2もいが幸せになりました!

皆さま、お待たせしました。今宵は卒業生もいの新居へご案内します。

 

 

※お宅の写真掲載は里親さんの許可を得ています。

 

 

玄関部分。リビング前にドア(右)があり、二重扉仕様になっています。

amoi (35)

 

 

リビングから撮った図。ね? ガラス扉の向こうに玄関があるんですよ。

amoi (16)

 

 

2階への階段はリビングの奥にあるので猫の飼育に安全な環境です。

amoi (15)

 

 

築年数が経っているとは思えない美しさと清潔感をキープさせている室内。階段を楽しげに上下運動するもいの姿を想像すると目尻が下がります。最高!

amoi (13)

 

 

また、ハメゴロシ(開かない)窓も多く、保護主としては安心の極み。里親さんは「もいちゃんが誘拐されたら大変です」と本気で仰っているので脱走には気をつけてくださると信じています(笑)。

 

 

2階にある「家事ルーム」は、今後「もい部屋」にもなるとのこと

amoi (12)

 

 

そよぐ風が心地いい明るい空間でした。脱走防止対策も施してあります。

amoi (8)

 

 

もいのために用意した爪とぎ

amoi (11)

 

 

ベッド

amoi (10)

 

 

システムトイレ……ほかにも写し切れないほどのもいグッズが♡♡♡

amoi (9)

 

 

ひとつひとつを吟味しながら丁寧にそろえてくださったのがよく伝わってきます。

 

 

2階から再び1階へ

amoi (27)

 

 

この日は代官山のイベントの前とあって、山路さんがHGA48の取材動画で使う「猫の譲渡のゴール(個人)」を撮りに来てくださったのです。

amoi (18)

 

 

里親さんは「私たちの話で、保健所から一匹でも多くの猫が救われるのでしたら……」とインタビューを快く受けていました。里親さんの穏やかな話しぶりをもいもおりこうに聞いていましたよ。もいを含め本当に素敵なファミリーです。

amoi (41)

 

 

もいちゃんなじむの早いね^^;

amoi (1)

 

 

私のほうも、常日頃より透明性の高い譲渡をめざしているので里親さんのOKさえあればどなたにでも堂々とお見せできます。だからそのときどきの犬猫の保護に関わった方や、保護譲渡活動を学びたいというemi-goの病院のスタッフなどが見学することもあるのです。

amoi (29)

 

 

優雅でおいしいティータイムをありがとうございました。

amoi (20)

 

 

そうそう。もいはうちで使っていたのと同じタイプのケージを買ってもらったのです。

amoi (42)

 

 

食卓の近くに置いてありました。

amoi (34)

 

 

トイレもベッドも似たのが我が家にあります。

amoi (19)

 

 

もいちゃん、いいねえ♪

amoi (24)

 

 

もいちゃんだけのピンクのベッド、かわいい!

amoi (23)

 

 

寝心地はどうですか?

amoi (22)

 

 

お気に召したようですね。

amoi (21)

 

 

こうして一匹の成猫が自分だけのお城を得て703号室を巣立っていきました。

amoi (39)

 

 

里親さんはもいが家族として加わって笑顔が増えたそうです。

 

 

もいの卒業式はさぶの容体が悪かったので私はいそいそと失礼し、さぶの病院へ飛んでいきました。ご心配をおかけしたし、せかせかしていてみなさんに申し訳なかったです。里親さんからは保護猫たちへのおやつと、もいの医療費を過分にお預かりしました。ラブレターもうれしかったです。

amoi (5)

 

 

里親さんはご夫婦でにゃっ展へ来られるそうですよ。山口県から参加するaiさんにごあいさつしたいんですって。もい想いのあたたかいお人柄のおふたりです。

 

 

以下が里親さんから届いたもいの近況画像↓

amoi (6)

 

 

ふふ

amoi (4)

 

 

こりゃたまらんね……

amoi (3)

 

 

もいは、ほぼお留守番ナシの家庭で家族とベタベタ暮らしています。

amoi (2)

 

 

終の棲家を得られる猫たちが増えますように。

amoi (7)

 

 

皆さま応援ありがとうございました。次はリタの赤い糸探しをがんばります。

 

 

かつくん「Ⅹ275もい卒業おめでとう。みんなにっこりの卒業式だったね。ハハは必ず家族記念写真を撮るのですが、顔出しNGの里親さんの場合は公開せず、自分のフォルダーに保存してニマニマ眺めるんだそうです。保護猫マニア保護猫ヘンタイだね」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





リリ子の未来2

さて、皆さまお待たせしました。3月31日へタイムスリップです。

 

 

リリ子宅のガレージに到着。乗用車が6台以上は入るでしょうか?

IMG_8932

 

 

シャッターを閉め切ってしまえば安全で広いドッグランになります。雨の日の運動場にいいですね。ふふ。中型犬サイズのリリ子が小粒に見える^^;

IMG_8929

 

 

ガレージ横のお手洗いには先代犬ハルくんのために設けられた足洗い場が

IMG_8935

 

 

ノーリードでOK! 共用のエントランスではなく個人宅です。すごすぎる。

IMG_9011

 

 

エレベーターに乗って豆さんの住居のある階へ

IMG_9010

 

 

どこもかしこも自由。すべてリリ子が使えるスペースです。

IMG_8940

 

 

画面の向こうから「私がリリ子になりたい」という声が聞こえてきそうですが、実は私もです。山積みにされた荷物は9割以上がリリ子グッズだと思われます。

IMG_9008

 

 

リリ子が腰を痛めないよう床に敷いたマットのあまりがたくさん……

IMG_8942

 

 

クッシング病の影響で常に多飲多尿のリリ子のために用意された巨大なトイレシーツ

IMG_8960

 

 

ダイナミックなトイレゾーン

IMG_8985

 

 

8匹の猫たちと暮らす豆さんちは猫トイレもいっぱい置いてあります。

IMG_8948

 

 

16歳まで生きた天国のハルくん、リリ子がお世話になります。

IMG_8970

 

 

ダックスについてお勉強するそうです(笑)。教科書が仰山ですね。

IMG_8961

 

 

お城に戸惑うリリ子

IMG_8946

 

 

どのベッドに入るか悩んでいました。

IMG_8962

 

 

お? ブルーのにする?

IMG_8979

 

 

似合うね。

IMG_8996

 

 

かわいい♡

IMG_8998

 

 

ごはんも

IMG_9002

 

 

おもちゃも選びきれません。写真に写っているのはほんの一部です。

IMG_8967

 

 

ひとつ口にくわえて玄関へ行ってコソコソ遊んでいたリリ子が印象的でした。

IMG_8971

 

 

遠慮しなくていいんだよ。病院やうちとちがってぜんぶリリ子のなんだから。

IMG_8975

 

 

左側の長い食器はダックス専用だそうです。こういうのがあるんですね。

IMG_8980

 

 

豆さんおいしい夕飯をごちそうさまでした。

IMG_8984

 

 

お仕事の合間に準備し、ひとつひとつあたためて出してくださいました。

IMG_8983

 

 

えっと、選べないね(汗)。

IMG_8991

 

 

おいしい紅茶を添えて

IMG_8990

 

 

残った食べ物は私がおみやげとして図々しくいただいて帰りました。猫砂、犬猫のおやつ、人間のお菓子、豆さんのおさがりの靴まですみません。リリ子にかかった医療費も過分にお支払いくださいました。どうもありがとうございます。

IMG_8992

 

 

リリ子、あなたのママは豪傑でいろんなものをお持ちだけど、責任感の強さ、懐の深さ、内面の豊かさがたまらなく魅力的な方なんですよ。リリ子ぜったい幸せになれるよ!

IMG_8994

 

 

お見送りしてくれたリリ子。ありがとう。近所だからちょくちょく会えるね。

IMG_9005

 

 

私を「お母さん」だと思っていたリリ子はこのあと、私といっしょに703号室へ帰ろうとしました。後ろ髪を引かれながら私はリリ子を制し、リリ子のリードを豆さんに渡したのをおぼえています。

 

 

保護譲渡活動の辛い瞬間ですね。

 

 

でも先週の夜に会ったリリ子は完全に豆さんの子になっていました。豆さんの姿が少しでも見えないと豆さんを必死で探すのです。犬は健気な生き物ですね。

 

 

もちろん私のことも覚えていてくれて甘えまくってくれました。嬉しかったな。

 

 

豆さん家の猫たちに遠慮しながら家庭犬として立派に振舞っているリリ子。天国の飼い主さん、見ていますか? emi-goの病院に預けられてから重い病気が見つかりましたが、リリ子は適切な治療を受け元気にしています。安心していただけましたか? 明日からはいよいよここにルナも加わります。

 

 

豆さん撮影のリリ子の写真

IMG_9017

 

 

豆さんより届いたリリ子の近況に関するメッセージ(卒業翌日)

IMG_0312

 

 

emi-goの病院にいた頃は「寝てばかり」だったリリ子。今とはちがいますね。

IMG_0305

 

 

豆さんちの可憐すぎる愛猫たち(全員豆さんが保護しました)

IMG_0313

 

 

※里親さんの了承を得て写真や文章をUPしています。

 

 

家族を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように!

 

 

かつくん「Ⅹ274リリ子おめでとう。豆さんのお宅の下のフロアにはお姉さんご夫婦が住んでいて、家族が一丸となって犬猫たちを育てているそうです。人の手もじゅうぶん、スペースもじゅうぶん、愛情はじゅうにぶん! だね」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





もい卒業前記念写真

※blogを連続更新しています。遡って読んでくださいね。

 

 

かわいい写真がたくさんあって困ります。あれもこれもブログに載せたい。

 

 

しかし更新する時間が取れない。

 

 

ということでネタが溜まりまくるのが私の切実な悩みです。

 

 

時系列がめちゃくちゃですが、保護猫もい(卒業済み)の写真をご覧ください。みいさんが撮ってくれた未公開の分です。もったいないから記念に載せていきますね!

IMG_0032

 

 

白いから何色でも似合ってしまうもい

IMG_0030

 

 

透き通っていますね。

IMG_0028

 

 

美白ブームのど真ん中でホワイトオーラをぶっ放しています。

IMG_0021

 

 

花と猫。これも王道スタイル!

IMG_0010

 

 

「クンクン」

IMG_0060

 

 

ワル顔

IMG_0004

 

 

もいは自分がかわいいのをぜったいに知っています。

IMG_0041

 

 

家でなにかに向かって「かわいい♡」と呟くと決まって登場するのがもいとルナ

IMG_0062

 

 

先日泊まりに来たまなちゃんはもいの不在をさびしがり、もいロスに陥っていました。

IMG_0057

 

 

ちまっと小さいけれど恐るべき存在感です。

IMG_0049

 

 

ぽわっとした感じのしっぽもいいね♪

IMG_0038

 

 

「グビグビ」

IMG_0052

 

 

萌えポイントが多すぎる……

IMG_0053

 

 

もいちゃんは今、日々幸せに暮らしています。

IMG_0043

 

 

703号室にいた頃よりずっと高い生活水準です。

IMG_0033

 

 

里親さんに感謝するとともに、不遇の猫が一匹でも生き直せる社会の実現に向け行動していきたいと改めて思います。できると思えば必ずできる。そう信じています。

IMG_0003

 

 

次回は保護犬リリ子の卒業レポをUPします。もいも近日中に必ず!

 

 

明日はお茶会ですので昨夜パスしたお風呂にでも入りますかね^^;

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





もったいない 詠吉巣立つまでの4分の3

※blogを連続更新しています。遡ってお読みくださいね。

 

 

4回にわたって卒業レポートを書く予定のえい吉改め詠吉ですが、先日体調不良になり、里親きちこさん、ヒスさんとの通院がつづいたのです。熱発と食欲不振が見られたため、FIPの外注検査もしました。私は心配で気が気じゃなかったのですが、結果が出てFIPの可能性が否定され、詠吉のコンディションも徐々に戻りつつあるというのでつづきをUPします。よかった……。

IMG_4591

 

 

詠吉とのおよそ2か月の日々の中で私が無数に口にした言葉があります。

IMG_4554

 

 

 

「もったいない」

 

 

 

この一語は、何百、何千回も頭の中に強く浮かびました。

 

 

もし詠吉の命が保健所で消えていたら、その先に私たちが過ごした蜜のような時間はなかった。それは詠吉にとっても、私にとっても、詠吉に関わったすべての方、応援してくれた方を含め、「もったいない」ことだと思ったのです。

IMG_6034

 

(イラスト:山路さん)

 

 

病院にいた頃からまなちゃんは詠吉に会いに来てくれていました。

IMG_4580

 

 

お世話になったemi-goの病院を出て703号室に移動した日の詠吉

IMG_4775

 

 

キャリーに入れるの大変だったんですよ(笑)。

IMG_4779

 

 

わが家のケージにて

IMG_4999

 

 

よろしくね♪

IMG_5002

 

 

かたいつぼみだった詠吉は、徐々に自分を咲かせていきました。

IMG_5067

 

 

ふふ。一輪の花のように大きく開花していったよね。

IMG_5075

 

 

怒る、戸惑う、怯える、前へ出ようとしては後ろへ下がる。

 

 

振り返れば詠吉の取ってきた態度や行動にムダはひとつもありませんでした。ぜんぶ詠吉にも私にも必要なことばかりだったのです。

 

 

詠吉が私を試すときは私が詠吉に気持ちを伝えるチャンス。詠吉と仲よしになりたかった私は、ありったけでぶつかっていきました。不思議と怖くはなかったです。

IMG_5068

 

 

人間と正しくつき合うための過渡期にいた詠吉。気がつくと詠吉に拒絶され殴られる回数が減り、次第に詠吉は私に期待の眼差しを向けてくれるようになりました。

IMG_5059

 

 

一筋縄ではいかなかったけれど、うれしかったな。

 

 

言葉が通じない相手に心が通じる、これ以上の喜びを私は知りません。

IMG_5784

 

 

私が安堵したのは言うまでもないけれど、実は詠吉が一番ホッとしたのかもしれないね。

IMG_5785

 

 

肩に力を入れて生きるのはしんどいもんね。

IMG_5792

 

 

誤解が解けたあとの、やさしい詠吉

IMG_7314

 

 

近くでそっと見守ってくれる詠吉

IMG_7613

 

 

がんばり屋さんの詠吉

IMG_6261

 

 

外耳炎の通院

IMG_6288

 

 

この日は偶然にも私の誕生日で病院でみんなにお祝いしてもらって幸せでした。

IMG_6394

 

 

emi-goケーキありがとう。犬用のお皿とお箸でケーキをいただきます^^;

IMG_6271

 

 

みいさんは山口県から殺処分を逃れてやってきた子犬たちの撮影中でした。

IMG_6266

 

 

ほほが亡くなったあと、保健所の殺処分のリストにいた詠吉の写真に目を留めた山路さんからのメッセージにはこう書かれていました。

 

「ほほちゃんのように病気や障がいを持ちながらも飼い主さんに一生けんめい看てもらえる猫がいるいっぽうで、健康な体を持っていながらも、殺処分のカウントダウンに乗る子がいるのは理不尽です。なんとかして助けてやれないものですかね?」

 

 

勝手ながら私は山路さんも「もったいない」と感じていらっしゃったのかなと解釈しました。

 

 

だってそうでしょう?

 

 

命の終わりを決めるのは自分自身であってよそから強制終了させられるものではないですよ。

IMG_6317

 

(イラスト:山路さん)

 

 

人も犬も猫も生きるために生まれてくるのです。

IMG_7400

 

 

生きるために痛いことや苦しいことを我慢するのです。

IMG_7616

 

 

生きるという本能が、私たちを強く逞しくし、生き物として磨き上げるのです。

IMG_7615

 

 

私は生きたくても生きられなかった病気の犬猫たちをたくさん見てきました。

IMG_7608

 

 

だから生きられる子には生きてほしいです。それが自然の摂理です。

IMG_7606

 

 

生きている子たちの安住の地を増やしていきたいですね。

IMG_7607

 

 

詠吉ともいのご対面♡

IMG_7552

 

 

ふたりともちょっと緊張?

IMG_7553

 

 

詠吉は身体を張って私に教えてくれました。

IMG_7335

 

 

バチあたりにもったいないことをしてはいけない、と。

IMG_7530

 

 

詠吉に誓って私はこれからも、命を粗末にしないひとりでいる所存です。

IMG_7739

 

 

詠吉ありがとう。

 

 

詠吉のお宅の紹介は次回以降にします。お楽しみに♪

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ウキウキ春の日

※blogを連続更新中。一つ下の主役は「詠吉」です。遡ってお読みください。

 

 

皆さまこんばんは。昨日は外苑前でフォスターアカデミーベーシックプログラム猫座学の講義をしました。犬座学に加え、猫座学も担当しています。

15 (4)

 

 

ひさびさの猫座学は不安でしたが、和気あいあい2時間お話しできたと思います。会場の笑い声に救われますね。ただ、時間が足りないと実感。早口でがんばったんですけどあと10分ほしかったです。

15 (10)

 

 

犬座学の修了生たちがわざわざ私の猫の講義に参加してくれました。うれしいですね。前回撮りそびれた集合写真。今回は忘れません。パチッ!

15 (5)

 

 

犬猫保護譲渡の知識を得たイキイキと生きている方たちが日本を健全な社会へと導いてくれると信じています。日本の未来は明るいに決まっています。

 

 

神宮前の裏通りで見つけたオシャレなビル♪ インスタ行きですよね(笑)。

15 (12)

 

 

インスタといえば、

15 (13)

 

 

 

ノラ猫あがりのスターたち、の略ですよ。にゃん太さんに委託していた300冊の完売を祝してポチッたロイヤルカナン20キロがさっそく届きました~!

15 (6)

 

 

リルと保護猫もいが写っていますね。ふふ。華やかな1枚になっちゃった♡

 

 

うちはロイヤルカナンを食べさせてきたのですが、実は昨年10月から私は経済的に自立しなければならず金欠でした。近い将来東大病院であまぱんに輸血や高度医療を受けさせることを踏まえると貯金を使い果たすわけにはいきません。そこで保護猫のフードをピュリナワンに変えたのです。

15 (14)

 

 

しかし私が買ったメタボ用シリーズの受けが悪く、もいなんてプイぎみ。食べることは生きること。保護猫たちには食べてもらわなきゃならんです。届いたロイヤルカナンをバクバク貪る保護猫たちを見て、なんかわからないけれど感無量に^^; うれしい。送料600円の件も忘れたっ!

 

 

本をお求めくださった皆さまのおかげですね。にゃん太さん経由であたたかいメッセージも読ませてもらっています。どうもありがとうございます。

 

 

宣伝費をかけられないのでこまめにtwitterのアイコンを変更しています。

15 (9)

 

 

ノラスタバージョンのメイクアップもいちゃん。かわいいでしょう?

 

 

まあもいは化粧しなくてもイケているからいいけれど、私はのっぺり顔に凹凸を出したくて必死ですよ。妹婿タカがホワイトデーに手渡してくれたのも……

15 (8)

 

 

ランチをごちそうしたかわりに母がプレゼントしてくれたのも……

15 (7)

 

 

凹凸(陰影)を出すパウダーです(苦笑)。ほしかったものなので超感謝♡

15 (11)

 

 

「……」

15 (1)

 

 

「詐欺っちゃ」

15 (2)

 

 

もいちゃんいいの。みんなそうだから。

 

 

何歳になってもほんのり女性を楽しんでいたいのですよ。

 

 

「ふーん」

15 (15)

 

 

年賀状のお返事が未だ終わっていませんが、空いた時間に1枚ずつ書いています。先日出先で入手したはがきが地味な気がしてえい吉シールを貼ってみたところ……いい感じになりました。このイラスト書いたの私です♪

15 (3)

 

 

毎日あっという間ですね。

 

 

外出先で桜を見るたびに胸がちくっと疼きます。

 

 

出会いあり、別れありの春、703号室は週末もいのお茶会を予定しています。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク