特大の花丸、二重丸

皆さまこんばんは。今日は仕事のあと自分へごほうびを与えてやりました♡

 

 

#703スターだより

 

 

また次の小ネタにするとして……まずはあおたんの写真をUPしようかなと。

IMG_1880

 

 

ふふ。かわいいでしょう?

IMG_1885

 

 

きょうだいの中でいちばん性格が温和です。

IMG_1785

 

 

コクシジウムのお薬を合計3回もがんばりました!

IMG_1836

 

 

現在検便は(-)になっています。

IMG_1844

 

 

「ハハ~ あすは ぼく おみあいですよね?」 左:あおたん 右:かおたん

IMG_1763

 

 

「ぼく きにいってもらえるか ドキドキします」

IMG_1741

 

 

あおたん、実は私もドキドキです。

 

 

でも、希望者さんはおやさしい方だから、あおたんをニコニコと見つめてくださると信じています。あおたんは幸せになるためにこの世に生まれてきました。特大の花丸、二重丸を神さまがつけてくれています。だからあおたんらしくふるまっていればいいですよ。すべては「ご縁」ですものね。

 

 

皆さまもどうかチビ(あおたん)が終の棲家へ旅立てるよう見守ってくださいね。

 

 

そして怖がりのさおたんも絶賛家族募集中です。応援お願いします。

IMG_1751

 

 

小さな歩幅ですが、一歩一歩、前へ前へ進んでいきたいです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ちびノラスタ♡ あおたん、かおたん、さおたん

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

さあ、ビビり犬、老犬のあとは子猫ネタいきますよ~!

 

 

703号室は目まぐるしい。保護譲渡はもちろんのこと、SNSへの放出もひとりでやっているので手がまわらないこともありますが、透明性のある活動をめざしています。

 

 

自分が経験していること、感じたことをなるべくUPしますね。

 

 

気になっていたキジトラ3チビが本日やってきました。

faod (13)

 

 

きっと1回ではおぼえてもらえないと思いますが、サクッと紹介します。

 

 

男の子。仮名:あおたん

IMG_1703

 

 

女の子。仮名:かおたん

IMG_1700

 

 

女の子。仮名:さおたん

IMG_1699

 

 

遊びに来たチチが抱っこと人馴れをさせてくれています。

 

 

あおたん、かおたん、さおたん。外見も似ているのに名前まで似た感じですいません。

 

 

うちの隣町で保護された子猫たちです。

 

 

その地域はキジトラ率がめちゃくちゃ高いとのこと。TNRをしている地元の里親会の方や、私の近所の方、その職場の方など多くの方々が関わっています。昨日、全員で病院に待ち合わせ、ケアを見守ってもらい、丸投げしてもらいました。私が保護主&譲渡責任者になります。

faod (3)

 

 

【全頭に施した医療ケア】

faod (7)

 

 

①ブロードライン(駆虫)

faod (6)

 

 

②診察、体重検査(全員1キロ前後)、検温(全員熱が39度台で高め)

faod (5)

 

 

③ウイルス検査(2019.9.14時点では全員マイナス)

faod (10)

 

 

④血液CBC検査(パルボウイルスを懸念し白血球の数をはかりました。結果正常)

⑤検便(コクシジウムがわずかに1匹だけ確認されましたので駆虫薬を投与。念のためもう一度検便とコクシジウムの駆虫薬を飲ませます)

 

※ワクチンは体調が落ち着いてから改めて連れて行きます。

 

 

昨日の発熱は「緊張熱」と考えてまちがいでしょう。本日平熱に戻っていました。

faod (12)

 

 

爪切りも完了

faod (2)

 

 

先生、オペの合間に丁寧に診察してくださりありがとうございました。

faod (4)

 

 

emi-goもトリミングのお仕事の合間にどうもね♡

faod (1)

 

 

土曜はまるの散歩のあと、卒業生天音&ほたる家に打ち合わせに行く予定が入っていたので、あおたん、かおたん、さおたんは1泊病院にステイさせたのです。

faod (8)

 

 

組み立てたケージに入れて

faod (11)

 

 

ケージに入れた時点で、果たしてこの先そっくりの彼らを識別できるのか本当に不安だったのですが、1日経った今、全員のちがいが一発でわかります。

 

 

近所でスカウトされた小さいノラスタたちが我が事務所に来てくれました。

 

 

私なりに精いっぱい赤い糸を手繰り寄せたいです。

 

 

2日の間に手持ちのノラ猫あがりのスターたちが12冊売れ、気分爽快です。

IMG_1696

 

 

売りまくりたいので皆さま応援どうぞよろしくお願いしますね。

 

 

お水をほしがる不経済のあまぱんを添えて

faod (14)

 

 

 

LOVE(このあと3つ目の記事は厳しいかも……涙)

 

 

 

スポンサーリンク





メル子は福の神

私信ですが、仕事でお世話になった澤村さんご夫妻に心から感謝しています。数時間前にきた「うれしい」が3つも詰まったメールを拝読し、心が洗われました。

 

 

また、素敵なメールが数通届いています。ゆっくりお返事書かせてください。

 

 

新しい出会いを予感し、夕方猫砂を買いました。最近「紙砂タイプ」に変えたのです。

faiue (3)

 

 

でも個人的な感想として、「紙砂」って軽いけどにおう気が……。

 

 

現在我が家ではシステムトイレ1、普通のトイレを4つ置いています。シッターでお邪魔するお宅はほぼシステムトイレ。今さらながらシステムトイレいいな。

 

 

私には保護したい子たちがいます。きょうだいでまちがいなさそうですね。

IMG_4818

 

 

くわしいいきさつはおいおい書きますが、いろんな方が関わっているのでどうなるかはわかりません。正直、生活や体調など私も楽ではないのですが、写真を見ちゃったら、ねえ(笑)。

 

 

私の手元に来てもらいたい、スカウトしたい、そう考えています。

 

 

近々いいお知らせができるよう努力中です。

 

 

703号室は保護猫黒真珠の家族募集をスタートしなくては!

faiue (2)

 

 

黒真珠は甘えん坊の健康体なのに不甲斐ないです。里親募集にあたりなにもしていないわけではなくて、キラキラ写真を1枚でも撮りたい私は必死こいてます。まなちゃんがいいの撮ってくれたけど、もっと数がないとアピールに足りない。だからカメラ片手に黒真珠を追いまわしています。未だ家族募集サイトへ掲載できませんが、みいさんに負担をかけないよう、写真の腕を磨きたいです。

 

 

しかし最後はみいさんに泣きつくかも(苦笑)。

 

 

卒業ホヤホヤのメル子は以前あまぱんのお見舞いに来てくれたマイ太郎さんが撮ってくれました。

 

 

ひとりがあやしてひとりが撮る、がやりやすいですよね。

faiue (8)

 

 

オシャレしておやつに夢中だったメル子

faiue (9)

 

 

撮りやすかったしメチャクチャかわいかった♡

faiue (10)

 

 

メル子は新居で幸せに暮らしていますよ。里親さんが毎日近況ラインをくださいます。

faiue (11)

 

 

里親さんも楽しみにしているので、3日以内に卒業記事をUPします。

faiue (12)

 

 

食欲旺盛で活発のメル子

faiue (13)

 

 

大好きだよ♪

faiue (1)

 

 

突発的な保護だったので「迷子かも」とのご意見をいただき、保健所生活衛生課へ問い合わせました。そして生活衛生課からの電話を2週間待ちました。2週間経ったら私はメル子を保管から譲渡へ切り替える旨を生活衛生課のSさん(男性)に伝え、了承を得ていたのです。

 

 

血の通ったメル子に対し「保管」という言葉はイヤですが、敢えて使いました。保健所の職員さんとのやり取りで何回か出た一語だったからです。

 

 

そういえば、メル子の通院時の写真をブログに載せるのを忘れていました^^;

faiue (5)

 

 

爪切りをされている姿も美しい!

faiue (4)

 

 

ほんとうは不妊手術の際にマイクロチップを入れたかったのですが、保健所の連絡待ちだったこともあり時期がズレたのです。麻酔ナシだと痛いかな?

 

 

メル子、ごめんね。

 

 

と、おそるおそる中島先生の処置を見ていたら……

faiue (6)

 

 

ちゅーるに夢中のメル子はまったく気づかないまま終了したという……

faiue (7)

 

 

ふふ。メル子らしくてクスクス笑いました。

 

 

メル子は元気を運んできてくれた福の神です。

 

 

尊いですね。

 

 

犬も猫もみーんな愛の子です。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





あまたの「円満」と「にっこり」

ひのちゃんとはじめて会ったのは、emi-goの病院の捕獲箱の中をのぞきこんだときでした。emi-goが私に言ったのです。「この子を見てください」と。

keufa (1)

 

 

TNR対象として捕獲されたひのちゃんは不妊手術を終え、リリース待ちの状態でした。

 

 

写真だとあまり伝わらないかもしれませんが、瘦せっぽちで本当にボロボロ。目が白濁していて視力に問題があるのは一目瞭然だったのです。

 

 

視力に問題のある猫をリリースしたら、外で生きづらいかもしれない。

 

 

私も心配になり、「なんとかならないの?」とemi-goに聞きました。

 

 

のちに中島先生とemi-goは、ひのちゃんをTNRに連れてきた方にひのちゃんを家猫にするよう説得。その甲斐あってひのちゃんは家に入れることになり一同大喜びしていたのです。

 

 

ところが、どういうわけかひのちゃんを連れて帰った方の考えが変わり、ひのちゃんはリリースされました。emi-goづてで事実を知った私はいてもたってもいられなくなりました。

 

 

私と同じ気持ちだったemi-goは直ちにその方に電話し、病院で引き受けるのを条件に外にいたひのちゃんを再保護してもらったのです。

 

 

こうしてノラスタひのちゃんは、emi-goの病院に戻りました。

IMG_1597

 

 

いつ行ってもちょこんとおりこうにしていてかわいかったです。

IMG_1331

 

 

emi-goの病院に感謝だねひのちゃん♡

IMG_1280

 

 

スタッフのみんなにもたいせつにされ、ピカピカ女子に大変身♪

IMG_1281

 

 

emi-goの病院は私と同区内なので、ひのちゃんは私の地域の猫。ひのちゃんにすっかり恋をした私は、ひのちゃんを703号室に連れて帰り、ひのちゃんの赤い糸をいっしょに探そうと決意。

 

 

ふふ。それがひのちゃんと私のなれそめです。

IMG_1479

 

 

実際生活を共にすると、ひのちゃんが弱視であることが顕著にわかります。

IMG_1475

 

 

想像の域ですが、きっと視界に靄がかかっている状態でしょう。

IMG_1478

 

 

涙もよく出ます。

IMG_1483

 

 

ちょっと怖がりさんでもあります。

IMG_1530

 

 

でも、何ごとにも一生けんめい。耳をピクピク動かし、前足で「確認作業」してから行動をする聡明な猫なのです。ひのちゃんの仕草のひとつひとつに私は「意味」を感じました。

 

 

ひのちゃんがあくびをする顔がとても好きでした。

IMG_1531

 

 

ひのちゃんを幸せにしたい、と心から思ったし、私にとってひのちゃんは人を幸せにできる力のある自慢の保護猫です。ふんわり漂う儚さがひのちゃんの魅力

IMG_1538

 

 

抱っこするとしがみついてきます。

IMG_2844

 

 

名を呼んだらカメラ目線をくれました。うれしい。やったね!

IMG_2845

 

 

ほかの保護猫たちとも仲よくしてくれてありがとう。すっかり姫だったよね。

IMG_3214

 

 

外猫が1匹家の中に入れば、あまたの「円満」と「にっこり」が訪れます。

 

 

まず、猫のひのちゃんがにっこりします。

 

 

次に、ひのちゃんの保護に関わったemi-go、中島先生、お世話してきたスタッフ、ひのちゃんをTNRに連れてきた方、それから私がにっこりします。

 

 

そして言うまでもなく、里親さんがにっこりします。

 

 

まだあります。外猫ひのちゃんのみすぼらしい姿に胸を痛めたであろう道行く「猫好きさん」たちが(結果的に)にっこりします。そうでしょ?

 

 

最後に、猫がキライな方、苦手な方にとっても、ひのちゃんが目の届かない場所へ行き、どこかで家猫になるのはにっこりの喜ばしいことではないでしょうか?

 

 

ひのちゃん、あなたは素敵です。

 

 

大きな存在意義を持って生まれてきました。胸張っていいですよ。

 

 

里親さんの元で末永く暮らしてくださいね。

IMG_1477

 

 

牛歩ですが、「然るべき場所への移動」をこれからもコツコツとやっていきたいです。

 

 

皆さま、ブログを読んでくださってありがとうございます。遅くなりましたが、次回はひのちゃんのお家にご案内しますね。メル子の卒業記事も控えています。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





愛の王子

私が体調不良だった間じゅう、なにひとつ手がかからなかったあまぱん。もっとも大変だった「シリンジごはん」にいたっては、一度もしなくて済んだという。

 

 

本日東大病院の診察台にのったあまぱんは見るからに毛艶が蘇っていました。

000001 (18)

 

 

あまぱんは今、死に至る病気と闘っています。

 

 

慢性腎不全ステージ4(ときどき3)+超難病、肝アミロイドーシス

 

 

なのに体重が前回よりさらに120g以上増。ツヤツヤで顔も若返っています。

000001 (5)

 

 

とめどなく溢れていた鼻の膿はどこへ消えたのでしょう?

 

 

まっ白だった歯茎がほんのりピンク色に染まり血色がよくなっています。

 

 

黄疸もなくなりました。

 

 

本当にうれしい。私にはあまぱんが生きる気満々に感じられます。

000001 (10)

 

 

岡本先生も終始ニコニコ顔でした。先月のあまぱんとは明らかに別猫だと♪

000001 (11)

 

 

外圧で肝臓が壊れてしまうため、抱っこするのも未だに怖いですが、あまぱんのたくましさ、生命力の強さ、先生たちの医療の明るさに深謝しています。

 

 

また、あまぱんやあまぱんの看病をする私にあたたかい眼差しを向けてくださったすべての方にありがとうの気持ちです。皆さまのおかげですよ。

 

 

検査を待つ間、ひとりテクテクお散歩しました。

000001 (7)

 

 

天国のべべ公、ナナ、ほほもさんざん通った東京大学動物医療センター

000001 (1)

 

 

泣いたり笑ったり、貴重な思い出が詰まった聖地です。

 

 

ほほを抱いて歩いたこともあったっけ。なつかしさに胸が締めつけられますね。

 

 

白身魚と野菜のお弁当を買い、半分食べて半分テイクアウトすることにしました。

000001 (17)

 

 

ボリューム感たっぷり!

000001 (8)

 

 

アイスコーヒー付きで700円。お得です(笑)。

000001 (12)

 

 

検査が終了したあまぱんを院内に迎えに行きました。

 

 

前田先生が笑顔で仰った言葉

 

 

「(検査結果が)いいですよ。すごくいいです」

 

 

私はたちまちドヤ顔になりました。ふふ。前田先生お誕生日おめでとうございます。

000001 (3)

 

 

貧血→改善

肝臓の数値→改善

腎臓の数値→改善

 

 

奇跡ってあるのですね。もう、どれだけ安心したか……

000001 (6)

 

 

(※参考に書いておきますが、検査にかかった費用は7,940円+駐車場300円)

 

 

諦めずに治療をつづけてよかったです。先生たちにもお礼を述べまくりました。

 

 

でも私がいちばん感謝を伝えたい相手は愛の王子あまぱんです。

 

 

メンタルがメソメソとだらしないお母さんのそばにまだいてくれるそうです。

000001 (19)

 

 

あまぱんありがとう。大大大好き♡

 

 

帰宅後、お手紙を書いたりオーダーいただいたノラスタにサインをしたり

000001 (13)

 

 

さかえ先生がノラ猫あがりのスターたちをいっぱい買ってくれました。めちゃめちゃありがたい。野島さんから私が新たに100冊買ったのでほしい方は連絡ください。

 

 

「おれからもありがとな KISS」

000001 (2)

 

 

そして素敵なできごとの2つ目は、ノラスタメル子が明日トライアルへ出ること

000001 (9)

 

 

「ハハ~ わたしの未来はなに味?」

000001 (4)

 

 

黄昏のお顔をしています。

000001 (15)

 

 

さあ、メル子の爪切りや嫁入り道具の準備でもしますかね?

 

 

里親さん、このおてんばさんをどうぞよろしくお願いします。

 

 

次回は卒業生ひのちゃんのお届けレポをお届けしますね。

 

 

703号室は透明性の高い譲渡をめざしています。

 

 

LOVE♥

 

 

 

スポンサーリンク