お誘い、ほか

【お誘い】

 

ふだん個人で活動している私は、インターネットが中心ですが「皆さまに直接お会いして元気をもらいたいなあ」と、ある晩急に思い立ちました(笑)。Twitterで幹事を募集したところ、703号室卒業生のカノン家とすもも家が名乗りを挙げてくださったので、幹事はそのおふたりにお任せします。

 

はじめは卒業生ファミリーでこじんまり盛り上がるつもりだったのですが、お世話になっている友人たちなども誘うことに決めました。そうしたら、面識はないけれどいつもブログを読んでくれている方も行きたいと声をかけてくれたので、こりゃもう、参加したい人はみーんなおいで! という流れになったのです。

 

自分で言うのはおかしいですが、私はえらそうな感じじゃないのでご安心ください。どちらかというと腰は低めですが、場を盛り上げたいがために空回りするイタいタイプです(>_<)

 

里親ファミリーは大歓迎のこと、ブログを見てくださっているという方もぜひ♪

 

なお特別な催しを考えているわけではなく、みんなでワイワイ交流するだけです。

 

場所はおおよその人数が決まってから発表しますが、表参道の予定です。

 

日時は11月25日。まだまだ先ですね。忘年会には一足早いですが、忙しい師走の前にホッと息が抜ける時期なのでいいんじゃないかなと思います。

 

時間は夕方17:30~2.5時間程度? でしょうか?

 

ふだん私のブログに登場する人たちはほぼほぼ来ます。

 

行きたい! という方は私か幹事までお知らせください。ちなみに今日現在で39名の方が参加します。名簿は今度幹事に聞いてお知らせしますね。

 

 

さて、雨の日の703号室は静かな時間が流れています。

kouryuukai (7)

 

 

お散歩に行きたくない気だるそうなリル

kouryuukai (6)

 

 

ふふ。晴れたら行けばいいよね。チチに甘やかされて1日に5回散歩をしています。

kouryuukai (5)

 

 

シンクロのさぶとあまぱん

kouryuukai (4)

 

 

私の目下の目標はあまぱんの体重を増やすこと。本日もシリンジ食をがんばっています。

kouryuukai (3)

 

 

次は保護部屋を覗いてみましょう。

kouryuukai (8)

 

 

お? 三本足のハットリくんがこんなに高い場所にのぼっているではないですか?

kouryuukai (9)

 

 

これ自力であがっているんですよ。猫の運動神経のよさはすごいなあ。

 

 

すずらんは相変わらず怒ってばっかり。少しずつ人とのコミュニケーションを築くように心掛けています。ちゅーるは手から食べてくれるようになりました。大きな前進ですよね。すず、ちょっとずつでいいから心を開いて見せてね♡

kouryuukai (10)

 

 

3匹の保護猫たちが6畳弱の保護部屋で過ごしています。

kouryuukai (2)

 

 

来週ニコ&ベルの保護~卒業記事を終えたらまある、ハットリ、すずらんの順で家族募集していきますので応援よろしくお願いしますね!

 

 

「いつもいろんな相談来てるよな」

kouryuukai (11)

 

 

うん。そうなんだよね。

 

 

「猫を保護したけど里親が決まるか不安」

 

 

系のお話はとっても多いです。

 

 

時間のある限り個別でアドバイスを差し上げていますが、正直追いつきません。

 

 

私はみなさんに「必ず決まる」とお伝えしたいです。

kouryuukai (14)

 

 

私が身をもって実現させています。

 

 

私は人気が出そうな子猫もやりますが、貰い手がつきにくいとされる大型の中高年の雑種の犬も老齢の猫も感染症を持っている子たちにも家を見つけてきました。怒りん坊も然り。保護するときにいちいちこの子は決まるのかと悩むことはありません。

 

 

私はどんな子でも隔たりなく手を差し伸べてきたと自負しています。

 

 

またそこが自分の長所だと思っています。

 

 

毎回言っていてくどいようですが、魅力のない子はいません。

kouryuukai (1)

 

 

そして世の中には、意外と善意の眼差しを持ってくださっている方がいるのです。自分の主観や価値観だけで「悲観視」するのはもったいないですよね。

kouryuukai (15)

 

 

不遇な子を自分の腕に抱き、本当の住処に送り届ける。

 

 

これほどファンタスティックで刺激的な活動があるでしょうか?

 

 

あなたはやれる。

 

 

あなたならやれる。

 

 

なぜかを説明しましょう。

 

 

保護した子にとって、あなたは父なる存在であり、母なる存在であり、頼れる友であり、保護した子はあなたの愛ですでに生かされているからです。

kouryuukai (13)

 

 

あなたはもう、勇気を持って一歩を踏み出しています。オドオドせずに、歩きましょう。あなたの保護動物はあなたの行動を見ています。あなたを信じています。

kouryuukai (12)

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





残り香

ゴエママあつこさん、大量のマンゴーやおせんべいありがとうございました。

simaa (5)

 

 

このマンゴーは自分でもよく買います。おいしいんですよね。

 

 

さて、犬はこまめにしますが、猫のシャンプーはどこか気が引けます。

 

 

あまり洗わないほうがいい生き物だと思うからです。

 

 

しかし垂れ流し排泄のほほに限ってはそうも言っていられません。東大病院の菅原先生も「尿やけ」を防ぐためにも下半身のシャンプーをすすめてくれました。

 

 

どうせならいい香りを漂わせたい。

 

 

ということで先日お母さんは、犬猫用シャンプーを買いにいったのです。

simaa (1)

 

 

 

お風呂場まで抱っこして、お尻を中心にゴシゴシ洗い流す。

simaa (7)

 

 

 

終ったら腕の中でタオルドライ

simaa (6)

 

 

 

ほほはすごくおりこうにしていてくれます。

simaa (8)

 

 

 

最近マイブームのおててクロス座り

simaa (9)

 

 

 

思慮深いでしょ?

simaa (11)

 

 

 

生きているんですよ。立派ですね。

simaa (10)

 

 

 

夜、いっしょに寝るのが日課となりました。ほほをふわっと包むシャンプーの残り香を嗅ぎながらかわいくてかわいくて食べてしまいたい衝動に駆られます。

 

 

気がついたらいきなりほほの介護がはじまっていました。

 

 

べべ、ナナとつづき、次はほほのお世話を中心にする時が来たようです。

 

 

しっかりとほほを守っていきます。

 

 

息抜きもじゅうぶんにしていますよ。

simaa (4)

 

 

妹がよくつき合ってくれています。というか私が妹につき合っているのかな?

simaa (3)

 

年の離れた姉妹ですが、妹がいてくれて心強いですね。

simaa (2)

 

 

なにを手伝ってくれるわけじゃないけど、辛口ながらも常に私の味方でいてくれるのがありがたい。昨夜は「人を見る目を養いなさい」と諭されました(笑)。

 

 

性格のキツーいタイプです。

 

 

今日はつづけてもうひとつ更新します。

 

 

皆さまよいウィークエンドをお過ごしください。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





命綱

昨夜ふと気づくと、私の横にほほがいました。

 

 

這ってきたのかな?

 

 

ほんとうに驚きました。

 

 

近ごろは私が抱いて布団へ連れて行くのが日課になっていたんです。

 

 

本心はきっと迷惑だろうに、よくつき合ってくれているなと感心していた位です。きっとじょうずに動けないから、ほほは私の隣にいるんだと。

 

 

まさか自分からやってくるとはね……

IMG_1585

 

 

 

マッサージを施すと大音量のゴロゴロ♪

 

 

エアコンの風が当たりすぎないようにフワフワのタオルをかけました。

 

 

家族は私を必要としてくれる貴重な存在です。

 

 

家族はありのままの私を受け入れてくれます。

 

 

お母さんがスッピンでも等身大でも失敗ばかりでも。

 

 

家族は私の帰りを待ってくれます。

 

 

傷ついたとき、家族が私の味方です。

 

 

甘えているようで、実は甘やかせてくれる。

 

 

ときどき、日常の中で奇跡を見せてくれます。

 

 

名を呼ぶと振り向きます。

 

 

私がいなきゃ生きていくことができません。

 

 

そして私もまた、家族に生かされていると実感しています。

 

 

家族こそが私の命綱です。

 

 

愛を込めて、あなたに

IMG_1583

 

 

 

お母さんより

 

 

スポンサーリンク





闘病トリオ

今日は台風が猛威を振るいましたね。私は予定通り東大病院へ 行きました。

 

 

ふふ。ほほ、お漏らしなしでえらかったです。

aahoho (11)

 

 

 

残念ですがステロイドと利尿剤を倍に増やしてもほほの四肢は不自由のまま。特に前足が動かないのです。ステロイドの量が多すぎるのはほほにとって負担が大きいので、少しずつ減らしていく方向になりました。これからどうしようね?

aahoho (9)

 

 

 

お薬欠かさずがんばっているのに悔しいね。

aahoho (10)

 

 

 

丁寧な診察でやさしい笑顔の菅原先生。ほほもまんざらでもありません^^

aahoho (8)

 

 

 

先生たちと相談して、次回無麻酔のCT検査を行うことにしました。あまぱんも以前東大で無麻酔のCTを受けています。東大のCTは日本一性能がいいのです。

 

 

精密検査してもこれといった方策がないかもしれませんが、私はお母さんとしてほほの状態を正しく知りたいと思っています。愛しているから。

 

 

つづいて慢性腎不全のさぶ

aahoho (7)

 

 

 

風邪がすっかり治りました。さぶは体調も血液検査の数値もすこぶるいいです。

aahoho (5)

 

 

 

よしよし。このままこのまま♡

aahoho (6)

 

 

 

最後は慢性腎不全のあまぱん。体重が減ってしまいました。吐きやすいためエコーや広範囲にわたる血液検査を依頼。結果は特別悪くありませんでした。ホッとしています。あまぱんにはもっとこまめにシリンジ食を与えていかなければ!

aahoho (4)

 

 

 

帰りたいとわめくあまぱん。相変わらず弱虫です。あまぱんは貧血も気になるところですが今はヘモテクトというサプリで維持できています。セミントラ、皮下補液(120ml/日)、治験薬ファイブアラがあまぱんとさぶの治療内容です。

aahoho (3)

 

 

 

東京大学の力強いサポートのおかげもあり、うちのお子たちはそれなりのQOLを保てている気がします。いつもつき合ってくれるMIHOさんにも感謝♪

aahoho (1)

 

 

 

前田先生、菅原先生ありがとうございました。また来月お会いしましょう。

aahoho (12)

 

 

 

通院お疲れさま。お母さんといっしょにねんねんゴロゴロしましょう。

aahoho (2)

 

 

 

心細い日も家族が寄り添っていれば大丈夫。お母さんはほほのクッション役でありたいです。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





きみがこのまま動けないとしても ほか

卒業生こま吉(デカ円)の里親きちこさんにあんこの最中をいただきました。

ffe (6)

 

 

めっちゃめちゃおいしかった。ありがとうございました。

 

 

譲渡から2年。怒りんぼの成猫でボロボロだったFIVキャリアのこま吉は、艶ピカ紳士の一途をたどりつづけています。家族の愛を知ったから。

ffe (13)

 

 

 

けれどこま吉は仲よしの兄を病気で失いました。こま吉の兄、ぽん吉もまた私が保護したFIVキャリアの成猫(譲渡は妹が担当)。心を閉ざしていたところまでふたりはそっくりで……

ffe (3)

 

 

 

私も妹もぽん吉が大好き。元はうちの近所にいた猫なので思い入れもひとしおです。ぽん吉が天に召されたのを知り、私はきちこさんへお花とカードを送りました。卒業生の訃報を受けるたびに私はお花を送っています。ぽん吉にはこれをオーダー↓

ffe (1)

 

 

 

きちこさんは天国のとら吉兄、ぽん吉の遺影に添えてくださっています。

ffe (2)

 

 

 

そしてお返しに、ぽん吉のマカロンをもらいました。えー! 似てる!

ffe (4)

 

 

 

まだ傷心が癒えない中、きちこさん夫妻は栄養不良+風邪っぴきでクチャクチャの子猫4匹を知り合いの方にソフトに押しつけられ? 保護することに……

IMG_1492

 

 

 

でも今夜電話口で話したきちこさんの声は、どこか吹っ切れてお元気そうでした。きちこさんは以前も成猫たちを保護し、譲渡した経験を持っています。

 

 

私の周りの方々や里親さんは、尊敬に値する方ばかり。素晴らしいですね。

 

 

よし。私もできる協力は惜しまずにしますよー!

 

 

さて、703号室の近況を少々♡

 

 

本日私はノートパソコンを手に近所のカフェへ行きました。

ffe (8)

 

 

この章は1万文字程度にしよう。なんとなくボリュームを決め、一章をさらに6分割に。ここまでの作業がいちばん頭を使うのです。柱が立ったら次は6つにカットした分を書きます。粘って6分の1.5が終りました。まだまだ、ですけどね。予定より遅れぎみですが少しずつやっています^^;

 

 

「お母さん 乾かして」

ffe (7)

 

 

 

チチにシャンプーされショボくなったリル。ドライヤーの音を怖がるのでタオルでひたすらゴシゴシ。リルはふわふわじゃないとなんかおかしい(笑)。

 

 

最後に、昨夜の自慢話を♪

ffe (9)

 

 

 

リビングでふと目に留まったほほを腕に抱いて、同じ布団で寝てみたのです。

ffe (11)

 

 

もともとほほは自立心の高いタイプで私の近くで寝たがりません。しかし最近は這って逃げるのも面倒のようで、そばで寝息を立ててくれました。

 

 

私の真横で爆睡するほほの背中を眺めながら私は思ったんです。

 

 

ほほがこのまま動けないとしても、私はほほを幸せにするんだろう、と。

 

 

別の方法を模索しながら、いっしょに楽しく歩いていくんだろう、と。

 

 

ほほが喉を鳴らすまで私はほほを撫でました。

 

 

ほほのゴロゴロ音はまるで大きな深呼吸でした。

 

 

毎日欠かさずほほの手足をマッサージをしています。

 

 

繰り返し刺激を与えていれば、いつかまたじょうずに歩けるようになるかもしれません。未来のことなどだれにもわからないのですから。

 

 

中トロを一切れあげました。

 

 

あまりのおいしさにほほは目を丸くして、ゴクリと飲み込んでしまいました。

 

 

できないことがあるのは残念です。

ffe (10)

 

 

 

ですが、できることもたくさんあるんです。

ffe (12)

 

 

 

明日は東大病院の診察日。またお漏らしをしてしまうでしょうか?

 

 

生きていてくれてありがとう。そんな風に日々ほほに感謝しています。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク