べべ公に会いたい

わらひよさん毎年甘くておいしいイチゴをありがとうございます。

0ttt (1)

 

 

皆さまこんばんは♡

 

 

だいぶ前からSNS疲れに悩まされているので、しばらくの間はブログにウエイトを置きます。もともと自分に起きたことを書けるだけ書きたいタイプですが、全部書けるわけでもないですものね。ブログまで止めてしまうと微々たる活動やお子自慢を放出できる場を失ってしまうので、ブログはつづけていきます。ぜひブログはごひいきください♪

 

 

今日は私が宇宙でいちばん好きなべべ公の誕生日です。

 

 

2001年生まれのジャックラッセルテリアのべべ(♀)は16歳半で命の幕を下ろすまで、実に9年も闘病をしていました。べべを苦しめていた病気は胃がんと尻尾のがん、多発性腺腫。最終的には胃がんで逝きましたが、6歳の終わりで胃にがんを見つけてからというものの、若かりし日は手術などの攻めの医療を繰り返し、15歳を過ぎて発した胃がんは内科療法で1年の延命に成功したのです。

0ttt (9)

 

 

成功、とひと言で括ってしまったのですが、べべががんばってくれて、何度も奇跡を見せてくれたおかげで私も納得のできる別れができたと思います。要はすべてがべべのおかげです。

 

 

大きな病気に負けなかったべべの生命力に感謝しています。

0ttt (10)

 

 

今も私の中核にべべがいます。

 

 

カメラロールを整理していたら2016年10月11日の写真が出てきました。

0ttt (6)

 

 

ふふ。チチがシリンジごはんをあげています。

0ttt (5)

 

 

この頃さまざまな問題でチチと私は口論が絶えませんでしたが、子は鎹とはよくいったもので、べべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶを通じて家族の絆を感じていたのも事実です。

 

 

お子たちがバランスを取ってくれていたのですね。

0ttt (3)

 

 

若かりし日の元気すぎるべべも魅力的だったのですが、老いてなお愛おしさが増すという。なんなんでしょうね。べべの目を、鼻を、息づかいを思い出さない日は1日としてありません。ただ、言葉にすると未練タラタラで会いたくてどうしようもなくなるのでふだんは心にしまっているのです。犬と猫はどの子もかわいいのですが、きっとこの先私が死ぬまでべべの存在は特別な次元にあります。

 

 

べべは私の太陽でした。

0ttt (4)

 

 

そして私のストーカーでもありました。

0ttt (7)

 

 

いっしょに地方に単身赴任していたチチのお見送りもしたね。0ttt (8)

 

 

いろいろなできごとがなつかしい。とにかく我が家はべべが中心でした。

 

 

さっき、高菜をおふろに入れながらべべの話を高菜にしたのです。

 

 

高菜が703号室の保護犬だった12年前、高菜とべべはそれなりに仲よしだったのですよ。

0ttt (2)

 

 

べべを「昔話」にしようとすると、まだ苦しいけれど、いつかいい形で消化できたらいいなあ。皆さまも皆さまの愛するお子たちと1日でも永く、有意義な時間を過ごせますように。

 

 

回想写真を失礼しました。

 

 

Smile!

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





幸福の延長(シッター日記:ももとさくら家)

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

※長いです。ごめんなさい。

 

 

先日私は卒業生もも&さくら家で3シッティングしてきました。

IMG_8859

 

 

お仕事のことをぜんぶ書けているわけではないのですが、折を見てなるべく放出しています。タイムラグがありますが、よかったらおつき合いくださいね。

 

 

にくきゅうのおせわ屋というHPをチチが作りました。これまで受けてきた方は私に直接ご連絡いただいて大丈夫ですが、新規の方はこちらからお願いします。

 

 

屋号はチチと相談しながら決めたのです。

 

 

「ペットシッター」より、もっとマルチな意味合いを持たせています。

 

 

というのも私ね、昔保護犬ゴンタを看取ったのですが、正直ゴンタは若かった私をもってしても、高菜の10倍辛かったです。重度の認知症と多尿多飲のゴンタは絶えず旋回し、排泄し、掃除しても洗濯してもうちは常に昭和の公衆便所の臭いがして、家じゅうがめちゃくちゃの状態でした。

 

 

2年2か月の介護生活で、心身共にゆったりとくつろぐこともできず、私自身が極限まで追いつめられていた記憶があります。血管肉腫と闘いながら生きていてくれたゴンタはかわいい。しかし1日でもいいから、定期的にだれかにゴンタを丸投げしたかった。本当にそうしたかったです。

 

 

当時私は会社員だったチチにゴンタの世話を頼むこともほとんどしませんでした。疲労困憊ですごく消耗したし、ひとり孤独感に苛まれることが多かったです。

 

 

犬も猫も高齢化社会なので、きっとかつての私と同じ境遇で悩んでいる方がいるでしょう。「にくきゅうのおせわ屋」はそういう問い合わせにも対応していきたいです。ちなみにロゴはゆちゃんに仕事で依頼しました。何種類も作ってくれたのでおいおいブログで自慢させてくださいね。

 

 

おっと。脱線しすぎた失礼っ!

 

 

「話なが~い」

IMG_8603

 

 

「飽きちゃった」

IMG_8602

 

 

もも姫、ごめんごめん^^;

IMG_8601

 

 

もも(海子)は703号室を巣立って3年半経つのに、見てください。私に甘えてくれるんですよ♡ ももはノラ猫あがりのスターたち(ノラスタ)にも登場しています。

IMG_8604

 

 

里親さんと仲よくさせてもらっています。もふもふ譲渡祭にも遊びに来てくださいました。

 

 

里親さんは私から成猫のさくら(かえ)を迎え入れ、2姫とのラブラブ生活を謳歌中。昨年は外で行き倒れていた腎不全末期のあんずくんを迷わず引き取り、家族として天国へ見送った方です。

IMG_5599

 

 

あんずくん、束の間だったかもしれないけれど、いっぱい愛されて幸せだったよね。

 

 

次女さくら姫も元気です。打ち合わせのときの一枚♪

IMG_8517

 

 

リビングでお留守番をがんばったももとさくら

IMG_8622

 

 

セキュリティーがハイテクかつ最新で、人にも猫にも安心のおうちです。

IMG_8643

 

 

3回目に撮った写真。前夜の運動会の様子がまぶたに浮かぶ(笑)。

IMG_8641

 

 

オシャレだなあ……

IMG_8594

 

 

私がプレゼントしたもふもふ譲渡祭のカレンダーを飾ってくれていました。うれしい!

IMG_8595

 

 

(※もふもふカレンダーほしい方いますか? 15冊くらい残っています。ノラスタを私から買ってくれたらプレゼントにつけちゃう。ほしい方は連絡ください。笑)

 

 

日光浴を楽しむももと、ドームベッドに引きこもるさくら

IMG_8608

 

 

ごはんはそれぞれ別室で食べました。

IMG_8613

 

 

完食のももも、数粒残しながらも一生けんめい食べたさくらも、どちらもえらかったです。

IMG_8609

 

 

吐き戻しもせず、ちゃんと消化してくれてホッとした。

IMG_8618

 

 

ママにしか懐かないさくらも、立派に乗り切ってくれてありがとう。

IMG_8647

 

 

食の細いさくらがそれなりにべてくれたのがなによりでした。

 

 

そっとしておいてほしいさくら姫にはしつこくせず、かわりにグイグイ来てくれたもも姫とはたくさんお話しました。動画を貼りつけておくのでご覧ください。

 

 

もも、保護猫海子時代のこと、もう忘れちゃったかもしれないけれど、ほら、うちにほほって黒猫がいたでしょう? 重い水頭症と闘っていたほほが、もものこと大好きで、もものあとを追いたくて、ももがいたからほほが再び歩けるようになったんだよね。

IMG_9093

 

 

あの時期、奇跡を呼び起こしてくれたのはまちがいなくももだったと思う。

 

 

ほほのことを思い出すのは私にはとてつもなくキツい。毎日蓋してる。

 

 

会いたくてどうしようもなくなるのが怖い。

 

 

でも、終の棲家でキラキラ生きているももを眺めていたら、ふとほほがもものそばに現れた気がしたの。ももの幸福の延長線上に、ほほを一瞬見つけた気がした。

 

 

もも、703号室時代、ほほを尻に敷いていっしょに遊んでくれたよね。

IMG_9092

 

 

もものそばでほほがどんなに満足げで得意げだったか、私は絶対忘れません。

 

 

犬猫は喜びと痛みを教えてくれる存在です。

 

 

人と人の絆を深め、縁を繋いでくれる存在です。

 

 

私にとっては、いなくてはならない存在です。

 

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





バラバラごはん

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

編集部さまより犬たちへのプレゼントが届きました。

IMG_8538

 

 

「ありがとうございますっ」

IMG_8528

 

 

自分のペースでペットシッターの仕事をしています。

 

 

昨年ペットシッター士の資格を取り、数か月後、第一種動物取扱業(保管)の免許も取得。

 

 

まだ新米ゆえかゆいところに手が届かず、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、勉強させていただきながら取り組んでいきます。

 

 

老犬病猫と暮らしながら微々たる譲渡活動をしている多頭のわが家ではフルタイムの労働がむずかしい。日々の介護や通院をこなせないのです。だから月曜日~金曜日までびっちり働く周りのお友だちたちがキラキラして見えました。すごくうらやましかった。「仕事をしている姿」はまぶしいです。

 

 

そんな私にとって、自分で時間配分ができるシッターのお仕事は魅力的で、犬猫たちと接するひとときに幸せを感じます。と同時に実はものすごく緊張もするという。

 

 

先日卒業生マルクのお宅で1シッティングをしてきました。

IMG_8902

 

 

マルクの兄猫ベルニくん、ソルトくんはシャイな性格ゆえ、私がいるとごはんを食べません。

IMG_8905

 

 

反対に甘えん坊で食いしん坊のマルクは兄猫たちの分まで食べてしまいます。

 

 

よって私は、みんなのごはんをそっと置いたあと、マルクをケージに入れてお家を出て、近所で30分、時間を潰しました。打ち合わせで細かく話し合ったとおりです。

 

 

大げさ抜きに30分間ドキドキしっぱなしでした。どうか食べていてください、と(笑)。

 

 

祈る思いで戻ったら、マルク完食。ベルニくん、ソルトくんもそれなりに食べていてくれてどれだけホッとしたか。本当によかったです。

 

 

いろいろ片づけてマルクをケージから解放

IMG_8904

 

 

写真はすべて里親さんが送ってくださったのを使っています。

IMG_8903

 

 

マルク、ベルニくん、ソルトくんの性格や行動を完ぺきに把握している里親さんの細やかな指示のおかげで円滑にお仕事を終えることができました。たいせつに育てている証拠ですよね。

 

 

犬猫がメインの仕事なので、(私経由で依頼を受けた分については)「お仕事日記」を合間合間にブログに書きます。近いうちに私が仕事で使っているHPをお知らせします。チチがそちらの「シッター日記」を更新するので読んでみてくださいね。ではこのあともシッター日記がつづきます。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





2019年のスターたち

午前中に都心での仕事を終え(えいっという気合いで)パソコンを開いています。

 

 

ブログを更新するときしかパソコンに触らなくなりました。

 

 

チチが昔勤めていた会社の中には専用のメンタルクリニックがあったのですが、「パソコンらしき物体(黒い物体)を見るのも怖い」という相談が圧倒的に多かったらしいです。

 

 

社員の方々が精神的な限界値までがんばってお仕事をしてきたからでしょうね。それに比べると私などは怠け者の域を出ませんが、それでも私は私なりにウッときています。

 

 

仕事もあるし結局大掃除は1月中になんとかしようと緩やかな目標を立てています。まあ、お子たちのお世話がきちんとできたら花丸ですよね(笑)。

 

 

保護猫メル子はじきに我が家を巣立ちます。

 

 

気にかけてくださった皆さまほんとうにありがとうございました。実は保護主はドキドキです。今度こそ大丈夫ですよね? メル子はフリー時間(ふれあい時間)が短いので、人の愛をやたら乞います。しつこさがハンパじゃありません。でもそこを含めて私はメル子がとても好きでふびんでもあります。うちがもっとメル子に適した環境だったら、メル子の心も落ち着いたのに、と。

 

 

里親さんもはじめは戸惑うかもしれませんが、理解してくださると信じています。

 

 

メル子はすばらしい猫です。全身で感情を表現します。全身で家族を求めています。それから、ドアノブも開けちゃうしすり抜けも得意なので、脱走が心配です。里親さんにはすでに伝えてありますので、対策をしてくださっているでしょう。

 

 

さて、本来なら昨年中に出さなければならなかった2019年の卒業生たちですが、スローライフ中ゆえ遅くなりました。また、前回までは現在の近況写真やそれぞれへの思いや卒業日なども添えていたのですが、それも割愛させていただきます。でもみんな元気にしています。卒業記事はちゃんと書いたつもりなので検索して読み返してくださいね。私が譲渡責任者となった703号室のキラキラ20スターたちです。今はバトンタッチされたご家族のもとで幸せに暮らしています。

 

 

2019年卒業生

 

 

1えん(オブも加わり、春吉と3猫で暮らしてるよ)

272en

 

 

2詠吉(こま吉、珠ちゃんと仲よしになれたよ)

273eikiti

 

 

3リリ子(大手術の末、乳がんに勝ったよ! ほかの病気も治療中)

274lilico

 

 

4もい(美に磨きがかかりかわらずキラキラね★)

275moi

 

 

5梅(チョビ姉と同じサイズ感になったよ。Twitterでそのうち放出しなきゃ)

276ume

 

 

6チー(近所の大師前どうぶつ病院で医療ケアや不妊手術を終えたよ)

277chii

 

 

7ルース(リリ子と同じ家で元気にしてるよ。あなたたち毎週私と会ってるね)

278ru-s

 

 

8りん(ひどい夜鳴きを乗りこえたよ。里親さんはもふもふ譲渡祭にも来たよ)

279RIN

 

 

9マルク(先週もその前の週も会ったよ。お兄さん猫たちとうまくやってるよ)

280maruku

 

 

10キビ(タビのいいお兄ちゃんをしながらぬくぬく暮らしているよ)

281kibi

 

 

11タビ(キビの心を開いて家族を日々笑顔にしているよ)

282tabi

 

 

12ナイト(ちょっとずつオトナの紳士の階段をのぼっているよ)

283night

 

 

13陽乃(コタツの中が定位置。儚げな外見とは裏腹にイタズラ女子だよ)

284hino

 

 

14オブ(春吉、えんとにぎやかな新生活を繰り広げているよ)

285obu

 

 

15さん(先住りお兄とのラブラブ写真や動画がいっぱい)

286san

 

 

16なな(警戒心も薄まりすっかり家庭になれたよ)

287nana

 

 

17みみ(シャイだったのに家族に喉を鳴らすまでに成長したよ)

288mimi (1)

 

 

18さち(インスタで1日に1回は見かけているよ)

289sachi (1)

 

 

19ゆき(だいぶ大きくなってさちと福ちゃんと楽し気に走りまわっているよ)

290yuki

 

 

20星太郎(もりよさんちにいた頃のまま素直にやさしく育っているよ)

291seitaro

 

 

スターたちの命のバトンを手渡す得役ができて私は幸せでした。

 

 

2020年も「ゼロより1」のスタンスで自分のペース(牛歩)で取り組んでいきます。

 

 

生き場のない犬猫たちが減ることを願いながら……。

 

 

(30分だらけたらまた仕事に行きまーす! 皆さまよい休日を♪)

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





もふもふ譲渡祭のスタッフ紹介とドレスコード

もふもふ譲渡祭まであと18日となりました。うわ……

 

 

ボランティアスタッフのみなさんと力を合わせていきます。

 

 

私信:ボランティアスタッフ向けにりょうちゃんが案内を作っていますので、できあがったら手渡しか郵送します。スタッフのみなさん、不安でしょうけれどしばしお待ちください。

 

 

おかげさまでトークショーは定員を大幅にオーバーしたので締め切ります。

 

 

会場が広いため、立ち見ができます。参加費を支払ってくださった方が優先となりますが、話が聞こえますし、雰囲気も味わえるので間に合わなかった方はぜひ♡

1kiro (1)

 

 

そしてワークショップはまだ募集しています。

1kiro (7)

 

 

淡辺さん(チチ)も散歩バッグ作りに参加するらしい(笑)。

 

 

いったいどんなのができあがるのかね?

 

 

※開催の時間等の詳細についてはもふもふ譲渡祭のHPにてご確認ください。

 

申し込み方法がtwitterやインスタ経由なのでわからない方も多いでしょう。私宛にブログにコメントをくだされば「非公開扱い」にし個人情報を伏せて受付をさせていただきます。

 

希望の時間帯(2つほどあるとありがたい)、人数、本名、連絡先の電話番号、メールアドレスを添えてくださいね。よろしくお願いします。

 

 

さて、もふもふ譲渡祭に出てくださるスタッフの紹介をさせてください。

 

私は(上から風に)「ボラさん」や「うちのボランティア」という一束にしたような言い方は得意ではありません。たとえHNだとしても(無償で貴重な時間と労働を提供してくださる)個人の方へ尊敬を込めてお名前を書かせていただきたいです。

 

【バザー】

まりおさん(責任者)、マイ太郎さん、めめちゃんのママさん、きーやんさん、ちかたん、あっティーさん、もりよさん

 

【トーク】

りょうちゃん(トーク及びイベントの総合的な責任者)、市川美絵さん(司会)

 

【ワークショップ】

ゆちゃん(講師及び責任者)、ひらりさん

 

【譲渡会】

emi-go(責任者)、かなちゃん、おだちゃん、みーちゃん(ここまでは全員動物看護士)、みいさん、まなちゃん、aiさん、Hさん(保護主さん)、かおりん(保護主さん)

 

【ノラスタガール】

amalちゃん、まりまり

 

【設営・その他】

かなちゃんの彼、安藤さん、わら&ひよさん、淡辺さん(チチ)

 

【獣医師】

前田先生(東京大学動物医療センター)、中島先生、後藤先生(大師前どうぶつ病院)

 

【犬のしつけ相談】

大村さん(トレーニングの先生)

 

私が把握している人数は31名ですが、あと数名追加があるかもしれません。漏れている方がいたら教えてくださいね。あ、私もか。私を入れて合計32名です。

 

 

そしてスタッフの皆さまにお願いがあります。

 

ドレスコードはもふもふ譲渡祭のイメージカラーの「黄色」でございます♪ やまぶき色でもからし色でも蛍光イエローでもパステルイエローでも大丈夫!

 

とにかく黄色系のなにかを身に着けていらしてください。

 

黄色い服があればいいのですが、ない方はスカーフでも靴でもヘアゴムでもアクセサリーでもなんでも構いません。ちなみに私は黄色い服がないので黄色の小物をAmazonで500円で買いました。

 

また遊びに来てくださる皆さまももし着る服に迷ったら黄色を選んで来てくださいね。

 

もちろん強制ではありませんが、明るい星★(輝く未来のスター)を彷彿とさせる色ですものね。

 

譲渡会に出る犬猫たちの首飾りも黄色に統一します。マイ太郎さんが忙しい合間を縫って保護犬猫たちの分をすべて作ってくださいました。

 

 

2回目の打ち合わせのときの一枚(大師前どうぶつ病院のかなちゃん&みーちゃん)

1kiro

 

 

私はいちおう全体をを把握しながら自分なりにこまごまと動いていますが、みんなが本当に主体的にやってくださっています。まさに「個人の連携」ですね。

 

 

買い物だけでもいいので、ひとりでも多くの方にお越しいただけますように。

 

 

最後にうちの老犬ちゃんコンビ(高菜&リル)の写真を親バカ目線からどうぞ♪

1kiro (3)

 

 

リルはふわふわのいい女でしょ?

1kiro (4)

 

 

欲深いお父さんとお母さんは17歳をめざして生きてもらっています^^;

1kiro (5)

 

 

きっと叶いますように!

1kiro (6)

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク