トライ&チャレンジ

母経由でki-koさんにプレゼントをいただきました♪ ハンドクリームうっとり!

fjfjajajjajajgg (4)

 

 

 

ちゅーるなど実用的で素敵なものばかり。ki-koさんどうもありがとうございました。ぜひ今度うちに遊びに来てください。ちょい臭いですけど^^;

 

 

今日私は精いっぱい生きました。出し切った感があるのです。

 

 

本は書いていません。書くつもりで予定を開けていたのですが、掃除しているうちに自分が今ほんとうにしたいことを思いついたのでシフトチェンジしたんです。

 

 

私は心を込めて家事に力を入れました。ていねいに家を磨いたのです。チチが1日中不在だったのでリルを連れてゆったりお散歩へも……

fjfjajajjajajgg (1)

 

 

 

リルはお友だちと鼻クンクンごあいさつ

fjfjajajjajajgg (7)

 

 

 

保護猫あさひはごはんに夢中です。

fjfjajajjajajgg (3)

 

 

 

「お母さんの日」「保護主の日」と決め、お子たちと向き合うに徹しました。

 

 

 

あさひ、おいしいかい?

fjfjajajjajajgg (2)

 

 

 

保護猫ローズを撫でました。動画はほんの一部ですが、ながくながーく……

 

 

 

保護猫ジャイアンにちゅーるをあげながらおさわり

 

 

 

左手にカメラ、右手におやつ&タッチはなかなかむずかしい。

 

 

 

私は何時間か電話をかけました。なにもしないで後悔をするよりは、告白して思いっきり振られるほうが傷つきますが気持ちがいいです。私の場合ですけど。

 

 

 

私には幸せにしたい犬がいます。マメです。

fjfjajajjajajgg (5)

 

 

 

けれどここでは語れない事情があり、私はこの犬を保護するのがむずかしい。

 

 

だから水面下で自分なりにトライしています。ダメかもしれない。

 

 

でもやらないよりはやったほうがいい。私はそうやって生きてきたんです。

 

 

電話に真心をすべて込めました。うそ偽りや大げさはいっさいなく、私は自分の思いを語りました。

 

 

私は八方塞がりです。正直壊れてしまいそうです。

 

 

だけど壊れるわけにはいかないし、仮に壊れるとしてもその前にやり遂げたいことがあるのです。それが無性にストレートに表現できた日でした。

 

 

結果うんぬんじゃなく、自分に「お疲れさま」と肩を叩いてやりたいです。

 

 

 

ローズは片目を見開き、私を見ています。

fjfjajajjajajgg (6)

 

 

 

ローズの目に映る私は、いったいどんな姿をしているのでしょう。

 

 

それを想像しながら、私は背筋を伸ばしていく所存です。

 

 

届かないとしても、届ける努力はしなければなりません。

 

 

そして届かなかったときに、私は成長をしていなければなりません。

 

 

仮に万が一にも届いたら、それは私の血となり骨となるでしょう。そうやって生かされることが許されるなら、私はまた「スカウト」で還元していきます。

 

 

私に存在意義があるとすれば、ですけれども。

 

 

最近ポテチの里親さん(ご主人)に言われた言葉があります。

 

 

「アンニイさんから焦りを感じる」と。

 

 

仰るとおりなので、否定はできませんでした。

 

 

私は焦っています。困っています。助けて!! と叫んでいます。

 

 

しかし私は、焦ってもまちがった方向へはぜったいに向かいません。

 

 

私の身体には、常に命が乗っているのです。命って重いんですよね。

 

 

深く有意義な一日でした。ともに過ごしてくれた電話相手の方々や、リル、ほほ、あまぱん、さぶ、あさひ、ローズ、ジャイアンに感謝して。

 

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





指標2人目 「山本さん」

保護猫百香は昨日よりトライアルへ入っています。百香については落ち着いたら皆さまにご報告しますね。Twitterでちょくちょく近況写真をUPする予定です。

IMG_1410

 

 

 

emi-goを経由し、ローズと私にプレゼントが届きました。感謝!

IMG_1362

 

 

 

どなたさまでしょうか? 名乗りを挙げてくださったらうれしいです。

 

 

保護猫ローズの本日の写真。チチの寝室の猫ベッドでくつろいでいます。

IMG_1509

 

 

 

おとといの夜私は、耐えきれずに、けやこ。さんに教えてもらった「ローズ」という曲をエンドレスにリピートしました。ローズにごめんなさいの気持ちが止められず、もうどうしようもないほどメンタルがやられてしまったのです。

 

 

 

ローズを守る楯になりたい。どこかにローズを幸せにしたい方はいませんか? ローズには家族が必要です。挙手をお待ちしています。

 

 

 

キラキラの片目を私が潰した。それと別のことが重なり、沈んでしまったのです。

IMG_1214

 

 

 

ローズは強いままなのに、私が弱虫ではこの先やっていくことができません。

 

 

 

気持ちを一新し、ローズの家族募集をしていきます。応援してくださいね。

 

 

 

さて、そんなローズがお世話になった大師前どうぶつ病院

IMG_1411

 

 

 

ここに私の指標の2人目がいます。写真が苦手な「山本さん」。彼女の今の姓は「中島」ですが、私は彼女の20代半ばからの仲なので旧姓で呼ぶクセが抜けません。

IMG_1440

 

 

 

彼女が一介のアニマルナースだった時代から、私は深く彼女を尊敬していました。どう育てたらこんな娘になるんだろう? 彼女の親に聞いてみたいです。

 

 

彼女は基本無口で、声のデカい私とちがいSNSに興味がありません。

 

 

SNSで目立つことに執着する人を多く見てきました。私もそのひとりでしょう。SNSは私にとってなくてはならない生活の一部で、ブログは表現の場であり、里親さんとの縁を繋げてくれる拠り所だからです。しかし彼女はそれをしません。

 

 

つまり彼女はSNS場にいないのです。前回登場した森絵都さんもそうですね。彼女は自己顕示欲がありません。ただあるのは「犬猫への慈愛」のみ。彼女は決して己の功績をひけらかしません。

 

 

けれど私は彼女がどれだけの数の犬猫の命を救って来たのかをこの目でしっかりと見てきました。仮に彼女の武勇伝を書こうとすれば、一週間エンドレスにキーボードを打っても間に合わない。その位彼女は保護譲渡活動をしてきたのです。

 

 

心血を注ぐとはこういうことなんだと常に教えてくれる女性です。

IMG_1359

 

 

 

私は彼女よりだいぶ年上ですが、彼女に恥じない生き方をめざしています。

 

 

それは彼女にも伝えています。

 

 

「うそだ~! 田辺さんが、んなことを言ってくれるなんて……」

 

 

彼女は決まってこう返してきます。

 

 

いや、うそじゃないよ。あなたにうそをつくメリットが私にはない。ほんとうだよ。私はあなたに恥じない生き方をしたい。そう思わせてくれる存在です。

 

 

彼女は私のことを「師匠」と呼びます。光栄ですが、圧でもあります。

 

 

だからこそ私は彼女の前で(どんなにだらしがない格好をしても)、核だけはしっかりと持ち、彼女と向き合っています。彼女が私をいつまでも慕うよう、私は彼女の前で汚いことをぜったいにしないと心に誓っています。

 

 

失いたくない人だから。

 

 

人と人って、距離感はたいせつだと思うのです。

 

 

特に自立した大人同士の場合、年中ひっついている必要はありません。

 

 

けれど胸中に占める善き方の割合は、私の場合はありがたいことに非常に高い。刺激を受け、慰めをいただき、明日への活力を見出せる良縁はすばらしい。

 

 

 

山本さんは「emi-go」です。

 

 

 

さあ、まだ入院中だったローズのお見舞いの様子を!

IMG_1338

 

 

 

ちゅーるをあげてみると

IMG_1345

 

 

 

食べてくれた~!!

IMG_1344

 

 

 

うれしいなあ。

IMG_1333

 

 

 

ローズは生きる意欲満々だそうです。食べることは生きることだから。

IMG_1332

 

 

 

ローズのペースでしっかり回復していました。痛みが残っているのにえらいね。

IMG_1348

 

 

 

「私を撮って~」とemi-goにねだり撮影してもらった1枚

IMG_1320

 

 

 

おーい! 看板犬ちゃぽぽ! すっかり大きくなったね。

IMG_1351

 

 

 

診察中のフェレット

IMG_1346

 

 

 

emi-goと私の声が入っていますが、癒しの動画をどうぞ♪

 

 

 

ゴロゴロ言ってくれたローズも観てやってくださいね。

 

 

 

おりこう? の看板犬たちにおやつを与えるようemi-goから仰せつかりました。

IMG_1352

 

 

 

写真はemi-goが勝手に撮りラインで送ってきたものです。元土手犬ボボボのヘアスタイルを私がアレンジしています。ボボボ、余計なお世話をすみませんねー!

IMG_1358

 

 

 

退院前日もローズに会いに行きました。チチもめずらしくいっしょです。

IMG_1415

 

 

 

カラーが外れ、チチからちゅーるをもらっているローズ。舌がかわいい♥

IMG_1416

 

 

 

毛づくろいする余裕も……

IMG_1420

 

 

 

ローズ、次会うときはあなたを退院させる日だよ。あと1日がんばってね。

IMG_1418

 

 

 

だれかローズに目を留めてやってくれませんか?

 

 

ローズはしなやかゆえ、決して折れない猫です。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





ローズのキラキラの目

昨日、保護猫ローズのお見舞いへ行ってきました。

 

 

ローズの顔を見る前に中島先生から声をかけられた私は、しばし中島先生と話をすることに。中島先生はローズの入院中に再度丁寧に細胞診をしたそうです。

 

 

そこから見えてきたものの結論は、やはり悪性の可能性が高いという事実。

 

 

根拠は3つあります。

 

①腫瘍が急速に大きくなっていること

②できた位置が目の上である場合、たいていが悪性であること

③細胞診で(細胞の分裂の仕方に)悪性の所見が顕著なこと

 

 

ここでもう良性かもとの希望的観測を持つのをいったんやめました。

 

 

中島先生は腫瘍の専門医です。専門医の危惧は侮れません。

 

 

悪性の場合、専門機関への転院もすすめられたのですが、断りました。なぜならば時間がないのです。中島先生のいう専門機関は診察まで「最低1か月待ち」。

 

 

1か月後、ローズの腫瘍の大きさを想像してみてください。

 

 

すぐにでもオペを希望する私にとって、1か月は針の筵です。

 

 

設備の差の問題だけならば、私は中島先生の腕を信じる。

 

 

だからお任せすることにしました。

 

 

ただし、先生とはじめ決めていた「(良性を見込んだ)二度のオペ」はこの際必要がない気がするので、一度でできるだけマージンを広く取る方法でいきます。

 

 

西洋医学を信じない方には少し残酷に聞こえるかもしれません。

 

 

しかし私は、西洋医学の持つ力を確信しています。

 

 

理由は亡きべべが6歳の終わりに告げられた胃がんを西洋医学が治し、その後16歳半まで生かしてくれたから。その際べべの胃は半分以下に切られてしまいました。けれどべべは退院後もそこそこ健やかに長い余生を送ってきたのです。

 

 

よし、切ろう。マージンもできるだけ広く取って。

 

 

左目は潰れるかもしれない。でも、切ります。

IMG_1223

 

 

 

emi-goがもうひとり腫瘍の専門医を呼び、中島先生との2人チームでローズの手術をする運びとなりました。今手術をしている頃でしょうか。臨機応変に歯のほうもひどければ抜いてもらうよう伝えてあります。

 

 

 

ローズ、目の上の腫瘍がまた一段と大きくなったね。

IMG_1212

 

 

 

明日切ってもらえるからね。食欲は旺盛みたいだね。よかった^^

IMG_1213

 

 

 

姫待遇にしてもらってるんだもんね。

IMG_1207

 

 

 

ローズが使えるスペースは2つの2段ケージ

IMG_1209

 

 

 

夜中気晴らしにケージの中を歩くといいよ。

 

 

 

動画を貼りつけておきますので、よかったらご覧ください。

 

 

 

ローズの環境

 

 

 

ローズとのお話

 

 

 

2時間ほどローズのそばにいた私は、ローズのキラキラの目に困惑しました。

IMG_1202

 

 

 

ローズあんま私を見ないで。私あなたにひどいことをしようとしているよ。

IMG_1201

 

 

 

ほんとうに痛いことです。ぱっちり開いた眼を守ってやれないのは。

IMG_1228

 

 

 

けれど私はやっぱり、命を優先したい。私のエゴだとしても。

 

 

なにが正しくてなにが正しくないのかは、人が決めることじゃない。

 

 

私は自分の心に従います。

 

 

がんばれローズ!!

 

 

皆さまも祈っていてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク





お母さんは楽しい! (椿も出るよ)

皆さまこんばんは。保護猫あさひの夜鳴きですっかり寝不足です。

 

 

卒業猫ちゃた幸にレンタルしていたケージが戻ってきたのであさひはリビングに

fa (6)

 

 

 

ちゃた幸の里親肉球きらりさん、バスグッズのプレゼントありがとうです♪

fa (1)

 

 

 

ついでに最近のリビングの様子を。ナナとほほは意外と仲よしでそばにいる率が高いのです。クールなほほですが、身体の弱い者には昔からやさしい一面が

fa (3)

 

 

 

保護猫百香もすっかり慣れました。次は百香が家族募集のステージに立ちます。

fa (4)

 

 

 

ツイッターをご覧の皆さまは知っていますね。私の腕枕が大好きだったあまぱんが百香の登場により、私を冷遇するようになってしまった件を……悲しかった。

 

 

しかしこのたび、あまぱんの奪還に成功しました旨をご報告いたします。

fa (2)

 

 

 

へへ~んだ!

 

 

いい? 百香、私はね、10年以上あまぱんのお世話をしてきたあまぱんのお母さんなの。若く美しい百香であっても、私には勝てないのです。私のフェロモン獣臭にあまぱんは引き寄せられてしまう運命。一度は百香に負けたけどもう負けない(笑)。あまぱんは私の湯たんぽなので百香はほほとさぶに甘えてください。

 

 

「ふ~ん あっそ?」

IMG_9416

 

 

 

そうそう。本題に入らないと!

 

 

昨日私は、保護猫椿に風邪薬とおやつを届けにみいさんち

IMG_9389

 

 

emi-goの病院で処方してもらったのです。共同の保護猫といいながら、ほぼみいさんに任せっきりの椿。私にできることはなんでもやらせてもらわないと割が合いません。みいさんとぺちゃくちゃおしゃべりをするのも目的のひとつ♪

IMG_9391

 

 

椿のいる保護部屋の広さは7~8畳かな?

 

 

窓からあたたかい陽ざしが入り暖房がなくてもポカポカ。夜は椿だけのためにエアコンをまわす生活。保護は「医療費」だけじゃできないんですよね。ケージの隅に黒いコードが見えるでしょ? 椿の寝床には専用のヒーターが24時間ついているのです。椿が全身で暖をとれるように。

 

 

椿と写真を撮ってもらいました。

IMG_9398

 

 

埼玉県のみいさんちまでパジャマで行った私。寒いし着替えるのがあまりにも億劫で断念。スッピンですが洗顔と歯磨きは済ませているので衛生面は大丈夫

IMG_9397

 

 

まあ、上にユニクロのジャンバー着てるし、車から降りないからいいっしょ?

 

 

この姿でみいさんちの玄関に立っていた私を、みいさんはじゃっかん引いた顔で見下ろしていました。いいのいいの。快適ならそれでいいの。

 

 

保護したての頃、椿に噛まれ引っ掛かれ、流血したので慎重に仲よし作戦

IMG_9392

 

 

 

でもみいさんの日々の積み重ねとケアのおかげで、椿の表情が和らぎ、私がいても穏やかな佇まいだったのです。驚きました。みいさんすごいなあ……。

 

 

で、勇気を出して撫でてみることに!

 

 

ふふ♪ 大成功!! やったね^^

 

 

 

つづいてみいさんも! これでおさわりクリアです。

 

 

 

みいさんもうれしそう♪

IMG_9396

 

 

 

なでなでのあと、みいさんが椿にちゅーるをあげ、私たちは1階に降りました。

IMG_9401

 

 

 

みいさんちは玄関も窓も脱走防止対策が完璧。里親さんにお願いする立場としては、自ら率先してやらないと説得力がないですものね。

 

 

「あれ? お宅やってないじゃん」って思われちゃう。

 

 

703号室も換気用の掃き出し窓と玄関はこだわりの対策を施していますよ。

 

 

あああ、猫(長男しゅんた)とコタツ……

IMG_9402

 

 

 

しかもパジャマで来ちゃったもんだから余計にね……帰る気なくしましたよ。

IMG_9404

 

 

 

上品なポットにオシャレなマグカップ。私の好物シナモンティ。50円引きのシールが雑に剥がされたマンゴーのスイーツ。こういう組み合わせがみいさんと私のつき合いの長さを物語っている気がしてクスっとね。ありがといただきます。

IMG_9405

 

 

おみやげも斬新。さばのカレー煮、加齢臭が取れるという洗剤、ほほの口臭を緩和するサプリ(ワンシート)。サプリは早速ほほに与えています。サンキュ!

fa (5)

 

 

 

みいさんの名誉のためにこれも載せておこ。ちょっと前にもらったプレゼント

IMG_9278

 

 

チョコおいしかった。みいさんおもしろいなあ。

 

 

帰り、みいさんちの近くにあるしまむらへ

 

 

タイツ、インナー、リル用のお布団(1500円)を購入。ナナと同じ模様を探したんですが、なかったので派手なチェック柄になっちゃった^^;

IMG_9407

 

 

 

まあこれでリルもナナの布団を取ったりしないでしょう。ケチらずにはじめから2つ買えばよかったです。こうなることは予想済みだったんだし。

IMG_9156

 

 

 

ただいま、ほれリル~! リルの買ったよ? どう?

IMG_9408

 

 

気に入ったのか気に入らないのか、いちおう乗ってはくれました。

IMG_9409

 

 

 

「お母さん」は忙しい。でも「お母さん」は楽しい!

 

 

1日、1日に感謝です。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





秀多の家族希望の方へ ほか

皆さまこんばんは。保護子猫秀多の家族募集を開始しました。

6

 

 

 

さっそくいくつかのお問い合わせをいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

秀多にマッチングするご家庭を真剣に検討したいので、私に少しお時間をください。

 

 

ペットのおうち経由」のメッセージの返信は2日以内に必ずいたします。

IMG_0017

 

 

 

遊びが大好きで気がつくとリビングにゴロゴロ転がっている秀多

IMG_0031

 

 

 

保護当時より人に馴れていたのでおそらく捨てられてしまったのでしょう。

IMG_0027

 

 

 

秀多に接しているとわかるのですが、生粋の野良の子猫とは雰囲気がちがいます。天真爛漫っていうのかな? 秀多はとにかく人を疑うことを知らないのです。

 

 

今朝iPhoneで撮った一枚

IMG_8728

 

 

 

ごはんもしっかり食べてえらいですよ♪

 

 

私の忙しい時間帯になかなかお昼寝してくれない秀多くん。おしゃべりがしたかったようです。愛らしい表情で鳴いている動画をご覧ください♪

 

 

 

どうですか? 声も赤ちゃんだから萌えるでしょ?

 

 

 

「ハハ……ぼくのアピールは?」

IMG_8835

 

 

 

ふふ。ポテチのことも考えていますよ。ポテチはおっとりさんだから、秀多とはちがう魅力があるのよね。うーむ……ふたりとも甲乙つけがたい!

 

 

 

「秀多は小僧ですのでオトナとしての貫禄はぼくが一歩リードですね」

IMG_8847

 

 

 

まあ、そりゃ秀多は子どもでポテチはオトナだからね(笑)。

 

 

 

けれどときどき、ポテチはあどけない顔をするよね。そこ大好き♪

 

 

 

こういうのとかさ^^

IMG_8836

 

 

 

703号室は黒猫秀多と茶白猫ポテチの家族を募集しています。

 

 

みじゅ改め「トロン」の卒業記事はじっくりお待ちください。

 

 

レギュラーメンバーの方々のお世話に私がヘトヘトで……写真は昨夜のナナ

IMG_8727

 

 

 

深夜? 明け方? 椅子にハマってギャーギャー騒いでいました。救出ついでに排せつの大片づけをしたら目が覚めてしまい、それからろくに寝ていません。

 

 

猫たちのシリンジ食もあります。あまぱんがいちばん飲むの下手ですね。

IMG_8466

 

 

 

体がふたつあったらいいなあと切実に感じるこの頃。私より多い頭数をみている方はいったいどうしているんでしょうか? 不眠不休なんですかね。

 

 

明日は今日より元気にがんばりたいです!

 

 

皆さまもご体調にはくれぐれもお気をつけください。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク