花と人生

皆さまこんにちは。ブログに書きたいことがいっぱい溜まってしまいました。

 

 

本日は2回にわけ更新する予定。間に家事やもろもろを挟むので2回目は夜になりますが、お時間のある方はぜひ読んでくださいね。

 

 

 

先日私はあまぱんとさぶを連れ東大病院へ

 

 

あまぱん→慢性腎不全の経過観察

さぶ→膿胸及び慢性腎不全の経過観察

 

 

キャリーを手にすると室内で雲隠れするふたり(笑)。ついでにほほも隠れます。猫は病院が苦手ですね。でも強いストレスはかかっていないようです。

 

 

慢性腎不全の治験の総評はナナも含め担当医米澤先生がレポートを作成中。2月のはじめには出るので、出次第皆さまにお知らせします。少しお待ちください。

 

 

研修医小島先生による問診と基礎的な診察

IMG_8872

 

 

 

あぱまんじゃっかん体重が減少

IMG_8871

 

 

 

つづいてさぶ

IMG_8877

 

 

 

さぶも体重がじゃっかん減少(泣)。

IMG_8875

 

 

 

さぶは近ごろ自発的な食欲が出てきたのでシリンジ食を極端に減らし、さぶの食べるペースを見守っていたのですが、痩せてきたのでこれからはあまぱんもさぶも自発的食欲+(足りない分は)シリンジ食を栄養補給していきます。併用ってやつですね。

 

 

さて、あまぱんとさぶを小島先生に預け、私は待ち時間の1時間半を東大農学部の敷地内で過ごすことに。疲れ気味なので車内での昼寝と迷ったのですが、風が気持ちいいのでトマトジュースを片手に「敷地内ブラブラ」を選択。

IMG_8879

 

 

 

ゆっくり歩き、深呼吸。空を仰ぐと心が癒されます。晴れっていいね。

IMG_8937

 

 

 

弥生講堂まで足を伸ばしてみました。ん? 中でなにか催し物やってる?

IMG_8935

 

 

 

ガラス越しに見える花々に誘われ、受付へ。部外者の私も記名すれば入って写真を撮っていいそうなので行ってみることにしたのです。

IMG_8909

 

 

 

賞を取った花たち

IMG_8905

 

 

 

見事な咲きっぷりです。

IMG_8932

 

 

 

それぞれに個性があり

IMG_8907

 

 

 

華やか

IMG_8896

 

 

 

凛としていて

IMG_8887

 

 

 

上品かつ

IMG_8894

 

 

 

清楚

IMG_8900

 

 

 

生け花としての命は短いけれど

IMG_8920

 

 

 

生きているんですね。

IMG_8893

 

 

 

この花たちの「生」にめぐり会えたことがうれしいです。

IMG_8906

 

 

 

たとえやがて枯れるとしても、精いっぱい咲き誇る瞬間があるのがうらやましい。

IMG_8917

 

 

 

私もそうやって生きていきたいな。

IMG_8914

 

 

 

賞を取るようなゴージャスな花じゃなくてもいいから(笑)。

IMG_8928

 

 

 

一輪一輪を堪能

IMG_8918

 

 

 

仲間が集まるとさらに迫力が出ますね。

IMG_8891

 

 

 

似たもの同士だったり

IMG_8890

 

 

 

コラボレーションだったり

IMG_8881

 

 

 

鉢に根づく者も

IMG_8888

 

 

 

花は人生に似ているなあ、としみじみ。

IMG_8886

 

 

 

おっ。ゆったり眺めている間にお子たちの検査終了時間が迫ってきました。

 

 

 

トマトジュースを腹に流し込みブレンドコーヒーも注文。必ず寄る動物慰霊碑へ

IMG_8941

 

 

 

敷地内の猫たちのところへも

IMG_8940

 

 

 

地域猫(東大敷地内の猫たちは全員TNR済)には会えませんでしたが傘に覆われた猫用防寒ハウスを発見。人々の親切がこうして外猫を守っているんですね。

IMG_8939

 

 

 

名を呼ばれ前田先生と小島先生が揃って登場

IMG_8944

 

 

精密検査の結果を聞き(前と変わらずです)恒例の写真撮影。なんと前田先生が自分からピースサインをしてくれたので、私も調子に乗って真似しました。

IMG_8942

 

 

 

前田先生はうちのほほの「後見人」。

 

 

もしチチと私がふたり同時に事故死などをしたら、いちばん若いほほの未来が心配です。けれどほほ好きの前田先生が私たちの死後、ほほを前田先生のご自宅で育てると約束をしてくれました。

 

 

(まあ可能性は低いですが)ほかにも私とチチが同時に死んだ場合、うちのお子らが困らないよう、後見人をそれぞれに立てています。みなさまはどうでしょう? 責任という言葉は限りなく重い。

 

 

あらゆる場面を想定しておくのもわるくないですよね。

 

 

私は常に遺書を更新しながらしたためています。

 

 

死を意識してこそ、生のありがたみを実感できるようになりました。40を過ぎたころからなんとなくそうなったのです。私には守りたいお子らがいるので死にたくはありませんが、万が一守れなくなった場合に、私の代わりに守ってくれる人が必要です。前田先生ならほほを安心して任せられます。

 

 

ありがたい限りです。

 

 

しかし簡単には死にませんのでご心配なく。

 

 

うっ……重い話で終わってしまいましたね。

 

 

夜またお会いしましょう。次の主役は保護猫ポテチです。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





アホウより

こんばんは。今夜は私がハハのかわりにブログを更新します。

 

 

私の名は「アホウ」。お見知りおきくださらなくてだいじょうぶ。むしろすぐに忘れてください。

 

 

いろんな方から気にかけていただきほんとうに幸せです。

 

 

皆さまのご厚意に恥じぬよう、非礼にならぬよう、不出来なりに考えて動いています。

 

 

しかし私は、フルタイムで働いているわけでもないのに常に時間が足りず、要領の悪さだけは天下一品のどうしようもない中年女です。今日は悲しくてしゅんとしました。泣きました。

 

 

ちゃんとやろうちゃんとやろうと思えば思うほど空回り。頭も心も体も追いつかない。

 

 

お礼を述べなければならない方がたくさんいますが、手がまわっていません。ごめんなさい。アホウに免じてお許しください。

 

 

家事もお子たちの世話も譲渡活動も完璧にできない。小さなエンジンしか積んでいないのに、そのエンジンすらしばしば故障します。救いようがないです。

 

 

なるべく笑顔ですごすよう、人に緊張感や威圧感を与えない生き方をめざそうとしています。

 

 

けれどときどき、正反対のオーラに包まれてしまいます。どうしてですかね?

 

 

我が家のべべは胃がん。食べものが受けつけず吐いて吐いて仕方がないときがあります。

 

我が家のナナは認知症と慢性腎不全。足腰が弱り性格もだいぶ変わりました。

 

我が家のリルは心臓病予備軍。まだ治療はしていませんが、食の細さが気になります。

 

我が家のほほは水頭症。ほかの猫に比べ運動機能が低下し毎日薬を飲んでいます。

 

我が家のあまたは慢性腎不全と肺炎。全顎抜歯しましたが食べると痛がることがあります。

 

我が家のさぶは慢性腎不全。食が細く食べものの好き嫌いが激しいです。

 

我が家のチチは2~3年ほど前から心の病気と闘っています。私が病気を知ったのは昨年です。大黒柱ですが不安定な部分をのぞかせています。先週は出稼ぎ(出張)に行くのが億劫で新幹線から降りたあと、歩けなかったと言っていました。※現在通院と投薬で治療中です。

 

 

この中にいるとポジティブな気を出そうともがいてもうまくできないときも。いろんなことが不安になり、たまに目をそらしたくなります。家庭にいるとうまく抜けず、リラックスできません。やらなければならないことが押し寄せてきて、外に出て働いているわけでもないのに、疲労感に押しつぶされそうになります。でも家族はたいせつです。保護猫たちも卒業生たちも。なにより私自身が家族や卒業生たちに助けられています。だから弱音を吐くのはよくないです。がんばらなきゃって、わかっているんですけど。

 

 

朝起きたら保護猫満天の目が真っ赤に腫れ上がっていました。発熱も。予約を取り診察へ。

gtroa

 

 

 

帰りの車内で満天を励ましながらも、自分自身も助けを求めているのかもしれないとふと思いました。休みたいなと。仕事をしていないのに、休みたいなんてぜいたくで意味不明だけど。

 

 

満天もお薬か。投薬組がひとり増えましたね。早く治したいです。

 

 

 

「アホウさん わたちの未来も ひきうけてくれるんでしょ?」

gtroa-2

 

 

 

1キロしかないお嬢さま。子猫なのにあなた人間不信の顔ですね。外で助けてくれたお姉さん猫がいたから、あなたお姉さん猫と仲よしになり、グルで逃げまわっていたのよね。

 

 

なかなか捕まらなかったってFさん言ってた。あなたのことも取り組まないとね。

 

 

Fさんちに迎えに行かないとね。

 

 

猫さんがいるおうちの方が早く慣れるのかな?

 

 

 

心は通じ合うはず。あなたはやさしい手を今まで知らなかっただけだものね。

gtroa-3

 

 

 

Fさんから届いたこの子の不安げな写真が、なぜかやたら私の胸にしみました。

 

 

この女の子、いっしょうけんめい生きていますね。

 

 

医療ケアを終えています。ウイルス検査はマイナスで、ワクチンも済んでいます。

 

 

かかった医療費はこの子へのささやかなプレゼントにと地元の方のカンパを寄せてくれました。掌サイズ程度の大きさだったのに、荒れた天気の日も外で踏んばってきたこの子の姿を見ていてくださった方々が。先に捕まったきょうだい(オス)はすぐにもらい手が見つかり幸せになったそうです。なのにこの子は冬空の下ひとり残されガクガク震えていたんだとか。

 

 

虚勢をはり鋭い目つきでまわりをにらみつけながらも実は困っていたのですね。

 

 

きょうだいがいなくなったあと、近所の地域猫(メス)の後ろにくっついていたらしいです。

 

 

まるで金魚の糞。

 

 

お母さんが恋しかっただろうし、外はあまりにも広く、寒く、心細かったもんね。えらかった。

 

 

あなたを理解してくれる人、いっしょに生き直そうと手を差し伸べてくれる人に巡り会えるといいな。そのためには私ががんばらなきゃいけないね。あなたみたいに私もがんばらなきゃ。

 

 

こんな紹介でも里親に名乗りを挙げてくださる奇特な方いないかなあ? もちろん私もできる限りフォローします。

 

 

アホウが多方面に不義理をしまくっています。

 

 

もしかすると例年末恒例の「今年の卒業生たち(一覧)」や「703号室からのごあいさつ」が年をまたがってしまうかもしれません。懲りずにのんびりおつき合いくだされば幸いです。

 

 

少し時間がかかりますがつぼみ嬢の卒業記事はここでもUPしますのでお待ちください。

 

 

グチグチと失礼しました。

 

 

お目汚しを申し訳ありません。

 

 

あああああ。なにもかも間に合わないまま、2016年が終わってしまう。

 

 

やだーーー!

 

 

 

スポンサーリンク





ぼくどこに来ちゃったの?

これはいったいなあに?

tuuii (11)

 

 

 

こうしてみると不気味な生き物ですね(笑)。

tuuii (13)

 

 

 

へへ。キャリー2つを抱え本日大巻先生の病院へ!

tuuii (7)

 

 

 

看護師のOさんが撮ってくれました♪ ありがとう!

tuuii (4)

 

 

 

床に置いたキャリーを覗くOさん。かわいいね。ブログに登場するデカ円が大好きらしいです。

tuuii (9)

 

 

 

今回の患者は慢性腎不全ステージ3のさぶと(爪切りと簡単な診察だけの)保護猫デカ円

tuuii (15)

 

 

 

さぶは腎臓の数値をはかるため採血をしました。

tuuii

 

 

 

結果を待つ間ビタミン剤入りの点滴もお願いしました。

tuuii (2)

 

 

さぶの検査結果ですがBUNもCREAも上がっていてショックでした。自宅点滴の回数を増やそうと思います。長くつきあっていく病気だから一喜一憂せず、さぶと共に闘っていきます。

 

 

 

「あれれ? ぼくどこに来ちゃったの?」

tuuii (12)

 

 

 

さあ、デカ円くん。じっとしていればすぐに終わります。

tuuii (5)

 

 

 

皮膚の状態を診てもらい、体のあちこちの基礎的な触診、検温、そしてお口チェックも~!

tuuii (14)

 

 

 

アウェイ感満載時は困った顔で固まっています。家だと強いです(笑)。

tuuii (10)

 

 

 

「せんせい~ ぼくはチックンしなくていいんだよね?」

tuuii (8)

 

 

 

さぶ、デカ円、ふたりともよーくがんばりました。お疲れさま。大好きだよ。

 

 

帰り、チチを税理士との待ち合わせ場所に落とし、703号室にさぶとデカ円を解放したのち、私はお気に入りの場所までドライブ。ひとりの時間を満喫することにしました。

 

 

フルーツティとオムライス。オトナは常に幸福を探求せねばなりません!

tuuii (3)

 

 

オトナにはときどき糖分が必要です。

tuuii (6)

 

 

考えごとをするつもりがたらふく食べて眠くなっただけという……。

 

 

明日はナナの14歳のお誕生日会。みんなで大きな公園へ行く予定です。

 

 

皆さまもいい週末をお過ごしくださいね。いつも遊びに来てくださってありがとうございます。

 

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





ナチュラルハイ

合計40時間以上起きっぱなしです。

 

頭痛がひどく昨夜は夜中に何度も吐いてしまいました。

 

眠剤を服用しても一睡もできなかった。なのに家事の多いこと。

 

今夜は寝れるのかな?

 

 

家の問題を抱え精神が参っています(笑)。でも不思議と前向きです。

 

 

少しスッキリ。内に溜めすぎるとストレスで病気になりそうだったから。人間の器の大きさなどたかが知れています。どっと溢れたときの反動は自分でもどうしようもないですものね。

 

 

と、意味深の内容になりましたがお子さま方は元気です^^

IMG_7457

 

 

私を見上げるべべ公の瞳。ことあるたびに励まされてきました。

IMG_7547

 

 

べべたちといると負けちゃいられないって気持ちになります。

 

 

皆さまもそうではないでしょうか? お子たちが心の支えの方は多いはず。

 

 

人生山あり谷あり! どんなときも生を実感しながら過ごしたいですね。

 

 

保護猫の写真を撮る余裕がないので、年末通院したややのを載せておきます。

kekka (2)

 

 

食欲不振でしたが点滴のおかげで体調が元に戻りました。がんばったよね。

 

ちなみに今夜はすやのごはんまで奪う始末。

 

 

ややは食欲が落ちたのが二度目だったので、念のため内臓疾患も疑い血液のスクリーニング検査を依頼。結果全項目異常なし。これが見たかった!

kekka

 

 

長距離のお届けも控えているので安心しますよね。

 

デカ円、すや、桜も変わらずやってます。

 

明日も仕事なのでこの辺で失礼します。

 

ネガティブなことばかり書いてごめんなさい。以後気をつけますので今日は許して~。

 

 

皆さまにとって明日がいい日でありますように。

 

再見!

 

スポンサーリンク





あなたとつきあう

気がつけば、あまぱんは最低でも11歳(推定)を超えるシニア世代になりました。

不調のひとつやふたつは当然といえば当然かもしれません。

けれど、「肺の結節(しこり)」という爆弾をいきなり落とされた私は消化不良のまま。

私はあまぱんにじゅうぶん手をかけてきたといえるだろうか―――?

 

私は昔から「後悔」に蝕まれる体質です。

 

ならば自分のためにも「後悔」は最低限に留めたい。

 

ということで、大巻先生からの紹介状を手に本日東京大学附属動物医療センター

kessetu (10)

 

 

大学病院の予約が取れるまで、いや肺の結節に気づいてからというもの、ただただ心配で時間が長く感じられました。もう永遠かと思うほど。

日々いっそうあまぱんの大切さばかりが身に沁みていたのです。

 

 

急な誘いにも関わらず快くつきそってくれたMIHOさんありがとう。MIHOさんは朝8時すぎに703号室に到着し9時を少しまわったところで出発!

kessetu (9)

 

 

キャリーにしじみさんの里親りょうちゃんからいただいた「お守り」をぶら下げています。

kessetu (11)

 

 

「待ち時間」のはじまりはじまり!

kessetu (4)

 

 

名を呼ばれ診察室へ

kessetu (8)

 

 

先生にデータを渡し細かい問診を経てあまぱんを預けました。

熱はなし。体重5.16キロ。肺に雑音あり。

 

あまぱんはまず約1時間基礎的な検査を受けることに。

kessetu (6)

 

 

血液スクリーニング検査、レントゲンも撮りなおします。

 

結果、血液スクリーニング検査は異常ナシですがやはりレントゲンには肺の結節が認められました。この時点で担当医が増え、二人体制に。

 

結節の正体がもし「肺がん」なら原発巣は別の場所の可能性が高く、転移で肺に結節ができたと考えるのが一般的だそう。先生の口ぶりや表情を窺い私はよからぬ想像をしてしまうほど怖くなりました。急にあまぱんが遠のいていくような気さえします。

 

不安をかき消してもまた募り、かき消してもまた募る。

 

つづいてCT検査を依頼し再度先生たちにあまぱんを預けました。麻酔に関する同意書にサインをしながらも往生際のわるい私は「無麻酔でCTができないか?」と相談。

 

東大のCT機器はかなり性能が高いのを大巻先生に聞いていたのです。肺がんの恐れのあった17歳超の老猫さんが東大にて無麻酔の状態でCT検査を受けたのを知っていたので、あまぱんも同じようにしてもらいたくてお願いしました。

 

「できそうならやってみます」

 

先生は前向きに答えてくれました。

 

無麻酔でできるかどうかは患者がじっとしていられるかがポイントになります。患者の状態や性格にもよるので、あまぱんが激しく動いてしまう場合にはむずかしいのはわかっていました。

 

「無麻酔が無理なら仕方ありません。正確な検査をお願いします」

 

「はい。お預かりします。なにかありましたらお電話します」

 

 

長丁場の待ち時間のあと診察室へ。どうやら無麻酔でCTができたようです。

 

あまぱんの負担を軽減できたのがうれしい!

 

 

あまぱんのCT画像。結節の部分にまるをつけています。ハッキリ写っているでしょ?

kessetu (12)

 

 

結節の正体は組織をとってみないと断定できないとしながらも

 

①他の部位に原発巣が見当たらない

②結節は腫瘍とは限らず、肉芽種、過去の肺炎の後遺症の可能性もある

③肺の中は他に異常がない

 

などを理由に挙げ、1ヶ月に一度の経過観察を提案されました。

 

肺に針を刺したり、開腹して肺の組織をとることもできるそうですが、あまぱんの症状を鑑みて今回はそこまでやる必要性が感じられないとのこと。

 

つまり毎月画像のチェックが必要だけど、ただちに命に関わるものではなさそうとの見解を示してくれたのです。来月から月一で東大病院か大巻先生の病院へ検査に行きますが、結果を聞き今は安堵と満足の気持ちの方が大きいです。

 

 

会計待ち。あまぱんは前を向いてくれなかったけどMIHOさんが記念に撮ってくれました。

kessetu (2)

 

 

不精な中年の見苦しめのスマイルですが、ハッピーオーラだけは満タンです!

 

ちなみに今後検査を考える方の検討材料になればと思うので金額を載せておきますね。

 

【外科】

診察料 3,000円

注射料 3,880円

検査料 6,020円

画像診断料 53,070円

合計 65,970円

+駐車場料金1,300円でした。

 

あまぱんは保険に入っていないので100%自己負担。サラリーマン家庭にはけっして安くはないけれどCT検査をしているので妥当かもしれませんね。麻酔をかけていたら麻酔料や処置料も加算されていたはず。要麻酔なら若干金額が上がるかと。

 

 

MIHOさんも「やった!」を連発。MIHOさん、クー太も回復気味でよかったね!

kessetu (14)

 

 

MIHOさんと診察を終えたあまぱん

kessetu (16)

 

 

気分アゲアゲだからMIHOさんのバッグとかも余裕で持っちゃう!

kessetu (13)

 

 

ささ、おうち帰るど~!

kessetu (3)

 

 

パーキングを出るとき、運転席で手が滑り100円玉を車の下に落としてしまった私ですが、車を路肩に停め主婦の執念で見つけ取り戻しました。

 

 

「あった! 100円~!」

kessetu (5)

 

 

喜びの瞬間です。

 

 

帰宅後、頭痛がひどく布団へへたれこむ。朝から晩まで頭がガンガン痛くてウザいです。

kessetu (15)

 

 

本日は頭痛薬6錠(一気にじゃありません)飲みあまぱんの通院に挑みました。いったいいつになったら頭痛が去ってくれるのでしょう。私、悪いのは頭だけなんですよ。

 

 

ソレイユ、空美、お留守番がんばったね。MIHOさんがふたりと遊んでくれました。

kessetu

 

 

あまぱんお疲れさま。おなか減ったでしょう?

kessetu (7)

 

 

あまぱん、お母さんは惰性であなたのそばにいるわけじゃないのです。

このたびあなたの存在がどれだけ重要か思い知りました。

そして決意したのです。

 

あなたとつきあう。

あなたの結節とつきあう。

結節があなたの一部なら、ぜんぶ含めて

お母さんあまぱんとつきあう。

 

 

長くなりましたが、覚書としても残しておきたかったのです。

お読みくださってありがとうございました。

皆さまのお子が健やかに生きられますように。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク