Live in hope

今日は少し長くなりますが、どうぞおつきあいください。

 

どうやら、話は月曜日からはじまったようです。

あの日左足がどうしようもないほど痛まなければ、私は茶トラと出会わなかったでしょう。

火曜日、母に紹介された整形外科へ行くことに。実は当初他の病院へ行こうとしてギリギリまで迷っていたのです。交通手段も電車にするか車にするか?

結局なんとなく車に乗り母紹介の病院へ行くことにしたのが午後3時過ぎ。

我が家から病院までは車で25分。

4時前に病院の向かいのコンビニに着いて車を停めました。

車を降りようとした次の瞬間、私の目の前に茶色の物体が飛び込んできたのです。

 

 

あっ猫だ! 危ない!!

 

交通量の著しい大きな道路目がけ猫は疾走し、車の海のわずか手前の植え込みで止まりしゃがみこみました。

 

(ジャー……)

 

あ、おしっこしてる。植え込みが茶トラのトイレか……

道路と歩道の間が植え込みで仕切られているものの、交差点になっているその場所はだれが見ても極めて危険地帯だと思います。

1m……いや50cm先は「墓場」。

気づくと私の体は勝手に動き出しました。

コンビニで猫フードを数種類調達し、茶トラに近づき一口分投げて与えてみました。

少々間を置いてからフードを食べ始める茶トラ。

うん。食欲はある。

つづいて車に戻り捕獲に使えそうなものを探してみることに。

トランクからケージと犬用の後部座席用シートと犬のリードを取り出し、急いでセットしました。

茶トラを食べ物で釣りケージ内に誘導。

ケージに入ったらリードを引っ掛けたケージの扉を一気に閉める作戦。

IMG_0388

 

でも、怖がってなかなか入らないのです。

またたく間にケージの中はからあげやシーバやかつおバーであふれ返りました。

折を見てはこれでもかというほどのごちそうをコンビニで買ってきたのです。

興味と食欲はあるものの、ケージの扉をまたぐ勇気が茶トラにはありませんでした。

そばにいた私の気迫も感じ取ったのかもしれません。離れたいけれど、離れたらケージの扉を閉められない。手動の捕獲箱だから近くにいるしかないのです。

交通量も人通りも非常に多い場所なので「通行人」「見物客」もネックでした。

ふだんは若干の社交性がある私でも、こういうときは極度の「人嫌い」になります。

頼むからそっとあっちに行って。見ないで。話しかけないで。

何名かはアイコンタクトで通じました。

何名かは軽い舌打ち(本当にごめんなさい・汗)で通じました。

そして何名かはリードを持たない方の手のシッシポーズ(超ごめんなさい責めないでお願い必死だったの)で通じました。

でも、中には大声で

 

「なにやってるんですかー?」

「あ猫ちゃんだ! かっわいいーー!」

「捕まえるんですか? 捕まえてどうするんですか? 飼うんですか?」

 

などの詰問攻めをしてくる方がいて、警察官の尋問にあっているようで心苦しかったです。

逆に舌打ちしてくる方も^^;

可能な限り説明させてもらいましたが、正直、この場所で保護するのは至難だと感じました。

 

茶トラは近寄ったり離れたり

IMG_0386

 

 

黄色い葉っぱの向こう側は死の大道路です。追い詰めて車道に飛び出されたら一生後悔してもしきれません。極度の緊張と足の痛みと寒さで疲れを感じました。

時刻は夜6時半に。

不適切な表現ですが、猫の保護は私にとってギャンブルに似ています。あと30分、あと1時間、あと30分……そうして終わりが見えなくなるのです。

2時間半粘ったのですが、この作戦では厳しいと悟った私はいったん家に戻ることに。

病院は6時までだったので、足の診察は諦めました。

車を飛ばして自宅に帰り、厚着し捕獲箱片手に再度現場へ

消えているか心配でしたが、茶トラはまだ植え込みの中に佇んでいました。

ぽつん。

忘れ物のように。

ケージでの派手な捕獲劇は周囲の注目を集めましたが、独りになった小さな猫は誰にも見てもらえませんでした。

人々が足早に歩き去る中、茶トラだけがじっと変わらぬ場所にいたのです。

その姿が切なくてたまらず、私は小声で言いました。

 

「迎えに来たよ。一緒に帰ろう」

 

捕獲箱をセットし、今度は車内から見守ります。

私が近くにいると警戒しちゃうから。

そのうちコンビニ前には若者がたまりだし、地面に座って奇声を発し出しました。

人のこと言えないけど、邪魔だし、うざかったです。

帰らなければならない夜8時半をまわっても、茶トラは箱には入りませんでした。

諦められなかった私は、コンビニに入って正社員を捕まえ、協力を仰ぐことにしたのです。

お願いしつくしたら、事情のわかる方が捕獲箱の設置を許してくれました。

なんでも、茶トラはお店の裏側にもよく行ったりするそうでお店も困惑していたようです。

正社員数名が常にいるとのことでしたので、捕獲箱の設置方法を伝えました。

寒い中、真剣に聞いてくれてうれしかったです。美しく聡明そうな方でした。

私が帰ったあとも、お店の裏側に設置してくれることを約束してくれたのです。

犬猫のことでは自分以外の誰かを信じることがむずかしい私でも、信用できそうな方でした。

「箱に入ったらすぐ連絡します。深夜でも構いませんか?」

「もちろんです。お願いします」

そう約束を交わしやっとコンビニを出て帰宅したら、リルが布団をめちゃくちゃに^^;

そしてその晩から風邪をひいてしまい、踏んだり蹴ったりです。

次の日もその次の日も体調が悪い上、会社を休めず現場に行けませんでしたが、コンビニには何度か電話を入れ店長さんにもごあいさつさせてもらいました。正社員の女性同様、店長さんも責任感のあるやさしい方で安心しました。

木曜日深夜2時半、風邪薬と安定剤を飲みウトウトしていたら、ついにかかってきたのです。

 

「猫が捕まりました」

 

あああ。

どうもありがとう。

 

母の力を借りて迎えに行き、703号室の洗面所に入れました。

IMG_0410

 

 

いらっしゃい。ずっとこうなればいいなあと願っていたよ。

IMG_0417

 

 

あなたを捕まえようと躍起だったあの日の夜、私はマンションの下で五円玉を拾ったんだよ。

一度通り過ぎたけど、落ちているのが五円玉だと気づいて踵を返したの。

なんかすべて偶然かもしれないけれど、そうとも言い切れない気がする。

 

今はまだドキドキするね。

IMG_0422

 

でもすぐにわかるよ。

あなたがいた場所は、あなたには似合わない。

過酷なサバイバルの中を生きるのではなく、私のおせっかいだけどあなたにはただ緩やかな家猫になってもらいたい。

 

「希望に生きる」

その手伝いを私がさせてもらうね。

 

ようこそ我が家へ♪

IMG_0421

 

 

書きながら幸せを噛み締めています。

皆さま長い文章読んでくださってありがとう。

 

LOVE!

 

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





1.予想外のお見合い結果(ビビ嬢)

お待たせしました。これからビーナスあらためビビの卒業記事を2回に分けて更新します。

ビーナスは保護してくれたmegさんご夫妻に「ビビ(B・B ブラックビューティの意)」という名をつけられていました。

でも、これ以上ビビリになったら困るという理由で、703号室に移動した際「ビーナス」に変えたのですが……なんとこの度、また「ビビ」に戻ったのです。

里親さんが一生懸命考えてくださった新しい名が、保護したmegさんご夫妻と同じだなんて!

運命を感じて唸りました。う~む……すごい!

 

私 「今のままの状態だと、お見合いとかが成り立つか心配ですね」

megさん 「本当ですね。お見合いでかわいいと思ってもらえるか……」

megさん 「いい子なのに、自己アピールが下手なんですよねこの子は」

私 「お見合いで唸ったりしますよね。固まりますよね(笑)」

megさん 「はい……」

私 「まあ、気長にやります」

 

ev (4)

(写真:猫撮る氏

何度かビビに会いに来てくれたmegさんと私は、にらみを利かせるビビのケージ横でこんな会話を交わしていました。ビビは私たちの前で、人間に対する不信感を隠さなかったのです。

 

だからお見合いが終わったとき、私はmegさんとの会話を思い出し、ひとり涙ぐんでいました。

ビビの成長に、心が震えたから。

そして月並みですが、ビビを撫でてくれた里親さんのあたたかい手にも感謝せずにはいられませんでした。時間を作って遠くから会いに来てくれたのです。とびっきりの笑顔で。

保護動物のお見合いは、伺うかお越しいただくかになります。

個体の性格、移動距離、ご家族構成、環境などケースバイケースなので臨機応変に決めていますが、先に巣立ったクロン(シャロン)は伺う形を選び、ビビはお越しいただきました。

とは言っても、当時10頭もの犬猫がいた我が家ですから部屋数が足りません。

そこで私は、お見合いの少し前に、ビビをベッドごと洗面所に移動させました^^;

ev (5)

 

ビビ、ごめんね。

いろいろ考えたんだけど、703号室でビビと里親さんがゆっくりコミュニケーションを取れるのはこの空間だけなの。

お姫さまなのに、洗面所でお見合いなんてかわいそうだけど、辛抱してね。

 

里親さんご夫妻を洗面所に案内して会ってもらうことに。

ev (11)

 

ああ、すみません。

 

えーっ!

ev (10)

 

お、お姫さま……まんざらでもない?

megさんと交わしたあの会話を、脳内で反芻……

お見合いが、成り立った!!

 

「やるときはやるわよ」

ev (3)

(写真:猫撮る氏)

 

「やるときは 本気で やるわよ!」

ev (2)

(写真:猫撮る氏)

 

ですよねー!(媚)

ビビ嬢を見直しました。いえ、尊敬します。

 

お茶を淹れながらリビングにて細かい話をはじめました。

ev (9)

 

里親さんはiPadを持参です。

私がお家の写真を撮ってきてくださいとお願いしたから。

 

「iPadの方が画面が大きいので田辺さんが見やすいかなと思いました」

ev (7)

 

深い心遣いにお人柄を感じました。いいですね。

我が家でのお見合いの場合、お家の写真を事前に拝見するのは私にとって重要です。私が見たいのはプライベートではなく玄関や窓周り。そう、安全を守るために脱走防止策を里親さんと一緒に考えていくのです。現実的に、具体的に。

それだけではありません。

新居の間取りをある程度自分の頭の中に描くことで、保護動物の円滑な新生活のイメージを創り出し里親さんに的確にアドバイスするのも私の役目です。

そのかわり、私の方も里親さんが求める情報をできる限り開示し透明度を高める努力をしたいです。保護主だけ偉そうにあれこれ詮索し、上から目線で指図するのではなく、双方がフェアな状態で同程度の情報をシェアするのであれば希望者さんも納得してくださるでしょう。

相手の連絡先を知りたい場合にはまず自分の連絡先を伝え

相手のご年齢やご職業を聞きたい場合にはまず自分から名乗り

相手の将来のビジョンを伺いたい場合はまず自分のビジョンを話します。

 

「赤ちゃんを産むんですか?」 「引っ越しますか?」 「転勤は多いですか?」

詰問攻めで相手を困惑させるよりも

「私は人間の子どもには恵まれませんでした。失礼を承知でおたずねいたしますが……」

「我が家は分譲マンションで引っ越す予定はございませんが、●●さまはいかがでしょうか?」

「我が家は転勤はございませんが……」

自分の状況を伝えたあとで、自分の知りたいことを聞く分にはいいですよね。アンフェアで一方的な譲渡は避けられるかなと。あくまでも私の考え方ですが。

 

長くなってごめんなさい^^; リビングは和気藹々の笑顔にあふれました。

ev (8)

 

はじめて猫と暮らすご夫婦ですが、責任感が強く慎重なおふたりです。

お若そうに見えますが、私と同世代なのでオトナです(爆)。

ev (6)

 

はじめはペットショップでの購入も検討したのですが、奥さまのお知り合いが保護猫の里親になったのを知り、あれこれ調べるうちにご自分たちも里親になることを希望されたそうです。

善き方から善き方へ……じわじわ広がっているんですね。

こうしてビビのお見合いは、無事に……どころか、楽しく 終わりました。

里親さんからカステラとかぼちゃのクッキーのお土産が! ありがとうございました。

ev (12)

 

後日、準備が整いつつあった里親さんからメールが^^

ev (13)

 

ビビグッズを揃えていたらうれしくなりつい並べて写真を撮ってしまったらしいです。

お見合いの時にビビが篭城していたねころんベッド(まるぽこの母さまからのプレゼント)がかわいくてお揃いで買ってしまったんだとか。

安心の譲渡は、保護主である自分の精神衛生にも繋がります。

これからも心と心を結ぶご縁探しを目標にがんばります。

 

ビビ、お疲れさま!

ev

 

次回はお届けの日の写真をご覧ください。

最後までお読みくださりありがとうございました。長かったから目がお疲れになったでしょう?

ブラック・ビューティに免じてお許しください。

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ラストネイルケア

ビーナスのお輿入れを前に、今日爪を切りました。

洗濯ネットに入れられた彼女は、無抵抗でありながらもかすかに震えていて……。

彼女の振動に彼女の情緒や意思を感じました。

彼女は人間となんら変わらない“心”を持って生きているんだと改めて気づいたのです。

ais

 

洗濯ネットから出された彼女の手はあまりにも頼りなくて

私はその手を握り締めマジマジと眺めました。

こんなに小さな肉球を地面につけ、あなたは歩いてきたんだね。

ネイルケアを終えたビーナスを洗濯ネットから開放する前に

ネット越しに彼女を抱きしめてみました。

こんぶ姫さま、縁あって共に暮らせて本当によかった。

fha

(写真:猫撮る氏

 

あなた幸せになるべきだわ。

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





里親会と写真展

保護猫いせやんの性格がキツイです(苦笑)。

今日はいせやんのケージに背を向け衣類の片づけをしていたら突如鋭い爪がケージ越しに飛んできました。大きな物音も立ててないし目も合わせていないのにさ(泣)。

もちろん「ハハ~ ぼくに構って~♪」的なノリじゃないです。

私が驚き振り返ったら、ウーウーカッカ言ってましたから。

今まで数多くの怒りん坊が我が家を巣立ちましたが、いせやんは最強です。マジっすよ。

馴れるんだろうか? はあ……

トイレの掃除しているだけで激怒して「タッ」と向かってきますからね。

ケージ暮らしのいせやんを不憫に思い、チチがときどき保護部屋内をフリーにさせているのでストレスが溜まりすぎての行動とも思えないです。ある程度部屋を徘徊すると、自らケージに戻っていくし。客観的に見て、ケージは居心地悪くないんじゃないかな?

ただ、極度の人嫌いって感じで……

お、普通に撫でてるじゃん! と思うでしょ?

bnaop

 

とんでもない。一瞬だけこの状態になりましたが、このあとチチは流血しました。果敢にいせやんに挑む姿がまぶしいです。チチさん、がんばれっ! 私はまだこの域に達せません。

いつかいせやんも、ビーナスのように家族が決まればいいなあ。

ビーナスもなかなかなれなくて大変だったけど

bib (2)

 

もう昔話だもんね。

bib

 

被りものブカブカ^^; 頭小さすぎ!

bib3

(ビーナスの写真:みいさん

 

そうそう、田園調布で行われたおーあみ避難所の里親会に行ってきたんです。

里親になるためじゃありませんよ(笑)。

遊びに行ったの。

田園調布の駅のそばでびっくりの看板発見!

「家政業」専門オフィスの看板でした。さすが田園調布。豪邸ばかりだからね。

「奥さま」と呼ばれ優雅にお茶をすする生活を送る人が同じ日本にいるんですよね。雑巾片手に床に這い蹲る私のような平凡な主婦とは大ちがいの人生でしょう。うらやましい限りです。

ああ、いかんっ……ひがみっぽく話が逸れてしまいました。

里親会もオシャレな雰囲気

minb2 (2)

 

いい笑顔の大網さんとイケメン風? 太田氏。ウソウソ、風じゃなくてイケメンです。

スタッフさんもみんないい方ばかりで楽しかったです。里親を必要とする犬猫たちが終の棲家を得られますように。そうなればまた次の犬猫たちを保護するスペースを確保できるから。

703号室もそうですよ。せまい我が家は「1頭」の卒業が大きな意味を持つのです。

里親会に出ていた太田氏の保護猫エル&はなちゃんのご縁が決まったのですが、「おめでとうございます」って言っていいのか「さびしいでしょう」って慰めたらいいのか微妙な雰囲気で。

太田さん、いろいろお疲れさまでした。

里親会のあとは、太田さんの写真展が行われているカフェでランチを

mih3

 

元河原猫シロちゃんの写真が黒い縁に入っていて本当に素敵でした。なんだろこのセンス。

minb2

 

金縁や銀縁や白縁ではダメなのです。黒縁がシロちゃんの妖精ぶりを醸し出していて。

写真がねえ、いいんです。ため息がこぼれました。

あと数日間やっているそうなのでお近くの方はぜひ♪

太田さん、すっかりごちそうになっちゃって。ありがとうございました。

シロちゃんの美白ぶりに羨望感たっぷりのくすんだ私は、帰りの電車の中で703号室の美白クイーンを思い出しました。

うちにもいるいる! 真っ白いのが^^

 

「お母さん あたちを呼んだ?」

min

(写真:みいさん)

ふわふわリル嬢、もうすぐ11歳ですが衰えを知りません。輝きっぱなしです。

私もがんばってパックとかしよっと。

 

本日のありがとう!

ずっと一緒に活動してきた小宮さんから冷凍でケーキなどが届きました。

bnaop (2)

 

転居先の北海道の大地から気にかけてくださりありがとうございます。

 

ピチコさまよりべべへフードのプレゼントをいただきました。

min3

 

ありがとうございました。実はここ数日、食べが悪くなってる気が。でもいただいた分は絶対に食べさせます。高価だしもったいないから。そのあとはもともと食べている低分子プロテインに戻したほうが食べそうですね^^;

さあ、はりきっていきましょう。皆さまもよい一日を。

PS ランキングのバナーを保護猫ごましおにチェンジしました。かわいいっしょ?

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





心を開く

「おれが 好きか?」

abu

 

 

「あんたなんか 別に?」

jao

 

 

「そうか……」

abu (2)

 

すみません超手抜きで^^;

今日はのんびり過ごすって決めていたので更新はやめようと思ったのですが、今、ビーナスの写真を整理していたらひとりしみじみしちゃって。少し放出してみたくなったのです。

家に馴染もうと努力していた頃のビーナス。たぶんブログ未掲載の写真です。

IMG_7524

 

全身警戒モード。今とは別猫のよう。

IMG_7525

 

まだシャイさが完全に抜け切れていないビーナスですが、ずいぶん進歩したと思いませんか?

大好きだよ。

大大大好き。

すごいねビーナス。「心を開く」って、一番立派な行為だよ。

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク