり(爆)、ぼくの為に毎日ショップに通って色々揃えてくれた。ママはお仕事そっちのけで、703のブログばかり見てた。ぼくは二人にとって、待ち遠しい存在だったんだね。嬉しいな♪ 本当に嬉しいな♪

そうそう。
足を拭けないぼくの為に、ハハが考えた作戦ですが、これが又単純……。
バスタオル2枚を重ねて濡らして、玄関いっぱいに敷いて、ぼくをリードで固定して、2分放置。ぼくは、必然と濡れたバスタオルの上を踏み踏みしちゃう!  これで汚れが多少は落ちるだろうという計算。しかもそれをパパママの前で実践して見せたとき、自分の靴下までビショビショにしてしまい、何を思ったか、そ の靴下をパパママへ渡すお土産の紅茶の中に入れちゃったんだよ。あの人……。
失態に気づかず、「はい!お土産です」と渡しておきながら、帰り際、靴下がないと大騒ぎしたの。皆でハハの靴下を散々捜索するはめになったよ。

そして、ママが「頂いた紅茶の中に入っています!!!」って。呆れちゃったぼく。
ハハは勿論逃げるように帰ったけど、もう来て欲しくないね、ぼくんちには。第一失礼すぎるし。

ぼくは多数の応募を頂いたらしいけど、一番最初にメールしてくれたのがパパなんだ。パパは、里親の元へ旅立った犬そらちゃ んの時に、応募してくれてた。そらちゃんの時は、とても素敵な人達が重なってしまったけれど、今回は一番最初にメールしてくれた。一度ハハと会ってるの で、ハハは大安心♪ だから話がスムーズに運んだよ! ハハにとっては嬉しいサプライズだね♪ ぼくもとても嬉しいよ。

☆☆☆おまけ☆☆☆

ぼくがハハに残したお土産(溢れる可愛い笑顔)


ぼくがチチに残したお土産(爆)


チチがぼくのご飯を取り上げようとしたから、つい怒っちゃいました……エヘ。でも、厚手のダウンとトレーナーを着てたからこれで済んで良かったね♪ お大事に!

スポンサーリンク





ぼくはいい子?

皆様、いかがお過ごしですか?ぼく、修行中の成田です。


足は相変わらず触らせません。だって、気持ち悪いんだもん。ハハは、何とか拭こうと四苦八苦していますが、どんなやり方でかかってきても、ぼくは暴れちゃ う。高い場所で拭こうとしてたけど、ぼく、鳥みたいに飛んで見せたし、紐で固定しても暴れちゃうんだよね。おやつで釣っても無駄。ぼく、うまいことおやつ だけ食べて後は暴れちゃうから(笑)。叱っても無駄。ぼくには通用しませんよ。

で、昼間から、ぼくの新しいパパに電話をして、新たな秘策があると打ち明けてた。その作戦なら、ぼくの足はきれいになるかも。でも期待しないでね。所詮、 ハハが考えた作戦だから。あ、ちなみにぼくは水も大嫌いだから、シャワーで流す、と言う選択肢も消えたよ。さてさて、どんなものか? 当てた人にはハハか ら、豪華商品をプレゼントします♪

それにしても、ぼくの事、悪く書くからパパママに嫌われるんじゃないかと心配だったよ。もう少し誉めるとか、言い方変えるとか……。だからハハは、もてなかったんだろうね。だからチチが変にやつれたりするんだろう、とぼくは思ったりしてる。
でも、パパは、「むしろ楽しみです♪」と言ってくれた。サスガはぼくのパパ! 妙にいい子と書かれて猫をかぶるのも、ちょっと辛いから、まあ、良かったよ。

そう。ぼく、実は昨日の夜と今日は、一日中ケージから出してもらったの。猫のかつくんがくにゃくにゃしててキモイから、かつくんを見ると思わずぞぞっとして吠えたりするけど、姿が遠くなら全然平気。実はぼく、猫ちゃんが嫌い……。「猫ちゃん嫌いの成田なんて嫌い!」とハハは言うけど、人(犬)には得意不得意があるし、ぼくはこれでも結構いい子なんじゃないの?

レインちゃんとチュウしてるぼく


どう?レインに嫉妬した? ぼくはいい男だから、チュウをせがまれるとついサービスしちゃうんだよね。ハハにもさっきしてやった。大喜びしちゃってバカみ たい。いい歳してさ。でも、ぼくのお家を見つけてくれたから、そのお礼がしたかったの。と言っても、ぼくのお家が見つかったのは、ぼくが可愛いから♪ ぼ くのお家が見つからなかったら、それは勿論、ぼくの魅力を伝えきれないハハのせいだけどさ。

ぼくはなでなでが大好き♪


ぼくをなでてもいいよ。


それからこの笑顔。もうキングオブ柴だよね。


皆さん英語分かる? つまりは最高の柴ってこと。

あ、そうそう、昨日、土手から帰ったら、こんなちびが遊びに来た。


ハハの保護友達のユキちゃんと、その娘ちゃんのみらいちゃん。

それから、このちびも……。両足を折られた、子犬のさくら。


さくらについては、知ってる人も多いよね? つい最近登場したばかりだから。ちょっと可哀想だと思ったけど、ぼくは眠いから相手にしなかった。

ハハ妹がいたずらして変な顔にしてた(ブスー!)ぼくの好みじゃないな。


でも、ちゃんとするとおなかはでかいけどまあまあ可愛い。将来が楽しみかもね。


子犬同士で記念撮影(レイン大きいな)


色々話したけど、一番は、ぼくがケージを出ても、ちゃんとお利口に出来るって事を言いたかったんだよ。それを写真つきで証明したかっただけ。 ね?分かったでしょ?ぼくって本当いい子だね。いい子過ぎて涙が出ちゃうね♪

コメント返し、遅れちゃってゴメンナサイとハハが。しっかりやってくれないと困るよ。特にぼくがメインのページは! ぼくがきつーーーく叱っておくか ら、気長に待っててね! ぼくは運動量が多いタフな男だから腰痛を抱えて一日3回の散歩で参ってるらしいけど、コメントは楽しみに読んでるみたいだから。 これに懲りず、ぼくを褒めちぎるコメント、ドシドシ送ってね!! そしてぼくを見守ってください。

スポンサーリンク





そよ風と修行

既にお気づきの方も居ると思いますが、30日里親募集中の柴犬が 修行の為、703にやってきました。お届けまで日がありません!短期集中で頑張らねば……。修行の理由?それは、成田の生活スタイルを知り、悪い所を改善 し、新しいお宅に適応させるため。今まで預かっていただいたお宅では、自由がなく、玄関の内側に繋がれていただけ。しかも成田、一時預かりのそのお宅の玄 関にあった巨大な下駄箱、粉々に砕いてしまったそう(汗)。さて、どうなることやら……。

室内飼育に適応するための訓練。

これが、結構至難です(涙)。

成田は、長いこと放浪していました。最初は捨てられて2週間位だと思っていたのですが、実はもっと長いこと保護されるきっかけとなったコンビニに現れてい たそうです。2ヶ月くらい。コンビニにご飯をおねだりに来る以外、どこでどう過ごしていたのかは謎に包まれていて(笑)、多分自由気ままに野良生活を送っ ていたんでしょう。
そして、誰かに飼われていた時も99.99%外飼いであったと断言できます。

まず、毛並み。
外飼いの犬は、室内犬と比べると毛がごわついていてとても硬い。このごわつきは、汚れからくる場合が多いのですが、たとえまめに洗っていたとしても、寒さ や暑さから体を守るには、サラサラの毛では対応できない。その為、外の犬は毛が自然と硬く、ごわつくようになると聞いたことがあります。成田はひどい。ゴ ワゴワ。

それから、足を拭かれるのを極端に嫌います。
何かしらのトラウマがあるのかもしれませんが、それにしても足を拭こうとしただけで大暴れしてしまい、2人がかりでも全くダメ。これは、拭かれたことがな い事を意味します。室内飼育なら、足くらい拭いたことあるはずですが、成田を見る限り、家の中に入れてもらったことがないと推測出来ます。

最後に、ケージを嫌わない。


お?じゃあ、室内飼いでケージ慣れしてるのでは?と思われがちですが、実は外飼いの犬の場合、繋留で自由を奪われている時間が長いので、じっとしているのが苦にならないのです。室内で自由に暮らす犬の方が、ケージを嫌うケースが多い気がします。

って事で、前途多難ですが、こんな成田を完全室内犬にするべく、頑張って行きたいと思います!!

「ごちゃごちゃうるさい! 早くぼくの可愛い写真を出してよ」と言われそうなので、この辺で今日夕方お散歩へ連れて行ったときの写真を紹介しまーす!

柴同士、ハハ妹とその愛犬まめも一緒に行きました。


成田は一日の殆どをケージで過ごしているので、1日3回の長いお散歩は欠かせません。


かなーり歩いて(歩きすぎて死ぬかと思った^^;)向かった場所は、土手。


まめが笑ったら、


成田も笑った(笑)。


成田はさすがオスだけあって、まめよりだいぶ大きいですね♪


なかなか可愛い。


柴同士、記念撮影!


そよ風もいい感じ^^


楽しかったね!


「ぼく、お散歩大好き♪ でもリード邪魔だな……。だって、ぼくはしばらく自由に歩いていたからね」

いい?成田、リードは確かに邪魔かもしれないけれど、こうやって人間と繋がっているのって、とても大切なのよ。まるで手を繋いで歩いているように、前へ進もう。

「人間と繋がっているのって、ぼく、実は結構好き。だって守られている気がするから……。“繋がる”って悪くないよね」

そんな風に語り合いながらのんびりお散歩を!と言いたいところですが、ピンピンメチャクチャ引っ張る引っ張る(涙)。

夜は夜で、一度も足を拭いていないし、さすがに汚いからお風呂に入れたのですが(チチが)、史上最悪の暴れ方でした(爆)。はあぁ……。

レインと一緒に入ったのですが、レインが可哀想でした。


でも、お風呂上がりから今まで(4時間くらい)リビングに放していますが、何の問題もなく、前から居たかのように振舞っています。恐るべき進化犬!ケージ卒業も秒読みか?足を拭かれるのを極端に嫌うところだけ直れば、いい感じになります!
誰か、知りません? うまく足を拭く方法。
本当暴れん坊になって、犬慣れしてる私もチチもお手上げなんで。

コメント返し、ゆっくりやります(笑)。
べべの誕生日、多数のあたたかいコメントを頂いて嬉しい限りです♪ ルン♪

雑誌WanDay出ました。703が紹介されているので、良かったらご覧ください。

スポンサーリンク