魔法をかける

用事で病院へ行ったらemi-goがサプライズで誕生日ケーキをプレゼントしてくれました。emi-goありがとう。病院のスタッフとみんなでいただきましたよ。

eeeeei (11)

 

 

先ほどみいさんが送ってくれたその日の保護猫えい吉の写真を見て仰天。腰を抜かしそうになりました。えい吉が光っているのです。

eeeeei (13)

 

 

みいさんはえい吉になんの魔法をかけたのでしょう?

eeeeei (2)

 

 

えい吉はお耳カイカイ(外耳炎)の治療をしに来たのです。

eeeeei (1)

 

 

活動の用事でみいさんがいたのでついでにえい吉を撮ってもらいました。

eeeeei (14)

 

 

遅くても2週間以内にえい吉を家族募集サイトへ掲載します。

 

 

それまでにお耳もしっかり治しておきたいし、もっと仲よくなりたいし、いい写真もたくさんほしい。そこでみいさんに数枚お願いしたのです。

 

 

なのに撮ってもらったことをすっかり忘れていた私……

 

 

「え?」

eeeeei (3)

 

 

いやごめん。バタバタしていると物忘れがひどくなるね。

 

 

本当は怖いんですが、一生けんめい耐えています。

eeeeei (9)

 

 

成長したでしょう?

eeeeei (12)

 

 

手も口も出なくなり山路さんにも驚かれました。あつこさんのアドバイスで「孫の手」をつかって馴らしたんです。あとは私のオリジナル「あっ! トレーニング」の効果も出ていると思います。

 

 

マイ太郎さんの手づくりバンダナ(唐草面)でキメてきました。

eeeeei (7)

 

 

もうー!! ダメだよこれは!! 鼻血が出るもん……

eeeeei (4)

 

 

めちゃくちゃかわいいと思いませんか?

eeeeei (5)

 

 

出会った日のえい吉とは別猫みたいですよ。

eeeeei (6)

 

 

生活をともにする私のみならず、山口県の保健所でえい吉を見つけ必死に動いたaiさんやほかのボランティアの方々、リツイートの嵐で殺処分を食い止めようと応援してくれたみなさん、「ハチワレちゃんが頭から離れない」と実際に問い合わせ、引き取りをした山路さん、お世話になったemi-goの病院、写真を撮ってくれたみいさん、我が家でえい吉と遊んでくれたお友だちたち、えい吉に関わった全員がえい吉の奇跡を願い、魔法をかけた結果の輝きではないでしょうか?

 

 

えい吉が巣立ったら、また一匹をスカウトし、スターとして育てていきます。

 

 

募集前ですがえい吉が気になる方はどうぞご連絡くださいね。

 

 

私は保護動物たちと丁寧に接し、一匹一匹を磨いていきたいです。

 

 

大勢が各々の魔法をかければ、日本はあっという間に変わります。

eeeeei (10)

 

 

 

LOVE♡

 

 

スポンサーリンク





期待も絶望もポイしました

先日、東大病院にてほほのCT検査を行いました。

1gaa9 (4)

 

 

歩けなくなった理由がわかるかもしれない。

1gaa9 (8)

 

 

だからほほ、がんばっておいで!

1gaa9 (5)

 

 

午前中に菅原先生にほほを預け、MIHOさんと私は敷地内のレストランへ

1gaa9 (7)

 

 

ボリュームたっぷりの豆腐ハンバーグ定食。680円とお得です。

1gaa9 (6)

 

 

ランチを済ませブラブラしたあともだいぶ時間が余ってしまったので車内でひと休憩

1gaa9 (9)

 

 

この日はとにかく待ち時間の長さに参りました。

 

 

すべての検査が終了し、名を呼ばれたのは約4時間後……

1gaa9 (1)

 

 

検査時のほほの写真が見たいという私のリクエストに前田先生が応えてくれました(右)。東大はキャリーバッグに入れたままCT検査をするのです。

1gaa9 (2)

 

 

タオルがビッシリ詰められているのはほほを動かさないためです。

 

 

通常、犬猫のCT検査は麻酔をかけますが、東大の機械は超性能がいいのでほかの病院よりスピーディに撮れます。おかげで3年前には肺の結節を患っているあまぱんも無麻酔でCT検査を受けられたのです。麻酔をかける負担もないし、変な話、麻酔代もかかりません。けれどどの子にもできるということではなく、「おとなしくしていられて、ほとんど動かない子」じゃないと厳しいのです。

 

 

半寝たきりのほほは無麻酔でいけると予想しお願いしました。

 

 

前田先生、いつも細やかな診察ありがとうございます。

1gaa9 (12)

 

 

検査の結果を詳しく見せてもらいました。

 

 

簡単に説明すると、ほほの水頭症はかなり重度です。そして新たに脊髄にも水が多量に溜まっている(脊髄空洞症)ことが判明したのです。脳と脊髄の両方に溜まった水のせいで、ほほは歩行が困難になったと考えられます。ステロイドや利尿剤の量を増やしても改善されなかったので正直なす術はありません。でも調べてよかったです。

 

 

ほほの状態を正しく知ることが重要ですから。

 

 

前田先生にリハビリの方法を聞きました。お母さんの気持ちは、希望を完全に捨てずに、いい意味で諦めよう、という複雑なもの。説明が下手でごめんなさい。

 

 

「こうなるはず」をポイしたんです。

 

 

お母さんは「こうすればほほは歩けるようになる(期待)」「ほほはもう二度と歩けない(絶望)」も両方捨てちゃったんです。すると不思議と楽になりました。

 

 

ほほに必要な治療はつづけていきます。しかし結果が伴わないとしても構いません。

1gaa9 (13)

 

 

一生懸命やりつづけながらもほほの丸ごとを受け入れる。それしかないと思います。

 

 

ほほに限っては脱走の心配がないのでお母さんが抱っこして駐車場まで歩きました。

1gaa9 (11)

 

 

ほほ、お疲れさま! 秋の風はいいよね♡

1gaa9 (10)

 

 

ちなみに参考に載せておきますが、血液検査、基礎的な検査、診察、無麻酔CT、薬代、駐車場代を合わせて私が支払ったのは73,000円程度。麻酔代がなかったのがありがたい。

 

 

高いのか安いのかもはやわからないですけど^^;

 

 

MIHOさんがほほとお母さんを動画に載ってくれたのでぜひご覧くださいね。

 

 

 

愛する家族に感謝♡ うちのお子たちは生きているだけでえらい!

 

 

次はひさびさにリルの検診でも行こうかな? だってリルもおばあちゃんだもんね。

1gaa9 (3)

 

 

皆さまこれからもほほに会いに703号室に来てくださいね。お待ちしています。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





しのちゃんと繋ぐ赤い糸2

皆さまこんばんは。昨日のつづきです。

 

 

しのちゃんはみいさんが撮ってくれた写真を使って家族募集サイトへ掲載。「ペットのおうち」、「いつでも里親募集中」、「ネコジルシ」の3つです。

 

 

やることがササっと早いしのちゃん。私はほとんど口を出さずblogともリンクしませんでした。お問い合わせが来るたびにしのちゃんは連絡をくれて、私の大まかなアドバイスを自分なりに噛み砕いて希望者さんとやり取り。その際の対応メールが迅速かつとても丁寧で感心するほどです。

 

 

顔出しNGですが内外ともに美しい女性ですよ!

IMG_0731-1

 

 

 

しかし大学生の夏休み中とあって、しのちゃんは前々から予定していたアフリカへの旅でしばし留守にしていたので、その間は私が交代。私はしのちゃんが絞っていた3組の希望者さんとお会いしたのです。ふふ。やたら忙しかった。

 

 

※おかげできちこさん保護の菊ちゃん改めチョビとご家族のご縁も結べました。

 

 

兄妹セットで考えてくれた里親さんと出会いました。

IMG_1375

 

 

ベルベットとニコは超仲よしなのでこのふたりは離したくないなと思っていたんです。

IMG_1382

 

 

里親さんのほうもお留守番を考えてはじめから2匹で探していたんだとか^^

IMG_1389

 

 

お見合い中ほぼこの姿勢のご主人

IMG_1380

 

 

ご実家でずっと大型犬と暮らしていました。

IMG_1392

 

 

動物の扱いに慣れているし、言葉の端々にやさしさがにじみ出ています。

IMG_1384

 

 

病院でお見合いをしたのでemi-goにも会ってもらい、お渡しを決めたのです。

 

 

後日しのちゃんへ報告すると、2匹の卒業にはぜひ自分も行きたいとのこと。

 

 

そして迎えた晴れの日、キャリーでピーピー元気に鳴いています。

IMG_1520

 

 

 

到着! 背の高いタワーマンションがベルベットとニコの新居となります。

IMG_1576

 

 

エントランスに咲き誇るお花がきれいだったので記念にパチッ

IMG_1530

 

 

しのちゃんも一枚!

IMG_1529

 

 

さあ、行こうか♪

IMG_1535

 

 

こちらが玄関ですが、特段脱走防止対策は必要ないかなと

IMG_1573

 

 

各室に扉があり

IMG_1574

 

 

万が一玄関を飛び出しても、ご覧のとおりの内廊下なので外には出られないのです。

IMG_1537

 

 

バルコニーがなく、窓はすべてフィックスタイプ。開けられません。

IMG_1557

 

 

ご主人はニコちゃんをまた肩にのせています。

IMG_1561

 

 

ほほえましいね!

IMG_1558

 

 

お茶をいただきながら談笑。ご主人は昔予備校生を教えていたのでしのちゃんと受験の話で盛り上がっていました。私にはなんだかさっぱりわからない話題です。

IMG_1566

 

 

「むずかしいはなしでち」

IMG_1542

 

 

「ここはどこですか?」

IMG_1540

 

 

ビューティフルママに抱っこされうっとりのベルベット坊

IMG_1560

 

 

ママは終始ニコニコ顔

IMG_1570

 

 

「おひざがあったかいです」

IMG_1564

 

 

放牧されテンションがあがる子どもたち。あるあるですね。

IMG_1543

 

 

里親さんからベルベットくんとニコちゃんの医療費をお預かりし、emi-goに渡しました。

IMG_1548

 

 

家の全体の様子やかわいい猫グッズがたくさん置いてあったのに私ってば話に夢中で撮りそびれました。ううう、失態。ごめんなさい。特にイタリア製のキャリーバッグが素敵だったので今度どこで売っているのか聞いて機会があったら載せますね。

 

 

以下が里親さんから送られてきた画像です↓

IMG_1986

 

 

ベルベットとニコはいつもくっついていますね。

IMG_1985

 

 

だいぶ大きくなりました。

IMG_1800

 

 

いっぱい食べるからお腹がポンポンだそうです。

IMG_1799

 

 

里親さんのケアの甲斐あって疥癬が治ってる。先日薬浴も済ませたらしいです。

IMG_1801

 

 

私が大好きな写真。爪とぎの中かな?

IMG_1634

 

 

数日前に送ってくださった最近のベルベットとニコ。だいぶ成長していますね。

IMG_2326

 

 

どうもありがとうございました。

 

 

余談ですが、ベルベットとニコのお届け、実は電車で行ったんです。

IMG_1522

 

 

しのちゃんと途中の駅のホームで待ちあわせて、新宿駅で下車

IMG_1523

 

 

新宿駅から近いお宅だったので、電車のほうが便利だったんです。でも私は広い新宿駅にオロオロ。しのちゃんが地図を調べて私を連れて行ってくれたという(笑)。時おりキャリーを覗いてベルベットとニコの様子を気にしていたしのちゃん。母子ほど年が離れている私は、こんな娘がほしかったとひそかによだれを流しました。しのちゃん、お疲れさまでした。またお会いしましょうね。

IMG_1525

 

 

しのちゃんから嬉しいラインが届きました。本人のOKをもらって載せています。

IMG_2430

 

 

暗澹たる世界にがまんの限界を感じたら、明るさを創ればいいんですよね。

 

 

多くの善意に感謝して♡

 

 

LOVE

 

 

かつくん「x268、269、ベルベット、ニコおめでとう。兄妹揃ってのご縁なら心細くないもんね。食べて寝て遊んで甘えて、スクスクまっすぐ育ってね!

幸せになれる犬猫たちが一頭でも増えますように」1-3483

 

スポンサーリンク





しのちゃんと繋ぐ赤い糸1

皆さまおはようございます。

 

 

7月14日のblog記事で紹介した現役東大生のしのちゃんを覚えているでしょうか?

 

 

若い芽/幸せの703号室

 

 

Twitterにはちょろちょろ流していたのですが、先月私はしのちゃんと「譲渡」をコラボしました。今回は卒業記事を簡単にあわせてしのちゃんの活躍ぶりをメインで紹介させてください。卒業生になったのは「ベルベットくん」と「ニコちゃん」です。

 

 

しのちゃんが取り組みやすいようにemi-goが保護子猫2匹を病院に入れてくれたんです。この兄妹は多頭飼育崩壊現場で産まれてしまった子たち

IMG_0023

 

 

 

ベルベットくんもニコちゃんも疥癬とコクシジウムを持参してやってきました。

IMG_0025

 

 

 

劣悪な環境下をよく生き延びてえらい。生命力の強い子たちです。

IMG_0031

 

 

 

私はしのちゃんを途中の駅まで車で迎えに行き、いっしょにemi-goの病院へ。車の中で概要をササっと。到着早々、しのちゃんと子猫たちのご対面です。

IMG_0719

 

 

 

そこへミニーちゃんのアロハシャツを着た強力な助っ人が登場♡

IMG_0721

 

 

 

みいさんには超感動です。名古屋に単身赴任中のご主人としちゃんが帰ってきているというのに、みいさんがわざわざ時間を捻出して来てくれたんです。

 

 

 

しのちゃんとみいさん

IMG_0727

 

 

 

ありがとう。私ももちろん写りましたよ。鉄板ですから!

IMG_0036

 

 

 

みいさんのおかげで躍動的な写真がわんさか撮れました。

IMG_0038

 

 

 

子猫たちの無邪気で愛らしいありのままの姿

IMG_0028

 

 

 

これは私じゃ無理だな^^;

IMG_0019

 

 

 

よりよい譲渡を目指す方は聞いてください。

IMG_0015

 

 

 

「アピール用写真」は侮れません。

IMG_0017

 

 

 

重要です。

IMG_0008

 

 

 

ちまっとまあるくなるニコちゃん(女の子)

IMG_0003

 

 

 

ニコちゃんが追うのはお兄ちゃんのベルベットくん

IMG_0001

 

 

 

ニコちゃん(左)の毛色はゴールドに光っていますね。

IMG_0020

 

 

 

ベルベットくんと比べると、椅子が大きく見えちゃう……

IMG_0004

 

 

 

太陽のキラキラをまとって

IMG_0049

 

 

 

外の世界は刺激的?

IMG_0051

 

 

 

ふふ。小さい背中ですこと♪

IMG_0014

 

 

 

写真が一段落すると、次は休憩時間中の無人の待合室へ!

 

 

譲渡のイロハをしのちゃんに伝えました。しかし、パパっと話して終わるようなもんじゃないので、このときは家族募集サイトへの掲載方法だけを簡単に説明。しのちゃんに投げてやってみてもらいます。私があーだこーだと窮屈な枠を作るより、まずは自分で考えながら実践してほしかったのです。

IMG_0044

 

 

 

しのちゃんは時おりスマホでメモを取りながら話を聞いてくれました。

IMG_0005

 

 

 

自分の思考で主体的に動くことが能力のアップに繋がると思います。

IMG_0054

 

 

 

しのちゃんは東京大学を卒業したら獣医の道へ進む女性です。

IMG_0016

 

 

 

頭がキレるだけでなく、慈悲の心があり、礼儀正しくつつましい女性なので動物にとっても人にとってもプラスにはたらいてくれるにちがいありません。

IMG_0050

 

 

 

私にできることは、褒めて、信じること。あとはちょっとしたサポートかな?

IMG_0039

 

 

 

子猫たちの仮名もしのちゃんにつけてもらいました。そして写真選びも掲載用の文章もしのちゃんが考えたのです。私は軽くアドバイスし、添削したのみです。

IMG_0032

 

 

 

まだ子猫用の首輪すらブカブカね、あなたたちは(笑)。

IMG_0012

 

 

 

こんな使い方もできちゃいます。

IMG_0041

 

 

 

「あのね わたしはニコちゃん」

IMG_0029

 

 

 

「ニコニコ暮らしていきたいの」

IMG_0024

 

 

 

「ぼくベルベットくん」

IMG_0040

 

 

 

「男の子ですが……」

IMG_0007

 

 

 

「おくすりはキライです」

IMG_0045

 

 

 

中島先生の指導のもと、しのちゃんにコクシジウムの薬をやってもらいました。

IMG_0033

 

 

 

さあ、しのちゃんがんばって!

IMG_0021

 

 

 

「わ、動くからむずかしい」

IMG_0047

 

 

 

「じっとしててね」

IMG_0013

 

 

 

「あー飲めました」

IMG_0048

 

 

 

「苦かったね、ごめんね」

IMG_0030

 

 

 

持ち上げてみると、子猫たちは羽のように軽い。

IMG_0011

 

 

 

けれど体の隅から隅まで命が詰まっていることを、しのちゃんは知っています。

IMG_0006

 

 

 

つづく

 

 

 

スポンサーリンク





オアシス

私にはずっと気がかりだったお兄さんがいました。

 

 

emi-goの病院に私の保護子猫ニコちゃんに会いに来てくれたお母さんとお兄さん。ニコちゃんを抱いたときのふたりの笑顔が忘れられません。

 

 

ニコちゃんはほかの方との縁が決まり、私はお母さんにお断りメールを書きましたが、ふたりの落胆したそぶりを想像するだけで胃がキリキリと痛んで仕方なかったです。

 

 

自分が乾いたつまらない大人になってしまったと思いました。

 

 

ドライでパサパサの心。いつからこうなったんでしょう。

 

 

しかしこの度こま吉の里親きちこさんが保護した4匹の天使たちのおかげで、私はお母さんとお兄さんの夢を叶えることができたのです。

 

 

そして1匹の子猫が、お兄さんとお母さんの掌で幸せを掴みました。

 

 

ありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

 

きちこさんが保護した子猫たちの中にキジトラの女の子がいる!

IMG_1491

 

 

 

ニコちゃんと似ている!

 

 

私はすぐにきちこさんに連絡しキジトラの女の子を私が引き継ぐことを提案。

 

 

きょうだいたちと引き離してしまう旨も伝えたのですが、きちこさんは「一匹ずつでもいいご縁なら気にしません」と二つ返事。

 

 

横浜から菊ちゃん(仮名)をemi-goの病院に届けてくれたのです。

 

 

きちこさんが愛情を込めて育てた菊ちゃん

IMG_1493

 

 

 

風邪の治療もがんばりました。

IMG_1490

 

 

 

「もしまだ子猫が見つかっていないならぜひ会いませんか?」

 

 

私は菊ちゃんの写真を添えお母さんにメール……

 

 

私たちは会う約束を交わし、お母さんは仕事帰りにひとりで病院に来てくれたのです。

kiku (4)

 

 

菊ちゃんいいところをたくさん見せてくれました。

kiku (3)

 

 

小さいけれど、利発で素晴らしい猫さんです。

kiku (5)

 

 

菊ちゃん、お母さんの腕の中はあったかいでしょ?

kiku (2)

 

 

耳を掻いていたので検査してみたのですが、異常なしでした。

kiku (7)

 

 

中島先生、かなちゃん、いつもありがとう。

kiku (6)

 

 

きちこさんがまんまをたくさんくれたのでお腹ぽんぽこりんの菊ちゃんです。

kiku (8)

 

 

きょうだいを代表して採血

kiku (9)

 

 

ウイルス検査の月齢については中島先生とつめた話をしています。あくまでもこの時点での検査結果であることも含めて里親さんにはお伝えしています。

kiku (14)

 

 

ごほうびにお母さんからちゅーるをもらってご満悦

kiku (13)

 

 

一生けんめいちゅーるを食べる姿を眺めていたら

kiku (10)

 

 

鼻の奥がツンとしました。

kiku (11)

 

 

ああ。この子は生きるために生まれてきたんだなあ、と。

kiku (12)

 

 

 

きみたちには五感と喜怒哀楽があるんだもの。ね? タロ

kiku (1)

 

 

 

もらったおやつを隠すボボボ。8年以上河川敷で苦労してきた犬です。

kiku (19)

 

 

 

食事中は隔離されるちゃぽぽ。理由はみんなの分を奪ってしまうから(笑)。

kiku (18)

 

 

 

帰り際、お母さんは菊ちゃんを育てていきたい、うちの子にします、と仰いました。

 

 

そのときの表情がイキイキしていてとても美しかったです。

 

 

私は美しいものが見たくてこの活動をはじめたことを思い出しました。「運命は変えられる」と実証するためでもあります。私は簡単にギブアップしたくありません。

 

 

壁の向こう側にどうしても行きたいのです。

 

 

砂漠を越えればオアシスが広がっている気がするのです。

 

 

お母さんはニコニコ顔で帰っていきました。サプライズを準備するんだそうです。

 

 

後日、菊ちゃんはお輿入れの日を迎えました。

kiku (15)

 

 

おみやげ、きちこさんから預かった嫁入り道具、書類を持って♪

kiku (16)

 

 

 

私たちがいる場所は砂漠でしょうか? それともオアシスでしょうか?

 

 

すべては自分次第だと思いませんか?

 

 

お母さんの様子を目の当たりにして、私も潤いを感じました。

kiku (17)

 

 

循環しているんですね。

 

 

ならば常に前進しなくては!

 

 

菊ちゃん改めチョビちゃん♡ おめでとう!

 

 

次回はサプライズパーティに皆さまをご招待します。

 

 

LOVE IS ALL

 

 

スポンサーリンク