パピーまる坊

iPhoneのカメラロールの中をまさぐってみたら、ちっこい頃の保護犬まるが出てきました。妹犬もいっしょに写っています。萌え~! 去年の6月の写真↓

IMG_3927

 

 

 

1年の間にいろんなことが起きました。

 

 

 

新たなスター候補たちと出会い、試行錯誤を経てスカウトに成功。卒業生たちとして送り出すなど有意義なこともありましたが、私にとっては総じて悲しいことが多かった1年だった気がします。

 

 

 

べべを失い、ナナを失い、台湾のアマーも天国へ旅立ったのですから。

 

 

 

私のメンタルは、未だ暗いトンネルの渦中にいます。どんなに“ふつう”に振舞おうとしても、いや振舞っていても、べべやナナの死からは到底逃げられません。

 

 

 

まるの写真を挟むように、カメラロールの前後にはべべナナの写真が大量に保存されていて、正直見るのが辛いです。自分の過去ブログも読みたくありません。

 

 

 

まるの里親になってくれた黒田さんもきっとそうだったんだろうな。

 

 

関連記事はこちらです。改めて読み返してしんみり

 

「合掌 黒田タロ/幸せの703号室」

 

 

この記事で私、タロに生まれ変わったら黒田さんちに行くよう勧めてますね。ふふ。ならもしかしてまるがタロの生まれ変わりだったりして。

 

 

 

最愛のタロと別れて黒田さんがどれほど意気消沈したか

IMG_2870

 

 

 

タロを呼ぶ黒田さんの声が今でもはっきりと私の耳にこびりついています。

IMG_2869

 

 

 

タロと歩く黒田さんの姿が私のまぶたに焼きついています。

IMG_2871

 

 

 

12年前、センターに収容され殺処分対象になったタロが、黒田家の一員という不動の居場所を得て、穏やかに一生をまっとうした事実を私は忘れません。

IMG_2868

 

 

 

生きる上で必要なプラスの感情をタロと黒田さんからほんとうにたくさん教わり学ばせてもらいました。タロと黒田さんを見ていると「絆」という単語が浮かびます。

 

 

信頼関係は1日にして築かれるものではなく、日々の積み重ねによってじんわりとお互いの全身に染みわたるものだと思います。

 

 

黒田さんとタロがそうであったように。

 

 

 

それにしてもまるデッカくなったね……

IMG_1947

 

 

 

ヨチヨチの青臭いちびっ子だったのに

IMG_3949

 

 

 

私はよくまるたちと遊んだんですよ♪

IMG_3946

 

 

 

いつでもどこでもだらしがなくてごめんなさい^^;

IMG_3945

 

 

 

まるに髪の毛を噛まれ参っているところ。完全に襲われています。

IMG_3950

 

 

 

きみたちは快活な子犬だったよね。

IMG_3937

 

 

 

妙に懐かしい気もするし、昨日のできごとのようでもあります。

IMG_3955

 

 

 

まるが身体の成長と反比例し委縮した心で病院へ出戻ってきたのは喜ばしいことではありませんが、敢えて「終わりよければすべてよし」の一語でまとめておきましょう。

 

 

まるは黒田家の末っ子として生き直すのですから。ね?

IMG_2420

 

 

 

タロママさん(奥さん)とも超仲よしの毎日だそうです。

IMG_2439

 

 

 

「ねえねえ ぼく じぶんらしく生きていいよね?」

IMG_2418

 

 

 

ママにわしゃわしゃ撫でられるまる

IMG_2460

 

 

 

 

「まあ 基本シャイで なれると図にのるけど わるいヤツじゃないのよ」

IMG_2412

 

 

 

おませなガールフレンドちゃぽぽのお墨つき!

IMG_2453

 

 

 

そうそう。まるは適応力があるし、意外と明るいのよね。

 

 

 

まるは1歳になったばかり。安息の地で永ーい時間を謳歌できるのです。

 

 

さっそく、まるは新居でやりたい放題。いたずらもするらしい。

 

 

黒田さんのため息を聞くたびに、黒田さんには申し訳ないけれど「犬らしいまる」に出会えついプッと吹き出してしまいます。幸せのおすそ分けをありがとう。

 

 

まる、ニコッとね。笑っていればたいがいのことは解決しますよ。

IMG_2481

 

 

 

まるの一生で起き得るさまざまな問題を、横に並んで解決してくれる家族に恵まれたのだから、まるは大船に乗ったつもりでどんと構えていてね。とにかく元気に、世間のだれにもなににも臆することなく精いっぱい生きていなさい。

 

 

まるの新居は次回ご案内します。

 

 

最後に4秒と短い動画ですが、パピーまる坊がやたらかわいいのでよろしければご覧ください。

 

 

もうなに? 反則! 食べちゃいたい。エンドレスで再生し昨日から寝不足です。べべナナに会いたくなっちゃうから困りますね。

 

 

LOVE♡

 

 

 

スポンサーリンク





明日まるは巣立ちます

さっき撮った写真

1sotuma (15)

 

 

 

あまぱんは私よりかごバッグが似合うので、これはもうあまぱんにあげます。

1sotuma (14)

 

 

 

シニアでひとまわり痩せてしまったあまぱんですが闘病をがんばっていますよ。

1sotuma (1)

 

 

 

保護猫たちも元気です。代表として撮りたてのジャイアンをつけて♪

1sotuma (13)

 

 

 

おしゃべりする声が甲高くて女の子みたい。

 

 

ジャイアン、あさひの幸せについても探求中ですので、見守ってくださればうれしいです。

 

 

さて、いよいよまる坊が黒田さんちへ巣立ちます。

1sotuma (11)

 

 

 

病院へまるに会いに来つづけてくれた黒田さん

1sotuma (2)

 

 

 

今、黒田さんはどんな心境でしょうか? ソワソワかな? それとも意外と落ち着いているのかな? あたらしい家族が増えるのは刺激的で緊張しますね。

1sotuma (4)

 

 

 

先代犬タロ(703卒業生)の旅立ちから4年。

 

 

 

犬がいないにも関わらずマンションの「ペットの会」に加入して掃除などをつづけてきた黒田さん。ほかの住民さんが犬猫と暮らすのをニコニコ眺めていたんです。

 

 

 

次は黒田さんがほかの住民さんに「まる」を自慢する番ですね。

 

 

 

「え ぼくを?」

1sotuma (5)

 

 

 

そうだよ。

1sotuma (10)

 

 

 

中島先生のワシャワシャタイム~

1sotuma (8)

 

 

 

「なかじませんせい ぼくもうすぐおひっこし?」

1sotuma (6)

 

 

 

「ちゃぽぽもいっしょ?」

1sotuma (7)

 

 

 

看板犬ちゃぽぽとは離れてしまうけど、黒田さんはまるを連れて定期的に中島先生の病院へ通うからときどき会えるよ。それならいいでしょ?

 

 

 

いっぱいお家があるからいいねまるは^^

1sotuma (9)

 

 

 

黒田さん、旅行のおみやげありがとうございました。おいしかったです。

1sotuma (12)

 

 

 

明日、emi-goと私で責任を持ってまるを黒田さん宅にお届けしますね。

 

 

 

新居は卒業記事にてUPします。皆さまお楽しみに!

1sotuma (3)

 

 

 

要らない子はいないね。

 

 

 

不要物じゃないですよ。みんな生きているんだもの。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





ローズとのリレー 1挫折と直感

突然ですが、4月19日に話は遡ります。

 

 

この日私はニッコリでした。

IMG_1457

 

 

 

保護猫ローズの退院日だったのです。

 

 

ローズはもともと外猫時代、人からもい猫からもいじめに遭っていました。

 

 

しょうがない。生きるためにみんな必死で、グチャグチャの世界ですから。

 

 

私はもつれた糸を丁寧にほどくのをライフワークにしています。

 

 

(※ローズを保護したときのブログはこちら

 

 

今読んでも私にとって実に感動的で、保護したときの喜びははかり知れません。そのローズがようやく家になじみはじめたのに、今度は目の上にできた大きな腫瘍を取る一環で片目が潰れてしまいました。もし目の病気なら迷いなく私は片目を潰すでしょう。しかしローズは目の病気じゃないのです。

 

 

皆さまには説明しづらいのですが、ここが自分の中の非常に重要なポイントになりました。目の病気で目を潰すのか、目の病気じゃないのに目を潰すのか。

 

 

ぜんぜんちがうのです。

 

 

中島先生と病院で話し合っているとき、私はあまりにも簡単に片目を取るようお願いしました。

 

 

時短、合理性、根治、長い目で見た場合の犬猫のQOL、近年目指している私の生き方が投影されていたのかもしれません。

 

 

( ※その日のブログ記事はこちら

 

 

当時も書いたのですが、ローズを入院させた帰りの車内で私は自分の発言シーンを思い出し狼狽しました。片目を潰していいと、私は即言い切った。冷たく、醜い顔をしていたにちがいありません。

 

 

その時点でローズは私の中で、別次元へ移動したのです。

 

 

ちゃんとパチッと両目があったんだよね。

IMG_1232

 

 

 

かわいいこのままのローズで

IMG_1226

 

 

 

いろんなことを乗り越えてきたんだもんね。がんばったんだもんね。

IMG_1227

 

 

 

なのにローズ、ごめんなさい。

 

 

あんな簡単に言うべきじゃなかった。もっと人間らしく、泥臭く、悩んで迷ってあがくべきだった。私はなにかたいせつなものが欠如してしまったのかな?

 

 

以後さまざまな葛藤を経て、予定通り行われた手術をローズは乗り越えてくれました。麻酔から無事にさめてくれてほんとうにホッとしたものです。

 

 

 

そんなローズを自宅に連れて帰れるとあって私はウキウキモード。

 

 

 

しかも、卒業生ちゃた幸の里親肉球きらりさんもいっしょです。

IMG_1447

 

 

 

「きらりさんちゅーるくれてありがと」

IMG_1471

 

 

 

きらりさんは病院におみやげを手渡していました。emi-goは恐縮モードです。

IMG_1459

 

 

 

中島先生ともごあいさつ

IMG_1449

 

 

 

きらりさんとローズを車に乗せ703号室に戻りました。

 

 

 

きらりさんが持ってきてくれた大福と私が用意したお茶菓子でお茶会

IMG_1463

 

 

 

そう。この日はローズのお見合いを兼ねていたのです。

 

 

ローズをきらりさんに紹介したのは、ローズがまだ両目ぱっちりの頃。きらりさんは保護猫3匹までなら引き取れるキャパシティーがあるのを私はきらりさんに聞いていました。私が出したちゃた幸と、マイ太郎さんが出した結ちゃんがきらりさんのお宅にいるので「もう1席」空いています。そこに私がローズを紹介したのです。ローズの腫瘍が判明する前の話ね。

 

 

きらりさんはローズが片目になったのも当然知っていましたし、前向きに検討するためにローズに会いに来てくれました。心から感謝しています。

 

 

あまぱんもなでなでしてもらったね♪

IMG_1465

 

 

 

何時間話したでしょうか……

IMG_1464

 

 

 

とにかく私の思いを伝えました。きらりさんにローズをアピール。きらりさんも真剣に「お持ち帰り」してくれたと思います。正直私は胸中でガッツポーズをしていました。

 

 

ローズときらりさんのご縁が決まった、と。

 

 

あとはいつ皆さまにご報告しようかな? みたいな鼻歌テンションだったのです。

 

 

ところが、ローズに会ったことで、きらりさんは改めてキャパシティを熟考するようになり、当面はちゃた幸と結ちゃんのペアでいきたいと言われました。

 

 

すがすがしい気持ちでした。きらりさんの筋も通っています。

 

 

彼女は決してローズが片目とか両目とか関係ないのです。私はきらりさんという女性の猫への思いをわかっているし、そんな方じゃないからこそわざわざローズに会いに来てくれたわけですから。だけど本音はショックでした。

 

 

 

私はローズもきらりさんも大好きです。どっちがどうということではなく、ただ縁を期待していたことと、期待していた縁を結べなかったことが悲しかったです。

 

 

でも逆にきちんとした考えを持っているきらりさんをより尊敬したのです。

 

 

きらりさんからお断りされたあと、私は卒業生楽の里親福田さんに打診。

 

 

できればローズは信頼できる方に預けたいんですよね。

 

 

もちろんネットでの募集も考えていたのですが、その前にだれかいないかなと。

 

 

 

福田さん夫妻はローズをかなり気にかけてくれていて、ローズの家族になりたいと仰ってくれました。しかし、福田さんの分譲マンションの規約では猫は2匹までしか飼えません。深夜まで福田さん夫妻と電話で話をして、結局振り出しに戻りました。私はベコベコです。私を凹ませた正体はきらりさんでも福田さんでもありません。私自身のおごりと、ローズへの一種説明しがたい執着です。

 

 

 

ハッキリとは覚えていませんが、1週間くらいは「負」のオーラから自分を立て直すのがキツかった記憶があります。辛くてたまりませんでした。どうしてだろう。理由は分析しきれていません。

 

 

 

けれど、保護猫たちに運命の赤い糸を結ぶために私は彼らを保護したのです。その責任から逃げるわけにはいきません。よし、ローズはネットで一般募集をしよう。

 

 

気力を振り絞ってやってみよう。

 

 

できるできる!!

 

 

ずっとやってきたことだからできる!!

 

 

ある日リビングの猫トイレの周囲に掃除機をかけながら自分を鼓舞していたとき、突如パチッと降りてきました。アイコンがチラチラチラチラ。

 

 

 

自分でも想像すらしていなかった場所からだったのです。

IMG_2692

 

 

 

ん???

IMG_2692

 

 

 

え、なんで?

IMG_2692

 

 

 

掃除機を放り出した私は即座に自分の直感のままにiPhoneを握りしめ電話をかけました。

 

 

 

ローズの家族になってもらうのはにゃん太さんがいいかもしれない!

IMG_2692

 

 

 

つづく

 

 

 

スポンサーリンク





まるのご縁が決まりました♥

Twitterをご覧の皆さまはご存知かもしれませんが、うちから数年前に巣立った卒業生が里親さん宅から脱走してしまいました。先ほど直接会い、捕獲箱3台を貸して方法をお伝えしました。非常に気合いの入っている方なので、今は水面下で動いていきたいと思っています。加えて私はある地域のTNRも間接的に関わっていてゴッタゴタの日々を送っています。自分だけ忙しいみたいな物言いで申し訳ありませんが、多方面にしばらく不義理をさせていただきます。

 

 

心身ともに絶不調なので、どうかそっと見守ってくだされば幸いです。

 

 

応援に対するお礼もできないです。ごめんなさい。

 

 

まるの幸せの報告だけはサッととさせてくださいね。

 

 

今夜、黒田さんファミリーがまるに会いに来てくれました。

IMG_2410

 

 

 

最初はビビっていたまるですが、次第に安心してくれた模様です。

IMG_2415

 

 

 

奥さんと娘さんがなでなで♪

IMG_2444

 

 

 

まるはおとなしくしていてえらかったです。

IMG_2446

 

 

 

私もいっしょに混ぜてもらいました。まる女性にモテモテ♪

IMG_2441

 

 

 

途中で娘さんに少しアレルギー反応が出てしまったので、いったんじっくり話し合うことに。無理のある譲渡では双方が幸せになれないからです。

 

 

 

けれど黒田さんは在宅でお仕事をしている方ゆえ、まるの様子をこまめに見て、いい意味でお子さまとまるの距離感を保てるとのこと。

 

 

黒田さんのまるへの気持ちはかなり強く、私もまるは黒田さんの元へ行くべきだと考え、全員の総意としてご縁が決まりました。

IMG_2440

 

 

 

犬舎でのワラワラとしたお見合い

IMG_2424

 

 

 

黒田さんはメジャーを持ってきてまるの寸法を測りまくり。すでにステンレスの迷子札も発注しているそうです。私のほうも去勢済みのまるに狂犬病予防接種、ワクチン、フィラリア検査、マイクロチップを入れる手はずを整えました。

IMG_2457

 

 

 

黒田さんは意思の強い方なので、まるにとってプラスになると信じています。

 

 

 

病院でも大賑わい

IMG_2475

 

 

 

いいね。まるやったね!

IMG_2482

 

 

 

「ぼくうれしい」

IMG_2487

 

 

 

お届けは来月中旬。双方が準備をし合い、きちんとした譲渡をめざします。

 

 

週末には専属のトレーナーさんが病院に入るので、まるの今後の生活などについても相談していく予定です。まずは怖がらずにお散歩ができるようになるといいな。

 

 

一日に起こることが多すぎて喜怒哀楽が追いつかず、ほんとうにめまいがします。

 

 

でも今日は「喜」として皆さまにご報告をさせていただきました。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





黒田さんと保護犬「まる」

本日は朗報ネタです。実は昼間10本以上の電話がかかってきて、それだけでかなり時間がすぎてしまい、今書いている章を終えられませんでした。

 

 

翌日は必ず1章を仕上げるぞ! と鼻息荒くしていますが、明日も明日でたいせつな予定が入っているのです。保護活動は人を忙しなくさせるものですね。

 

 

 

さて、主役はこの方。私の保護犬「まる」です。

IMG_1945

 

 

 

実は子犬時代のまると私はよーく会っていました。ベタベタの仲よしだったんですよ。見てこの顔かわいいでしょ? 私の過去ブログにももちろん登場済み

7kurodasan (5)

 

 

 

靴ひもを壊されたのでほっぺをかるーく齧ってやりました。反省顔のまる(笑)。

7kurodasan (4)

 

 

 

犬舎で委縮していますが、体重は20キロクラスです。立派に育ったね。

7kurodasan (8)

 

 

 

そんなまるにこのたび90%の確率で救世主が現れたのです。

 

 

 

じゃーん! 黒田さん♪ 私の本を読んでいる方はご存知ですね。卒業犬タロをたいせつにしてくださった方ですよ。4年前にタロが病気で亡くなるまで、問題児だったタロと永い時間をともに生きてくれた方です。尊い尊い里親さん。

7kurodasan (1)

 

 

 

黒田さんと私の出会いは十数年前ですので、信頼の深い方です。

7kurodasan (2)

 

 

 

タロのような逸材を育てられたのは黒田さんしかいません。本を読んでくださった方は「うんうん」頷いていますよね。タロは当初噛み癖がハンパじゃなかったんです。怖いですよ。タロのサイズで強烈に噛まれたら人はマジでビビります。

 

 

emi-go夫妻ともごあいさつ

7kurodasan (3)

 

 

 

タロとの別れから4年経ち、黒田さんは再び犬との暮らしを考えるようになりました。そこでだいぶ前に私がまるを打診したのです。黒田さんは熟考の末、まるに会いに来てくれました。しかし未だご家族のお考えは完全には一致していない状況です。だから、90%ね。でも仮にダメだとしても私がまるの譲渡をしていこうと腹を括ったので、お互い笑顔で再会♪ すべてはしょせん縁なのです。

7kurodasan (9)

 

 

 

黒田さんスマイル。まるに犬ちゅーるのおみやげを持参

7kurodasan (6)

 

 

 

ふふ。楽しそう。善き方の笑顔はなによりです。

7kurodasan (7)

 

 

 

私が電話で席を離している間、黒田さんとまるは親睦を深めていました。

7kurodasan (10)

 

 

 

ガラス越しに撮った写真ですが、これにはさすがにemi-goとふたりで驚きました。だってまるはシャイゆえ、ほぼ犬舎から出てこないのです。しかも私服姿+初対面の黒田さんにニコニコ顔を浮かべているという。仰天ニュースレベル!

 

 

まるが黒田家の一員になれるならこれほどうれしいことはないですが、もし無理でも、まるに名をつけ撫でてくれた黒田さんにまると私は感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

縁って自然発生するものだから無理強いしてどうにかできることではないんですよね。それをこの16年で私は学んだ気がします。犬と猫と人からね。

 

 

私はただ、捨てられて困っている犬や猫を幼少の自分に投影してしまうクセがあり、そこから抜け出せずにいます。子どもは子どもらしく、犬は犬らしく、猫は猫らしくあってほしい、その一語に尽きる活動を自己満足でしているのです。

 

 

私のおせっかいで叶えられることがあれば、自分のできる範囲でこれからも一歩一歩がんばっていきたいです。命がある限り、かっこよくいえば還元としてね。

 

 

犬と暮らす人も、猫と暮らす人も、人と暮らす犬猫もみんなみんな~

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク